BLOG
合格ブログ

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

記事の終わりに、成績がアップする英語の勉強法を紹介しています。参考にしてください。

 

今回のお悩みはこちら。

大学受験の英語って大切なの?

英文法の基礎固めの勉強法が知りたい

【高校生英語】英文法の勉強のポイントが知りたい

 

高校生の皆さん、英語の英文法の勉強法って興味ありませんか?

 

実は、今回紹介する「高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介」を読めば、英文法の勉強法がわかります。

 

この記事では、英文法の勉強法を具体的に紹介しています。

 

実践すると、英文法の成績が上がるはず、そして、大学受験にも役立つ内容になっています。

 

読み終わるとわかること
高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

英文法の基礎固めをする勉強法【高校生の英語】

【高校生の英語】英文法の基礎固めのポイント

 

Contents

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介についてまとめてみました。

 

以下の項目について説明しています。

【高校生英語】英文法の勉強は大切

【高校生英語】英文法の基礎固めとは

【高校生英語】英文法の基礎を完成させるスケジュール

【高校生英語】英文法の勉強は大切

大学受験では、「英語を制するものが受験を制す」と言われるほど、英語の重要性が高まってきています。

 

大学受験では一部の選抜方法を除き、文系・理系にかかわらず英語が必須の受験科目です。

 

しかも、英語の配点比率を高く設定している大学もあり、英語の重要性は今後も増加傾向にあると言えます。

 

社会においても、英語のスキルが求められている世の中で、大学もグローバル化の波に押されて、大学入試にも変化が表れてきているのです。

 

大学入試で英語が足を引っ張ってしまうと、合否に大きく影響が出てしまいます。

 

逆の言い方をすると、英語を得意科目にすれば、志望校の入試に有利になること間違いありません。

 

大学受験では、英語の学習が重要ということを頭に入れて勉強に日々励んでください。

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

【高校生英語】英文法の基礎固めとは

英語の基礎とは一体何でしょうか?

 

英語の基礎とは、まずは中学レベルの英文法をしっかりと理解し、「使いこなせる」レベルに到達することです。

 

理由は、「中学レベルの英文法なんて必要なの?」と思うかもしれませんが、中学レベルの英文法は高校で学習する英文法の土台となっているからです。

 

具体的な英語の基礎固めの勉強は、英単語と英文法の学習。

 

英単語の学習は、語彙力を強化するために、英語の基礎固めに欠かせない重要な一つ。

 

英語は語彙数が少なければ、理解したり、読んだり、書いたり、表現したりできる英文が限られてしまうからです。

 

英語の単語をほとんど知らないという受験生は、まず中学校で習う英単語を復習するのがおすすめ。

 

また、英文法の学習は、単語の並べ方に関する規則性や英語のルールを理解すること。

 

英文法の知識なしに文章の意味を正しく理解したり、単語を並べ替えたりすることはできません。

 

英文法の基礎固めの前提として、中学レベルの英文法をしっかりと理解するのがおすすめです。

 

中学生レベルの単語と英語をしっかりと復習してから、高校生の英語の基礎固めに取り組みましょう。

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

【高校生英語】英文法の基礎を完成させるスケジュール

英文法の基礎の学習は、高校3年生の春休みに終わらせると、理想的といえます。

 

最悪、高校3年生の夏休み前までには、遅くとも終わらせておきたいのが本音。

 

なぜなら、高校3年生の夏休み以降は、過去問や実践問題に取り組んで、実践力の英語を養成するからです。

 

そのためには、高校2年生の夏休みから、受験勉強をスタートさせると、余裕を持って、英語の基礎固めに取り組めるでしょう。

 

遅くとも、高校2年生の冬休みには、受験勉強をスタートさせてください。

 

大学受験の出題範囲は広範囲で難易度も高いため、合格を勝ち取るためには、長期間の受験勉強が必要になるのです。

高校英語でこれだけは理解したい英文法13単元

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

高校英語で理解しておきたい英文法13単元を紹介

1.文型

2.仮定法

3.過去完了形・過去完了進行形

4.関係代名詞

5.関係副詞

6.複合関係代名詞・複合関係副詞

7.原形不定詞

8.可算名詞・不可算名詞

9.助動詞

10.分詞

11.It 〜 that構文

12.動名詞

13.話法

1.高校英語:文型

英語には5つの基本的な文型があります。それらは以下のとおりです。

第一文型SVO(主語 – 動詞 – 目的語)文型主語 (Subject)、動詞 (Verb)、目的語 (Object) の順で構成される文型です。英文で最も一般的に使用される文型のひとつです。例:I drink coffee.
第二文型SVC(主語 – 動詞 – 補語)文型主語 (Subject)、動詞 (Verb)、補語 (Complement) の順で構成される文型です。補語とは、主語について補足説明するために用いられます。例:She is a doctor.
第三文型SVOO(主語 – 動詞 – 目的語 – 目的語)文型主語 (Subject)、動詞 (Verb)、2つの目的語 (Object) の順で構成される文型です。通常、1つ目の目的語は人、2つ目の目的語は物になります。例:He gave me a book.
第四文型SVOC(主語 – 動詞 – 目的語 – 補語)文型主語 (Subject)、動詞 (Verb)、目的語 (Object)、補語 (Complement) の順で構成される文型です。SVO文型とSVC文型を組み合わせたような形式になります。例:They elected her president.
第五文型SVA(主語 – 動詞 – 副詞)文型主語 (Subject)、動詞 (Verb)、副詞 (Adverb) の順で構成される文型です。副詞は、動詞や形容詞、他の副詞を修飾するために用いられます。例:She speaks English fluently.

 

これらの文型は英語の基本的な構文を表しており、英語を学ぶ際には重要な概念です。

2.高校英語:仮定法

高校英語で学習する仮定法は、仮定や未来における条件を表現するための文法的な形式。

 

主に、仮定法には3つのタイプがあります。

1.【現在の仮定法(Present Conditional)】

現在の状況についての仮定を表現するときに使用されます。

主語 + 動詞の原形 + 目的語という形をとります。

例:If I have time, I will go to the movies.

2.【過去の仮定法(Past Conditional)】

過去における仮定や願望を表現するために使用されます。

主語 + 仮定法過去形 + 目的語という形をとります。

例:If I had studied harder, I would have passed the exam.

3.【未来の仮定法(Future Conditional)】

将来における仮定を表現するために使用されます。

主語 + will + 動詞の原形 + 目的語という形をとります。

例:If it rains tomorrow, we will stay at home.

これらの仮定法を正しく使い分けることは、英語の正確な表現力を高める上で重要なスキルです。

3.高校英語:過去完了形・過去完了進行形

高校英語における過去完了形(Past Perfect)は、ある過去時点より前に起こった過去の出来事を表現するときに使用されます。

 

過去の出来事を過去形で表現した上で、その前に起こった出来事を過去完了形で表現します。

 

例えば、「彼女が家に帰ったとき、私たちは既に夕食を食べていた。」という文を表現する場合、過去完了形を用いた文は「By the time she got home, we had already had dinner.」となります。

 

一方、過去完了進行形(Past Perfect Continuous)は、ある過去時点まで継続していた過去の状態を表現するときに使用されます。

 

過去完了形と同様に、ある時点までの過去の状態を表現するため、過去完了形の「had」に「been」を加え、「動詞のing形」を付け加えた形をとります。

 

例えば、「私は3時間も勉強していたので、疲れていた。」という文を表現する場合、過去完了進行形を用いた文は「I had been studying for three hours, so I was tired.」となります。

 

過去完了形と過去完了進行形は、高校英語の文法の中でもやや高度な表現ですが、これらを使いこなすことでより複雑な英語表現ができるでしょう。

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

4.高校英語:関係代名詞

高校英語において、関係代名詞(Relative Pronouns)は、主節と従属節をつなげる役割を持ちます。

 

関係代名詞には、以下の5つがあります。

that人・物・場所・時間を指せる例:This is the book that I was talking about.
who人を指し、主格・目的格の違いがあり、主格は文の主語、目的格は文の目的語として使われます。例:She is the person who helped me.
whom人を指し、目的格としてのみ使われ、前置詞の直後に置かれます例:The woman whom I met at the party was very kind.
which物・場所を指す。例:This is the store which sells organic vegetables.
whose所有を表す。例:The boy whose father is a doctor is very smart.

 

関係代名詞は、従属節で用いられる名詞に相当します。

 

従属節が主節とどのように関係しているかを明確に示すことで、文章の意味が明確になります。

 

関係代名詞を正しく使いこなすことで、より複雑な英文に取り組めるようになるでしょう。

5.高校英語:関係副詞

高校英語において、関係副詞(Relative Adverbs)は、主節と従属節をつなげる役割を持ちます。

 

関係副詞には、以下の3つがあります。

where場所を指す。例:This is the school where I studied.
when時間を指す。例:The day when I met him was very special.
why理由を表す。例:This is the reason why I couldn’t come.

 

関係副詞は、従属節で用いられる副詞に相当します。

 

関係副詞を使うことで、従属節の内容をより詳しく説明できます。

 

また、関係副詞を用いた従属節は、関係代名詞を用いた従属節と同じく、主節とどのように関係しているかを明確にします。

6.高校英語:複合関係代名詞・複合関係副詞

高校英語において、複合関係代名詞(Compound Relative Pronouns)および複合関係副詞(Compound Relative Adverbs)は、2つ以上の関係代名詞または関係副詞が連結したものです。

 

複合関係代名詞および複合関係副詞には、以下の3つがあります。

whoever/whomever/whatever:who/whom/whatとeverが連結したものです。

誰でも、何でもを表します。

例:Whatever you do, don’t give up.

whichever:whichとeverが連結したもので、どちらでもを表します。

例:Choose whichever color you like.

wherever/whenever:where/whenとeverが連結したもので、場所や時間を問わずを表します。

例:Whenever I see this picture, I feel happy.

複合関係代名詞および複合関係副詞は、従属節で用いられる名詞および副詞に相当します。

 

2つ以上の関係代名詞または関係副詞が連結することで、より強い強調できます。

 

また、複合関係代名詞および複合関係副詞を用いた従属節も、関係代名詞または関係副詞を用いた従属節と同様に、主節とどのように関係しているかを明確できます。

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

7.高校英語:原形不定詞

高校英語において、原形不定詞(Bare Infinitive)とは、toをつけずに動詞の原形を用いた不定詞のことを指します。

 

原形不定詞は、主に次のような場合に使われます。

【使役動詞の後に続く場合】

let, make, have, helpなどの使役動詞に続くときには、原形不定詞が使われます。

例:I’ll have you know that I’m an expert in this field.

【意志を表す動詞の後に続く場合】

will, would, shall, shouldなどの意志を表す動詞に続くときには、原形不定詞が使われます。

例:I will never forget your kindness.

【感覚動詞の後に続く場合】

see, hear, feelなどの感覚動詞に続くときには、原形不定詞が使われます。

例:I heard him sing at the concert.

【受動態の助動詞の後に続く場合】

受動態の助動詞であるbe, get, haveなどに続くときには、原形不定詞が使われます。

例:I got my car repaired yesterday.

原形不定詞は、toをつける不定詞とは異なり、主語が存在しない場合があります。

 

また、原形不定詞を用いることで、より簡潔な英文が作れます。

 

しかし、誤用すると意味が通じない場合があるため、正しい使い方を学ぶことが重要です。

8.高校英語:可算名詞・不可算名詞

高校英語において、可算名詞(Countable Nouns)とは、数えられる名詞のことを指します。

 

一般に、数がつけられる名詞で、複数形があるものが可算名詞になります。

例えば、book(本)、apple(リンゴ)、car(車)などが挙げられます。

 

一方、不可算名詞(Uncountable Nouns)とは、数えられない名詞のことを指します。

 

一般に、数がつけられない名詞で、複数形がないものが不可算名詞になります。

例えば、water(水)、bread(パン)、furniture(家具)などが挙げられます。

英語では、可算名詞と不可算名詞の使い分けには、いくつかのルールがあります。

 

一般的には、可算名詞には数えられるもの、不可算名詞には数えられないものを使います。

 

ただし、同じ名詞でも文脈によって可算名詞と不可算名詞の使い方が変わる場合もあります。

 

また、可算名詞にはaやanのような不定冠詞が使われますが、不可算名詞には使われません。

 

不可算名詞には、someやany、muchやlittleなどの量を表す語が使われます。

 

正しい可算名詞と不可算名詞の使い分けを学ぶことは、英語の文法や語彙の理解に重要です。

9.高校英語:助動詞

高校英語において、助動詞(Auxiliary Verb)とは、主要な動詞と組み合わせて文法的な機能を果たす動詞のことを指します。

 

助動詞には、be, do, haveなどがあります。

 

これらの助動詞は、次のような役割を果たします。

【文の肯定・否定・疑問形を作る】

be, do, haveなどの助動詞を用いることで、文の肯定・否定・疑問形が作れます。

例えば、「I am studying English」と「I am not studying English」と「Am I studying English?」のようになります。

【現在進行形を作る】

be + 動詞のing形を用いることで、現在進行形が作れます。

例えば、「She is reading a book」という文が現在進行形になります。

【過去形を作る】

助動詞の過去形を用いることで、過去形が作れます。

例えば、「I did my homework yesterday」という文が過去形になります。

【完了形を作る】

have + 過去分詞形を用いることで、完了形が作れます。

例えば、「I have finished my work」という文が完了形になります。

【条件法を作る】助動詞を用いることで、条件法が作れます。

例えば、「If I had time, I would study English」という文が条件法になります。

助動詞は、英語の文法の中でも重要な役割を果たします。

 

正しく使いこなすことで、英語表現の幅が広がり、文法的に正確な文章が作れるでしょう。

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

10.高校英語:分詞

高校英語において、分詞(Participle)とは、動詞の一種で、形容詞や副詞のような働きをする語のことを指します。

 

分詞には、現在分詞(Present Participle)と過去分詞(Past Participle)の2種類があります。

現在分詞動詞のing形を用いたもので、主に「-ing」で終わる形。現在進行形を作る場合に用いられます。例えば、「She is reading a book.」の中の「reading」が現在分詞です。
過去分詞動詞の過去分詞形を用いたもので、主に「-ed」や不規則な形で構成されます。過去形や完了形を作る場合に用いられます。例えば、「He has eaten breakfast.」の中の「eaten」が過去分詞です。

 

また、分詞には、形容詞と副詞の2つの使い方があります。

形容詞としての使い方名詞を修飾する形容詞として用いられます。例えば、「a boring movie」の中の「boring」が現在分詞の形容詞として用いられています。
副詞としての使い方動詞や形容詞、副詞を修飾する副詞として用いられます。例えば、「I fell asleep while watching the boring movie.」の中の「watching」が現在分詞の副詞として用いられています。

 

分詞は、英語の文法の中でも重要な役割を果たします。

 

正しく使いこなすことで、文章の表現力が増し、文章がより自然なものになります。

11.高校英語:It 〜 that構文

高校英語において、「It ~ that構文」とは、文の主語が「it」であり、後に続く「that」以下の部分が実際の主語を述べる構文です。

 

例えば、「It is important that you study for the exam.」という文があります。

 

この文では、主語は「it」であり、その後に続く「that you study for the exam」が実際の主語となります。

 

つまり、この文は「勉強することが重要である」という意味です。

 

この構文は、意見や考え、希望、必要性、好み、感情などを表現する際によく用いられます。

 

以下に例を挙げます。

It is necessary that we finish this project by next week.
(私たちは来週までにこのプロジェクトを終わらせる必要がある)

It is my hope that we can work together again in the future.
(将来もう一度一緒に仕事ができることを望んでいます)

It is important that you take care of your health.
(健康に気をつけることが重要です)

この構文を使う際には、動詞の形が変化することに注意が必要です。

 

例えば、「It is important that you study for the exam.」では、「study」が原形であることに対し、「It is important that he studies for the exam.」では、「studies」に変化します。

12.高校英語:動名詞

高校英語において、「動名詞」とは、動詞の-ing形を名詞として使うことを指します。

 

動詞の-ing形は「-ing」という接尾辞をつけて作られます。例えば、「sing(歌う)」という動詞の-ing形は「singing(歌うこと)」です。

動名詞は、以下のような場合に使われます。

主語として使う

例: Swimming is good exercise.(泳ぐことは良い運動だ)

直接目的語として使う

例: I enjoy reading novels.(小説を読むことが好きだ)

前置詞の後に使う

例: He is good at playing the piano.(彼はピアノを弾くことが上手だ)

動詞の目的語として使う

例: I want to practice speaking English.(私は英語を話す練習をしたい)

 

また、動名詞はしばしば「to」を伴って使われることがあります。

 

この場合は、動名詞の前に「to」を置くことで、動詞の不定詞と同じような働きをします。

例: She decided to quit smoking.(彼女は禁煙することを決めた)

(「smoking」は動名詞で、直後に「to quit」という不定詞が続いています)

また、動名詞には、次のような特徴があります。

動詞の性質を残す

動詞の-ing形である動名詞は、動詞の特徴を保ちます。

 

つまり、動名詞自体が「行為」を表しているため、動詞のように使えます

例: I enjoy dancing.(私は踊ることが好きだ)

(「dancing」は「踊ること」という意味で、主語の「I」がそれを楽しんでいるということを表しています)

名詞的機能を持つ

動名詞は名詞であるため、名詞が必要な場合には動名詞が用いられます。

 

例えば、以下のような場合が挙げられます。

時間を表す表現の主語として使う

例: Studying English takes time.(英語の勉強には時間がかかる)

(「studying English」は、時間を表す表現の主語として使われています)

複数の動詞を使う場合に、2つ目の動詞を動名詞に置き換える

例: I want to eat something before going to bed.(寝る前に何か食べたい)

(「going to bed」は、2つ目の動詞「to eat」の代わりに動名詞が使われています)

前置詞と一緒に使われる

前置詞と一緒に使われることが多く、前置詞の後ろに来ることが多い。

 

例えば、以下のような場合が挙げられます。

She is interested in learning Spanish.(彼女はスペイン語を学ぶことに興味がある)

(「learning Spanish」は前置詞「in」の後ろに来ています)

He is good at playing basketball.(彼はバスケットボールが上手だ)

(「playing basketball」は前置詞「at」の後ろに来ています)

代名詞として使われる

動名詞は、代名詞の目的語や後置詞の目的語として使われることがあります。

例: She enjoys reading novels.(彼女は小説を読むことが好きだ)

(「reading novels」は、代名詞の「it」の目的語として使われています)

例: I’m thinking about going to the gym.(ジムに行くことを考えています)

(「going to the gym」は、後置詞の「about」の目的語として使われています)

主語として使われる

動名詞は、主語として使われることもあります。

 

この場合、動名詞自体が行為を表すため、文の主語として使えます。

例: Running is good exercise.(走ることは良い運動です)

(「Running」は主語として使われています)

動名詞と不定詞の違い

動名詞と不定詞は、いくつかの点で異なります。

 

主な違いは、動名詞が名詞的であるのに対し、不定詞は動詞的であることです。

 

また、前置詞の後にくることが多い動名詞に対して、不定詞は「to」によって導かれることが多いです。

例えば、

I remember seeing that movie.(私はあの映画を見たことを覚えている)

(「seeing」は動名詞で、主語の「I」がそれを行ったことを表しています)

I want to see that movie.(私はあの映画を見たい)

(「to see」は不定詞で、動詞「want」の目的語として使われています)

動名詞と動詞の形式の違い

動名詞は、基本的には動詞のing形で表されますが、一部の不規則な動詞には、-ing形ではなく異なる形式があります。

 

例えば、「go」の動名詞形式は「going」ですが、「lie」の動名詞形式は「lying」になります。

動名詞の形容詞的用法

動名詞は、形容詞的にも使われます。

 

この場合、動名詞は名詞を修飾する役割を果たし、前に置かれる名詞を説明します。

例えば、

「interesting」、「boring」、「amazing」などの形容詞は、それぞれ「interest」、「bore」、「amaze」などの動詞の-ing形から派生しています。

例: The movie was really interesting.(その映画はとても面白かった)

(「interesting」は動名詞「interest」を形容詞的に修飾しています)

動名詞の副詞的用法

動名詞は、副詞的にも使われます。

 

この場合、動名詞は副詞を修飾し、動作や状態をより詳しく説明します。

例えば、

「running」、「swimming」、「singing」などの動名詞は、それぞれ「run」、「swim」、「sing」などの動詞の-ing形から派生しています。

例: She left the room, slamming the door behind her.(彼女は部屋を出ると、ドアをバタンと閉めた)

(「slamming」は、動詞「slam」の-ing形で、副詞的に使われています)

動名詞の目的語としての使用

動名詞は、動詞の目的語として使われることがあります。

 

この場合、動名詞は名詞の役割を果たし、動作の対象や内容を表します。

例: I enjoy swimming.(私は泳ぐことが好きです)

(「swimming」は動名詞で、動詞「enjoy」の目的語として使われています)

動名詞の主語としての使用

動名詞は、主語として使われることもあります。

 

この場合、動名詞は名詞の役割を果たし、動作の実行者や原因を表します。

例: Smoking is bad for your health.(喫煙は健康に悪いです)

(「smoking」は動名詞で、主語として使われています)

動名詞とto不定詞の違い

動名詞とto不定詞は、似たような形式を持っていますが、意味や使い方が異なります。

 

動名詞は、動詞の-ing形であり、名詞として使われます。

 

一方、to不定詞は、動詞の原形にtoをつけた形式であり、動詞の機能を持ちます。

例: I enjoy swimming.(私は泳ぐことが好きです)(動名詞)

I want to swim.(私は泳ぐことをしたいです)(to不定詞)

以上が、動名詞についての基本的な説明です。

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

13.高校英語:話法

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

 

英語の話法(Voice)には、以下の3つがあります。

主動態(Active Voice)

主語が行為の実行者であることを強調する話法で、行為の主体が明確になります。また、文章が明確で、読み手にとって理解しやすいというメリットがあります。

例: Tom broke the vase.(トムは花瓶を壊した)

受動態(Passive Voice)

主語が行為の受け手であることを強調する話法で、行為を受ける側が主語となります。主語があいまいになる場合があるため、文章が曖昧になる可能性があります。しかし、被動態を使うことで、文をより丁寧な表現できます。

例: The vase was broken by Tom.(花瓶はトムによって壊された)

使役態(Causative Voice)

他人に対して何かをさせるときに用いられる話法で、させられる側を主語として表します。使役動詞(make, let, have, get)を使うことが多いです。

例: I had my car washed.(私は車を洗わせた)

これらの話法を使い分けることで、文章のニュアンスを変えられます。

 

以上、高校英語で理解しておきたい英文法を13単元紹介しました。

英文法の勉強法【高校生英語】

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

英文法の基礎固めをする勉強法【高校生英語】についてまとめてみました。

 

以下の項目について説明しています。

英文法の基礎を固める勉強法【高校生英語】

英文法の基礎を暗記するための3ステップ【高校生英語】

自分にあった暗記法で勉強【高校生英語】

英文法の基礎を固める勉強法【高校生英語】

英文法の勉強法は、ズバリ「暗記」。

 

英語を暗記科目と認識して、勉強するのがおすすめ。

 

なぜなら、英語の偏差値は英語の知識の量に比例しているからです。

 

しかし、ただ暗記するだけでは、大学受験の試験に対応できないため、英文法の参考書で紹介されている例文を理解しながら暗記するのがポイント。

 

英語が苦手な受験生は、英単語や英文法の暗記の量が総じて少ない傾向にあります。

 

また、英語を暗記科目と理解していない場合も、英語の知識の量が増えないため、テストで良い結果が得られません。

 

単語も英文法も反復して暗記することで、英語の知識を増やすことで、英語の基礎固めになるのです。

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

英文法の基礎を暗記するための3ステップ【高校生英語】

暗記の方法は人それぞれ違いますが、一般的な参考書の暗記方法をご紹介します。

1周目:英文法の参考書をよく読み、意味を理解して例文を一緒に覚える。

      ↓
          :単元ごとや覚えた箇所の確認テストを実施して、次の単元へ。

   ↓
2周目:1周目の暗記の確認、間違えた箇所は、意味と例文を覚える。

   ↓
3周目:2周目の間違えた箇所の確認、間違えた箇所は、再度、意味と例文を覚える。

以上の作業をすべて覚えるまで繰り返して行う。

 

英文法は暗記とは言え、無機質に覚えても大学入試には対応できません。

 

必ず、例文などと関連付けて覚えると、忘れにくいし、思い出しやすくなります。

 

英文法の参考書を最後まで、諦めずに仕上げる覚悟を決めて取り組み、反復して覚えるのがポイント。

 

1冊の参考書を仕上げるためには、最低でも5周はやり遂げたいですね!

 

おすすめは7周です。

自分にあった暗記法で勉強【高校生英語】

先程も説明しましたが、自分にあった暗記法で覚えるのが一番効率的。

 

プロセスももちろん大切ですが、結果的にすべてを暗記することが目的だからです。

 

そのためには、いろいろな勉強法を試してみると良いでしょう。

 

例えば、「7回読み勉強法」「タイムラプス勉強法」「ストップウォッチ勉強法」など参考にしてみると良いでしょう。

 

勉強法について知りたい方、勉強の仕方がわからない高校生におすすめ勉強法を4つ教えます!

【高校生英語】英文法の基礎を固める

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

【高校生英語】英文法の基礎を固めるについてまとめてみました。

 

以下の項目について説明しています。

英文法の基礎固めをする勉強計画の作成

英文法の基礎固めは毎日学習

自分にあったレベルの参考書選び

英文法の基礎固めをする勉強計画の作成

英文法の基礎固めするためには、勉強の計画は必要不可欠です。

 

理由は、行き当たりばったりの勉強を毎日続けていても、英語の力はつかないからです。

 

また、勉強計画を立てることによって得られるメリットがあるからです。

 

勉強計画を立てることで、学習内容が明確になるというメリットがあります。

 

ここで示している「学習内容」とは、何を・いつまでに・どれくらいの量を取り組めばいいかということです。

 

また、自分の勉強のペースも把握できるため、受験勉強に向けて最適な勉強計画を作成できるようになります。

 

受験の日程を逆算してから、勉強計画を作成して、英文法の学習に取り組んでください。

 

勉強計画の立て方について知りたい方、【学習計画表を作成】高校生が計画通りに勉強できるコツ!

英文法の基礎固めは毎日学習

英語の勉強は受験終了まで毎日継続して行ってください。

 

英語の勉強も含めて、受験勉強を習慣化させるのがポイント。

 

なぜなら、英語の勉強は毎日の積み重ねが大切で、勉強の積み重ねができれば、英語は必ず自分のものにできるからです。

 

英語学習は毎日行った方が良いもう一つの理由は「記憶の定着」。

 

記憶の忘却曲線って聞いたことありますか?

 

人間の脳のメカニズム上、忘れ去る前に情報を重ねることで、記憶の定着を促進できるからです。

 

英文法を始めとして、英単語・英熟語の語彙は忘れないように、毎日復習することをルーチン化してください。

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

自分にあったレベルの参考書選び

英文法の勉強を始めると決意したら、参考書が必要になりますよね?

 

では、どんな英文法の参考書を選べばよいのでしょうか?

 

そのためには、現在の英語のレベルを把握するのがポイントです。

 

なぜなら、中学生レベルの英文法が出来ていないのに、高校生の英文法の基礎をやっても効率が悪くなります。

 

また、逆に高校生の基礎ができているのに、基礎的な内容の参考書を購入しても無駄になる可能性があります。

 

もし、これから英文法の勉強を始めるのであれば、中学生の英文法を1回やっておくのがおすすめです。

 

なぜなら、中学生の英文法が高校生英語の土台になっているからです。

 

中学生レベルの英文法に取り組むのは、プライドが許さないかもしれませんが、決して遠回りではありません。

 

しかも、中学生の英文法の復習は時間もそれほどかかりません。

 

むしろ、基礎の基礎から学習するため、おすすめしています。

 

参考書の買い方について知りたい方、大学受験のための参考書を買いすぎないためのポイントをアドバイス

まとめ:高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介」は参考になりましたでしょうか?

 

あわせて読みたい
参考記事:【英単語】ターゲット1400!おすすめ単語の勉強法を大公開!
参考記事:高校1年生から英語の単語を勉強すると英語が得意になる

 

まとめ
高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

英文法の基礎固めをする勉強法【高校生の英語】

【高校生の英語】英文法の基礎固めのポイント

 

英語の偏差値を上げるために塾に通う

もし、現在の偏差値が志望している大学の偏差値に届いていない場合、もしくは、英語が偏差値の足を引っ張っている場合は、塾に通うことを検討すると良いでしょう。

 

理由は、塾が持っている指導ノウハウを活用することで、効率的に英語の偏差値を上げるためです。

 

具体的には、英語の苦手な部分を重点的に指導してもらえる個別指導塾、オンライン塾、オンライン家庭教師に通うことで、より効率的な受験対策ができるはず。

 

塾に通うメリットは、なんといっても、英語を勉強する習慣。

 

英語の勉強の基本は、継続的に勉強しなければ、学力は定着しません。

 

勉強時間を確保できる塾、家庭での自学自習を指導してくれる学習管理型塾は、英語学習のサポートに効果を発揮するでしょう。

 

自学自習の学習内容を管理してもらえると、英語の学習が習慣になり、英語の苦手が解消できるはず。

 

大学を目指す受験生が塾を検討する場合、塾に通う目的とそれに合ったレベルの塾を選ぶことがとても大切。

 

いずれにしても、塾を利用することは、効率よく英語の偏差値を上げられるでしょう。

塾に通って大学入試を突破する

受験生の皆さん、以下の悩みが一つでも当てはまる場合、塾に通うことを強くおすすめします。

 

・偏差値の伸び悩み

・受験までの勉強の仕方がわからない

・自分に合った参考書がわからない

・勉強計画表が上手く作れない

・志望大学になんとしても合格したい

 

もちろん、塾に通わずに合格するのが一番。

 

しかし、大学受験は、難易度も高く、出題範囲も広いため、自分一人で攻略するのは、とても難しいのが現実。

 

実は、志望大学に合格した受験生は、塾に通って、塾の指導のもと、効率的に勉強しているケースが多い。

 

受験生の皆さん、塾に行くメリットは、志望大学に最短ルートで効率よく合格するため。

 

なぜなら、塾が持っているノウハウを利用することで、受験勉強に集中できるからです。

 

自分にあった塾を探して、大学合格を勝ち取るのが、大学受験を成功させる近道と言えるでしょう。

学習管理型の塾に通って勉強のやる気アップ

学習塾の指導形式で大きく分けると、「集団指導」、「個別指導」、「家庭教師」、「オンライン指導」そして、「学習管理型の塾」に分けられます。

 

最近注目されている学習管理型の塾とは、一般的に科目の指導はしていません。

 

具体的には、生徒の志望大学に合格するための学習計画を作成して、学習の進捗管理がメインとなります。

 

学習計画には、年間、月間、週間、毎日のやるべきことが細かく指示され、計画通りに学習を進めていくと志望大学に合格できる仕組み。

 

毎日の学習は、指示された市販の参考書を使い、自学自習というスタイルで受験勉強に取り組みます。

 

受験勉強では、自分の志望校に合わせた対策が必要であり、そのためには自らが率先して学ぶ、自学自習のスタイルがとても大切。

 

実は、受験生の勉強時間を見てみると、自分で理解したり、自分で問題を解いたりする自学自習の時間が最も長いのです。

 

学習管理型の塾では、自学自習の仕方、勉強時間の効率的な使い方、取り組むべき参考書を決めてくれるため、学習計画に沿って勉強が進められるようになるでしょう。

 

学習管理型の塾通常の塾
勉強計画策
学習の進捗管理
質問対応
実力測定テスト
科目ごとの授業

 

以上、大学合格を目指して、学習管理型の塾を検討してみるのも、おすすめです。

英語の成績アップ!おすすめ記事【英語編】

英語構文って何?英語構文の覚え方や勉強法をわかりやすく5分で解説

【単語帳の使い方】英単語の勉強がワクワクする単語帳の使い方

【鉄壁の使い方】鉄緑会東大英単語熟語の使い方と勉強法を東大生に聞いてみた!

単語帳の覚え方を知ると英単語が効率的に覚えられる【大学受験】

【必見】速読英単語(必修編)使い方と勉強法を大公開!

速読英単語(上級編)使い方と勉強法【早稲田大学に合格!】

【英単語暗記法7選】おすすめ!きっと自分にピッタリの暗記法が見つかる!

英単語おすすめ勉強法を大公開【高校生にできる英単語勉強法】

【英単語】覚えられない高校生はこれを読めば英単語の悩みを解決

【大学受験英語】英単語が覚えられない理由!【単語の学習】

ユメタンの使い方と勉強法を知ってユメタンの英単語を覚える

【大学受験】英文法おすすめ参考書10冊!レベル別に英文法の参考書を紹介!

「NextStage(ネクステージ)」英文法の使い方と勉強法【英文法力アップ】

英文法Vintage(ヴィンテージ)の勉強法と使い方【英文法の成績アップ】

英文法がわからない高校生に【厳選】おすすめ英語の参考書5冊【英文法の基礎】

英文法がわからなくなった高校生に成績を上げる英文法の学習法をアドバイス

【高1の英語】英文法の勉強法はたったこれだけ!みんなやっている勉強法!

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

【英文法の覚え方】英文法の勉強法を知って受験勉強をスタート

英単語ターゲット1200から始める受験勉強【単語の勉強】

【英単語】ターゲット1400!おすすめ単語の勉強法を大公開!

英単語ターゲット1900の勉強法を大公開【英単語の覚え方】

【システム英単語】シス単の勉強法と特長!これで早稲田大学に合格!

高校1年生の英語を得意にするおすすめ英語の参考書9冊

高校1年生から英語の単語を勉強すると英語が得意になる

高校2年生の英語【単語編】これを読めば英語の基礎がわかる

【高校2年生】英語の勉強のポイントについてアドバイス

英語の偏差値40台から英語の偏差値を10上げる勉強法と参考書を大公開

高校生の英語が全くわからない!どうしようと迷ったらこれを読む

大学受験に必要な英熟語を勉強するコツ!おすすめ英熟語帳5冊

【日東駒専対策】英文法おすすめ参考書3冊紹介

【MARCH対策】英文法のおすすめ参考書3冊紹介

英単語帳の選び方で悩んでいる人!おすすめ3冊を紹介

【英語長文対策】早稲田大の学生が使った長文対策の参考書を紹介!

大学受験で必要な英単語の勉強法【専門家がアドバイス】

【必見】早稲田大学に合格した!英語の勉強法と勉強時間をマネすることは良いことだ!

【英語】スクランブル英文法の正しい使い方で大学受験の英文法を攻略!

大学受験【英語】おすすめ参考書!厳選した英語の参考書12冊を紹介!

【大学受験】英語の偏差値の上げ方!誰にでもできる具体例を紹介!

高校1年生の英語の勉強法をこっそり教えます!英語でライバルに差をつける!

大学受験に必要な英単語数はこれだ!英単語ターゲットは全部覚える!

大学受験で求められる英語のレベルについて解説します!

英熟語ターゲット1000の覚え方!たったこれだけ【英熟語が得意に】

予備校オンラインドットコム