BLOG
合格ブログ

高校を中退したいと思った時にちょっと読んでみて大学を目指す!

高校 中退

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、受験メンタルトレーナーです。

 

高校を中退したい時ってありますよね?

 

今回紹介する「高校を中退したいと思った時にちょっと読んでみて大学を目指す!」を読むと、高校を中退したいという気持ちが変わるかもしれません。

 

なぜなら、受験メンタルトレーナーがいつも指導している内容だからです。

 

この記事では、高校を中退した時のデメリットを具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、高校を中退する時の参考になるはずです。

 

以下の悩みを解決します。

高校を中退したいと思った時は?

高校中退のデメリットとは?

高校を中退した時の進路は?

オンライン予備校

記事の内容

高校を中退したいと思った時

高校中退のデメリット

後悔しない選択をする

あわせて読みたい
参考記事:大学受験の高校生をメンタルの面からサポートする塾です!
参考記事:受験でメンタルが崩壊しそう!受験メンタルトレナーがアドバイス!

高校を中退したいと思った時

オンライン予備校

自分の人生は自分で決める

後悔しないためにも

相談する

自分の人生は自分で決める

高校は義務教育ではないので、必ずしも卒業しなければいけないというものではありません。

 

なので、高校を中退するという選択肢もあるのです。

 

高校を中退したいと思う時ってありますよね?

 

私も高校を中退しようと思った時がありましたが、私の場合は、素行不良で何度も中退を勧告された経験があります。

 

今思えば、中退せずに学校に残ったことで、大学に進学することもできて、地方から東京に出てくることもできて、こうして受験生に自分の経験を生かして、アドバイスさせていただいていることに毎日感謝しながら生活することができています。

 

一方、私の高校生時代の悪友は学校を中退して、すぐに働き始めて工事現場やペンキ屋、溶接工など、何度も転職を繰り返してはいますが結婚もして幸せな生活を送っています。

 

どちらも今は幸せな生活を送っていることには違いありません。

 

高校を中退したからと言って、不幸が待っているわけではありません。

 

大学を卒業したからと言って、幸せになるとは限りません。

 

高校を中退したいと思った時、今後の自分の人生をよく考えて、最終的には自分で自分の進路を決めることが大切になります。

 

思いつきやその時の感情で決めるのではなく、冷静にいろいろな人の意見を聞いて、最後は自分で決めることをおすすめします。

後悔しないためにも

中退したい理由は何ですか?

 

「学業不振」「高校生活不適応」「友人関係」「進路」など、いろいろな要素があると思いますが、中退したい本当の理由を見つけてください。

 

そのためには、中退したい本当の理由を自分に聞いてみたください。

 

本当の理由を知ることで高校を中退しないですむかもしれません。

 

それには「なぜ?」を5回繰り返すことで、本当の理由を見つけることができる可能性があります。

 

悩みに直面したとき、「なぜそうなったのか?」を繰り返し考えると、真の原因を探ることができるのです。

 

なぜを5回繰り返して、最後の理由を裏返すことで、できる理由が見つかります。

例)

 

学校を辞めたい

 

1.なぜ辞めたい→面白くない

 

2.なぜ面白くない?→勉強がわからない

 

3.なぜ勉強がわからない?→勉強が嫌い

 

4.なぜ勉強が嫌い?→高校1年生の勉強からわからない

 

5.なぜ高校1年生の勉強からわからない→高校生の最初から勉強がわからない

 

高校生の最初から勉強をすることで勉強を理解して、学校生活を続けることができるかもしれません。

相談する

いろいろな人と相談したり、いろいろな人の意見を参考にしたり、中退についてインターネットで検索することをおすすめします。

 

なぜなら、あとで後悔しないためです。

 

中退のことを含めて、進路、就職、学業、大学など、高校生活全般について相談することをおすすめします。

 

後で後悔しないためにも、総合的に判断して、自分にとって最良の選択をすることが重要です。

 

家族が協力的な場合は、家族と相談しながら自分の考えをまとめてもよいでしょう。

 

「誰かに相談したいけど家族には相談しづらい」という場合は、教育相談センターなどの支援機関に相談する方法もあります。

 

教育相談センターであれば、高校中退のことや進路のことだけでなく、家族関係などについても相談できます。

あわせて読みたい
参考記事:大学受験が心配・不安だという人に伝えたい3つのこと
参考記事:受験勉強にやる気が出ないときにやると驚くほどに効果的

高校中退のデメリット

高校 中退

高校を中退した時のデメリットについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

大学進学が難しい

就職が難しい

大学進学が難しい

高校を中退すると受験資格がないので、大学や専門学校の進学を希望しても受験することができません。

 

しかし、「高卒認定試験」に合格することで、受験資格を得られることがあります。

 

「高卒認定試験」は難しい試験ではないのですが、全科目に合格するとなるとハードルが上がります。

 

しかも、「高卒認定試験」は年に2回しか無いので大学受験シーズンに間に合わなくなる可能性も出てきます。

 

いずれにしても、進学を希望する場合には、高校を中退するとデメリットになります。

就職が難しい

高校を中退すると就職先の選択肢は狭くなってしまいます。

 

高校を中退した場合、最終学歴は「中学校卒業(中卒)」になります。

 

求人で募集しているサイトを見てもわかるように、応募資格に高卒以上というのがほとんどだからです。

 

求人数が少なく、募集している業種も偏る傾向があるからです。

 

アルバイトでも中卒求人は少なく、むしろ高校生可の方が多いといっても過言ではありません。

 

運良く仕事が見つかっても、いわゆるブルーカラー系の「きつい・汚い・危険」な肉体労働の職場がほとんどです。

 

もちろん、手に職をつけるために職人になりたいなど特定の目標があるなら中卒で弟子入りするのも選択肢としてはあります。

 

しかし、肉体労働でない事務職やIT系に就きたいと考えるなら高校中退はデメリットになります。

あわせて読みたい
参考記事:大学受験に失敗した時にしっかりと原因分析して次回の試験に備える記事
参考記事:大学受験勉強をやめたいと思った時にちょっとだけ読んでほしい記事

中退後の進路を考える

高校 中退

中退をした時の進路についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

定時制の高校に通う

高校に編入する

高校を転校する

通信制の学校

通信制の学校

塾に行って大学を目指す

定時制の高校に通う

高校中退した後には定時制高校に進む人もいます。

 

定時制高校に通う生徒は昼間は働いている人が多く、年齢層もバラバラなのでそれほど交流がなく、全日制高校のクラスになじめなかった人でも人間関係を気にせずに通うことができます。

 

また、授業は基本的に夜間に行われるので、昼間にアルバイトをすることも可能です。

 

しかし、全日制高校と違い定時制高校は4年間学ぶ必要があります。

 

定時制高校は卒業までに時間がかかってしまい、高校卒業が同級生よりも遅れてしまいまが、高校卒業の資格が得られます。

高校に編入する

編入学とは、高校をすでに中退した生徒がほかの高校へ再入学することをいいます。

 

以前在籍していた高校で修得した単位数は、卒業に必要な単位として新しく通う高校へ引き継ぐことができます。

 

ただし、高校1年で修得単位がない状態で中退した生徒の場合、編入学した高校で単位を最初から修得することになるか、一般受験生と一緒に再受験を行う形になります。

 

編入学の際には、面接・筆記試験・作文などの試験が行われることがありますが、多くの目的としては、生徒の選抜というよりは、今現在の学力や状況を把握するために行われています。

 

編入学をする場合、個人と再入学予定の高校との間でのやり取りになるのが一般的ですが、編入学予定の高校から以前在籍していた高校の在籍証明書などの提出を求められる場合もあります。その場合は前の高校へ連絡を取り、必要書類の作成を依頼する必要があります。

高校を転校する

転校というのは、現在高校に在籍している生徒が別の新たな高校に移ることです。

 

わかりやすく説明をすると、高校をやめずに違う高校に通うことです。

 

転校をする場合、学年のスタートをいつにするかは今まで通っていた高校で取得した単位の数や通っていた期間によって決められています。

 

以前いた高校での取得単位数によっては2年次、3年次の転校も可能で、新しい高校でも同級生と足並みをそろえて卒業をすることができます。

 

ただし、転校でも編入でも単位が引き継がれるのは同じですが、どちらも前年度の単位までしか引き継がれないということに注意が必要です。

 

つまり、2年生の途中で学校を移る場合には1年生の時の単位のみが引継ぎの対象となるということです。

 

このため、タイミングは学年が変わるときに合わせて行うのがいいでしょう。

通信制の学校

全日制では平日の昼間、定時制では夜間もしくは昼間に学校へ登校し授業を受けますが、通信制では、週何回通うかを自分で選択できる場合や年1回の合宿に参加するなど、学校によって違いがあります。

 

通信制の従業では、スクーリングという登校日に授業を受けますが、そのほかに自分でレポートを提出し、テストを受けることで単位を取得します。

 

在籍期間は、全ての課程で3年以上の在籍期間が必要です。※定時制は4年以上となる学校も存在します。

 

2学期制の学校の多くは3月・9月に卒業を設定しています。

 

必修科目はすべて単位修得、または履修認定をされていること (74単位)が、卒業には必須となります。

 

通信制の学校に編入や転入をすること生徒もいます。

高校卒業検定

高校卒業の学歴を得るには、高校に3年間在籍する必要があります。

 

しかし、高卒認定試験は1回の受験で合格することができ、勉強する期間を3年間より短くするメリットがあります。

 

実力さえあれば1年以内に合格が目指せます。

 

「中退して現役合格で大学進学をしたい」「短期間で高卒認定試験に合格したい」など、高卒認定は時間を有効活用できることが魅力の1つです。

 

高校卒業者も、高卒認定取得者も、得られる権利はほぼ同等です。

 

大学や専門学校への進学はもちろん、AO入試の受け入れも行っている学校がほとんどです。

 

また、就職の際には高卒以上まで応募範囲が広がったり、昇格や昇級に活用できたりと、幅広い効力を持つ資格と言えます。

 

高校で修得した単位がある方は、高卒認定の受験科目が減る可能性があります。

 

例えば「世界史Aの単位を高校で修得している」場合、高卒認定の世界史は受験しなくてもOKです。

 

高校で修得した単位は、高校に「単位修得証明書」を取り寄せれば確認することができます。

 

また、「高卒認定を受けるためには高校を辞めなければいけませんか?」という質問をいただくことがあります。

 

実は、高卒認定は、高校に在籍していても受験し、合格することができます。

 

高校を辞めるか悩んでいる方、高校卒業を目指したいけれど心配な方は、高卒認定に合格しておき、いずれの状況になっても進学できる状態にしておくということもできます。

塾に行って大学を目指す

高校を中退したい場合、塾で勉強することもご検討ください。

 

学校生活は、赤点を取ったり、留年しないように注意をはらい、受験勉強を塾で一生懸命に学習することで大学受験を目指します。

 

塾に通うことで受験勉強に集中することができるので、効率的に勉強ができる可能性があります。

 

学校に行くのが嫌いな生徒にとっては、塾で勉強を教えてもらうことで学力が身につきますので、進学にもしっかりと対応することができます。

 

私も高校を中退したいと思いました。そんな私と一緒に大学受験を目指しませんか?

あわせて読みたい
参考記事:受験の本番で緊張しても実力を発揮するためのメンタルサポート
参考記事:大学入試制度をわかりやすく簡単に5分で理解できる!

まとめ:高校を中退したいと思った時にちょっと読んでみて大学を目指す!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、高校を中退したいと思った時にちょっと読んでみて大学を目指す!は参考になりましたでしょうか?

受験メンタルトレーナーがいる塾で勉強してみませんか?
楽しく勉強ができる塾!
ワンランク上の大学へ合格!
予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!