BLOG
合格ブログ

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

「※この記事には一部PRが含まれます」

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

今回のお悩みはこちら。

総合型選抜で落ちることはあるの?

総合型選抜で落ちたら次は何の対策をする?

総合型選抜で落ちる人の特徴を知りたい

 

総合型選抜(旧AO入試)に不合格となることを考えるのは、誰しもが避けたい気持ちでしょう。

 

しかし、もし不合格になった場合、その瞬間からどのように対処するべきかを考慮しなければ、競争相手に遅れを取ることも。

 

今回紹介する「総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介」を読むと、総合型選抜に落ちた時の対策がわかります。

 

ライバルたちに遅れを取ることなく、総合型選抜(旧AO入試)に向けた対策と同時に、別の対策を始めることが不可欠です。

 

理想的なケースでは、総合型選抜(旧AO入試)の対策は高校2年生の段階からできる限り早く開始することが良いでしょう。

 

同様に、不合格の場合に備えても、高校2年生の時から対策を始めることをおすすめします。

 

この記事を読み終わると、総合型選抜で落ちた時の対策方法がわかります。

 

また、記事の後半では、合格保証がある総合型選抜専門塾も紹介しているので、参考にしてください。

 

読み終わるとわかること
総合型選抜で落ちることはあります!

総合型選抜で落ちる人の特徴

総合型選抜で落ちた時の次の対策

【オンライン総合型選抜専門塾】

小論文対策はホワイトアカデミー

なぜなら、

社会人のプロ講師が徹底指導で

現役合格に導きます!

しかも、

合格保証制度あり!

ホワイトアカデミーはこちらから

ホワイトアカデミーの公式HP

参考記事:ホワイトアカデミー高等部の【料金・評判・特徴】を塾経験者が徹底取材!

Contents

総合型選抜に落ちたら?何故不合格になるの?

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

総合型選抜入試の仕組みの概要

総合型選抜入試は、日本の大学入試制度において、受験生の学業成績だけでなく、その人物像や多様な能力を評価するための特別な選考方法です。

 

以下は総合型選抜入試の仕組みの概要です。

・学業成績以外の要素の評価

総合型選抜では、受験生の学業成績に加え、学外活動や志望動機、面接、小論文、推薦状などの要素が評価されます。これにより、学業成績だけでなく、個々の学生の多様な能力や人物像を総合的に評価できます。

・学外活動の重要性

学外活動は、総合型選抜において非常に重要です。受験生の部活動、ボランティア活動、アルバイト、趣味など、多様な経験が評価され、学生の個性や積極性を示す指標となります。

・志望校ごとの違い

各大学や大学の学部によって評価基準が異なります。志望校ごとに求められる要素や選考方法が異なるため、受験生は志望校ごとに要求事項を確認する必要があります。

・面接と小論文

面接や小論文は、受験生のコミュニケーション能力や表現力を評価する手段として使用されます。面接では志望校によって質問内容が異なり、エッセイでは自己表現や論理的思考が重要です。

・推薦状

一部の大学は、教師や指導者からの推薦状を受験生に提出するよう求めています。これらの推薦状によって、受験生の学業成績や人物像が裏付けられます。

総合型選抜入試は、受験生にとって学業成績以外の面での自己表現の機会を設け、大学入試の公平性と多様性を高める役割を果たしています。

 

志望校によって異なる評価基準があるため、受験生は入試要項を確認し、適切な対策を取ることが重要です。

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

参考記事:「小論文の書き方」高校生が知っておきたい5つのポイント(例文あり)

総合型選抜に落ちる理由

総合型選抜で落ちることは多い。

 

なぜなら、総合型選抜は、学業成績以外の要素も評価される入試方法で、合格率が高くないからです。

 

以下は、なぜ総合型選抜で不合格になることがあるのかについての理由です。

・競争が激しい大学

一部の大学や学部は非常に人気が高く、多くの受験生が志望します。これにより、合格競争が非常に激しく、合格率が低くなることがあります。

・評価基準の厳しさ

一部の大学は、非常に高い評価基準を持っており、受験生に対して高い要求を設けています。このため、合格のハードルが高くなり、不合格になることがあります。

・受験生自身の適性や準備不足

総合型選抜は、学業成績以外に受験生の学外活動や面接、エッセイなどを評価するため、受験生がこれらの要素に対する適性や準備が不足している場合、不合格になることがあります。

・志望校との適合性

受験生が選んだ志望校と、その大学が求める条件や理念との適合性がない場合、合格が難しくなります。志望校の選択には慎重さが求められます。

総合型選抜は、学生の多様性を尊重し、学業成績以外の要素を評価するための制度ですが、合格が保証されるわけではありません。

 

志望校の特性や要求に合致するように戦略を練り、適切に準備をすることが合格への近道です。

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

参考記事:【必見】総合型選抜の面接14の質問!良い回答例と悪い回答例

気軽に総合型選抜を受けると落ちる

総合型選抜(旧AO入試)が受験チャンスを増やしているように感じるかもしれません。

 

中には、何度も受験できると、ラッキーだと思う受験生もいます。

 

しかし、実際にはそのような考え方では、合格する可能性は低くなります。

 

総合型選抜(旧AO入試)は、ただ試験の回数を増やすだけでなく、真剣な志望校へのアプローチが求められます。

 

強い意志と熱意を持って受験に臨むことが不可欠。

 

一つの大学に確実に合格するために、自分の夢や目標に向かって全力を尽くす覚悟が必要です。

 

また、総合型選抜(旧AO入試)は各大学の特色や理念を反映しています。

 

したがって、合格するためにはその大学について深い理解が不可欠。

 

受験生が学校の特徴や価値観に合致する方法を見つけ出し、それを表現することが合格への重要なステップとなります。

 

そのため、総合型選抜(旧AO入試)に臨む際は、志望校へのリサーチと自己アピールの充実が大切です。

【オンライン総合型選抜専門塾】

小論文対策はホワイトアカデミー

なぜなら、

社会人のプロ講師が徹底指導で

現役合格に導きます!

しかも、

合格保証制度あり!

ホワイトアカデミーはこちらから

ホワイトアカデミーの公式HP

総合型選抜・AO入試、推薦入試に落ちる人の特徴は?

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

落ちる人の特徴①:アドミッションポリシーを理解していない

総合型選抜で落ちる人の特徴の一つは、志望する大学のアドミッションポリシー(入学方針や選考基準)を適切に理解していないことです。

 

以下は、この特徴について詳しく説明します。

 

特徴:アドミッションポリシーを理解していない

 

・選考方法の無知

落ちる受験生の中には、志望校がどのような選考方法を採用しているのかを知らないことがあります。各大学や学部は、総合型選抜において評価する要素や試験内容を独自に決定します。これを理解せずに受験すると、適切な対策が難しくなり、不合格につながります。

・志望校の価値観の無視

志望校が重視する特質や価値観を理解せず、自己アピールに反映させない受験生も見られます。各大学は自身のアドミッションポリシーに則り、受験生に求める要素を提示しています。志望校に合った自己アピールがないと、合格が難しくなります。

・志望校へのリサーチ不足

総合型選抜に合格するためには、志望校について十分なリサーチが必要です。大学のウェブサイトや入試要項を調べ、アドミッションポリシーを理解し、それに合致する志望校選択と準備することが大切です。

・選考基準への適切な対策不足

アドミッションポリシーを理解せずに、試験や面接の選考基準に合わせた対策を取らないことがあります。志望校が求める要素に合致する対策をするのが合格への近道です。

アドミッションポリシーを理解し、それに基づいた対策を立てることが、総合型選抜での成功の鍵。

 

志望校ごとに異なるアドミッションポリシーを把握し、それに従って効果的な受験戦略を練ることが不合格を避けるために必要です。

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

参考記事:小論文対策に自信あり!おすすめ塾9選|総合型選抜対策塾の選び方

落ちる人の特徴②:志や目標の不明確さ

総合型選抜やAO入試は、合格の鍵を握るのは学生自身が将来に対する志や目標を試験官に明確に伝えること。

 

そのため、志や目標が不明確であるという点は、不合格の要因となります。

 

特に、将来の夢や目標を持つだけでなく、その夢や目標が社会にどう貢献するかという視点を持つことが重要です。

 

志が曖昧だと、志望校は受験生がその大学に本気で入学したいのかどうか疑問に思う場合があります。

 

志が明確でない場合、受験生の受験動機や熱意が不明瞭になり、合格の競争において不利になります。

 

志や目標は自己分析や自己理解を通じて見つけるものであり、その過程が重要です。

 

自身の志や目標を明確にし、それを選考において強力にアピールすることが、総合型選抜やAO入試で合格への第一歩です。

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

参考記事:【現役高校生】総合型選抜で大学に受かる人はみんなやっている総合型選抜対策!

落ちる人の特徴③:総合型選抜・AO入試への対策の欠如

落ちる人の中には、総合型選抜やAO入試に対する適切な対策をしていません。

 

これは至極当然のことのように思えるかもしれませんが、適切な対策が不足していると、合格の機会を逃す可能性が高まります。

 

例えば、志望理由書を書く場合、文章を綺麗にまとめるだけでなく、その志望校が求める理想的な生徒像に受験生自身が合致していることを示す必要があります。

 

面接対策も、学部や大学特有の質問に答えられるように準備する必要があります。

 

志望理由書の内容を緻密に精査し、面接や小論文に関するトレーニング、模擬面接、模擬試験など、総合型選抜やAO入試に必要な幅広い対策が必要。

 

これらの対策を怠ると、志望校に合格するために必要なスキルや自己アピールが不足し、合格率が低くなります。

 

したがって、総合型選抜やAO入試への対策を怠らず、徹底的に準備することが合格への近道。

 

効果的な対策をすることで、不合格を回避しましょう!

【オンライン総合型選抜専門塾】

小論文対策はホワイトアカデミー

なぜなら、

社会人のプロ講師が徹底指導で

現役合格に導きます!

しかも、

合格保証制度あり!

ホワイトアカデミーはこちらから

ホワイトアカデミーの公式HP

総合型選抜に落ちたら!選択肢を考える

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

総合型選抜(旧AO入試)に不合格となった際、次にどのような選択肢を把握するべきかについて説明します。

総合型選抜に落ちたら?

・他の大学・同じ大学の他の総合型選抜を受験

他の大学や同じ大学の異なる学部の総合型選抜に応募を検討できます。異なる志望校での再チャレンジで合格する可能性があります。

・同じ大学の一般入試を受験

不合格となった大学の一般入試に応募することで、入学のチャンスが得られます。一般入試に合格すれば、その大学での学びが可能です。

・他の大学の一般入試を受験する

夢や目標に合致する他の大学の一般入試に応募することも考えられます。複数の志望校に応募し、選択肢を広げることで、入学の機会が増えます。

・進学先を再検討

不合格の結果を受け、進学先を再検討しましょう。他の大学や専門学校、進学コース、職業訓練学校など、自身の将来に合った進路を探求することが大切です。

・アルバイトやボランティア経験を積む

不合格期間を活用して、アルバイトやボランティア活動など、自己成長や社会経験を積めます。これらの経験は将来の志望校へのアピール材料となることがあります。

・勉強やスキルの向上に努力する

不合格の間に、学業や趣味のスキルを向上させるための努力を継続しましょう。成績向上や新たなスキル獲得は、将来の進学で役立つことがあります。

不合格の結果は挫折ではなく、新たな可能性の始まりです。

 

選択肢を広げ、自己成長に取り組むことで、目標に向かって前進できるでしょう。

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

参考記事:総合型選抜(AO入試)面接のコツ【知らないと損】大学入試面接を攻略

他の大学・同じ大学の他の総合型選抜を受験する

・他の大学への受験

他の大学の総合型選抜を検討しましょう。異なる大学への志望や選択肢を広げることで、新たな進学先を見つける可能性があります。各大学の入試要項や締め切りに注意して応募しましょう。

・同じ大学の別学部への受験

同じ大学内で別の学部や学科の総合型選抜を受験できます。志望校にこだわらず、同じ大学の別の学びの分野に挑戦することで、新たな選択肢が広がります。

これらの選択肢を検討する際に、志望校に関する情報をよく調査し、必要な文書や書類の提出締め切りを守りましょう。

 

また、不合格の経験を活かして、志望校に向けた新たなアピールポイントを見つけることが大切です。

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

参考記事:【必見】大学受験:総合型選抜とは?総合型選抜に向いている人!向いてない人

同じ大学の一般入試を受験する

総合型選抜(旧AO入試)で不合格となった場合、同じ大学の一般選抜(一般入試)への受験を検討することが一つの有益な選択肢となります。

 

以下は、同じ大学の一般選抜に応募する際のポイントです。

・入試要項の確認

同じ大学の一般入試の詳細な入試要項を確認しましょう。一般入試の日程、試験科目、出願書類、面接などに関する情報を入手し、締切に間に合わせるように計画しましょう。

・志望校に合わせた対策

一般選抜の試験内容は総合型選抜と異なることがあります。試験科目や評価基準に合わせて対策を練り、十分な準備を行いましょう。過去の過去問や模擬試験を活用することもおすすめです。

・総合型選抜の経験を生かす

総合型選抜での経験や成績、志望校への熱意など、前回の受験で培ったポジティブな要素を一般選抜においてアピールできるように工夫しましょう。

・安全な志望校の選定

一般選抜は競争が激しい場合もあります。不合格の経験を踏まえ、適切な志望校を選定し、リーチし過ぎないように注意しましょう。

同じ大学の一般選抜への挑戦は新たなチャンスを提供し、志望校への道が開かれます。

 

前向きな姿勢で、準備を進め、再挑戦に臨みましょう。

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

参考記事:総合型選抜塾|おすすめ人気厳選11社|料金・特徴・コースを解説

他の大学の一般入試を受験する

総合型選抜(旧AO入試)で不合格となった場合、他の大学の一般選抜(一般入試)への受験を検討することが良い選択肢です。

 

以下は、他の大学の一般入試に挑戦する際のポイントです。

・志望校の選定

新たな志望校を選ぶ際に、自身の興味や将来の目標に合った大学を検討しましょう。大学のカリキュラムや特長、地理的な位置などを考慮して、希望する大学を決定しましょう。

・入試要項の確認

各大学の一般入試の要項を確認し、出願書類や試験科目、日程などを把握しましょう。入試要項を守り、出願期限に間に合わせましょう。

・適切な対策

各大学の一般入試は異なる試験内容の場合があります。試験科目に合わせて対策を練り、過去の過去問題や模擬試験を活用して準備しましょう。

・スケジュールの管理

複数の大学に応募する場合、試験日程や出願締切に注意し、スケジュールをよく管理しましょう。試験日程が重ならないように注意を払い、余裕を持った計画を立てましょう。

他の大学の一般入試は新たなチャンスを生み出し、新しい進学先を見つける可能性を秘めています。

 

前向きな姿勢で、自己準備を進め、志望校への道を切り拓きましょう。

【オンライン総合型選抜専門塾】

小論文対策はホワイトアカデミー

なぜなら、

社会人のプロ講師が徹底指導で

現役合格に導きます!

しかも、

合格保証制度あり!

ホワイトアカデミーはこちらから

ホワイトアカデミーの公式HP

総合型選抜に落ちてしまった場合の対処法

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

気持ちを切り替える

総合型選抜(旧AO入試)での不合格は、苦しい現実かもしれませんが、その時点から前向きな気持ちの切り替えが極めて重要。

 

まず、感情を受け入れ、挫折を受け入れることが大切。

 

その後、新たな目標や志望校を設定し、進路を再考します。

 

自己評価を見直し、自分の強みを再発見しましょう。

 

また、信頼できる人々とのコミュニケーションを大切にし、サポートを受けながら前に進みます。

 

不合格の経験は成長の機会であり、新たな可能性を開く第一歩です。

 

前向きな行動を起こし、次のステップに向かって努力し、目標に向かって進む意志を持つことが、成功への道を切り拓くでしょう。

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

参考記事:【総合型選抜に強い塾】塾に行くべき?塾経験者がおすすめする!【総合型選抜対策塾の紹介】

まだ募集している総合型選抜を受ける

総合型選抜での不合格後、まだ募集している総合型選抜のチャンスを活用することが考えられます。

 

以下は、再挑戦のためのステップです。

・総合型選抜の情報収集

まず、希望する大学や学部が公募推薦・総合型選抜での受験者を募集しているかどうかを確認しましょう。各大学のウェブサイトや進路指導カウンセラーから情報を収集します。

・新たな志望校の選定

公募推薦や総合型選抜の枠内で志望校を再選定しましょう。志望校に合わせた志望理由やアピールポイントを考え、準備を進めます。

・志望理由書と書類の準備

志望校に提出する志望理由書や必要な書類を整えます。前回の経験を活かして、アピール内容を強化しましょう。

・面接対策

公募推薦や総合型選抜では面接が行われることが一般的です。面接の実施方法や質問の傾向を把握し、面接対策をします。

・出願期限を守る

出願期限を厳守し、必要な書類を提出します。遅延を避けるため、計画的に行動しましょう。

・自己アピールを強化

不合格の経験や成績などを踏まえ、自己アピールを強化しましょう。前回の受験では伝えきれなかった要点や熱意を明確に伝えます。

総合型選抜(旧AO入試)の再挑戦は新たな可能性を広げるチャンスです。

 

前向きな姿勢で、再度の受験に臨み、目標の進学先を実現しましょう。

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

参考記事:総合型選抜おすすめオンライン塾厳選11社!塾経験者が徹底調査

一般入試に気持ちを切り替える

総合型選抜(旧AO入試)での不合格後、一般入試に向けて気持ちを切り替えることが大切です。

 

以下はそのためのステップです。

・感情を整理する

不合格通知を受けたら、感情を整理しましょう。失望や不安などの感情を受け入れ、その後の行動に向けて気持ちを落ち着かせます。

・新たな志望校の選定

一般入試に向けて志望校を再選定しましょう。自分の興味や将来の目標に合った大学や学部を検討し、希望校を絞ります。

・入試要項の確認

各志望校の一般入試要項を確認し、出願書類や試験科目、日程などを把握します。出願締切に間に合わせる計画を立てましょう。

・適切な対策

一般入試の試験内容は総合型選抜と異なることがあります。試験科目や評価基準に合わせて対策を練り、過去の過去問題や模擬試験を活用して準備しましょう。

・スケジュールの管理

複数の志望校に応募する場合、試験日程や出願締切に注意し、スケジュールをよく管理しましょう。試験日程が重ならないように計画を立てます。

・前向きな姿勢

一般入試への再挑戦を前向きな姿勢で受け入れましょう。前回の経験を活かして、新たなアピールポイントを見つけることが大切です。

一般入試に向けた気持ちの切り替えは新たな可能性を広げる第一歩です。自己成長や新しい進学先を見つけるために、前向きな準備を進めましょう。

【オンライン総合型選抜専門塾】

小論文対策はホワイトアカデミー

なぜなら、

社会人のプロ講師が徹底指導で

現役合格に導きます!

しかも、

合格保証制度あり!

ホワイトアカデミーはこちらから

ホワイトアカデミーの公式HP

総合型選抜に落ちないための対策

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

総合型選抜に落ちないための対策

総合型選抜(旧AO入試)に備えた効果的な対策には以下のステップが含まれます。

・大学のアドミッションポリシーの理解

各大学のアドミッションポリシーを確認し、その大学が求める学生像や志望校の特徴を理解します。この情報は志望校や志望理由の作成に役立ちます。

・自己分析

自分の強みや弱み、興味や将来の目標について自己分析します。これは志望校への自己アピールを構築する基盤となります。

・志望校の選定

自己分析を踏まえて、志望校を選定します。志望校の特徴やカリキュラム、教育方針が自身の目標と一致していることが重要です。

・志望理由書の作成

志望校への志望理由書を作成します。アドミッションポリシーや自己分析の結果に基づいて、自分の魅力や志望校への熱意を表現します。

・面接対策

総合型選抜では面接が行われることが多いため、面接対策を重点的に行います。一般的な面接のスキルや志望校に特化した質問に備えます。

・学業の頑張り

成績は総合型選抜での合否に影響を与えることがあるため、学業に真剣に取り組み、成績を向上させます。

・模擬面接や模擬試験の受験

総合型選抜の面接や試験に向けて、模擬面接や模擬試験を受け、自己評価や対策を改善。

・時間管理

志望校ごとに出願書類や試験日程が異なるため、時間管理が重要です。出願締切に遅れずに準備を進めましょう。

・サポートを受ける

教師、進路指導カウンセラー、家族、友人などからのサポートを受けることで、不安や疑問を解消し、励まし合えます。

・自己表現のスキル向上

面接や志望理由書において、自己表現のスキルを向上させるために、プレゼンテーションスキルや文章力を養います。

総合型選抜は大学への合格を目指す重要なプロセスです。

 

計画的に対策を進め、自分の魅力や熱意を的確に伝えることが成功への鍵です。

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

参考記事:【総合型選抜】受かる確率を上げる!受験生なら知っておきたい7つのポイント!

総合型選抜専門塾に通う

総合型選抜(旧AO入試)に備えるため、専門塾に通うことは効果的な選択です。

 

専門塾では経験豊富な講師陣が総合型選抜のカリキュラムに基づいて指導し、模擬試験や個別指導が受けられます。

 

自身で学習計画を立てる手間を減らし、効率的な学習をサポートしてもらえます。

 

また、他の受験生と切磋琢磨する環境でモチベーションを保ち、競争意識を高めることも可能。

 

しかし、専門塾の選択には慎重さが必要で、適切なカリキュラムや講師陣、費用とのバランスを考慮しましょう。

 

また、自己学習も忘れずに行い、専門塾との組み合わせで自分自身の学習スタイルに合わせた最適な対策を検討し、合格に向けて努力しましょう。

総合型選抜・合格保証付き!ホワイトアカデミー高等部

総合型選抜おすすめオンライン塾厳選11社!塾経験者が徹底調査

ホワイトアカデミー高等部の基本情報

ホワイトアカデミー高等部の基本情報
運営会社Avalon Consulting株式会社
ホワイトアカデミー高等部公式ホームページhttps://whiteacademy-ao.com/
指導形式講師と生徒が1対1のマンツーマン指導
指導内容

・スタンダードコース
・ハイグレードコース
・高校1・2年生コース
・上智大学特化型個別対策コース
・プレジデントコース
・高大接続コーススポットコース

授業料生徒によって授業料は設定。
講師社会人プロ講師
合格実績難関国公立大学、早稲田大学、慶應義塾大学、GMARCH、日東駒専
サポート体制合格保証制度・返金制度、一般入試のサポートもあり
オンライン対応

合格保証付き!ホワイトアカデミーの特徴

合格保証付きの総合型選抜・学校推薦型専門塾

ホワイトアカデミーは他塾にはない志望大学の合格保証を提供。カリキュラムを消化した上で受験した大学に一校も合格しなかった場合は授業料を全額返金。それだけ、授業に自信がある証拠と言えます。

社会人のプロ講師が授業を担当

ホワイトアカデミー高等部は総合型選抜・公募推薦の対策に特化した社会人のプロが講師を務めます。毎回の授業は総合型選抜・公募推薦を知り尽くした講師とマンツーマンなので志望大学の合格に繋がる最高の授業が受けられます。

生徒一人ひとりに対して講師が志望校に合格するためのロードマップを作成

ホワイトアカデミーは一人ひとりの生徒様に対して個別のカリキュラムを作成。初回の授業で現時点でのあなたの実力と志望校の現役合格に必要な実力の差分を明らかにし、その差を受験日までに埋めるためのカリキュラムをゼロから作ります。

予備校オンラインドットコムがおすすめする!公式ホームページからホワイトアカデミー高等部の説明会に参加してみましょう!

 

きっと、現役合格が近づくはずです。

 

参考記事:ホワイトアカデミー高等部の【料金・評判・特徴】を塾経験者が徹底取材!

 

【総合型選抜専門塾】

合格保証と返金制度で万全のサポート体制

※講師は全員社会人のプロ講師!高い合格率!

※総合型選抜・学校推薦型選抜に特化した授業

ホワイトアカデミー高等部の公式ホームページをチェックする!

総合型選抜専門塾:ルークス志塾でエントリーシート対策

総合型選抜おすすめオンライン塾厳選11社!塾経験者が徹底調査

総合選抜塾:ルークス志塾の基本情報

ルークス志塾の基本情報
運営会社Loohcs株式会社
ルークス志塾の公式ホームページhttps://aogijuku.com/
指導形式個別・少人数の授業体系
指導内容・自己探求講座
・大学探求講座
・活動計画講座
・志望理由書
・自己アピール書類対策
・知識インプット講座
・面接対策講座
・小論対策講座
授業料月4コマコース : ¥54,780(税込)
月6コマコース : ¥76,780(税込)
月8コマコース : ¥87,780(税込)
月10コマコース : ¥98,780(税込)
講師総合型選抜で合格した講師陣
合格実績東京大学5年で50名、慶應義塾大学10年で1,000人以上、MARCH
サポート体制無料体験、キャンペーン実施中
オンライン対応

総合選抜塾:ルークス志塾の特徴

<あなたの志を一緒に見つける、最高の仲間がいる>


総合型選抜は自分を見つめなおすという「自分との戦い」が必要な入試です。


そんな孤独な戦いにも、ルークス志塾の講師陣は生徒に寄り添い授業します。


講師陣の多くは、総合型選抜入試の合格者。自身の志と向き合い仲間と切磋琢磨して合格を掴んだ当事者であり、最も身近な最高の仲間です。そんな講師たちがあなたと向き合い、対話を通してあらゆる角度からあなたの志や魅力を引き出します。


他にも、実際にあなたが志望する大学・学部に通っている講師から大学の雰囲気や講義、研究などさまざまな情報をあなたに提供することで、より深く志望校について考えられます。


また、志の実現や志望校合格を目指す仲間たちと切磋琢磨することで、お互いに刺激しあい成長できます

<あなたの今の状況に最適な、あなただけの計画が作れる>


総合型選抜入試は、志望大学の入試内容によって必要な準備や対策が異なります。


ルークス志塾では、あなたとの対話を通して、あなたの今の状況に合わせたオリジナルの計画を策定。


計画は、過去の活動や得意・不得意、これから必要になる取り組み等を踏まえて作成します。


志の実現に向け、調査活動やフィールドワーク等の活動予定を作成、支援します。これらの取り組みが、結果として総合型選抜への対策につながります。


これらの取り組みを一緒に決めていくことで、一つひとつにしっかりとした目標や意味を持ち、主体的な学びが得られます。

<総合型選抜入試対策のプロが作る対策講座が受けられる>


ルークス志塾は、総合型選抜入試の専門塾として立ち上げ今年で13年目。


これまで難関大学を中心に多くの塾生の合格を支え、難関大学進学率は86.1%に達しています。


ルークス志塾には、長年の対策・指導で培ってきたノウハウや膨大な合格者のデータがあります。


これらの知見を活かし、常に最新の対策へとアップデートするからこそ、ルークス志塾の合格率は高いままで推移しています。

参考記事:ルークス志塾の料金はリーズナブル?塾経験者が他塾と料金比較した結果

 

【総合型選抜専門塾】

総合型選抜専門塾で合格実績NO.1のルークス志塾

※難関校への進学率「86.1%」全国オンライン対応!

※夢を叶えたいなら!ルークス志塾へ

オンラインで総合型選抜対策:総合型選抜専門塾AOI

総合型選抜おすすめオンライン塾厳選11社!塾経験者が徹底調査

総合型選抜専門塾AOIの基本情報

総合型選抜専門塾AOIの基本情報
運営会社株式会社花形
総合型選抜専門塾AOIの公式ホームページhttps://aoaoi.jp/
指導形式個別・少人数の授業体系
指導内容・自己分析
・キャリア
・ロジカルシンキング
・志望理由書
・小論文
・面接
授業料年間39万円〜
講師メンターの約80%が総合型選抜で合格を掴んだ現役の大学生
合格実績合格率97%、関関同立、早慶上智、国公立大学
サポート体制

生徒専用のチャット、自習室使い放題、

メタバース校、渋谷校、大阪校、京都校、西宮北口校の校舎あり

オンライン対応

総合型選抜専門塾AOIの特徴

<AOIの強み>

・一人ひとりに合わせたフルオーダーメイド授業

・150本以上もの総合型選抜対策に特化したAOI独自制作の映像授業と対話形式のドリル、さらにメンター とのコンサル授業で、どこよりもインプットとアウトプットの質が高められる。

・志望理由書、小論文はそれぞれ100ページを超える独自で制作したガイドブック。

・生徒に寄り添い続ける総合型選抜合格者のメンター(講師)

・壁がなく暖色照明の中あかるく開放的な塾っぽくない教室が総合型選抜に最適な学習環境

フルオーダーメイド授業

総合型選抜で重要な「志望理由」は、生徒それぞれ異なります。

 

そのため、一人ひとりの生徒に向き合い、個人の進捗に合わせた安心のフルオーダーメイド授業を採用。

 

書類添削や映像授業の補足、併願校戦略なども行います。

メタバース校は全国どこからでもオンライン受講可能

メタバース校ではビデオ通話を用いて、リアルタイムでの志望理由書や小論文の添削、面接練習などの授業を1対1の形式で行います。

 

オンライン上の授業にご不安を感じられる方は多くいらっしゃいますが、毎年の合格率は現地校舎と同等のため、オンラインでも質の高い授業の受講が可能です!

メンター&校舎の雰囲気

合格の鍵となる「将来の夢」を見つけられるよう、生徒に本気で向き合い寄り添う「メンター」があなたをサポート。

 

また、校舎も総合型選抜に特化した仕様で、生徒の好奇心・自走力・学問意欲を高められるよう、仕切りのない開放的で自由に学べる環境を提供しています。

 

総合型選抜専門塾AOIが気になる方は、公式ホームページをチェックしましょう。

 

参考記事:総合型選抜専門塾AOIの評判・口コミ10選!気になる点を塾経験者が徹底調査

【総合型選抜専門塾】

総合型選抜専門塾!合格率97%のAOI

※諦めていた憧れの大学に合格できる!

※AOIで一緒に夢と合格を勝ち取ろう!

総合型選抜専門塾AOIについて詳しく知りたい方

やる気が上がる!総合型選抜対策!モチベーションアカデミア

(モチベーションアカデミア:公式ホームページ)

【モチベーションアカデミアの基本情報】

モチベーションアカデミアの基本情報
モチベーションアカデミアの公式ホームページhttps://m-academia-s.com/
対象学年中学生・高校生・浪人生
指導教科主要5教科
指導形式完全1対1の個別指導
授業料生徒一人ひとりにカリキュラムが違うため、お問い合わせ願います。
講師厳しい採用基準を満たしたプロ講師
使用端末・アプリパソコン・タブレット・スマホ
サポート体制自習室完備、オンライン対応
無料体験実施中

総合型選抜対策【モチベーションアカデミア】の特徴

モチベーションアカデミアは、

・文部科学省が提唱する「生きる力」
・経済産業省が公表する「社会人基礎力」
・そして個人の「モチベーション向上」

を社会人教育に取り入れたパイオニア、(株)リンクアンドモチベーション(東証一部)が設立した、中高生向けの進学塾です。

【PDCA学習サポート】

受験生に限らず、目標を達成したいのに実行できない、やる気が続かないと悩んでいる受験生が多いため、モチアカでは、社会人の目標達成プロセスとして用いられる「PDCAサイクル」を成績アップ・志望校合格への学習プランニング・習慣創りに活用しています。

【定期テストから難関大学受験までをカバーする!完全1対1 オーダーメイドの個別指導!】

モチアカでは「完全1対1の個別指導」で最適な授業スタイルを提供。生徒一人ひとり現状の課題も目指す目標も異なります。だからこそモチアカは完全1対1の個別指導にこだわり、生徒ごとに設計するオーダーメイドカリキュラムに沿って講師が授業を実施。

定期テスト対策はもちろん、最難関大を含めた受験対策にも対応しています。

「これからの入試」に完全対応! 主体性に学ぶ力を育む【モチアカの総合型選抜・推薦入試対策】

総合型選抜・推薦入試対策に強いモチベーションアカデミア!偏差値重視と言われてきた日本の大学入試は、今大きな変化を迎えています。

例えば、「総合型選抜(旧AO入試)」に代表される、従来の筆記型学力試験とは異なる入試の増加。

モチアカでは、この入試の変化に完全対応。総合型選抜や推薦入試対策カリキュラムを充実させています。

【浪人生におすすめ!総合型選抜専門塾】

勉強のやる気が上がる!モチベーションアカデミア

※総合型選抜・オンラインにも対応

※モチアカの学習システムで学び方が身につく

モチベーションアカデミアの公式ホームページ

まとめ:総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介」は参考になりましたでしょうか?

まとめ:総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

まとめ

総合型選抜に合格することは、多くの学生にとって憧れる進学方法ですが、合格できなかった場合には次のステップを考える必要があります。落ちる人の特徴も理解し、それを避けるための対策を立てることが重要です。

【落ちる人の特徴】

・大学の要求を理解不足

合格を目指す大学のアドミッションポリシーや求める学生像を把握していないため、志望校に合った志望理由書や面接対策ができていない。

・志や目標の不明確さ

自身の将来の目標や志が曖昧であり、大学への熱意を十分にアピールできていない。

・対策の欠如

総合型選抜への対策が不十分で、志望校に適切な志望理由書を提出するための準備や面接練習を怠っている。

【対策】

・大学のアドミッションポリシーを理解

合格を目指す大学の特色や要求を詳しく調査し、志望校に合ったアプローチを考えます。

・志や目標を明確化

将来の夢だけでなく、それが社会や大学にどう貢献するかを考え、明確な志を持つことが合格の第一歩です。

・対策の実施

志望理由書の作成、面接練習、模擬試験の受験など、総合型選抜対策を十分に行い、アドミッションプロセスに備えます。

総合型選抜は独自の要求とプロセスを持つため、準備を怠らず、志望校へのアピールを徹底的に考えることが不可欠です。自己分析や情報収集を通じて、志望校への合格への道を切り拓いていきましょう。

総合型選抜とは?おすすめの記事

「小論文の書き方」高校生が知っておきたい5つのポイント(例文あり)

【小論文の書き方】大学入試を突破する書き方のポイントと例文紹介

【必見】総合型選抜の面接14の質問!良い回答例と悪い回答例

【総合型選抜】受かる確率を上げる!受験生なら知っておきたい7つのポイント!

【学校推薦型選抜対策】受かる人・落ちる人の特徴とは?合格の鍵を探る

【必見】総合型選抜・AO入試の志望理由書で高評価を得るための書き方【例文付き】

【現役高校生】総合型選抜で大学に受かる人はみんなやっている総合型選抜対策!

総合型選抜(AO入試)面接のコツ【知らないと損】大学入試面接を攻略

【必見】大学受験:総合型選抜とは?総合型選抜に向いている人!向いてない人

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

評定平均とは?計算方法とは?大学推薦入試で差をつける評定対策をアドバイス

総合型選抜(ao入試対策)いつから始めるべき?最適なスタート時期

【総合型選抜】自己PR文の書き方完全ガイド|必見!例文付きで解説

【総合型選抜】エントリーシートの書き方を例文でポイントを解説!

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

総合型選抜おすすめ塾


ホワイトアカデミー高等部の【料金・評判・特徴】を塾経験者が徹底取材!

総合型選抜専門塾ホワイトアカデミー高等部のメリット・デメリット・合格実績を徹底調査

ルークス志塾の料金はリーズナブル?塾経験者が他塾と料金比較した結果

【ルークス志塾】の評判・口コミ10選!塾経験者が徹底調査

【総合型選抜対策塾】ルークス志塾の合格実績・メリット・デメリットを徹底調査

総合型選抜専門塾AOIの評判・口コミ10選!気になる点を塾経験者が徹底調査

AOI塾の料金を調査!メリット・デメリット|オンライン校の料金は?

【注目】総合型選抜おすすめ塾ランキング!専門家が選んだ11社紹介

小論文対策に自信あり!おすすめ塾9選|総合型選抜対策塾の選び方

総合型選抜塾|おすすめ人気厳選11社|料金・特徴・コースを解説

【総合型選抜に強い塾】塾に行くべき?塾経験者がおすすめする!【総合型選抜対策塾の紹介】

総合型選抜おすすめオンライン塾厳選11社!塾経験者が徹底調査

【浪人生】総合型選抜おすすめオンライン塾10選|推薦入試で志望校に合格

クラウドEnglishの評判・口コミ6選!怪しい?英検対策に効果はあるの?

総合型選抜専門塾【KOSKOS】ってどうなの?口コミ・評判・料金を調査した結果は?

高校2年生から始める総合型選抜対策!おすすめ塾厳選12社!合格への道

予備校オンラインドットコム