BLOG
合格ブログ

高校1年生から英語の単語を勉強すると英語が得意になる

高校1年生から英語の単語を勉強すると英語が得意になる

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

高校1年生から英語勉強!特に単語の勉強って気になりますよね?

 

実は、今回紹介する「高校1年生から英語の単語を勉強すると英語が得意になる」を読めば、英語の単語の勉強法がわかります。

 

なぜなら、予備校オンラインドットコムで実践している内容だからです。

 

この記事では、英語の単語の勉強法を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、英語の単語の勉強法がわかる内容となっています。

 

また、最後には高校1年生に読んでもらいたい記事の一覧を紹介していますので、そちらもご覧ください。

 

以下の悩みを解決します。

高校の英語って難しそう

英語の単語って重要なの?

単語の勉強法を知りたい

記事の内容
高校1年生から英語の単語を勉強すると英語が得意になる

高校1年生の英語の単語についてい

高校1年生から始める単語の勉強法

あわせて読みたい
参考記事:大学受験の最低限の単語数!英単語ターゲットは全部覚えてね!
参考記事:大学受験で求められる英語のレベルについて解説します!

高校1年生から英語の単語を勉強すると英語が得意になる

高校1年生から英語の単語を勉強すると英語が得意になる

高校1年生から英語の単語を勉強すると英語が得意になるについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

高校1年生の英語は難しい

英語の勉強法

英語の単語とは

高校1年生の英語は難しい

高校1年生の皆さんの中に「高校生になると、どの教科も急に勉強が難しくなった…?」と不安を抱えている方はいらっしゃいませんか?

 

また、現在高校1年生で、高校入学後から急に勉強についていけなくなったという悩みを抱えている方もいらっしゃるかと思います。

 

結論から申し上げると、その感覚は間違いではありません。

 

高校での勉強は中学校までの勉強方法やペースでは太刀打ちできないものです。

 

しかし皆さんに一つお伝えしたいことは「高校英語は他教科と比較し、難しくない」ということです。

 

英語の勉強法を知って、高校1年生から英語の単語を勉強しておくと、受験生になっても苦労しなくて済むはずです。

高校1年生:英語の勉強法

高校1年生になると英語の授業の難易度や授業のペースも上がり、英語の授業についていけなくなることがあります。

 

なぜなら、繰り返しになりますが中学生と同じ勉強の仕方では、対応できなくなるからです。

 

英語を勉強する上では、「単語」「英文法」「長文」と3つに分けてそれぞれで勉強する必要があるのです。

 

英語の偏差値を上げるためにも、それぞれをしっかりと学習することで英語の学力が上がるのです。

 

今回は、高校1年生の英語の単語に絞ったお話となります。

英語の単語とは

英単語とは、辞書によると、英語の単語、英語において、語としての意味を持つ独立した最小の構成要素と書かれています。

 

英語を学習する上で英単語はとても重要な役割を果たします。

 

理由は、英語を学習する上で、4つの技能があります。

 

それはReading(読む)、Listening(聞く)、Writing(書く)、Speaking(話す)の4つの技能です。

 

いずれの技能においても、単語力がなければ上達することができません。

 

つまり、英単語は英語の偏差値を上げるために欠かせない要素なのです。

あわせて読みたい
参考記事:大学受験【英語】おすすめ参考書!厳選した英語の参考書12冊を紹介!
参考記事:大学受験で必要な英単語の勉強法【専門家がアドバイス】

高校1年生の英語の単語

高校1年生から英語の単語を勉強すると英語が得意になる

高校1年生の英語の単語についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

高校1年生で習う英単語

大学受験に必要な単語数

高校1年生はいつから単語の勉強を始める

高校1年生で習う英単語

中学校や高校で学習する単語数は、中学校は「1200語程度」から「1600~1800語程度」、高校は履修科目にもよりますが、「1800語程度」から「1800~2500語程度」と言われています。

 

高校1年生では、約700語の単語を学習することになります。

 

中学生の時は、自然と英単語を覚えていましたが、高校生になると英単語の数も難易度も格段に上がるため、英単語を覚える作業が必要となります。

 

英単語の学習だけで勉強時間を確保して、覚えることが重要になります。

 

英単語と英熟語を覚える時間をしっかりと確保して、毎日、コツコツと覚えるのがポイントです。

大学受験に必要な単語数

大学受験に必要な単語数ってしてますか?

 

一般的に言われているのが、「約4,000語~6,000語」の単語の知識が必要とされています。

 

学習指導要綱の改訂で、中学生の英語の教科書で覚えるのが約1,600語~1,800語程度と言われています。

 

また、高校生の英語の教科書で学習する単語で約2,000語~2,500語程度と言われています。

 

中学生と高校生で習った単語を足し算すると、約3,600語~4,300語程度となります。

 

大学受験で必要な単語数に足りていないことになりますね。

高校1年生はいつから単語の勉強を始める

先程、大学受験に必要な単語の数を紹介しましたが、仮に単語4,000語をあなたなら、何日で覚えられますか?

 

高校2年生の受験の1年前から単語の勉強を始めた場合と、高校1年生から単語の勉強を始めた場合を考えてみてください。

 

当然、高校1年生から単語の勉強を始めたほうが余裕を持ってしっかりと単語の勉強ができます。

 

単語の勉強に近道はありませんし、簡単に覚えられる方法もありません。

 

受験を意識しているのであれば、高校1年生の早い段階からコツコツと単語を覚えることをおすすめします。

あわせて読みたい
参考記事:英単語帳の選び方で悩んでいる人!おすすめ3冊を紹介
参考記事:こんな症状の高校生は要注意!いますぐ塾に行って解決!

高校1年生から始める単語の勉強法

高校1年生から英語の単語を勉強すると英語が得意になる

英語の単語の勉強法について具体的に紹介しています。

以下のポイントについて説明しています。

英単語帳を使って単語を覚える

繰り返し覚える

単語を勉強する時間を確保する

英単語帳を使って単語を覚える

大学受験のために単語を覚える場合は、英語の単語帳を使って覚えるのが効率的です。

 

なぜなら、大学入試問題を分析した単語帳が数多く出版されているからです。

 

単語帳を使って覚えるメリットは、単語だけではなく派生した意味や例文なども一緒に覚えることができるのです。

 

最近では、高校で単語帳を配布している学校もあるみたいです。

 

単語帳を使って学習する時の到達レベルは、単語帳のすべての単語を暗記することです。

 

ビックリするかもしれませんがそれが普通です。

繰り返し覚える

単語を覚える方法に近道はありません。

 

自分のレベルに合った単語帳などを使って繰り返し覚えるのがもっともオーソドックスな方法です。

 

なぜなら、人間は忘れる生き物です。

 

忘れることを前提に単語学習を行うことが大切なのです。

 

記憶というのは、ふつう「覚える→保持する→思い出す」ということができた時に完結したものとみなされます。

 

これを完成させるためには、「覚える」というプロセスだけでなく「思い出す」ということを練習する必要があります。

 

繰り返し単語を覚え直す作業が単語学習には大切です。

 

早稲田大学の講師に聞いてみると、単語帳は最低でも50周位繰り返して覚えたそうです。

単語を勉強する時間を確保する

単語を学習する際には、単語の勉強だけをする時間を確保するのがポイントです。

 

理由は、単語の学習は暗記作業なので単語に集中して勉強するためです。

 

例えば、英語の勉強を1日2時間するならば、1時間は単語の時間と決めて単語の学習に集中して取り組むのがおすすめです。

 

単語の学習時間では、単語を1語でも多く覚えることに集中して取り組むことで単語の暗記数が増えるはずです。

 

単語の学習は通学時間などのスキマ時間を利用して勉強することも可能なので、毎日、勉強時間を確保して、単語の勉強をしてください。

あわせて読みたい
参考記事:【英語長文対策】早稲田大の学生が使った長文対策の参考書を紹介!
参考記事:【必見】早稲田大学に合格した!英語の勉強法と勉強時間をマネすることは良いことだ!

高校生が勉強を習慣化させる方法【誰にでもできるポイント3つ】

高校1年生に読んでもらいたい記事

参考記事:高校1年生の英語の勉強法をこっそり教えます!英語でライバルに差をつける!

参考記事:高校1年生の勉強の大事なポイントを5分で理解する【必見の記事】

参考記事:高校1年生の夏休みを有意義に過ごす方法10選!

参考記事:高校1年生が文理選択をする決め方7つのルール

参考記事:高校1年生から受験勉強を始めるたった3つの理由

参考記事:高校1年生の英語を得意にするおすすめ英語の参考書9冊

参考記事:【高校1年生】冬休みの勉強時間とおすすめの勉強法!これを読めば安心!

参考記事:オンラインで高校生は学習すると効率が良い理由

まとめ:高校1年生から英語の単語を勉強すると英語が得意になる

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、高校1年生から英語の単語を勉強すると英語が得意になるは参考になりましたでしょうか?

 

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

予備校オンラインドットコムでは、これから受験勉強をはじめる高校生にしっかりと向き合い、志望校への合格の仕方を教えます。

志望校合格までの勉強時間・参考書・勉強法をアドバイスして、受験までの学習管理を徹底して行って、合格を目指します。

予備校オンラインドットコムで最短で効率の良い受験勉強を始めてみませんか?

予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!