BLOG
合格ブログ

大学受験を成功させる勉強は何から始めるの?【知らないと損する】

大学受験を成功させる勉強は何から始めるの?【知らないと損する】

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、進路アドバイザースタッフです。

 

大学受験に向けた勉強って何から始めるのか気になりますよね?

 

実は、今回紹介する「大学受験を成功させる勉強は何から始めるの?【知らないと損する】」を読めば、大学受験の勉強を何から始めたら良いのか?わかる内容となっています。

 

なぜなら、進路アドバイザーが塾生にいつも実践している内容だからです。

 

この記事では、大学受験に向けての勉強などを具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、大学受験の勉強を何から始めたら良いのかがわかる内容となっています。

大学受験の勉強は何から始めるの?

志望校はいつ決めるの?

大学受験勉強を始める準備は?

大学受験勉強でやるべき学習内容は?

勉強時間はどのくらい?

記事の内容
大学受験を成功させる勉強は何から始める

大学受験、何から始める?志望校を決める

大学受験勉強を始める準備

最初にやっておきたい学習内容

各学年の学習内容と勉強時間

あわせて読みたい
参考記事:【大学受験】勉強を始めるためにやるべき準備
参考記事:【日東駒専対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について

大学受験を成功させる勉強は何から始める

大学受験を成功させる勉強は何から始めるの?【知らないと損する】

大学受験の勉強は何から始めるについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

大学受験の勉強はいつから始める

大学受験に必要な勉強時間

模擬試験を受けてみる

大学受験の勉強はいつから始める

高校1年生や高校2年生から受験勉強を始めると、「まだ早い」と思っていませんか?

 

受験勉強を始める時期について、まだ早いなどありません。

 

なぜなら、大学受験の勉強は覚えなければならないことが高校受験と比べると山のようにあるため、1日でも早く受験勉強を始めたほうが良いからです。

 

もしかすると、高校3年生の1年間だけでは、受験勉強がやりきれない場合もあるかもしれません。

 

高校1年生や高校2年生の早い段階から受験勉強に取り組めるのであれば、他の受験生と比べて相当なアドバンテージを持って、大学受験に挑むことができます。

 

また、2025年から大学入試は変わります。

 

一般選抜でも調査書を評価する大学が増え、総合型・学校推薦型選抜では学力をはかる試験が必須になります。

 

高3になってから受験勉強を始めると、中途半端に終わってしまう可能性もあるのです。

 

志望大学に確実に合格するためには、高2の夏から受験に必要な科目の学習を始めることが重要です。

 

高校3年生になって、焦らないためにもこの記事を読んだ高校生は、「今から」受験勉強を始めてみませんか?

 

2025年から変わる入試制度について知りたい方、2025年から変わる大学共通テスト!2022年高校入学者から!

 

受験勉強をいつ始めるか?詳しく知りたい方、受験勉強をいつから始めるの?これを読めば大学受験に向けて好スタート!

大学受験に必要な勉強時間

一般的に言われている受験に必要な勉強時間について説明すると、超難関大学の早慶上智(早稲田・慶應・上智)は、約3500時間です。

 

次にGMARCH(学習院・明治・青山学院・立教・中央・法政)は、約2600時間です。

 

成成明学獨國武(成蹊・成城・明治学院・獨協・國學院・武蔵)は、約2300時間となります。

 

最後に日東駒専(日大・東洋・駒澤・専修)は、約2100時間と言われています。

 

必要な勉強時間を残りの日数で割ると1日に必要な勉強時間がわかります。

 

1日に勉強時間の目安を表にしてみました。

大学群 必要な時間の目安 1年前から始めた場合の勉強時間 2年前から始めた場合の勉強時間
早慶上智 3500 約9.5時間/1日 約4.7時間/1日
GMARCH 2400 約6.6時間/1日 約3.2時間/1日
成成明学獨國武 2200 約6時間/1日 約3時間/1日
日東駒専 2000 約5.4時間/1日 約2.7時間/1日

 

この表を見ると2年前から受験勉強を始めると、無理なく出来そうですよね?

模擬試験を受けてみる

大学進学を目指している高校生の中には、すでに模擬試験を受けた生徒もいると思いますが、受けていない生徒は模擬試験を受けてください。

 

理由は、模擬試験を受けるメリットはいくつかありますが、一番のメリットは現在の学力を客観的に知ることです。

 

自分の長所や弱点を知ることで、受験勉強の具体的な学習方針が見えてきます。

 

また、全国規模で実施される模試では、受験した教科の「偏差値」や「全国順位」が分かります。

 

現在の自分の学力がどの程度の位置にあるのかを確認することができます。

 

受験勉強は志望校に入るために必要な学力と今の学力のギャップを埋めるのが最大のミッションとなります。

 

模擬試験をうまく活用して、成績を上げるのも大事なポイントになります。

 

模擬試験の活用法について知りたい方、大学受験における模擬試験のおすすめの勉強法を具体的に5分で紹介!

あわせて読みたい
参考記事:【MARCH対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について
参考記事:高校1年生の英語の勉強法をこっそり教えます!英語でライバルに差をつける!

何から始める?志望校を決める

 

大学受験の志望校を決めることについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

大学受験の志望校を決める意味

大学入試のスケジュールを確認

大学の入試制度について知る

大学受験の志望校を決める意味

受験勉強を始めるためには、志望校を決める必要があります。

 

理由は、目標設定が大事だからです。

 

大学受験に向けて受験勉強を始めるときには、志望校という目標を設定してから始めることで、ゴールが見えてきます。

 

その際に設定する志望校は、具体的であればあるほど受験勉強への取り組みが真剣になります。

 

目標を立てる意味について考えたことはありますか?

 

目標設定が大事だといわれても、なぜ設定しなければならないのかわからないという人がいるかもしれません。

 

しかし、目標を目的地と考えれば、必要な理由も明らかになってくるでしょう。

 

目標を設定せずに受験勉強することは、ゴールのないマラソンを走っているようなものです。

 

志望校の決め方について知りたい方、大学の志望校の決め方ポイント10か条!今の偏差値は関係ない!

大学入試のスケジュールを確認

受験勉強を始める前に、入試の流れをざっくりと確認してください。

 

理由は、入試日程を確認することで、いつまでに何をやらなければならないのかが明確になり、効率的に学習できるからです。

 

一般的には、大学入学共通テストの出願が10月、大学入学共通テストの実施が1月中旬に行われます。

 

私立大学では一般入試が1月下旬~2月下旬、国公立大学では、前期日程が2月中旬、中期日程が2月下旬~3月上旬、後期日程が3月中旬に行われます。

 

また、大学入学共通テストに向けた対策を行うのか、私立大に向けた対策を行うのか、もしくは、推薦入試、総合型選抜、学校推薦型選抜を受験する場合など、スケジュールを確認して対策を取る必要があります。

大学の入試制度について知る

大学入試制度を知ることは、受験を有利にするために必要な知識です。

 

理由は、多種多様な入試制度を理解した上で、自分にあった入試制度を活用することが大学合格の可能性を高めるからです。

 

受験生として大学入試制度を理解するために、表にまとめてみました。

一般選抜(国公立大学)

「大学入学共通テスト」+「大学独自の試験」で選抜される方式。

一般選抜(私大)

一般入試における文系の学部は、国語、選択科目「地理歴史・公民・数学から1科目」、英語の3教科の選抜。

理系の学部は数学、理科、英語の3教科選抜が最もポピュラーとなります。

また、受験機会を増やすために、選抜を多様化させる大学も多く、従来の3教科選抜をA方式、B方式を特定科目重視型の選抜、C方式として大学入学共通テストの利用、D方式として小論文重視型の選抜など、多様な選抜を実施し、複数の出願を可能とした選抜方式もある。

学校推薦型選抜

国公立大学・私立大学とともに、原則として学校長等の推薦に基づき、書類審査、面接、小論文などを実施して合否判定を行うのが学校推薦型選抜です。

学校推薦型選抜では、基礎学力が重視される傾向が強く、「指定校推薦」と「公募制推薦」に分けられるが、最近では、「自己推薦」などの多様な学校推薦型選抜が各大学で実施されるようになっている。

総合型選抜

『総合型選抜』とは、かつてはAO入試(アドミッション・オフィス入試)と呼ばれていましたが、2021年度の選抜からAO入試の名称を総合型選抜と名称が変わりました。

総合型選抜は、出願書類の志望理由書や、実技試験の面接などを実施して、受験生を総合的に評価することで、受験生の人物像と大学の求める学生像(アドミッション・ポリシー)がマッチングしているかどうかで合否が判定されるのが特徴です。

大学入学共通テスト 大学入学共通テストは、独立行政法人「大学入試センター」とこの試験を利用する各大学が協力し、同一日程、同一問題で実施・運営を行う「大学入試センター試験」の後継となる試験です。
入試制度について知りたい方

一般入試:【私立大学】一般選抜の仕組みについてわかりやすく表にまとめて解説!

学校推薦型選抜:【大学受験】学校推薦型選抜を狙っている受験生は必見!これで推薦突破!

総合型選抜:【大学受験】総合型選抜とは?これを読めば総合型選抜について理解できる

国公立大:国公立大学の入試の仕組みと入試日程をわかりやすく解説

大学入学共通テスト:大学入学共通テストの概要から出願までをわかりやすく解説

 

あわせて読みたい
参考記事:偏差値45から日東駒専を目指す生徒へのアドバイス
参考記事:大学受験の勉強は英語から始めるのが良いたった3つの理由

大学受験勉強を始める準備

大学受験を成功させる勉強は何から始めるの?【知らないと損する】

大学受験勉強を始める覚悟を決める

勉強を習慣化させる

無理のない計画を作成する

大学受験勉強を始める覚悟を決める

大学受験勉強をこれからはじめる上で、大学受験に対する覚悟が必要となります。

 

覚悟とは、困難なことを予想して、それを受けとめる心構えをすることです。

 

理由は、受験勉強は自分との戦いでもあり、テレビを見たい、スマホを見たい、ゲームをしたいなど、受験勉強を妨げる誘惑が数多くありますので、それらの誘惑に負けない強い覚悟が必要だからです。

 

友人からの誘いを断るのは心苦しいですが、受験勉強をはじめたからには、勉強時間を確保して、学習を最優先する強い覚悟が必要となってきます。

 

大きな挑戦をするとき、成功する人は必ず覚悟をもって取り組み、その覚悟の差が、考えるチカラや努力へと姿を変えて良い結果につながるのです。

 

ライバルは自分自身です。

勉強を習慣化させる

大学受験勉強をこれからはじめるに場合には、勉強の習慣化が必要になります。

 

なぜなら、残りの限られた時間を有効に使うためにも、1日の勉強時間をしっかりと確保しなければならないからです。

 

そのためには、規則正しい生活が必要になります。

 

規則正しい生活とは、毎日、同じ時間に勉強を始めて、同じ時間に食事をして、同じ時間に就寝するといった、生活のリズムを一定にすることです。

 

そうすることで、時間になると自然に机に向かうようになり、生活の一部として勉強が位置づけられるので受験勉強の時間をしっかりと確保することができます。

 

勉強を習慣化させるためには、「行動」が具体的であり、かつ簡単なものであればあるほど習慣化しやすいです。

 

行動を起こそうと思ったときに、「何をしようか」「どうやってやろうか」と考えるプロセスが入ってしまうと、途端に難しいものになってしまいます。

 

やることをできる限り細かい単位でとらえて、時間が来たら「ただ、やるだけ」の状態を作ると習慣にするのがラクになります。

例えば勉強の習慣として、単語の暗記を行うのであれば、以下を具体的にしておきます。

 

・どの参考書を使って、どのペンを使うか

 

・何分やって・何ページ学習するのか

 

・英単語を何語覚えるのか

具体的に具体的にすればするほど、やることが簡単になり、行動が簡単になります。

無理のない計画を作成する

大学受験の志望校合格を勝ち取るためには学習計画は必要です。

 

なぜなら、志望大学を決めて、その志望大学に合格するために、最短で効率よく勉強するには計画性が必要だからです。

 

これは、社会に出ても必要な能力になります。

 

自分の第一志望校に合格するためには、各科目がどれくらいの偏差値に到達しなくてはならないのか?さらには、今の自分とその偏差値にはどれくらいの開きがあるのか?

 

その目標偏差値との開きを効率よく埋めるためにはどんな勉強を何時間勉強すれば良いのか?

 

逆算していくことで、最短で効率よく受験勉強を行うことができるのです。

 

また、学習計画を作ることは、目的が明確になってモチベーションがアップする効果もあります。

 

上記の理由から、合格への一番の近道は、「勉強できる日数」と「やるべきこと」をすべて書き出して勉強の全体像を俯瞰すること。

 

つまり、大学受験を合格するためには、学習計画を立てることから始まるのです。

 

予備校オンラインドットコムでは、生徒一人ひとりに最適化された学習計画を作成して日々学習に励んでいます。

 

勉強の計画の作り方について知りたい方、学習計画の作成で大学受験を効率的に合格する方法を5分で解説!

 

あわせて読みたい
参考記事:高校生に勉強の仕方を教える塾が勉強法を4つ紹介
参考記事:偏差値45、55、65ってどのくらい?

受験勉強で最初にやっておきたい学習内容

大学受験を成功させる勉強は何から始めるの?【知らないと損する】

基礎的内容を徹底的に

同じ参考書を繰り返し

学習大学受験は英語を勉強

基礎的内容を徹底的に

受験勉強の基礎固めとは、一体どんなことなのでしょうか?

 

基礎を固めるとは、土台を作るという意味があるように、勉強の基礎とは、覚えるべきことを覚えることです。

 

例えば、英語であれば英単語や熟語、数学であれば公式、国語であれば漢字などです。

 

当然覚えるだけでは駄目なので、基礎を覚えて使い方や問題の解き方まで覚える必要があります。

 

基礎固めるためには、教科書や授業を通して知識を学んだり、授業や参考書を通して知識の使い方を学ぶ、基礎問題集で使えるようにするなどして学習をします。

 

基礎を固めるためには、学力として定着させるためにも反復練習が必要不可欠となります。

 

反復練習をして基礎固めを徹底的に行いましょう。

同じ参考書を繰り返し学習

これから受験勉強を始めるために、参考書を選ぶ受験生も多いかと思います。

 

当然、学校の教科書でも受験勉強は可能ですが、効率的に受験勉強するためには自分にあった参考書を購入するのがおすすめです。

 

参考書を選ぶ時のポイントは、「自分にあっているのか」「参考書を買う目的は何か」「解釈がわかりやす」などを基準に選ぶと良いでしょう。

 

そして1番大切なことは、その選んだ参考書を完璧にやりきるということです。

 

最初に参考書をしっかりやりきったという経験をしなければ、受験は絶対に上手くいきません。

 

同じ参考書を繰り返し学習して、完璧に覚えることを最優先してください。

 

覚えることができたならば、次にステップに進みましょう。

 

自分にあった参考書を買うポイントについて知りたい方、大学受験のための参考書を買いすぎないためのポイントをアドバイス

大学受験は英語を中心に勉強

受験勉強において、「英語は重要」って聞いたことありませんか?

 

英語は大学受験において、本当に重要なのです。

 

最も重要な科目であることは間違いありません。

 

英語は大学受験において、文系も理系も関係なく避けては通れない必須の科目となっているからです。

 

つまり大学受験において英語は必ず勉強しないといけない科目なのです。

 

繰り返しますが大学受験において英語は避けては通れないのです。

 

言い換えると英語を避けての受験戦略は立てることができないと言っても過言ではありません。

 

また、英語はどの大学でも配点が高い傾向にあります。

 

大学の入試制度を見てみると理系の学部のなかには、英語の配点が低い大学や学部が存在することもあるが、理系の大学であったとしても他科目と同等の配点であったり、また文系であれば大半の大学で英語の配点が最も高いのが特徴です。

 

大学受験の英語のレベルについて知りたい方、大学受験で求められる英語のレベルについて解説します!

あわせて読みたい
参考記事:【厳選】早稲田大学生が使っていた英語の参考書を紹介!
参考記事:英単語帳の選び方で悩んでいる人!おすすめ3冊を紹介

学年ごとの勉強内容と勉強時間について

大学受験を成功させる勉強は何から始めるの?【知らないと損する】

各学年の勉強の仕方についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明します。

高校1年生

高校2年生

高校3年生

高校1年生

高校1年生は、基礎学力の定着とともに、得意科目を伸ばしていくことも考えるとよいでしょう。

 

高校1年生の勉強時間の目安としては、平日は2時間以上、休日は4時間以上を目安に勉強時間を確保してください。

 

勉強の内容は、毎日の授業の予習および復習、宿題をやることを目標にすると良いでしょう。

 

勉強時間を確保することも大事ですが、いちばん重要なのは、「勉強する習慣をつける」ことを意識して取り組むことが大切です。

 

高校1年生で学ぶ内容は、勉強の基礎となるなります。

 

特に受験で必要になってくる受験科目について学習するとよいでしょう。

 

また文理の選択についても考えなくはなりません。

 

文理の選択について知りたい方、高校1年生が文理選択をする決め方7つのルール

高校2年生

高校2年生の夏休みまでは、基礎学力を中心とした学習が良いでしょう。

 

理由は、基礎学力が身についていないまま応用問題にチャレンジしても「そもそもどこで間違えたのか」を把握できなくなるからです。

 

基礎学力が身についている人は、自分が何を勉強すべきかが分かるため、さまざまな問題にチャレンジしていくことができます。

 

大学受験において基礎学力は合否を大きく左右するため、基礎学力は最優先で身につけておくようにしましょう。

 

高校2年生の勉強時間の目安は、3〜4時間ほどが理想的です。

 

志望大学に確実に合格するためには高2の夏から受験に必要な科目の学習を始めることが重要です。

 

国公立大学・難関私立大学を目指す場合の夏休みの勉強時間の目安は、5〜6時間前後の勉強時間が必要となります。

高校3年生

高校3年生になると、志望校に向けて本格的な受験勉強を始めている高校生も多いのではないでしょうか?

 

受験に必要な科目の受験勉強を徹底的に行なってください。

 

まだ受験勉強を始めていない高校3年生は、遅くとも夏までに基礎学習力を身に付けておくのが重要です。

 

秋以降は過去問や演習への取り組みを中心に勉強する必要があるからです。

 

高校3年生の勉強時間の目安は、平日最低5時間、休日最低8時間程度が理想的と言えます。

 

高校3年生は勉強時間の確保も大事ですが勉強の質も大事になってきます。

学習塾の利用

なかなか受験勉強が始められない場合は、学習塾に行くことを検討してください。

 

学習塾に行くメリットは、学習習慣を継続させられることにあります。

 

また集団指導をしている学習塾であれば他の受験生と一緒に授業を受けることになるため、ダラダラすることなく集中して勉強にも取り組め、競争心にも火がつきます。

 

学習塾では、理解不十分な箇所を重点的に復習できるのもメリットといえます。

 

苦手科目の克服を目的として学習塾に行くことで、理解不十分な箇所を重点的に復習できるメリットもあります。

 

学習塾を活用して苦手科目の克服をすることで、理解不十分な箇所をしっかり解消することで受験対策を行います。

 

わからないところを講師に質問できるのもメリットです。

 

授業や問題などで分からないところを質問することで理解度が深まります。

 

理解度が深まると学力としても定着しやすいので、質問することは効果的といえます。

 

最後に受験に向けた対策ができることもメリットです。

 

大学受験を控えている受験生にとって、学習塾は大学受験に向けた対策ができる絶好の場所となります。

 

塾やコースによっては入試対策に特化したカリキュラムを設定しており、出題傾向に沿った形で問題演習も豊富に行えるはずです。

 

受験勉強をこれからはじめる生徒にとって、学習塾に通うことはとてもメリットになります。

あわせて読みたい
参考記事:オンラインで高校生は学習すると効率が良い理由
参考記事:オンラインの予備校が高校生にメリットがある7つの理由

まとめ:大学受験を成功させる勉強は何から始めるの?【知らないと損する】

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、大学受験を成功させる勉強は何から始めるの?【知らないと損する】は参考になりましたでしょうか?

 

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

予備校オンラインドットコムでは、これから受験勉強をはじめる高校生にしっかりと向き合い、志望校への合格の仕方を教えます。

志望校合格までの勉強時間・参考書・勉強法をアドバイスして、受験までの学習管理を徹底して行って、合格を目指します。

予備校オンラインドットコムで最短で効率の良い受験勉強を始めてみませんか?
予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!