BLOG
合格ブログ

【現代文】小説の解き方のポイントを4つ解説【小説の勉強法】

【現代文】小説の解き方のポイントを4つ解説【小説の勉強法】

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

今回のお悩みはこちら。

現代文の小説が苦手と思っている人

現代文の小説の解き方がわからない人

現代文の小説で高得点を取りたい人

 

現代文で高得点を取りたいですよね?

 

今回紹介する「【現代文】小説の解き方のポイントを4つ解説【小説の勉強法】」を読めば、小説の解き方がわかります。

 

なぜなら、小説の解き方を生徒に指導していた内容だからです。

 

この記事では、現代文の小説の解き方を具体的に4つ紹介。

 

記事を読み終わると、現代文の小説の解き方がわかる内容となっています。

 

読み終わるとわかること
現代文の小説の解き方のポイントを4つ解説【小説の勉強法】

【現代文】小説の解き方のポイント4つ

小説で高得点を取るために必要な要素

現代文の小説の解き方のポイントを4つ解説【小説の勉強法】

【現代文】小説の解き方のポイントを4つ解説【小説の勉強法】

現代文の小説の解き方のポイントを4つ解説【小説の勉強法】についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

現代文の小説とは

現代文の小説対策:設問を最初に読む

全体像を把握しながら小説を読む

現代文の小説とは

大学入試に出題される現代文の文章の種類は「論説文」「評論文」「随筆文」「随想文」「小説文」が代表例。

 

それぞれ、文章の特長や解き方を理解して取り組むのが、高得点を狙うための現代文の勉強法。

 

今回取り上げる小説文とは、作者の構想を通じて、人物や事件、人間社会を描き出そうとする、話の筋をもった散文体の作品。

 

「登場人物の気持ちがわからない」「登場人物が多すぎて相関関係がわからない」という理由から、小説が苦手な受験生も多くいます。

 

なぜなら、小説を試験問題と捉えずに、普段読んでいる小説を読む感覚で文章を読みすすめるからです。

 

これを解決するためには、現代文の小説の解き方のポイントを意識しながら、文章を読むこと。

 

今回は、小説の解き方のポイントを詳しく説明いたします。

現代文の小説対策:設問を最初に読む

現代文に限らず、長文読解については、文章を読む前に設問を確認してください。

 

これには賛否両論ありますが、私の経験上、設問がわかると、注意して読むポイントがわかるからです。

 

文章を先に読んでしまうと、傍線が引かれている部分などが、なぜ?傍線が引かれているのか?気になってしまいます。

 

設問を先に読むポイントとしては、選択肢までは確認する必要はありません。

 

理由は、選択肢の意味が理解できなくて不安になることがあるからです。

 

いずれにしても、文章を読んで正しく理解しないと、設問の答えを導き出すことはできません、

 

効率的に小説文を解くためにも、設問を先に確認することがおすすめです。

全体像を把握しながら小説を読む

小説を読んで文章を理解するためには、全体像を把握しなければなりません。

 

なぜなら、小説の問題は、ある場面を切り抜いて出題されるため、全体像を理解しないと解答が導けないからです。

 

具体的には、登場人物が何人いるのか、場所や情景、どんな状況なのか、これらを頭の中でイメージしながら、読むことが大切。

 

登場人物、場所、情景、状況がわかると、小説の全体像が見えてくるはず。

 

全体像を把握できると、余裕を持って設問に答えられるようになります。

【現代文】小説の解き方のポイント4つ

【現代文】小説の解き方のポイントを4つ解説【小説の勉強法】

【現代文】小説の解き方のポイント4つについてまとめてみました。

 

以下の項目について説明しています。

現代文の小説の解き方:場面設定

現代文の小説の解き方:登場人物

現代文の小説の解き方:情景

現代文の小説の解き方:変化

現代文の小説の解き方:場面設定

小説の場面設定を理解してください。

 

場面設定とは、「いつ」「どこで」「だれが」「どこで」「何を」「どのように」を文章中から読み取ってください。

 

これは、「5W1H」とおぼえておくと良いでしょう。

 

When いつ 現在、過去、未来、いつの話なのか特定。
Where どこで 家、学校、職場、具体的な場所を特定。
Who 誰が 私、兄弟、友人、登場人物の特定。
What 何を 本、帽子、食べ物、物や事の対象物。
Why なぜ 理由や原因を表す事項。
How どのように 方法や手段を示すこと。

 

以上を参考にして、小説を読み進めて、5W1Hに当たる箇所には印をつけたりすると、文章の全体像が把握できるはずです。

現代文の小説の解き方:登場人物

小説に出てくる登場人物はすべて把握してください。

 

なぜなら、登場人物の関係性や役割を確認することで、全体像が把握できるからです。

 

具体的には、主人公を中心とした、名前、性別、年齢、容姿、持ち物、特長、人間関係などを文章中から読み取ってください。

 

登場人物が少ない場合は、頭の中で整理できますが、多くなると簡単な相関図を書くのがおすすめです。

現代文の小説の解き方:情景

情景とは、辞書によると「人間の心の働きを通して味わわれる、景色や場面」と書かれています。

 

具体的には、登場人物の心情を表すために、風景、情景を描写することで、表現しているケースがあります。

 

よくある表現として、天気がいいと明るい性格を表したり、天気が悪いと落ち込んだ様子を意味します。

 

天気に限らず、情景の描写には次の展開を暗示したり予感させる効果がありるため、文章中の情景を表している箇所は、注意が必要。

 

情景描写から、心情を読み取る問題も頻出なので、しっかりと情景を確認してください。

現代文の小説の解き方:心情の変化

小説問題は、登場人物の心情を客観的に把握しながら、読んでいかなければいけません。

 

理由は、小説問題は感情移入してしまうと、心情を間違えることがあるからです。

 

小説問題で読み取らなければならない大切なポイントは、登場人物の心情の変化。

 

そのためには、「心情」「心情の変化」「設定の変化」には、印をつけるようにしてください。

 

例えば、直接的な心情表現として、「うれしい」「楽しい」「怒っていた」。

 

また、動作にも注目し、「貧乏ゆすり」「肩を落とした」「頭を抱えた」。

 

心情を表す言葉は小説問題においては、要注意です。

 

以上、小説を解くためのポイント4つを紹介しました。

小説で高得点を取るために必要な要素

【現代文】小説の解き方のポイントを4つ解説【小説の勉強法】

小説で高得点を取るために必要な要素についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

語彙力を上げて小説を読む

読解力を上げて小説を読む

論理力を上げて小説を読む

語彙力を上げて小説を読む

「語彙力とは「その人がもっている単語の知識と、それを使いこなす能力」。

 

つまり、語彙力は「知っている言葉の数」「使いこなせる言葉の数」。

 

語彙力を高めるためにはとにかく活字に触れ、いろんな言葉を覚えることが一番です。

 

教科書を始めとして、読書、新聞に至るまでとにかく活字に触れて、知らない言葉をすぐに調べる習慣を身につけてください。

 

そして、覚えた言葉を使って、会話したり、文章を書いたり、とにかく習得した言葉を使うことで語彙力が上がります。

 

意識して語彙力を上げる努力するのが大切です。

読解力を上げて小説を読む

読解力とは、文章を読んで、その内容を理解する能力。

 

読解力を上げると論説文・評論文などの論理的文章を読むとき、要点がわかり、相手が伝えたいことを的確に理解できるようになり、筆者の主張がわかるようになります。

 

読解力を上げるためには、

・音読

・文章の要約

・漢字を覚える

音読は、難しい内容でも声を出すことによって、情報を整理できるのです。

 

音読を繰り返し行うことで、難易度が高い文章でも正しく理解できるようになります。

 

文章の要約は、文章を読んだ後で要約することを決めておくと、文章の構成や重要なポイントを意識しながら読み進められるでしょう。

 

漢字を覚えることは、語彙力を上げることになるので、難しい漢字や読めない漢字を読み飛ばすこと無く文章が読めるようになります。

論理力を上げて小説を読む

現代文に必要な論理力とは、論理的思考力をベースにして、論理的に読み、書き、話せる能力のことです。

 

わかりやすく言うと、「結論を出すための思考の流れ」です。

 

論理力は、幼い頃からのセンスや読書をたくさんしている人が、持っている才能なのではないか、と思っているかもしれません。

 

実は、論理力は現代文の解法を学んで利用していくことで、蓄積されていくものなのです。

 

論理力を上げると、道理や筋道に則って思考を巡らせて結論を導いたり、あるいは、複雑な事柄を分かりやすく説明できるようになるでしょう。

まとめ:【現代文】小説の解き方のポイントを4つ解説【小説の勉強法】

【現代文】小説の解き方のポイントを4つ解説【小説の勉強法】

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「【現代文】小説の解き方のポイントを4つ解説【小説の勉強法】」が参考になればうれしく思います。

 

まとめ
現代文の小説は、苦手意識を捨てて取り組むと、成績が上がります。

【現代文】小説の解き方のポイント4つ「場面設定」「登場人物」「情景」「変化」

現代文に必要な要素は、「読解力」「語彙力」「論理力」

以上、【現代文】小説の解き方のポイントを4つ解説【小説の勉強法】でした。
予備校オンラインドットコム