BLOG
合格ブログ

英単語の覚え方のコツを高校生にアドバイス【英単語の覚え方】

英単語の覚え方のコツを高校生にアドバイス【英単語の覚え方】

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

高校生の皆さん!英単語の覚え方って気になりませんか?

 

実は、今回紹介する「英単語の覚え方のコツを高校生にアドバイス【英単語の覚え方】」を読めば、英単語の覚え方がわかります。

 

なぜなら、塾長が実践している内容だからです。

 

この記事では、英単語の覚え方を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、英単語の覚え方がわかる内容になっています。

英単語の勉強はいつから始めるの?

英単語の勉強の基本を知りたい?

英単語を効率的に覚えるためには?

記事の内容
英単語の覚え方のコツを高校生にアドバイス【英単語の覚え方】

英単語の覚え方をわかりやすく高校生に伝授

高校生に英単語の覚え方をアドバイス

こんな英単語の勉強法を高校生に教えます!

英単語の覚え方のコツを高校生にアドバイス【英単語の覚え方】

英単語の覚え方のコツを高校生にアドバイス【英単語の覚え方】

英単語の覚え方のコツを高校生にアドバイス【英単語の覚え方】についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

高校生が英単語を覚え始める時期

英単語の勉強の意味を高校生が知る

英単語の覚え方を高校生にアドバイス

高校生が英単語を覚え始める時期

大学受験に向けて英単語の勉強はいつから始めたらいいのでしょうか?

 

答えは、高校1年生からです。

 

もし、この記事を読んでまだ英単語の勉強を始めていない人は、今からすぐ始めてください。

 

なぜなら、大学受験の英語に対応するためには、1語でも多くの単語を覚える必要があるからです。

 

以下、大学受験に必要な英単語数の目安です。

 

大学受験に必要な英単語数 4,000から6,000語
共通テストに必要な英単語数 4,000から6,000語
難関大学に必要な英単語数 6,000から7,000語

 

これだけの英単語を覚えるためには、今すぐにでも英単語の勉強を始めるのが良いと思いませんか?

英単語の勉強の意味を高校生が知る

英単語の勉強をおろそかにしていませんか?

 

中学生時代、英語が得意な高校生の中には、英単語の勉強なんてしたことない人って意外に多くいます。

 

なぜなら、中学生で勉強する英単語は、数があまり多くなため、勉強しなくても覚えられていたからです。

 

しかし、高校生になると、英単語の数は圧倒的に増えるのです。

 

そのため、英語の勉強は、英単語だけの勉強しないと、学校の授業についていけなくなるのです。

 

また、英語を学習する上で、英単語は英語の基礎になる部分です。

 

基礎をおろそかにしていては、英文法や長文読解を理解できません。

 

英単語の勉強は英語を学習する上で大切な基礎という認識を持って取り組んでください。

 

英単語の勉強は全く楽しくないのですが、単語を知らないと、英語を読めない、書けない、聞けない、話せないという状態になってしまうため、単語は全ての基礎として何としても覚える必要があります。

英単語の覚え方を高校生にアドバイス

大学受験に向けて英単語を勉強するならば、英単語帳を購入して勉強するのが効率的です。

 

学校で英単語帳が配布されているのであれば、それを使って英単語を勉強してください。

 

英単語帳を使う理由は、もちろん英単語の勉強が効率的にできるからです。

 

しかし、英単語帳は自分のレベルに合った英単語帳を選ぶのがポイントとなります。

 

最初は英単語の入門書的なものから初めて、徐々にレベルを上げていくのがおすすめです。

 

英単語を効率的に勉強するためには、英単語帳を1冊用意して、その英単語帳を最後までやり切るように学習しましょう

英単語の覚え方をわかりやすく高校生に伝授

英単語の覚え方のコツを高校生にアドバイス【英単語の覚え方】

英単語の覚え方をわかりやすく高校生に伝授についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

1日に覚える単語数を決めて覚える

英単語の覚え方は繰り返しが基本

英単語帳の具体的な覚え方

1日に覚える単語数を決めて覚える

英単語を勉強する際には、1日に勉強する英単語数を決めて英単語を覚えるのがポイントです

 

なぜなら、1日の目標があると英単語の学習がしやすくなり、勉強の計画が立てやすくなります。

 

また、1日の英単語の勉強が終わると達成感でモチベーションが上がるからです。

 

しかし、ここで注意してほしいのが、英単語は繰り返して身につけていくものと言うことを忘れないでください。

 

具体的には、5日で100語の英単語を覚える場合、「1日英単語を20語を完璧に覚える」と「5日間毎日、100語の英単語に触れる」どちらが効率的に覚えられるでしょうか?

 

答えは、後者の「5日間毎日、100語の英単語に触れる」

 

これは、「リハーサル効果」と言って、科学的に「何度も繰り返し覚えたものは短期記憶から長期記憶に移行して思い出しやすくなる」と実証されているのです。

 

完璧に覚えたとしても、時間が経つと忘れてしまうため、結局効率が悪くなるのです。

英単語の覚え方は繰り返しが基本

英単語の覚え方の基本は、繰り返して覚えることです。

 

なぜなら、英単語は1度しっかり覚えたものでも、繰り返さなければ1週間後には忘れてしまうからです。

 

英単語の覚え方としては、短期間に英単語の学習を繰り返すことで、英単語を長期記憶として定着させることです。

 

したがいまして、少しずつ完璧に覚えるのではなく、1度にある程度まとまった量の英単語に触れることを何度か繰り返すというアプローチがおすすめなんです。

 

これを踏まえて、英単語を覚えるときは「なるべく短期間で忘れる前にたくさん繰り返す」ということを第一に実践してください。

英単語帳の具体的な覚え方

英単語帳の一般的な覚え方についてまとめてみました。

 

以下、参考にしてください。

1周目

①1ページずつ単語を見て、日本語と英語をセットで音読しながら日本語訳を覚える。

 

②1ページ覚えたら、赤シートを使い、単語の確認テスト。

 

③間違えた単語をもう一度覚える。

 

④覚えたら、再度、単語の確認テスト。

①〜④を繰り返して、1周目を仕上げる。

 

2周目以降

①赤シートを使い、赤字の日本語を思い出せるか単語の確認テスト。間違えた単語には×印をつける。

 

②間違った単語は日本語と英語をセットで音読する。

 

③完璧に覚えたら、再度、単語をテストする。

 

①〜③を繰り返して、2周目を仕上げる。

以上、英単語帳の覚え方でした。

 

高校生に英単語の覚え方をアドバイス

英単語の覚え方のコツを高校生にアドバイス【英単語の覚え方】

高校生に英単語の覚え方をアドバイスについてまとめてみました。

 

英単語を覚えるとき、見て覚える、書いて覚える、発音して覚える、聞いて覚えるなど、さまざまな方法があります。

 

自分にあった覚え方で覚えるのが一番効率的です。

 

自分にあった覚え方を探してください。

英単語の覚え方:音読

英単語の覚え方:暗唱

英単語の覚え方:音声

英単語の覚え方:音読

英単語帳を反復して音読すると効率的に暗記ができます。

 

理由は、読んで口に出すことは、インプットとアウトプットが同時にできるからです。

 

また、英単語を覚えるだけでなく、試験に通用する英語力を身につけることもできるのです。

 

英単語帳を音読するときのポイントは、英単語を覚えるという目的意識を持つことです。

 

具体的には、単語の意味やスペルを気にしながら、覚えるつもりて声を出すのがおすすめです。

 

最初は音読の速さは気にせずに、単語の意味を理解できるまで繰り返して口に出してください。

 

何度も繰り返すうちに、自然に単語を頭の中で覚えるようになるはずです。

英単語の覚え方:暗唱

英単語の覚え方として、単語を例文と一緒に覚える時に暗唱が効果的です。

 

「暗唱」というのは何も見ないで記憶した内容を流暢に唱える事です。

 

さらに効果を増すために、音読と暗唱をセットで行うのがおすすめです。

 

暗唱するメリットは、単語と例文の暗記だけではありません。

 

語彙力や表現力、感受性や発想力、理解力や思考力など、コミュニケーションに必要な、あらゆる能力を伸ばしてくれるのが、暗唱の取り組みなのです。

 

例文は短くて簡潔なものでよいので、どのような場面で使われる単語なのかを理解して暗唱しましょう。

 

例文で書かれている場面を思い浮かべながら暗唱するのも効果的です。

英単語の覚え方:音源を聞く

英単語帳にはCDが付属されていたり、音声をダウンロードできるサービスがあります。

 

単語の音声を聴きながら単語を覚えるのも効果的です。

 

なぜなら、模範的な発音を聴けるため、リーディングだけでなく、リスニングとスピーキングのも役立つからです。

 

目と耳の両方を刺激することで記憶しやすくなる上、スマホなどの機器があればいつでもどこでも聴けるのが長所です。

 

英単語帳の見出し語と例文を目で追いながら音源を聴いて、意味はもちろんだが、発音とアクセントの位置を意識しながら繰り返し聴いてみてください。

こんな英単語の勉強法を高校生はやってました!

英単語の覚え方のコツを高校生にアドバイス【英単語の覚え方】

こんな英単語の勉強法を高校生はやってました!についてまとめてみました。

 

受験生が高校生の時にやっていた英単語の学習法を紹介します。

 

以下のポイントについて説明しています。

高校生がやっていた英単語の覚え方:見て覚える

高校生がやっていた英単語の覚え方:聞いて覚える

高校生がやっていた英単語の覚え方:アプリと音声データ

高校生がやっていた英単語の覚え方:電車の中で勉強

高校生がやっていた英単語の覚え方:見て覚える

英単語の勉強をいろいろ試しましたが、英単語帳を見て覚える方法が効率よく英単語を覚えました。

 

大学受験までに使用した英単語帳は、学校から支給された「単語王」だけです。

 

単語王をひたすら見て、意味とスペルを赤シートを使って覚えました。

 

単語王については、ボロボロになるまで最低50周は繰り返して、見ていると思います。

高校生がやっていた英単語の覚え方:聴いて覚える

発音も一緒に覚えたかったので英単語帳のCDを使って、聴いて覚えました。

 

CDは英語と日本語が収録されていたため、単語の意味を日本語で質問されたら、2秒以内に英語で答えられるまで繰り返して聴きました。

 

逆に英語で質問されたら、日本語ですぐに答えられるようになるまで繰り返しました。

 

すぐに答えられるようになると、英単語が定着したと実感できるので、モチベーションにもつながりました。

高校生がやっていた英単語の覚え方:アプリと音声データ

単語帳機能のあるアプリを使って英単語を覚えました。

 

次に、英単語帳に対応した音声をダウンロードして、単語が流れた瞬間に意味を言えるかの確認します。

 

できなかった単語は単語帳に付箋を貼って、チェックをつけて、英単語の部分を隠し、紙に書いて確認します。

 

これをできるまで繰り返します。

 

英単語を英文中でわかるようにするため、また、意味が複数ある英単語を覚えるために例文を瞬間的に理解できるまで音読しました。

高校生がやっていた英単語の覚え方:電車の中で勉強

高校までの通学時間を利用して英単語を覚えます。

 

受験生は限られた時間を有効に使わないといけないため、通学時間を使って英単語を覚えてました。

 

暗記系の勉強は、電車の中が中心で英単語は電車の中でしか勉強した記憶がありません。

 

スキマ時間を有効に使って英単語の勉強に取り組みました。

まとめ:英単語の覚え方のコツを高校生にアドバイス【英単語の覚え方】

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「英単語の覚え方のコツを高校生にアドバイス【英単語の覚え方】」は参考になりましたでしょうか?

 

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「予備校オンラインドットコムにお任せください」

受験生は不安や心配で何かと大変ですが悔いのない大学受験をすることが大切です。

 

予備校オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の大学合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に予備校オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために予備校オンラインドットコムがあるのです。

予備校オンラインドットコムでは、これから受験勉強をはじめる高校生にしっかりと向き合い、志望校への合格の仕方を教えます。

志望校合格までの勉強時間・参考書・勉強法をアドバイスして、受験までの学習管理を徹底して行って、合格を目指します。

予備校オンラインドットコムで最短で効率の良い受験勉強を始めてみませんか?
予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!