BLOG
合格ブログ

知らないと損をする!総合型選抜(AO入試)面接のコツをこっそり教えます!

知らないと損をする!総合型選抜(AO入試)面接のコツをこっそり教えます!

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

総合型選抜(旧AO入試)の面接って気になりますよね?

 

この記事で紹介する「知らないと損をする!総合型選抜(AO入試)面接のコツをこっそり教えます!」を読めば、総合型選抜の面接の対策ができる内容となっています。

 

なぜなら、いつも塾生に実践している内容だからです。

 

この記事では、総合型選抜の選考方法や面接の具体的な対策を紹介しています。

 

記事を読み読み終えると、総合型選抜での合格の可能性が高くなる記事となっています。

 

以下の悩みを解決します。

 

総合型選抜とは?

面接前の対策を知りたい?

面接時の対策を知りたい?

記事の内容

総合型選抜とは

総合型選抜の面接対策

面接中の注意事項

あわせて読みたい
参考記事:【大学受験】総合型選抜とは?これを読めば総合型選抜について理解できる
参考記事:小論文の書き方のポイント3つ!これで大学入試を突破する

総合型選抜(旧AO入試)とは?

知らないと損をする!総合型選抜(AO入試)面接のコツをこっそり教えます!

総合型選抜についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

総合型選抜(旧AO入試)とは?

アドミッションポリシーを確認する

総合型選抜の選考方法を知る

総合型選抜(旧AO入試)とは?

『総合型選抜』とは、かつてはAO入試(アドミッション・オフィス入試)と呼ばれていましたが、2021年度の選抜からAO入試の名称を総合型選抜と名称が変わりました。

 

総合型選抜は、出願書類の志望理由書や、実技試験の面接などを実施して、受験生を総合的に評価することで、受験生の人物像と大学の求める学生像(アドミッション・ポリシー)がマッチングしているかどうかで合否が判定されるのが特徴です。

 

また、総合型選抜は高校時代の学習内容よりも、どんな活動をしてきたのか?大学では何を学習したいのか?を明確にして、自分のことを深く見つめ直すことが必要になります。

 

わかりやすく言うと、総合型選抜には、各大学や短大が定める「求める学生像」に合った受験生を採用する事ができるのです。

 

そのため、総合型選抜では、面接がほとんどの大学で課されます。

 

したがいまして、面接の対策も筆記試験の対策と同じくらい重要ということを認識してください。

アドミッションポリシーを確認する

総合型選抜の対策をする上で大学のアドミッションポリシーは必ず確認してください。

 

なぜなら、アドミッション・ポリシーとは、入学者の受け入れ方針をまとめたものです。

 

自学の特色や教育理念を反映した上で「どのような学生を求めているか」という受け入れの方向性が、アドミッション・ポリシーには明確に記載されているのです。

 

学部・学科ごとにアドミッション・ポリシーを定めていることもあるのでしっかりと確認してください。

 

それと同時に入試要項なども細部まで確認しておくと、面接などで好印象を与えることができます。

 

アドミッションポリシーを確認することで大学側の求める学生像が明確になるので、面接時にアドミッションポリシーに適していると判断されると合格が近づくのです。

総合型選抜の選考方法を知る

総合型選抜は大きく分けて3つに分けられます。

 

自分が受験する大学の選考方法について確認してください。

 

「論文重視タイプ」「自己推薦タイプ」「対話重視・予備面談タイプ」

論文重視タイプ 国公立大学や難関私立大学に多く見受けられる。論文により基礎学力と自己表現力をチェックするのがポイントです。
自己推薦タイプ 自己推薦選抜や特別推薦選抜の形を変えた選抜方式。面接を重視して創業的な評価を行う。
対話重視・予備面談タイプ 受験生と大学の相互理解に重点を置くタイプ。双方でアドミッションポリシーと将来の目標について面接で確認する。大学側は適合性を判断する。

国公立大学では、「大学入学共通テスト」を必須としている大学が増加傾向にあります。

あわせて読みたい
参考記事:【大学受験】学校推薦型選抜を狙っている受験生は必見!これで推薦突破!
参考記事:【私立大学】一般選抜の仕組みについてわかりやすく表にまとめて解説!

総合型選抜の面接対策

知らないと損をする!総合型選抜(AO入試)面接のコツをこっそり教えます!

総合型選抜の面接対策についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

想定問答集の作成

想定される質問を考える

ロールプレイングの実施

総合型選抜対策:想定問答の作成

総合型選抜の面接対策として想定問答を作成することをおすすめします。

 

なぜなら、高校生では面接の受け答えに慣れていないからです。

 

書類を突破しても面接で落とされては意味がありません。

 

面接が不得意だからといってもやるしか無いのです。

 

そのためには、事前にできる準備はすべて行い、面接をクリアして合格する可能性を最大限に高めておくことが大切なのです。

 

それが、想定問答の作成です。

 

想定問答を作成することでスムーズな面接が実現できるはずです。

想定される質問を考える

想定問答を作成する場合には想定される質問を考えて作成する必要があります。

 

ここでは、面接の際によく質問される内容について説明します。

自己紹介・自己PR

 

志望動機

 

高校生活の思い出

 

将来の夢・大学後の抱負

 

最近のニュースで気になったこと

その他、インターネットで検索して調べてみるのが良いでしょう。

 

想定される質問に対しては、結論から述べるのが鉄則です。

 

結論を述べてから、理由を説明してください。

 

想定問答を作成する際にも、結論→理由となるように作成してください。

ロールプレイングの実施

想定問答の作成が完了したならば、ロールプレイングの実施です。

 

ロールプレイングとは、作成した想定問答をもとに、面接官との対話を想定し、マンツーマンで実際にやってみることです。

 

ロールプレイングのメリットは想定問答の問題点を抽出したり、スムーズな会話ができるようにするための訓練です。

 

実際の面接をイメージして、繰り返し行い、その都度、反省点を見つけてください。

 

そうすることで面接のレベルが高まり、実際の面接時にも力を発揮することが可能となります。

 

両親や兄弟に協力してもらい、恥ずかしがらずにやることで合格の確率が高まるはずです。

 

決して、ぶっつけ本番で面接に挑まないようにしてください。

あわせて読みたい
参考記事:大学入試制度をわかりやすく簡単に5分で理解できる!
参考記事:【MARCH対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について

総合型選抜:面接中の注意事項

知らないと損をする!総合型選抜(AO入試)面接のコツをこっそり教えます!

総合型選抜の面接中の注意事項についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

身だしなみ編

控室

入室〜着席〜退室

面接中

身だしなみ編

面接時には制服がある学校は制服で行き、制服がない学校は清楚な服装で面接を受けることをおすすめします。

 

「男子」

 

髪型はきちんと整える

 

ひげの剃り残しがないように

 

ネクタイはきちんと締める

 

ズボンの折り目をプレスする

 

ズボンはベルトでしっかりと閉める

「女子」

 

メイクやマニキュア、アクセサリーは控えて、細すぎる眉毛やピアスなどは注意してください。

 

おじぎの時に髪で顔が隠れないよに束ねておく

 

メイクも色つきリップもしない

 

リボン・ネクタイ・スカーフ等は曲がらないようにしっかりと結ぶ

 

短すぎるスカートはNG

 

スカートはしっかりとプレスをする

「男子・女子共通」

 

シャツのボタンは一番上でとめる

 

肩などに老けがついていないか確認する

 

服にシワがよっていなか確認する

 

靴はきれいに磨いておく

以上、身だしなみの注意点でした。

控室

日替室では自分の順番が来るまで静かに待ち、名前を呼ばれたら元気よく返事をしてください。

 

【控室でやってはいけないこと】

 

・足を組む

 

・音楽を聴く

 

・スマホをイジる(大学に入る前に電源を切り、カバンに入れてください)

 

・おしゃべりをする

 

・キョロキョロする

 

以上、控室での注意事項でした。

入室〜着席〜退室

入室

 

入室前に、3回ノック「どうぞ」と言われてから、ドアを開け、入室する。

入室したらドアを閉め、面接官に向かって、普通礼(30度)と挨拶をする「失礼します」

 

POINT:ドアは必ず向き直って閉め、後ろ手で占めないように注意

椅子の横まで歩き、学校名と名前を伝えて、面接官に一礼する。面接官に「どうぞ」と言われてから、「失礼します」と言って静かに着席

 

POINT:

①「どうぞ」と言われる前に座らないこと

 

②おじぎをしながら、挨拶をしない

 

③カバンの持ち方や置き方も事前に確認しておく

退室

 

面接官に「以上で終わりです」と言われたら、「はい」と言って椅子から立ち上がり、「ありがとうございました」と礼をする

ドアのところまで行ったら面接官に向き直り、「失礼します」と挨拶しもう一度礼をして退室(ドアは静かに閉める)

 

POINT:面接が終了しても帰宅するまで面接と思い行動する

以上、入室から退室までのポイントでした。

面接中

面接中は深めに椅子に腰掛ける。(背もたれにはもたれない)

 

男子はひざの間に拳が2つ入るくらい開けて座る。

 

女子は両膝とかかとをつける

「表情・話し方・言葉遣いについて」

 

面接官の顔をしっかりと見る

 

大きな声だハッキリ話す

 

集団面接のときは、他の受験者への質問や発言をしっかりと聞く

 

敬語で話す

 

若者言葉は使わない(マジ?、超、やっぱetc)

 

語尾を伸ばさない

 

自分のことは、私(わたし)もしくは(わたくし)と言う

以上、面接中のポイントでした。
あわせて読みたい
参考記事:大学受験勉強をやめたいと思った時にちょっとだけ読んでほしい記事
参考記事:大学受験が心配・不安だという人に伝えたい3つのこと

まとめ:知らないと損をする!総合型選抜(AO入試)面接のコツをこっそり教えます!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、知らないと損をする!総合型選抜(AO入試)面接のコツをこっそり教えます!は参考になりましたでしょうか?

総合型選抜の対策行っています!

予備校オンラインドットコムで一緒に勉強しませんか?

優秀なスタッフがお待ちしています!

予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!