BLOG
合格ブログ

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

「※この記事には一部PRが含まれます」

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

今回のお悩みはこちら。

進路が決まらない高校生、どうしよう?

進路は何を基準にして選択するの?

進路を決める解決策はあるの?

 

今回の記事の担当は、進路アドバイザーの資格を持ったスタッフです。

 

進路が決まらない高校生って多いですよね?

 

実は今回紹介する「【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説」を読めば、高校生の進路についてのアドバイスになります。

 

なぜなら、進路アドバイザーがいつも指導している内容だからです。

 

この記事では、進路を決めるための具体策について紹介しています。

 

記事を読み終わると、高校生の進路についてのヒントになるはずです。

 

読み終わるとわかること
高校生の進路が決まらない理由

進路が決まらない高校生へ進路アドバイザーが解説

進路が決まらない時のポイント

高校生へ解決策のアドバイス

Contents

進路が決まらない高校生は焦らない

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

進路が決まらない高校生は、焦らなくても大丈夫。

 

なぜなら、進路選択には数多くの選択肢があるからです。

 

具体的には、大学、専門学校、就職、留学など、さまざまな道があります。

 

焦らずに時間をかけて選択肢を探求し、自分に合った道を見つけるのが良いでしょう。

 

また、高校生の段階ではまだ未来が開かれており、将来の進路を必ずしも完全に決める必要はありません。

 

人生は進化していくものであり、将来の道も変化する可能性があります。

 

焦らずに自分自身を成長させ、新たな機会を見つけることが大切。

 

さらには、進路選択には自己発見と成長の機会があります。

 

様々な経験を通じて自分自身を知り、自己分析することで、自分の興味や能力、目標を明確にできます。

 

焦らずに時間をかけて自己成長に取り組むことは、将来の成功につながる可能性があります。

 

進路選択は人生における重要な決断ですが、焦らずに冷静に取り組むことが大切です。

 

自分自身と向き合い、情報収集や経験を通じて自己成長を促進させながら進路を決めると良いでしょう。

 

焦る必要はなく、むしろこの過程を楽しんで進んでいくことが大切です。

【おすすめ塾】

ビリギャルで有名な個別指導「坪田塾」

オンラインで全国各地の受験生を応援!

アウトプット中心の授業で

逆転合格できる!坪田塾

坪田塾について詳しく知りたい方

坪田塾の公式HP

参考記事:【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

進路が決まらない高校生:5つの理由

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

進路が決まらない高校生の理由についてまとめてみました。

 

高校生の進路が決まらない5つの理由を解説します。

進路が決まらない高校生は行きたい大学がわからない

進路が決まらない高校生は専門学校の費用が心配

進路が決まらない高校生は就職に自信がない

進路が決まらない高校生は関心や興味の変化

進路が決まらない高校生は情報不足

進路が決まらない高校生は行きたい大学がわからない

高校卒業の進路が決まらない理由で多いのが、「大学で学びたいことがない」という理由。

 

なぜなら、大学にはさまざまな学部・学科があるからです。

 

そのなかから、自分のやりたい勉強、自分の学びたい学部・学科を選ぶことは、至難の業だからです。

 

また、学部選びは、大学卒業後の職業選びや進路にも影響を与えます。

 

そのため、自分で決めるのが難しいと感じる高校生も多くいるのです。

 

意外にも、とりあえず、大学に進学するという高校生も、多いのも事実です。

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

参考記事:総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

進路が決まらない高校生は専門学校の費用が心配

大学に次いで多い進路先、専門学校。

 

専門的な知識や技術を学べ、いろいろな業界に特化した専門学校があり、就職率が高いのが特長。

 

しかし、多くの専門学校は、実習費が学費にプラスされるという傾向にあります。

 

特に、医療・調理・製菓の分野は実習が多い分、学費が高くなる場合も

 

学費の面を心配して、行きたい専門学校を決められない場合もあるのです。

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

参考記事:【必見】総合型選抜対策|オープンキャンパスへの参加は合否に影響するの?

進路が決まらない高校生は就職に自信がない

高校生には、就職という進路もあります。

 

高校生は学校を通して、就職活動する場合が多いので、就職率が高いのが特長。

 

一般的に高校生の就職活動は3年生になると同時に始まり、9月末には内定をもらいます。

 

そのために、進学を希望する高校生と比べると、早い段階で就職を意識しなければなりません。

 

とはいえ、自分のやりたい仕事、興味のある仕事を見つけるのは大変なこと。

 

さらには、「就職が不安」と、悩む場合もあるでしょう。

 

そうなると、進路が決まらずに、時間だけが過ぎてしまうのです。

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

参考記事:勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

進路が決まらない高校生は関心や興味の変化

高校生の関心や興味は成長とともに変化します。

 

新たな科目や趣味の発見、社会の変化、情報の入手などが影響を与えます。

 

これは進路選択に重要な要素であり、自己成長と深く関連しています。

 

自分自身の関心や興味の変化に敏感になり、多様な経験や情報を通じて探求しましょう。

 

興味が変わることは自己発見の機会であり、自分に合った進路を見つけるための大切なプロセスです。

 

焦らずに自分自身と向き合い、将来の可能性を広げるために時間をかけることをお勧めします。

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

参考記事:高校生は塾に行くべきか?悩んだ時はこれを読んで解決

進路が決まらない高校生は情報不足

進路が決まらない高校生の一因は情報不足。

 

大学や専門学校、職業など、進路選択には膨大な情報が必要。

 

十分な情報を収集する前に決断することは難しい。

 

専門家や学校の先生、家族や友人と相談し、進路に関する情報を集めましょう。

 

大学のオープンキャンパスや職業体験などの機会を活用し、自分に合った選択肢を見つけるために時間をかけることが重要です。

 

情報収集を通じて自信を持ち、将来に向けた適切な進路を選べます。

 

参考記事:【総合型選抜に強い塾】塾に行くべき?塾経験者がおすすめする!【総合型選抜対策塾の紹介】

高校卒業後の進路について

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

高校卒業後の主な進路について解説します。

大学・短大

専門学校

留学

就職

大学・短大

高校卒業後の進路の中で、大学と短大は一般的な選択肢。

 

大学は、高等教育機関であり、学士号を取得するための学術的な教育が受けられます。

 

大学は一般的に4年制のカリキュラムで、広範な学問領域にわたる多くの学部・学科が存在。

 

大学では専門的な知識や研究に取り組む機会があり、学術的なキャリアや高度な職業への道を目指せます。

 

一方、短大(短期大学)は2年制の高等教育機関。

 

短大では専門的な知識や技術を短期間で学び、専門士号を取得できます。

 

短大は実践的な教育を重視し、具体的な職業への就職を目指すことが多い。

 

看護や保育、ビジネスなど、さまざまな専門分野をカバーしています。

 

大学と短大の違いは、学習期間やカリキュラムの内容、学位の取得にあります。

 

大学では学士号を取得し、より幅広い知識と深い学術的な教育が受けられます。

 

一方、短大は専門士号を取得し、短期間で実践的なスキルが身につきます。

 

進路選択の際には、自身の興味や目標、将来のキャリアパスを考慮し、大学か短大かを選ぶことが重要。

 

また、それぞれの教育機関のカリキュラムや特徴、就職や進学へのサポート体制なども比較検討すると良いでしょう。

 

 

\大学選びは資料請求から!今すぐクリック!/
↓↓↓
【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

 

専門学校

高校卒業後の進路の中で、専門学校は一つの選択肢。

 

専門学校は、職業や実践的なスキルを学ぶための教育機関。

 

専門学校では、短期間で実践的な知識や技術が身につきます。

 

専門学校のカリキュラムは実務に基づいており、授業内容は実際の職場で必要なスキルや知識を重視。

 

例えば、美容師、エステティシャン、調理師、建築士、IT技術者など、さまざまな職業に特化した専門学校があります。

 

専門学校のメリットは、短期間で実践的なスキルが身につくこと。

 

就業に直結したカリキュラムや実習を通じて、職場で必要な実践力が養えます。

 

また、専門学校ではクラスの人数が比較的少ないため、個別の指導や実践的なトレーニングが受けられることも特徴。

 

ただし、専門学校では学士号を取得するわけではありません。

 

大学や短期大学への進学と比べると、学位の面ではやや劣る場合があります。

 

しかし、専門学校を卒業することで実践的なスキルや資格を取得し、即戦力として働けるため、進学よりも即時の職業への就業を希望する人にとって魅力的な選択肢となります。

 

専門学校への進路選択は、自身の興味や目標、将来のキャリアを考慮することが重要。

 

また、専門学校のカリキュラムや就職サポート体制、学費なども比較検討すると良いでしょう。

 

自分の将来にとって最適な道を見つけるため、じっくりと選択肢を考えてみてください。

 

専門学校が気になる方は:コレカラ進路のサイトをチェック!

留学

高校卒業後の進路の一つとして留学があります。

 

留学は、国内外の教育機関に留学し、異文化や外国語を学びながら自己成長や学術的な経験を積むこと。

 

留学にはさまざまな形態があります。

 

一つは、大学や短期大学への進学留学で、海外の大学で学士号を取得するのが目的。

 

これにより、異なる教育システムや文化に触れながら学術的な知識が深まります。

 

また、語学留学も一般的な留学形態。

 

留学先で語学学校に通い、英語や他の言語を習得できます。

 

語学力を向上させるだけでなく、留学先の文化や生活環境に浸ることで国際的な視野が広がるでしょう。

 

留学のメリットは、異なる文化や環境に触れることで自己成長を促すことや、語学力の向上、国際的な人脈の構築などが挙げられます。

 

また、海外での学術的な研究や経験は、将来のキャリアにおいても有益な要素となります。

 

ただし、留学には費用や手続きの面での準備が必要。

 

留学先の選択やビザ取得、留学費用の確保など、慎重な計画と準備が求められます。

 

また、文化や言語の違いに対する適応能力や孤独感にも挑戦することになります。

 

留学を考える際には、自身の目標や興味、予算、留学先の選択などを慎重に検討することが重要です。

 

留学を通じて得られる経験と将来の可能性を考えながら、自分にとって最適な留学プランを立てましょう。

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

参考記事:【大学学部選び】学部学科の違いを知って志望校を決める

就職

高校卒業後の進路の一つとして、就職があります。

 

就職は、企業や組織で働きながら実務経験を積み、キャリアを築く道。

 

就職する場合、まずは自分の興味や関心のある業界や職種を探しましょう。

 

自身のスキルや能力を活かせる場所や、将来のキャリアの展望を考えることが重要。

 

求人情報を調べたり、企業のウェブサイトやキャリアセンターを活用して情報収集。

 

就職には、職務経験がない場合でも、インターンシップやアルバイトなどの経験を積むことが役立ちます。

 

また、自己PRや履歴書、面接対策などの準備も重要。

 

キャリアセンターやアドバイザーのサポートを受けることで、就職活動のスキルが磨けます。

 

就職のメリットは、早期に実務経験を積めること、収入を得ながら自立できる点。

 

また、職場での人間関係や仕事の実践的なスキルの習得も可能です。

 

しかし、就職には適切な職場やポジションを見つけることや、競争力のある履歴書や面接対策が求められます。

 

また、将来の成長やキャリアアップのために、継続的な学習やスキルアップも重要です。

 

就職先を選ぶ際には、自身の目標や興味、能力を考慮しながら、自分に合った業界や企業を見つけましょう。

 

自己分析やキャリアカウンセリングを通じて、将来のキャリアプランを明確にし、自信を持って就職活動に臨みましょう。

進路が決まらない高校生にやってほしいこと7つ

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

自己分析

高校生の進路が決まらない場合、自己分析することは有益。

 

以下の手順を参考にしてみてください。

1.自分の興味や関心を探求しましょう

自分が何に興味を持ち、どんな活動やテーマに関心を抱いてるのか考えてみましょう。趣味や特技、学校の授業で好きだった科目など、自分が関わることに喜びや意欲を感じる要素を見つけましょう。

2.強みと能力を見つけましょう

自分の得意なことや優れた能力は何かを見つけましょう。リーダーシップ、コミュニケーション能力、創造性、論理的思考など、自分が持っている強みや特技を洗い出してみましょう。

3.価値観を考えましょう

自分が大切にする価値観や信念は何かを考えてみましょう。自分の人生や将来のビジョンにおいて、何を追求したいのか、どんな社会貢献をしたいのかを明確にすることが重要です。

4.目標と目的を設定しましょう

自己分析を通じて見つけた興味・関心、強み・能力、価値観を基に、自分の進路において追求したい目標や目的を明確にしましょう。将来のキャリアや生活において達成したいことを具体的に定めることが大切です。

自己分析する際には、自分自身と向き合い、客観的に自己評価することが重要。

 

また、教師やキャリアカウンセラー、家族や友人に相談することも役立ちます。

 

さまざまな情報や経験を収集し、自分自身の特性や志向性を深く理解することで、進路選択の方向性が見つかります。

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

参考記事:【高校生】大学選び方がわからない!後悔しない大学選びのポイント5つ

将来の仕事について考える

高校卒業後の進路において、将来の仕事について考えることは重要。

 

以下の手順を参考にしてみてください。

1.興味や関心のある分野を見つける

自分が何に興味を持ち、どんな分野に関心を抱いているのかを考えましょう。趣味や特技、学校の授業で好きだった科目などを振り返り、自分が関わることに喜びや意欲を感じる分野を見つけましょう。

 

2.研究や情報収集

興味のある分野について、さまざまな情報源を活用して研究しましょう。インターネットや書籍、職業ガイダンスセンターの資料などを活用し、その分野の仕事内容や将来性、必要なスキルや資格などを調べましょう。

 

3.リサーチや体験を通じて具体的に考える

興味のある分野について、リサーチや体験を通じてさらに具体的に考えてみましょう。現場で働く人にインタビューしたり、インターンシップやボランティア活動などを通じて実際の仕事を経験してみることも有益です。

 

4.自己評価と適性の確認

自分の能力や性格、適性について客観的に評価しましょう。自己分析を通じて自身の強みや弱み、適性を把握し、将来の仕事に求められる要素との整合性を考えることが重要です。

 

5.キャリアカウンセリングを受ける

キャリアカウンセラーやアドバイザーに相談し、将来の仕事についての意見やアドバイスを受けましょう。彼らは進路選択やキャリアプランニングの専門家であり、あなたの悩みや希望に合わせたサポートを提供してくれます。

将来の仕事について考える際には、自分の興味や関心、能力、価値観を踏まえながら、将来のキャリア目標や生活のバランス、自己実現などを考慮すると良いでしょう。

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

気になる業界を調べる

高校生の進路において、気になる業界を調べることは重要。

 

以下の手順を参考にしてみてください。

1.興味のある業界を洗い出す

自分が興味を持っている業界や職種を考えましょう。自分の趣味や特技、学校の授業で好きだった科目などを振り返り、関心を持っている分野を見つけましょう。

 

2.インターネットで情報収集

選んだ業界について、インターネットを活用して情報を収集しましょう。業界の動向やトレンド、仕事内容、必要なスキルや資格などが調べられます。業界の専門サイトや企業のウェブサイト、業界関連のニュースやブログなどを参考にしましょう。

 

3.専門書籍や資料を読む

業界に関連する書籍や資料を読むことで、より詳細な知識が得られます。業界の専門書やビジネス書、職業ガイドブックなどを探して読んでみましょう。

 

4.インタビュー

業界で働く人にインタビューして、実際の仕事や業界の魅力について聞いてみるのも良い方法です。業界の専門家や現場で働く人にコンタクトを取り、メールや電話で質問や相談してみましょう。

 

5.インターンシップやイベントに参加

業界に関連するインターンシップやキャリアイベントに参加することで、実際の現場を体験する機会が得られます。業界の企業や団体が主催するイベントやセミナーに積極的に参加し、業界の雰囲気や仕事の実態を把握しましょう。

業界を調べる際には、自分の興味や関心、将来の目標に合致するかどうかを考慮しましょう。

 

さまざまな情報源を活用し、業界の特徴や将来性、自分自身とのマッチング度合いをじっくりと考えてみてください。

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

気になる大学を調べる

高校生の進路において、気になる大学を調べることは重要。

 

以下の手順を参考にしてみてください。

1.自分の進学希望を明確に

まず、自分が進学したい分野や学問について考えましょう。自分の興味や関心、将来の目標に合致する学問領域を明確にすることが大切です。

 

2.大学の評価やランキングを確認

大学の評価やランキングを調べることで、一つの指標として活用できます。一般的な大学ランキングや、学問分野別の評価などを参考にしましょう。ただし、ランキングだけに依存せず、自分の進学希望に合った大学を選ぶことが重要です。

 

3.大学のウェブサイトを訪問

気になる大学のウェブサイトを訪問し、学部・学科のカリキュラムや教育方針、学生生活の情報などを確認しましょう。大学のウェブサイトには、入学案内や学生インタビューなど、豊富な情報が提供されています。

 

4.オープンキャンパスや説明会に参加

大学のオープンキャンパスや説明会に参加することで、大学の雰囲気や施設、教員との交流などを体験できます。実際に大学のキャンパスを訪れ、学生や教職員と話をすることで、大学選びの参考になるでしょう。

 

5.受験情報や学費などを調査

大学の受験情報や入試要項、学費なども調べる必要があります。入学に必要な試験科目や選考方法、学費や奨学金制度などを確認し、進学の選択肢として考慮しましょう。

大学を調べる際には、自分の進学希望や目標に合った大学を選ぶことが重要です。

 

情報を収集し、大学の特色や環境、教育内容について慎重に考えることで、自分に最適な大学が見つかるでしょう。

 

 

\大学選びは資料請求から!今すぐクリック!/
↓↓↓
【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

一人暮らし?自宅?

高校卒業後の進路について住居を考えるのも大切。

どちらにもメリットとデメリットがあるので、自分の状況や希望に合わせて決めることが大切です。

一人暮らしのメリットは、

・自立心が身につく
・自分のペースで生活できる
・自由度が高い

一人暮らしのデメリットは、

・家賃や生活費がかかる
・料理や洗濯などの家事が大変
・寂しい

自宅に住むメリットは、

・家賃や生活費がかからない
・家事が楽
・家族と過ごせる

自宅に住むデメリットは、

・自立心が身につきにくい
・自分のペースで生活できない
・自由度が低い

一人暮らしをするか自宅に住み続けるかは、個人の状況やライフスタイルによって異なります。

 

将来の目標や独立の意欲、経済的な面や心理的な安定などを総合的に考慮すると良いでしょう。

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

親と相談

高校卒業後の進路を考える際には、親との相談も重要。

 

以下に、親に相談する際のポイントをいくつかご紹介します。

1.時期を選ぶ

相談するタイミングは重要です。親との時間を確保し、相手がリラックスして話せる状況を選びましょう。また、進路に関する情報を収集をしてから相談することで、具体的な話ができるようになります。

 

2.自分の考えを整理

自分の進路について、自分自身で考えを整理しましょう。自己分析や進路選択についての情報収集をして、自分の興味や将来の目標を明確にしておくことで、相談がスムーズに進むでしょう。

 

3.無理に決めずに話す

親に対して、自分がどのような進路を考えているのかを率直に話しましょう。ただし、親が期待している進路や意見があっても、無理に自分の意志を押し通すのではなく、お互いに話し合う姿勢を持ちましょう。

 

4.親の意見に耳を傾ける

親は経験と知識を持っている場合が多いので、その意見やアドバイスに耳を傾けることも重要です。親の考えや心配事を理解し、受け止めることで、より建設的な話し合いができるでしょう。

 

5.コミュニケーションを大切に

相談の場では、お互いの意見を尊重し、理解し合うことが大切です。冷静に話し合い、お互いの思いを共有しましょう。また、相談を繰り返すことで、お互いの考えが深まるでしょう。

親との相談は、進路選択の重要な一部。

 

お互いに意見を出し合い、信頼関係を築きながら進路を決めることが大切です。

 

親もあなたの将来を心配しているので、しっかりとコミュニケーションを取りましょう。

大学の情報収集

高校卒業後の進路を考える際に、大学進学を検討している場合の情報収集についてご説明します。

 

1.大学の公式ウェブサイトをチェック

各大学の公式ウェブサイトは、学部や学科のカリキュラム、入試要項、学生生活の情報などを提供しています。大学の特徴や教育方針を把握し、自分の進学希望に合致する大学を探しましょう。

 

2.学校説明会やオープンキャンパスに参加

大学の学校説明会やオープンキャンパスは、大学の雰囲気や施設、教員との交流などを体験する機会です。参加して直接学校の雰囲気を感じ、自分に合った大学が見つかります。

 

3.学生や卒業生の声を聞く

大学の学生や卒業生の声を聞くことで、実際の学生生活や進路の選択に関する情報が得られます。大学のウェブサイトやSNS、進学情報サイトなどで学生の体験談やアンケート結果を調べてみましょう。

 

4.入試情報を確認

大学の入試要項や過去の入試問題をチェックして、入試の傾向や出題内容を把握しましょう。また、合格者の実績や進路先についても調査して、進学後の選択肢や将来の可能性を考えることが重要です。

 

5.大学の評判やランキングを参考に

大学の評判や各種の大学ランキングを参考にすることも一つの手段です。ただし、自分の進学希望や将来の目標に合致するかどうかを判断する際には、自分自身の考えや情報の信憑性を重視しましょう。

大学進学に関しては、自分の進学目標や興味関心、将来のキャリアプランを考慮しながら情報収集して、適切な大学を選択することが重要です。

 

また、進学相談室や進学エージェント、先輩のアドバイスを受けることも良いでしょう。

 

 

\大学選びは資料請求から!今すぐクリック!/
↓↓↓
【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

進路が決まらない高校生へ、進路アドバイザーが解決についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

高校生が進路を決める時期

高校生は進路を決めるのは難しい

進路が決まらない時は深刻に考えない

進路が決まらない高校生は将来のキャリアイメージが描けない

高校生が進路を決める時期

高校生の進路を決める時期は、一般的には高校2年生の冬〜高校3年生の春頃には決めています。

 

高校2年生の冬休みに進路を決めるのが理想的と言えるでしょう。

 

高校生の中には、高校1年生から進路を決めている生徒もいますが、高校生の多くは進路について悩みを抱えています。

 

なぜなら、学びたいことや、やりたい職業がわからないからです。

 

進学の場合は、高校3年生の9月から総合型選抜や学校推薦型選抜が開始。

 

就職する場合には、高校3年生の7月から就職活動が始まります。

 

いずれにしても、遅くとも高校3年生の春には進路を決めておくのがポイントとなります。

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

参考記事:高校1年生が文理選択を決めるポイント【失敗しない7つのルール】

高校生は進路を決めるのは難しい

進路が決められないで悩んでいませんか?

 

進路について、悩みを抱えている高校生はたくさんいます。

 

なぜなら、高校卒業後の進路は、今後の人生に大きく影響してくるからです。

 

高校卒業後の進路の選択肢としては、大きく分けると進学と就職の2つがあります。

 

このどちらを選んだとしても、今後の人生に影響する大きな問題です。

 

当然、簡単に決めることはできません。

 

高校生の進路選択は、言い換えれば「人生の決定」と言っても過言ではありません。

 

そのため、多くの高校生が進路について悩みを抱えています。

 

いろいろな選択肢を模索して、しっかり悩んで進路を決めることが大切です。

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

参考記事:総合型選抜(AO入試)面接のコツ【知らないと損】大学入試面接を攻略

進路が決まらない時は深刻に考えない

「人生を、あまり深刻に考えてはいけません。だって、生きたまま、そこから逃れることは絶対にできないのですから」と言った人がいます。

 

私のところに相談に来る生徒も、進路について深刻に考えている高校生がいます。

 

進路については真剣に考えなければなりませんが、深刻になる必要はありません。

 

「真剣」は、「本気」という意味になりますが、それよりも強く本気だと表現できます。

 

「深刻」は、悪い意味で深くそちらに向かっている、既にそうなっていることの表現で、いい意味で用いられることはない言葉です。

 

つまり、「深刻にはならず、真剣になることが大切」なのです。

進路が決まらない高校生は将来のキャリアイメージが描けない

進路が決まらない高校生は、将来のキャリアイメージが描けないと感じることがあります。

 

これは自分の興味や才能、将来のビジョンがまだ明確でないために起こるものです。

 

彼らは自分の将来について不安を感じ、どの道を選ぶべきか迷うことがあります。

 

しかし、このような状況は一時的なものであり、焦る必要はありません。

 

進路選択は個々のペースで進めるべきであり、自己探求や情報収集を通じて自分自身をよりよく理解し、将来のビジョンを明確化していくことが重要です。

 

また、未来のキャリアについて完璧なイメージを描く必要はなく、柔軟性を持って進路を選択し、経験を積みながら自己成長を図っていくことも大切です。

 

参考記事:【必見】オンライン家庭教師|大学受験におすすめ40選!入会金・月謝を徹底比較

高校生の進路が決まらない時のアドバイス

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

高校生の進路が決まらない時のアドバイスについてまとめてみました。

 

以下の項目について説明しています。

進路を考える上で大切なこと【高校生の進路】

選択肢を増やす【高校生の進路】

一度決めた進路も変更できる【高校生の進路】

進路を決める際に自己分析が重要【高校生の進路】

進路を考える上で大切なこと【高校生の進路】

1.自分を知ること(自己分析)

・ 自己の性格、能力・適性を考える。

 

・ 興味・関心、将来の夢を考える。

 

・ 現在の学力の実態を確認する。

 

・ これからどれくらい学力を伸ばせるかを考える。

 

・ 家族の状況(家庭の経済状況)等を理解する。


2.進学先・就職先を調べる


・ オープンキャンパスなどに参加して、志望先の伝統、校風、雰囲気を自分の目で、耳で、肌で理解する。

 

・ 志望先の進路状況(就職先)等を確認する。

 

・ 就職先の産業・経済の動向について調べる。

 

・ 過去のデータから合格レベルについて調べる

3. 人生について考えること

・ 自分にとってあるべき仕事について考える。

 

・ 将来の生活設計や家族構成、収入について考える。

 

・ 人間として充実した生き方について考える。

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

参考記事:【小論文の書き方】大学入試を突破する書き方のポイントと例文紹介

進路の選択肢を増やす【高校生の進路】

学びたいことと将来やりたい職業が決まらない場合は、職業の選択肢を増やすことを考えてみてください。

 

少ない選択肢よりも多くの選択肢があったほうが自分にあった職業を選択できる可能性が高いからです。

 

例えば、高校卒業と大学卒業では職業の選択肢が大きく異なります。

 

大学を卒業すると、たくさんの選択肢から職業を選べるでしょう。

 

求人広告の応募条件を見てもわかるように、大卒以上というのがほとんどです。

 

学びたいことや将来の職業がわからない時は、選択肢を増やすという意味で大学に進学するのがおすすめ。

 

大学の4年間で将来について考えれば良いのです。

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

参考記事:【必見】大学受験:総合型選抜とは?総合型選抜に向いている人!向いてない人

一度決めた進路も変更できる【高校生の進路】

「進路を一度決めると変更できない?」と心配になっている高校生も多い。

 

進路を決めてからでも変更は大丈夫です。

 

むしろ、学びたいことが見つかったり、行きたい大学が見つかった場合などは、進路の変更をおすすめします。

 

進路変更する高校生の中には、文系から理系に進路変更する場合もあります。

 

受験科目が変わると大変ですが、しっかりと勉強に取り組めると、勉強のやりがいを感じられます。

 

大学に入学すると、違う大学に行きたいと思っても、経済的な事情等で実現できない可能性もあります。

 

そうならないためにも、一度進路を決めた後でも進路を変更できるうちに変更するのが良いと言えます。

進路を決める際に自己分析が重要【高校生の進路】

進路を決める際に自己分析は非常に重要です。

 

自己分析を通じて、自分の興味や価値観、強みや弱みを理解することができます。

 

これにより、自分に合った進路やキャリアを見つける手助けとなります。

 

自己分析をすることで、自分の好きなことや得意なことを把握し、それを活かせる進路を選択することができます。

 

また、自己分析を通じて、自分の将来の目標や希望する生活スタイルについても考えることができます。

 

進路選択は自分自身を知ることから始まるので、十分な時間をかけて自己分析を行い、自分にとって最適な進路を見つけることが大切です。

【おすすめ塾】

ビリギャルで有名な個別指導「坪田塾」

オンラインで全国各地の受験生を応援!

アウトプット中心の授業で

逆転合格できる!坪田塾

坪田塾について詳しく知りたい方

坪田塾の公式HP

参考記事:【坪田塾】オンライン個別指導を塾経験者が徹底解説!口コミ・評判を調査!

参考記事:坪田塾の料金は高い?他の塾と比較して料金を徹底的に調査した結果

高校生へ進路の解決策をアドバイス

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

高校生へ進路の解決策をアドバイスについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

【高校生の進路】周りの人に相談する

アルバイトを経験してみる

好きなことリストを作ってみる

【高校生の進路】周りの人に相談する

進路について悩みがある時は、周りの人に相談することで解決できるケースがあります。

 

なぜなら、いろんな人の意見を聞くことで、卒業後の進路がイメージできるからです。

 

周りの人たちへ相談することは、自分で調べるよりも早く答えが見つかる場合もあります。

 

両親や兄弟、友人に先輩など、あなたの悩みを親身に聞いてくれる人がいるはずです。

 

そのような人たちは将来どの道に行けばいいのか親身になってアドバイスを与えてくれるはずですし、いろいろと参考になる部分が出てくるでしょう。

 

ただ、いちばん重要なことは、自分の道は自分で決めないといけないということです。

 

もちろん他人からアドバイスをもらうのが重要なのは間違いありませんが、このことを決して忘れてはなりません。

 

自分で決めた人生を歩み、楽しむのが人生です。

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

【高校生の進路】アルバイトを経験してみる

進路先が決まらない場合はアルバイトや職業体験をしてみるのもおすすめ。

 

なぜなら、アルバイト経験をすることで、働くことの大変さを身をもって体験できるからです。

 

アルバイトすることで、自分で稼ぐことの大変さを学べます。

 

親からもらっているお小遣いを稼ぐためには、何時間働かないといけないのか?

 

お金の価値を実感するとともに、お金を稼ぐことの大変さを学べます。

 

また、自分に向いてる仕事が見えてくる可能性もあります。

 

アルバイトしてみて、「この仕事は自分には合わない」となれば、自分がどんな仕事がしたいのかがわかるようになります。

 

そうすれば将来やりたい仕事に向かって、進路を決められるでしょう。

【高校生の進路】好きなことリストを作ってみる

好きなものリストを作ってみると自分の興味や関心事に気がつくことがあります。

 

大切なものに気がつくと目標や行動が変わってくるので試してみてください。

 

①自分の「好きなこと」リストを作る。現在好きなことをリストにしてみる。過去に好きだったものをリストにしてみる。
②「嬉しいこと」リストを作る。今までを振り返り、嬉しいと思ったことを思い出してリストにしてみる。
③「楽しいこと」リストを作る。現在楽しいと思うことのリストを作る。過去に楽しいと思った遊びや活動を思い出してリストにしてみる。
④「熱中したこと」リストを作る。今までを振り返り、なにかの役割や作業で自分が熱中して取り組めたことをリストにしてみる。
⑤「感動したこと」リストを作る。今までを振り返り、感動した体験をリストにしてみる。
⑥書き出したリストを眺めて感じたことを文章にしてみる。

 

あわせて読みたい
参考記事:【学校推薦型選抜対策】受かる人・落ちる人の特徴とは?合格の鍵を探る
参考記事:【私立大学】一般選抜の仕組みについてわかりやすく表にまとめて解説!

まとめ:【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説は参考になりましたでしょうか?

まとめ:【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

まとめ

高校生が進路を決める時のポイント!

1.自己分析:自分の興味や関心、得意な分野やスキルを把握し、自分自身の強みや将来の目標を明確にします。

2.職業や業界の調査:様々な職業や業界について調査し、将来的な展望や求められるスキルや条件を把握します。

3.学校の選択:大学や専門学校を選ぶ際には、学校のカリキュラムや教育内容、学校の雰囲気や進学後のサポート体制を比較検討し、自分に合致する学校を選びます。

4.就職や就業環境の調査:就職を目指す場合、求人市場や将来のキャリアパスについて調査し、将来の雇用動向や業界のトレンド、求められるスキルや資格を把握します。

5.進路相談:学校の進路相談室やキャリアセンター、進学エージェントなどを活用し、専門家やアドバイザーとの相談、自分の進路に関する悩みや質問を解決することが重要です。

これらのポイントを考慮しながら進路を決めることで、自分にとって最適な進路が見つかるでしょう。

塾に通って大学入試を突破する

受験生の皆さん、以下の悩みが一つでも当てはまる場合、塾に通うことを強くおすすめします。

 

・偏差値の伸び悩み

・受験までの勉強の仕方がわからない

・自分に合った参考書がわからない

・勉強計画表が上手く作れない

・志望大学になんとしても合格したい

 

もちろん、塾に通わずに合格するのが一番。

 

しかし、大学受験は、難易度も高く、出題範囲も広いため、自分一人で攻略するのは、とても難しいのが現実。

 

実は、志望大学に合格した受験生は、塾に通って、塾の指導のもと、効率的に勉強しているケースが多い。

 

受験生の皆さん、塾に行くメリットは、志望大学に最短ルートで効率よく合格するため。

 

なぜなら、塾が持っているノウハウを利用することで、受験勉強に集中できるからです。

 

自分にあった塾を探して、大学合格を勝ち取るのが、大学受験を成功させる近道と言えるでしょう。

予備校オンラインドットコムおすすめ学習管理塾

STRUXの料金を他のコーチング塾と徹底比較!料金は高いのか?安いのか?

クラウドEnglishの評判・口コミは6選!怪しい?英検対策に効果はある?

【学習管理塾とは?】オンラインで学習管理する塾13社紹介【大学受験編】

オンラインコーチング塾おすすめ15選|入会金・料金を調査【大学受験対応】

スタディコーチの料金(入会金・授業料)はいくら?他塾と料金を徹底比較

東大毎日塾の口コミ・評判を徹底調査!塾長に取材してわかったこと?

次世代型個別コーチング塾IGNISを塾経験者が評判・口コミ・料金を徹底解説

【学習管理塾】STRUXはおすすめ?評判・料金・特徴を塾経験者が取材してわかったこと

【アガルートコーチング】塾経験者が評判・口コミ・料金・特徴を徹底調査した結果

モチベーションアカデミア【モチアカ】を塾経験者が評判・口コミ・料金・合格実績を徹底的に調査!

【学習管理塾】菊塾はおすすめできる?料金・評判・特徴を塾経験者が徹底調査!

日本初!早朝から特訓!学習管理塾かもスクはおすすめ?料金・特徴を塾経験者が徹底取材!

【鬼管理専門塾とは】口コミ・評判を塾経験者が徹底解説!怪しい塾なの?

勉強計画を立ててくれる塾おすすめ13選!コーチング塾は効果あるの?大学受験生必見

オンラインコーチング塾おすすめ15選|入会金・料金を調査【大学受験対応】

【坪田塾】オンライン個別指導を塾経験者が徹底解説!口コミ・評判を調査!

【坪田塾は最悪って本当?】坪田塾の評判を塾経験者が調査してわかったこと

【坪田塾オンライン個別指導】メリットとデメリット!大学受験で選ばれる理由

「坪田塾はうるさい」という評判は本当?気になる口コミを徹底調査してみた

【坪田塾みたいな塾】塾経験者がおすすめする厳選14社|コーチング塾で成績は上がるの?

【ビリギャル塾】坪田塾はおすすめ?徹底調査してわかった!ビリギャル勉強法

坪田塾オンラインの料金(入会金・授業料)はいくら?実際の料金を他塾と比較

予備校オンラインドットコム