BLOG
合格ブログ

学習計画の作成で大学受験を効率的に合格する方法を5分で解説!

学習計画の作成で大学受験を効率的に合格する方法を5分で解説!

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

大学受験勉強を効率的にする学習計画表の作成についてまとめた記事になります。

 

この記事で紹介する「学習計画の作成で大学受験を効率的に合格する方法を5分で解説!」を読めば、効率的な学習ができる内容となっています。

 

なぜなら、予備校オンラインドットコムで実際に実践している内容だからです。

 

この記事では、具体的な学習計画表の作成方法を紹介して、PDCA学習法についても紹介しています。

 

記事を読み終えると、学習計画表を作成して、効率よく大学合格が目指せる内容となっています。

 

以下の悩みを解消します。

学習計画表って必要なの?

学習計画表の作成方法?

PDCA学習って何?

文系の大学を希望している生徒

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容

学習計画のポイント

学習計画を具体的に作成

PDCA学習法

英語の苦手を克服

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

学習計画の作成で大学受験を効率的に合格する方法を5分で解説!

学習計画の作成で大学受験を効率的に合格する方法を5分で解説!

大学受験に学習計画がなぜ必要なのか?についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

大学受験には学習計画が必要

無理のない学習計画の作成

大学受験の目標を決める

大学受験には学習計画が必要

大学受験の志望校合格を勝ち取るためには学習計画は必要です。

 

なぜなら、志望大学を決めて、その志望大学に合格するために、最短で効率よく勉強するには計画性が必要だからです。

 

これは、社会に出ても必要な能力になります。

 

自分の第一志望校に合格するためには、各科目がどれくらいの偏差値に到達しなくてはならないのか?さらには、今の自分とその偏差値にはどれくらいの開きがあるのか?

 

その目標偏差値との開きを効率よく埋めるためにはどんな勉強を何時間勉強すれば良いのか?

 

逆算していくことで、最短で効率よく受験勉強を行うことができるのです。

 

また、学習計画を作ることは、目的が明確になってモチベーションがアップする効果もあります。

 

上記の理由から、合格への一番の近道は、「勉強できる日数」と「やるべきこと」をすべて書き出して勉強の全体像を俯瞰すること。

 

つまり、大学受験を合格するためには学習計画を立てることなのです。

 

予備校オンラインドットコムでは、生徒一人ひとりに最適化された学習計画を作成して日々学習に励んでいます。

無理のない学習計画の作成

学習計画を作成する際には、無理なく、時間的に余裕を持った学習計画をさくせする必要があります。

 

理由は、実行できない学習計画を作成しても意味がないからです。

 

例えば、これまで勉強をしていない生徒にいきなり毎日10時間勉強する計画を作成しても、実行することはほぼ不可能です。

 

また、自分で厳しい学習計画を作成して途中で挫折する生徒も多くいます。

 

しかし、勉強時間の確保は受験生にとっては、必要不可欠になりますので、徐々に勉強時間を増やしていく計画を作成することで計画の実行能力が増していくことになります。

 

受験は長い道のりです。

 

無理なく実行可能で志望大学に合格できる学習計画の作成をおすすめします。

 

予備校オンラインドットコムでは、学習計画の作成をフルサポートしています。

大学受験の目標を決める

学習計画を作成する際には、目標が必ず必要になってきます。

 

なぜなら、その目標を達成するために、何をいつまでに学習するのかを決めるのが学習計画だからです。

 

逆に言うと、目標がなければ具体的な学習計画を作ることが難しくなってきます。

 

目標の決め方としておすすめするのが、「大目標」「中目標」「小目標」を3つを決めるのがおすすめです。

 

大目標は、最終目標になるので、第一志望校合格が大目標となります。

 

中目標は、中期的な目標になりますので、2ヶ月〜3ヶ月先位の目標を決めます。

 

具体的には、「○○模試で偏差値○○」「単語帳を完璧に覚える」「古文の単語を覚える」など、各教科で1つ中目標をきめると効果的です。

 

小目標は、毎日の目標と言っていいでしょう。

 

具体的には、「1日、○時間勉強する」「1日、単語を○個覚える」「参考書を○ページ学習する」など、小目標は日々の目標として設定してください。

目標 内容 具体例
大目標 第一志望合格 「〇〇大学合格」
中目標 2ヶ月〜3ヶ月後のなりたい自分を目標に 「模試で偏差値○○」
小目標 毎日の目標設定 「○時間勉強する」

 

最後に、目標は日付を入れて過去形で作成すると効果が上がります。

 

予備校オンラインドットコムでは、独自のノウハウで大学合格までの学習計画の作成を行っています。

大学受験対策:学習計画の作成方法

学習計画の作成で大学受験を効率的に合格する方法を5分で解説!

学習計画の作成方法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

参考書の分析

 

大学受験に必要な年間の学習計画

 

月間・週間・1日の学習計画

 

わかりやす学習計画

参考書の分析

学習計画を作成するためには参考書の分析が必要となります。

 

分析というと大げさですが、内容(章とページ数)を確認してください。

 

なぜなら、1冊の参考書を仕上げるために、何日必要なのかを確認するためです。

 

例えば、200ページある参考書の場合、1日、10ページ学習するのであれば、1冊の参考書を1周するのに20日必要ですし、20章ある参考書で1日、1章の学習であればこれも20日必要となります。

 

つまり、参考書を分析することで無理のない学習計画を作成するための確認作業となります。

大学受験に必要な年間の学習計画

年間の学習計画は、大学合格までの学習計画となります。

 

年間学習計画の目的は、合格までの全体像を把握することです。

 

したがって、いつまでに何をすればよいのかを理解して上で受験勉強を行うことができます。

 

年間学習計画の作成方法は、紙1枚に書き出すのが良い方法です。

 

手書きでも問題はありません。

 

だいたいの計画を月ごとに書き込んでください。

 

例)入学試験日、模試の日程、学習する参考書、月ごとの勉強時間

年間学習計画

月間・週間・1日の学習計画

次は、月間の学習計画を作成します。

 

月間の学習計画を作成する目的は、年間の学習計画を達成するためです。

 

年間学習計画と比べるとより具体的に作成を行います。

 

作成方法は、年間学習計画からその月の勉強時間を記入します。

 

月間の勉強時間を4週間に振り分けることで1週間の勉強時間が決まります。

 

1週間の勉強時間をさらに1日単位で落とし込んでいくと1日の勉強時間が決まってきます。

 

受験勉強は、日々の積み重ねなのでこの1日の計画を計画通りに実行することの繰り返しで、志望校合格を勝ち取ります。

 

勉強時間が決まると、具体的に「どの教科のどの参考書を何時間学習する」といった具合に細かく設定すると効果が上がります。

 

また、勉強時間の計画はもちろんですが実際に勉強した時間を書き込むようにしておくのもポイントのひとつです。

 

なぜなら、実際に勉強した時間を視覚化することでモチベーションが上がるからです。

わかりやす学習計画の作成

勉強計画を立てる際は、自分に合った勉強計画を立て、わかりやすくまとめることが大切といえます。

 

「見やすい・わかりやすい・取り組みやすい」の3つの要素でまとめられた勉強計画表を作るコツを解説します。

 

自分が見やすいサイズで作るのがポイントです。

 

勉強計画表に書く内容が固まったら、実際に表を作りましょう。

 

大切なのは、勉強計画表を作ることではなく、勉強計画表を見ながら毎日勉強を実行していくことです。

 

そのためには、自分が見やすいサイズで作成し、目に入りやすい場所や家族と共有できるところに示しておけることが望ましいです。

 

勉強計画表は勉強机の前に貼ったり、手帳に書いて持ち歩いたりするなど、常に確認しやすい状態にしておきましょう。

 

また、目標から1日ごとの勉強内容まで一目で把握できるよう、自分が見やすいと思うサイズで表を作りましょう。

 

勉強机の前に貼る場合は大きめのサイズがおすすめですが、持ち歩きできるよう小さくしたい場合は、単語帳のように日めくりできる形状にしたり、月ごとに書き換えられるよう表をアレンジしたりするのもおすすめです。

 

大学受験はPDCA学習の実践

学習計画の作成で大学受験を効率的に合格する方法を5分で解説!

学習効率の良いPDCA学習についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

PDCA学習とは

PDCA学習のポイント

PDCA学習の実行

PDCA学習とは

PDCA学習とは、予備校オンラインドットコムで実践してる学習法です。

 

PDCAの意味は、PLAN(計画)・Do(実行)・Check(評価)・Action(改善)の頭文字を取ったもので、計画から改善までを1つのサイクルとして行い、受験勉強の効率化を目指します。

 

この一連の循環を「PDCAサイクル」といいます。

 

計画、実行、評価、改善の4つのプロセスを、螺旋階段を上るように循環させて、継続的に受験勉強の効率化を進め、学習効果を上げていく手法となります。

 

 

PDCA学習

PDCA学習のポイント

PDCAにとって重要なことは、計画を実行した後は必ず、成功しても失敗しても評価を行う点です。

 

なぜなら、計画を実行しただけでは、問題点は改善されないからです。

 

どんな方法で実行したときに成功または失敗したのか、その結果を評価し続けるとで志望大学の合格が近づきます。

 

またPDCAは1度で終わらず、何度もサイクルを回すことが重要となります。

 

改善された計画を繰り返し評価すると、業務が改善されていくのです。

PDCA学習の実行

「Plan」

 

最初に志望校の設定です。

 

受験勉強においては志望校がなければ何も始まりません。

 

そして、志望校合格を達成するための年間・月間・習慣の計画作成を行います。

 

「Do」

 

設定した目標を実行するために計画を実行に移します。

 

受験勉強を進めていくうちに計画案との誤差が生じてくることがあります。

 

計画が全てではないのでご安心ください。

 

「Check」

 

受験勉強の結果の振り返りを行います。受験勉強を実施した際の問題点や課題を確認してください。予定通りいかなかった部分は何故上手くいかなかったのか、予定通りにいった部分は何故上手くいったのかを自己分析してください。

 

「Action」

 

Checkで出た問題点や課題を元に改善案を作成して学習計画の改善を行います。

 

常に学習計画の改善を重ねて変化させていく事で日々の学習改善がされていきます。

 

予備校オンラインドットコムで、大学受験勉強に効率的なPDCA学習を行って一緒に合格を目指しませんか?

まとめ:学習計画の作成で大学受験を効率的に合格する方法を5分で解説!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、学習計画の作成で大学受験を効率的に合格する方法を5分で解説!は参考になりましたでしょうか?

まとめ

学習計画のポイント・・・必要

学習計画を具体的に作成・・・簡単に作成

PDCA学習法・・・効率の良い勉強法

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

少数精鋭で授業を行っています。

 

お気軽お問い合わせください。

 

スタッフ一同、心からお待ちしています。

「予備校オンラインドットコムにお任せください」

受験生は不安や心配で何かと大変ですが悔いのない大学受験をすることが大切です。

 

予備校オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の大学合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に予備校オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために予備校オンラインドットコムがあるのです。

予備校オンラインドットコムでは、これから受験勉強をはじめる高校生にしっかりと向き合い、志望校への合格の仕方を教えます。

志望校合格までの勉強時間・参考書・勉強法をアドバイスして、受験までの学習管理を徹底して行って、合格を目指します。

予備校オンラインドットコムで最短で効率の良い受験勉強を始めてみませんか?
予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!