BLOG
合格ブログ

英文法の勉強法を知って大学受験を突破【英文法の勉強法】

英文法の勉強法を知って大学受験を突破【英文法の勉強法】

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

英文法の勉強法って知りたくないですか?

 

実は、今回紹介する「英文法の勉強法を知って大学受験を突破【英文法の勉強法】」を読めば、英文法の勉強法がわかります。

 

なぜなら、塾長が実践している内容だからです。

 

この記事では、英文法の勉強法を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、英文法の勉強法がわかる内容になっています。

 

以下の悩みを解決します。

英文法の勉強って必要?

英文法の勉強法が知りたい?

英文法の復習って必要なの?

記事の内容
英文法の勉強法を知って大学受験を突破【英文法の勉強法】

英文法の覚え方:効率良く覚える勉強法

復習が大切!英文法を定着させる勉強法

英文法の勉強法を知って大学受験を突破【英文法の勉強法】

復習が大切!英文法を定着させる勉強法

英文法の勉強法を知って大学受験を突破【英文法の勉強法】についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

英文法を勉強する意味

英文法は1冊の英文法の参考書で勉強

英文法の勉強法は「暗記」

英文法を勉強する意味

英語の成績を上げるためには、「単語」「英文法」「長文」に分けてしっかりと勉強する必要があります。

 

そのなかの「英文法」は英語の語順のルールです。

 

英語の語順のルールである、英文法がわからなければ、英文を訳すことができず、長文読解にも対応できないのです。

 

大学受験に必要な範囲の英文法を習得するためには、長時間、英文法を学習する必要があります。

 

そのためには、日々コツコツと英文法を勉強して、文の構造をしっかり頭に入れることができれば、英語の学力が向上するはずです。

 

英文法の学習は苦手という受験生も多くいますが、英語力アップのために、英文法の勉強は非常に重要な基礎的な学習だと認識してください。

英文法は1冊の英文法の参考書で勉強

英文法の勉強を始めるとなると「英文法の参考書」が必要になりますよね?

 

受験生の中には、何冊もの英文法の参考書を購入して勉強する人もいますが、おすすめな勉強法ではありません。

 

なぜなら、英文法の参考書は、英語という同じ言語を扱っているため、どの英文法の参考書を選んだとしても内容はほとんど同じだからです。

 

すなわち、同じ英文法の参考書を何冊も買って勉強しても、あまり意味がないのです。

 

むしろ、これだと決めた英文法の参考書を購入して、完璧に仕上げるまで何度も繰り返すことが重要です。

 

完璧に仕上げるレベルとは、英文法の参考書を隅から隅まで、理解して覚えることです。

英文法の勉強法は「暗記」

英文法は暗記の勉強と聞くと、「なんか納得がいかない」と思われるかもしれません。

 

しかし、語学の学習には暗記が必要不可欠ということを認識してください。

 

理由は、例えば、朝起きて「おはよう」と誰でも言えますよね?

 

「おはよう」という言葉はなぜ?口から出てくるのでしょうか?

 

答えは、「おはよう」という言葉と言葉の意味を暗記しているからです。

 

つまり、英語の偏差値を上げるためには、英語の知識の量を増やせばいいのです。

 

英文法の勉強は、理解して暗記するのが効率の良い勉強法です。

英文法の覚え方:効率良く覚える勉強法

復習が大切!英文法を定着させる勉強法

英文法の覚え方:効率良く覚える勉強法についてまとめてみました

 

以下の項目について説明しています。

英文法の勉強法:基本の勉強法

英文法の勉強法:繰り返して音読

英文法の勉強法:暗唱

英文法の勉強法:スラッシュリーディング

英文法の勉強法:基本の勉強法

暗記の方法は人それぞれ違いますが、一般的な参考書の暗記方法をご紹介します。

1周目:英文法の参考書をよく読み、意味を理解して例文を一緒に覚える。

   ↓

           :単元ごとや覚えた箇所の確認テストを実施して、次の単元へ。

  ↓

2周目:1周目の暗記の確認、間違えた箇所は、意味と例文を再度覚える。

  ↓

3周目:2周目の間違えた箇所の確認、間違えた箇所は、再度、意味と例文を覚える。

以上の作業をすべて覚えるまで繰り返して行う。

 

英文法は暗記とは言え、無機質に覚えても大学入試には対応できません。

 

必ず、例文などと関連付けて覚えると忘れにくいし、思い出しやすくなります。

 

英文法の参考書を最後まで諦めずに仕上げる覚悟を決めて取り組み、反復して覚えるのがポイントです。

 

1冊の参考書を仕上げるためには、最低でも5周はやり遂げたいですね!

 

おすすめは7周です。

英文法の勉強法:繰り返して音読

英文法の参考書を反復して音読すると効率的に暗記ができます。

 

理由は、読んで口に出すことは、インプットとアウトプットが同時にできるからです。

 

また、英文を覚えるだけでなく、試験に通用する英語力を身につけることもできるのです。

 

英文法の参考書を音読するときのポイントは、目的意識を持つことです。

 

具体的には、英文法の語順や文法要素を気にしながら声を出すのがおすすめです。

 

最初は音読の速さは気にせずに、英文法や意味を理解できるまで繰り返して口に出してください。

 

何度も繰り返すうちに、自然に英文法を頭の中で理解できるようになるはずです。

英文法の勉強法:英文の暗唱

英文法の参考書には、付属のCDがついているため、音声を聞きながら暗唱する勉強法も取り入れてみてください。

 

理由は、実際の音声を聴いて暗唱すると、自然に文章が頭に入ってくるからです。

 

具体的には、英文を聞いて、同じ英文を暗唱するだけです。

 

英文を聴いて、暗唱を繰り返すだけで自然に英文法の勉強になるのです。

 

電車の中や移動中などのスキマ時間にできる勉強法です。

英文法の勉強法:スラッシュリーディング

スラッシュリーディングとは、意味のまとまりで文章を区切って読んでいく勉強法です。

 

スラッシュリーディングの効果としては、英文の内容や構造を把握しながら読む力、英語を前から順に理解する力が付きます。

 

英語を英語のまま理解するための、重要なトレーニングです。

 

英文を頭から理解していくことに役立つため、英文法の理解にも直結します。

 

英語の文章を読み進めるとき、いちいち後ろから戻って訳していませんか?

 

この方法では、時間がかかるだけでなく、いつまでも脳内で英語を日本語に翻訳してしまいます。

 

これでは、速く英語を読むことができません。

 

例えば、

She works for a company that makes car.

キレイな日本語に訳そうと思ったら、後ろから訳して「車を作っている会社に彼女は働いている」→「彼女は車を作っている会社に働いている」のようにしますね。

 

英語と日本語では語順が違うため、一度、読んだあと後ろから前に戻って訳すため、とても時間がかかります。

「スラッシュリーディング」では次のようにしてください。

 

She works / for a company / that makes car.

 

日本語に訳すると「彼女は働いている / 会社で / 車をつくる」

日本語としては不自然ですが、内容はつかめますよね。

 

この「いい意味で適当に理解する」感覚に慣れましょう!

 

「後ろから戻って訳す」くせを治すトレーニングとして、スラッシュリーディングがおすすめです。

 

スラッシュリーディングとは、意味のかたまりごとにスラッシュ(/)を入れながら英文を読んでいく方法です。

 

このようなスラッシュリーディングに慣れると、英文を頭から読んだだけで理解できるようになります。

復習が大切!英文法を定着させる勉強法

復習が大切!英文法を定着させる勉強法

復習が大切!英文法を定着させる勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

英文法の勉強は復習が大切

繰り返して勉強!英文法は復習

英文法を勉強して定着できたか自己分析

英文法の勉強は復習が大切

英文法の学習では、復習が大切なポイントです。

 

なぜなら、復習で問題を解き直して間違えた場合、なぜこの問題を間違えたのかの理由を考えます。

 

そうすることで、同じような問題に遭遇しても同じ間違いをしなくなるからです。

 

勉強時間を確保しているのに英文法の成績が上がらない場合、復習の時間が確保されているかを考えてみてください。

 

英文法の勉強は、やりっ放しや解き放しでは、学力が定着しないのです。

 

間違えた問題を復習することで、英語の力が向上するのです。

繰り返して勉強!英文法は復習

英文法の学習は、先ほど説明したように復習が重要です。

 

理由は、人は一度学習しただけでは覚えられなし、忘れてしまっては勉強した意味が無くなるからです。

 

復習の回数は人によって違いますが、確実に暗記できたレベルに到達するまでは繰り返して復習してください。

 

復習した回数を数えておくと良いかもしれません。

具体的な復習のポイントを以下にまとめました。

 

復習1回目(翌日)

 

復習2回目(1週間後)

 

復習3回目(1ヶ月後)

1回目の復習を翌日に学習すると、どんな問題を解いたのか、どんな問題を間違えたのかを忘れないはずです。

 

3回目の復習時にできた問題は、学力として完全に定着しており、今後忘れてしまう心配はないでしょう。

 

「復習は1回だけやるもの」との認識を持っている方は多いです。

 

最初は面倒に感じるかもしれませんが、時間をかけて何度も復習することを心がけてください。

英文法を勉強して定着できたか自己分析

英文法の復習では、問題の正答はもちろんのこと、問題文の意味や英文法を理解できたかを確認してください。

 

なぜなら、選択問題の場合、偶然に正解することもるからです。

 

偶然に正解してラッキーと思っても、それは自分の実力ではありません。

 

しっかりと、問題文の意味や英文法を理解して上で正解することが大事なのです。

 

せっかく復習するのであれば、自分に厳しく、完璧な復習を目指してください。

まとめ:英文法の勉強法を知って大学受験を突破【英文法の勉強法】

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「英文法の勉強法を知って大学受験を突破【英文法の勉強法】」は参考になりましたでしょうか?

 

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「予備校オンラインドットコムにお任せください」

受験生は不安や心配で何かと大変ですが悔いのない大学受験をすることが大切です。

 

予備校オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の大学合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に予備校オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために予備校オンラインドットコムがあるのです。

予備校オンラインドットコムでは、これから受験勉強をはじめる高校生にしっかりと向き合い、志望校への合格の仕方を教えます。

志望校合格までの勉強時間・参考書・勉強法をアドバイスして、受験までの学習管理を徹底して行って、合格を目指します。

予備校オンラインドットコムで最短で効率の良い受験勉強を始めてみませんか?
予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!