BLOG
合格ブログ

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

「※この記事には一部PRが含まれます」

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

今回のお悩みはこちら。

高校生で塾に行くべきか?悩んでいる

塾に行くメリットは?

塾に行くデメリット?

どんな塾を選べばいいの?

 

高校生になって塾に行くか?悩んでいませんか?

 

実は、今回紹介する「高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!」を読めば、高校生が塾に行くべきかのヒントになります。

 

この記事では、塾に行くタイミングやメリット・デメリットを具体的に紹介。

 

記事の終わりにはおすすめの塾も紹介しています。

 

記事を読み終わると、高校生が塾に行くべきかどうかが

 

読み終わるとわかること
高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

塾に行くべき?チェックシート

高校生が塾に行った時のメリット

高校生が塾に行った時のデメリット

高校生が塾を選ぶポイント

「夏の努力が未来を変える!今すぐ参加!」

【東進:夏期特別招待講習詳細】

申込日によって無料で受講できる講座数が異なります。

[高2生・高1生・高0生]

〜7/13(土) 4講座+高速マスター無料招待

〜7/20(土) 3講座+高速マスター無料招待

〜7/31(水) 2講座+高速マスター無料招待

[高3生]

〜7/31(水) 1講座+高速マスター無料招待

この夏が分かれ道!東進の夏期講習で差をつけよう!
↓↓↓

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」

東進は現役合格実績No.1の大学受験予備校

あなたの夢もきっと叶うはず!

圧倒的No.1、日本一の【現役合格実績】

資料請求はスマホで1分!

無理な営業も一切なし!

東進の公式ホームページをチェック!

参考記事:【東進ハイスクール・東進衛星予備校】評判・口コミ10選!高校生におすすめ?【塾経験者が徹底調査】

Contents

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

高校生が塾に行くべきか?迷っている場合、以下の迷っている原因が一つでも当てはまるのであれば、塾に行くことをおすすめします。

行きたい大学がある

偏差値を上げたい

部活動が忙しい高校生

公立高校に通っている高校生

勉強計画を作成して効率よく勉強したい

進路・受験についての相談がしたい

モチベーションを上げたい高校生

行きたい大学がある

将来の夢の実現や希望する職業に就くためなどの目標の実現に向けて、どうしても行きたい大学がある場合は、塾に行くことをおすすめします。

 

理由は、あとで後悔しないためです。

 

人生は一度きりしかありません。

 

夢を実現したいのであれば、夢を実現するために最善の努力をしたほうが良いからです。

 

あとから、「もう少し勉強しておけばよかった」「塾に行ってればよかった」と後悔しないためにも塾に行って努力することが、目標への近道と言えます。

 

心の底から行きたい大学がある場合には、夢の実現のためにも塾に行くことを前向きに検討してみましょう。

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

 

参考記事:勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

偏差値を上げたい

自分一人で勉強していると偏差値が伸び悩んだり、全然偏差値が上がらない場合があります。

 

よくある原因は、一人で勉強していると勉強の仕方を知らないから、偏差値も上がらないのです。

 

偏差値を上げるためには正しい勉強法が必要。

 

また、使っている参考書などが自分のレベルに合っていない可能性もあります。

 

例えば、基礎を勉強したいのに発展的な内容の参考書を使っていては、基礎を伸ばすことはできません。

 

そのような場合には、専門家にお願いするのも一つの手です。

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

学習管理型の塾について知りた方:【学習管理塾とは?】オンラインで学習管理する塾の紹介【大学受験編】

部活動が忙しい高校生

高校生は、部活が忙しくて勉強時間が確保できない場合や、疲れて勉強する気力も体力も無くなって、勉強どころではない場合があります。

 

大学受験は御存知の通り、高校生で学習した膨大な量が出題範囲なので一夜漬けではどうにもなりません。

 

大学入学まで、毎日の日々の積み重ねが大切。

 

部活などで忙しい高校生は、大学受験を見据えて塾に通うことで少しずつでも勉強しておいたほうが良いのです。

 

部活が終了してから困らないためにも塾で勉強して、基礎学力を身につけるのが良いでしょう。

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

 

部活と勉強の両立について知りたい高校生、部活で疲れて勉強できない高校生【これを読んで解決】

公立高校に通っている高校生

公立高校に通っている高校生は、学校から意外に受験勉強や進路についてのアドバイスを受けていないことが多いのです。

 

これは私の経験上、公立高校に通っている高校生は、勉強はできるのですが大学受験に向けた対策や進路指導についての知識がなく、他の受験生と比べてものんびりしている傾向にあるからです。

 

なぜなら、公立高校では大学受験対策や進路指導については、詳細についての説明がおろそかになっているケースがあるからです。

 

この状況に気づいて、早めに対処できる高校生は問題ないのですが、気づかないまま高校3年生の夏頃に慌てて塾にやってくる公立高校の受験生が多いのも事実。

 

公立高校の高校生は塾などに通って、大学受験の情報などを常に収集しておく必要があるのです。

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

参考記事:【必見】オンライン家庭教師|大学受験におすすめ40選!入会金・月謝を徹底比較

勉強計画を作成して効率よく勉強したい

受験勉強するためには、勉強計画を作成したほうが良いとわかっていても、できない高校生が多いのも現実。

 

理由は、合格するために、何をいつまでに勉強したら良いのか?理解していないからです。

 

これを読んでいる高校生の皆さん、合格するために何をいつまでに勉強したらいいか?知ってますか?

 

知らない高校生は、塾に行って一緒になって勉強計画を作成してもらったほうが良いと言えます。

 

やるべき学習内容がわかれば効率よく勉強ができるため、あとはゴール目指して頑張るだけです。

 

勉強計画について知りたい高校生、学習計画の作成で大学受験を効率的に合格する方法を5分で解説!

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

 

学習管理してくれる塾:【学習管理塾とは?】オンラインで学習管理する塾14社紹介【大学受験編】

進路・受験についての相談がしたい

進路指導や受験対策について不安がある高校生は、塾に行くのがおすすめ。

 

理由は、塾では精度の高い進路指導しているところ、受験対策を細かく指導してくれるところがあるからです。

 

具体的には、自分の知らない大学の情報や自分に有利な選抜方式を提案してくれるので、合格の可能性が高まるでしょう。

 

塾のスタッフの中には進路アドバイザーの資格を持った人もいるので、高校生の強い味方になるはずです。

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

参考記事:高校生の親ができること|高校生との接し方・勉強のサポート方法

モチベーションを上げたい高校生

一人で勉強していると、モチベーションが上がらないときや集中力を欠いて勉強できないこともあります。

 

そのような場合に塾に行くと、ライバルたちの一生懸命に勉強している姿を見るとモチベーションがアップするでしょう。

 

大学受験は長い道のりなのでモチベーションを維持するのがとても大変。

 

モチベーションが維持できなければ、勉強に集中できなかったり、サボリグセが付いてしまう可能性があります。

 

ライバルがいることはモチベーションの維持になるので塾で勉強するのはおすすめです。

 

モチベーションを上げてくれる塾の紹介:受験だけでなく、社会で活躍できる人財を育む為の進学塾。

【モチベーションを上げてくれる塾】

勉強のモチベーションが上がり!合格できる!モチベーションアカデミア

モチベーションアカデミアは、学生のやる気を育む学習塾です。
受験へのモチベーションが上がらない、
どうしたら勉強が好きになれるのだろう。

そういった学生が、「モチベーションアカデミアに通えば勉強が変わります!」

モチベーションアカデミアの公式ホームページをチェックする

 

高校生は塾に行くべきか?自己分析!

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

受験生の皆さん!塾に行くべきかどうかを自己分析してみましょう。

 

塾に行くべきかどうかの判断基準について解説します。

塾に行くべきか?自分の学力レベルと目標

塾に行くべきか?学習環境や学習スタイルの適合性

塾に行くべきか?家庭の経済状況と時間管理

塾に行くべきか?自分の学力レベルと目標

大学合格を目指して塾を検討する場合、自分の学力レベルと目標をしっかり見極めることが重要です。

 

具体的には、自分の現在の学力を客観的に把握しましょう。

 

模擬試験や学校の成績を確認し、自分がどの科目で強いか、どの科目で弱いかを分析します。

 

そして、目指す大学の入試の難易度を調べ、自分の現状とどれくらい差があるかを確認します。

 

もし、自分の学力が目標大学の合格ラインに達していない場合、塾に通うことを考えましょう。

 

なぜなら、塾では、専門的な指導や効率的な勉強方法を学べるため、短期間で学力を伸ばすことができるからです。

 

逆に、自分で計画的に学習できる自信があり、学校や家庭で十分なサポートを得られる場合は、塾に行かずに独学でも目標に達することが可能です。

 

大切なのは、自分に最適な方法を見つけ、継続して努力することです。

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

参考記事:【必見】オンライン家庭教師|大学受験におすすめ40選!入会金・月謝を徹底比較

塾に行くべきか?学習環境や学習スタイルの適合性

難関大学を目指して勉強する場合、自分に合った学習環境やスタイルを見つけることが大切です。

 

まず、自分の学習スタイルを理解しましょう。

 

一人で集中して勉強できるなら独学やオンライン塾が向いています。

 

これらは自分のペースで学べ、柔軟性があります。

 

反対に、計画的な指導が欲しい人や仲間と切磋琢磨したい人は、塾が適しています。

 

塾では専門的な指導や定期的なテストがあり、自分の進捗を確認できます。

 

体験授業や見学を利用して、自分に最適な環境を選びましょう。

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

参考記事:難関大学に強いオンライン塾・予備校おすすめ26選│塾に行くべきか

塾に行くべきか?家庭の経済状況と時間管理

難関大学を目指す際、塾に通うかどうかは家庭の経済状況と時間管理も重要です。

 

塾には費用がかかるため、家計に負担がないか確認しましょう。

 

経済的に厳しい場合は、オンライン塾や自習を検討するのも一つの方法です。

 

また、塾に通う時間が多いと自主学習の時間が減ることがあります。

 

時間管理が得意な人は塾を効果的に活用できますが、そうでない人はオンライン塾や自宅学習が効率的です。

 

経済状況と時間管理を考慮し、自分に最適な学習方法を選びましょう。

大学受験で塾に行くべきかどうかを判断するチェックシート

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

大学受験で塾に行くべきかどうかをチェックしてみましょう!

大学受験で塾に行くべきかどうかをチェック

項目No.チェック項目はい・いいえ
学習習慣1家で毎日一定時間、集中して勉強する習慣がある
2自分で学習計画を立て、実行できている
3学校の授業だけで理解が十分だと感じている
学力の自己評価4苦手な科目がなく、全科目で安定した成績を保っている
5模試の成績が志望校の合格ラインに達している
6自分の学力向上に必要な具体的な対策を把握している
学習環境7家や学校で集中して勉強できる環境が整っている
8学校の教師や友人から十分な学習サポートを受けられる
9インターネットや書籍など、必要な学習リソースが揃っている
自己管理能力10スケジュール管理や時間管理が得意で、計画通りに行動できる
11自分で勉強の進捗を把握し、必要に応じて軌道修正できる
12モチベーションを保ち続けることができる
塾に行く意欲13塾の授業を受けてみたい、または受けることに興味がある
14塾での学習が、自分の学力向上に役立つと感じている
15自分のペースではなく、専門的な指導を受けたいと思っている
経済状況と時間16塾の費用を支払う経済的な余裕がある
17塾に通うための時間を確保できる
18通塾による時間や移動の負担を受け入れられる

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

結果判定

「はい」の数が15〜18:塾に通うことは非常に有益です。塾での専門的な指導や環境を活用して、志望校合格に向けてしっかりと対策しましょう。

おすすめ塾:予備校・集団塾

東進ハイスクール・東進衛星予備校:有名講師が生徒をバックアップ!

駿台予備学校:信頼感と安心感の高さ!老舗の大手予備校

横浜予備校:難関大学・医大に逆転合格できる!

 

「はい」の数が10〜14:塾に通うことは検討に値します。特に苦手科目や学習環境の改善が必要な場合、塾の利用を考えてみてください。

 

「はい」の数が5〜9:塾に通う必要性はそこまで高くありませんが、特定の科目や部分的なサポートが必要な場合には、短期講座や個別指導の利用を検討してみてください。

 

「はい」の数が0〜4:現在の学習スタイルで十分に対応できる可能性がありますが、自己学習の質を高めるための方法を探してみると良いでしょう。

おすすめ塾:個別指導・コーチング塾

スタディコーチ :東大式メソッドで成績が上がる

コーチング塾「STRUX」:コーチングで志望校に合格!

キミノスクール:週5日の勉強で偏差値がアップ!

坪田塾オンライン個別指導:逆転合格できるオンライン個別指導

難関大学専門:現論会:難関大学に特化したコーチング塾

このチェックシートを活用して、自分にとって最適な学習方法を見つけ、志望校合格に向けて効率的に準備を進めましょう。

【おすすめオンライン塾】

パーソナルトレーナーがサポート!

コーチング塾【STRUX】

毎日の計画があるから、

「あとは、勉強するだけ」

\当サイト限定のキャンペーン/

【参考書2冊+52,800円分】

なんと!どちらもプレゼント!
↓↓↓

【STRUX】の公式ホームページ

参考記事:【学習管理塾】STRUXはおすすめ?評判・料金・特徴を塾経験者が取材してわかったこと

高校生が塾に行く目的トップ3を紹介

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

高校生は、どんな目的で塾に通うのでしょうか?通塾目的として多いものを3つご紹介します。

1.大学受験対策

2.学校の内申点対策

3.苦手科目克服

1.大学受験対策

多くの高校生が塾に通う理由として、大学受験対策が挙げられます。

 

大学受験は年々変化しており、入試形態や出題傾向、試験範囲などが変更されることがあります。そのため、最新の情報を把握して対策を立てることは非常に重要です。

 

塾に通うことで、大学受験対策するメリットを紹介します。

1.入試対策の専門家の指導

塾の講師は入試対策の専門家であり、豊富な経験と知識を持っています。彼らは最新の入試情報を把握しており、適切な対策や勉強方法を指導してくれます。これにより、高校生は最新の入試要領や出題傾向に合わせた学習ができます。

2.入試情報の提供

塾は入試情報を受験生に提供する場でもあります。塾内での定期的な進路相談や受験情報の説明会、模擬試験の実施などを通じて、受験生は最新の入試情報が得られます。

3/模擬試験の実施

塾では定期的に模擬試験を実施します。これにより、受験生は実際の試験と同様の状況で受験経験が豊富になります。模擬試験の結果をもとに、自身の弱点や改善点を把握し、対策も講じられます。

塾に通う際には費用や時間の面での負担もありますので、家庭の事情や受験生のニーズに合わせて適切な選択をすることが重要です。

 

最終的な選択は受験生や保護者が慎重に判断し、バランスの取れた受験対策を進めることが大切です。

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

 

参考記事:【大学受験】勉強計画の作り方【文系編】マネしてOK!年間スケジュールの作り方

2.学校の内申点対策

高校生が塾に通う目的の一つとして、学校の内申点対策が挙げられます。

 

内申点は、高校生の成績や学習態度を総合的に評価する指標であり、大学進学や進路選択において重要な要素となります。

 

塾に通うことで、学校の内申点を向上させるための支援が受けられます。

 

以下に、塾が内申点対策にどのような役割を果たすかを示します:

【科目ごとの補習とサポート】

塾では科目ごとの補習授業を行い、高校生の理解度を確認し、課題を克服するためのサポートを提供します。理解が不十分な科目や難しい単元に対して重点的に取り組み、成績向上が図れます。

【定期テスト対策】

塾では定期テストや模擬試験の対策を行います。過去の問題演習や解説、予想問題の提供などを通じて、高校生がテストで好成績を収めるための準備をサポートします。

【学習計画の立案と管理】

塾では学習計画の立案や時間管理の指導を行います。高校生が自分の学習時間を適切に使い、科目ごとにバランスの取れた学習を行うためのサポートを提供します。

【内申点向上のアドバイス】

塾の講師は内申点対策に関する知識や経験を持っています。高校生の成績や学習態度についてフィードバックやアドバイスを行い、内申点向上に向けた具体的なアクションプランを立てる手助けをします。

塾に通うことで、内申点を向上させるための学習環境やサポートが得られます。

 

ただし、内申点は単に塾のみで向上できるものではありません。

 

学校での授業や自主学習の取り組みも重要。

 

塾に通う際には、学校との連携やバランスを考慮し、効果的な学習戦略を構築することが大切です。

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

 

参考記事:【高校1年生の英語】英単語の勉強法とおすすめ英単語帳3冊紹介

3.苦手科目克服

高校生が塾に通う目的として、苦手科目の克服があります。

 

苦手科目への取り組みは、学習の効果や成績向上に大きな影響を与えるため、克服することは重要。

 

以下に、苦手科目克服のために塾が果たす役割を示します。

【個別指導と補習授業】

塾では個別指導や補習授業を通じて、苦手科目に特化したサポートを提供。塾の講師はその科目に精通しており、生徒一人ひとりの理解度や課題を把握し、必要な指導や補習を行います。このような個別のサポートによって、苦手科目への取り組みが強化され、克服に向けた進歩が期待できます。

【予習・復習のサポート】

苦手科目の理解度を向上させるためには、予習と復習の重要性があります。塾では、授業の前や後に予習や復習の時間が設定されます。生徒は講師の指導のもとで、苦手科目に対する事前の準備や復習を効果的にできます。

【問題演習と解説】

苦手科目の克服には、問題演習とその解説が重要。塾では、苦手分野や難問に焦点を当てた問題演習や解説を行い、生徒が自身の課題を克服する手助けをします。問題演習を通じて理解度を高め、解説を受けることで苦手な箇所の理解を深められます。

【モチベーションの向上と自信の構築】

苦手科目に対する取り組みは挑戦的であり、モチベーションの維持が重要。塾では、生徒のモチベーションを高めるために様々な工夫を行います。具体的な目標設定や小さな成功体験の積み重ねを通じて、苦手科目に対する自信が築けるでしょう。

塾に通うことで、苦手科目に対する専門的なサポートが受けられます。

 

しかし、塾に通うだけで克服できるわけではありません。

 

生徒自身が積極的に取り組み、自主学習や予習・復習を行うことも重要。

 

塾での学習と自己の努力を組み合わせ、苦手科目の克服を目指しましょう。

 

【勉強の仕方や参考書を教えてくれる塾】

ビリギャルでお馴染み坪田塾のオンライン個別指導
※坪田塾のノウハウがオンラインで体験できるおすすめの塾!

東大生・早慶生からのコーチング|スタディコーチ
※偏差値が短期間で急上昇する理由は?東大式学習メソッド!

難関大学専門のコーチング塾:現論会
※スタディサプリが見放題!コーチングで志望校合格

 

参考記事:現論会のリアルな口コミ・評判・料金を調査|難関大学の合格実績は?

こんな症状の高校生は塾に行ったほうが良いかも?

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

こんな症状の高校生は塾に行ったほうが良いかも?

 

以下のポイントについて説明しています。

高校生は塾に行ったほうがいいの?

定期テストの結果が悪い高校生

志望大学が決まっている高校生は、今すぐ!大学受験を目指して塾選び

高校生は塾に行ったほうがいいの?

高校生は塾に行ったほうがいいの?とよく聞かれます。

 

学習塾に通わずに志望校に合格するのが理想的ですが、大学受験は学校の授業だけで攻略するのは難しいのが現実。

 

そのため、自分の目標を達成するために塾の持っているノウハウを利用して、効率よく大学合格を目指すのもポイント。

 

私の経験から、特に高校2年生は勉強する高校生と、勉強しないで遊んでばかりいる高校生に別れます。

 

一旦、勉強しない習慣がついてしまうと、もとに戻すのはとても大変。

 

塾に通うことで、週に数時間でも勉強時間を確保できたり、継続して勉強することはメリットと言えるでしょう。

 

高校生になると楽しいことが増えて、勉強がおろそかになりがちです。

 

特に受験生になると、大学合格を勝ち取るために、何が必要かを考えると、塾の必要性がわかるはずです。

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

 

自習室完備のオンライン塾:オンライン自習室が無料で使える!高校生におすすめできる塾8選

定期テストの結果が悪い高校生

定期テストの結果が赤点もしくは平均点以下の場合は、塾に行くことを検討してください。

 

なぜなら、平均点以下というのは、学習した内容を理解していないと言えるからです。

 

特に赤点の場合は、早急に対処しないと、最悪の場合単位が取れない場合も。

 

そうなると大学受験どころではなくなるため、塾に行くことをおすすめします。

 

また、受験科目に注目するのも大切。

 

例えば文系志望の場合、古文や漢文のテスト結果が悪ければ、古文や漢文だけを教えてもらえる塾に通うのも一つの手です。

 

理系であれば、数学は得点源にしたい科目。

 

数学専門の塾に行くのもおすすめです。

 

とにかく、定期テストの結果が悪ければ、放置せずにすぐに対処するのがポイントです。

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

 

あわせて読みたい:【大学受験の塾選び】塾はいつから通うと大学に合格できるの?

志望大学が決まっている高校生は、今すぐ!大学受験を目指して塾選び

志望大学が決まっている高校2年生は、大学受験に向けて塾を利用するのがおすすめです。

 

なぜなら、塾が持っている合格ノウハウを利用することで、効率よく受験勉強できるからです。

 

志望大学合格に向けて、何の勉強から始めたらいいかわからないですよね?

 

塾に通うことで、志望大学の具体的な勉強法がわかります。

 

つまり、志望大学合格に向けて、最短距離で合格が目指せるのです。

 

特に大学受験は限られた時間を有効に使うのがポイント。

 

志望大学が決まっているのであれば、早い段階で塾に通うのが良いでしょう。

 

遅くとも、高校2年生の冬休みまでには、塾を決めて、受験勉強をスタートさせてください。

 

塾選びに迷ったら?

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」

1.圧倒的No.1、日本一の【現役合格実績】
2.全国から選りすぐりの予備校界最強【実力講師陣】
3.資料請求はスマホで1分!無理な営業も一切なし!
4.生徒をしっかりサポートする【担任指導】
5.大学受験を成功させるための最高の学習環境

東進ハイスクール・東進衛星予備校の公式ホームページをチェックする!

 

参考記事:【東進ハイスクール・東進衛星予備校】評判・口コミ10選!高校生におすすめ?【塾経験者が徹底調査】

高校生が塾に行くメリット

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

高校生が塾に行くメリットについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

志望校合格の対策

サポートを受けられる

逆転合格も可能に

志望校合格の対策

塾には、大学受験に合格するためのいろいろなノウハウ、情報、知識があります。

 

例えば、大学ごとの学部・学科の入試方式、試験問題の傾向、過去の合格最低点など、そのため、志望校に特化した内容で受験に向けた対策が可能。

 

大学受験は、試験科目が多く、勉強する範囲もとても広く、試験問題の傾向を自力で収集していては、勉強以外の作業時間が多くなってしまうでしょう。

 

また、やみくもに勉強するのも効率が良いとは言えません。

 

志望校に合わせて、確実に必要な勉強を重点的に対策できる点がメリットです。

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

参考記事:勉強の仕方がわからない高校生におすすめ勉強法を4つとポイント5つ教えます!

勉強の仕方を教えてもらえる

受験勉強では、自学自習の時間がとても大切な要素と言えます。

 

なぜなら、授業を聞いているだけでは、学力は身につきません。

 

勉強というのは自学自習(とくに復習)によって学力が身につくものだからです。

 

学力というのは「授業+復習とセット」ではじめて成立するのです。

 

そういった理由から、自学自習するための勉強の仕方を塾で教えてもらえるのは、メリットと言えます。

 

正しい勉強法を理解して、効率よく勉強するのが受験勉強なのです。

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

 

坪田塾の口コミについて知りたい方:坪田塾オンライン個別指導を塾経験者が徹底解説!口コミ・評判を調査!

逆転合格も可能に

受験までの時間が少ない高校生や自分の学力が低かったり、模試の結果が悪かったり、といった理由で、受験勉強がはかどらないケースも多くあります。

 

しかし、塾に通うことで、逆転合格の可能性が高まります。

 

理由は、現状の学力から志望校合格まで細かく計算した、最適個別カリキュラムなどの勉強計画と自学指導があるためです。

 

これは塾の合格のノウハウと言われるものになります。

 

塾に入ることで、塾のノウハウを使って最短ルートで逆転合格できるのです。

 

参考記事:コーチング塾とは?高校生におすすめ!オンラインコーチング塾14選

参考記事:AOI塾の料金を調査!メリット・デメリット|オンライン校の料金は?

高校生:塾に行った場合のデメリット

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

高校生が塾に行った場合のデメリットについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

費用がかかる

通塾時間がかかる

塾の勉強についていけなくなる

費用がかかる

塾に通う場合は、費用がかかる点についてはデメリットと言えます。

 

有名な大手予備校などは、年間の授業料が100万円以上かかる場合もあるのです。

 

そうなると親に負担をかけてしまうことになります。

 

しかし、現役合格にこだわったり、行きたい大学があれば、費用がかかっても塾に行くべきだと考えています。

 

大学進学は人生の大きな分岐点で、将来を決めると言っても過言ではありません。

 

塾に通うことは、自分の成長と将来のための自己投資と考えてください。

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

参考記事:【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

通塾時間がかかる

歩いていける距離に大学受験に対応している塾があれば問題ないのですが、高校生向けの学習塾はターミナル駅周辺に多いのも事実です。

 

そうなると、塾に行く時間が必要になってきます。

 

高校生は勉強時間の確保がとても重要になってくるので、塾に通う時間がもったいないということもあるのです。

 

電車の中で暗記の勉強などもできますが、周りが気になって集中して暗記することもできません。

 

また、夜遅くなると電車の本数も減って、乗り遅れたりすると家庭での自学自習の時間が削られてしまいます。

 

高校生は、時間を効率よく有効的に使うのがポイントです。

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!参考記事:【勉強できない高校生】勉強を習慣化して!毎日勉強するポイント3つ!

塾の勉強についていけなくなる

塾に入ったからといって、すぐに成績が上がるわけではありません。

 

むしろ、基礎学力などがついていない高校生は、しっかりと予習などをしていないと塾の勉強についていけなくなることもあります。

 

集団授業では、講師のペースで授業が進むため、あっという間に授業がわからなくなったという高校生をよく耳にします。

 

そうなると塾の費用が無駄になってしまうため、大きなデメリットと言えます。

 

すぐに挽回できればいいのですが、ズルズルと授業がわからないまま時が過ぎていくと、本当に費用が無駄になってしまいます。

 

そうならないためにも、予習→授業→復習をセットで勉強するのが大切となります。

【総合型選抜専門塾が合格への近道】

合格保証がある!総合型選抜専門塾!ホワイトアカデミー高等部
※安心できる社会人のプロ講師がマンツーマンで指導!

フルオーダーメイドの授業で合格に導く!総合型選抜専門塾AOI
※小論文、志望理由書など総合型選抜のことならお任せください!

高校生が塾を選ぶ時のポイント

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

高校生が塾を選ぶ時のポイントについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

自分にあった学習塾を選ぶ

料金で選ぶ

講師で選ぶ

自分にあった学習塾を選ぶ

塾にはさまざまな指導形態があるので、自分にあった塾選びをすることが大切です。

 

塾には、大きく分けて個別指導と集団指導があります。

 

まず、個別指導は、生徒と講師がマンツーマンで学習指導するため、質問がしやすくいろいろな相談や悩みについても質問できるのがメリットです。

 

また、生徒のニーズに合わせた指導が可能となるため、きめ細かく学習できます。

 

次に、集団指導は、学校と同じ授業形式なので、人と競争するのが好きな高校生や基礎ができている高校生などがおすすめと言えます。

 

集団指導の場合は、講師のペースで授業が進むため、ある程度の学力が必要になります。

 

そのため、集団指導の場合は、授業についていけなくなるケースもあるので注意が必要です。

 

塾にはいろいろな形態の塾があるので、無料体験授業を受けてみて、指導方法の違いを体験するのが良いでしょう。

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

参考記事:受験勉強何すればいい?今から大学受験勉強を始めるためにやるべきこと

料金で選ぶ

大学受験には費用がかかるとわかっていても、費用はなるべく安く抑えたいと考えますよね?

 

コストパフォーマンスがいい塾を選ぶのもポイントの一つです。

 

一般的に個別指導は集団塾と比べて、月謝が高い傾向にありますが、その反面、質問もしやすく面倒見が良いのが特徴です。

 

しかし、有名な予備校などは、年間100万円位必要なところもあります。

 

塾にかかる費用を抑えるためには、キャンペーンなどをやっている塾もあるので、活用するのがおすすめです。

 

月謝の中に自習室などの利用料金が含まれているのか?いないのか?しっかりと確認するのもポイントです。

 

なぜなら、どんどん追加していくと月謝もどんどん増えていくからです。

 

とにかく、費用面についてはよく調べて、塾選びをするのが大切です。

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

参考記事:勉強が嫌いな高校生のやる気を出す言葉!言ってはいけない言葉!【親ができるサポート】

講師で選ぶ

塾の講師には、大きく分けて大学受験専門のプロ講師と学生のアルバイト講師がいます。

 

プロ講師は、指導実績や人生経験も豊富で大学受験のことなら何でも知っていて、厳しく指導してくれる講師が多い。

 

厳しくても、受験対策については、傾向をしっかりと抑えて室の高い授業や学習指導が期待できるでしょう。

 

一方、アルバイトの学生講師は、10代後半から20代前半の先生が多く、高校生と年齢が近いことが特徴です。

 

話しやすいことから打ち解けやすく、またリアルな大学生活の話しを聞けるのは大きなメリットです。

 

どのような講師となら受験勉強を続けられるのかを良く精査して、塾を選ぶことも大切です。

 

参考記事:高校2年生から始める総合型選抜対策!おすすめ塾厳選12社!合格への道

高校生が塾選びに迷ったら

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

高校生が塾選びに迷ったら

 

以下のポイントについて説明しています。

高校生の塾選びのポイント

【塾選びのポイント】気になった塾に資料請求

塾の無料体験授業を受けて塾選び

高校生の塾選びのポイント

自分にピッタリの塾を選ぶためには、以下のステップを踏んで検討することが重要。

【目標とニーズの明確化】

まず、自身の目標やニーズを明確にしましょう。大学受験対策、苦手科目克服、内申点向上など、自分が塾で達成したい目標や必要なサポートを具体的に洗い出します。

【口コミや評判の調査】

塾の口コミや評判を調査して、その塾の実績や教育方針、講師の質などを確認しましょう。友人や先輩からの情報やインターネット上のレビューを参考にすると良いでしょう。

【カリキュラムと教材のチェック】

塾のカリキュラムや教材に注目しましょう。自分の目標に合ったカリキュラムが提供されているか、教材の内容や質が適切であるかを確認し、自分に合った学習環境が整っているかを見極めます。

【講師の質と指導方法】

講師の質や指導方法も重要な要素。講師が経験豊富で専門知識を持っているか、生徒一人ひとりの理解度や課題に対応できるかを確認しましょう。また、個別指導や補習授業の提供や、生徒のモチベーションを引き出す指導方法なども重視すべきポイントです。

【料金とアクセス】

塾の料金体系やアクセスの便利さも考慮しましょう。自身や家族の経済的な負担を見極め、通いやすさや交通手段の便利さを検討します。

【体験授業や面談の参加】

最終的な選択をする前に、複数の塾で体験授業や面談を受けることをおすすめします。実際の授業や塾の雰囲気を体験し、講師やスタッフとのコミュニケーションを通じて、自分に合った塾かどうかを感じられます。

これらのステップを踏んで慎重に検討し、自分にピッタリの塾を見つけることが重要。

 

自分の目標やニーズに合ったカリキュラムやサポートを提供してくれる塾を選ぶことで、効果的な学習環境が築けます。

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

 

参考記事:大学受験の不安・心配は必ずある!3つの解決法で不安を乗り越える

【塾選びのポイント】気になった塾に資料請求

塾選びで大切なことは、気になった塾に資料請求すること。

 

なぜなら、いろんな塾の資料を取り寄せて比較検討するためです。

 

ほとんどの塾ではホームページから気軽に資料請求できるため、塾のホームページから資料請求すると良いでしょう。

 

近くに気になる塾がある場合は、塾に訪問して資料をもらうのもおすすめです。

 

実際に教室に足を運ぶことで、教室の雰囲気が理解できるからです。

 

資料が手元に届いたならば、指導方針、指導方法、講師、月謝、合格実績などをチェックしてください。

 

また、生徒へのバックアップ体制として、自習室やチャットツールを利用した質問体制も気になる点です。

 

気になる塾があれば後回しせずに、積極的に資料請求しましょう。

 

「善は急げ」

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

 

参考記事:高校卒業後の進路の悩み!【高校生の進路選択】悩みを5分で解決!

塾の無料体験授業を受けて塾選び

大学受験塾を選ぶためには、積極的に無料体験授業を受けてみることをおすすめします。

 

理由は、ホームページやパンフレットの情報だけでは、わからないことが多いからです。

 

特にオンライン塾に限らず塾を選ぶ場合には、自分の目的や自分に適しているかどうかがとても重要。

 

具体的には、講師のタイプや授業の進め方、指導のスタイルなどを体験して、判断するのが大切。

 

受験までに塾をコロコロ変えてしまうと、これまでの勉強や時間が無駄になりかねません。

 

まずは体験授業で、塾との相性を確認しましょう。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」

東進は現役合格実績No.1の大学受験予備校

あなたの夢もきっと叶うはず!

圧倒的No.1、日本一の【現役合格実績】

資料請求はスマホで1分!無理な営業も一切なし!

東進の公式ホームページをチェック!

参考記事:【東進ハイスクール・東進衛星予備校】評判・口コミ10選!高校生におすすめ?【塾経験者が徹底調査】

まとめ:高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!は参考になりましたでしょうか?

まとめ:高校生は塾に行くべきか?塾に行くべき人をチェックシートで判断!

まとめ

高校生が塾に通うべきかどうかは、個人の状況や目標、ニーズによって異なります。悩んだ時には以下のような要素を考慮して判断することが重要です。

【学習状況と成績】

まず、自身の学習状況や成績を客観的に評価してみましょう。苦手科目や理解度の不足がある場合、塾に通うことで専門的なサポートを受け、学習の効率と成績の向上が期待できます。

【目標や進路】

自身の目標や進路に合わせて、塾に通うメリットを考えてみてください。大学進学を目指す場合、塾に通うことで最新の受験情報や対策を得られることがあります。また、進路に関する相談や情報提供も受けられる場合があります。

【自主学習の能力とモチベーション】

自主学習の能力やモチベーションを客観的に見つめてみてください。自分自身で効果的な学習計画を立て、予習や復習を継続的に行える自信がある場合、塾に通わずに自主学習に取り組むことも選択肢の一つです。

【経済的な負担】

塾に通うことは経済的な負担が伴います。自身や家族の経済状況を考慮し、塾に通うことが負担となる場合、他の学習方法やサポートの利用を検討することも重要です。

【周囲のサポート】

塾以外にも学校の先生や家族、友人などのサポートがあるかどうかも考慮してください。周囲の人々が十分なサポートを提供してくれる場合、塾に通う必要性が薄いかもしれません。

最終的な判断は、自身の状況や目標に基づいて行うべきです。塾に通うことで得られるメリットやサポートを十分に考慮し、自身の学習スタイルやニーズに合う選択をすることが大切です。また、塾に通うかどうかの決定は一時的なものではなく、学習の進捗や変化に応じて柔軟に見直すことも重要です。

予備校オンラインドットコムおすすめ塾の紹介

【市販の参考書で受験勉強を徹底サポートする塾】

※入会した生徒の偏差値が平均で14.8もアップするキミノスクール
東大生・早慶生からのコーチング|スタディコーチ
※偏差値が短期間で急上昇する理由は?東大式学習メソッド!

合格実績が豊富な学習管理型の塾!STRUX←おすすめの塾
※オンライン対応!志望校合格まで受験パーソナルトレーナーが徹底指導!

受験のプロによる365日の学習管理!オンライン個別指導「かもスク」
※「映像授業 × 個別指導 × 志望校特化カリキュラム」でこの価格を実現!

予備校オンラインドットコム