BLOG
合格ブログ

受験1ヶ月前の勉強法を東大・早大の講師に聞いてみた!

受験1ヶ月前の勉強法を東大・早大の講師に聞いてみた!

泣いても笑ってもここからがラストスパートです。最後の力を振り絞って合格を目指しましょう!

残り僅かですが、こんな方はいませんか?

・勉強が手につかない

・ライバルが気になる

・集中できない 

・何をしていいのかわからない

 

こういった受験生のために、東大生と早大生の大学生から受験、1ヶ月前の勉強法について聞いてみました。

 

受験に成功した先輩の体験談です。参考にしてみて下さい。

 

この記事を読めば、たぶん、5分後には

・勇気が湧く 

 

・やることが明確になる 

 

・時間を有効に使える

 

こんな気持ちになっていただけると幸いです。

受験1ヶ月前の勉強法(東大生編)

受験1ヶ月前の勉強法を東大・早大の講師に聞いてみた!

まずは、現役で東大に合格した学生に話を聞いてみました。

 

とにかく勉強時間が長くて、目標に向かう底力を感じました。

1ヶ月前の勉強時間

共通テストの1ヶ月前の勉強時間は、朝の8時から夜の11時まで行い、途中の休憩や昼食・夕食を除いて約12時間行っていました。

 

家には自分の部屋がなかったので勉強はもっぱら家のリビングで行いました。

 

リビング学習だったので家族にはちょっと迷惑をかけたかもしれません。

 

新型コロナウィルスの影響で外出ができなかったので逆に家で集中して勉強ができました。

受験前の生活リズム

毎日の勉強のリズムは、朝は、6時半頃に起床して朝食を取り、勉強は8時からスタートしました。

 

夜は12時前には必ず寝ていました。

 

46時中、家に閉じこもってひたすら勉強していたので、家から出ない日が続き、運動不足を心配しましたがそれでも家から1歩も出ることはありませんでした。

 

なので、生活のリズムは勉強を中心に安定していました。

受験前の勉強内容

受験の1ヶ月前は東大の過去問を解くことで1日が終わっていました。

 

東大の入試傾向を把握するために25年間分の過去問を手に入れて、25年間分の過去問をすべて解きました。

 

12時頃に昼食、その後、午後の勉強をスタート、午後からも過去問をひたすら解きました。

 

過去問を解くにあたり、注意したのは時間配分に気をつけるのと間違えた問題の見直しです。

 

解けない問題は必ず解けるまで繰り返し行いました。

 

過去問を解くのに飽きてきたら、暗記系の勉強をしていました。

 

暗記系の勉強は夜やったほうが効率が良い感じがしていました。

ストレス発散・モチベーションアップ

集中力が欠けたときは、ニュースやワイドショーを見て気分転換をしていました。

 

この時期、スマホ時間はゼロ、友達とのラインもゼロでした。

 

試験が終われば遊べると思ってとにかく受験まで頑張りました。

あわせて読みたい
参考記事:東大生が高校時代に使っていたノート公開 数学1B 2B編
参考記事:受験の本番で緊張しても実力を発揮するためのメンタルサポート
参考記事:受験前のメンタルサポートを直伝します。これで本番も安心!

受験1ヶ月前の勉強法(早大生編)

受験1ヶ月前の勉強法を東大・早大の講師に聞いてみた!

つづいて、早稲田大学の学生に受験1ヶ月前の勉強法について聞いてみました。

 

勉強の計画に基づいて勉強する力は流石だなと感じました。

受験前の勉強時間

試験の本番前1ヶ月前の勉強時間は、約10時間です。 

 

平日も休日も同じ時間の勉強時間をキープしていました。

 

この勉強時間を受験1年前の高校2年生の冬から習慣としてやってきていたので、毎日、10時間勉強することはあまり苦になりませんでした。

 

毎日、10時間勉強をしていても受験に対しては不安になりましたが自分を信じて、大学合格をイメージして勉強に挑みました。

受験前の1日のリズム

生活のリズムは、学校も塾もなかったので、朝は8時に起床して、9時から自宅の勉強部屋で勉強を開始しました。

 

夜は12時には就寝して、睡眠時間は常に8時間を確保していました。午前中は英語の勉強を中心に行いました。

 

毎日、同じリズムで勉強をしていたので時間が経過するのが早く感じました。

受験前の勉強の内容

勉強の内容は、早稲田大学の過去問10年分を手に入れて、ひたすら問題を解くことに集中しました。

 

特に注意した点は、常に時計を手元に置き、本番の入試を想定して時間配分に気にしながら過去問を解きました。

 

この時期になると勉強時間のほとんどを過去問に費やしていました。

 

また、第一志望の大学の過去問は当然ですが第二・第三志望の過去問も徹底的に行い、併願校の対策をすることで実力が身につくと信じて過去問を解いていました。

 

過去問以外では、英語が得意科目だったので長所を伸ばすために英語を重点的に勉強を行いました。

 

単語は単語王2200文法はヴィンテージを擦り切れるくらい勉強しました。

 

受験の前も特に不安になることはなく自分が立てた計画を実行することだけを考えていました。

ストレス発散・モチベーションアップ

ストレス発散は特にありませんでした。

 

唯一の楽しみは勉強の合間に行くラーメン屋さんでした。

あわせて読みたい
参考記事:タイムラプス勉強方法とは?高校生の間で流行中?効率的な勉強法の紹介
参考記事:大学受験のための参考書を買いすぎないためのポイントをアドバイス

まとめ:受験1ヶ月前の勉強法を東大・早大の講師に聞いてみた!

受験1ヶ月前の勉強法を東大・早大の講師に聞いてみた!

以上、本記事は、東大生と早大生の学生に受験前に行っていた勉強方法や学習の習慣について記事にしてみました。

 

この記事を読んでいただきありがとうございます。

・残り1ヶ月頑張るぞー

・やることが明確になった

・勉強の意欲が湧いてきた

 

こんなふうになってくれた受験生がいれば幸いです。

 

これからも受験生を応援するメーッセージを発信していきます。

受験勉強に必要なもの

受験前に受験生の取り組みとして必要なものは、二人の共通点からすると、

 

自学自習ができる強い意志と勉強の習慣化が身についていたことと自分を信じて過去問をひたすら解く

 

二人の学生と話しをして、志望大学に合格するためには、特別なテクニックやスキルが必要ではなく、やることをやり通す力が一番大事だなと感じました。

あわせて読みたい
参考記事:【大東亜帝国対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について徹底解説!
参考記事:これから古文の勉強を始めるための勉強法と参考書を3冊紹介

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、受験1ヶ月前の勉強法を東大・早大の講師に聞いてみた!は参考にななればうれしく思います。