BLOG
合格ブログ

東京の大学に行きたい地方の受験生を全力で応援

東京の大学に行きたい地方の受験生を全力で応援

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

地方に住んでいると東京の大学に憧れますよね?

 

今回紹介する「東京の大学に行きたい地方の受験生を全力で応援」を読めば、東京の大学に行きたくなるかもしれません。

 

なぜなら、東京在住の塾長が東京の大学に行きたい受験生を応援しているからです。

 

この記事では、東京の大学に行くメリットとデメリットについて具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、東京の大学に行きたくなるかもしれません。

東京の大学に行きたい理由?

東京の大学に行くメリット・デメリットを知りたい

オンライン予備校

記事の内容

東京の大学に行きたい理由とは

東京の大学に行くメリット

東京の大学に行くデメリット

あわせて読みたい
参考記事:近くに塾がない受験生の勉強の悩みを解決する記事
参考記事:【大学受験】勉強を始めるためにやるべき準備

東京の大学に行きたい理由

東京の大学に行きたい地方の受験生を全力で応援

東京への憧れ

東京とは

東京の大学事情

東京への憧れ

東京の大学に行きたい理由のひとつに、東京への憧れがありますよね?

 

実は、私も地方出身者で東京に憧れを持って上京してきた者の一人です。

 

日本の中心で世界中から人や情報が集まる東京は、地方に住んでいる者からすると憧れる街でもあります。

 

地方に住んでいると「東京で夢を叶えたい!」「やりがいのある仕事をしたい」と憧れを抱き東京の大学を目指している受験生も多いのではないでしょうか。

 

また、「一度は東京に住んでみたい」と憧れを持っている受験生も多いでしょう。

 

受験生の東京への憧れを実現するために、予備校オンラインドットコムでは全国各地の受験生を応援しています。

東京とはこんな街

東京と聞くとどこの場所を思い浮かべますか?

 

「渋谷」「原宿」「東京タワー」など、聞き慣れた場所をイメージする人が多いとおもいますが、東京は東は江戸川を境に千葉県と、西は山地を境に山梨県と、南は多摩川を境に神奈川県と、そして北は埼玉県にそれぞれ接しています。

 

総面積は2,194平方キロメートルと全国で3番目の小ささです。

 

東西に長く広がっている土地には山地や丘陵、台地などが分布しています。

 

海抜4m以下の低地から2000mの山地まで起伏に富むほか、太平洋上にある伊豆諸島などの火山島群や小笠原諸島も東京都に属しているので、小さな面積ながらバラエティに富んだ地形が特徴です。

 

東京の大学を目指す受験生の皆さん、東京に土地勘がある人は別として、東京と言っても広いので志望校を探す時にはちゃんと住所を地図で確認する事がポイントです。

 

なぜなら、憧れの東京の大学に合格したとしても、実は都心部から離れた東京だったってこともあるのです。

 

また、学年によってキャンパスが異なる場合もあるので、事前に調べておくと良いでしょう。

東京の大学事情

東京には、国公立大学14、私立大学129校の合計143の大学があります。

 

2020年4年度の学校基本調査によると、日本の大学の数は全部で795校あるので全体の約18%の大学が東京にあることになります。

 

ちなみに一番少ないのは島根県と佐賀県の2校です。

 

地方では行きたい大学の選択肢が少ないことが、地方の受験生が東京の大学を目指す理由ともなっています。

 

これだけの大学があるということは、きっと、行きたい大学も見つかるはずです。

 

予備校オンラインドットコムでは、進路アドバイザーの資格を持ったスタッフが生徒に寄り添いながら、進路のアドバイスを致します。

あわせて読みたい
参考記事:大学受験で必要な英単語の勉強法【専門家がアドバイス】
参考記事:国公立大学の入試について最低限知っておきたいこと!

東京の大学に行くメリット

東京の大学に行きたい地方の受験生を全力で応援

東京の大学に行くメリットについてまとめてみました。

 

一般論として参考にしてください。

 

以下のポイントについて説明しています。

大学の選択肢が多い

就職活動がしやすい

出会いが多い

大学の選択肢が多い

東京は大学数が多いので、学部や学科も多種多様にあります。

 

そのため、自分の行きたい大学を見つけることも容易と言えます。

 

しかし、地方に住んでいると大学が少なく、選択肢も限られるので行きたい学校を見つけることができない可能性もあります。

 

また、地方に住んでいると東京の大学の情報がなかなか入ってこないこともあるため、インターネットなどで大学の情報などを検索する必要があります。

 

そうならないためにも、東京の予備校や学習塾にお世話になることはメリットがあると思われます。

 

予備校オンラインドットコムでは、オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

就職活動がしやすい

東京は会社も多くあります。

 

そのため、選べる仕事の選択肢も多くあります。

 

地方では新卒採用を行っている企業を探すのも難しい場合もあり、やりたい仕事が見つからないケースもあります。

 

一方、東京であれば会社も求人数も多いのでその心配はほとんどなく、自分のやりたい仕事が見つかるはずです。

 

東京では、いろいろな業界や職種があるので、選択肢が多く仕事を探すことができるのです。

 

就職活動においても、大きなイベントが数多く実施されているので、探しやすいというメリットもあります。

 

そのため、就職活動の情報も入ってきやすくす、地方の学生と比べても有利に就職活動を行うことができるのです。

 

東京は幅広い選択肢があるため、本当にやりたい仕事を見つけやすいのは大きなメリットでしょう。

出会いが多い

東京は意外と地方出身者が多いのも事実です。

 

大学などのサークルに入るとサークルには全国からいろいろな人が集まるため、交友関係が広くなります。

 

地方に住んでいたら一生出会うことがない県の人と出会うこともあります。

 

大学時代に人脈を築くことは大切なことです。

 

大学時代に多くの人と出会い、交流を深めることができることはメリットと言えます。

あわせて読みたい
参考記事:【大学受験】英語の偏差値の上げ方!誰にでもできる具体例を紹介!
参考記事:【浪人生】塾選びはオンライン授業の予備校オンラインで決まり!

東京の大学に行くデメリット

東京の大学に行きたい地方の受験生を全力で応援

東京に住むデメリットについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

自然が少ない

人が多すぎてストレスを感じる

家賃が高い

自然が少ない

東京は産業や人口が集中しており、自動車の排気ガスなどいろんな汚染物質が排出されています。

 

実際に、環境庁から東京都における大気汚染の課題が上がるほどです。

 

空気がキレイな田舎から出てきた人は、デメリットに感じるかも。

 

また、東京は自然が少なく、舗装されたコンクリートジャングルです。

 

夏はビルからの日差しの照り返しや、コンクリートからの上がってくる熱気、エアコンの排熱などによってとにかく暑いです。

 

冬もビル風などで体感温度がグッと下がります。

 

これも全て自然が少ないことから起きるデメリットです。

人が多すぎてストレスを感じる

地方から東京に出てくると人の多さに驚かされます。

 

地方の人が満員電車を経験すると、地獄のようだとビックリすることもあります。

 

また、道を歩いていても、人とぶつかったりして、真っ直ぐに歩けない場合も多くあります。

 

特にターミナル駅では人が多く、人を避けて歩くのが当たり前の状況になっています。

 

この人の多さでストレスを感じる人もいるのが事実です。

 

私も最初は人の多さに驚かされましたがすぐに慣れました。

 

しかし、人の多さに慣れずにストレスを感じて、電車に乗るのが嫌になる人もいます。

 

人の多さがメリットにもなるし、デメリットにもなるのが東京です。

家賃が高い

東京は世界レベルで見ても家賃が高いと言えます。

 

当然、全国的に見ても東京は家賃が高いといわれ、東京で暮らし始める人にとっては家賃の高さがデメリットになります。

 

しかし、都内でも住む場所や条件次第では、家賃を抑えることが可能です。

 

家賃を抑えすぎてしまうと生活のレベルが落ちてしまうので慎重になりますが、インターネットなどでまめに検索すると希望に近い物件を見つけることができます。

 

予備校オンラインドットコムでは、地方の受験生が上京する時に希望に沿った物件の紹介することができます。

 

地方にいながら、東京の部屋探しができるメリットがあります。

 

予備校オンラインドットコムでは、合格後の受験生をフルサポートする仕組みが整っているのです。

あわせて読みたい
参考記事:【大東亜帝国対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について徹底解説!
参考記事:【日東駒専対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について

予備校オンラインドットコムの紹介

オンラインの塾

予備校オンラインドットコムの紹介です。

 

以下のポイントについて説明しています。

予備校オンラインドットコムの指導方針

合格までのカリキュラムの作成

毎週の学習管理

優秀な講師陣

個別指導と自主管理型の学習塾

予備校オンラインドットコムの指導方針

入塾した場合は、大学入試に向けて基礎から徹底的に鍛えます!

 

なぜなら、基礎を理解していないと大学の入試問題が解けないからです。

 

では、基礎の勉強とはどんなことをするのかといいますと、英語であれば、「単語」と「熟語」と「文法」です。

 

国語であれば、「漢字」と「読解力」です。

 

両者に共通しているのは、英文や文章を読むのためには、「単語と文法」や「漢字と読解力」が必要とされます。

 

基礎的な部分の理解を中途半端にしてしまうと大学受験には立ち向かえません。

 

基礎的な内容から徹底的に鍛えていきます。

合格までのカリキュラムの作成

第一志望の大学が合格できる個別の年間カリキュラムを作成します。

 

このカリキュラムで勉強することで大学受験を最短ルートで突破することができます。

 

なぜなら、このカリキュラムは参考書の分析を専門とするチームが作成し、実際に志望大学に合格しているカリキュラムだからです。

 

この個別のカリキュラムは、予備校オンラインドットコムの一番の特徴とも言えます。

 

このカリキュラムには、いつまでに、どの参考書を勉強すればよいのか?が年間と月間と週間と分かれて作成されます。

 

そのため、受験生はこのカリキュラムに従って学習をすることで無駄なく、効率的に大学合格を目指すことができるのです。

 

無料体験授業で個別カリキュラムの見本をお見せすることができますので、お気軽にお問い合わせ願います。

毎週の学習管理

年間カリキュラムの学習管理を徹底的に行います。

 

理由は、合格するためには計画通りに勉強が実行されているかどうかを確認する必要があるからです。

 

受験生は、一人で受験勉強をすることは大変なことです。

 

それをサポートするのが予備校オンラインドットコムの役割です。

 

毎週の学習面談で学習の進捗状況をチェックして、軌道修正を繰り返しながら合格を目指します。

 

学習面談では、学力が身についているかどうかを判断するために、確認テストを行っていますので、理解してから次に進む仕組みができています。

 

学習面談は、大学受験を経験して難関大学に入学した講師が行いますので、勉強の悩みや進路の相談についてもアドバイスを行えます。

 

予備校オンラインドットコムでは、入塾したら、生徒と塾が一緒になって、二人三脚で生徒に寄り添いながらゴールを目指します。

優秀な講師陣

授業を担当するのは、東京大学と早稲田大学の講師です。

 

東京大学も早稲田大学も日本屈指の難関大学になりますので、学力的にはまったく問題がありません。

 

しかも、授業を担当するためには厳しい研修に合格した講師のみが授業を担当することができます。

 

難関大学の講師に授業を担当してもらうことで、効率の良い勉強の仕方や受験の体験談などを聞くことでモチベーションアップにつながります。

 

また、優秀な講師のマネをすることは合格への近道ともいえます。

個別指導と自主管理型の学習塾

予備校オンラインドットコムは、個別指導と自主管理型の学習塾です。

 

生徒の志望校に合わせた個別のカリキュラムを作成して、週1回の面談で学習計画の進捗を管理して、大学合格を目指します。

 

講師は、有名難関大学の講師が中心となって受験のアドバイスや質問に答えてくれるため、サポート体制が充実した学習塾です。

 

費用もリーズナブルな料金設定で親孝行な学習塾と言えます。

料金&生徒の声

まとめ:東京の大学に行きたい地方の受験生を全力で応援

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、東京の大学に行きたい地方の受験生を全力で応援は参考になりましたでしょうか?

東京の大学を目指して一緒に勉強しませんか?

合格までも、合格後もしっかりとフォローします!

予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!