BLOG
合格ブログ

【大学受験】学校推薦型選抜を狙っている受験生は必見!これで推薦突破!

学校推薦型選抜

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、進路アドバイザーです。

 

「大学受験における学校推薦型選抜」について興味はありませんか?

 

この記事で紹介する「【大学受験】学校推薦型選抜を狙っている受験生は必見!これで推薦突破!」読めば、学校推薦型選抜について理解できる内容になっています。

 

なぜなら、予備校オンラインドットコムの進路専門の進路アドバイザーが書いた記事だからです。

 

この記事では、学校推薦型選抜の各制度についてわかりやすく解説しています。

 

記事を読み終えると、学校推薦型選抜について理解することができます。

 

以下の悩みを解消します。

学校推薦型選抜とは?

特別推薦とは?

学校推薦型選抜のスケジュールは?

学校推薦型選抜対策は?

文系の大学を希望している生徒

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容

大学受験の学校推薦型選抜

特別推薦とは?

学校推薦型選抜のスケジュール

学校推薦型選抜の対策

 

あわせて読みたい

参考記事:大学入試制度をわかりやすく簡単に5分で理解できる!

参考記事:大学の志望校の決め方ポイント10か条!今の偏差値は関係ない!

英語の苦手を克服

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

大学受験の学校推薦型選抜とは

学校推薦型選抜

学校推薦型選抜についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

学校推薦型選抜とは

学校推薦型選抜で重視される学習成績

指定校推薦

公募制推薦

学校推薦型選抜とは

国公立大学・私立大学とともに、原則として学校長等の推薦に基づき、書類審査、面接、小論文などを実施して合否判定を行うのが学校推薦型選抜です。

 

学校推薦型選抜では、基礎学力が重視される傾向が強く、「指定校推薦」「公募制推薦」に分けられるが、最近では、「自己推薦」などの多様な学校推薦型選抜が各大学で実施されるようになっている。

学校推薦型選抜で重視される学習成績

学校推薦型選抜で重視されるのは、高校での学習成績の状況や出欠状況、特別活動などが記入された調査書です。

 

調査書の項目の中でも、学習成績の状況が重要となり、公立大学の場合は「4.0以上」私立大学の場合は、「3.0以上」を出願条件とする大学が多く見受けられます。

指定校推薦

私立大学や公立大学の一部で実施されていて、大学が指定する高校に限って出願できるのが指定校推薦です。

 

指定校となる高校には推薦枠と推薦基準となる全体の学習成績の状況などの成績基準が設けられていて、課外活動や出欠の状況などの基準も示されることがあります。

 

原則として、高校内での選考が行われて、定員枠の設定がある場合や定員枠を設定しない場合もある。

公募制推薦

各大学が定めた出願条件を満たしていれば、どの高校からも出願できるのが公募制推薦です。

 

国公立大学の場合は、大学入学共通テストを課す場合と課さない場合があります。

 

私立大学では、他大学との併願を認めている大学もあります。

 

(一般入試:推薦入試:AO入試の割合)

学校推薦型選抜

文部科学省「令和2年度 国公私立大学入学者選抜実施状況」

あわせて読みたい

参考記事:タイムラプス勉強方法とは?高校生の間で流行中?効率的な勉強法の紹介

参考記事:偏差値50から早稲田大学に合格した講師に勉強時間と勉強法を聞いてみました!

特別推薦選抜の種類

学校推薦型選抜

特別推薦選抜の種類についてまとめてみました。

 

特別推薦選抜の種類
スポーツ推薦 全国大会や県大会における上位入賞実績を評価。対象となる競技種目は大学によって異なる。
文化活動推薦 音楽・美術・演劇など文化芸術分野において、全国または都道府県レベルで入賞した実績を評価。学校により分野や種目の指定がある。
校外社会活動推薦 地域環境美化、高齢者や障害者介護などの奉仕、ボランティア活動等の実績を評価する。
課外特別活動推薦 生徒会役員、部活動で優れた活動を行った実績を評価する。
特定教科推薦 志望学部・学科において必要となる教科の成績を評価する。
有資格者推薦 英検・TOEIC・TOEFL、簿記、情報処理など、志望学部・学科にかかわる一定ランク以上の資格を評価する。
自己推薦 学校長の推薦が必要なく、自分の得意分野をアピールする。

 

あわせて読みたい

参考記事:国公立大学の入試の仕組みと入試日程をわかりやすく解説

参考記事:【厳選】早稲田大学生が使っていた英語の参考書を紹介!

学校推薦型選抜のスケジュール

学校推薦型選抜

学校推薦型選抜のスケジュールについて表にまとめてみました。

学校推薦型選抜のスケジュール

 

11月1日以降 学校推薦型選抜出願
12月 学校推薦型選抜の合格発表
合格発表から1月中旬 学校推薦型選抜の入学手続き

 

あわせて読みたい

参考記事:大学受験で必要な英単語の勉強法【専門家がアドバイス】

参考記事:予備校オンラインドットコムのオンライン授業の特徴と指導方針について徹底解説!

学校推薦型選抜の試験について

学校推薦型選抜

独自に実施する筆記試験

最近では、学校推薦型選抜の試験として、基礎学力テストを導入する大学も増加傾向にあり、テストの結果は合否判定で重要視される。

小論文

学校推薦型選抜の試験として、基礎学力が試されるのが「小論文」です。

 

小論文では、受験校の出願傾向を分析して、日頃から各練習をすることが大切となってきます。

 

志望学部・志望学科のテーマをしっかりと確認してください。

 

小論文には、課題型と課題文型・資料分析型がよく出題されます。

 

課題型は、与えられた課題について論述します。(社会問題・一般教養など)

 

課題文型・資料分析型は、課題となっている文章や資料を分析した上で、自分の考えを述べる形式です。

 

この形式が最も出題されています。

あわせて読みたい

参考記事:【私立大学】一般選抜の仕組みについてわかりやすく表にまとめて解説!

参考記事:学習計画の作成で大学受験を効率的に合格する方法を5分で解説!

まとめ:【大学受験】学校推薦型選抜を狙っている受験生は必見!これで推薦突破!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、【大学受験】学校推薦型選抜を狙っている受験生は必見!これで推薦突破!は参考になりましたでしょうか?

まとめ

学校推薦型選抜・・・基礎学力が大切

特別推薦とは?・・・たくさんの種類があります

学校推薦型選抜のスケジュール・・・しっかり確認

学校推薦型選抜の対策・・・小論文対策

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

少数精鋭で授業を行っています。

 

お気軽お問い合わせください。

 

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!