BLOG
合格ブログ

大学受験に失敗した時にしっかりと原因分析して次回の試験に備える記事!

大学受験失敗

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今顔の記事の担当は、受験メンタルトレーナーです。

 

さて、「大学受験に失敗して」落ち込んでいませんか?

 

この記事で紹介する「大学受験に失敗した時にしっかりと原因分析して次回の試験に備える記事」を読み終えると、きっと、新しいスタートが切れるはずです。

 

なぜなら、受験メンタルトレーナーのこれまでの経験をもとに書いた記事だからです。

 

この記事では、失敗した原因分析や、失敗を乗り越える具体例をご紹介しています。

 

この記事を読み終えると、新しい未来のスタートのきっかけになる、魅力的な記事となっています。

 

以下の悩みを解決いたします。

なぜ、大学受験に失敗したのか?

今後の進路は?

気持ちの切り替え方法?

文系の大学を希望している生徒

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容

大学受験に失敗した原因分析

これからの進路の選択肢の例

大学受験失敗の挫折を乗り越えるトレーニング

あわせて読みたい

参考記事:大学受験の最低限の単語数!英単語ターゲットは全部覚えてね!

参考記事:受験勉強をいつから始めるの?これを読めば大学受験に向けて好スタート!

英語に不安を抱えている生徒

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

大学受験に失敗した原因分析

原因分析

最初は、大学受験に失敗した原因分析です。

 

これが一番重要ですのでしっかりと行ってください。

 

以下のポイントについて説明しています。

なぜ、原因分析が必要か?

原因分析手法例

大学受験失敗原因例

なぜ、原因分析が必要か?

大学受験が思い通りにいかなかった場合、大学受験に失敗した原因の分析を行う必要があります。

 

理由は、大学受験に失敗した事象の因果関係を掘り下げていくことによって、失敗した本質を把握するために原因分析は重要となってきます。

 

今後の人生においても、課題を見つけてそれを解決するためには、まず問題の原因を把握する必要があります。

 

根本的な原因を把握することによって、より効果的な対策をおこなうことで成功を勝ち取ることが可能になるということです。

原因分析手法例

根本原因分析で一般的な手法の 1 つにあるのが、「なぜなぜ分析」のアプローチです。

 

「なぜ?」の質問に答えが出る度に、掘り下げて、再び「ではそれはなぜか?」と質問を繰り返します。

 

「なぜ?」の質問を 5 回ほど繰り返すとほとんどの根本原因にたどり着けるとよく言われますが、わずか 2 回の「なぜ」の場合の時も あれば、50 回もの「なぜ」の場合でも原因が分からないことがあります。

 

例)

なぜ、大学受験に失敗したのか?→英語で得点が取れなかった。

 

なぜ、英語で得点が取れなかったのか?→長文が苦手だから。

 

といった感じで「なぜ?」を繰り返して原因の追求をしてください。

大学受験失敗原因例と

ここでは、大学受験に失敗した原因について説明をいたします。

 

大学受験に失敗した原因として一番多いのが、「勉強の基礎固め」ができていなかったことです。

 

原因は、部活動などで忙しくて、受験生の夏休みも勉強時間の確保ができずに高校1・2年の基礎固めができなかったからです。

 

勉強において基礎的な学習はイチから学習する必要があり、大学受験においては基礎的な内容の発展が問われることがほとんどだからです。

 

次に多いのが「勉強のスケジュールが間に合わなかった」ことです。

 

勉強の計画は立てたものの、実行に移すことができなくて、そのままズルズルと受験までを過ごしてしまうケースです。

 

原因は、受験のスイッチが入らないことです。

 

なぜなら、高校生活はいろいろな誘惑もありますが、受験生はその誘惑に打ち勝つ覚悟と強い意志が必要となってきます。

 

勉強は、自分との戦いです。

 

受験を戦い抜く覚悟を決めてください。

 

以上 大学受験の失敗例について説明をしました。

 

あわせて読みたい

参考記事:【日東駒専対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について

参考記事:高校1年生の英語の勉強法をこっそり教えます!これでライバルに差をつける!

これからの進路の選択肢の例

失敗の原因

次に、今後の進路をどうするかです。

 

以下のポイントについて説明しています。

合格した大学に行く

浪人生になる

オンラインの予備校に通う

合格した大学に行く

第一志望の大学には受からなかったけれども、第二・第三志望の大学には合格している場合、合格した大学に進学することももちろん選択肢の一つです。

 

本当の気持ちは、第一志望の大学に通いたい気持ちはあるでしょうが、何らかの興味・関心があるからこそ受験した大学・学部だと思います。

 

入学したらその大学の良さを発見する可能性もあります。

 

現役合格にこだわるのであれば、第一志望の大学に落ちたとしても、決して絶望する必要はありません。

 

合格した大学に行くのも選択肢の一つとして考えてみてください。

浪人生になる

浪人を決断して、再度、志望校合格を目指すことも選択肢としてあります。

 

第一志望の大学以外に合格している場合は、判断に迷いますが、「○○大学で学びたい」という思いが強い人にとっては、浪人生になるメリットはあります。

 

デメリットは、費用がかかることを覚悟しなければなりません。

 

予備校などを利用する場合は、年間100万円単位の費用がかかる可能性もあります。

 

また、浪人したら必ず志望校に合格できる保障がないことも理解しておきましょう。

オンラインの予備校に通う

浪人生になることを決断した場合、オンラインの予備校に通うのも選択肢の一つです。

 

理由は、オンラインの予備校は効率的に勉強ができるからです。

 

塾に通う時間がないので時間をあまり気にする必要がありませんし、授業が終わったあとも自宅ですぐに復習ができるので学力が定着しやすいのが特徴です。

 

また、オンラインの予備校は費用面でもリーズナブルな設定が多いので費用面においても安心だからです。

 

あわせて読みたい

参考記事:【予備校オンラインドットコム】オンライン授業のメリット・デメリットを解説します!

参考記事:成績を上げたい高校生へ!オンライン塾で高校生の成績がグングン伸びる!

大学受験失敗の挫折を乗り越えるトレーニング

乗り越える

最後に、大学受験に失敗して落ち込んでしまった時の対処方法について説明します。

 

以下のトレーニングを参考にしてください。

ハートの呼吸法

「ありがとう」を繰り返す

今、できることを考える

ハートの呼吸法

ハートの呼吸法とは、心臓の近くの胸に手を当てて深呼吸を繰り返します。

 

目を閉じて、ひと呼吸約10秒前後のゆっくりとした呼吸に合わせて、心臓の辺りを空気が流れていくイメージと同時にポジティブな感情を思い浮かべるようにします。

 

「感謝」「思いやり」「愛」など自分にとって大切な特別な人への気持ちや、ワクワクした楽しい気持ちなどを、その場面をイメージしながら感じるようにします。

 

その結果、日常のストレス場面でもハートに意識を向けるだけで、瞬時に気持ちを切り替えることができます。

「ありがとう」を繰り返す

楽な姿勢で座って目を閉じて、「ありがとう」を頭の中で繰り返し唱えてみてください。

 

そうすることで潜在意識が浄化されて、幸せな気分になることができます。

自分に問いかける

楽な姿勢で目を閉じます。

 

「今できることは何か?」と自分に問いかける。

 

「今、できることに」集中することで気持ちが切り替わります。

まとめ:大学受験に失敗した時にしっかりと原因分析して次回の試験に備える記事

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、大学受験に失敗した時にしっかりと原因分析して次回の試験に備える記事は参考になりましたでしょうか?

まとめ

大学受験に失敗した原因分析・・・原因を見つけて次につなげる

これからの進路の選択肢の例・・・いろいろな選択肢を模索する

大学受験失敗の挫折を乗り越えるトレーニング・・・とりあえずやってみる

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

少数精鋭で授業を行っています。

 

お気軽お問い合わせください。

 

スタッフ一同、心からお待ちしています。

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!