BLOG
合格ブログ

【定期テスト対策】古文の勉強法5つのポイントをわかりやすく解説

【定期テスト対策】古文の勉強法5つのポイントをわかりやすく解説

こんにちは、予備校オンラインドットコムです。

 

学校の古文の成績が上がらない人

定期テストの古文の勉強法を知りたい人

定期テストの古文の勉強のアドバイスが知りたい人

 

以上のような、古文の定期テストの勉強法についてお答えします。

【定期テスト対策】古文の勉強法5つのポイントをわかりやすく解説

 

今回紹介する「【定期テスト対策】古文の勉強法5つのポイントをわかりやすく解説」を読めば、古文の定期テストで良い点数が取れるはずです。

 

なぜなら、古文の定期テストで実践していた内容だからです。

 

この記事では、古文の定期テストの勉強法を具体的に5つ紹介しています。

 

記事を読み終わると、古文の定期テストの勉強法がわかります。

 

記事の内容
【定期テスト対策】古文の勉強法5つのポイントをわかりやすく解説

定期テスト対策:古文の勉強法5つのポイント

定期テストで確実に点数取る勉強のアドバイス

【定期テスト対策】古文の勉強法5つのポイントをわかりやすく解説

【定期テスト対策】古文の勉強法5つのポイントをわかりやすく解説

【定期テスト対策】古文の勉強法5つのポイントをわかりやすく解説についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

定期テストの古文とは

古文の苦手意識をなくす

古文の勉強の全体像

古文は点数が稼げる

定期テストの古文は、点数を稼ぐことができることを知ってください。

 

なぜなら、出題範囲もわかっているため、古文の単語と文法を覚えるだけでも、点数が取れるようになるからです。

 

また、教科書に載っている古文は、基礎的な文章が多いため、実は、意外と理解するのが簡単だからです。

 

古文の勉強というと、「何から勉強して良いのかわからない」という人もいますが、基本は暗記です。

 

暗記は、地味な勉強のイメージがありますが、暗記の量が増えると、比例して古文の点数が取れるのです。

 

定期テストの古文のテストは、暗記で点数が稼げるのです。

古文の苦手意識をなくす

古文の勉強に取り組む上で大切なのが、古文に対する苦手意識を克服することです。

 

理由は、苦手意識が邪魔して、古文の勉強がおろそかになってしまうからです。

 

繰り返しになりますが、古文は見た目は複雑でも、実際は得点が稼ぎやすいのです。

 

実際に古文が苦手な人は、勉強が後回しになっています。

 

定期テストの古文で良い点数を取るためには、古文に対する苦手意識を克服してください。

 

そのためには、これから説明する、古文の定期テストの勉強法を実践してみてください。

古文の勉強の全体像

古文の勉強は、外国語を思って勉強してください。

 

古文は日本語と勘違いして、「そんなに勉強しなくても大丈夫」と思ったら、いつまでたっても古文の成績は上がりません。

 

なぜなら、古文の勉強は、「単語」「文法」「解釈」さらには、「長文読解」と外国語の勉強と一緒だからです。

 

つまり、古文は日本語とは言え、現代語にはない古文特有の言葉の意味であったり、文法においてもまるっきり違うこともあるのです。

 

定期テストに限らず、古文を勉強するためには、「単語→文法→解釈→長文読解」と分けて段階的に勉強してください。

 

古文の勉強の全体像を理解すると、効率の良い古文の勉強ができるようになります。

定期テスト対策:古文の勉強法5つのポイント

【定期テスト対策】古文の勉強法5つのポイントをわかりやすく解説

定期テスト対策:古文の勉強法5つのポイントについてまとめてみました。

 

以下の項目について説明しています。

1.古文の定期テスト対策:古文の単語を覚える

2.古文の定期テスト対策:文法を覚える

3.古文の定期テスト対策:品詞分解を覚える

4.古文の定期テスト対策:現代語訳を覚える

5.古文の定期テスト対策:問題演習を繰り返す

古文の定期テスト対策:古語を覚える

教科書の古語はすべて暗記してください。

 

なぜなら、古文における古語は、古文の基礎だからです。

 

現代訳と異なる意味が多い古語は、読み方と意味を覚えていないと、現代訳に訳せないため、古語を暗記する必要があるのです。

 

また、古語は複数の意味があることも多く、すべての意味を覚えるのが理想的です。

 

定期テストに出題される問題は、覚える古語も多くないため、古語の意味を覚えるだけでも、定期テストではある程度の得点が稼げるはずです。

古文の定期テスト対策:文法を覚える

現代語訳と異なる、古文の文法を覚えてください。

 

古典の文法とは、古典における語順のルールになります。

 

現代語訳と古文を比べて、文法の大きな違いは、活用と接続です。

 

活用とは、言葉の形が変わることで、活用するのは、動詞・形容詞・形容動詞・助動詞、の4つを覚える必要があります。

 

例えば、「読む」という動詞は、「読まない」「読みながら」「読めば」というように、形が変化します。

 

古文の文法にはこの形の変化に法則があるので、それを覚えればいいのです。

古文の定期テスト対策:品詞分解する

古文の定期テスト対策として、品詞分解を行い、文章の意味を読み取ってください。

 

古文で品詞分解する理由は、試験で点数を取るために必要な要素になってくるからです。

 

品詞分解とは、古文の各単語の品詞・活用・活用形・意味などを分析することです。

 

品詞分解ができないと、その文の正確な意味を読み取ることができず、古文が理解できなくなってしまいます。

 

品詞分解は、古文を読み解くために非常に大切になってくるテクニックなので、繰り返し学習して、習得してください。

古文の定期テスト対策:現代語訳を覚える

現代語訳は、先ほど説明した、「古語」「文法」を理解できたならば、難しくはありません。

 

もし、現代語訳ができないようであれば、現代語訳を丸暗記してください。

 

理由は、定期テストでは、基本的な問題しか出ないため、現代語訳の丸暗記でも、古文の試験に対応できるからです。

 

本来のあるべき姿は、古語を覚えて、文法を理解して、現代語訳ができるようになることです。

 

もし、現代語訳が出来ないのであれば、古語の暗記や文法の理解が不十分と言えるため、基礎から勉強し直してください。

 

現代語訳ができるようになれば、古語も文法も理解していると言えるため、定期テストで満点が取れる可能性があります。

古文の定期テスト対策:問題演習を繰り返す

最後に学校で配布されている、現代文のワークや問題集に繰り返し取り組んでください。

 

理由は、古文の定期テストでは、ワークや問題集から同じような問題が出題されるからです。

 

古文の音読後に、ワークや問題集に取り組むのがおすすめです。

 

音読とワークや問題集をセットで学習することは、インプットとアウトプットが同時にできるため、記憶として定着しやすくなるからです。

 

そして、答えを理解するまで繰り返し学習してください。

 

以上、古文の定期テスト対策について説明しました。

 

実践すると、きっと、良い点数が取れすはずです。

定期テストで確実に点数取る勉強のアドバイス

【定期テスト対策】古文の勉強法5つのポイントをわかりやすく解説

定期テストで確実に点数取る勉強のアドバイスについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

定期テストで古文の勉強を始める時期

古文の教科書の音読

敬語も覚えると古文の成績アップ

定期テストで古文の勉強を始める時期

定期テストの勉強を開始する時期は、定期テストの3週間前から始めてください。

 

なぜなら、定期テスト1週間前からでは、テスト範囲の勉強が終わらない可能性があるからです。

 

古文以外の勉強もしないといけないため、余裕を持って定期テストに取り組むためです。

 

定期テストの日程は、年間の行事予定表で確認できるはずなので、余裕を持って定期テスト対策するのが大切です。

 

定期テストで良い点数を取りたいのであれば、3週間前から取り組んでください。

古文の教科書の音読

古文の教科書の音読は、古文の勉強に効果的です。

 

理由は、音読することで、単語や文法の確認ができるからです。

 

また、音読することで文章に慣れるというメリットもあります。

 

具体的には、教科書の古文を最低10回は音読するのがおすすめです。

 

間違えた単語や文法については、意識しながら読み進めていきましょう。

 

音読を繰り返すと、知識の定着にも効果があります。

敬語も覚えると古文の成績アップ

最後に古文の敬語について説明しておきます。

 

古文の敬語とは、「尊敬語」「謙譲語」「丁寧語」の3種類です。

 

尊敬語 動作する人への敬意。目上の人に使う。相手を立てるときに使う。例)「おはす」、「たまふ」など
謙譲語 動作される人への敬意。自分をへりくだるときに使う。自分がへりくだることで、相手を立てる。例)「申す」、「奉る」など
丁寧語 聞き手に対して丁寧に述べる言葉。例)「侍る」、「候ふ」

 

古文では、文章中の主語や目的語が省略されることがよくあります。

 

主語や目的語を判別するために敬語の種類を見極めないといけません。

 

敬語が入った文章は、尊敬語、謙譲語または丁寧語の種類を見極めないと、主語も目的語も理解できないため文章を読み解けません。

 

敬語の種類を見極めながら、敬語が使われている文脈を理解しながら、敬意の対象が誰に向かっているのかを判断します。

敬語を覚えることで数多くの問題が解けるようになります。

まとめ:【定期テスト対策】古文の勉強法5つのポイントをわかりやすく解説

【定期テスト対策】古文の勉強法5つのポイントをわかりやすく解説

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「【定期テスト対策】古文の勉強法5つのポイントをわかりやすく解説」は参考になればうれしく思います。

記事のまとめ
・【定期テスト対策】古文は暗記で成績が上がります。

・古文の定期テスト対策は、「古文の単語を覚える」「文法を覚える」「品詞分解を覚える」「現代語訳を覚える」「問題演習を繰り返す」

以上を実践すると良い成績が取れるでしょう。

・古文の定期テスト対策の補足、「古文の教科書の音読」と「敬語を覚える」

以上、「【定期テスト対策】古文の勉強法5つのポイントをわかりやすく解説」でした。