BLOG
合格ブログ

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

「※この記事には一部PRが含まれます」

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

今回のお悩みはこちら。

総合型選抜の落ちる確率を知りたい

総合型選抜で落ちる人の特徴を知りたい

総合型選抜対策を知りたい

 

大学選びに悩んでいませんか?

 

今回紹介する「【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格」を読めば、総合型選抜のヒントになるはず。

 

この記事では、総合型選抜で落ちる確率や落ちる人の特徴を具体的に紹介。

 

この記事を読み終わると、総合型選抜で落ちる確率や落ちる人の特徴がわかります。

 

また、記事の後半では、予備校オンラインドットコムおすすめの総合型選抜専門塾も紹介しています。

 

読み終わるとわかること

総合型選抜の概要と特徴

総合型選抜で落ちる確率

総合型選抜で落ちる人の特徴

総合型選抜で受かるための対策

おすすめ!総合型選抜専門塾3つ紹介

総合型選抜合格率94%

小論文専門:翔励学院

推薦入試!難関大学対策なら!

迷わず!翔励学院

合格実績豊富な指導が受けられる!

合格できる小論文の書き方を丁寧に指導

翔励学院の公式ホームページ

Contents

総合型選抜とは?総合型選抜の概要と特徴

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

総合型選抜とは?

総合型選抜(総合的な学力を評価するための選抜方法)は、大学入試の選抜方法の一つで、学生の個性や能力を重視する特徴があります。

 

一般的な学力試験だけではなく、面接や小論文などの対面試験も含まれ、学生の総合的な能力や志望動機を評価するため、学業成績だけでなく、他の要素も合否に影響を与えます。

 

この入試方法は、受験生が高校生活を通じて培った経験や自己表現力、コミュニケーションスキルなどを評価し、大学が多様な学生を受け入れるための手段として利用されます。

 

総合型選抜は、学生一人ひとりの個性や将来への熱意を尊重し、学生と大学とのマッチングを重要視する点で、一般入試とは異なる選抜方式です。

 

この方式を利用することで、大学が多彩なバックグラウンドを持つ学生を受け入れ、教育環境を豊かにし、学生は自身の強みを活かして自己実現する機会が得られます。

 

総合型選抜は大学入試の多様性を高め、個々の学生に合わせた選抜が行われる点で、受験生にとって魅力的な選択肢となっています。

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

参考記事:総合型選抜(AO入試)面接のコツ【知らないと損】大学入試面接を攻略

総合型選抜と一般入試の違いは?

総合型選抜(総合型学力選抜またはAO入試)と一般入試との違いは、大学への入試方法や評価基準に関する点で異なります。

 

以下に主な違いを表にまとめました。

総合型選抜と一般入試の違い総合型選抜一般入試
評価基準の違い学生の個性、総合的な能力、志望動機、学業成績以外の要素(面接、小論文、エントリーシートなど)が重要になります。学生の将来への熱意や社会での貢献意欲も評価の対象です。一般的な学力試験(センター試験や大学独自の試験)のスコアや学業成績が合否の主要な基準となります。志望校の入試内容により試験科目が異なりますが、主に学力を評価します。
入試方法の違い面接や小論文などの対面試験が一般的です。個別の大学によって試験内容が異なりますが、対話や自己表現、論理的思考能力の評価が含まれることが多い。学力試験が主体で、筆記試験の形式が一般的です。試験科目や出題内容は大学によって異なりますが、主に知識やスキルを測定します。
受験時期の違い通常、高校3年生の後半から受験準備を始め、高校卒業後に面接や試験が行われます。大学によって入試スケジュールが異なります。通常、高校卒業後に大学入試センター試験や各大学の一般入試が行われます。受験時期は1月から2月にかけてが一般的です。
合格率の違い合格率が一般入試に比べて高いことがあります。これは、大学が学生の総合的な能力を評価するため、個々の学生に合わせた受験ができるためです。合格率は一般的に低めで、学力試験のスコアが主要な合否基準となります。

総合型選抜と一般入試は、学生の適性や志望校に合わせた選抜方法のため、どちらが優れているとは言えません。

 

選択肢として、自身の能力や志望大学に合わせて適切な入試方法を選ぶことが重要です。

総合型選抜合格率94%

小論文専門:翔励学院

推薦入試!難関大学対策なら!

迷わず!翔励学院

合格実績豊富な指導が受けられる!

合格できる小論文の書き方を丁寧に指導

翔励学院の公式ホームページ

総合型選抜で落ちる確率は?

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

総合型選抜で落ちる確率

総合型選抜(旧AO入試)の合格率や落ちる確率について詳しく説明します。

 

総合型選抜の合格率は、大学によって異なりますが、一般的な数字を示すために2023年度に河合塾が実施した調査データを参考にします。

 

このデータは、学校推薦型と総合型選抜を合わせたものです。

 

国公立大学においては、倍率(受験生の数に対する合格者の数の比率)は約2.5倍となっています。

 

これは、1つの入学枠に対して2.5倍の受験生が競い合う状況を示しています。

 

したがって、国公立大学の総合型選抜の合格率はおおよそ40%程度となります。

 

私立大学においては、倍率は約1.8倍となり、合格率は国公立大学に比べて高く、合格率は約55%程度となります。

 

ただし、私立大学にも難易度や競争率が異なるため、具体的な大学によって合格率にばらつきがあります。

 

難関大学の場合、倍率は3倍から5倍以上になることが多く、合格が難しい状況です。

 

総合型選抜の受験生は、合格を勝ち取るために十分な準備が必要です。

 

落ちる確率を減らすためには、不合格の理由を分析し、志望校に合わせた対策を計画的に行うことが重要。

 

面接や小論文対策、志望動機の整理などが合格に向けた取り組みとなります。

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

参考記事:【必見】大学受験:総合型選抜とは?総合型選抜に向いている人!向いてない人

総合型選抜の合格率は難化傾向?

総合型選抜の合格率については、一般的には難化の傾向があると言えます。

 

ただし、具体的な合格率の変動は大学や学部によって異なり、年度ごとに変動するため、一概にすべての総合型選抜が難化しているわけではありません。

 

【難化の背景】

総合型選抜の合格率が難化する背景には、次のような要因が影響しています。

・大学の競争

一部の大学や学部は名門校とされ、多くの志願者が競合するため、合格率が低くなることがあります。

・受験生の増加

大学進学を希望する受験生の数が増加し、競争が激化することが合格率の難化につながります。

・合格基準の厳化

大学が合格基準を厳しく設定したり、選考方法を改善したりすることで、合格率が低くなることがあります。

・大学ごとの差異

合格率の難化は大学や学部ごとに異なります。一部の大学や学部では合格率が非常に低い一方、他の大学や学部では比較的高いことがあります。これは、大学の特性や評判、競争状況に依存します。

・合格率の変動

合格率は年度ごとに変動するため、特定の年度に難化することもあれば、逆に合格率が上昇することもあります。これは大学の政策や競争状況、志願者数によるものです。

総合型選抜を受験する際には、志望大学や学部の合格率の動向を確認し、適切な対策を考えることが重要。

 

また、受験生は志望校に合わせて幅広い選択肢を検討し、複数の大学に応募することで、合格の可能性が高められます。

【オンライン総合型選抜専門塾】

小論文対策はホワイトアカデミー

なぜなら、

社会人のプロ講師が徹底指導で

現役合格に導きます!

しかも、

合格保証制度あり!

ホワイトアカデミーはこちらから

ホワイトアカデミーの公式HP

参考記事:ホワイトアカデミー高等部の【料金・評判・特徴】を塾経験者が徹底取材!

総合型選抜で落ちる確率が高い人

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

総合型選抜で落ちる原因

総合型選抜で不合格の原因は、各大学の求める学生像であるアドミッションポリシーと合致しないことに起因します。

 

総合型選抜における合格率は、学校や学部によって異なります。

 

一部の人気の高い大学では倍率が10倍以上にも達し、一方で募集定員の多い大学では倍率が低くなる傾向があります。

 

大学によって差異があるものの、総合型選抜において不合格となる確率は依然として高いと言えるでしょう。

 

それでは、具体的にどのような受験生が不合格と評価されるのか、いくつかの実例を挙げてみましょう。

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

参考記事:総合型選抜塾|おすすめ人気厳選11社|料金・特徴・コースを解説

自分の将来像を具体的に描けない人

総合型選抜で不合格になる一因として、自分の将来像を具体的に描けない受験生がいます。

 

これは大学が志望理由や将来の展望を評価する際に重要な要素となります。

 

以下は、自分の将来像を具体的に描けない受験生が不合格につながる理由です。

・志望校への適合度が不明確

大学は志望校への適合度を見極めたいと考えています。受験生が自分の将来の進路や志望校について漠然としか語れない場合、大学側からは志望校への適合度が不明確と見なされる可能性が高まります。

・面接での自己アピールが難しい

面接で自己アピールする際、将来の展望や具体的な目標を持っている受験生は、自分の魅力を伝えやすく、印象が良くなります。一方、将来のビジョンが不透明な場合、自己アピールが難しく、面接での評価が低くなることがあります。

・積極的な学びの姿勢が不足

具体的な将来像を持つことは、自身の進路に向けた計画を立てるきっかけとなります。将来のビジョンが曖昧な場合、受験生が進学に対する積極的な学びの姿勢をアピールできないことがあり、合格に影響を及ぼす可能性があります。

したがって、総合型選抜に受かるためには、自分の将来像を具体的に描き、その志望校や学部にどのように貢献したいかを考え、面接や志望理由書で明確に伝えることが重要。

 

また、進路に関する情報収集や自己調査をして、自信を持って将来のビジョンを述べられるよう努力しましょう。

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

参考記事:【総合型選抜】受かる確率を上げる!受験生なら知っておきたい7つのポイント!

不明瞭な志望理由が招く不合格

不合格の原因の一つは、不明瞭な志望理由です。

 

総合型選抜では、志望理由書や面接において、なぜその大学や学部に入学したいのか、将来のビジョンや目標を具体的に示すことが求められます。

 

不明確な志望理由では、大学は受験生がその大学に本当に適しているかどうかを判断しにくくなります。

 

志望理由が抽象的で一貫性がない場合、面接や書類審査で受験生の意欲や魅力が伝わりにくく、不合格の要因となります。

 

志望理由を明確にし、自身の学びたいことや将来のビジョンを具体的に表現することが、総合型選抜での合格に向けて重要な要素です。

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

参考記事:【必見】総合型選抜・AO入試の志望理由書で高評価を得るための書き方【例文付き】

面接でのコミュニケーション不足

総合型選抜の面接において、コミュニケーション不足は不合格の一因となり得ます。

 

大学は受験生の個性やコミュニケーション能力を評価するため、面接を通じて受験生との対話を重要視する。

 

コミュニケーション不足があると、受験生が自分の考えや魅力を上手に伝えられないため、大学の求める学生像に合致しているかどうかを確認するのが難しくなります。

 

また、面接では自分の視点や経験に基づいた議論や意見交換が求められることもありますが、コミュニケーション不足の場合、十分な対話が難しくなります。

 

そのため、面接に臨む際には積極的にコミュニケーションを取り、自分の考えや意見を適切に表現する練習が重要です。

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

参考記事:【必見】総合型選抜の面接14の質問!良い回答例と悪い回答例

小論文対策の欠如と落ちる確率

総合型選抜において、小論文対策の不足は不合格の要因となり得ます。

 

小論文は大学が受験生の論理的思考力や文章表現力を評価する重要な要素であり、適切な対策が必要。

 

小論文対策が不足している場合、以下のような理由で不合格の確率が高まります、

・論理的思考の不足

小論文は論理的な議論や主張が求められます。対策不足の場合、論理的な構成や説得力のある論証ができないため、評価が低くなります。

・文章表現力の不足

小論文は文章で自分の意見や考えを表現する能力が問われます。文章表現力が乏しいと、伝えたいことがわかりにくく、評価が下がります。

・適切なトピックの選択

選んだトピックやテーマが適切でない場合、小論文が魅力的でなかったり、評価が低くなる可能性があります。

・文章の構成や体裁の乱れ

文章の構成や体裁に問題があると、読みやすさや論理性に欠け、評価が低くなります。

従って、小論文対策を怠らず、適切な指導や練習をすることが合格に向けて重要です。

 

小論文の模擬試験や添削サービスを利用し、自身の文章力や論理的思考力を向上させることが不合格確率の低下につながります。

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

参考記事:小論文対策に自信あり!おすすめ塾9選|総合型選抜対策塾の選び方

一貫性のない出願書類と面接回答

総合型選抜で不合格になる一因として、出願書類と面接回答に一貫性がない場合があります。

 

これは、大学が志望理由や受験生の学びに対する姿勢を評価する際に重要なポイント。

 

以下は、出願書類と面接回答に一貫性がない場合に不合格につながる理由です。

・基本情報の不整合

出願書類と面接で提出する情報に矛盾がある場合、大学は受験生の信頼性に疑念を抱くことがあります。たとえば、履歴書や志望理由書に記載された情報と、面接での回答が食い違う場合、受験生の誠実さや一貫性が問われることがあります。

・志望校への適合度の不明確さ

出願書類で志望校や学部について述べた内容が、面接での回答と一致しない場合、志望校への適合度が不明確とみなされることがあります。大学は志望校への適性を見極めるため、一貫性が求められます。

・自己アピール

面接では自己アピールが重要ですが、出願書類での自己紹介と面接でのアピールが異なる場合、受験生の自己アピールに一貫性がないと感じられるかもしれません。これは印象を損ねる要因となります。

したがって、総合型選抜で合格するためには、出願書類と面接回答に一貫性を持たせることが大切。

 

志望校や学部についての情報や自己アピールを一貫して伝えるために、出願書類をよく吟味し、面接での回答にしっかりと備えましょう。

 

自分の強みや志望校への熱意を一貫して表現することで、受験成功への道が開けるでしょう。

 

参考記事:【現役高校生】総合型選抜で大学に受かる人はみんなやっている総合型選抜対策!

【オンライン総合型選抜専門塾】

小論文対策はホワイトアカデミー

なぜなら、

社会人のプロ講師が徹底指導で

現役合格に導きます!

しかも、

合格保証制度あり!

ホワイトアカデミーはこちらから

ホワイトアカデミーの公式HP

総合型選抜:合格への対策と成功事例

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

総合型選抜で落ちないための対策と注意点

総合型選抜で合格するためには、次の対策と注意点が役立つでしょう。

早めの準備

受験の準備を早めに始めましょう。志望校や学部の情報収集を始め、必要な資料や書類を整理してください。

アドミッションポリシーの理解

各大学のアドミッションポリシーをよく理解し、自分が求められる学生像に合致するような志望校を選びましょう。

志望理由書の練習

志望理由書は非常に重要。自分の魅力や学びたいことを具体的に書き出し、アピールポイントを明確にしましょう。

小論文対策

小論文は論理的な思考力と表現力が求められます。練習を積み重ね、模範解答を分析してスキルを向上させましょう。

アピールポイントの強化

自分の個性や実績をアピールポイントにしましょう。課外活動やボランティアなどで自己成長を示すことが大切です。

面接対策

面接では自己アピールとコミュニケーション能力が評価されます。模擬面接をして、自分の強みをアピールできるようにしましょう。

学力の向上

学力試験も重要な要素です。定期的な勉強と模試を通じて学力を向上させ、受験に自信を持ちましょう。

継続的な努力

受験準備は短期間では難しい。継続的な努力と反省が合格への近道です。

複数の選択肢を持つ

志望校を一つに絞らず、複数の選択肢を持つことで、不合格のリスクを分散させましょう。

マナーと自己PR

面接時のマナーや自己PRに注意し、真摯な態度を示すことが印象を良くします。

これらの対策と注意点を組み合わせて、総合型選抜での合格への道を切り拓いてください。

 

成功するためには計画的な準備と自己アピールが不可欠です。

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

参考記事:【総合型選抜に強い塾】塾に行くべき?塾経験者がおすすめする!【総合型選抜対策塾の紹介】

合格者の成功体験から学ぶ

合格者の成功体験から学ぶ大切なことは、準備、明確な志望理由、自己成長の証拠、面接の準備、学力向上、着実なアクション、そして失敗からの学びです。

 

成功者は計画的な準備と自信を持った自己紹介、具体的な志望理由、実績の証拠、コミュニケーションスキル、学業への努力、行動力、そして失敗からの教訓を活かし、合格につなげます。

 

これらの要素を意識して、自身の大学入試対策に取り入れることが成功への道です。

フルオーダーメイド!総合型選抜専門塾

過去最高の合格率!97.7%!AOI

志望理由書・小論文・英語資格

総合型選抜に完全対応

オンライン対応:AOIの公式ホームページ

AOIについて知りたい方はこちら

参考記事:総合型選抜専門塾AOIの評判・口コミ10選!気になる点を塾経験者が徹底調査

総合型選抜専門塾の役割とメリット

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格専門塾での指導が合格に与える影響

専門塾での指導が合格に与える影響は非常に大きい。

 

以下はその主なポイントです。

・専門知識と経験

専門塾の講師は入試の内容や傾向に精通しており、生徒に対して適切な指導ができます。彼らの経験と知識は、生徒の学習効果を最大化します。

・カスタマイズされた指導

専門塾は生徒一人ひとりのニーズに合わせた指導。生徒のレベルや進捗に応じて、カスタマイズされたカリキュラムや対策が行われます。

・モチベーション維持

専門塾の環境は競争的で刺激的です。他の生徒と切磋琢磨することで、モチベーションを維持し、熱意を持って学習できる環境が整います。

・定期的な模擬試験

専門塾では定期的に模擬試験が行われ、実際の入試に近い状況で対策できます。これにより、実際の試験に対する緊張感を軽減し、自信がつくでしょう。

・アドバイスとフィードバック

専門塾の講師は生徒の進捗を常にモニタリングし、アドバイスとフィードバックが受けられます。これにより、弱点を克服し、強化ポイントを伸ばせます。

・継続的なサポート

専門塾は入試までの期間にわたり、生徒を支え続けます。入試直前までサポートされ、最終的な合格への準備が整います。

 

したがって、専門塾での指導は生徒の合格に大きな影響を与えると言えます。生徒は適切な専門塾を選び、熱心な学習態度を持って取り組むことが成功への近道です。

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

参考記事:総合型選抜おすすめオンライン塾厳選11社!塾経験者が徹底調査

総合型選抜専門塾に行くデメリット

総合型選抜専門塾に行くデメリットも存在します。

 

以下にいくつか挙げてみましょう。

・費用の負担

総合型選抜専門塾は通常、高額な授業料を要求します。これに加えて、教材や模擬試験の費用がかかります。そのため、経済的な負担が生じる可能性があります。

・時間の制約

塾に通うためには定期的な授業が必要です。これにより、学生の日常生活や趣味、アルバイトなどに時間的な制約が生じることがあります。

・塾に通うストレス

塾に通うこと自体がストレスとなることがあります。通学時間や授業内容への圧力、競争相手との競争などがストレスを引き起こす可能性があります。

・自己学習能力の低下

塾に通い続けると、自己学習能力が低下する可能性があります。自分で学習計画を立て、自己管理をする力が育たないことがあるため、将来的な学習に支障をきたすことがあります。

・塾に依存する傾向

塾の指導に過度に依存することがあるため、塾のない状況での学習能力が不足する可能性があります。大学生活や社会人生活において、自己学習能力は非常に重要です。

・塾の質にばらつき

塾の質は様々で、すべての塾が高品質な指導を提供するわけではありません。質の低い塾に通ってしまうと、逆に学習効果が得られないことがあります。

これらのデメリットは、個人の状況や選択肢によって異なります。

 

生徒や保護者は、総合型選抜専門塾に通うことの利点とデメリットをよく検討し、自身の目標と状況に合った選択をする必要があります。

総合型選抜・合格保証付き!ホワイトアカデミー高等部

総合型選抜おすすめオンライン塾厳選11社!塾経験者が徹底調査

ホワイトアカデミー高等部の基本情報

ホワイトアカデミー高等部の基本情報
運営会社Avalon Consulting株式会社
ホワイトアカデミー高等部公式ホームページhttps://whiteacademy-ao.com/
指導形式講師と生徒が1対1のマンツーマン指導
指導内容

・スタンダードコース
・ハイグレードコース
・高校1・2年生コース
・上智大学特化型個別対策コース
・プレジデントコース
・高大接続コーススポットコース

授業料生徒によって授業料は設定。
講師社会人プロ講師
合格実績難関国公立大学、早稲田大学、慶應義塾大学、GMARCH、日東駒専
サポート体制合格保証制度・返金制度、一般入試のサポートもあり
オンライン対応

合格保証付き!ホワイトアカデミーの特徴

合格保証付きの総合型選抜・学校推薦型専門塾

ホワイトアカデミーは他塾にはない志望大学の合格保証を提供。カリキュラムを消化した上で受験した大学に一校も合格しなかった場合は授業料を全額返金。それだけ、授業に自信がある証拠と言えます。

社会人のプロ講師が授業を担当

ホワイトアカデミー高等部は総合型選抜・公募推薦の対策に特化した社会人のプロが講師を務めます。毎回の授業は総合型選抜・公募推薦を知り尽くした講師とマンツーマンなので志望大学の合格に繋がる最高の授業が受けられます。

生徒一人ひとりに対して講師が志望校に合格するためのロードマップを作成

ホワイトアカデミーは一人ひとりの生徒様に対して個別のカリキュラムを作成。初回の授業で現時点でのあなたの実力と志望校の現役合格に必要な実力の差分を明らかにし、その差を受験日までに埋めるためのカリキュラムをゼロから作ります。

予備校オンラインドットコムがおすすめする!公式ホームページからホワイトアカデミー高等部の説明会に参加してみましょう!

 

きっと、現役合格が近づくはずです。

 

参考記事:ホワイトアカデミー高等部の【料金・評判・特徴】を塾経験者が徹底取材!

 

【総合型選抜専門塾】

合格保証と返金制度で万全のサポート体制

※講師は全員社会人のプロ講師!高い合格率!

※総合型選抜・学校推薦型選抜に特化した授業

ホワイトアカデミー高等部の公式ホームページをチェックする!

オンライン対応:総合型選抜専門塾AOI

総合型選抜おすすめオンライン塾厳選11社!塾経験者が徹底調査

総合型選抜専門塾AOIの基本情報

総合型選抜専門塾AOIの基本情報
運営会社株式会社花形
総合型選抜専門塾AOIの公式ホームページhttps://aoaoi.jp/
指導形式個別・少人数の授業体系
指導内容・自己分析
・キャリア
・ロジカルシンキング
・志望理由書
・小論文
・面接
授業料年間39万円〜
講師メンターの約80%が総合型選抜で合格を掴んだ現役の大学生
合格実績合格率97%、関関同立、早慶上智、国公立大学
サポート体制

生徒専用のチャット、自習室使い放題、

メタバース校、渋谷校、大阪校、京都校、西宮北口校の校舎あり

オンライン対応

総合型選抜専門塾AOIの特徴

<AOIの強み>

・一人ひとりに合わせたフルオーダーメイド授業

・150本以上もの総合型選抜対策に特化したAOI独自制作の映像授業と対話形式のドリル、さらにメンター とのコンサル授業で、どこよりもインプットとアウトプットの質が高められる。

・志望理由書、小論文はそれぞれ100ページを超える独自で制作したガイドブック。

・生徒に寄り添い続ける総合型選抜合格者のメンター(講師)

・壁がなく暖色照明の中あかるく開放的な塾っぽくない教室が総合型選抜に最適な学習環境

フルオーダーメイド授業

総合型選抜で重要な「志望理由」は、生徒それぞれ異なります。

 

そのため、一人ひとりの生徒に向き合い、個人の進捗に合わせた安心のフルオーダーメイド授業を採用。書類添削や映像授業の補足、併願校戦略なども行います。

メタバース校は全国どこからでもオンライン受講可能

メタバース校ではビデオ通話を用いて、リアルタイムでの志望理由書や小論文の添削、面接練習などの授業を1対1の形式で行います。

 

オンライン上の授業にご不安を感じられる方は多くいらっしゃいますが、毎年の合格率は現地校舎と同等のため、オンラインでも質の高い授業の受講が可能です!

メンター&校舎の雰囲気

合格の鍵となる「将来の夢」を見つけられるよう、生徒に本気で向き合い寄り添う「メンター」があなたをサポート。

 

また、校舎も総合型選抜に特化した仕様で、生徒の好奇心・自走力・学問意欲を高められるよう、仕切りのない開放的で自由に学べる環境を提供しています。

 

総合型選抜専門塾AOIが気になる方は、公式ホームページをチェックしましょう。

 

参考記事:総合型選抜専門塾AOIの評判・口コミ10選!気になる点を塾経験者が徹底調査

【総合型選抜専門塾】

総合型選抜専門塾!合格率97%のAOI

※諦めていた憧れの大学に合格できる!

※AOIで一緒に夢と合格を勝ち取ろう!

総合型選抜専門塾AOIについて詳しく知りたい方

フルオーダーメイド!総合型選抜専門塾

過去最高の合格率!97.7%!AOI

志望理由書・小論文・英語資格

総合型選抜に完全対応

オンライン対応:AOIの公式ホームページ

AOIについて知りたい方はこちら

やる気が上がる!総合型選抜対策!モチベーションアカデミア

(モチベーションアカデミア:公式ホームページ)

【モチベーションアカデミアの基本情報】

モチベーションアカデミアの基本情報
モチベーションアカデミアの公式ホームページhttps://m-academia-s.com/
対象学年中学生・高校生・浪人生
指導教科主要5教科
指導形式完全1対1の個別指導
授業料生徒一人ひとりにカリキュラムが違うため、お問い合わせ願います。
講師厳しい採用基準を満たしたプロ講師
使用端末・アプリパソコン・タブレット・スマホ
サポート体制自習室完備、オンライン対応
無料体験実施中

総合型選抜対策【モチベーションアカデミア】の特徴

モチベーションアカデミアは、

 

・文部科学省が提唱する「生きる力」
・経済産業省が公表する「社会人基礎力」
・そして個人の「モチベーション向上」

 

を社会人教育に取り入れたパイオニア、(株)リンクアンドモチベーション(東証一部)が設立した、中高生向けの進学塾です。

【PDCA学習サポート】

受験生に限らず、目標を達成したいのに実行できない、やる気が続かないと悩んでいる受験生が多いため、モチアカでは、社会人の目標達成プロセスとして用いられる「PDCAサイクル」を成績アップ・志望校合格への学習プランニング・習慣創りに活用しています。

【定期テストから難関大学受験までをカバーする!完全1対1 オーダーメイドの個別指導!】

モチアカでは「完全1対1の個別指導」で最適な授業スタイルを提供。生徒一人ひとり現状の課題も目指す目標も異なります。だからこそモチアカは完全1対1の個別指導にこだわり、生徒ごとに設計するオーダーメイドカリキュラムに沿って講師が授業を実施。

定期テスト対策はもちろん、最難関大を含めた受験対策にも対応しています。

「これからの入試」に完全対応! 主体性に学ぶ力を育む【モチアカの総合型選抜・推薦入試対策】

総合型選抜・推薦入試対策に強いモチベーションアカデミア!偏差値重視と言われてきた日本の大学入試は、今大きな変化を迎えています。

例えば、「総合型選抜(旧AO入試)」に代表される、従来の筆記型学力試験とは異なる入試の増加。

モチアカでは、この入試の変化に完全対応。総合型選抜や推薦入試対策カリキュラムを充実させています。

【浪人生におすすめ!総合型選抜専門塾】

勉強のやる気が上がる!モチベーションアカデミア

※総合型選抜・オンラインにも対応

※モチアカの学習システムで学び方が身につく

モチベーションアカデミアの公式ホームページ

 

参考記事:モチベーションアカデミア【モチアカ】を塾経験者が評判・口コミ・料金・合格実績を徹底的に調査!

まとめ:【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

今回紹介した「【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格」は、参考になりましたか?

まとめ:【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

 

まとめ

総合型選抜(旧AO入試)は、大学受験の中でも合格難易度が高いとされています。その背後にはいくつかの理由があります。

競争率の高さ

人気大学や学部の総合型選抜の倍率は非常に高く、志願者数に対して合格者数が限られています。これにより、多くの受験生が競争し、不合格となる確率が高まります。

総合的な評価

総合型選抜は学生の個性や能力を多角的に評価するため、学業成績だけではなく、面接や志望理由書、小論文が大きなウェイトを占めます。これらの評価ポイントが揃わない場合、不合格となることがあります。

志望理由の重要性

大学が志望理由を重要視するため、不明瞭な志望理由や自己分析が不十分な場合、不合格につながります。大学に合った説得力のある志望理由を示すことが求められます。

適切な対策の不足

総合型選抜は独自の試験スタイルであり、適切な対策をしないと不利です。面接練習や小論文のトレーニング、志望理由の練り込みが必要です。

突破の秘策としては、次の点に注意が必要です:

徹底的な準備

面接や小論文の対策を早めから始めましょう。模擬面接や模擬試験を受けることで自己分析を深め、強力な志望理由を作成します。

アドミッションポリシーの理解

各大学のアドミッションポリシーを理解し、自分の強みと合致する大学を選びましょう。

独自性のアピール

自己表現や個性を大切にし、他の受験生と差別化することが大切です。自分のストーリーを明確にし、大学にアピールしましょう。

総合型選抜専門塾の活用

専門塾の指導やアドバイスを受けることで、合格に近づけます。

総合型選抜の合格にはコツが必要ですが、適切な対策と準備をすることで、自分の夢の大学に合格するチャンスが高まるでしょう。

総合型選抜とは?おすすめの記事

「小論文の書き方」高校生が知っておきたい5つのポイント(例文あり)

【小論文の書き方】大学入試を突破する書き方のポイントと例文紹介

【必見】総合型選抜の面接14の質問!良い回答例と悪い回答例

【総合型選抜】受かる確率を上げる!受験生なら知っておきたい7つのポイント!

【学校推薦型選抜対策】受かる人・落ちる人の特徴とは?合格の鍵を探る

【必見】総合型選抜・AO入試の志望理由書で高評価を得るための書き方【例文付き】

【現役高校生】総合型選抜で大学に受かる人はみんなやっている総合型選抜対策!

総合型選抜(AO入試)面接のコツ【知らないと損】大学入試面接を攻略

【必見】大学受験:総合型選抜とは?総合型選抜に向いている人!向いてない人

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

評定平均とは?計算方法とは?大学推薦入試で差をつける評定対策をアドバイス

総合型選抜(ao入試対策)いつから始めるべき?最適なスタート時期

【総合型選抜】自己PR文の書き方完全ガイド|必見!例文付きで解説

【総合型選抜】エントリーシートの書き方を例文でポイントを解説!

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

総合型選抜おすすめ塾


ホワイトアカデミー高等部の【料金・評判・特徴】を塾経験者が徹底取材!

総合型選抜専門塾ホワイトアカデミー高等部のメリット・デメリット・合格実績を徹底調査

ルークス志塾の料金はリーズナブル?塾経験者が他塾と料金比較した結果

【ルークス志塾】の評判・口コミ10選!塾経験者が徹底調査

【総合型選抜対策塾】ルークス志塾の合格実績・メリット・デメリットを徹底調査

総合型選抜専門塾AOIの評判・口コミ10選!気になる点を塾経験者が徹底調査

AOI塾の料金を調査!メリット・デメリット|オンライン校の料金は?

【注目】総合型選抜おすすめ塾ランキング!専門家が選んだ11社紹介

小論文対策に自信あり!おすすめ塾9選|総合型選抜対策塾の選び方

総合型選抜塾|おすすめ人気厳選11社|料金・特徴・コースを解説

【総合型選抜に強い塾】塾に行くべき?塾経験者がおすすめする!【総合型選抜対策塾の紹介】

総合型選抜おすすめオンライン塾厳選11社!塾経験者が徹底調査

【浪人生】総合型選抜おすすめオンライン塾10選|推薦入試で志望校に合格

クラウドEnglishの評判・口コミ6選!怪しい?英検対策に効果はあるの?

総合型選抜専門塾【KOSKOS】ってどうなの?口コミ・評判・料金を調査した結果は?

高校2年生から始める総合型選抜対策!おすすめ塾厳選12社!合格への道

予備校オンラインドットコム