BLOG
合格ブログ

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法のアドバイス

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

偏差値50位の大学を目指す受験生向けの記事です。

 

今回紹介する「偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス」を読めば、偏差値50の大学を目指す勉強法がわかります。

 

なぜなら、塾長がいつも指導している内容だからです。

 

この記事では、偏差値を50にする具体的な勉強法を紹介しています。

 

記事を読み終わると、偏差値を50にする勉強法が理解できるはずです。

 

以下の悩みを解決します。

偏差値50って?

偏差値を50にする勉強時間は?

偏差値55を目指すためには?

オンライン予備校

記事の内容

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強のアドバイス

偏差値50の大学を目指すための勉強時間

偏差値55を目指す勉強法

あわせて読みたい
参考記事:偏差値40台の受験生を応援して大学受験を成功させる
参考記事:偏差値45、55、65ってどのくらい?

偏差値50の大学に合格するための勉強をアドバイス

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法のアドバイス

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

偏差値50とは

偏差値50の大学は難しい

偏差値50を目指そう!

偏差値50とは

偏差値について説明する必要もないのですが念の為、説明しておきます。

 

偏差値とは、テストを受けた集団の中で自分がどれくらいの位置にいるかを表す数値です。

 

たとえば、英語と数学の得点がともに50点だったとしても、問題の難易度によって平均点が違ってくるので、どちらが良い結果だったのか判断がつきません。

 

偏差値とは、平均点を偏差値50になるように変換し、その基準からどれくらい高いのか?または低いのか?を点数で表します。

 

偏差値は50を基準として、平均からどれくらいの差があるかを表した数値です。

 

そのため自分の得点が平均点と同じであれば、偏差値は必ず50となります。

 

自分の実力を相対的に把握できる便利な数値なのです。

偏差値 上成績者からの割合
80 0.13%
75 0.62%
70 2.28%
65 6.68%
60 15.8%
55 30.85%
50 50%
45 69.15%
40 84.13%

偏差値について知りたい方、偏差値45、55、65ってどのくらい?

偏差値50の大学は難しい

先程、偏差値の話をしましたが、偏差値50というのは、ちょうど平均点と同じことを意味します。

 

平均点と聞くと簡単そうに聞こえますが意外と偏差値50の壁は高く、侮っていはいけません。

 

偏差値50の大学は人気も高く、倍率も高いためしっかりと受験勉強を行い、挑戦する必要があるのです。

 

偏差値40台から50台に上げていくには、それなりの努力が必要となってきます。

 

予備校オンラインドットコムでは偏差値40台から勉強を開始して、偏差値が50台になった生徒が数多くいますので、ご安心ください。

 

偏差値50はきっと突破できるはずです。

偏差値50を目指そう!

偏差値40台の受験生は、まずは偏差値50を目指してください。

 

理由は、偏差値が50になると大学の選択肢が増えるからです。

 

そうすると、大学で学びたいこと、やりたいことが多くの選択肢の中から本当に行きたい大学が見つかるはずです。

 

偏差値を上げることで将来の可能性が大きく広がるのです。

 

決して不可能なことではありません。

 

最初は偏差値50を目指して勉強して、偏差値が50になったら次は偏差値55を目指して、偏差値の目標をドンドン上げて受験勉強に取り組むことで、合格の確率をあげていくのです。

 

偏差値を50の大学を目指すための勉強時間

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法のアドバイス

偏差値を50にするための勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

偏差値50の大学を目指すための勉強時間

勉強の習慣

基礎を徹底的に

暗記を徹底的に

偏差値50の大学を目指すための勉強時間

偏差値50を目指すための勉強時間って気になりますよね?

 

偏差値を1上げるために必要な勉強時間の目安は、受けたテストの結果や現在の基礎学力など諸条件に左右されますが、一般的には、1科目あたりプラスで約30~50時間は必要と言われています。

 

例えば、英語の偏差値を10上げたい場合には、1科目あたりプラスで必要な勉強時間を30時間とすると、30時間×10=300時間が必要となります。

 

300時間必要となると、受験まで残りが半年の場合は、今の勉強時間にプラス1時間40分必要となります。

 

受験まで毎日、プラス1時間40分の勉強を行うことで半年で偏差値を10上げることが可能になります。

 

大学受験生の平均の勉強時間は6時間なので、偏差値を40台から10上げたい場合には、毎日、7時間40分勉強することになります。

 

ただし、これは理論上の勉強時間なのであくまでも目安として考えてください。

勉強の習慣

偏差値が40台の受験生は勉強の習慣を身につけることが最優先です。

 

なぜなら、学習習慣が身についていないから偏差値が伸び悩んでいると言っても過言ではないからです。

 

言い換えると生活のリズムを規則正しくするということにもなります。

 

毎日、同じ時間に起床して、学校に行って、帰宅したら同じ時間から勉強を始めてといったように、生活の一部に勉強の時間を取り入れて、勉強を習慣化することです。

 

受験生の多くは、勉強をする習慣が身についているので、ゲームに夢中になることもなく、友達の誘いなども断り、受験勉強を中心に日々励んでいます。

 

偏差値を上げていくためには、勉強習慣を身につけることを念頭にして取り組むことをおすすめします。

基礎を徹底的に

偏差値が50に満たない生徒は勉強の基礎ができていません。

 

なぜなら、勉強の基礎ができていたなら、偏差値は50になるはずです。

 

基礎的な知識が身についていないため、または、基礎知識が部分的に抜けているため偏差値が40台になっているのです。

 

では、基礎固めとは、どのようにして基礎固めをすれば良いのでしょうか。

 

勉強法としては基礎的な参考書や問題集のほか、予備校や塾のテキストなどの基本問題を反復して、完璧に解けるようにすることが大切です。

 

繰り返し同じ問題を解くことで、解法を徹底して自分のものにできます。

 

ひたすら繰り返し勉強することで、基礎的な内容や解法を覚え込むことが大切です。

 

もし、基礎的な参考書の理解が難しいようであれば、中学生の復習をすることをおすすめします。

 

一度、学習のレベルを下げて簡単な問題を解くことで、あやふやだった部分をしっかりと埋めていくことができ、受験勉強の内容を理解できるようになります。

 

決して遠回りではないのでやってみてください。

 

とにかく、勉強は基礎が大切なのです。

暗記を徹底的に

受験勉強の基礎は「暗記」がポイントになり、数学も含めて全て暗記が基礎と言っても過言ではありません。

 

なぜなら、知識の量に比例して偏差値も上がっていきます。

 

基礎的な知識を暗記しているから、応用問題にも対応することができるのです。

 

例えば、英語について言えば、英語の文法を理解しただけでは英語の勉強にはならず、しっかりと単語も暗記する必要があるのです。

 

『勉強』と『受験勉強』とは全く違うものと思ってください。

 

テストで高得点を取ることを目指すのであれば、日々の生活でその知識を使うためにも、暗記していないと活用することはできません。

 

どんなに理解していても、テストでは暗記していなければ答えられないからです。

 

なので、最終的には暗記をするということは、とても重要だと思ってください。

 

だから、すべての科目において「受験勉強」の基礎は暗記です。

偏差値55を目指す勉強法

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法のアドバイス

偏差値が50になったさらに上を目指しましょう!

 

以下のポイントについて説明しています。

基本と標準問題

単語と熟語は毎日学習する

塾に行く

基本と標準問題

偏差値が50になったら、次の目標は偏差値55です。

 

さらに偏差値を上げるためには、参考書の基本問題はもちろんのこと標準問題に本格的に取り組んでください。

 

標準問題を反復して学習して、正解を繰り返すことで着実に学力が身についてきます。

 

当然、基本問題も忘れずに並行して学習することが大切です。

 

また、余裕が出てきたならば、問題を解く時間を決めて正解できるようになるのがおすすめです。

 

なぜなら、本番の試験では制限時間内に問題を解く必要があるからです。

 

過去に受けた模試や、手持ちの参考書や問題集を使って、徹底的に繰り返すことで、本番の試験でも確実に得点できるようになるでしょう。

単語と熟語は毎日学習する

単語と熟語の学習は、試験日までは毎日行ってください。

 

なぜなら、単語と熟語を覚えたとしても、使わなければ忘れてしまうからです。

 

確実に覚えたと思っても、見慣れない単語は1週間、10日間と日にちが経過すると忘れてしまいます。

 

せっかく覚えた単語を忘れてしまうのは、とてももったいないことです。

 

特に単語と熟語は英語の基礎となるので、偏差値が50になったからと言って、おろそかにしていいものではありません。

 

毎日、単語と熟語の学習は継続して行ってください。

個別指導の塾に行ってみる

短期間で偏差値を上げるためには、生活の中心を勉強にしてどれだけ集中して勉強の時間を作ることができるかが非常に重要なポイントです。

 

さらに偏差値を上げるために塾や予備校に通いながら効率よく勉強するのも選択肢の一つです。

 

個別指導の塾では、生徒のレベルに応じて指導してくれるので、効率よく学習ができるはずです。

 

しかし、強い意志と、モチベーションがあれば、自宅学習でも十分に偏差値を上げることは可能です。

 

偏差値55は、思ったよりも高い壁となります。

 

受験までに残りの日数が少ない場合や自分一人で勉強するのに不安がある場合などは、塾に行くことを検討してみてください。

 

きっとモチベーションが上がり、偏差値55を目指して頑張れるはずです。

 

予備校オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

まとめ:偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイスは参考になりましたでしょうか?

一緒に偏差値55を目指しませんか?

楽しく!偏差値を伸ばします!

予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!