BLOG
合格ブログ

大学受験の英文法は暗記で決まり!【英文法の暗記勉強法】

大学受験の英文法は暗記で決まり!【英文法の暗記勉強法】

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

大学受験生の皆さん!英文法は暗記って知っていました?

 

実は、今回紹介する「大学受験の英文法は暗記で決まり!【英文法の暗記勉強法】」英文法の暗記の仕方がわかります。

 

なぜなら、塾長がいつも実践している内容だからです。

 

この記事では、英文法の暗記の仕方を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、英文法の暗記の仕方がわかり、英語の偏差値がアップするはずです。

 

以下の悩みを解決します。

英文法は暗記で大丈夫なの?

英文法の暗記の仕方を知りたい

英文法の暗記のポイントは?

記事の内容
大学受験の英文法は暗記で決まり!【英文法の暗記勉強法】

英文法:暗記が効率的にできる勉強法

英文法を暗記するためのポイント

大学受験の英文法は暗記で決まり!【英文法の暗記勉強法】

大学受験の英文法は暗記で決まり!【英文法の暗記勉強法】

大学受験の英文法は暗記で決まり!【英文法の暗記勉強法】についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

英文法は暗記が大切

英語が苦手な人こそ丸暗記

1冊の英文法の参考書を暗記

英文法は暗記が大切

英文法の勉強法は、ズバリ「暗記」です。

 

英語は暗記科目として、勉強するのがおすすめです。

 

なぜなら、英語の偏差値は英語の知識の量に比例しているからです。

 

しかし、ただ暗記するだけでは、大学受験の試験に対応できないため、英文法を理解しながら暗記するのがポイントです。

 

英語が苦手な受験生は、英単語や英文法の暗記の量が総じて少ない傾向にあります。

 

また、英語を暗記科目と理解していない場合も、英語の知識の量が増えないため、テストで良い結果が得られません。

 

単語帳や英文法の参考書を使って、暗記量を増やすのが英語の学習のポイントです。

英語が苦手な人こそ丸暗記

英語を苦手に感じる人は、不定詞や目的語だとか、現在完了進行形、未来完了形、仮定法だとかいう聞きなれない言葉がでてきてしまうと、日本語の意味もわからずに拒否反応を示してしまいます。

 

なぜなら、日本語でもよくわからない文法用語を覚え、さらにその意味を理解して、試験で使いこなせるようになるのか?と不安を感じるからです。

 

しかし、文法用語が覚えられないという人であっても、英語の例文を丸覚えするというだけならできるのではないでしょうか?

 

具体的には、例文を和訳と一緒に覚えることで、日本語と英語の語順の違いを理解するのです。

 

また、覚えた例文を使って、自分で英作文を作ってみるのも効果的と言えます。

 

英文の書き方としては、新しく覚えた例文の文法を使ってオリジナルの例文を作ったり、英作文を繰り返し書いたりする方法がおすすめです。

 

そうすることで、英文法を理解して使えるようになるのです。

 

英語が苦手な人こそ、英文法の参考書の丸暗記がおすすめです。

1冊の英文法の参考書を暗記

英文法の学習で一番やってはいけないことが、英文法の参考書を購入しても中途半端に学習してしまい、仕上げてもいないのに次の参考書を買ってしまうことです。

 

なぜなら、いろいろな参考書に手を出したい気持ちも理解できますが、「これ」っと決めた参考書を1冊完璧に仕上げてから次の参考書を学習するのが効果的だからです。

 

一生懸命に勉強していても、いろいろな情報に惑わされて目移りしたり、「今、使っている参考書は大丈夫なの?」と不安を感じるかもしれません。

 

しかし、同時にたくさんの参考書に取り組んでも効果なく、中途半端に終ってしまいます。

 

それよりかは、1冊の参考書を完璧に仕上げるまで、隅から隅まで覚えて、幅広い知識を習得するのが一番効果的と言えます。

 

自分が気に入って購入した参考書は、最後までやり抜く覚悟を持って取り組んでください。

英文法:暗記が効率的にできる勉強法

大学受験の英文法は暗記で決まり!【英文法の暗記勉強法】

英文法:暗記が効率的にできる勉強法についてまとめてみました。

 

以下の項目について説明しています。

暗記するために繰り返し読む

英文法の参考書は音読して暗記

英文法の音声を聞いて暗唱

暗記するために繰り返し読む

暗記の方法は人それぞれ違いますが、一般的な参考書の暗記方法をご紹介します。

1周目:英文法の参考書をよく読み、英文法の意味を理解して例文を一緒に覚える。

     :単元ごとや覚えた箇所の確認テストを実施して、次の単元へ。


2周目:1周目の暗記の確認テスト、間違えた箇所は、意味と例文を覚える。


3周目:2周目の間違えた箇所の確認、間違えた箇所は、再度、意味と例文を覚える。

以上の作業をすべて覚えるまで繰り返して行う。

 

英文法は暗記とは言え、無機質に覚えても大学入試には対応できません。

 

必ず、例文などと関連付けて覚えると忘れにくいし、思い出しやすくなります。

 

英文法の参考書を最後まで諦めずに仕上げる覚悟を決めて取り組み、反復して覚えるのがポイントです。

 

1冊の参考書を仕上げるためには、最低でも5周はやり遂げたいですね!

 

おすすめは7周です。

英文法の参考書は音読して暗記

英文法の参考書を反復して音読すると効率的に暗記ができます。

 

理由は、読んで口に出すことは、インプットとアウトプットが同時にできるからです。

 

また、英文を覚えるだけでなく、試験に通用する英語力を身につけることもできるのです。

 

英文法の参考書を音読するときのポイントは、目的意識を持つことです。

 

具体的には、英文法の語順や文法要素を気にしながら声を出すのがおすすめです。

 

最初は音読の速さは気にせずに、英文法や意味を理解できるまで繰り返して口に出してください。

 

何度も繰り返すうちに、自然に英文法を頭の中で理解できるようになるはずです。

英文法の音声を聞いて暗唱

英文法の参考書には、付属のCDがついているため、音声を聞きながら暗唱する勉強法も取り入れてみてください。

 

理由は、実際の音声を聴いて暗唱すると、自然に文章が頭に入ってくるからです。

 

具体的には、英文を聞いて、同じ英文を暗唱するだけです。

 

英文を聴いて、暗唱を繰り返すだけで自然に英文法の勉強になるのです。

 

電車の中や移動中などのスキマ時間にできる勉強法です。

英文法を暗記するためのポイント

大学受験の英文法は暗記で決まり!【英文法の暗記勉強法】

英文法を暗記するためのポイントについてまとめてみました。

 

以下の項目について説明しています。

英文法を暗記できたか確認

英文法の暗記は毎日学習

暗記するまで繰り返す

英文法を暗記できたか確認

英文法は「暗記」と繰り返し説明していますが、暗記が定着したかどうかの確認テストを必ず行ってください。

 

なぜなら、単元ごとや学習した範囲の確認テストしないと、記憶が定着しないまま進んでしまう可能性があるからです。

 

英文法を学習しているときに大切なのがインプットとアウトプットの繰り返しです。

 

確認テストしないと、英文法の参考書を1冊やりきっても、英文をたくさん読んだだけで、実際には暗記していないことが多いのです。

 

本当に理解して暗記できているかを確認するには、誰かに説明してみるのがおすすめです。

 

自分が簡単に説明できるところまで理解を深められたならば、学力として定着していると言って良いでしょう。

 

そうなるためには、インプットとアウトプットを繰り返し行ってください。

英文法の暗記は毎日学習

英語の勉強は受験終了まで毎日継続して行ってください。

 

英語の勉強も含めて、受験勉強を習慣化させるのがポイントです。

 

なぜなら、英語の勉強は毎日の積み重ねが大切で、勉強の積み重ねができれば、英語は必ず自分のものにできるからです。

 

英語学習は毎日行った方が良いもう一つの理由は「記憶の定着」です。

 

記憶の忘却曲線って聞いたことありますか?

 

人間の脳のメカニズム上、忘れ去る前に情報を重ねることで、記憶の定着を促進できるからです。

 

英文法はもちろんのこと、英単語・英熟語の語彙は忘れないように毎日復習することをルーチン化してください。

暗記するまで繰り返す

暗記できなければ繰り返して暗記する作業を継続してください。

 

暗記できなければ繰り返すという行為は当たり前ですが、大変な作業です。

 

繰り返して暗記する場合に工夫が必要になる場合もあります。

 

例えば、皆さんは英単語を暗記しようと思ったとき、どのような方法を取っているでしょうか。

 

100語を完璧に覚えたら次のページに進み、次のページを覚えたらまた次のページをという風に繰り返していませんか?

 

それとも、100語学習したら、次のページに進み、違う単語を学習して、繰り返して単語を暗記する。

 

前者だと、1ヶ月後に覚えていられる単語はそれほど多くはありません。

 

何が言いたいかと言うと、人間は忘れる生き物です。

 

忘れることを前提に、英語の学習をしてください。

 

したがいまして、私のおすすめの暗記の勉強法は繰り返し覚え直すことが重要な後者です。

 

忘れることを前提に、いかに効率的に頭に入れるかということを考えて、英語学習を行うことが重要です。

まとめ:大学受験の英文法は暗記で決まり!【英文法の暗記勉強法】

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「大学受験の英文法は暗記で決まり!【英文法の暗記勉強法】」は参考になりましたでしょうか?

 

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「予備校オンラインドットコムにお任せください」

受験生は不安や心配で何かと大変ですが悔いのない大学受験をすることが大切です。

 

予備校オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の大学合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に予備校オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために予備校オンラインドットコムがあるのです。

予備校オンラインドットコムでは、これから受験勉強をはじめる高校生にしっかりと向き合い、志望校への合格の仕方を教えます。

志望校合格までの勉強時間・参考書・勉強法をアドバイスして、受験までの学習管理を徹底して行って、合格を目指します。

予備校オンラインドットコムで最短で効率の良い受験勉強を始めてみませんか?
予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!