BLOG
合格ブログ

現代文で出題される論説文の解き方!たった5つのコツで論説文が解ける!

現代文で出題される論説文の解き方!たった5つのコツで論説文が解ける!

現代文で高得点を取る勉強法って知りたくないですか?

 

現代文を勉強すると成績は上がるの?

論説文の解き方を知りたい?

現代文の勉強に必要なものが知りたい?

上記の悩みを解決します。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

今回紹介する「現代文で出題される論説文の解き方!たった5つのコツで論説文が解ける!」を読めば、論説文が得意になります。

 

なぜなら、論説文の指導で塾長が実践している内容だからです。

 

この記事では、論説文を解くための5つのコツを具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、論説文が得意になって、現代文で高得点が狙えるはずです。

 

記事の内容
現代文で出題される論説文の解き方!たった5つのコツで論説文が解ける!

たった5つのコツで論説文が解ける

現代文に必要な3つの力で論説文を解く

現代文で出題される論説文の解き方!たった5つのコツで論説文が解ける!

現代文で出題される論説文の解き方!たった5つのコツで論説文が解ける!

現代文で出題される論説文の解き方!たった5つのコツで論説文が解ける!についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

現代文の勉強は大切

現代文:論説文の特徴

現代文:論説文の特徴を知る

現代文の勉強は大切

現代文は、「センスが必要」「現代文は勉強しても無理」といった理由から、現代文の勉強が後回しになっていませんか?

 

たしかに、現代文に苦手意識がある人は、現代文の勉強のポイントがわからないのかもしれません。

 

しかし、現代文は、勉強の仕方を理解すると、テストで高得点が取れるようになります。

 

理由は、現代文の読み方や解答のポイントを知ると、現代文に対する意識が変わるからです。

 

大学受験の国語の試験は、ほとんどの大学で現代文の配点が高く設定されているのです。

 

現代文はしっかりと勉強すると成績が上がるので、あきらめる必要はありません。

大学受験に出題される現代文

大学入試に出題される現代文の文章の種類は大きく分けると論説文・評論文・随筆文・随想文があります。

 

それぞれの特徴を知ると、現代文の勉強が効率的になります。

 

以下、各文章を簡単にまとめてみました。

論説文 「主題」が特定した「問題」について、筆者の「主張」の正当性を論理的に論証していくことで、また、その主張を支える「根拠」を複数挙げることで、読者を「納得」させるための文章。
評論文 論説文とほぼ同じ意味。一つのテーマについて、筆者の主張を伝えるために書かれる文章。
随筆文 自己の見聞・体験・感想などを、筆に任せて自由な形式で書いた文章。
随想文 体験、見聞や日ごろ思う事柄などを、筆のおもむくまま、自由な形式で書き記した文章。

 

現代文:論説文の特徴を知る

説明的文章(説明文・論説文)には説明的文章に多く共通するいわば典型的な構造があります。

 

それは、最初に序論(文章のテーマ・問題提起)があり、次に本論(意見・理由を述べる)、そして最後に結論(筆者が最も言いたいこと)という構造をしています。

 

いわゆる、三部構造です。

序論 テーマや問題提起、論理を展開していく内容のおおまかな方向性が示される。
本論 筆者の意見、理由、詳細な説明や具体的な例示、仮説への論証などが行われる。
結論 筆者の主張、結論

 

文章によっては、序論と本論だけの2部構造もありますが、3部構造を理解しておくと、論説文が読みやすくなります。

【現代文】論説文を解くための5つのコツ

現代文で出題される論説文の解き方!たった5つのコツで論説文が解ける!

【現代文】論説文を解くための5つのコツについてまとめてみました。

 

以下の項目について説明しています。

1.【現代文】論説文の解き方:設問を確認

2.【現代文】論説文の解き方:結論の確認

3.【現代文】論説文の解き方:主語述語を確認

4.【現代文】論説文の解き方:キーワードの確認

5.【現代文】論説文の解き方:指示語の確認

現代文の論説文の解き方:設問を確認

論説文を読む前に、設問を確認することが大切です。

 

理由は、論説文を読む前に設問を把握することで、注意深く読むポイントがわかるからです。

 

具体的には、設問を確認して、「何を問う問題なのか」「何を説明させるのか」「何が言いたいことなのか」がわかると、文章を読むポイントがわかるのです。

 

特に、傍線部分の問題などでは、傍線前後の文章を注意深く読むことで、解答がわかるケースもあります。

 

そうすると、時間的余裕にもつながり、慌てること無く熟考して正解を導くことができます。

 

論説文を読む前に、設問を確認して、問題に取り組んでください。

現代文の論説文の解き方:結論を確認

論説文においては、筆者の主張が書かれている文を理解するのが一番大切です。

 

そのためには、結論がどこに書いてあるのか、見つける必要があるのです。

 

論説文で得点を稼ぐためには、筆者が何について述べているかを理解しないと、解答を導けません。

 

結論は、ほとんどの場合、文章の最後の段落に述べられています。

 

また、「つまり」「このように」という言葉が出てきたら、注意していると結論を見つけやすくなります。

 

結論をしっかりと確認するのが論説文を解くポイントです。

現代文の論説文の解き方:主語と述語を確認

長い文章を読む時には、主語と述語を確認しながら読むのがポイントです。

 

理由は、「何・だれ・どれ」が、「どうする・何だ・どんなだ」という文章の意味を理解するためです。

 

文章を理解するためには、主語と述語の関係を理解しないと、間違った解答をしてしまう可能性があるからです。

 

主語と述語を探すポイントは、述語から探してください。

 

ほとんどの述語は、文の最後にあり、述語に印をつけたら、「何(だれ)が?」と問いかけて、主語を見つけるとわかりやすい。

 

論説文を読む時には、主語と述語に注意して読むと、文章の意味がわかるはずです。

現代文の論説文の解き方:指示語の確認

文章中の指示語に注意して、問題文を読んでください。

 

指示語とは、何かを指さし示しめす働きをする語。

 

「こそあど言葉」とも言われ、「これ」「それ」「あれ」「どれ」など、物事を指し示す働きをする語の総称です。

 

指示語が指す語は、話の状況や前後の文脈によって決まります。

 

文章を理解するためには、指示語が何を示しているのか、確認しながら内容を理解してください。

 

指示語を問われる問題や指示語が関連した問題は、大学受験の現代文の問題では頻出です。

 

問題文を読みながら、指示語をチェックしながら読み進めてください。

現代文の論説文の解き方:接続詞を確認

論説文は、「接続詞」に注意して読みすすめると、筆者の主張を見つけるヒントになります。

 

なぜなら、接続詞は、論理的な文章を書くためには必要で、筆者の一番主張したいことがわかるようになるからです。

 

接続詞には、順接・逆接、並列・対比、添加(累加)・説明、選択・話題転換などの意味をしっかりと把握して、文章を読んでください。

 

先程も説明しましたが、「つまり」「このよう」「ようするに」の接続詞は、結論の部分につながるため、決して見逃してはいけません。

 

また、接続詞を問われる問題も頻出なため、接続詞の意味を理解することで、確実に点数が稼げます。

 

接続詞の意味を理解して、接続詞に注意して問題に取り組んでください。

接続詞 意味・働き
しかし/でも/ところが/けれども 【逆説】前と後ろで反対の内容が述べられる。
つまり/要するに/すなわち 【言い換え】前の内容を後ろで言い換える。
なぜなら/従って 【理由】前の内容の理由を、後ろで説明する。
たとえば/いわば 【例示】前の内容を分かりやすくするために、後ろで具体例を説明する。

現代文に必要な3つの力で論説文を解く

現代文で出題される論説文の解き方!たった5つのコツで論説文が解ける!

現代文に必要な3つの力で論説文を解くについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

読解力を上げて現代文を解く

語彙力を上げて現代文を解く

論理力を上げて現代文を解く

読解力を上げて現代文を解く

読解力とは、文章を読んで、その内容を理解する能力。

 

読解力を上げると論説文・評論文などの論理的文章を読むとき、要点がわかり、相手が伝えたいことを的確に理解できるようになり、筆者の主張がわかるようになります。

 

読解力を上げるためには、

音読

文章の要約

漢字を覚える

音読は、難しい内容でも声を出すことによって、情報を整理できるのです。

 

音読を繰り返し行うことで、難易度が高い文章でも正しく理解できるようになります。

 

文章の要約は、文章を読んだ後で要約することを決めておくと、文章の構成や重要なポイントを意識しながら読み進められるでしょう。

 

漢字を覚えることは、語彙力を上げることになるので、難しい漢字や読めない漢字を読み飛ばすこと無く文章が読めるようになります。

語彙力を上げて現代文を解く

「語彙力とは「その人がもっている単語の知識と、それを使いこなす能力」。

 

つまり、語彙力は「知っている言葉の数」「使いこなせる言葉の数」です。

 

語彙力を高めるためにはとにかく活字に触れ、いろんな言葉を覚えることが一番です。

 

教科書を始めとして、読書、新聞に至るまでとにかく活字に触れて、知らない言葉をすぐに調べる習慣を身につけてください。

 

そして、覚えた言葉を使って、会話したり、文章を書いたり、とにかく習得した言葉を使うことで語彙力が上がります。

 

意識して語彙力を上げる努力するのが大切です。

論理力を上げて現代文を解く

現代文に必要な論理力とは、論理的思考力をベースにして、論理的に読み、書き、話せる能力のことです。

 

わかりやすく言うと、「結論を出すための思考の流れ」です。

 

論理力は、幼い頃からのセンスや読書をたくさんしている人が、持っている才能なのではないか、と思っているかもしれません。

 

実は、論理力は現代文の解法を学んで利用していくことで、蓄積されていくものなのです。

 

論理力を上げると、道理や筋道に則って思考を巡らせて結論を導いたり、あるいは、複雑な事柄を分かりやすく説明できるようになるのです。

まとめ:現代文で出題される論説文の解き方!たった5つのコツで論説文が解ける!

現代文で出題される論説文の解き方!たった5つのコツで論説文が解ける!

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「現代文で出題される論説文の解き方!たった5つのコツで論説文が解ける!」は参考になりましたでしょうか?

記事のまとめ
POINT1.現代文は、勉強の仕方を理解すると、テストで高得点が取れるようになります!

POINT2.たった5つのコツで論説文が解けるポイント5つ:①設問を確認②結論の確認③主語述語を確認④キーワードの確認⑤指示語の確認

POINT3.現代文に必要な3つの力で論説文を解く:読解力、語彙力、論理力を上げる!