BLOG
合格ブログ

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

「※この記事には一部PRが含まれます」

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

今回のお悩みはこちら。

大学受験が不安

大学受験の不安を解消する方法を知りたい

メンタルが落ち着く具体的な対策を知りたい

 

今回の記事の担当は、受験メンタルトレーナー資格を持ったスタッフです。

 

受験生のメンタルの疲れって気になりますよね?

 

今回紹介する「【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る」を読めば、受験直前の不安がなくなります。

 

なぜなら、受験メンタルトレーナーが生徒に指導していたアドバイスだからです。

 

この記事では、受験生のメンタルの疲れを軽減する具体的な方法を紹介。

 

記事を読み終わると、受験生のメンタルの疲れを軽減する方法がわかります。

 

読み終わるとわかること

受験生のメンタルがつかれる原因

受験直前のメンタルサポート

受験生をメンタルサポート

強いメンタルを作る

【ビリギャルでお馴染み!】

受験生のメンタルケアに定評

坪田塾オンライン個別指導

成績が上がる理由がわかる!

無料説明会開催中

学年ビリから難関大学に合格できる

坪田塾オンライン個別指導について

詳しく知りたい方はこちらから

参考記事:【坪田塾】オンライン個別指導を塾経験者が徹底解説!口コミ・評判を調査!

Contents

受験生はメンタルが疲れやすい

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

受験生がメンタル的に疲れる理由は多岐にわたりますが、その主な理由と解決法を以下に示します。

【理由】

・受験プレッシャー:受験に関する期待やプレッシャーが高まり、ストレスを引き起こすことがあります。

・長時間の勉強:長時間の勉強や試験勉強が続くことで、身体的・精神的な疲労が蓄積されます。

・睡眠不足:勉強や受験準備に追われるあまり、十分な睡眠をとれないことがあります。

・孤独感:受験生はしばしば孤独感を感じ、友達や家族との交流が減少します。

【解決法】

・計画的なスケジュール:スケジュールを立てて勉強時間とリラックス時間をバランスよく取ることが大切です。計画的な進学指導を受けることも役立ちます。

・ストレス管理:ストレスを軽減する方法を見つけましょう。運動、瞑想、深呼吸などが効果的です。

・睡眠:十分な睡眠を確保し、体と心を休めましょう。睡眠不足は集中力や判断力を低下させます。

・サポートを受ける:友達や家族と話すことで孤独感を軽減し、感情を共有しましょう。また、心理カウンセリングや学習支援を受けることも有効です。

・自己ケア:自分自身を大切にし、趣味や興味を持つことでストレスを解消しましょう。健康的な食事と運動も重要です。

・目標の見直し:受験の目標や動機を再評価し、本当に自分が望む進路を考えることが大切です。自己満足と幸福を優先しましょう。

受験に関する情報収集: 受験に関する情報を正確かつ冷静に収集し、不安や誤った情報に惑わされないようにしましょう。

受験生のメンタルの健康を保つためには、バランスの取れたアプローチが大切です。

 

自分自身の状態を理解し、適切なサポートを受けることが、受験期のストレスを軽減するのに役立ちます。

【おすすめ塾】

ビリギャルで有名な個別指導「坪田塾」

オンラインで全国各地の受験生を応援!

アウトプット中心の授業で

逆転合格できる!坪田塾

メンタル面も充実のサポート

坪田塾について詳しく知りたい方

坪田塾の公式HP

参考記事:【坪田塾は最悪って本当?】坪田塾の評判を塾経験者が調査してわかったこと

受験生のメンタルが疲れる主な原因3つと解決法

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

受験生のメンタルが疲れる原因:勉強のプレッシャー

受験生のメンタルが疲れる主な原因の一つは、勉強に伴うプレッシャーです。

 

このプレッシャーは以下のような要因から生じます。

 

・合格への期待

受験生は自分や周囲から合格への期待を感じます。これが過度に高まると、合格しなければならないという圧力が生まれ、ストレスとなります。

 

・競争意識

受験は競争が激しい場であり、他の受験生との比較から競争意識が高まり、不安感を引き起こします。

 

・スケジュール管理の難しさ

受験勉強は計画的なスケジュールが必要ですが、そのスケジュールを適切に立てることが難しく、時間管理に苦労することがプレッシャーとなります。

 

・模試や試験結果への不安

模試や実際の試験の結果が合格に影響を与えるという不安が、受験生にプレッシャーをかけます。

 

・周囲からの期待とアドバイス

友達や家族からの期待やアドバイスも、受験生に対するプレッシャーを高める要因です。

 

これらのプレッシャーが受験生のメンタルを疲弊させ、不安やストレスを引き起こす原因となります。

 

勉強のプレッシャーを軽減する方法は、具体的な目標と計画を立て、適切な休憩と睡眠を確保し、自己ケアに注意すること。

 

目標を明確にし、計画的に進めることで焦りや不安が減ります。

 

スケジュールを調整し、体調管理を怠らないことも大切。

 

また、自分に合った勉強方法を見つけ、ストレスの原因を特定して対処することで、プレッシャーを軽減し、効果的な学習が可能になります。

 

自分のペースで進め、健康的な生活習慣を保つことが大切です。

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

参考記事:勉強計画を立ててくれる塾おすすめ13選!コーチング塾は効果あるの?大学受験生必見

受験生のメンタルが疲れる原因:時間がない

受験生のメンタルが疲れる原因の一つは、「時間がない」という感覚です。

 

受験勉強は多くの科目の対策が必要なため、勉強計画の立て直しや過密スケジュールがストレスを生みます。

 

この感覚は、学業だけでなく、趣味やリラックスの時間を奪うことからもストレスが蓄積しやすくなります。

 

解決法としては、まず計画を立てる際に余裕をもつことが大切。

 

合理的なスケジュールで、十分な休息やリフレッシュの時間を確保しましょう。

 

また、効果的な時間の使い方や集中力の向上に努め、無駄な時間を減らすことも重要です。時間管理スキルを磨き、自分のペースを守ることで、時間に追われるストレスを軽減できます。

 

最も重要なのは、規則的な休息や運動、良い睡眠を確保し、心身の健康を保つこと。

 

時間に追われる中でも、メンタルの疲れを軽減し、受験生活を乗り越えていく力をつけることが大切です。

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

参考記事:大学受験の高校生をメンタルの面からサポートする塾です!

受験生のメンタルが疲れる原因:親からのプレッシャー

受験生のメンタルが疲れる原因として、親からのプレッシャーです。

 

親が期待や要求を強く示し、成績や進学先に対する期待を高めることは、受験生にとって大きなストレスとなります。

 

このプレッシャーは、自己評価を低下させ、不安感や過度な緊張を引き起こすことがあります。

 

解決法としては、親と受験生のコミュニケーションが非常に重要です。

 

親は受験生の目標や希望を尊重し、受験に対するサポートと理解を示すことが大切。

 

受験生は自己評価を高め、自信を持つためにポジティブな環境が必要です。

 

また、親自身も受験に対するプレッシャーを感じますが、それを受験生には伝えず、冷静で支持的な姿勢を保つことが大切。

 

親子間での信頼関係とコミュニケーションが築かれることで、受験生は精神的に安定し、メンタルの疲れを軽減できるでしょう。

【おすすめオンライン塾】

パーソナルトレーナーがサポート!

コーチング・学習管理塾【STRUX】

毎日の計画があるから、

「あとは、勉強するだけ」

勉強法に迷わない!

STRUXについて詳しく知りたい方

【STRUX】の公式ホームページ

参考記事:【学習管理塾】STRUXはおすすめ?評判・料金・特徴を塾経験者が取材してわかったこと

受験に疲れた時のサインを見逃さない

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

受験で疲れた時のサイン

受験に疲れたときの兆しは個人によって異なりますが、以下のような兆候が現れます。

 

・疲労感と体の不調

頭痛、肩こり、胃の不調、寝不足など、体調が優れないことがあります。

 

・過度なストレスと不安

受験に対する不安やプレッシャーが増し、心身にストレスがたまります。

 

・勉強へのモチベーション低下

勉強へのやる気が低下し、学習への興味が失せることがあります。

 

・集中力の低下

勉強や試験対策に集中できなくなり、効率が悪くなることがあります。

 

・気分の変化

不機嫌、イライラ、抑うつ感、涙もろさなど、気分の変化が見られることがあります。

 

・睡眠障害

受験に対する不安から、寝つきが悪くなったり、夜中に目が覚めたりすることがあります。

 

これらの兆候が現れた場合、適切な休息とリラックスが必要です。

 

また、家族や友人と話すことや、ストレス解消法を実践することが助けになります。

 

必要であれば、カウンセリングや専門家の支援を受けることも検討しましょう。

 

受験生活においては、メンタルケアが非常に重要です。

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

参考記事:受験でメンタルが崩壊しそう!受験メンタルトレナーがアドバイス!

受験でメンタルが疲れた時の解決方法

受験でメンタルが疲れたと感じた時、以下の方法を試してみることでリフレッシュし、メンタルが回復します。

 

・休息と睡眠

十分な睡眠を確保し、体を休めましょう。不足した睡眠を取り戻すことで、体力と気力が回復します。

 

・リラックス法

ヨガ、瞑想、深呼吸、プログレッシブ・マッスル・リラクセーションなど、リラックス法を実践してストレスを解消しましょう。

 

・趣味や趣向の活動

好きな趣味やアクティビティに時間を割いて、楽しいことに集中しましょう。これにより気分がリフレッシュします。

 

・適度な運動

軽い運動や散歩することで、体力の回復とストレスの軽減に役立ちます。

 

・自己ケア

良い食事を摂り、体に必要な栄養を補給しましょう。また、身だしなみや健康に気を使うことも大切です。

 

・人との交流

友人や家族とのコミュニケーションを楽しんで、感情やストレスを共有しましょう。支え合うことが心を元気にします。

 

・タイムマネジメント

スケジュールを見直し、効率的な学習と休息のバランスを取りましょう。長時間の勉強よりも質の高い勉強が大切です。

 

・心の声を聴く

自分の感情や不安に耳を傾け、感じたことを日記に書くなどして整理しましょう。

 

・専門家の支援

必要であれば、カウンセラーやメンタルヘルスの専門家の協力を受けることを検討しましょう。

 

受験期間はストレスの多い時期ですが、自己ケアやリラックスを心がけることで、メンタルの疲れを軽減し、より健康的な受験生活が送れます。

【おすすめオンライン塾】

パーソナルトレーナーがサポート!

コーチング・学習管理塾【STRUX】

毎日の計画があるから、

「あとは、勉強するだけ」

勉強法に迷わない!

STRUXについて詳しく知りたい方

【STRUX】の公式ホームページ

参考記事:STRUXの料金を他のコーチング塾と徹底比較!料金は高いのか?安いのか?

疲れたメンタルを回復させる方法

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

焦りの気持ちを最後の底力に変えるために【受験生のメンタル】

受験本番が近づくと、不安やストレスが積み重なり、勉強に集中しにくくなることがあります。

 

この段階で完璧な準備を整えている受験生はほとんどいないでしょう。

 

むしろ、時間が不足していると感じ、焦りを感じている受験生が多いかもしれません。

 

しかし、この限られた時間を有効に活用し、メンタルを整える方法や試験当日のプレッシャーに強く立ち向かう方法を知っていれば、受験本番もストレスなく挑めます。

 

受験まで残りわずかな時間を最大限に活かすためのアドバイスをご紹介します。

 

受験勉強の息抜きとして、ぜひ参考にしてみてください。

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

参考記事:大学受験勉強をやめたいと思った時にちょっとだけ読んでほしい記事

気持ちが落ち着く呼吸法【受験生のメンタル】

受験生の心の不安が大きくなって、体調を崩しやすいのが本番の1か月前くらい。

 

理由は、不安が大きくなるのは、受験に真剣に取り組んでいる証拠だからです。

 

不安やストレスを感じているときは、呼吸が浅く早くなり、逆にリラックスしていえるときは、深くゆっくりとした呼吸になります。

 

このことを利用し、意識して呼吸を深くゆっくりしていくことで、心と体を安定した状態に切り替えられます。

 

受験会場に向かうときや、受験開始直前に、この呼吸法を覚えておくと、本番で実力が発揮できる状態に、切り替えられるでしょう。

 

気持ちが落ち着くので試してみてください。

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

参考記事:【大学受験失敗】でも、人生は終わらない!原因分析と6つの選択肢を紹介!

気持ちが落ち着く魔法の呼吸法その2【受験生のメンタル】

もう一つ、気持ちが落ち着く呼吸法を紹介します。

 

テストの休み時間やイライラしている時にやってみてください。

1.息を細く長く口から吐いていく。このとき、頭の中で「1,2,3,4,5,6,7」とカウントしながら、息をゆっくりと吐きだす。5秒から7秒で息を吐き切る。


2.息を吐き切ったら、鼻からゆっくりと息を吸い込む。


3.これを3回繰り替えす。

簡単に誰にでもできる呼吸法なので、覚えておくと本番でストレスなく、試験に挑めるはずです。

【受験でストレスを感じたら】リラックスできる方法を知っておく

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

【受験でストレスを感じたら】体の緊張を緩めて、心の緊張をほぐす

受験においてストレスを感じる瞬間、それを克服するためには体の緊張を解きほぐし、心の緊張を和らげることが重要です。

 

まず、リラックスしましょう。

 

緊張や不安を感じると、体は自然と硬直してしまいます。

 

一方、安心感を感じると体はリラックスモードに切り替わります。

 

このことを活かして、緊張した状況でも意識的にリラックスする方法を身につけておくことが、受験本番においてもリラックスした状態で臨む鍵となります。

 

不安やストレスが湧いてきたと感じたとき、体と心のリラックス方法を練習して、落ち着きを取り戻す習慣を身につけましょう。

 

これにより、受験のプレッシャーに対してもより冷静に対処できるでしょう。

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

参考記事:【必見】高校中退から大学受験で合格する4つの方法【成功するための秘訣】

【受験でストレスを感じたら】心身をリラックスさせる方法

1.椅子に座って足を伸ばして、つま先に意識を向け、つま先を感じて少し動かし、つま先の力を抜いてつま先に重さを感じる。

2.足首、ひざ、太ももの力を抜いて緩める。次にお腹の筋肉、胸の筋肉を緩める。

3.つぎに、肩の力を抜いて緩める。首とあごの筋肉を緩める。

4.最後に体全体のすべての筋肉を緩める。

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

参考記事:勉強のやる気が出ない受験生へ|勉強のやる気を上げる12の対策で大学受験を突破!

【受験でストレスを感じたら】疲れた時にリラックスする方法

受験勉強が忙しいと、湯船につからずに、シャワーだけで済ませてしまう人も多いのが現実。

 

しかし、バスタブにお湯をはってゆっくりと入浴すると、血行やリンパの流れが良くなり、リラックスできます。

 

また、普段机に向かって長時間勉強していると目が疲れて脳も疲れます。

 

そのため、お風呂に入るときは、照明を落として時間をかけてゆっくり入浴すると、それだけで疲れが取れるでしょう。

 

温めのお湯で長時間入浴するのがおすすめです。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」

東進は現役合格実績No.1の大学受験予備校

圧倒的No.1、日本一の【現役合格実績】

資料請求はスマホで1分!

無理な営業も一切なし!

近くの東進を検索してみよう!

東進の公式ホームページをチェック!

参考記事:【東進ハイスクール・東進衛星予備校】評判・口コミ10選!高校生におすすめ?【塾経験者が徹底調査】

タイムプレッシャーに強いメンタルをつくる

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

メンタルが強くなる5つのポイント

試験前までに事前に準備しておけば、受験当日までメンタルが不安定になることはありません。

 

以下を参考にして試してみてください。

【受験のメンタルを鍛える】受験前までにやる勉強をすべてピックアップ

受験前までにやる勉強をすべてピックアップして、箇条書きにして書き出す。

 

次に受験前までに、やった勉強を塗りつぶしてください。

 

すべてが塗りつぶされたならば、自信につながるはず。

 

そうすると、試験本番でのタイムプレッシャーのストレスが押さえられます。

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

参考記事:【大学受験】親ができること7つ!子どもがやって欲しいこと!受験期の親の関わり方

【受験のメンタルを鍛える】タイムプレッシャーに打ち勝つ

1.受験までにやらなければ習い勉強のピックアップ

例)英語:英語長文読解問題、英文法問題、過去問題

2.勉強するリストに優先順位をつける

例)1.過去問題 2.英語長文読解問題 3.英文法

3.優先順位を見ながら、残り一か月で何をいつやるのかを決める。

例)英語構文の確認を毎日20個確認する。英語長文読解を1日1問やる。

4.取り組む際にはストップウォッチを用意し、時間を計測しながら進める。

例)英語長文読解1問解くのに20分かかった。

5.慣れてきたら、難問を何分でやるかを決めて取り組む。

例)英語長文読解を1問15分で解く。

参考記事:MARCH対策【塾・予備校】おすすめ塾の紹介!合格を勝ち取る最短ルート!

参考記事:理系学部におすすめ!塾・予備校ランキング厳選23社!理系大学を目指すならこの塾!

受験で疲れない方法を知っておく

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

受験で疲れをためない

受験期に疲れにくくするためには、規則正しい生活を送ることが大切です。

 

以下はその方法です。

 

・睡眠をしっかりとる

十分な睡眠は体や脳をリフレッシュし、疲労を軽減します。毎晩一定の時間に寝るよう心がけましょう。

 

・バランスの取れた食事

栄養バランスの取れた食事を摂ることで、体力や集中力を維持できます。特に試験前は栄養を意識して摂り入れましょう。

 

・適度な運動

適度な運動はストレスを解消し、体力をつけます。ウォーキングやストレッチなど軽い運動を日常的に行うと効果的です。

 

・休憩を取る

長時間の勉強や受験勉強だけに集中せず、休憩を取ることが大切です。疲れたら10分程度の休憩を挟んでリフレッシュしましょう。

 

・ストレス発散

ストレスは溜め込まず、適切な方法で発散させることが必要です。趣味や友達との交流、リラックスした時間を持つことでストレスを軽減できます。

 

・目標と進捗管理

目標を設定し、進捗を管理することで焦りを減らし、計画的に勉強できます。

 

・ポジティブな考え方

ネガティブな考えや不安をポジティブに転換しましょう。成功体験を思い出すことで自信が持てます。

 

・サポートを受ける

友達や家族と話すことで気持ちを共有し、助けを求めることも大切です。プロのカウンセラーや教育機関のサポートも利用しましょう。

 

これらの方法を実践することで、受験期に疲れを最小限に抑え、健康的に受験に挑めます!

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

参考記事:オンラインコーチング塾おすすめ15選|入会金・料金を調査【大学受験対応】

正しい姿勢で勉強する

受験生が疲れをためないために大切なのは、正しい姿勢で勉強すること。

 

正しい姿勢を保つことで、体にかかる負担を軽減し、長時間の勉強でも効率的に学習できます。

 

まず、正しい座り方や机の高さを確保しましょう。

 

椅子に座る際には背中をまっすぐにし、足を床にしっかりつけます。

 

デスクワークに適した椅子やデスクを使うことも重要。

 

モニターや教科書は目の高さに調整し、首や肩への負担を軽減します。

 

定期的に体を休めることも忘れずにしましょう。

 

長時間の座りっぱなしは筋肉をこわばらせ、疲労を引き起こすことも。

 

1時間に1回は立ち上がり、ストレッチや軽い運動を行います。

 

これにより血行が良くなり、頭もすっきりとします。

 

さらに、適切な照明を確保しましょう。

 

暗すぎる場所では目が疲れやすく、集中力も低下します。

 

自然光を取り入れたり、明るいLED照明を使ったりすることで、視覚的な疲れを軽減できます。

 

正しい姿勢と適切な環境を整えることで、受験生は疲れを最小限にしながら、効果的な勉強ができるようになります。

 

自分の体調や快適な学習環境を意識し、疲れをためないように心がけましょう。

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

参考記事:【学習管理塾とは?】オンラインで学習管理する塾14社紹介【大学受験編】

受験勉強は休憩が大切

受験で疲れをためないために重要な要素の一つは、適切な休憩を取ること。

 

長時間の勉強や試験勉強は、無理に続けることが疲れの原因となります。

 

ここでは、休憩を取る際のポイントをいくつか紹介します。

 

・定期的な短い休憩を取る

長時間、勉強する場合でも、1時間に数回、5~10分ほどの短い休憩を挟みましょう。この間に立ち上がり、ストレッチや深呼吸を行い、目を休めましょう。

 

・長い休憩も取る

勉強後には、30分以上の長い休憩を取ることも大切です。食事を摂り、リラックスして気分転換を図りましょう。これにより、疲労がたまりにくくなります。

 

・趣味や運動に時間を割く

勉強以外の趣味や運動を楽しむ時間を作りましょう。これにより、リフレッシュされ、ストレスが軽減されます。

 

・十分な睡眠を確保

睡眠は疲れを癒すために不可欠です。毎晩十分な睡眠を取るよう心がけましょう。

 

休憩は疲れをためずに集中力を保つために欠かせない要素です。

 

無理に長時間勉強を続けず、休憩を上手に取り入れながら効率的な受験勉強を進めましょう。

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

参考記事:日東駒専合格者が選んだ塾・予備校とは?おすすめ20選!実績豊富な塾・予備校

無理な勉強はしない

受験で疲れをためないためには、無理な勉強を避けることが非常に重要。

 

以下は、無理な勉強を避けるための方法です。

 

・計画的な勉強スケジュール

あらかじめ計画的なスケジュールを立て、適切な範囲で勉強を進めましょう。急いで全てを終わらせようとするのではなく、計画に基づいたステップで進めることが大切です。

 

・適切な時間帯に勉強

朝型か夜型かにかかわらず、自分の体内時計に合った時間帯に勉強を行うと、効率が上がり、無理な疲労を軽減できます。

 

・適度な休憩

長時間の勉強の間に適度な休憩を取りましょう。休憩を挟むことで、疲れがたまりにくくなります。

 

・身体のケア

適度な運動やストレッチ、バランスの取れた食事、十分な睡眠を確保し、身体を健康に保ちましょう。ストレス解消勉強だけに集中せず、ストレスを解消するために趣味やリラックスの時間を確保しましょう。友達と遊んだり、好きなことをすることでリフレッシュできます。

 

・サポートを受ける

何か問題や悩みがあれば、家族や友人、学校のカウンセラーなどに相談しましょう。一人で悩みを抱え込まないことが大切です。無理な勉強や過度なプレッシャーはメンタルの疲労を引き起こし、効果的な勉強を妨げます。

 

計画的な勉強と適切なケアを心がけ、バランスの取れた受験期間を送りましょう。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」

東進は現役合格実績No.1の大学受験予備校

圧倒的No.1、日本一の【現役合格実績】

資料請求はスマホで1分!

無理な営業も一切なし!

近くの東進を検索してみよう!

東進の公式ホームページをチェック!

【塾・予備校選びで迷ったら、おすすめ塾の紹介】

完全1対1のオンライン個別指導:キミノスクール
※週5日の個別指導で偏差値が平均で14.8もアップする!


ビリギャルでお馴染み坪田塾のオンライン個別指導
※坪田塾のノウハウがオンラインで体験できるおすすめの塾!


東大生・早慶生からのコーチング|スタディコーチ
※テレビ番組で有名な講師による、東大式学習メソッド!


合格実績が豊富な学習管理型の塾!STRUX←おすすめの塾
※オンライン対応!志望校合格まで受験パーソナルトレーナーが徹底指導!

まとめ:【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る」が参考になればうれしく思います。

まとめ:【受験で疲れた心を癒す】受験生の心の疲れを軽減して強いメンタルを作る

まとめ

受験期は多くの受験生にとってストレスや疲労がついて回りますが、その疲れを軽減し、強靭なメンタルを築くためにいくつかの方法があります。

まず、計画的な勉強スケジュールを立て、無理な勉強を避けることが大切です。適切な時間帯に勉強し、適度な休憩を挟むことで、体と心の疲れを減らせます。また、身体のケアやストレス解消も重要です。適度な運動やバランスの取れた食事、十分な睡眠を確保し、趣味やリラックスの時間を大切にしましょう。そして、困難や悩みを一人で抱え込まず、サポートを受けることも忘れずに。家族や友人、カウンセラーなどに相談し、心の負担を軽減できます。

健康なメンタルを維持し、バランスの取れた受験生活を送ることで、疲れた心を癒し、受験に強いメンタルで受験に挑戦しましょう。

塾に通って大学入試を突破する

受験生の皆さん、以下の悩みが一つでも当てはまる場合、塾に通うことを強くおすすめします。

 

・偏差値の伸び悩み

・受験までの勉強の仕方がわからない

・自分に合った参考書がわからない

・勉強計画表が上手く作れない

・志望大学になんとしても合格したい

 

もちろん、塾に通わずに合格するのが一番。

 

しかし、大学受験は、難易度も高く、出題範囲も広いため、自分一人で攻略するのは、とても難しいのが現実。

 

実は、志望大学に合格した受験生は、塾に通って、塾の指導のもと、効率的に勉強しているケースが多い。

 

受験生の皆さん、塾に行くメリットは、志望大学に最短ルートで効率よく合格するため。

 

なぜなら、塾が持っているノウハウを利用することで、受験勉強に集中できるからです。

 

自分にあった塾を探して、大学合格を勝ち取るのが、大学受験を成功させる近道と言えるでしょう。

学習管理型の塾に通って勉強のやる気アップ

学習塾の指導形式で大きく分けると、「集団指導」、「個別指導」、「家庭教師」、「オンライン指導」そして、「学習管理型の塾」に分けられます。

 

最近注目されている学習管理型の塾とは、一般的に科目の指導はしていません。

 

具体的には、生徒の志望大学に合格するための学習計画を作成して、学習の進捗管理がメインとなります。

 

学習計画には、年間、月間、週間、毎日のやるべきことが細かく指示され、計画通りに学習を進めていくと志望大学に合格できる仕組み。

 

毎日の学習は、指示された市販の参考書を使い、自学自習というスタイルで受験勉強に取り組みます。

 

受験勉強では、自分の志望校に合わせた対策が必要であり、そのためには自らが率先して学ぶ、自学自習のスタイルがとても大切。

 

実は、受験生の勉強時間を見てみると、自分で理解したり、自分で問題を解いたりする自学自習の時間が最も長いのです。

 

学習管理型の塾では、自学自習の仕方、勉強時間の効率的な使い方、取り組むべき参考書を決めてくれるため、学習計画に沿って勉強が進められるようになるでしょう。

項目学習管理型の塾通常の塾
勉強計画策
学習の進捗管理
質問対応
実力測定テスト
科目ごとの授業

 

以上、大学合格を目指して、学習管理型の塾を検討してみるのも、おすすめです。

おすすめ学習管理塾

【おすすめ学習管理塾】

【学習管理塾】STRUXはおすすめ?評判・料金・特徴を塾経験者が取材してわかったこと

東大毎日塾の口コミ・評判を徹底調査!塾長に取材してわかったこと?

坪田塾オンライン個別指導を塾経験者が徹底解説!口コミ・評判を調査!

【必見】スタディコーチの口コミ・評判が気になる方!塾経験者が調査しました!

日本初!早朝から特訓!学習管理塾かもスクはおすすめ?料金・特徴を塾経験者が徹底取材!

【学習管理塾】菊塾はおすすめできる?料金・評判・特徴を塾経験者が徹底調査!

モチベーションアカデミア【モチアカ】を塾経験者が評判・口コミ・料金・合格実績を徹底的に調査!

【アガルートコーチング】塾経験者が評判・口コミ・料金・特徴を徹底調査した結果

【鬼管理専門塾とは】口コミ・評判を塾経験者が徹底解説!怪しい塾なの?

勉強計画を立ててくれる塾おすすめ13選!コーチング塾は効果あるの?大学受験生必見

オンラインコーチング塾おすすめ15選|入会金・料金を調査【大学受験対応】

坪田塾みたいな塾】塾経験者がおすすめする5選!コーチングの塾で成績は上がるの?

スタディコーチの料金(入会金・授業料)はいくら?他塾と料金を徹底比較

【ビリギャル塾】坪田塾はおすすめ?徹底調査してわかった!ビリギャル勉強法

坪田塾オンラインの料金(入会金・授業料)はいくら?実際の料金を他塾と比較

予備校オンラインドットコム