BLOG
合格ブログ

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

「※この記事には一部PRが含まれます」

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

今回のお悩みはこちら。

大学入試における総合型選抜とは?

総合型選抜のメリット・デメリットが知りたい

総合型選抜で合格するためには?

 

今回の記事の担当は進路アドバイザースタッフです。

 

総合型選抜について、簡単にわかりやすく解説しています。

 

今回紹介する「総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】」を読めば、総合型選抜について、簡単に理解できます。

 

なぜなら、総合型選抜について簡単にわかりやすく具体的に紹介しているからです。

 

この記事を読み終わると、総合型選抜について理解できる内容になっています。

 

また、記事の後半では、おすすめの総合型選抜専門塾を紹介しています。

 

読み終わるとわかること

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説

総合型選抜のメリット・デメリット

総合型選抜で受験するかどうかの判断

総合型選抜対策

おすすめ総合型選抜専門塾

英検を取得して!総合型選抜対策

「KIRIHARA Online Academy」

TOEIC対策、英検対策に特化

2ヶ月間の短期集中カリキュラム

桐原書店の教材を無料プレゼント

\TOEIC・英検のスコアアップ/
↓↓↓
KIRIHARA Online Academy

Contents

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

大学の入試制度について

大学の入試制度は大きく分けて3つの方法があります。

1.一般選抜

2.総合型選抜

3.学校推薦型選抜

総合型選抜と学校推薦型選抜は、一般選抜とは大きく異なり、総合型選抜では、大学が求める学生像に合致した生徒を探す試験。

 

また、学校推薦型選抜では、高校3年間での学校生活、部活動などのこれまでの活動が重視されます。

項目総合型選抜学校推薦型選抜
出願条件出願条件を満たしていれば誰でも応募できる学校長の推薦が必要
出願時期9月以降11月以降
面接重要視され、複数回実施されることも面接あり
合否のポイント大学のアドミッションポリシーにマッチしているかどうか?大学独自の選抜方式で合否判定3年間の学校生活での実績が評価される

総合型選抜(旧AO入試)とは?

総合型選抜は、2021年度入試(2021年度入学者向けの入試)より、AO入試は「総合型選抜」に名称変更。

 

エントリーシートなどの受験生からの提出書類のほか、面接や論文、プレゼンテーションなどを課し、受験生の能力・適性や学習に対する意欲などを、時間をかけて総合的に評価する入試方式。

 

総合型選抜を一言で言うならば、大学側が「求めている学生」を探す入試。

 

なぜなら、総合型選抜は、大学が策定した、アドミッションポリシー(大学側が求める人物像をまとめたもの)と合致した人材を探すため、提出書類や面接、小論文など様々な試験を組み合わせ、総合的に合否判定する入試方式だからです。

 

そのため、大学側としては、大学が求めるアドミッションポリシーと合致しているかどうかを、さまざまな角度から、受験生の適性をしっかりと見極めるための入試方式と言えます。

 

また、文部科学省が打ち出した大学入試改革に伴い、すべての入試方式で学力評価する方針を打ち出したため、総合型選抜においても、学力検査を実施しています。

 

具体的には、総合型選抜の選考は、語学の試験を初めとした、面接、小論文、プレゼンテーション、あるいは、大学入学共通テストを利用する場合もあります。

 

総合型選抜の入試は9月以降に実施され、12月には合否の結果が出るのが特徴。

 

一般選抜の入試スケジュールは、1月中旬に大学入学共通テストが実施、さらに2月の前半に私立大学の入試が始まるため、総合型選抜は早い段階で進路が決まるということです。

 

また、出願時には受験生自身が作成して提出する書類が多いことも特徴。

 

いずれにしても、総合型選抜で合格するためには、「自分がその大学で何を学び、どう将来に活かしていきたいのか」という意欲や情熱。

 

アドミッションポリシーをよく理解し、志望動機や大学での研究内容を具体的に述べられるようにしておく必要があります。

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

参考記事:【現役高校生】総合型選抜で大学に受かる人はみんなやっている総合型選抜対策!

「旧AO入試に代わる「総合型選抜」とは

これまで、多くの大学が総合型選抜(旧AO入試)や推薦入試で、書類や面接のみを基に合格者を選んでいました。

 

しかし、2020年から文部科学省の指導により、これらの入試方法に学力評価が必要とされ、名称も「総合型選抜」に変更されました。

 

これに伴い、推薦入試は「学校推薦型選抜」、一般入試は「一般選抜」、大学入試センター試験は「大学入学共通テスト」と改称されました。

 

この変更により、総合型選抜では、受験生の知識や技能の習得だけでなく、思考力や判断力、表現力、さらには主体性や協働能力など、さまざまな素養が適切に評価されることになります。

総合型選抜・学校推薦型選抜・一般選抜の違い

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

総合型選抜と学校推薦型選抜の違い

総合型選抜と学校推薦型選抜は、推薦入試ですが異なる選抜方法です。

項目総合型選抜学校推薦型選抜
選考基準大学独自高校の推薦
選考方法書類選考や面接など学力試験や面接など
併願原則専願不可
目的多様な人材の受け入れ高校の成績優秀者の受け入れ
重視するポイント志望動機や課外活動などの自己PR高校での学習や課外活動などの実績
向いている人自分の強みや将来の夢をアピールしたい人高校での成績優秀者で、大学の推薦を受けられる人

総合型選抜は、大学が独自の選考基準を設けて、多様な人材を受け入れることを目的としています。

 

そのため、志望動機や課外活動などの自己PRを重視する傾向があります。

 

一方、学校推薦型選抜は、高校の推薦を受けて、大学が合否を決めます。

 

そのため、高校での学習や課外活動などの実績を重視する傾向があります。

 

総合型選抜と学校推薦型選抜のどちらを受けるかは、自分の志望校や自分の強みに合わせて判断しましょう。

 

なお、総合型選抜と学校推薦型選抜の両方を受けることも可能です。

 

この場合、総合型選抜で合格しなかった場合に、学校推薦型選抜で合格する可能性が残ります。

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

参考記事:【学校推薦型選抜対策】受かる人・落ちる人の特徴とは?合格の鍵を探る

総合型選抜と一般入試の違い

総合型選抜と一般入試の違いを表にまとめると、以下のようになります。

項目総合型選抜一般入試
評価項目学力だけでなく、志望動機や課外活動など学力のみ
選考基準大学独自
大学入学共通テストや各大学の個別試験の成績
選考方法書類選考や面接など
大学入学共通テストや各大学の個別試験
併願原則専願可能
目的多様な人材の受け入れ
学力優秀者の受け入れ
重視するポイント志望動機や課外活動などの自己PR学力試験の成績
向いている人自分の強みや将来の夢をアピールしたい人
学力に自信がある人

 

総合型選抜は、学力だけでなく、志望動機や課外活動などの総合的な力を評価して入学を決める方式の入試です。

 

一方、一般入試は、学力試験のみで合否を決める方式の入試です。

 

総合型選抜と一般入試のどちらを受けるかは、自分の志望校や自分の強みに合わせて判断しましょう。

総合型選抜と公募制推薦・指定校推薦の違い

 総合型選抜 と 公募制推薦・指定校推薦の違いを表にまとめてみました。

項目総合型選抜公募制推薦・指定校推薦
選考方法学力と個性を総合的に評価高校や大学の推薦が必要
応募方法志望校ごとに独自の基準がある高校が推薦する場合や大学が特定の高校を指定する場合がある
審査基準学力と成績の他に独自の基準が存在する学力以外にも独自の基準がある

 

総合型選抜と公募制推薦・指定校推薦の違いは、選考方法と応募方法にあります。

 

総合型選抜は学力や個性を総合的に評価する入試方法で、志望校ごとに独自の選考基準が設けられています。

 

一方、公募制推薦・指定校推薦は、高校が推薦する場合と大学が特定の高校を指定する場合があります。

 

学力や成績は重要ですが、それ以外にも独自の審査基準が存在し、推薦を受けるには高校側や大学側の推薦が必要です。

【オンライン総合型選抜専門塾】

総合型選抜対策はホワイトアカデミー

なぜなら、

社会人のプロ講師が徹底指導で

現役合格に導きます!

しかも、

合格保証・返金制度あり!

ホワイトアカデミーはこちらから

ホワイトアカデミーの公式HP

参考記事:ホワイトアカデミー高等部の【料金・評判・特徴】を塾経験者が徹底取材!

総合型選抜(旧AO入試)の出願に必要な条件

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

総合型選抜(旧AO入試)の出願に必要な条件は、各大学・学部によって異なります。

 

例えば、一部の大学では「本学への入学を強く志望する学生」のみが条件とされる場合もあります。一般的には、以下の条件が提示されています。

・第一志望(専願)として出願し、合格すれば必ず入学する意志が必要

・大学が要求する一定水準以上の評定平均点(学部や科目によって異なる場合もあり)

・関連する資格や経歴、功績の有無

・高校で関連科目を履修していること

・オープンキャンパスへの参加や事前の面談の実施

ただし、出願条件は大学や学部によって異なるため、出願前に要項を必ず確認することが重要です。

総合型選抜(旧AO入試)の選考方法とスケジュール

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

総合型選抜(旧AO入試)の選考方法

総合型選抜(旧AO入試)の選考方法は、大学や学部によって異なりますが、一般的には以下の要素が含まれます。

1. 書類選考:志願者が提出する書類(志望動機書や推薦状など)を審査し、個々の学生の学業成績や活動実績、志望動機などを評価します。

2. 面接試験:合格者の中から一定数を選んで面接を行い、個人の人柄や意欲、学習意欲などを評価します。面接の内容は志望動機や進学希望の根拠、将来の目標などに関する質問が一般的です。

3. 作文・小論文:一部の大学や学部では、作文や小論文の提出を求める場合があります。これによって、学生の思考力や表現力、論理的な能力を評価します。

4. 適性試験:一部の大学や学部では、適性試験(面接や小論文などとは異なる)を実施する場合があります。この試験では、学生の特定の能力や資質を評価し、入学適性を判断します。

以上の要素を組み合わせて、総合的に学生の適性や能力を評価し、入学選考を行います。

総合型選抜(旧AO入試)の日程・スケジュール

出願から合格発表までのプロセスを確認しましょう。

1. 出願手続き(9月~)

出願手続きは、通常9月から12月までの間に行われます。文部科学省は原則的に9月1日から出願を受け付け開始。

2. 入試(9月~2月)

出願手続きが完了したら、試験が行われます。一般的には9月中から試験が始まり、10月から11月にかけて多くの大学で試験が実施されます。一部の大学では年明けから2月にかけても試験が行われる場合があります。

3. 合格発表(11月~)

合格発表は11月から12月にかけて行われることが一般的です。文部科学省の規定では11月1日以降に開始されます。出願が12月の場合は年明けに発表されることもありますが、9~10月の出願では年内に結果が出ることがほとんどです。

4. 合格発表から入学まで

総合型選抜では、多くの場合、高校3年生の12月末までに合格が決まります。そのため、入学前に大学からの指導や教育が行われることがあります。入学に向けての準備や課題に取り組むことが求められます。

スケジュールのポイント

・一般入試よりも入試時期が早い。

・大学や学部によって出願時期が異なる。

・総合型選抜は専願が基本であり、他校や他学部との併願は制限される場合がある。

出願から合格発表までの流れやスケジュールについてしっかり把握し、計画的に準備を進めましょう。

 

参考記事:【総合型選抜に強い塾】塾に行くべき?塾経験者がおすすめする!【総合型選抜対策塾の紹介】

総合型選抜のメリット

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

学力だけでなく、自分の強みや将来の夢をアピールできる

総合型選抜のメリットの1つは、学力だけでなく、自分の強みや将来の夢をアピールできる点。

 

一般入試では、学力試験の成績のみで合否が決まります。

 

そのため、学力に自信がある人にとっては有利な選抜方法ですが、学力に自信がない人にとっては不利な選抜方法と言えます。

 

一方、総合型選抜では、志望動機や課外活動などの総合的な力を評価。

 

そのため、学力に自信がなくても、自分の強みや将来の夢をアピールすることで、合格の可能性が高まります。

 

例えば、以下のような人は、総合型選抜に向いていると言えます。

・学力に自信がない人

・自分の強みや将来の夢をアピールしたい人

・特定の大学や学部に強い思い入れがある人

総合型選抜では、志望理由書や面接などの選考方法で、自分の強みや将来の夢をアピールする機会があります。

 

そのため、自分の強みや将来の夢を明確に把握し、それらを効果的にアピールできるかが、合格のカギとなります。

 

総合型選抜を受験する場合は、自分の強みや将来の夢を掘り下げ、それらをアピールするための対策をしっかりと行うことが重要です。

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

参考記事:総合型選抜(AO入試)面接のコツ【知らないと損】大学入試面接を攻略

総合型選抜のメリット:倍率が低い

総合型選抜のメリットの1つは、倍率が低い点です。

 

一般入試の倍率は、国立大学で5~6倍、私立大学で10~20倍程度が一般的。

 

一方、総合型選抜の倍率は、国立大学で2~3倍、私立大学で1~2倍程度と、一般入試に比べて低い傾向にあります。

 

そのため、総合型選抜は、学力に自信がない人や、特定の大学や学部に強い思い入れがある人にとって、有利な選抜方法と言えます。

 

ただし、総合型選抜は、大学独自の選考基準で合否を決めるため、倍率が低くても合格は簡単ではありません。

 

志望校の募集要項をよく確認して、自分の強みや将来の夢を効果的にアピールできるように対策をしっかりと行うことが重要。

 

総合型選抜の倍率は、大学や学部によって異なります。

 

また、近年では、総合型選抜の人気が高まっているため、倍率が上昇傾向にあることも注意が必要です。

 

総合型選抜を受験する場合は、志望校の募集要項をよく確認して、倍率を把握しておくことが重要です。

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

参考記事:総合型選抜おすすめオンライン塾厳選11社!塾経験者が徹底調査

総合型選抜のメリット:合格のチャンスが大きい

総合型選抜のメリットの1つは、チャンスが大きい点。

 

総合型選抜は、学力だけでなく、志望動機や課外活動などの総合的な力を評価します。

 

そのため、学力に自信がない人や、特定の大学や学部に強い思い入れがある人でも、合格のチャンスがあります。

 

ただし、総合型選抜は、大学独自の選考基準で合否が決まるため、チャンスが高くても合格は簡単ではありません。

 

志望校の募集要項をよく確認して、自分の強みや将来の夢を効果的にアピールできるように対策をしっかりと行うことが重要です。

 

総合型選抜は、学力だけでなく、自分の強みや将来の夢をアピールできるため、学力に自信がない人や、特定の大学や学部に強い思い入れがある人にとって、チャンスが大きい選抜方法と言えます。

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

参考記事:総合型選抜塾|おすすめ人気厳選11社|料金・特徴・コースを解説

総合型選抜のメリット:一般選抜にも挑戦できる

総合型選抜の大きなメリットは、総合型選抜を受験しつつ、一般入試にも挑戦できる柔軟性です。

 

これにより、学生は進学の戦略を二つの道で進められます。

 

総合型選抜を受験することで、大学が個別の能力や志向を総合的に評価し、合格のチャンスを広げ、同時に、一般入試にも挑戦することで、志望校の合格が難しい場合や、選択肢を広げたい場合にリスクを分散できます。

 

また、総合型選抜と一般入試の経験を通じて、学生は大学入試におけるスキルや自己表現力を向上させ、将来の進路に活かせるでしょう。

 

この柔軟性を生かして、学生は自己の進路に対する自信を持ちつつ、最適な選択ができるはずです。

総合型選抜合格率94%

小論文専門:翔励学院

推薦入試!難関大学対策なら!

迷わず!翔励学院

合格実績豊富な指導が受けられる!

合格できる小論文の書き方を丁寧に指導

翔励学院の公式ホームページ

参考記事:小論文対策に自信あり!おすすめ塾9選|総合型選抜対策塾の選び方

総合型選抜のデメリット

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

総合型選抜のデメリット:対策に時間がかかる

総合型選抜の対策には、一般入試よりも時間がかかるというデメリットがあります。


総合型選抜では、志望動機や課外活動などの総合的な力を評価。


そのため、志望校の募集要項をよく確認して、自分の強みや将来の夢を明確に把握し、それらを効果的にアピールできるように対策をする必要があります。


志望動機や課外活動の準備には、時間と労力が必要。

 

また、面接対策も必要。

 

そのため、総合型選抜を受験する場合は、早めに対策を始めることが重要です。

 

以下に、総合型選抜のデメリットをまとめます。

・対策に時間がかかる

・出願条件が厳しい場合がある

・倍率が低くても合格は簡単ではない

総合型選抜は、学力だけでなく、自分の強みや将来の夢をアピールできるため、学力に自信がない人や、特定の大学や学部に強い思い入れがある人にとって、有利な選抜方法と言えます。

 

しかし、対策に時間がかかるというデメリットもあります。

 

そのため、総合型選抜を受験する場合は、早めに対策を始めて、合格を勝ち取るために準備を進めることが重要です。

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

参考記事:総合型選抜(AO入試)面接のコツ【知らないと損】大学入試面接を攻略

総合型選抜のデメリット:合格率が低い

総合型選抜のデメリットの一つは、合格率が通常の一般入試に比べて低いことです。

 

以下にその詳細を説明します。

・競争が激しい

総合型選抜は、志望校に合格するために競争が非常に激しいことがあります。多くの志望者が限られた枠で競い合うため、合格が難しくなります。志望校によっては、合格者数が極めて限られていることもあります。

・試験内容の多様性

総合型選抜の試験内容は大学ごとに異なり、小論文、面接、プレゼンテーション、グループディスカッションなどが含まれることがあります。これらの試験は、学生に対して多様なスキルと能力を求めるため、準備が複雑で時間がかかります。

・選考基準の厳格性

大学が志望者を選考する基準は非常に厳格であり、学業成績だけでなく、総合的な評価が求められます。志望者は個人の個性と強みをアピールする必要があり、この点での不足は合格に影響を及ぼす可能性があります。

・不合格時のプランBの必要性

総合型選抜の合格率が低いため、不合格の可能性も考慮しなければなりません。不合格時の進路やプランBを用意しておくことが重要です。これにより、計画的な進学戦略を立てられます。

総合型選抜は多くのメリットがある一方で、合格率が低いというデメリットも存在します。

 

学生はこの点を考慮し、準備と対策にしっかりと取り組む必要があります。

 

進学先や志望校の選択において、リアルな評価とリスク管理が必要です。

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

参考記事:【必見】総合型選抜の面接14の質問!良い回答例と悪い回答例

総合型選抜のデメリット:選考基準が明確でない

総合型選抜のデメリットの一つは、選考基準が明確でないこと。

 

異なる大学や学部が総合型選抜を実施する際、詳細な選考基準や試験内容が大学ごとに異なり、明確に提示されません。

 

これにより、志望者はどのスキルや能力に焦点を当て、どのように備えるべきかを理解しづらくなります。

 

不明確な基準は、志望者にとって不確実性を生む要因となり、効果的な準備が難しくなります。

 

また、選考基準が明確でないため、合格と不合格の判定が予測しにくく、志望者のストレスや不安が増大することも。

 

このデメリットに対処するためには、各大学や学部の総合型選抜に関する情報を詳しく収集し、試験内容や基準に合わせた対策を練ることが重要。

 

志望校ごとに選考の特徴を把握し、戦略的な準備が合格への鍵となります。

【オンライン総合型選抜専門塾】

小論文対策はホワイトアカデミー

なぜなら、

社会人のプロ講師が徹底指導で

現役合格に導きます!

しかも、

合格保証制度あり!

ホワイトアカデミーはこちらから

ホワイトアカデミーの公式HP

参考記事:ホワイトアカデミー高等部の【料金・評判・特徴】を塾経験者が徹底取材!

総合型選抜(旧AO入試)で求められる学生像とは?

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

一芸・アピールポイントを持つ学生

一芸・アピールポイントを持つ学生とは、単なる学業成績だけでなく、その他の特別な才能や活動を持つ学生のことを指します。

 

以下に、一芸・アピールポイントを持つ学生の特徴や例をいくつか挙げてみます。

芸術やスポーツの才能

例えば、音楽や美術、演劇、ダンスなどの芸術活動において優れた才能を持つ学生や、サッカーやバスケットボール、陸上競技などのスポーツで優れた成績を持つ学生が該当します。これらの才能や実績は、総合型選抜(旧AO入試)の選考で重視されることがあります。

学外活動やボランティア活動

学業の傍らで、地域や社会に貢献するボランティア活動や、特定の団体やクラブでのリーダーシップを発揮する活動を行っている学生も一芸・アピールポイントを持つとされます。例えば、学校や地域のイベントの企画・運営、国際交流活動、環境保護活動などがあります。

受賞歴や実績

学生がコンクールや大会で受賞した経験や、学外での論文執筆や研究活動での成果がある場合も、一芸・アピールポイントとして評価されます。特に、その成果が自己の興味関心や将来の進路に密接に関連している場合は、より重要視される傾向があります。

一芸・アピールポイントを持つ学生は、単なる学業成績だけでなく、その他の特別な活動や実績を通じて自己を表現し、大学入試の選考で差別化を図ることができます。

大学での目標や志望動機を明確に持つ学生

大学での目標や志望動機を明確に持つ学生は、総合型選抜(旧AO入試)において非常に魅力的な候補となります。

 

以下に、その特徴や重要性について詳しく説明します。

自己理解と自己表現

目標や志望動機を明確に持つ学生は、自己を理解し、自らの興味関心や将来の展望を明確に表現できる傾向があります。これは、大学入試の面接やエッセイなどで自己アピールをする際に非常に重要です。

学びへの意欲と継続性

目標や志望動機を持つ学生は、それを達成するために学び続ける意欲を持っています。大学での学びに対する熱意や継続的な取り組みは、大学が求める学生像に合致しています。

大学での活動や貢献への意欲

目標や志望動機を持つ学生は、大学での学修だけでなく、学外活動やコミュニティでの貢献活動にも積極的に参加する傾向があります。大学が求めるリーダーシップや社会貢献の精神を具現化することが期待されます。

将来への展望と目標達成への計画

目標や志望動機を持つ学生は、将来の進路やキャリアプランについても明確な展望を持ち、それを実現するための計画や具体的な行動を考えています。大学での学びを通じてその目標を達成するための努力を惜しまない姿勢が求められます。

総合型選抜(旧AO入試)では、学生の個性や意欲、将来の展望を総合的に評価するため、目標や志望動機を明確に持つことが非常に重要です。

 

これらの要素は、面接やエッセイなどの選考プロセスでしっかりとアピールすることが求められます。

自己主張や主体性を持つ学生

自己主張や主体性を持つ学生は、総合型選抜(旧AO入試)において非常に重要な要素となります。

 

以下に、その特徴や重要性について詳しく説明します。

自己認識と自己表現能力

自己主張や主体性を持つ学生は、自らの考えや価値観を明確に認識し、それを効果的に表現する能力を持っています。これは、面接やエッセイなどの選考プロセスで自己アピールをする際に非常に重要です。

リーダーシップとチームワーク

自己主張や主体性を持つ学生は、リーダーシップを発揮し、他のメンバーと協力して目標を達成する能力を持っています。大学での活動やプロジェクトにおいて、自ら率先して行動し、他者を巻き込むことが期待されます。

問題解決能力と行動力

自己主張や主体性を持つ学生は、問題解決に積極的に取り組み、自ら行動して解決策を見出す能力があります。新しいアイデアや提案を積極的に出し、それを実行に移す姿勢が求められます。

自己成長と自己管理能力

自己主張や主体性を持つ学生は、自己成長を促進するために自己管理能力を持っています。自らの目標を設定し、計画を立てて努力し、成果を挙げることができる能力が重視されます。

総合型選抜(旧AO入試)では、学生の個性や能力を総合的に評価するため、自己主張や主体性を持つことが非常に重要です。

 

これらの要素は、選考プロセスにおいて自己アピールをする際にしっかりと示すことが求められます。

多様な人々と協働して学ぶ姿勢を持つ学生

多様な人々と協働して学ぶ姿勢を持つ学生は、総合型選抜(旧AO入試)において重要視される要素の一つです。

 

以下に、その特徴や重要性について詳しく説明します。

柔軟性と受容性

多様な人々と協働するためには、柔軟な思考と受容性が求められます。異なるバックグラウンドや意見を持つ人々と効果的にコミュニケーションを図り、新しい視点やアイデアを取り入れる姿勢が重要です。

協力とチームワーク

多様な人々と協働する際には、協力とチームワークが不可欠です。他者と円滑に関係を築き、効果的なチームを形成し、共同で目標を達成する能力が求められます。自己の利益や意見だけでなく、全体の利益や目標を考えることが重要です。

コミュニケーション能力

多様な人々と協働する場面では、効果的なコミュニケーション能力が必要です。自分の意見や考えを適切に伝えるだけでなく、他者の意見やニーズを理解し、対話を通じて共通の理解を築くことが重要です。

リーダーシップとフォロワーシップ

多様な人々と協働する場面では、時にリーダーシップを発揮し、時にフォロワーシップを示す柔軟性が求められます。自ら率先して行動し、他者を巻き込みながら、チーム全体の目標に向かって進む姿勢が重要です。

多様な人々と協働して学ぶ姿勢を持つ学生は、現代社会で活躍するために必要な能力を身につけています。

 

総合型選抜(旧AO入試)では、こうした学生の姿勢や能力が積極的に評価されます。

 

参考記事:【総合型選抜に強い塾】塾に行くべき?塾経験者がおすすめする!【総合型選抜対策塾の紹介】

総合型選抜を受けるかどうかの判断

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

自分の強みや将来の夢を明確にしているかどうか

総合型選抜を受けるかどうかの判断において、自分の強みや将来の夢を明確にしているかはとても重要。

 

総合型選抜は、学力だけでなく、志望動機や課外活動などの総合的な力を評価。

 

そのため、自分の強みや将来の夢をアピールできなければ、合格は難しいでしょう。

 

自分の強みや将来の夢を明確にするために、以下のようなことを考えてみましょう。

・これまでの経験や活動で、自分が得意なことは何ですか?

・将来、何をしたいのか?

・その夢を叶えるために、大学で何を学びたいのか?

自分の強みや将来の夢を明確にすることで、志望動機や課外活動の準備がしやすくなります。

 

また、面接で自分の強みや将来の夢を効果的にアピールもできるようになります。

 

具体的には、以下のような方法で自分の強みや将来の夢を明確にできます。

・自己分析

・自分の好きなことや得意なことを書き出してみる

・将来、どのような社会人になりたいかを考える

・大学で何を学びたいのかを考える

また、志望校の募集要項をよく確認して、大学が求める人物像を把握することも重要。

 

自分の強みや将来の夢が、志望校の求める人物像と合っているかどうかを検討しましょう。

 

自分の強みや将来の夢が明確になっていない場合は、早めに自己分析を進めたり、専門家に相談したりして、明確にしましょう。

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

参考記事:【総合型選抜】受かる確率を上げる!受験生なら知っておきたい7つのポイント!

総合型選抜の対策に取り組む時間や労力があるか

総合型選抜を受けるかどうかの判断は、対策に取り組む時間や労力があるかどうかを十分に考慮すべき重要な要因。

 

この判断に際して以下のポイントを考慮することが重要です。

 

まず、総合型選抜は一般入試と比べて試験内容や選考基準が大学ごとに異なり、それに対する準備が必要。

 

志望大学によっては小論文や面接、プレゼンテーションなどが含まれ、それに備えるための時間と労力が必要なのです。

 

また、一般入試と同時に総合型選抜に挑戦する場合、適切な時間管理も必要。

 

両方の入試に対する準備を同時に行うことは大変な労力を必要とするため、スケジュールの調整が重要になるでしょう。

 

最後に、自身の進路や志望大学に関する熟考が欠かせません。

 

総合型選抜に挑戦する価値があるか、それとも一般入試に注力すべきか、自分の目標と状況を考えて判断することが必要です。

 

総合型選抜に取り組む覚悟があるなら、時間と労力を投資して目標の大学に近づく可能性が高まります。

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

参考記事:【総合型選抜に強い塾】塾に行くべき?塾経験者がおすすめする!【総合型選抜対策塾の紹介】

自分の志望校が総合型選抜を実施しているか

総合型選抜を受けるかどうかの判断において、自分の志望校が総合型選抜を実施しているかは、重要なポイントの1つ。

 

総合型選抜は、大学独自の選抜方法で合否が決まるため、志望校が総合型選抜を実施していない場合は、受験できません。

 

また、志望校が総合型選抜を実施している場合でも、出願条件や選考方法は大学によって異なります。

 

そのため、志望校の募集要項をよく確認して、自分の学力や経験が合致しているかどうかを検討する必要があります。

 

具体的には、以下のようなポイントをチェックしましょう。

・出願条件(学力や成績、課外活動、志望動機など)

・選考方法(書類審査、面接、小論文など)

・募集人数

・倍率

これらのポイントをチェックして、自分の学力や経験が志望校の総合型選抜に合致しているかどうかを判断しましょう。

 

また、志望校の説明会やオープンキャンパスに参加して、総合型選抜について直接話を聞いてみるのも良いでしょう。

 

志望校が総合型選抜を実施していて、自分の学力や経験が合致している場合は、総合型選抜を受けることを検討してみると良いでしょう。

 

総合型選抜は、学力だけでなく、自分の強みや将来の夢をアピールできるため、自分の思い入れのある大学や学部に合格するチャンスが広がります。

フルオーダーメイド!総合型選抜専門塾

過去最高の合格率!97.7%!AOI

志望理由書・小論文・英語資格

総合型選抜に完全対応

オンライン対応:AOIの公式ホームページ

AOIについて知りたい方はこちら

参考記事:総合型選抜専門塾AOIの評判・口コミ10選!気になる点を塾経験者が徹底調査

参考記事:AOI塾の料金を調査!メリット・デメリット|オンライン校の料金は?

総合型選抜に合格するための対策とは?

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

アドミッションポリシーを理解する

総合型選抜(特に日本の高校入試制度に関するものと思われます)において、志望校のアドミッション・ポリシーを理解することは非常に重要。

 

以下は、アドミッション・ポリシーを理解するための一般的なステップと考えられるアドバイスです。

・志望校のウェブサイトを確認

志望校のウェブサイトには、入試に関する情報が詳細に掲載されていることが一般的です。入試要項、試験科目、試験日程、合格基準、選考方法など、重要な情報が記載されています。まずは、志望校の公式ウェブサイトを訪れてこれらの情報を確認しましょう。

・過去の入試データを調査

志望校の過去の入試データを調査することは、合格の参考になります。合格者の試験の平均点や合格率などの情報が、志望校やその周辺で入手可能な場合があります。

・学校訪問や説明会に参加

志望校が学校訪問や説明会を開催している場合、参加することを検討してください。こうしたイベントでは、学校の担当者や先生と直接対話し、アドミッション・ポリシーについて質問できる機会が提供されます。

・アドバイザーに相談

学校のカウンセラー、教師、または教育関連の専門家にアドバイスを求めることが役立ちます。彼らは選抜試験の情報や志望校のアドミッション・ポリシーについて詳しく、あなたの個別の状況に合わせたアドバイスを提供できるでしょう。

・選考科目の選択と対策

志望校が求める科目や試験内容を把握し、それに合わせた対策をすることが重要です。模擬試験の受験や予備校の受講、個別指導を受けるなど、選考科目に対する準備をしましょう。

・小論文や面接の準備

志望校によっては、小論文や面接が入試の一環として含まれていることがあります。アドミッション・ポリシーに基づいて、これらの要素に対する適切な準備をしましょう。

・合格基準を確認

志望校の合格基準を理解し、自分の目標を明確に設定しましょう。合格に必要な点数や条件を把握し、そのための計画を立てることが大切です。

志望校のアドミッション・ポリシーを理解し、それに合わせた対策をすることは、合格するために非常に重要なステップ。

 

時間と労力をかけて、情報を集め、効果的な対策を取ることが成功への近道となります。

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

参考記事:【必見】総合型選抜・AO入試の志望理由書で高評価を得るための書き方【例文付き】

自分の強みや将来の夢をアピールする材料を準備

総合型選抜において、自分の強みや将来の夢をアピールする材料を準備することは、合格への重要なステップ。

 

以下は、そのためのアイデアとアプローチです。

・自己分析

自分の強みや弱み、興味や価値観を明確に理解することから始めましょう。これには、自分自身についての深い洞察を得ることが含まれます。

・学業成績と関連する活動を強調

選抜試験の成績や志望校への合格基準に関連する学業成績を強調しましょう。高い評価を受けた科目やプロジェクトについて話すことは、自分の強みを示す一つの方法です。

・課外活動

学外での活動や趣味、スポーツ、文化活動など、自分の趣味や特技を強調できます。志望校に合った課外活動がある場合、その活動に積極的に参加して経験をアピールしましょう。

・ボランティア活動

社会貢献やボランティア活動を通じて、自分の人間性や社会貢献への意欲をアピールできます。志望校が社会貢献に重点を置いている場合、ボランティア活動は重要な材料となります。

・言語スキル

言語スキル(外国語など)は将来の可能性を示す要因となります。外国語を習得することや、国際的な活動に参加することは、将来の夢に関連する場合、アピールの材料となります。

・将来の夢やキャリアゴール

自分の将来の夢やキャリアゴールについて語ることは非常に重要です。志望校に合わせて、どのような学習や活動が自分の夢に寄与するのかを具体的に示しましょう。

・推薦状

推薦状は非常に重要な材料です。教師や指導者からの推薦状を受けるために、自分の強みや貢献をアピールする資料を提供することが求められます。

・小論文や面接の準備

志望校の小論文や面接に備え、自分の強みや将来の夢について具体的かつ誠実に語る練習。

自己分析を通じて自分自身を理解し、志望校のアプローチに合わせた材料を準備し、その材料をアピールするための効果的な方法を見つけることが成功への鍵です。

 

志望校によって異なるアプローチが必要な場合もあるため、情報収集と準備が大切です。

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

参考記事:小論文対策に自信あり!おすすめ塾9選|総合型選抜対策塾の選び方

過去問や模擬試験で対策

総合型選抜試験に備えるために、過去問や模擬試験を使用することは非常に効果的です。

 

以下は、そのための具体的な対策方法です:

・過去問を取得

過去の選抜試験の過去問題集を入手しましょう。これらは試験の形式や出題傾向を理解するために役立ちます。志望校の公式ウェブサイトや書店、予備校、オンライン資料などで入手できることがあります。

・過去問に取り組む

過去問に取り組んで、試験の出題形式や難易度を把握しましょう。正答率や解答時間を記録して、弱点と改善すべき点を明らかにします。

・模擬試験を受験

過去問の代わりに、模擬試験を受験することも役立ちます。模擬試験は実際の試験に近い状況での試験対策をするのに適しています。予備校や総合型選抜専門塾で模擬試験を受験できます。

・解答の分析

過去問や模擬試験の解答を徹底的に分析しましょう。誤った解答や理解できなかった部分を特定し、それらの問題点に焦点を当てて学習を進めます。

・時間管理の練習

選抜試験は時間内に問題を解決することが求められます。模擬試験を受験する際には、時間内に解答を仕上げる練習を重点的に行いましょう。

・弱点の補強

過去問や模擬試験を通じて、特定の科目やトピックでの弱点を特定し、それらを補強するための対策を取りましょう。予備校や個別指導を受けることも考慮してください。

・計画的な学習

過去問や模擬試験を通じて、合格に必要なスキルと知識を明らかにし、それに基づいて学習計画を立てましょう。週ごとの進捗を追跡し、目標を設定しましょう。

・定期的な練習

過去問や模擬試験を一度だけでなく、定期的に取り組むことが大切です。定期的な練習を通じて、成績の向上と自信の構築が期待できます。

過去問や模擬試験を活用して、選抜試験に向けた準備を着実に進めましょう。これにより、試験のフォーマットや出題スタイルに慣れ、自信がつきます。

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

参考記事:【浪人生】総合型選抜おすすめオンライン塾10選|推薦入試で志望校に合格

総合型選抜専門塾に通って対策

総合型選抜試験に合格するための対策として、総合型選抜専門塾に通うことは有効な方法の一つ。

 

専門塾は、専門的な指導やサポートを提供し、合格への準備を強化する場所として役立ちます。

 

以下は、総合型選抜専門塾に通う際の注意点とメリットについての情報です。

メリット

専門的な指導:総合型選抜専門塾は、この試験に特化した指導を提供します。指導者は試験の出題スタイルや内容を深く理解しており、生徒に合わせた学習プランを作成します。

模擬試験:多くの専門塾は模擬試験を実施し、生徒の実力を測定し、弱点を特定するのに役立ちます。模擬試験を通じて、試験の雰囲気に慣れるでしょう。

個別指導:一部の専門塾は個別指導を提供し、生徒の個別のニーズに合わせたサポートをします。これにより、弱点の補強や進度の調整が可能です。

学習環境:専門塾は集中して学習できる環境を提供します。他の受験生と共に学ぶことで、モチベーションが高まります。

アドバイスとカウンセリング:専門塾の指導者やカウンセラーは、大学選択や志望校のアドミッション・ポリシーに関するアドバイスを提供することがあります。

注意点

コスト:総合型選抜専門塾は通常費用がかかります。学費、教材費、通学費などを考慮し、予算を立ててください。

時間:塾通学には時間がかかります。通学にかかる時間やスケジュールを考慮し、日常生活と調和させることが必要です。

効果的な選択:塾を選ぶ際には、評判や合格実績、指導法などを検討し、信頼性の高い塾を選ぶことが重要です。

自己学習:塾に通うだけでなく、自己学習も欠かさないことが大切です。塾の指導を補完し、試験範囲全体に対する理解を深めるために自己学習しましょう。

総合型選抜試験に対する準備には、総合型選抜専門塾が役立つことがありますが、個々の状況や目標に合わせて、適切な学習方法を選択することが大切です。

 

参考記事:小論文対策に自信あり!おすすめ塾9選|総合型選抜対策塾の選び方

総合型選抜(旧AO入試)対策はいつから始めるべき?

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

総合型選抜対策はいつから始めるの?

総合型選抜対策をいつから始めるかは、受験生によって異なりますが、出願条件によっては、高校に入学してから、すぐに準備を始める必要があります。

 

なぜなら、志望する大学の評定平均や特定科目等の出願条件があると、高校1年生から対策を開始しないと間に合わないからです。

 

一方、書類の準備などは、出願の約半年前から始めるのがベストです。

 

つまり、高校2年生の2〜3月頃です。

 

志望校が求める学生像や自己分析も同時に進めましょう。

 

そして、エピソードを蓄積し、志望理由書を強化するために、早めの行動が大切です。

高校1・2年生からできる総合型選抜(旧AO入試)の対策は?

高校1年・2年生からできる総合型選抜(旧AO入試)対策を紹介します。

・オープンキャンパスに積極的に参加しよう

大学選びは重要です。自分の志望校や学部を深く知るために、オープンキャンパスに参加しましょう。ここで得た情報は、志望校選びやエントリーシートの記述に役立ちます。

・志望する大学のアドミッションポリシーを理解しよう

大学が求める理想の学生像を知ることは大切です。各大学のアドミッションポリシーを確認し、自分の適性と照らし合わせてみましょう。大学のウェブサイトや募集要項で情報をチェックしましょう。

参考記事:【総合型選抜に強い塾】塾に行くべき?塾経験者がおすすめする!【総合型選抜対策塾の紹介】

総合型選抜・合格保証付き!ホワイトアカデミー高等部

総合型選抜おすすめオンライン塾厳選11社!塾経験者が徹底調査

ホワイトアカデミー高等部の基本情報

ホワイトアカデミー高等部の基本情報
運営会社Avalon Consulting株式会社
ホワイトアカデミー高等部公式ホームページhttps://whiteacademy-ao.com/
指導形式講師と生徒が1対1のマンツーマン指導
指導内容

・スタンダードコース
・ハイグレードコース
・高校1・2年生コース
・上智大学特化型個別対策コース
・プレジデントコース
・高大接続コーススポットコース

授業料生徒によって授業料は設定。
講師社会人プロ講師
合格実績難関国公立大学、早稲田大学、慶應義塾大学、GMARCH、日東駒専
サポート体制合格保証制度・返金制度、一般入試のサポートもあり
オンライン対応

合格保証付き!ホワイトアカデミーの特徴

合格保証付きの総合型選抜・学校推薦型専門塾

ホワイトアカデミーは他塾にはない志望大学の合格保証を提供。カリキュラムを消化した上で受験した大学に一校も合格しなかった場合は授業料を全額返金。それだけ、授業に自信がある証拠と言えます。

社会人のプロ講師が授業を担当

ホワイトアカデミー高等部は総合型選抜・公募推薦の対策に特化した社会人のプロが講師を務めます。毎回の授業は総合型選抜・公募推薦を知り尽くした講師とマンツーマンなので志望大学の合格に繋がる最高の授業が受けられます。

生徒一人ひとりに対して講師が志望校に合格するためのロードマップを作成

ホワイトアカデミーは一人ひとりの生徒様に対して個別のカリキュラムを作成。初回の授業で現時点でのあなたの実力と志望校の現役合格に必要な実力の差分を明らかにし、その差を受験日までに埋めるためのカリキュラムをゼロから作ります。

予備校オンラインドットコムがおすすめする!公式ホームページからホワイトアカデミー高等部の説明会に参加してみましょう!

 

きっと、現役合格が近づくはずです。

 

参考記事:ホワイトアカデミー高等部の【料金・評判・特徴】を塾経験者が徹底取材!

【総合型選抜専門塾】

合格保証と返金制度で万全のサポート体制

※講師は全員社会人のプロ講師!高い合格率!

※総合型選抜・学校推薦型選抜に特化した授業

ホワイトアカデミー高等部の公式ホームページをチェックする!

オンラインで総合型選抜対策:総合型選抜専門塾AOI

総合型選抜おすすめオンライン塾厳選11社!塾経験者が徹底調査

総合型選抜専門塾AOIの基本情報

総合型選抜専門塾AOIの基本情報
運営会社株式会社花形
総合型選抜専門塾AOIの公式ホームページhttps://aoaoi.jp/
指導形式個別・少人数の授業体系
指導内容・自己分析
・キャリア
・ロジカルシンキング
・志望理由書
・小論文
・面接
授業料年間39万円〜
講師メンターの約80%が総合型選抜で合格を掴んだ現役の大学生
合格実績合格率97%、関関同立、早慶上智、国公立大学
サポート体制

生徒専用のチャット、自習室使い放題、

メタバース校、渋谷校、大阪校、京都校、西宮北口校の校舎あり

オンライン対応

総合型選抜専門塾AOIの特徴

<AOIの強み>

・一人ひとりに合わせたフルオーダーメイド授業

・150本以上もの総合型選抜対策に特化したAOI独自制作の映像授業と対話形式のドリル、さらにメンター とのコンサル授業で、どこよりもインプットとアウトプットの質が高められる。

・志望理由書、小論文はそれぞれ100ページを超える独自で制作したガイドブック。

・生徒に寄り添い続ける総合型選抜合格者のメンター(講師)

・壁がなく暖色照明の中あかるく開放的な塾っぽくない教室が総合型選抜に最適な学習環境

フルオーダーメイド授業

総合型選抜で重要な「志望理由」は、生徒それぞれ異なります。

 

そのため、一人ひとりの生徒に向き合い、個人の進捗に合わせた安心のフルオーダーメイド授業を採用。

 

書類添削や映像授業の補足、併願校戦略なども行います。

メタバース校は全国どこからでもオンライン受講可能

メタバース校ではビデオ通話を用いて、リアルタイムでの志望理由書や小論文の添削、面接練習などの授業を1対1の形式で行います。

 

オンライン上の授業にご不安を感じられる方は多くいらっしゃいますが、毎年の合格率は現地校舎と同等のため、オンラインでも質の高い授業の受講が可能です!

メンター&校舎の雰囲気

合格の鍵となる「将来の夢」を見つけられるよう、生徒に本気で向き合い寄り添う「メンター」があなたをサポート。

 

また、校舎も総合型選抜に特化した仕様で、生徒の好奇心・自走力・学問意欲を高められるよう、仕切りのない開放的で自由に学べる環境を提供しています。

 

総合型選抜専門塾AOIが気になる方は、公式ホームページをチェックしましょう。

 

参考記事:総合型選抜専門塾AOIの評判・口コミ10選!気になる点を塾経験者が徹底調査

【総合型選抜専門塾】

総合型選抜専門塾!合格率97%のAOI

※諦めていた憧れの大学に合格できる!

※AOIで一緒に夢と合格を勝ち取ろう!

総合型選抜専門塾AOIについて詳しく知りたい方

フルオーダーメイド!総合型選抜専門塾

過去最高の合格率!97.7%!AOI

志望理由書・小論文・英語資格

総合型選抜に完全対応

オンライン対応:AOIの公式ホームページ

AOIについて知りたい方はこちら

参考記事:総合型選抜専門塾AOIの評判・口コミ10選!気になる点を塾経験者が徹底調査

アガルートコーチング|おすすめオンライン塾

【大学受験生必見】おすすめオンライン家庭教師40選|入会金や月謝を徹底比較

(アガルート:公式ホームページ)

 

【毎日の指導で学習が変わる!アガルートコーチングの基本情報】

アガルートコーチングの基本情報
アガルートコーチングの公式ホームページhttps://agaroot.co.jp/coaching/
対象学年小学3~6年生・中学生・高校生・既卒生
指導教科受講者の学力・ご状況により、1~3科目の指導になります。
(途中での変更可能です)
指導形式完全1対1・個別コーチング
授業料60,280円〜
講師プロ講師
使用端末・アプリスタディサプリ、Comiru、Edv Path
サポート体制正社員の講師がチームを組んで生徒をサポート
無料体験授業1週間の無料体験実施中

 

\毎日の学習管理で成績アップ/
↓↓↓
アガルートコーチングの公式HP

 

【アガルートコーチングの特徴】

アガルートは、オンラインを中心とした資格試験講座「アガルートアカデミー」を通じて、毎年数多くの合格者を輩出しております。

 

アガルートコーチングでは、その指導経験や合格者実績から得たメソッドやノウハウを活かして、内申点や偏差値のアップ、志望校合格をフルサポートします。

【月額利用料金のみのシンプルな料金体系】

アガルートコーチングは、入会金、管理費、教材費などのサービスと無関係な料金は一切不要。また、夏期講習、冬期講習などの講習代も一切不要です。

月額利用料金のみの安心の月謝制となっております。

※教材については、学校で配布されている教材等を参考にしながら、生徒の学力等に応じて、市販の教材を推薦することもあります。

【毎日の指導で学習習慣を定着、早期の成功体験を実現】

勉強ができるようになるための最短ルートは、「正しい方向で、学習を継続すること」×「学習の継続により、成功体験を得ること」。そうすれば、必ず学力は伸び、目標に到達できます。しかし、1人で毎日学習を継続することはなかなかできません。アガルートコーチングでは、毎日の学習習慣を身につけ、成功体験を積み上げ、自分で勉強方法が分かる、楽しめるようにサポートします。

【正社員のみのオリジナルチームで日々の学習から進路指導まで徹底サポート】

アガルートコーチングでは「生徒」「コーチ」「家庭」が1つのチームとなり、一丸となって学習に取り組むことを大切にしています。

また、1人に対して複数人のコーチがつき、そのコーチ同士の情報共有・連携も徹底しています。アガルートコーチングでは、生徒ごとのオリジナルチームを作り生徒をサポートするのが特徴です。

\毎日の学習管理で成績アップ/
↓↓↓
アガルートコーチングの公式HP

英語の成績を短期間でアップ【LIBERTY ENGLISH】

LIBERTY ENGLISHの基本情報

LIBERTY ENGLISHの基本情報
サービスの特徴リバティは独自の学習メソッドで英語学習を支援
対象学年高校生・社会人
指導教科英語
指導形式通学クラス・オンラインクラス
授業料336,000円〜(24回コース)
講師藤川学長自らが指導
使用端末・アプリパソコン・タブレット・スマホ
サポート体制成果保証・点数保証・延長保証

 

LIBERTY ENGLISHの特徴

リバティは、英語学習におけるあらゆる悩みを解決するために設計されました。

 

例えば、時間がなくて学習に十分な時間を割けない方や、英語の本質を理解したい方、さらには高いスコアを目指す方にも最適です。

 

リバティのカリキュラムは、短期間でも効果的な学習を実現するために設計されています。

 

一般的には3ヶ月から半年かかると言われている英語学習を、最短1ヶ月で効果的にスコアアップすることが可能です。

 

また、忙しい社会人や大学生、受験生にも対応できるよう、1日平均1.5時間以下の学習時間で効率的に学習を進めることができます。

 

これにより、仕事や勉強の合間に効果的な学習ができ、ストレスを感じることなく成果を上げることができます。

 

さらに、リバティのカリキュラムはハイスコアの獲得を目指す方にも最適です。

 

TOEFLやIELTS、TOEICなどのテストにおいて、目標スコア以上の成績を収めることが可能です。大学英語試験で満点レベルのスコアを目指すことができます。

 

リバティでは、あなたの英語学習の目標に合わせたカスタマイズされたカリキュラムを提供し、確実な成果をお約束します。

 

点数保証・成績保証・延長保証で安心
↓↓↓
LIBERTY ENGLISHの公式サイト

総合型選抜専門塾:ルークス志塾

総合型選抜おすすめオンライン塾厳選11社!塾経験者が徹底調査

総合選抜塾:ルークス志塾の基本情報

ルークス志塾の基本情報
運営会社Loohcs株式会社
ルークス志塾の公式ホームページhttps://aogijuku.com/
指導形式個別・少人数の授業体系
指導内容・自己探求講座
・大学探求講座
・活動計画講座
・志望理由書
・自己アピール書類対策
・知識インプット講座
・面接対策講座
・小論対策講座
授業料月4コマコース : ¥54,780(税込)
月6コマコース : ¥76,780(税込)
月8コマコース : ¥87,780(税込)
月10コマコース : ¥98,780(税込)
講師総合型選抜で合格した講師陣
合格実績東京大学5年で50名、慶應義塾大学10年で1,000人以上、MARCH
サポート体制無料体験、キャンペーン実施中
オンライン対応

総合選抜塾:ルークス志塾の特徴

<あなたの志を一緒に見つける、最高の仲間がいる>


総合型選抜は自分を見つめなおすという「自分との戦い」が必要な入試です。


そんな孤独な戦いにも、ルークス志塾の講師陣は生徒に寄り添い授業します。


講師陣の多くは、総合型選抜入試の合格者。自身の志と向き合い仲間と切磋琢磨して合格を掴んだ当事者であり、最も身近な最高の仲間です。そんな講師たちがあなたと向き合い、対話を通してあらゆる角度からあなたの志や魅力を引き出します。


他にも、実際にあなたが志望する大学・学部に通っている講師から大学の雰囲気や講義、研究などさまざまな情報をあなたに提供することで、より深く志望校について考えられます。


また、志の実現や志望校合格を目指す仲間たちと切磋琢磨することで、お互いに刺激しあい成長できます

<あなたの今の状況に最適な、あなただけの計画が作れる>


総合型選抜入試は、志望大学の入試内容によって必要な準備や対策が異なります。


ルークス志塾では、あなたとの対話を通して、あなたの今の状況に合わせたオリジナルの計画を策定。


計画は、過去の活動や得意・不得意、これから必要になる取り組み等を踏まえて作成します。


志の実現に向け、調査活動やフィールドワーク等の活動予定を作成、支援します。これらの取り組みが、結果として総合型選抜への対策につながります。


これらの取り組みを一緒に決めていくことで、一つひとつにしっかりとした目標や意味を持ち、主体的な学びが得られます。

<総合型選抜入試対策のプロが作る対策講座が受けられる>


ルークス志塾は、総合型選抜入試の専門塾として立ち上げ今年で12年目。


これまで難関大学を中心に多くの塾生の合格を支え、難関大学進学率は86.1%に達しています。


ルークス志塾には、長年の対策・指導で培ってきたノウハウや膨大な合格者のデータがあります。


これらの知見を活かし、常に最新の対策へとアップデートするからこそ、ルークス志塾の合格率は高いままで推移しています。

参考記事:ルークス志塾の料金はリーズナブル?塾経験者が他塾と料金比較した結果

【総合型選抜専門塾】

総合型選抜専門塾で合格実績NO.1のルークス志塾

※難関校への進学率「86.1%」全国オンライン対応!

※夢を叶えたいなら!ルークス志塾へ

まとめ:総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】」は参考になりましたでしょうか?

まとめ:総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

 

まとめ

大学の総合型選抜入試とは、日本の大学入学試験の一形態で、高校時代の学業成績や試験の成績だけでなく、面接や小論文、個別の選考要件に基づいて入学者を選ぶ方法です。以下は、総合型選抜入試についてのメリットとデメリットをまとめた文です。

メリット

総合的な評価:総合型選抜入試は学業成績だけでなく、面接やエッセイ、個別の選考要件を通じて個々の学生を総合的に評価します。これにより、個々の能力や人間性が考慮され、多様なバックグラウンドを持つ学生にチャンスが提供されます。

個性の発揮:総合型選抜入試は、学生が自分の個性や特技をアピールできる機会を提供します。面接やエッセイを通じて、将来の夢や志向を伝えられます。

多様な選考要件:多くの総合型選抜入試は、学校ごとに異なる選考要件を持っています。これにより、学生は自分に適した大学を見つけるための選択肢が広がります。

学業成績以外の要因の重視:総合型選抜入試では、学業成績以外の要因も重要視されるため、学生は単なる点数競争から解放され、自分の強みや意欲を強調できます。

デメリット

試験対策の複雑さ:総合型選抜入試には面接やエッセイなど、さまざまな要素が含まれるため、試験対策が複雑になることがあります。

不透明さ:各大学が異なる選考要件を持つため、志望校によってはどの要件が評価基準になるのか不透明な場合があります。

評価の主観性:面接やエッセイの評価は主観的であるため、公平な評価を受けることが難しい場合があります。

競争が厳しい:総合型選抜入試は、競争が激しいことが多く、志望校に合格するためには十分な準備が必要です。

総合型選抜入試は、学生が自己表現や個性を発揮し、多様な選考要件を通じて大学に合格する機会を提供する方法です。しかし、それに伴う試験対策と競争も厳しいため、適切な準備が不可欠です。

総合型選抜とは?おすすめの記事

「小論文の書き方」高校生が知っておきたい5つのポイント(例文あり)

大学入試の小論文│テーマ型の書き方とポイント!例文付きで解説

【必見】総合型選抜の面接14の質問!良い回答例と悪い回答例

【総合型選抜】受かる確率を上げる!受験生なら知っておきたい7つのポイント!

【学校推薦型選抜対策】受かる人・落ちる人の特徴とは?合格の鍵を探る

【必見】総合型選抜・AO入試の志望理由書で高評価を得るための書き方【例文付き】

【現役高校生】総合型選抜で大学に受かる人はみんなやっている総合型選抜対策!

総合型選抜(AO入試)面接のコツ【知らないと損】大学入試面接を攻略

【必見】大学受験:総合型選抜とは?総合型選抜に向いている人!向いてない人

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

評定平均とは?計算方法とは?大学推薦入試で差をつける評定対策をアドバイス

総合型選抜(ao入試対策)いつから始めるべき?最適なスタート時期

【総合型選抜】自己PR文の書き方完全ガイド|必見!例文付きで解説

【総合型選抜】エントリーシートの書き方を例文でポイントを解説!

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

総合型選抜おすすめ塾


ホワイトアカデミー高等部の【料金・評判・特徴】を塾経験者が徹底取材!

総合型選抜専門塾ホワイトアカデミー高等部のメリット・デメリット・合格実績を徹底調査

ルークス志塾の料金はリーズナブル?塾経験者が他塾と料金比較した結果

【ルークス志塾】の評判・口コミ10選!塾経験者が徹底調査

【総合型選抜対策塾】ルークス志塾の合格実績・メリット・デメリットを徹底調査

総合型選抜専門塾AOIの評判・口コミ10選!気になる点を塾経験者が徹底調査

AOI塾の料金を調査!メリット・デメリット|オンライン校の料金は?

【注目】総合型選抜おすすめ塾ランキング!専門家が選んだ11社紹介

小論文対策に自信あり!おすすめ塾9選|総合型選抜対策塾の選び方

総合型選抜塾|おすすめ人気厳選11社|料金・特徴・コースを解説

【総合型選抜に強い塾】塾に行くべき?塾経験者がおすすめする!【総合型選抜対策塾の紹介】

総合型選抜おすすめオンライン塾厳選11社!塾経験者が徹底調査

【浪人生】総合型選抜おすすめオンライン塾10選|推薦入試で志望校に合格

総合型選抜専門塾【KOSKOS】ってどうなの?口コミ・評判・料金を調査した結果は?

高校2年生から始める総合型選抜対策!おすすめ塾厳選12社!合格への道

予備校オンラインドットコム