BLOG
合格ブログ

【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!

【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!

<PR>

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

今回のお悩みはこちら。

古文の勉強法が分からない

どのくらい勉強時間が必要

どんな参考書を使えばいいの?

 

今回の記事は、「古文の勉強方法を聞いてみました!早稲田大学の講師編」です。

 

早稲田大学の学生講師に、古文の勉強法について取材いたしました。

 

大学入試は古文が必要な大学が多く、「古文の勉強法について」悩んでいる受験生はいませんか?

 

実は、この記事で紹介する、「【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!」を実践すると、古文のテストで高得点が期待できます。

 

この記事では、古文の勉強方法として3つのポイントを紹介しています。とても具体的な内容になっています。

 

なぜなら、古文の勉強法を聞いた講師は、この勉強方法を実践して、共通テストの古文が満点だったそうです。

 

きっと、記事を読み終えると、以下のような、古文の勉強法で悩むことなく、古文の勉強に集中できるとても参考になる記事です。

 

読み終わるとわかること

受験の古文について

古文の勉強法

使った参考書と勉強法

今回取材した、早稲田大学の学生が

通っていた予備校!

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」

東進は現役合格実績No.1の大学受験予備校

あなたの夢もきっと叶うはず!

圧倒的No.1、日本一の【現役合格実績】

資料請求はスマホで1分!無理な営業も一切なし!

東進の公式ホームページをチェック!

 

大学受験の古文の勉強について

【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!

まず、古文について、どのように接していたかについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

古文はもともと得意なの?

国語の偏差値の推移

古文の勉強時間

古文はもともと得意なの?

古文は中学生の頃から苦手意識が強く、全く得意ではありませんでした。

 

高校に入学してからも古文の授業はさっぱり分かりませんでした。

 

定期テストでは、赤点ギリギリだったと思います。

 

しかし、高校2年生の冬休みに大学進学を考えたとき、初めて古文が大事な教科だと認識しましたので、そこから古文の勉強を始めるきっかけになりました。

【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!

参考記事:【MARCH対策】合格までの勉強時間と参考書について

古文の偏差値の推移

国語は苦手でも得意でもありませんでした。

 

読書と言えば、漫画しか読んだことがありません。

 

高校1年生の時に初めて受けた模試の国語の偏差値は50くらいでした。

 

高校2年生の時も模試の国語の結果は、偏差値50くらいだったのを覚えています。

 

それほど偏差値の高い学校ではありませんでしたが、成績も普通の成績、中の下くらい。

 

高校3年生の春先の模試では、まだ、国語の偏差値は50台前半でした。

 

夏の模試で初めて偏差値が60台になり、最後の模試で国語の偏差値が70を超えてきました。

 

結局、知識の量が増えることで偏差値が上がっていったと思います。

 

ちなみに、早稲田大学への模試の判定結果は、高校3年生の最初は「EかD判定」、夏に「C判定」、直前模試で「B判定」でした。

 

プチ自慢として、センター試験の古文については満点でした。

【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!

参考記事:【日東駒専対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について

古文の勉強時間

古文の受験勉強を始めたのがちょうど入試の1年前からになります。

 

高校2年生の冬休みに進路について考えたときに、とりあえず大学に行こうと決めてから受験勉強をはじめました。

 

それからすぐに、親に予備校に行けと言われて予備校に通い始めました。

 

今、思えば親に感謝しかありません。

 

受験勉強をやりはじめた当初の勉強時間は、予備校での6時位から9時位までの授業だけで、家では一切勉強しませんでした。

 

春休みからは1日10時間くらい勉強していましたが、古文の勉強は1時間位でした。

 

古文の勉強時間の割合は、「英語4時間」「日本史4時間」「現代文1時間」「古文1時間」位だったと思います。

 

東進ハイスクール・東進衛星予備校には、古文の優秀な講師陣が揃っています!

※東進ハイスクール・東進衛星予備校の公式ホームページで講師陣をチェック!

 

参考記事:偏差値50から早稲田大学に合格した講師に勉強時間と勉強法を聞いてみました!

参考記事:【必見】早稲田大学に合格した!英語の勉強法と勉強時間をマネすることは良いことだ!

古文の勉強法について聞いてみた

【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!

次に、古文の勉強法について説明いたします。

 

ポイントは以下となります。

古文の単語の勉強法

古典文法

古文の長文対策

古文の単語の勉強法

日本語と思ってやると難しいので、外国語と思って勉強していました。

 

受験勉強をやりはじめたときに、学校から支給された単語帳があるのを思い出してそれを使いました。

 

 

本屋さんに行っていろいろ探しましたが、自分では判断がつかなかったのでとりあえずこれを使いました。

 

結局、受験が終わるまで古文の単語帳はこれ一つで勉強しました。

 

古典単語の暗記法は、「繰り返し読んで覚える」これだけです。

【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!

参考記事:【古文の勉強】初心者向け!おすすめ参考書を目的別に紹介!古典の成績アップ

古典文法の勉強法

古典の文法に関しては、学校の授業でついていけなかったので予備校で基礎からはじめました。

 

古典の文法で使った参考書は、予備校のオリジナルのテキストと「基礎からのジャンプアップノート古典の文法」です。

 

予備校の授業では予備校のテキストで文法を勉強して、古典の解釈は映像授業で勉強しました。

 

古文は覚えることが多いので、繰り返し、繰り返し、覚えて知識の量を増やしました。

 

英語の文法を覚えるのと同じ要領です。

 

知識の量が増えるに連れて、国語の偏差値、古文の点数が伸びました。

 

具体的には、助動詞の表は部屋のいろいろな場所に貼って、ひたすら暗記。

 

高校2年生の冬から、古文を基礎の基礎から教えてもらったのが、結局は遠回りではなく一番の近道だったと思います。

【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!

参考記事:【日東駒専対策】おすすめ国語の参考書3冊!これで日東駒専レベルを攻略

古文の長文対策

古文の長文対策は、長文に慣れるように問題を解く。

 

つまり、「習うより慣れる」です。

 

高校3年生の夏頃から、「古文 (河合塾シリーズ) 入試問題精選集」を使って長文対策。

 

入試前は、とにかく、いろいろな大学の過去問題を解きました。

 

特に、早稲田大学の過去問は10年分は解いていると思います。

 

長文問題を解くことで古文の出題形式に慣れ、古文が得意になりました。

 

問題を解くことより、問題を集めることに苦労しました。

使った参考書と勉強方法

【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!

では、最後に使った参考書と勉強法について説明いたします。

 

ポイントは以下の内容となります。

基礎からのジャンプアップノート古典の文法の勉強法

精選問題集古文の勉強法

早稲田大学の古文対策

基礎からのジャンプアップノート古典の文法の勉強法

 

「基礎からのジャンプアップノート古典文法」は、高校2年生の時に最初に取り組んだ参考書です。

 

テキストの上部に解説が書かれているのでこれを全部暗記しました。

 

次に、下部のチェック問題に取り組む際には、上部の解説を理解してから取り組みました。

 

解けなかった問題は、解答の解説を見る前に再度、上部の解説を読み、自分でどうして間違ったのかを考えて理解するようにしていました。

 

この、参考書を1日30分位、毎日、勉強して、さらには、何度も繰り返して覚えました。

精選問題集古文の勉強法

 

古文 (河合塾シリーズ) 入試問題精選集」は、高校3年生の夏から11月くらいに取り組んだ参考書です。

 

この参考書の勉強法は、問題を解いて、解答を読むの繰り返しです。

 

問題の分量が多いですが、解答と解説をすべて読み、理解するようにしていました。

 

全体の解釈や問題を解く際の解釈を解説と比較して、間違っていたところは、なぜ間違っていた原因をとことん調べました。

 

この問題集も何度も繰り返した結果、古文の長文読解に慣れました。

早稲田大学の古文対策 過去問をひたすら解く

受験前の2ヶ月位は、過去問をひたすら解くことを目標にして、英語、日本史、国語の過去問を10年分くらい集めて、ひたすら解いていました。

 

問題を解く際には、時間配分に気をつけながら問題を解いていたので本番の試験でも焦ることなく試験に挑めました。

 

問題の傾向が分かるので過去問を解くことはとても重要だと思います。

 

受験前の勉強時間も、毎日、10時間位は勉強時間を確保して、英語4時間、日本史4時間、現代文1時間、古文1時間の勉強をしていました。

 

高校3年生なったから受験が終わるまで毎日、10時間の勉強は大変でしたが、早稲田大学に入りたいという思いが強く、勉強を続けられました。

今回取材した、早稲田大学の学生が

通っていた予備校!

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」

東進は現役合格実績No.1の大学受験予備校

あなたの夢もきっと叶うはず!

圧倒的No.1、日本一の【現役合格実績】

資料請求はスマホで1分!無理な営業も一切なし!

東進の公式ホームページをチェック!

参考記事:東進衛星予備校の料金(入会金・月謝料金・年間料金)を徹底調査【他の予備校と比較】

まとめ:【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!

【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!は参考になりましたでしょうか?

まとめ:【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!

 

古文の勉強法のまとめ

大学受験の古文の勉強法は、以下にまとめてみました。

【古文の文法の基礎を学ぶ】

古文を読み解くためには、古文の文法の基礎を学ぶ必要があります。古文の文法は、現代日本語の文法とは大きく異なりますが、慣れれば読めるようになるものです。古文の文法の参考書や問題集を活用して学習しましょう。

【古文の単語を覚える】

古文には、現代日本語には存在しない多くの単語があります。これらの単語を覚えることで、古文の文章を理解しやすくなります。古文の単語帳や問題集を活用して学習しましょう。

【古文の文章を音読】

古文の文章を音読することで、古文の語感やリズムが身につきます。また、音読することで、古文の文章をより正確に読めるようになります。古文の文章を音読する習慣をつけましょう。

【古文の文章を訳してみる】

古文の文章を訳してみることで、古文の文章を理解する力が鍛えられます。また、訳すことで、古文の文章の構造や表現方法が学べます。古文の文章を訳してみる練習をしましょう。

【古文の問題を解く】

古文の問題を解くことで、自分の理解度を確認できます。また、問題を解くことで、古文の文章をより深く理解できます。古文の問題集を活用して問題を解く練習をしましょう。

古文は、難しい科目かもしれませんが、コツを押さえれば誰でも効率的に学べます。

上記の勉強法を参考に、古文の勉強に取り組んでみてください。

東進ハイスクール・東進衛星予備校に通って受験対策!

東進ハイスクール・東進衛星予備校に通うメリットは、以下の通りです。

・全国のトップ講師の授業を受けられる

・自宅で受講できるので通学時間を節約できる

・自分のペースで学習できる

・定期的にテストを受けて自分の学力をチェックできる

・志望校合格に向けてきめ細やかなサポートを受けられる

東進衛星予備校は、全国に教室を展開しており、自宅からでも全国トップ講師の授業が受けられます。

 

また、授業はすべて録画されているので、自分のペースで学習できます。

 

さらに、定期的にテストを受けて自分の学力をチェックできるので、弱点を克服し、効率的に学習できます。

 

東進衛星予備校では、志望校合格に向けてきめ細やかなサポートを受けられるので、安心して受験勉強に取り組めるでしょう。

 

東進衛星予備校は、大学受験を志す高校生に最適な予備校。

 

全国トップ講師の授業を受け、自分のペースで学習を進め、志望校合格に向けてきめ細やかなサポートが受けられます。

 

東進ハイスクール・東進衛星予備校の公式ホームページをチェック!

 

東進が気になる方:【東進ハイスクール・東進衛星予備校】評判・口コミ10選!高校生におすすめ?【塾経験者が徹底調査】

現代文の成績を上げるおすすめ記事

古文の成績を上げるおすすめ記事

予備校オンラインドットコム