BLOG
合格ブログ

日本史の効率の良い勉強法を知ると日本史の勉強が楽しい!

日本史の効率の良い勉強法を知ると日本史の勉強が楽しい!

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

日本史を得意科目にしたいですよね?

 

実は今回紹介する「日本史の効率の良い勉強法を知ると日本史の勉強が楽しい!」を読めば、日本史が得意科目になるはずです。

 

なぜなら、予備校オンラインドットコムで実践している内容だからです。

 

この記事では、日本史の勉強法を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、日本史の効率のより勉強報を知って、得意に科目になるはずです。

 

以下の悩みを解決します。

日本史の効率の良い勉強法は?

日本史の勉強のコツは?

日本史の勉強法を知りたい

オンライン予備校

記事の内容
日本史の効率の良い勉強法を知ると日本史の勉強が楽しい!

日本史の勉強のコツ

日本史の勉強法

あわせて読みたい
参考記事:【大学受験】社会の選択は日本史で決まり!これを読めば理由が5分でわかる!
参考記事:【大学受験】日本史の勉強法を早稲田大学の講師に聞いてみました!

日本史の効率の良い勉強法を知ると日本史の勉強が楽しい!

日本史の効率の良い勉強法を知ると日本史の勉強が楽しい!

日本史の効率の良い勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

日本史は得意科目になりやすい

日本史の参考書選び

日本史の勉強計画作成

日本史は得意科目になりやすい

大学受験勉強で日本史を得意科目にしている受験生は多くいます。

 

なぜなら、暗記の量に比例して偏差値を上げることができるからです。

 

また、他の科目と比べても日本史は得意科目にしやすい傾向にあります。

 

日本史を得意科目にするためには、暗記科目として割り切って徹底的に覚えることです。

 

しかし、日本史の暗記は膨大な量となります。

 

機械的に覚えるのも一つの手ですが、歴史の背景や流れを知ることで効率的に覚えることができます。

 

日本史の暗記の仕方は、人それぞれですが自分で調べながら学習することで、日本史が楽しくなり、楽しくなると得意科目になっているはずです。

 

日本史は効率の良い勉強法を知って、日本史の教科書を隅から隅まで暗記をすることで得意科目になるはずです。

日本史の参考書選び

日本史を勉強するためには、教科書を中心として勉強しますが参考書も必要になります。

 

しかし、どの参考書を選べばよいのか?悩んでいる受験生も多くいます。

 

自分のレベルに合った参考書を用意するのがおすすめですが、もし旧帝大や中堅以上の私大など難関大学を志望するのであれば、用語も歴史の流れも押さえた上で、資料集や文化史などをさらに詳しく勉強したり、論述の対策をする必要があります。

 

一方で、国公立志望で日本史を使用するのが大学入学共通テストだけの場合、そこまで掘り下げて勉強する必要はないと考えられます。

 

使用する参考書のレベルの到達度や志望校とマッチしているのかを考慮して参考書を選ぶのがポイントです。

 

日本史の場合は、大学のレベルにもよりますが一般的には、通史の参考書、用語を暗記する参考書、問題集、文化史の参考書を各1冊持っておくのが理想的です。

日本史の勉強計画作成

日本史の暗記は膨大な量を覚えないといけません。

 

そのためには、日本史の学習計画の作成が必要不可欠となります。

 

理由は、膨大な量の日本史の重要は語句を覚えるためには計画的に学習していかないと、受験日までに間に合わない可能性があるからです。

 

日本史の暗記は際限がありません。

 

そのため、効率よく勉強するためには「通読」「暗記」「演習」を計画的に行うことがポイントです。

 

通読や暗記を終える時期、演習を始める時期は受験日から逆算して決めましょう。

 

計画がないと、勉強する単元を忘れてしまったり、中途半端で日本史の勉強が終わってしまうことがあります。

 

そうならないためにも、受験日から逆算して、無理のない計画を作成して、日本史の勉強を計画に沿って行うことが大切です。

 

また、大学ごとの対策が必要なため、暗記や演習の時間は気をつけてください。

 

たとえば、記述・論述問題がある大学の場合は用語を漢字で書ける必要があります。

 

なぜなら、用語を漢字で書くことができれば簡潔に答えることができ、高得点を狙えるからです。

 

さらに、難関大学ではマニアックな知識が求められるケースがあります。

 

このような場合にも注意が必要です。

 

理由は、マニアックな問題の点を取りに行くよりも、他の時代・テーマ、他科目に時間をかけた方が総合的に高い得点をとれる可能性があるからです。

 

いろいろなことを考慮して日本史の勉強計画を作成してください。

 

勉強計画の作成について知りたい方、学習計画の作成で大学受験を効率的に合格する方法を5分で解説!

あわせて読みたい
参考記事:【大学受験】勉強を始めるためにやるべき準備
参考記事:大学受験のための参考書を買いすぎないためのポイントをアドバイス

日本史の勉強のコツ

日本史の効率の良い勉強法を知ると日本史の勉強が楽しい!

日本史の勉強のコツについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

日本史の時代の流れを理解する

用語や年号を理解する

文化史を学習する

日本史の時代の流れを理解する

日本史は暗記という説明をしましたが、闇雲に覚えても効率はよくありません。

 

では何をどうやって暗記したら良いのでしょうか?

 

それは、日本史の重要語句を覚える前に、教科書や参考書を読んで、各時代の登場人物や歴史的な背景、因果関係を整理することです。

 

日本史を得意科目にするためには、各時代にはどういう「背景」があり、「誰が」「いつ」「なぜ」「どういう行動をとったか」を理解することが大切です。

 

そうすることで全体的な流れを理解し、効率的に重要語句などの用語が覚えやすくなります。

 

各時代で起きた主要な出来事や、中心人物などの流れを押さえるのが効率的な日本史の勉強のコツです。

用語や年号を理解する

日本史の勉強は年号を覚えることも大切です。

 

なぜなら、出来事を時系列で理解する必要があるからです。

 

日本史で高得点を狙うためにも、年号を覚えることはマストになります。

 

大学入学共通テストや私立大学では、事件名や人物名を時系列に沿って並べる問題は頻出です。

 

そのため、日本史の流れを把握して、各時代の重要な用語・年号を暗記していく方が効率的な勉強法です。

 

年号の暗記には一問一答形式の問題集や語呂合わせの参考書を活用するのがおすすめです。

 

年号については通学時間や休み時間などスキマ時間を利用して、覚えることも可能です。

 

しかし、時間を要すると他の科目の勉強に影響が出るため、年号は早めに終わらせるように計画を作成しましょう。

妥協を許さない

日本史の勉強は徹底的に行うのがポイントです。

 

例えば、使っている参考書の理想的な到達レベルは、「完全暗記」することです。

 

すべてを暗記することができれば、学力として定着していることになるので、試験本番で実力を発揮できます。

 

しかし、完全に暗記するためには、日本史の場合、参考書を20~50周前後記憶する必要があります。

 

日本史の成績を上げたいのであれば、「完全暗記」を目指して、妥協を許さず勉強することが大切です。

あわせて読みたい
参考記事:MARCH対策やっておきたい日本史の参考書3冊
参考記事:これから古文の勉強を始めるための勉強法と参考書を3冊紹介

日本史の勉強法

日本史の効率の良い勉強法を知ると日本史の勉強が楽しい!

日本史は反復学習

日本史は暗記

問題集で確認

日本史は反復学習

反復学習とは、同じ内容を繰り返し学習して記憶することです。

 

あくまで「同じ内容を繰り返す」ことを示しているだけであり、その繰り返しの期間や回数について明確な定義は存在しません。

 

反復学習は暗記の基本とされ、どのような科目でも地道な反復学習が欠かせないと言われています。

 

暗記に近道はないのです。

 

日本史の勉強は、毎日コツコツ継続して勉強するのが一番の近道と言えます。

日本史は暗記

日本史の勉強をするとき、暗記に特化した勉強法を実践してみてください。

 

なぜなら、暗記に特化した勉強をしないと年表をはじめとする重要事項を覚えることはできないからです。

 

日本史では教科書の内容を丸暗記するつもりで、覚えるのが鉄則です。

 

そのため、日本史の暗記に特化した勉強をしなければ、日本史の知識の向上はできません。

 

たとえば、日本史で高得点がとれない人のなかには、覚えるべきことを覚えてないから得点が取れないケースがほとんどです。

 

教科書を数回読んだだけでは暗記は不十分であり、すぐに忘れてしまう可能性が高いため、「暗記する作業」を徹底的に行う必要があるのです。

問題集で確認

徹底的に暗記をした後は、問題集などを活用して暗記の確認作業をする必要があります。

 

1度覚えた知識がしっかりと定着しているかどうかを確認するためにも、暗記の確認作業は重要です。

 

日本史の勉強では暗記が必要ですが、暗記の作業だけでは覚えたかどうかの確認ができません。

 

必ず「暗記の作業」と「暗記の確認作業」をセットで行う必要があるのです。

 

この作業は日本史の知識を定着させるためには、必要な勉強法です。

 

また、一問一答形式の問題集を使うと効率良く暗記の確認作業が行なえます。

 

隙間時間を有効に使えるのでおすすめのアイテムです。

あわせて読みたい
参考記事:大学受験の最低限の単語数!英単語ターゲットは全部覚えてね!
参考記事:【日東駒専対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について
高校生が勉強を習慣化させる方法【誰にでもできるポイント3つ】

まとめ:日本史の効率の良い勉強法を知ると日本史の勉強が楽しい!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、日本史の効率の良い勉強法を知ると日本史の勉強が楽しい!は参考になりましたでしょうか?

 

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!