BLOG
合格ブログ

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

今回のお悩みはこちら。

偏差値50って?

偏差値を50にする勉強時間は?

偏差値55を目指すためには?

 

偏差値50位の大学を目指す受験生向けの記事です。

 

今回紹介する「偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス」を読めば、偏差値50の大学を目指す勉強法がわかります。

 

なぜなら、偏差値50の大学を目指していた生徒に、アドバイスしていた内容だからです。

 

この記事では、偏差値を50にする具体的な勉強法を紹介。

 

記事を読み終わると、偏差値を50にする勉強法が理解できるはずです。

※PR記事

 

読み終わるとわかること

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強のアドバイス

偏差値50の大学を目指すための勉強時間

偏差値別の勉強時間

偏差値55を目指す勉強法

 

【偏差値50を目指すなら!管理型学習塾がおすすめ!】

合格実績が豊富な学習管理型の塾!STRUX←おすすめの塾
※オンライン対応!志望校合格まで受験パーソナルトレーナーが徹底指導!

勉強のモチベーションを管理!モチベーションアカデミア
※合格までを徹底管理!勉強のやる気がグングン上がる!

学習コーチングで勉強が変わる!アガルートコーチング!
※個別指導や家庭教師とは違う!新しい学習サービス!

 

偏差値50の大学に合格するための勉強をアドバイス

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

偏差値50とは

偏差値50の大学は難しい

偏差値50を目指そう!

偏差値50とは

偏差値について説明する必要もないのですが、念の為、説明しておきます。

 

偏差値とは、テストを受けた集団の中で自分がどれくらいの位置にいるかを表す数値です。

 

たとえば、英語と数学の得点がともに50点だったとしても、問題の難易度によって平均点が違ってくるので、どちらが良い結果だったのか判断がつきません。

 

偏差値とは、平均点を偏差値50になるように変換し、その基準からどれくらい高いのか?または低いのか?を点数で表します。

 

偏差値は50を基準として、平均からどれくらいの差があるかを表した数値です。

 

そのため自分の得点が平均点と同じであれば、偏差値は必ず50となります。

 

自分の実力を相対的に把握できる便利な数値なのです。

偏差値上成績者からの割合
800.13%
750.62%
702.28%
656.68%
6015.8%
5530.85%
5050%
4569.15%
4084.13%

 

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

偏差値について知りたい方、偏差値45、55、65ってどのくらい?偏差値を上げる勉強法はこれだ!

偏差値50の大学は難しい

先程、偏差値の話をしましたが、偏差値50というのは、ちょうど平均点と同じことを意味します。

 

平均点と聞くと簡単そうに聞こえますが意外に偏差値50の壁は高く、侮っていはいけません。

 

偏差値50の大学は人気も高く、倍率も高いためしっかりと受験勉強して、挑戦する必要があるのです。

 

偏差値40台から50台に上げていくには、それなりの努力が必要となってきます。

 

しかし、安心してください。

 

私の経験上、偏差値40台から勉強を開始して、偏差値が50台になった生徒は数多くいます。

 

偏差値50はきっと突破できるはずです。

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

参考記事:偏差値40台の受験生を応援して大学受験を成功させる

偏差値50を目指そう!

偏差値40台の受験生は、まずは偏差値50を目指してください。

 

理由は、偏差値が50になると大学の選択肢が増えるからです。

 

そうすると、大学で学びたいこと、やりたいことが多くの選択肢の中から、本当に行きたい大学が見つかるはず。

 

偏差値を上げることで将来の可能性が大きく広がるのです。

 

決して不可能なことではありません。

 

最初は偏差値50を目指して勉強して、偏差値が50になったら次は偏差値55を目指して、偏差値の目標をドンドン上げて受験勉強に取り組むことで、合格の確率をあげていくのです。

 

【偏差値50を目指すなら!管理型学習塾がおすすめ!】

合格実績が豊富な学習管理型の塾!STRUX←おすすめの塾
※オンライン対応!志望校合格まで受験パーソナルトレーナーが徹底指導!

勉強のモチベーションを管理!モチベーションアカデミア
※合格までを徹底管理!勉強のやる気がグングン上がる!

学習コーチングで勉強が変わる!アガルートコーチング!
※個別指導や家庭教師とは違う!新しい学習サービス!

 

参考記事:必見!【大東亜帝国対策】合格できる!おすすめ塾・予備校15選!

偏差値を50の大学を目指すための勉強時間

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

偏差値を50にするための勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

偏差値50の大学を目指すための勉強時間

勉強の習慣

基礎を徹底的に

暗記を徹底的に

偏差値50の大学を目指すための勉強時間

偏差値50を目指すための勉強時間って気になりますよね?

 

偏差値を1上げるために必要な勉強時間の目安は、受けたテストの結果や現在の基礎学力など諸条件に左右されますが、一般的には、1科目あたりプラスで約30~50時間は必要と言われています。

 

例えば、英語の偏差値を10上げたい場合には、1科目あたりプラスで必要な勉強時間を30時間とすると、30時間×10=300時間が必要となります。

 

300時間必要となると、受験まで残りが半年の場合は、今の勉強時間にプラス1時間40分必要。

 

受験まで毎日、プラス1時間40分の勉強すること、そうすると半年で偏差値を10上げることが可能。

 

大学受験生の平均の勉強時間は6時間なので、偏差値を40台から10上げたい場合には、毎日、7時間40分勉強することになります。

 

ただし、これは理論上の勉強時間なのであくまでも目安として考えてください。

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

参考記事:【総合型選抜】自己PRの書き方マスターガイド!例文付きでポイントとコツを紹介

偏差値50の勉強習慣

偏差値が40台の受験生は勉強の習慣を身につけることが最優先。

 

なぜなら、学習習慣が身についていないから偏差値が伸び悩んでいると言っても過言ではないからです。

 

言い換えると生活のリズムを規則正しくするということにもなります。

 

毎日、同じ時間に起床して、学校に行って、帰宅したら同じ時間から勉強を始めてといったように、生活の一部に勉強の時間を取り入れて、勉強を習慣化することです。

 

受験生の多くは、勉強する習慣が身についているので、ゲームに夢中になることもなく、友達の誘いなども断り、受験勉強を中心に日々励んでいます。

 

偏差値を上げていくためには、勉強習慣を身につけることを念頭にして、取り組むことが大切です。

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

参考記事:高校2年生から受験勉強を始める理由をわかりやすまとめました

基礎を徹底的に

偏差値が50に満たない生徒は勉強の基礎ができていません。

 

なぜなら、勉強の基礎ができていたなら、偏差値は50になるはずです。

 

基礎的な知識が身についていないため、または、基礎知識が部分的に抜けているため偏差値が40台になっているのです。

 

では、基礎固めとは、どのようにして基礎固めをすれば良いのでしょうか。

 

勉強法としては基礎的な参考書や問題集のほか、予備校や塾のテキストなどの基本問題を反復して、完璧に解けるようにすることが大切。

 

繰り返し同じ問題を解くことで、解法を徹底して自分のものにできます。

 

ひたすら繰り返し勉強することで、基礎的な内容や解法を覚え込むことが大切です。

 

もし、基礎的な参考書の理解が難しいようであれば、中学生の復習することをおすすめします。

 

一度、学習のレベルを下げて簡単な問題を解くことで、あやふやだった部分をしっかりと理解すると、理解できなかった単元が理解できるようになります。

 

決して遠回りではないのでやってみてください。

 

とにかく、勉強は基礎が大切なのです。

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

参考記事:コーチング塾厳選12社徹底比較!料金が安い!自分に合ったコーチング塾が見つかる

暗記を徹底的に

受験勉強の基礎は「暗記」がポイントになり、数学も含めて全て暗記が基礎と言っても過言ではありません。

 

なぜなら、知識の量に比例して偏差値も上がっていきます。

 

基礎的な知識を暗記しているから、応用問題にも対応できるのです。

 

例えば、英語について言えば、英語の文法を理解しただけでは英語の勉強にはならず、しっかりと単語も暗記する必要があるのです。

 

『勉強』と『受験勉強』とは全く違うものと思ってください。

 

テストで高得点を取ることを目指すのであれば、日々の生活でその知識を使うためにも、暗記していないと活用することはできません。

 

どんなに理解していても、テストでは暗記していなければ答えられないからです。

 

なので、最終的には暗記するということは、とても重要だと思ってください。

 

つまり、すべての科目において「受験勉強」の基本は暗記です。

 

【学習管理型の塾で偏差値アップ!】

合格実績が豊富な学習管理型の塾!STRUX←おすすめの塾
※オンライン対応!志望校合格まで受験パーソナルトレーナーが徹底指導!

勉強のモチベーションを管理!モチベーションアカデミア
※合格までを徹底管理!勉強のやる気がグングン上がる!

学習コーチングで勉強が変わる!アガルートコーチング!
※個別指導や家庭教師とは違う!新しい学習サービス!

 

参考記事:【日東駒専対策】おすすめ塾・予備校を塾経験者が紹介!合格できる勉強法がわかる!

偏差値別の勉強時間

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

偏差値別の勉強時間について解説!

 

以下のポイントについて説明しています。

偏差値45から偏差値を5上げる

偏差値50から偏差値を5上げる

偏差値55から偏差値を5上げる

偏差値45から偏差値を5上げる

偏差値とは、自分が周囲の人々に比べてどの位置にいるかを知るための目安。

 

現在、偏差値が45未満の場合、自分の学力は周りの人たちよりも低いことを意味します。

 

高校3年生の平均的な勉強時間は4〜5時間だと言われています。

 

これを目標にして、勉強を続けることで偏差値を50まで上げることは1~3か月で可能。

 

さらに、偏差値が45未満の場合、ただ勉強するだけでなく、学習内容や方法を見直すことが重要。

 

これは最初、遠回りに感じるかもしれませんが、基礎力や学習スキルを改善することが、大幅な学力向上に繋がるということです。

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

参考記事:評定平均とは?計算方法とは?大学推薦入試で差をつける評定対策をアドバイス

偏差値50から偏差値を5上げる

偏差値50前後を保持している場合、基本的な学力はある程度備わっています。

 

現在の勉強時間に1時間加え、アウトプット中心の学習を強化することをおすすめします。

 

基礎的な定番問題を確実に解くことを重要な目標にしましょう。これにより、基礎力の向上が期待されます。

 

もし現在の勉強時間が少なくても偏差値50を保っている場合、まずは1日に2時間の勉強時間を確保してみましょう。

 

基本的な学習基盤があるため、科目によっては1か月の間に大幅に偏差値が向上するかもしれません。

 

この方法を取り入れることで、偏差値が上がるでしょう。

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

参考記事:大学受験に強いオンライン塾!安いけど効果抜群!高校生に選ばれるオンライン塾17選

偏差値55から偏差値を5上げる

偏差値55を安定して維持できるのは、基礎学力に加えてある程度の自主的な学習を行っている人々が多い。

 

この段階から偏差値を5上げることは、最も難しい課題の一つ。

 

たまに偏差値60を達成することもあるかもしれませんが、平均的に60以上を持続する力を養うことは時間がかかるでしょう。

 

偏差値55以上の学生は、学力が十分に定着しており、勉強が習慣化していると言えます。

 

この壁を超えるためには、現在の勉強時間に1から2時間を追加し、苦手な部分を克服し、応用問題や読解力を強化することを意識して学習することが大切です。

 

参考記事:MARCH対策【塾・予備校】おすすめ塾の紹介!合格を勝ち取る最短ルート!

参考記事:理系学部におすすめ!塾・予備校ランキング厳選21!理系大学を目指すならこの塾!

偏差値55を目指す具体的な勉強法

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

偏差値が50になったさらに上を目指しましょう!

 

以下のポイントについて説明しています。

基本と標準問題

単語と熟語は毎日学習する

塾に行く

学習管理型の塾に通う

基本と標準問題

偏差値が50になったら、次の目標は偏差値55です。

 

さらに偏差値を上げるためには、参考書の基本問題はもちろんのこと標準問題に本格的に取り組んでください。

 

標準問題を反復して学習して、正解を繰り返すことで着実に学力が身についてきます。

 

当然、基本問題も忘れずに並行して学習することが大切。

 

また、余裕が出てきたならば、問題を解く時間を決めて正解できるようになるのがおすすめ。

 

なぜなら、本番の試験では制限時間内に問題を解く必要があるからです。

 

過去に受けた模試や、手持ちの参考書や問題集を使って、徹底的に繰り返すことで、本番の試験でも確実に得点できるようになるでしょう。

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

参考記事:【必見】大学受験英語の基礎固め!効果的な勉強法&おすすめ参考書

単語と熟語は毎日学習する

単語と熟語の学習は、試験日までは1日も欠かさずに勉強すること。

 

なぜなら、単語と熟語を覚えたとしても、使わなければ忘れてしまうからです。

 

確実に覚えたと思っても、見慣れない単語は1週間、10日間と日にちが経過すると忘れてしまいます。

 

せっかく覚えた単語を忘れてしまうのは、とてももったいないことです。

 

特に単語と熟語は英語の基礎となるので、偏差値が50になったからと言って、おろそかにしていいものではありません。

 

毎日、単語と熟語の学習は継続して行ってください。

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

参考記事:【おすすめ英熟語帳8冊】大学受験に必要な英熟語を勉強するコツ!

個別指導の塾に行ってみる

短期間で偏差値を上げるためには、生活の中心を勉強にしてどれだけ集中して、勉強時間を確保できるかが、非常に重要なポイント。

 

さらに偏差値を上げるために塾や予備校に通いながら効率よく勉強するのも選択肢の一つです。

 

個別指導の塾では、生徒のレベルに応じて指導してくれるので、効率よく学習ができるはずです。

 

しかし、強い意志と、モチベーションがあれば、自宅学習でも十分に偏差値を上げることは可能です。

 

偏差値55は、思ったよりも高い壁となります。

 

受験までに残りの日数が少ない場合や自分一人で勉強するのに不安がある場合などは、塾に行くことを検討してみてください。

 

きっとモチベーションが上がり、偏差値55を目指して頑張れるはずです。

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

参考記事:高校生の親ができること|高校生との接し方・勉強のサポート方法

学習管理型の塾に通う

学習管理型の塾に行くメリットを説明。

【カスタマイズされた学習プラン】

学習管理型の塾は、生徒一人ひとりの学習スタイルや目標に合わせたカスタマイズされた学習プランで学習します。生徒の強みや弱点を分析し、最適な科目や学習方法をアドバイスすることで、効果的な学習をサポートします。

【進捗管理とフィードバック】

学習管理型の塾は定期的な進捗管理とフィードバックを通じて、生徒の学習状況を把握。進捗状況や理解度に合わせてアドバイスを調整し、目標に向かって着実に進歩できるようサポートします。

【モチベーションとやる気の向上】

塾の環境では、同じ目標を持つ仲間と切磋琢磨できます。また、専門の講師やコーチがモチベーションを高めるサポートを行い、生徒の学習意欲を維持する助けをします。

このように、学習管理型の塾は生徒の学習を計画的にサポートし、効果的な進歩と学習成果を促進するための環境を提供してくれるでしょう。

 

【学習管理型の塾で偏差値アップ!】

合格実績が豊富な学習管理型の塾!STRUX←おすすめの塾
※オンライン対応!志望校合格まで受験パーソナルトレーナーが徹底指導!

勉強のモチベーションを管理!モチベーションアカデミア
※合格までを徹底管理!勉強のやる気がグングン上がる!

学習コーチングで勉強が変わる!アガルートコーチング!
※個別指導や家庭教師とは違う!新しい学習サービス!

 

参考記事:【総合型選抜に強い塾】塾に行くべき?塾経験者がおすすめする!【総合型選抜対策塾の紹介】

まとめ:偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイスは参考になりましたでしょうか?

まとめ:偏差値50の大学を目指す受験生に勉強時間と勉強法をアドバイス

まとめ

偏差値50を目指すための勉強時間や勉強法は、個人の能力や状況によって異なりますが、一般的なアドバイスを以下に示します。ただし、これは目安であり、実際の学習は自身のペースに合わせて調整することが大切です。

【勉強時間】

勉強時間は質と量のバランスが重要です。毎日7~8時間程度の勉強を目指しましょう。ただし、長時間一気に集中するよりも、短い時間でも集中して効率的に学ぶことが大切です。休憩を挟みながら取り組むことで、集中力が保てます。

【勉強法】

計画的なスケジュール作成: 週ごとに何をどれくらい学ぶかを計画的にスケジュールに組み込みましょう。時間を確保しておくことで、無理なく続けられます。

基本からの理解重視: 偏差値50を目指すなら、基本的な知識と理解が大切です。教科書や学習参考書をしっかり読み、基本から順に理解を深めることを心がけましょう。

問題集の解く練習: 問題集を解くことで、理論を実践に結びつける練習ができます。解答を確認しながら、自分の間違いや不足を理解し、徐々に解けるようになることを目指します。

定期的な復習: 学んだ内容は忘れてしまうことがあります。定期的な復習を行い、前に学んだことを思い出す習慣をつけることで、長期的な理解を促進します。

質問や助けを求める: 分からないことや疑問点があれば、教科書やネットで調べたり、先生や友達に質問してみましょう。理解を深めるためには、困ったときに遠慮せずに助けを求めることが大切です。

勉強法は個人差がありますので、自身の得意な方法やスケジュールに合わせて調整し、継続的な努力を心がけましょう。また、健康な生活習慣や十分な休息も大切です。

予備校オンラインドットコムおすすめ塾一覧

【必見】オンライン家庭教師|大学受験におすすめ40選!入会金・月謝を徹底比較

【坪田塾】オンライン個別指導を塾経験者が徹底解説!口コミ・評判を調査!

【必見】スタディコーチの口コミ・評判が気になる方!塾経験者が調査しました!

【大学受験】高校生におすすめのオンライン家庭教師をランキング形式で徹底比較!

キミノスクールに興味のある方必見!【口コミ・評判・料金】を徹底調査!おすすめできるオンライン塾?

モチベーションアカデミア【モチアカ】を塾経験者が評判・口コミ・料金・合格実績を徹底的に調査!

【アガルートコーチング】塾経験者が評判・口コミ・料金・特徴を徹底調査した結果

トウコベの料金(月謝)を調査・比較した結果は?東大生によるオンライン個別指導を解説

早慶専門塾HIROA CADEMIA【ヒロアカ】の評価は?塾業界経験者が口コミ・料金・特徴を徹底調査

メガスタの料金(入会金・授業料)はいくら?他のオンライン家庭教師と比較

オンライン家庭教師WAMの料金を他のオンライン家庭教師と比較してみた

【ルークス志塾】の評判・口コミ10選!塾経験者が徹底調査

ホワイトアカデミー高等部の【料金・評判・特徴】を塾経験者が徹底取材!

【必見】オンライン家庭教師e-Liveの口コミ・評判・料金を徹底調査してみた!

総合型選抜専門塾AOIの評判・口コミ10選!気になる点を塾経験者が徹底調査

浪人生におすすめオンライン家庭教師24選!ランキング形式で徹底比較

【必見】中学生におすすめ!オンライン家庭教師をランキング【徹底比較】

予備校オンラインドットコム