BLOG
合格ブログ

【日本史の勉強】重要語句の覚え方!これで日本史が得意科目になる!

【日本史の勉強】重要語句の覚え方!これで日本史が得意科目になる!

日本史の重要語句が覚えられない人って多くないですか?

日本史を得意科目にしたい人

日本史の勉強法を知りたい人

日本史の重要語句を効率的に覚えたい人

 

今回は、上記の悩みを解決します。

 

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

今回紹介する「【日本史の勉強】重要語句の覚え方!これで日本史が得意科目になる!」を読めば、日本史が得意科目になるはずです。

 

なぜなら、塾長が実践している内容だからです。

 

この記事では、日本史の重要語句の覚え方を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、日本史の覚え方の勉強法がわかる内容になっています。

記事の内容
【日本史の勉強】重要語句の覚え方!これで日本史が得意科目になる!

日本史の勉強法:覚え方のポイント

効率良く覚えるための日本史の勉強法

【日本史の勉強】重要語句の覚え方!これで日本史が得意科目になる!

【日本史の勉強】重要語句の覚え方!これで日本史が得意科目になる!

【日本史の勉強】重要語句の覚え方!これで日本史が得意科目になる!についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

日本史の勉強とは

日本史の重要語句を覚えるための準備

重要語句を覚えるためには繰り返して勉強

日本史を得意科目にする勉強

日本史の勉強は言わずとしれた暗記です。

 

日本史の知識の量に比例して、日本史の成績も上がるのです。

 

では、日本史を得意科目にするには、どうすればいいのでしょうか?

 

日本史を得意科目にするには、重要語句を暗記科目として無機的に覚えるのではなく、歴史を「時代の流れ」として理解することです。

 

日本史の重要語句だけを無機質に暗記しても効率がよくありません。

 

大学受験にしっかりと対応するためには、時代の流れを把握しながら重要語句を覚えると、記憶の力が働きます。

 

日本史の知識が増えてくると、日本史が面白くなってきて、そのときには日本史が得意科目になっているはずです。

 

つまり、最初から暗記科目として用語を詰め込むのではなく、まずは歴史の流れを感じながら学習を進めるのがポイントです

日本史の重要語句を覚えるための準備

日本史を勉強するためには、参考書を用意したりと、事前準備が必要になります。

 

では、どのような教材を準備するのがいいのでしょうか?

 

おすすめは、インプットの軸となる参考書と、アウトプット用の問題集、そして副教材として資料集や一問一答式の参考書を揃えるのがおすすめです。

 

学校で配布されている参考書があれば、それを使っても構いません。

 

日本史の勉強法の基本は、インプットとアウトプットの繰り返しです。

 

インプット用の参考書で日本史の知識を頭に入れて、アウトプット用の問題集で知識を確認するのです。

 

日本史の知識を補うために、資料集や一問一答式を使って、知識の定着を促進します。

 

インプットとアウトプットを両方兼ね備えた参考書もおすすめです。

 

日本史の重要語句を覚えるための準備をしっかりと行い、日本史の勉強に取り組みましょう。

記憶の種類を知って重要語句を覚える

日本史は暗記ということを繰り返して説明していますが、暗記の仕組みについて知っておくと、勉強の仕方が効率的になります。

 

暗記は、記憶と置き換えられるので、記憶の種類について簡単に説明します。

感覚記憶 「感覚記憶」とは、視覚、聴覚、嗅覚、味覚、触覚、といった感覚器官ごとに存在する、非常に保持時間の短い記憶のことです。
短期記憶 「短期記憶」とは、比較的短い期間、頭の中に保持される記憶のことです。短期記憶は、感覚記憶よりは長い時間保存されている記憶のことです。
長期記憶 「長期記憶」とは、短期記憶がリハーサル(頭の中で何度も繰り返す行為)によって、比較的長い期間、保持される記憶のことです。

 

つまり、日本史の知識を定着させるためには、長期記憶として暗記することです。

 

長期記憶になると、絶対に忘れない状態になるのです。

日本史の勉強法:覚え方のポイント

【日本史の勉強】重要語句の覚え方!これで日本史が得意科目になる!

日本史の勉強法:覚え方のポイントについてまとめてみました。

 

以下の項目について説明しています。

日本史の勉強法:時代の流れを覚える

日本史の勉強法:問題集を使って覚える

日本史の勉強法:一問一答で覚える

日本史の勉強法:時代の流れを覚える

日本史の重要語句を効率的に暗記するためには、時代の流れを把握することが大切です。

 

なぜなら、時代の流れと関連付けて、各時代の「背景」誰が」「いつ」「なぜ」「どういう行動をとったのか」を理解するのが大切だからです。

 

そのためには、時代の流れと、主要な出来事、中心人物は暗記しなければなりません。

 

全体像を把握してから、それに関連することを覚えるため、効率の良い日本史の勉強法と言えます。

 

また、時代の流れを把握するためには、年号も暗記する必要があります。

 

年号そのものが試験で問われることはありませんが、日本史の試験で出題される出来事の並べ替え問題に対応するためには、年号の暗記は欠かせません。

 

年号も時代の流れを把握しながら、覚えると覚えやすくなります。

 

時代の流れを把握して、関連事項を覚えると、日本史の知識が定着しやすくなります。

日本史の勉強法:問題集を使って覚える

日本史の勉強はインプットの後は、アウトプットです。

 

日本史のアウトプットは問題集で行うのがおすすめです。

 

なぜなら、日本史のさまざまな入試問題に対応するため、たくさんの問題に取り組む必要があるからです。

 

日本史の入試問題は、ある出来事に対して、いろいろな切り口で出題されます。

 

それに対応するためには、多くの問題に触れて対策する必要があるのです。

 

また、問題を解くことで苦手分野を把握できますし、覚えたつもりでも覚えていなかった、なんてこともあるかもしれません。

 

課題が見つかると、課題を克服することで成績は上がります。

 

問題を解くことで、これまでの日本史の知識の確認して、さらには知識の定着を図りましょう。

日本史の勉強法:一問一答で覚える

日本史の重要語句を覚えるために、日本史の一問一答を使うのもおすすめです。

 

なぜなら、日本史の一問一答は簡単に持ち運べるため、スキマ時間を利用して、勉強できるからです。

 

一問一答の参考書の特長は、「重要語句を覚える」「覚えた内容が答えられるか」つまり「日本史の知識をアウトプットするためのもの」です。

 

赤シートを使いながら、日本史の知識の確認をして、もしすぐに答えることができれば、その内容はきちんと頭の中に入っている、つまり、きちんと覚えられていることになります。

 

また、どの単元が覚えられていて、どの内容が覚えられていないかを、確認できるのが一問一答のメリットです。

 

さらには、自分が覚えられていない単元、つまり苦手な単元を見つけられます。

 

苦手な単元が見つかれば、そこを重点的に覚え直し、より実力アップにつなげることもできるのです。

 

日本史、一問一答の使い方について知りたい方、山川【日本史一問一答】の使い方を知って日本史の偏差値アップ

効率良く覚えるための日本史の勉強法

【日本史の勉強】重要語句の覚え方!これで日本史が得意科目になる!

効率良く覚えるための日本史の勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

日本史の教科書を音読して覚える

日本史の重要語句を書いて覚える

寝る前に日本史を勉強して覚える

日本史の教科書を音読して覚える

日本史の教科書を反復して音読すると効率的に暗記ができます。

 

理由は、読んで口に出すことは、インプットとアウトプットが同時にできるからです。

 

また、重要語句を覚えるだけでなく、試験に通用する日本史の知識を身につけることもできるのです。

 

日本史の教科書を音読するときのポイントは、重要語句を覚えるという目的意識を持つことです。

 

具体的には、時代の流れや因果関係を気にしながら、すべてを暗記するつもりで声を出すのがおすすめです。

 

最初は音読の速さは気にせずに、重要語句の意味を理解できるまで繰り返して口に出してください。

 

何度も繰り返すうちに、自然に重要語句を頭の中で覚えるようになるはずです。

日本史の重要語句を書いて覚える

日本史の重要語句をひたすらノートに書いて暗記する方法です。

 

古典的な勉強法ですが、書く行為が脳の神経を刺激するため、記憶が定着しやすいのです。

 

書いて覚える方法は、時間を要したり、手が痛くなったり、時間も手間もかかります。

 

しかし、目で見て、手も一緒に動かすと暗記の効率が上がります。

 

書いて、覚えるという意識を持って暗記するのが大切です。

寝る前に日本史を勉強して覚える

暗記系の勉強は夜の寝る前がゴールデンタイムと呼ばれています。

 

なぜなら、暗記と睡眠は密接な関係があるからです。

 

日本史の重要語句を暗記してすぐ寝ると、記憶として定着しやすいと言われているからです。

 

次の日に起きてすぐに、確認テストして覚えていればパーフェクトです。

 

寝る前に覚えた記憶は、長期的に記憶できると実証されているため、暗記系の勉強は寝る前にする。

 

暗記を寝る前にするという工夫一つで、日本史の重要語句の暗記効率が上がるはずです。

 

試してみてください。

まとめ:【日本史の勉強】重要語句の覚え方!これで日本史が得意科目になる!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「【日本史の勉強】重要語句の覚え方!これで日本史が得意科目になる!」は参考になりましたでしょうか?

 

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

「予備校オンラインドットコムにお任せください」

受験生は不安や心配で何かと大変ですが悔いのない大学受験をすることが大切です。

 

予備校オンラインドットコムでは、受験勉強はもちろんのこと、ご家庭とのコミュニケーションを大切にして、スタッフ一同が塾生の大学合格までを全力でサポートいたします。

 

ぜひこの機会に予備校オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

 

もちろん、受験生の親の不安や心配事があれば、なんでも相談してください。

 

そのために予備校オンラインドットコムがあるのです。

予備校オンラインドットコムでは、これから受験勉強をはじめる高校生にしっかりと向き合い、志望校への合格の仕方を教えます。

志望校合格までの勉強時間・参考書・勉強法をアドバイスして、受験までの学習管理を徹底して行って、合格を目指します。

予備校オンラインドットコムで最短で効率の良い受験勉強を始めてみませんか?
予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!