BLOG
合格ブログ

【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!

【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事は、「古文の勉強方法を聞いてみました!早稲田大学の講師編」です。

 

担当は、予備校オンラインドットコムの塾長が担当します。

 

大学入試に古文が必要な大学が多く、「古文の勉強法について」悩んでいる受験生はいませんか?

 

実は、この記事で紹介する、「【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!」を実践すると、古文のテストで高得点が期待できます。

 

この記事では、古文の勉強方法として3つのポイントを紹介しています。とても具体的な内容になっています。

 

なぜなら、古文の勉強法を聞いた講師は、この勉強方法を実践して、共通テストの古文が満点だったそうです。

 

きっと、記事を読み終えると、以下のような、古文の勉強法で悩むことなく、古文の勉強に集中できるとても参考になる記事です。

古文の勉強法が分からない

どのくらい勉強時間が必要

どんな参考書を使えばいいの?

文系の大学を希望している生徒

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容

受験の古文について

古文の勉強法

使った参考書と勉強法

 

あわせて読みたい
参考記事:【MARCH対策】合格までの勉強時間と参考書について
参考記事:【日東駒専対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について
参考記事:日東駒専対策最初にやるおすすめ国語の参考書3冊紹介

英語に不安を抱えている生徒

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

大学受験の古文の勉強について

【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!

まず、古文とどのように接していたかについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

古文はもともと得意なの?

国語の偏差値の推移

古文の勉強時間

古文はもともと得意なの?

古文は中学生の頃から苦手意識が強く、全く得意ではありませんでした。

 

高校に入学してからも古文の授業はさっぱり分かりませんでした。

 

定期テストでは、赤点ギリギリだったと思います。

 

しかし、高校2年生の冬休みに大学進学を考えたときに初めて古文が大事な教科だと認識しましたので、そこから古文の勉強を始めるきっかけになりました。

古文の偏差値の推移

国語は苦手でも得意でもありませんでした。

 

国語の偏差値の推移としては、高校1年生の時は偏差値50位でした。

 

高校2年生の時に最初に受けた模試の国語の結果は、偏差値50くらいだったのを覚えています。

 

学校の成績も普通の成績でした。

 

高校3年生の春先の模試では、まだ、国語の偏差値は50台前半でした。

 

夏の模試で初めて偏差値が60台になり、最後の模試で国語の偏差値が70を超えてきました。

 

結局、知識の量が増えることで偏差値が上がっていったと思います。

 

ちなみに、早稲田大学への模試の判定結果は、高校3年生の最初は「EかD判定」、夏に「C判定」、直前模試で「B判定」でした。

 

また、センター試験の古文については、満点でした。

古文の勉強時間

古文の受験勉強を始めたのがちょうど入試の1年前からになります。

 

高校2年生の冬休みに進路について考えたときに、とりあえず大学に行こうと決めてから受験勉強をはじめました。

 

それからすぐに、親に予備校に行けと言われて予備校に通い始めました。

 

今、思えば親に感謝しかありません。

 

受験勉強をやりはじめた当初の勉強時間は、予備校での6時位から9時位までの授業だけで、家では一切勉強をしませんでした。

 

春休みからは1日10時間くらい勉強していましたが古文の勉強は1時間位でした。

 

古文の勉強時間の割合は、「英語4時間」「日本史4時間」「現代文1時間」「古文1時間」位だったと思います。

あわせて読みたい
参考記事:これから古文の勉強を始めるための勉強法と参考書を3冊紹介
参考記事:【MARCH対策】英文法のおすすめ参考書3冊紹介

古文の勉強法について聞いてみた

【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!

次に、古文の勉強法について説明いたします。

 

ポイントは以下となります。

古文の単語の勉強法

古典文法

古文の長文対策

古文の単語の勉強法

日本語と思ってやると難しいので、外国語と思って勉強していました。

 

受験勉強をやりはじめたときに、学校から支給された単語帳があるのを思い出してそれを使いました。

 

単語帳:古文単語315

 

本屋さんに行っていろいろ探しましたが自分では判断がつかなかったのでとりあえずこれを使いました。

 

結局、受験が終わるまで古文の単語帳はこれ一つで勉強しました。

 

古典単語の暗記法は、「繰り返し読んで覚える」これだけです。

古典文法の勉強法

古典の文法に関しては、学校の授業でついていけなかったので予備校で基礎からはじめました。

 

古典の文法で使った参考書は、予備校のオリジナルのテキストと「基礎からのジャンプアップノート古典の文法」です。

 

予備校の授業では予備校のテキストで文法を勉強して、古典の解釈は映像授業で勉強しました。

 

古文は覚えることが多いので、繰り返し、繰り返し、覚えて知識の量を増やしました。

 

英語の文法を覚えるのと同じ要領です。

 

知識の量が増えるに連れて、国語の偏差値も上がったように思います。

 

助動詞の表は部屋のいろいろな場所に貼って覚えた記憶があります。

 

高校2年生の冬から、古文の基礎の基礎から教えてもらったのが結局は遠回りではなく一番の近道と思います。

古文の長文対策

古文の長文対策は、長文に慣れるように問題を解く。

 

つまり、「習うより慣れる」です。

 

高校3年生の夏頃から、「精選問題集古文」を使って長文対策しました。

 

入試前は、とにかく、いろいろな大学の入試問題を解きました。

 

長文問題を解くことで長文に慣れました。

 

問題を解くことより、問題を集めることのほうが大変でした。

あわせて読みたい
参考記事:【厳選】早稲田大学生が使っていた英語の参考書を紹介!
参考記事:【大学受験】日本史の勉強法を早稲田大学の講師に聞いてみました!

使った参考書と勉強方法

【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!

では、最後に使った参考書と勉強法について説明いたします。

 

ポイントは以下の内容となります。

基礎からのジャンプアップノート古典の文法の勉強法

精選問題集古文の勉強法

早稲田大学の古文対策

基礎からのジャンプアップノート古典の文法の勉強法

基礎からのジャンプアップノート古典文法」は、高校2年生の時に最初に取り組んだ参考書です。

 

テキストの上部に解説が書かれているのでこれを全部暗記しました。

 

次に、下部のチェック問題に取り組む際には、上部の解説を理解してから取り組みました。

 

解けなかった問題は、解答の解説を見る前に再度、上部の解説を読み、自分でどうして間違ったのかを考えて理解するようにしていました。

 

この、参考書を1日30分位、毎日、勉強して、さらには、何度も繰り返して覚えました。

精選問題集古文の勉強法

精選問題集古文」は、高校3年生の夏から11月くらいに取り組んだ参考書です。

 

この参考書の勉強法は、問題を解いて、解答を読むの繰り返しです。

 

問題の分量が多いですがすべて読み理解するようにしていました。

 

全体の解釈や問題を解く際の解釈を解説と比較して、間違っていたところはなぜ間違っていたのかの原因をとことん調べました。

 

この問題集も何度も繰り返した結果、古文の長文読解に慣れました。

早稲田大学の古文対策 過去問をひたすら解く

受験前の2ヶ月位は、過去問をひたすら解くことを目標にして、英語、日本史、国語の過去問を10年分くらい集めて、ひたすら解いていました。

 

問題を解く際には、時間配分に気をつけながら問題を解いていたので本番の試験でも焦ることなく試験に挑めました。

 

問題の傾向が分かるので過去問を解くことはとても重要だと思います。

 

受験前の勉強時間も、毎日、10時間位は勉強時間を確保して、英語4時間、日本史4時間、現代文1時間、古文1時間の勉強をしていました。

 

高校3年生なったから受験が終わるまで毎日、10時間の勉強は大変でしたが早稲田大学に入りたいという思いが強く、勉強を続けられました。

あわせて読みたい

参考記事:偏差値50から早稲田大学に合格した講師に勉強時間と勉強法を聞いてみました!
参考記事:【必見】早稲田大学に合格した!英語の勉強法と勉強時間をマネすることは良いことだ!

まとめ:【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、【大学受験】古文の勉強法を早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!は参考になりましたでしょうか?

 

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

少数精鋭で授業を行っています。

 

お気軽にどうぞ!

 

スタッフ一同、心からお待ちしています。

「予備校オンラインドットコムにお任せください」

予備校オンラインドットコムでは、受験生が受験日まで安心して勉強を進めていけるように、学習管理を実施しています。

 

まず入会面談で受験生のお話も伺い、そこで課題を見つけ課題を解消できるような形で勉強を進めるサポートします。

 

志望校に沿って1人1人に合った勉強計画を作成し、それがきちんと計画的に進められているかを講師と確認できる面談を実施しています。

 

面談は週に一回、定期的に行うため勉強の習慣化が可能となります。

 

勉強してこなければ塾の費用が無駄になってしまいます。

 

また、毎日の学習記録を報告するため、サボることもできません。

 

もし興味を持った方がいれば、ぜひ無料体験に参加してみましょう!

 

無料体験では、いつも使っている「週間計画」「年間計画」を実際に作成できます。

 

これを作成するだけでも、その後どのように勉強を進めていけばいいのかを知ることができるので、参加するだけでも有意義になるでしょう。

予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!