BLOG
合格ブログ

【必見】速読英単語(必修編)使い方と勉強法を大公開!

【必見】速読英単語(必修編)使い方と勉強法を大公開!

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

速読英単語(必修編)の使い方や勉強法って知りたくないですか?

 

実は、今回紹介する「【必見】速読英単語(必修編)使い方と勉強法を大公開!」を読めば、速読英単語(必修編)の使い方と勉強法がわかります。

 

なぜなら、速読英単語(必修編)の使い方と勉強法を具体的に紹介しているからです。

 

記事を読み終わると、速読英単語(必修編)の使い方と勉強法がわかる内容になっています。

 

以下の悩みを解決します。

速読英単語(必修編)とは?

速読英単語(必修編)の使い方を知りたい?

速読英単語(必修編)の効率の良い勉強法を知りたい?

記事の内容
【必見】速読英単語(必修編)使い方と勉強法を大公開!

速読英単語(必修編)の使い方

音声ファイルを使った勉強法:速読英単語(必修編)

【必見】速読英単語(必修編)使い方と勉強法を大公開!

【必見】速読英単語(必修編)使い方と勉強法を大公開!

【必見】速読英単語(必修編)使い方と勉強法を大公開!についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

速読英単語(必修編)とは

速読英単語の種類

速読英単語(必修編)の特長は

速読英単語(必修編)とは

速読英単語(必修編)は、「文章の中で接した単語のほうが覚えやすい、しかもその回数が多ければ多いほど、暗記の定着率も高い」という、確信から速読英単語(必修編)が作られました。

 

つまり、「長文中の英単語を暗記する」というコンセプトで作られた単語帳です。

 

そのため、速読英単語に掲載されている英文は、いずれも「読みやすく、面白い」ものばかりです。

 

繰り返し読めば、自然に語彙力が身につき、読むスピードもアップします。

 

速読英単語(必修編)に取り組むためには、他の単語帳を1冊仕上げてから、もしくは英文法書をある程度学習してから使用するのがおすすめです。

 

ある程度の、英語の基礎を理解した上で、使うことを前提とした参考書です。

速読英単語(必修編)の種類

速読英単語(入門編) 速読英単語(必修編) 速読英単語(上級編) 速読英熟語
難関国立・私立高校〜共通テストレベル

産近甲龍・日東駒専~MARCH・関関同立

超難関大学 偏差値50-60レベル
1400語 1900語 900語 1000語

 

速読英単語(必修編)は、速読英単語(入門編)と速読英単語(上級編)の中間レベルに位置しています。

自分のレベルに合った速読英単語を選んで学習するのがポイントです。

 

速読英単語(入門編)は、大学共通テストを目指している人向け。

 

速読英単語(必修編)は、国公立大学の2次試験対策用。

 

速読英単語(上級編)は、超難関大学を目指している人向けとなります。

速読英単語(必修編)の特長は

難易度順に英文が掲載されているため、やさしい英文から始めて、無理なく入試レベルまで到達できるように配置されています。

 

速読英単語(必修編)の特長は以下を参考にしてください。

 

①文脈の中で覚えられる「単語力×速度力」 英文を繰り返し読むことで、何度も同じ単語に出会えるため、自然に頭の中に単語の意味が入ってきます。
②必要な単語を完全網羅:94%強のカバー率 大学受験に必要な語彙数を掲載しています。
③飽きずに反復学習ができる 飽きのこない面白い英文を集めているため、記憶しようとするのではなく、結果として記憶してしまうまで読み込めます。
④毎日、無理のない量を繰り返せる 自分のペースに合わせて、速読英単語(必修編)を仕上げることができる。
⑤学習しやすいレイアウト 必要な情報をもれなく掲載する一方で、できるだけ見やすい紙面になっています。
⑥テーマ別にグループ化 外来語や意味上まとめて覚えておきたい語については、独立したグループとしてまとめてます。
⑦場所を選ばない 持ち運びに便利なコンパクトなサイズとなっています。

速読英単語(必修編)の構成内容

ページ数 480ページ
収録単語数 1900語
STAGE・英文記号・タイトル・ジャンル 10レッスンずつの英文を1STAGEとして、難易度順に7STAGE分を収録
赤太字 入試頻出の重要語。
語数 70〜250wordsの英文を掲載しています。
見出し語 入試重要語を中心に掲載、印をつけて繰り返し学習する。
速読チャレンジ(上級者向け) ある程度の英文の理解が進んだら、英文の速読に挑戦。
Check欄 重要熟語・構文などを取り上げています。
語義 入試で問われる語義を掲載
熟語・構文 最低限覚えておきたい熟語やコロケーションは黒太字の斜体で表示。
まとめてチェック 外来語・多義語を独立したグループとしてまとめています。

速読英単語(必修編)の使い方

【必見】速読英単語(必修編)使い方と勉強法を大公開!

速読英単語(必修編)の使い方についてまとめてみました。

 

以下の項目について説明しています。

速読英単語(必修編)の使い方

速読英単語(必修編)Step1英文を読む(約10分)

速読英単語(必修編)Step2単語を覚える(約10分〜15分)

速読英単語(必修編)Step3を覚える(約10分〜15分)

速読英単語(必修編)の使い方

速読英単語(必修編)の基本的な使い方は以下の3Stepです。

Step1英文を読む→Step2単語を覚える→Step3英文を繰り返し読む

各Stepについて

速読英単語(必修編)Step1英文を読む(約10分)

赤シートで和訳中の赤字を隠して、意味を推測しながら英文を読んでください。

 

1回読んだだけで内容が掴みづらい場合は、和訳を参考にしながら何度か読んで、英文の大まかな内容をつかんでください。

速読英単語(必修編)Step2単語を覚える(約10分〜15分)

英文の中での単語の使われ方や語義についての記憶を活かしながら、単語語の語義を赤シートで隠して、確実に覚えます。

 

繰り返し赤シートで隠す、ノートの書くなどして定着度を高めましょう。

 

単語の理解度に応じて、チェックボックスに印をつけると、復習する際にわかりやすくなります。

 

人間の記憶力には限界がありますので、1周目で全て覚えられるわけではありません。

 

何度も繰り返し取り組むことで、少しずつ確実に知識を定着させましょう。

学習例

 

1周目、色の囲み語とその派生語を覚える

 

2周目、番号つき単語とその派生語を覚える

 

3周目、まとめてチェックの単語を覚える。

速読英単語(必修編)Step3を覚える(約10分〜15分)

最低5回(目標10回)は音読して、単語を生きた文脈ごと覚えましょう。

 

別売の音声CDも併用し、正しい発音を確認しながら学習すると効果的です。

 

単語や構文の定着度がアップします。

 

音読がスラスラできるようになることで、英文を黙読(頭の中での音読)する際のスピードがアップし、英文内容の理解度も高まります。

音声ファイルを使った勉強法:速読英単語(必修編)

【必見】速読英単語(必修編)使い方と勉強法を大公開!

音声ファイルを使った勉強法:速読英単語(必修編)についてまとめてみました。

 

全英文・全例文・全見出し語とその意味(日本語)の音声を無料で聞くことができます。

 

また、音声ファイルをまとめてダウンロードすることができます。

 

以下のポイントについて説明しています。

オーバーラッピング勉強法:速読英単語(必修編)

シャドーイング勉強法:速読英単語(必修編)

ディクテーション勉強法:速読英単語(必修編)

オーバーラッピング勉強法:速読英単語(必修編)

オーバーラッピングとは、英文を、ネイティブのスピードで、ネイティブの音声を聞きながら英文を読み上げる勉強法です。

 

メリットとしては無理矢理にでもネイティブのスピードに合わせる事で、自分の苦手な部分や、苦手な発音などを実感する事ができ、さらに向き合いながら上達する事ができます。

 

速読英単語(必修編)の具体的なオーバーラッピング勉強法は、

 

1.リスニング 英文の内容が理解できるまで聴く。(最低5回)
2.英文を読んで単語のチェック 聞き取れない単語をチェック。
3.オーバーラッピング 5回繰り返す。

 

上記のオーバーラッピング勉強法を取り入れると、効率的に単語の学習ができます。

シャドーイング勉強法:速読英単語(必修編)

シャドーイング勉強法とは、聞いている英語音声のすぐ後を追って復唱する英語の勉強法です。

 

音声を聞き終わってからではなく、流れている音声を追いかけるように発音します。

 

「聞く(インプット)」と「話す(アウトプット)」を同時にできるため、効率良く学習できるトレーニングです。

 

速読英単語(必修編)の具体的シャドーイング勉強法は、

 

1.リスニング 英文の内容が理解できるまで聴く。(最低5回)
2.英文を読んで単語のチェック 聞き取れない単語をチェック。
3.オーバーラッピング 5回繰り返す。
4.シャドーイング 5回繰り返す。
オーバーラッピング勉強法とシャドーイング勉強法を組み合わせて勉強するのがポイントです。

ディクテーション勉強法:速読英単語(必修編)

ディクテーション勉強法とは、聞いた英語を一語一句書き取るトレーニングのことです。

 

当然のことながら1回ですべてを書き取ることはできないため、同じ音声を何度か聞くことになります。

 

速読英単語(必修編)の具体的ディクテーション勉強法は、

 

1.リスニング 英文の内容が理解できるまで聴く。(最低5回)
2.ディクテーション 英文の書き取り。

以上、速読英単語(必修編)の音声ファイルを使った勉強法の紹介でした。

自分にあった勉強法で学習するのが一番効率的と言えます。

速読英単語(必修編)を完璧に仕上げるまで、頑張ってください。

まとめ:【必見】速読英単語(必修編)使い方と勉強法を大公開!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「【必見】速読英単語(必修編)使い方と勉強法を大公開!」は参考になりましたでしょうか?

 

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「予備校オンラインドットコムにお任せください」

受験生は不安や心配で何かと大変ですが悔いのない大学受験をすることが大切です。

 

予備校オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の大学合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に予備校オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために予備校オンラインドットコムがあるのです。

予備校オンラインドットコムでは、これから受験勉強をはじめる高校生にしっかりと向き合い、志望校への合格の仕方を教えます。

志望校合格までの勉強時間・参考書・勉強法をアドバイスして、受験までの学習管理を徹底して行って、合格を目指します。

予備校オンラインドットコムで最短で効率の良い受験勉強を始めてみませんか?
予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!