BLOG
合格ブログ

高校1年生の英語を得意にするおすすめ英語の参考書9冊

高校1年生の英語を得意にするおすすめ英語の参考書9冊

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

高校1年生の皆さん、英語の参考書って知りたくありませんか?

 

実は、今回紹介する「高校1年生の英語を得意にするおすすめ英語の参考書9冊」を読めば、高校1年生のおすすめ英語の参考書がわかります。

 

なぜなら、予備校オンラインドットコムで推奨している参考書だからです。

 

この記事では、おすすめ英語の参考書を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、高校1年生の英語を得意にするおすすめ英語の参考書がわかります。

 

最後には、高校1年生に読んでもらいたい記事をまとめていますので、そちらも参考にしてください。

おすすめ英語の参考書が知りたい

英語が得意になる勉強法を知りたい

記事の内容
高校1年生の英語を得意にするおすすめ英語の参考書

高校1年生から英語を得意科目にするために

高校1年生におすすめ英語の参考書

あわせて読みたい
参考記事:【大東亜帝国対策】やっておきたい!おすすめ英語の参考書3冊紹介!
参考記事:日東駒専対策やっておきたい日本史の参考書3冊

高校1年生の英語を得意にするおすすめ英語の参考書

高校1年生の英語を得意にするおすすめ英語の参考書9冊

高校1年生の英語を得意するおすすめ英語の参考書についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

高校1年生で大学受験を意識する

受験勉強でやっておきたい科目

高校1年生の英語の参考書選びのポイント

解説がわかりやすい英語の参考書

高校1年生で大学受験を意識する

高校1年生の中には、大学受験を目指しているけれど、何から勉強したら良いのか?不安や心配を抱えて人も多いのではないでしょうか?

 

ずばり、その不安や心配は間違いではありません。

 

なぜなら、大学受験は高校受験と比べ物にならないほど出題範囲も広がりますし、試験の難易度も上がるからです。

 

しかし、高校1年生から危機感を覚えて、受験勉強に取り組むのであれば、必ず不安や心配は払拭されることでしょう。

 

高校1年生から大学受験を意識することは、メリット以外無いので今の気持ちを受験が終わるまで持ち続けることが大切になります。

高校1年生の受験勉強でやっておきたい科目

では、高校1年生の受験勉強は何から取り組めば良いのでしょうか?

 

結論から申し上げますと、文系希望者も理系希望者も英語の勉強から始めてください。

 

理由は、大学受験においては、英語は避けては通れない科目になり、大学によっては英語の配点が高い場合もあり、合否を分ける科目が英語という場合もあります。

 

英語を高校1年生から勉強することで、英語が得意になれば大学受験を有利に進めることはもちろんのこと、きっと志望大学合格の可能性も高くなるはずです。

 

高校1年生から英語の学習に取り組んでおけば、他の同級生と比べても大きなアドバンテージになります。

 

まずは、英語の勉強から取り組もことをおすすめします。

高校1年生の英語の参考書選びのポイント

では、どんな参考書を選べばよいのでしょうか?

 

ポイントは3つ

自分のレベルに合った参考書

 

解説がわかりやすい参考書

 

目的を持った参考書選び

自分のレベルに合った参考書とは、例えば中学の英語が理解できていない場合は、中学生の復習から学習するのがおすすめです。

 

また、高校1年生であれば基礎的な内容の参考書がおすすめです。

解説がわかりやすい英語の参考書

次に、解説がわかりやす参考書を選ぶのもポイントです。

 

理由は、英語の参考書の中には解説を読んでも理解できない難しい参考書があるからです。

 

口コミや実際に手にとって見て確認するのが良いでしょう。

 

最後に、目的を持った参考書を選ぶことです。

 

なぜなら、目的意識がないと途中で挫折したりして、結局は中途半端で終わってしまうことがあるからです。

 

英語の参考書は1冊を必ず仕上げる目的で取り組むのが良いでしょう。

あわせて読みたい
参考記事:英語の偏差値50を目指す受験生おすすめの参考書3冊紹介
参考記事:英語の偏差値40台から英語の偏差値を10上げる勉強法と参考書を大公開

高校1年生から英語を得意科目にするために

高校1年生の英語を得意にするおすすめ英語の参考書9冊

高校1年生から英語を得意にするための勉強法をまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

高校1年生の英語の勉強法

単語と熟語の勉強法

高校1年生の英文法の勉強法

高校1年生の英語の勉強法

英語の学習は、「単語・熟語」、「英文法」、「英語の長文」と大きく分けて3つの学習が必要になることを頭に入れておきましょう。

 

理由は、それぞれで勉強法が違うからです。

 

英語の勉強法として共通して言えるのは、繰り返し学習して暗記することです。

 

これを理解していないと、英語の勉強が効率よくできないため、偏差値も上げることができません。

 

高校1年生で英語を得意にするためには、なんと言っても英語の基礎中の基礎である、「単語・熟語」の語彙力を高めるのがおすすめです。

 

英語の長文については、語彙力と英文法の力がついてから取り組んでください。

単語と熟語の勉強法

高校1年生で優先的に学習して欲しい単語と熟語の勉強法について紹介します。

 

単語と熟語の勉強のポイントは、「暗記」のみです。

 

これなら、誰にでもできるはずですよね?

 

暗記の仕方は個人によってさまざまなので、自分にあった暗記法で覚えるのがベストです。

 

英語に限らず暗記を行う際にはとにかく何度も繰り返して、参考書を見ることを意識しましょう。

 

例えば1週間に100語を暗記すると仮定します。

 

このとき「1日に15単語ずつ完璧に暗記」「毎日100語必ず目を通す」であればどちらのほうが効果があるでしょうか。

 

私のおすすめは後者の「毎日100語必ず目を通す」です。

 

大学受験に必要な単語数は以下の表にまとめてみました。

 

高校1年生から準備していれば、決して無理な数字ではないので、頑張ってください。

大学受験に必要な英単語数 4,000から6,000語
共通テストに必要な英単語数 4,000から6,000語
難関大学に必要な英単語数 6,000から7,000語

 

高校1年生の英文法の勉強法

英文法の勉強法も暗記中心の学習になります。

 

なぜなら、自分のレベルに合った英語の参考書を使って、文型を頭に入れる必要があるからです。

 

英文法習得において必要なことは理屈の理解ではなく、その文法を使用するタイミングや特例の有無、またその特例がある場合にどのような対処をすべきかを覚えることです。

 

これは授業中に説明を一度聞いたのみ、あるいは教科書を一度読んだのみでは覚えることが難しく、さまざまな形式の演習題を解き、自ら文法を使用することにより身につきます。

 

したがいまして、英語の授業の復習も英文法を習得するためには、必要不可欠なのです。

 

復習することで忘れかけていた説明を思い出すことで、英語の力が学力として定着します。

 

英語の文法は暗記するために復習も大切ということを忘れないでください。

あわせて読みたい
参考記事:【MARCH対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について
参考記事:【日東駒専対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について

高校1年生におすすめ英語の参考書

高校1年生の英語を得意にするおすすめ英語の参考書9冊

高校1年生おすすめ英語の参考書を紹介します。

 

以下のポイントについて説明しています。

中学生英語の復習するためのおすすめ英語の参考書

英単語おすすめ英語の参考書

英熟語おすすめ英語の参考書

英文法おすすめ英語の参考書

中学生英語の復習するためのおすすめ英語の参考書

中学ニューコース 中学英文法 新装版 やさしい中学英語

「中学ニューコース問題集 中学英文法 新装版」

英語が苦手であるという方は、学研「中学ニューコース問題集 中学英文法 新装版」のように中学3年間の範囲が全て掲載されている問題集を使用することを推奨します。

 

長く愛される中学問題集シリーズの決定版です。充実の問題量で基礎→実戦へと無理なく実力が身につき、この一冊で、中学全範囲の英文法が基礎から学べるのが特徴です。

「やさしい中学英語」

中学生の英語の復習ができる、おすすめの英語の参考書は「やさしい中学英語」です。

 

中学3年分の英語の内容を、キャラクターの掛け合いとポイントのわかりやすい紙面でやさしく解説しており、長年、苦手な生徒を英語好きにしてきた授業を本で完全に再現しています。

 

定期試験によく出る問題を集め、最終章には高校入試対策まで網羅されています。

 

まさに至れり尽くせりの1冊です。

英単語と英熟語おすすめ参考書

ターゲット1900 必携英単語LEAP
英単語1400

「英単語ターゲット」

旺文社『英単語ターゲット』シリーズ 単語レベル: 1400は英検準2~2級、1900は英検2~準1級(公式サイトより)

 

高校初級範囲から語彙に不安がある方は1400を、ある程度の語彙が身についている方は1900を使用することをおすすめします。

 

単語と関連語、例文が掲載されており、どのような場面で使用するのか確認しやすい点が良いです。

「必携英単語LEAP」

数研出版『必携英単語LEAP』 単語レベル: CEFRレベルA1~B2 (公式サイトより、共通テストはCEFR A1~C1まで出題)

 

長所は単語についての解説や例文が豊富であり、初めて見る単語でも使い方までしっかりと理解できる点です。

 

1冊では共通テストや難関大学にて出題される語彙には若干の不足がありますが、基礎固め用と割り切ればとても信頼できる単語帳です。

英熟語おすすめ参考書

英熟語ターゲット1000 英熟語オールウェイズ1001

「英熟語ターゲット1000」

熟語の学習でおすすめ参考書の1冊目は『英熟語ターゲット1000』です。

 

英単語おすすめ参考書で紹介したターゲットシリーズと両方を併用することをおすすめします。

 

入試英語の専門家である著者がこれからの入試に対応するために必要な「1000熟語」を厳選して収録されています。

 

さらに複数ある熟語の意味のうち、入試に出題されやすい意味や覚えておく価値があると判断した意味を選び、掲載されているのが特徴です。

「英熟語オールウェイズ1001」

英熟語オールウェイズ1001」は、入試必出の熟語を1001語に厳選して収録されています。

 

「最頻出」「頻出」「重要」「高難度」に分類したむだのない構成が特徴です。

 

左頁に熟語・例文、右頁に日本語訳を配置し、左右見開きの見やすいレイアウトと確認のためのヒントの表れる赤シートで学習効果のアップを図ることができます。

 

文法・語法上のポイント、意味上の重要事項や最新の入試情報も満載です。

英文法おすすめ参考書

「シグマ基本問題集 英語」

文英堂「シグマ基本問題集 英語」のように出題形式の異なる問題が集まった問題集を自習時間に取り入れてみると良いでしょう。

 

少なくとも高校2年生が終わるまでの2年間に3周することをおすすめします。

 

はじめは正答率にこだわらず、どんなきまりを覚えきれていなかったのか把握することが重要です。

 

英文法の内容を32項目に細かく分け、日常の学習で問題に取り組みやすいようにしてあります。

 

「テストに出る重要ポイント」で知識をチェックし、「基本問題」→「応用問題」と2段階の問題を解いていくことで、基礎をしっかりと固めることができるのが特徴です。

「なぜ」がわかる英文法の授業

「なぜ」がわかる英文法の授業は、英語の原理から理解できるため、英語が苦手な高校生にも理解しやすい参考書です。

 

丁寧な語り口調と豊富なイラスト、項目ごとに変わるテーマ色など、高校1年生でも飽きずに読める工夫がされているて、要点が非常にわかりやすいのが特徴です。

 

同じシリーズの「深めて解ける英文法 INPUT」と2冊セットで学習するのがおすすめです。

あわせて読みたい
参考記事:大学受験【英語】おすすめ参考書!厳選した英語の参考書12冊を紹介!
参考記事:【大学受験】英語の偏差値の上げ方!誰にでもできる具体例を紹介!

まとめ:高校1年生の英語を得意にするおすすめ英語の参考書9冊

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「高校1年生の英語を得意にするおすすめ英語の参考書9冊」は参考になりましたでしょうか?

 

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

予備校オンラインドットコムでは、これから受験勉強をはじめる高校生にしっかりと向き合い、志望校への合格の仕方を教えます。

志望校合格までの勉強時間・参考書・勉強法をアドバイスして、受験までの学習管理を徹底して行って、合格を目指します。

予備校オンラインドットコムで最短で効率の良い受験勉強を始めてみませんか?

予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

資料請求はこちらから

 

お気軽お問い合わせください。

 

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!