BLOG
合格ブログ

山川の日本史用語集の使い方がわかると日本史の勉強が安心

山川の日本史用語集の使い方がわかると日本史の勉強が安心

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

記事の終わりには、日本史の成績がアップする勉強情報を掲載しています。参考にしてください。

 

今回のお悩みはこちら。

日本史用語集って?

日本史用語集の勉強法が知りたい

日本史の勉強法が知りたい?

 

山川出版の日本史用語集の使い方って気になりませんか?

 

実は、今回紹介する「山川の日本史用語集の使い方がわかると日本史の勉強が安心」を読めば、日本史用語集の勉強法がわかります。

 

なぜなら、予備校オンラインドットコムで実践している内容だからです。

 

この記事では、日本史用語集の勉強法を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、日本史用語集の勉強法がわかり、日本史の偏差値がアップするでしょう。

 

読み終わるとわかること
山川日本史用語集の勉強法を5分で徹底解説【日本史の偏差値UP】

日本史用語集の勉強法

日本史の偏差値を上げる勉強法

 

 

山川の日本史用語集の使い方がわかると日本史の勉強が安心

山川の日本史用語集の使い方がわかると日本史の勉強が安心

山川の日本史用語集の使い方がわかると、日本史の勉強が安心についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

社会の山川出版とは

山川出版の日本史用語集

日本史用語集がおすすめな人

社会の山川出版とは

山川出版の日本史と世界史の教科書の採択率が圧倒的に高いため、教科書の会社のイメージが強いかもしれませんが、専門書から一般書まで幅広く手がけている歴史書の老舗出版社。

 

大学受験の日本史や世界史の分野においては、受験生からバイブル的な扱いをされ、圧倒的人気を誇る出版社です。

 

山川出版の教科書が採択されていない進学校の生徒は各自で買い求めることも多く、大学受験においては欠かせない存在。

 

受験生の間では、山川出版の参考書をシリーズで使っていれば、安心と言われる所以でもあります。

山川出版の日本史用語集とは

山川出版の日本史用語集は一言で言うならば、日本史の辞書のような存在です。

 

日本史の用語が約6600語も掲載されており、日本史の用語集選びに迷っている受験生は、山川出版の日本史用語集を選んでおけば間違いのない用語集と言われています。

 

なぜなら、あまりにも膨大な量の用語が掲載されているため、手にとって見るとびっくりする受験生もいるかも知れません。

 

しかし、山川出版の日本史用語集は、とてもわかりやすくまとめられているため、1冊持つならば山川出版の日本史用語集と言われています。

 

日本史用語集では高校の教科書に取り上げられている用語や、受験に必要なことに焦点を当てて解説。

 

さらに、どの程度教科書で取り上げられているかなど、その用語の使われる頻度についても書かれているので、受験対策には非常に役に立ちます。

 

したがって、難関大学を目指している人や、二次試験で日本史を利用する人は持っておいて損がない参考書なのです。

 

出版社 山川出版
収録範囲 全範囲(古代〜現代史)
ページ数 448ページ
収録語数 約6600語数
レベル 定期テストから大学共通テスト・国立2次・早慶レベルまで対応可能

日本史用語集がおすすめな人

学校で山川出版の教科書を使っている場合は、日本史用語集を持っておきたい。

 

理由は、山川出版の教科書と日本史用語集をセットで使うのが、おすすめの使い方だからです。

 

山川出版の日本史用語集があると、定期テストから大学入学共通テスト・国立2次・早慶レベルまで対応可能な優れた用語集。

 

日本史を選択している受験生にとっては、是非とも、持っておきたい用語集です。

日本史用語集の勉強法

山川の日本史用語集の使い方がわかると日本史の勉強が安心

日本史用語集の勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

日本史用語集使い方

日本史用語集の勉強法

覚えるまで繰り返し

日本史用語集使い方

日本史用語集には、用語に関して一語一語しっかりと解説されているので、教科書よりも深い知識を学べます。

 

日本史用語集の使い方は、知らない日本史の用語や、細部まで知りたい場合に使うのがおすすめです。

 

なぜなら、辞書的な役割を果たしてくれるのため、日本史のわからない用語について、日本史用語集を調べると解決できるはずです。

 

具体的には、難易度の高い問題や過去問を解いている時や、知らない用語に出くわした場合に、日本史用語集で調べて解説を読んで、理解するのが一般的な使い方。

 

日本史用語集は約6600語も収録されているため、ほとんどの日本史の用語についての説明が掲載されているため、意味を調べると理解できるのです。

 

しかも、日本史用語集には用語に関して、一語一語しっかりと解説されているので、教科書よりも深い知識が学べる理由。

 

二次試験で高得点を狙いたい受験生については、日本史用語集の用語部分を見て、それを説明できるようにするという勉強法もおすすめです。

日本史用語集をスキマ時間に使う

日本史用語集を最初の用語から覚えていくのは、非効率的な勉強法と言えます。

 

理由は、先程も説明しましたが、日本史用語集は辞書的な使い方が効率的な使い方だからです。

 

とはいえ、日本史用語集は持ち歩きができるため、通学時間などのスキマ時間を使って眺めることで、用語の復習に使えます。

 

眺めるだけでも知らない用語に出くわすと、その用語に興味を持ち、もう少し調べてみようという気持ちになるでしょう。

 

また、調べた用語に印をつけることで、記憶に残りやすくなるため、効率的に覚えられるようになります。

 

スキマ時間に眺めるだけでも、難しい日本史の用語を覚えることが可能となるため、時間を有効に使える用語集。

日本史の用語集は必要なアイテム

日本史用語集って必要なの?と感じている受験生へ。

 

日本史用語集は、必要です。

 

理由は、

1.とても詳しい解説が載っている。

 

2.入試問題の頻出度がわかる。

 

3.用語の掲載数が多いからです。

 

日本史用語集は教科書と比べても、用語一つ一つがとても詳しく解説されています。

 

つまり、繰り返しになりますが、日本史の辞書代わりに、日本史の用語の意味が調べられるのです。

 

また、用語集には各用語に数字がつけられていて、何種類の教科書に載っているのかを表しています。

 

この数字が高ければ高いほど、出題率が高いという意味で、重要な用語として認識できるでしょう。

 

よって、用語集を使うことで、「各用語の頻出度」が簡単にわかるわけです。

 

最後に先ほどは解説の詳しさという、いわゆる「深さ」を解説しましたが、日本史用語集は「量」も多い。

 

難関大を目指そうとする人は、教科書にあまり登場しないような、難しい用語も勉強する必要性感じるかも。

 

そういう教科書に載っていないような用語も、日本史用語集では掲載されているでしょう。

 

教科書で扱っていない用語までも、詳しく勉強できるのが日本史用語集です。

日本史の偏差値を上げる勉強法

山川の日本史用語集の使い方がわかると日本史の勉強が安心

日本史の偏差値を上げる勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

日本史を得意科目にするために

日本史を覚えるポイント

日本史はインプットとアウトプット

日本史を得意科目にするために

日本史の偏差値を上げるためには、日本史の知識の量を増やす必要があります。

 

では、知識の量を増やすためにはどのような勉強法が良いのでしょうか?

 

それは、ただ単に覚えるだけではなく、時代背景や時代の流れなどと一緒にストーリーで覚えるのが効果的。

 

なぜなら、無機質に覚えるのと物語で覚えるのを比べると、後者のほうが圧倒的に記憶力が向上するからです。

 

とはいえ、暗記の仕方は人それぞれで違いますので、自分にあった勉強法で覚えるのが一番効果があると言えます。

日本史を覚えるポイント

日本史で覚えるべきポイントは、各時代での5W1Hを整理して関連付けして覚えること。

 

理由は、「時代背景」「誰が」「いつ」「なぜ」「どういう行動をとったか」「年号」を関連付けして覚えると、たとえ試験で忘れてしまっても関連付けて思い出せるからです。

 

特に各時代で起こった出来事や、中心人物は必ず年号なども含めて覚えてください。

 

日本史ではたくさんの人物が登場するため、同じ苗字の人もたくさん出てきます。

 

例えば、藤原、足利、徳川などは、整理がつかなく、覚えるのが難しい名前と言えるでしょう。

 

頭の中で混乱しないためにも、人物については出来事や年号を関連付けて覚えることで、区別ができるようになります。

 

しっかりと日本史のポイントを理解できると、出来事の順序並べ替え問題や正誤問題に対応できるようになります。

日本史はインプットとアウトプット

日本史の勉強はインプットとアウトプットの繰り返しが基本。

 

インプットとしたら必ずアウトプットとして、問題集や過去問を解いて知識の定着を確認してください。

 

特に教科書や日本史用語集だけでは、最近の日本史の出題傾向に対応できない可能性もあります。

 

実際の問題を解くことで、実戦形式に慣れるのはもちろんのこと、いろいろな角度からの出題に対応するためです。

 

また、苦手分野や不得意分野が明確になり、重点的に学習するポイントがわかります。

 

インプットした知識を、実際の出題形式にそのように対応していいくかは、大切なポイント。

 

暗記ばかりの勉強では、知識の定着ができないので、問題演習の時間も取り入れて日本史の学習をすると良いでしょう。

まとめ:山川の日本史用語集の使い方がわかると日本史の勉強が安心

山川の日本史用語集の使い方がわかると日本史の勉強が安心

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「山川の日本史用語集の使い方がわかると日本史の勉強が安心」は参考になりましたでしょうか?

 

まとめ
山川日本史用語集の勉強法を5分で徹底解説【日本史の偏差値UP】

日本史用語集の勉強法

日本史の偏差値を上げる勉強法

学習管理型の塾に通って勉強のやる気アップ

学習塾の指導形式で大きく分けると、「集団指導」、「個別指導」、「家庭教師」、「オンライン指導」そして、「学習管理型の塾」に分けられます。

 

最近注目されている学習管理型の塾とは、一般的に科目の指導はしていません。

 

具体的には、生徒の志望大学に合格するための学習計画を作成して、学習の進捗管理がメインとなります。

 

学習計画には、年間、月間、週間、毎日のやるべきことが細かく指示され、計画通りに学習を進めていくと志望大学に合格できる仕組み。

 

毎日の学習は、指示された市販の参考書を使い、自学自習というスタイルで受験勉強に取り組みます。

 

受験勉強では、自分の志望校に合わせた対策が必要であり、そのためには自らが率先して学ぶ、自学自習のスタイルがとても大切。

 

実は、受験生の勉強時間を見てみると、自分で理解したり、自分で問題を解いたりする自学自習の時間が最も長いのです。

 

学習管理型の塾では、自学自習の仕方、勉強時間の効率的な使い方、取り組むべき参考書を決めてくれるため、学習計画に沿って勉強が進められるようになるでしょう。

 

学習管理型の塾 通常の塾
勉強計画策
学習の進捗管理
質問対応
実力測定テスト
科目ごとの授業

 

以上、大学合格を目指して、学習管理型の塾を検討してみるのも、おすすめです。

成績アップ!日本史おすすめ勉強情報

日本史のおすすめ参考書と問題集!厳選した日本史の参考書15冊紹介

【日本史の勉強法】日本史の勉強に年号の語呂合わせが必要な理由

日本史の勉強法は教科書をよく読む!【これならできる日本史の勉強】

【日本史の勉強】重要語句の覚え方!これで日本史が得意科目になる!

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

【大学受験】山川シリーズ日本史の超鉄板おすすめの参考書4冊

山川の日本史用語集の使い方がわかると日本史の勉強が安心

詳細日本史ノートの勉強法を知って偏差値を上げる!

詳細日本史Bの勉強法のポイントを徹底解説【要チェック】

山川【日本史一問一答】の使い方を知って日本史の偏差値アップ

日東駒専対策やっておきたい日本史の参考書3冊

【日本史Bとは?】高校生に日本史Bの勉強法についてアドバイス

MARCH対策やっておきたい日本史の参考書3冊

【大学受験】日本史の勉強法を早稲田大学の講師に聞いてみました!

【大学受験】社会の選択は日本史で決まり!これを読めば理由が5分でわかる!

予備校オンラインドットコム