BLOG
合格ブログ

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

「※この記事には一部PRが含まれます」

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

今回のお悩みはこちら。

勉強しなくて困っている

勉強するための解決策を知りたい

勉強しないとどうなる?

 

今回の記事の担当は、受験メンタルトレーナーが担当しています。

 

勉強しない高校生って心配ですよね?

 

実は、今回紹介する「勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス」を読めば、高校生が勉強するキッカケになるはずです。

 

なぜなら、受験メンタルトレーナーが実践している内容だからです。

 

この記事では、勉強しない高校生の原因や解決方法を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、勉強しない高校生を解決するために、親ができることがわかる内容になっています。

 

記事の内容
勉強しない高校生の理由

勉強するための解決策

勉強しない高校生にかける魔法の言葉7つ

勉強しない高校生は心配

 

【親が通わせたい!おすすめオンライン塾】

ビリギャルでお馴染み坪田塾のオンライン個別指導
※坪田塾のノウハウがオンラインで体験できるおすすめの塾!

東大生・早慶生からのコーチング|スタディコーチ
※偏差値が短期間で急上昇する理由は?東大式学習メソッド!

完全1対1のオンライン個別指導:キミノスクール
※週5日の個別指導で偏差値が平均で14.8もアップする!

 

参考記事:坪田塾オンライン個別指導を塾経験者が徹底解説!口コミ・評判を調査!

 

Contents

勉強しない高校生の理由

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

勉強しない高校生の理由を考えてみましょう?

 

勉強しない生徒の気持ちになって、理由を以下にまとめました。

勉強しない高校生の理由:勉強が分からない

勉強しない高校生の理由:部活が忙しい

勉強しない高校生の理由:反抗期

勉強しない高校生の理由:勉強する意味がわからない

勉強しない高校生の理由:勉強の環境が整っていない

勉強しない高校生の理由:勉強が分からない

勉強しない高校生と真剣に向き合って、相談を聞くことが多くあります。

 

相談を聞いていると、高校生が勉強しない最大の理由は、「勉強がわからない」「勉強についていけない」「勉強の仕方がわからない」などの学習に対する悩みが多い事です。

 

「勉強がわからないから、何をして良いのかわからない」ということは、高校生が勉強しない理由で圧倒的多数を占めます。

 

高校生が勉強しない本当の理由を知ることは解決策にもつながる可能性があるでしょう。

 

勉強しない時は、正面から向き合って理由を確かめてみてください。

 

そうすることで解決策が見えてきます。

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

参考記事:受験でメンタルが崩壊しそう!受験メンタルトレナーがアドバイス!

勉強しない高校生の理由:高校生は部活が忙しい

高校生は毎日部活動があり、勉強と部活動の両立が難しいことはよくあります。

 

なぜなら、運動部などで部活動していると疲れが原因で、勉強する気力がなくなるからです。

 

家に帰っても、晩御飯を食べて、ダラダラとテレビを見て、お風呂に入って寝るという高校生は結構多くいるのです。

 

しかし、部活動が忙しくても勉強しない理由にはなりません。

 

部活動が忙しくても勉強するためには、どうしたら良いのかを話し合って解決しましょう。

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

参考記事:【大学受験】親ができること7つ!子どもがやって欲しいこと!受験期の親の関わり方

勉強しない高校生の理由:高校生は反抗期

中学生から高校生くらいになると反抗期になる高校生が多く、反抗期が原因で勉強しない高校生もいます。

 

男の子のなかには、壁を蹴って穴を開けたり、物を投げたり、暴言を吐いたりと反抗的な行動に出ることも珍しくありません。

 

女の子の場合は気に入らないことがあると、親の言うことを無視したり、自分の部屋に閉じこもったりと、自分の殻に閉じこもるような行動をとることがあります。

 

反抗期は決して珍しいわけではありません。

 

多くの高校生が反抗期を経験するので、もしかすると勉強しない理由は反抗期という高校生も少なくないでしょう。

 

反抗期が原因の場合は、ついカッとなってしまうかもしれませんが、高校生の言動を深刻にとらえず、「反抗期はいつか終わるもの」という気持ちで、親としてゆったりと構えてみてください。

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

参考記事:【必見】高校中退から大学受験で合格する4つの方法【成功するための秘訣】

勉強しない高校生の理由:勉強する意味がわからない

高校生に限った話ではありませんが、勉強する意味が見いだせていないと、勉強に消極的になり、勉強しなくなる高校生も多い。

 

保護者は過去の経験から勉強する意味がわかっていることも多いですが、子どもはそうではありません。

 

なぜなら、子どもは将来の自分をイメージすることが難しく、勉強した結果がどのように役立つのかを理解できないからです。

 

高校生に勉強の意味を理解してもらうためには、保護者が将来の子どもの姿を一緒にイメージし、勉強がその実現につながることを具体的に説明することが大切です

 

例えば、子どもが将来医者になりたいなら、勉強することで病人を治せることを説明できます。

 

また、子どもが将来弁護士になりたいなら、勉強することで法律を理解し、人々を助けきるということを説明できます。

 

子どもに勉強の意味を理解してもらうことは簡単ではありませんが、保護者が子どもの将来を一緒に考え、勉強がその実現につながることを具体的に説明することで、子どもの勉強意欲が高まるでしょう。

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

 

参考記事:受験でメンタルがボロボロになった時に読めば効果あり

高校生が勉強しない理由:勉強の環境が整っていない

高校生は多感な時期でもあるため、ちょっとしたことで集中力が落ちてしまいがちです。

 

悩みを抱えていたりイライラしたりしていると、勉強しようと思ってもなかなか手につかず、結果勉強しない場合もあります。

 

また、勉強に集中できる環境が整っていないことも、勉強しない原因のひとつ。

 

例えば、テレビの音が聞こえる、誰かの話し声がする、習い事の時間が決まっているなどの場合も同様です。

 

部活動や友達との連絡手段として欠かせないスマートフォンなどが手の届く範囲にある時も、同じく勉強に集中できない原因かもしれません。

 

常に何かを考えたり気にしたりしなければならない環境では、真剣に勉強に取り組めないのも無理はないでしょう。

 

物理的に勉強できない理由はないかを探し、それを取り除いてあげることが重要です。

 

以下は、勉強に集中できる環境を整えるための具体的な方法です。

・静かな場所で勉強する。

・勉強に必要なものはすべて揃える。

・勉強する時間帯を決める。

・勉強する前にリラックスする。

・勉強中に休憩をとる。

・勉強した内容を復習する。

これらの方法を参考に、子どもの勉強環境を整えてあげましょう。

勉強しない高校生におすすめ大手予備校

現役合格実績No.1!東進ハイスクール・東進衛星予備校
※全国から選りすぐりの予備校界最強【実力講師陣】

駿台では100年以上積み上げてきたノウハウ!駿台予備校
※個別指導でどんな志望校でも合格を目指せます!

高校生が勉強するようになる!親ができる解決策

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

次に、高校生が勉強するようになる解決策です。

 

以下、3つのポイントを説明いたします。

勉強の仕方を工夫する高校生

高校生は勉強の環境を整える

親が言っても無理

勉強の仕方を工夫する高校生

ゲームやスマホばかりしている高校生には、スマホやタブレットを使った学習アプリを使うのも一つの手です。

 

スマホやタブレットには、教育系のアプリがたくさんあります。

 

教育系のアプリを上手に使えば、高校生の勉強への苦手意識を緩和させて、勉強に興味を持ってもらうキッカケになることも。

 

今まで、解けなかった問題が解けるようになったりすると、勉強が楽しくなったという高校生もいます。

 

意外にスマホやタブレットを使った勉強では画面を自分で操作する必要があるため、集中力が途切れにくく、自然に勉強習慣が身に付きやすいというメリットもあるのです。

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

参考記事:【大学受験】受験生のメンタルの保ち方を受験メンタルトレーナーがアドバイス

高校生は勉強の環境を整える

家では、ゲームやスマホ、テレビや漫画など何かと誘惑が多いですよね?

 

それらが、目に入ると集中力が低下します。

 

なるべく、勉強する環境においては、ゲームや漫画からは距離を取ったほうが良いのです。

 

理由は、勉強の環境を整えてあげることで、勉強に対する意識が芽生えるからです。

 

また、勉強する体制がすぐ取れる状況だと、机に向かうまでのハードルが下がりますのでおすすめです。

 

例えば、勉強部屋が近い、勉強机の上が片付いていることなど、すぐに勉強ができる環境にしておくことが大切。

 

自分で机の上が片付けられないのであれば、親が許可をとって片付けてあげることも有効です。

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

参考記事:高校生の親ができること|高校生との接し方・勉強のサポート方法

親が言っても無理

親が口うるさく行ってもだめな場合は、学習塾や家庭教師などに任せるのも一つの手です。

 

費用は発生しますが将来のことを考えると何もしないよりかは、大事な時期にちょっとでも勉強していたほうが安心です。

 

私の経験上、家で反抗期でも塾では講師の言うことを聞く生徒がほとんどです。

 

ぜひこの機会に塾に入ることを検討してみてはいかがでしょうか?

 

塾に通わせて、勉強時間をしっかりと確保することで、少しは安心した気持ちになるでしょう。

 

大学受験の親のサポートについて知りたい方、大学受験で親ができるサポートのポイントを紹介

勉強の習慣化ができるおすすめの塾
↓↓↓

\3ヶ月で勉強が劇的に変わる/

コーチング塾「オーバーフォーカス」

最適な学習方法で学習が習慣化

プロの一流コーチ陣が生徒サポート

全額返金保証だから安心

無料体験はこちらから
↓↓↓
オーバーフォーカス公式サイト

参考記事:オーバーフォーカスの口コミ・評判・料金を調査!おすすめできる?コーチング塾

勉強しない高校生と接するときのポイントは?

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

勉強しない高校生に接するときのポイントを紹介します。

 

勉強しない高校生と接するときのポイントは?

高校生の勉強のやる気を出す方法はありますか?

高校生は1日何時間勉強していますか?

勉強しない高校生と接するときのポイントは?

勉強しない高校生と接する際のポイントについて解説します。

 

【まず話を聞く】

・生徒の気持ちや困っていることをよく聞きます。

 

【無理強いしない】

・勉強を押し付けず、生徒の好きなことや夢と結びつけて話します。

 

【小さな目標から】

・最初は簡単なことから始めて、「できた!」という経験を増やします。

 

【勉強しやすい場所づくり】

・集中できる静かな場所や、必要な道具をそろえるのを手伝います。

 

【いろんな勉強方法を試す】

・本を読む、ビデオを見る、グループで学ぶなど、生徒に合う方法を探します。

 

【がんばりを認める】

・少しでも頑張ったら、「よくやったね」と褒めます。

 

【困っていることを探る】

・勉強が苦手な理由や、家での問題がないか、優しく聞いてみます。

 

【将来の話をする】

・勉強が将来どう役立つか、具体的に話し合います。

 

このように、生徒の気持ちを大切にしながら、少しずつ勉強に興味を持ってもらうよう手伝います。

 

急がず、焦らず、生徒のペースに合わせることが大切です。

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

高校生の勉強のやる気を出す方法はありますか?

高校生の勉強のやる気を出す方法がいくつかあります。

 

できることから試してみてください。

 

【目標を明確にする】

・短期的な目標(テストで80点取るなど)と長期的な目標(希望の大学に入るなど)を立てます。

 

【褒美システムを作る】

・勉強時間や成績に応じて、好きなことをする時間を増やすなどの褒美を設定します。

 

【興味のある科目から始める】

好きな科目や得意な科目から勉強を始め、徐々に他の科目に広げます。

 

【学習環境を整える】

・静かで集中できる場所を用意し、スマホなどの誘惑を減らします。

 

【勉強方法を工夫する】

・暗記カード、マインドマップ、動画学習など、自分に合った方法を見つけます。

 

【小さな成功を祝う】

・少しの進歩でも自分を褒め、達成感を味わいます。

 

【規則正しい生活リズムを作る】

・睡眠や食事の時間を整え、体調を整えることで集中力を高めます。

 

【勉強の意義を考える】

・なぜ勉強が必要か、将来にどう役立つかを考えます。

 

【息抜きの時間も大切に】

・適度な休憩や趣味の時間を設けて、リフレッシュします。

 

これらの方法を組み合わせて、自分に合ったやる気の出し方を見つけていくのが良いでしょう。

 

一度にすべてを変えようとせず、少しずつ習慣づけていくことが大切です。

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

高校生は1日何時間勉強していますか?

高校生の1日の勉強時間は個人差が大きく、また学年や時期によっても変わりますが、一般的な勉強時間をお伝えします。

 

平均的な勉強時間

・平日:2〜3時間程度

・休日:3〜5時間程度

学年別の勉強時間

1年生:1〜2時間
2年生:2〜3時間
3年生:3〜5時間(受験期はさらに増加)


成績上位層の勉強時間

・4〜6時間以上勉強する生徒も多い


時期による変動

・定期テスト前:普段より1〜2時間増加

・受験シーズン:5〜8時間以上の生徒も

 

適切な勉強時間は個人の学力や目標によって異なるため、無理のない範囲で徐々に増やしていくことが大切です。

 

質の高い勉強時間を確保することが、量よりも重要な場合が多いです。

勉強の習慣化ができるおすすめの塾
↓↓↓

\3ヶ月で勉強が劇的に変わる/

コーチング塾「オーバーフォーカス」

最適な学習方法で学習が習慣化

プロの一流コーチ陣が生徒サポート

全額返金保証だから安心

無料体験はこちらから
↓↓↓
オーバーフォーカス公式サイト

勉強しない高校生の子どもにかける魔法の言葉7つ

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

勉強しない高校生にかける言葉!高校生にかけると効果的な7つの言葉を紹介!


勉強しない高校生の子どもにかける言葉についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

1.勉強しない高校生の子どもが親に言われて嬉しかった言葉

2.勉強しない高校生の子どもにかける褒める言葉の「さしすせそ」

3.勉強しない高校生の子どもと勉強の話題を避ける

4.勉強しない高校生の子どもにかける言葉「AとBどっちにする」

5.勉強しない高校生の子どもにかける言葉「信じてるよ」

6.勉強しない高校生の子どもにかける言葉「大丈夫」

7.勉強しない高校生の子どもにかける言葉「高校卒業後の進路はどうする?」

勉強しない高校生の子どもが親に言われて嬉しかった言葉

親に言われて嬉しかった言葉を紹介します。

①おはよう・おやすみ

②いつも頑張ってるね

③お疲れ様

④気にしないで

⑤すごいね

普段から使い慣れている言葉が意外に高校生の子どもに響くことがあります。

 

短い言葉でも応援している気持ちが伝わると嬉しいものなのです。

 

どんなことがあっても、何気ないコミュニケーションは大切なのです。

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

勉強しない高校生の子どもにかける褒める言葉の「さしすせそ」

子ども向けの褒め言葉を紹介します。

 

さしすせその法則を使って、子どもを褒めたいときに使ってみてください。

「さ」→「さすがだね」

「し」→「じょうず」「知ってたの!」

「す」→「すごい」

「せ」→「せいかい!」

「そ」→「そのとおり」「その調子」「そうだね」

子どもを褒める時のポイントは、これらの言葉を使って具体的に褒めてあげること。

 

具体的に褒めることで、子どもは自信がつき勉強に取り組めるようになるはずです。

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

勉強しない高校生の子どもと勉強の話題を避ける

いきなり勉強の話題をするのは避けましょう。

 

なぜなら、毎日、親から勉強について聞かれると、テンションが下がり、ますます親子の距離が遠くなるからです。

 

思春期・反抗期の子どもの立場になって考えてみると、特に「勉強のこと」は一番親に言われたくないことだったりします。

 

どうしても勉強のことが聞きたい時には、興味のある話題から話しかけるのがポイントです。

 

具体的には、テレビの話、芸能人の話、スポーツの話などで明るく楽しい話題で会話してください。

 

勉強や大切な話は、明るく楽しい会話をして、子どもが心を開いてからさり気なく聞くのが良いでしょう。

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

勉強しない高校生の子どもにかける言葉「AとBどっちにする」

「勉強しなさい」と言うと反発する可能性が高くなりますが、「AとBどっちにする」と聞いてみてください。

 

なぜなら、強制すると反発するため、本人に選択肢を与えてあげると、どちらかの答えを選択するからです。

 

もし、自分で英語を勉強すると選んでしまったら、自分で選んだ以上は、英語を勉強するしかありません。

 

人に何かをしてもらいたい時は、「どっちにする?」と聞くと効果的です。

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

勉強しない高校生の子どもにかける言葉「信じてるよ」

反抗期の高校生でも、親から「信じてるよ」と声をかけられると、子どもは嬉しく期待に応えようとします。

 

子どもも自分を信じてくれているならば、期待に応えるために一生懸命に努力するはずです。

 

親としても子どもを信じてあげることが、子どもの成長には欠かせません。

 

親が本気で子どもを信頼しているのが伝わることで、子どもも成長していきます。

 

しかし、過度な期待は子どもに負担を与えてしまうケースが有るため注意が必要です。

 

勉強嫌いな子にかける言葉として「信じてるよ」と声がけしてください。

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

勉強しない高校生の子どもにかける言葉「大丈夫」

勉強嫌いな子にかける言葉として「大丈夫」「きっとうまくいくよ」と声がけしてください。

 

理由は、子どもは失敗すると傷ついてしまうからです。

 

親から、「大丈夫」「きっとうまくいくよ」と声をかけることで、失敗しても大丈夫なんだと安心するからです。

 

逆に失敗して、親が責め立てるようであれば、失敗を恐れて何も挑戦しなくなる可能性があります。

 

子どもの努力を精一杯認めてあげて、失敗しても励ますことで、親はいつも自分の味方だと安心感を得ることでしょう。

 

子どもを否定する言葉ではなく、子どもを肯定する言葉を積極的に使うのが大切です。

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

勉強しない高校生の子どもにかける言葉「高校卒業後の進路はどうする?」

高校卒業後の進路について親子で話してください。

 

なぜなら、中学卒業後の進路は本人も気になっているはずです。

 

進路についての話を親子ですると、勉強への意識が高まるからです。

 

当然、子どもは「高校へ行きたい」と答えるはず。

 

そうしたら、親子で志望校を探して、行きたい高校が見つかると目標が定まり、勉強するメリットが見つかるのです。

 

また、行きたい高校は一度の話し合いでは決まりません。

 

何度も進路についての話し合いをして、早い時期に志望校が決まると、受験勉強も早めにスタートできます。

 

進路について親子で話し合って、進路の意識を高めましょう。

【おすすめオンライン塾】

パーソナルトレーナーがサポート!

コーチング塾【STRUX】

毎日の計画があるから、

「あとは、勉強するだけ」

\当サイト限定のキャンペーン/

【参考書2冊+52,800円分】

なんと!どちらもプレゼント!
↓↓↓

【STRUX】の公式ホームページ

参考記事:【学習管理塾】STRUXはおすすめ?評判・料金・特徴を塾経験者が取材してわかったこと

高校生が勉強しないままでいるとどうなる?

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

高校生の大事な時期に勉強しないとどうなるのでしょうか?

 

将来への選択肢が少なくなることだけは避けたいです。

 

以下のポイントについて説明しています。

高校生が勉強しないままでいるとどうなる?

進級できなくなる可能性も

気がつけば手遅れ

高校生にとって大事な受験勉強

今後の将来に大きく影響

高校生が勉強しないままでいるとどうなる?

高校生が勉強しないままでいると、以下のような結果につながる可能性があります:

・学業成績の低下

・進学や就職の選択肢の減少

・基礎学力や思考力の不足

・自信や自己効力感の低下

・将来の収入や職業選択への影響

これらの影響は、高校生の将来の可能性を狭める可能性があります。ただし、個人差があることも覚えておく必要があります。

進級できなくなる可能性も

高校は小学校や中学校とは違い、進級に必要な単位を取得していなければ次の学年に進級できません。

 

単位制かどうかで内容が変わりますが、一般的な学年生の場合、1年生で30単位必要であればすべて取得しなければ進級できなくなります。

 

単位制の場合は年間で取得する単位数が異なります。

 

単位が足りなければ進級ができずに原級留置、いわゆる留年が確定し、もう一度同じ学年で過ごさなければなりません。

 

必要な単位は高校によって異なるため一概には言えませんが、勉強しないままにしてテストの結果が芳しくない状況が続くと、進級できなくなる可能性があるのです。

 

人によっては留年したことで周囲の目が気になってしまい、自主退学を選んでしまうこともあります。

 

また、高校によっては留年の回数に上限が設けられているため、一定数以上留年となると退学処分になる可能性もあります。

 

退学は本当に最悪のパターンですが、可能性としてゼロではありません。

 

留年や退学にならないためにも、少しずつでもいいので勉強を続けることが重要です。

 

留年や退学を避けるために、以下のような対策を考えてください。

・授業に出席し、授業内容を理解する。

・定期テストや小テストを勉強して良い点数を取る。

・分からないことは先生や友達に質問する。

・勉強する時間を作る。

・勉強する場所を決める。

・勉強する方法を見つける。

・勉強を継続する。

・予備校・塾・家庭教師の利用を検討する。

これらの対策を立てて、留年や退学を避けましょう。

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

気がつけば手遅れ

勉強しない状況が続くと、気がつけば手遅れになってしまうことがあります。

 

特に高校3年生になっても、勉強しないようであれば大学受験に影響が出てしまいます。

 

高校3年生の夏休みを過ぎても勉強しない状況が続いていると危険信号。

 

そうならないためにも、一日でも早く解決策を講じて勉強を始めましょう。

 

きっと、ささいなキッカケで状況に変化が現れるはずです。

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

参考記事:総合型選抜専門塾ホワイトアカデミー高等部のメリット・デメリット・合格実績を徹底調査

高校生にとって大事な受験勉強

高校生にとっては、大学受験はこれまでの人生において最大のイベントと言っても過言ではありません。

 

しかし、高校生の中には、勉強が大事ということを理解していない生徒もいます。

 

最悪のケースだと、高校生の勉強を怠っていれば希望する進路に進むこともできなくなり、妥協をした望まない進路に進むことになります。

 

そうなると将来の選択肢を狭くしてしまう可能性があります。

 

そうならないためにも、勉強が大事だというキッカケを作ってあげることで、勉強の動機づけをしてください。

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

参考記事:学習計画の作成で大学受験を効率的に合格する方法を5分で解説!

今後の将来に影響

勉強しない高校生を放っておくと、学年が進むに連れて授業についていけなくなります。

 

勉強しないまま受験生となった場合、選択できる志望校が限られてしまう可能性があります。

 

大学受験は挽回しようとやる気をもって勉強しても、一筋縄ではいきません。

 

なぜなら、受験勉強は毎日の勉強の理解を深め、コツコツと学習を積み上げることが大切だからです。

 

高校生が勉強することを諦めてしまった場合、将来にも影響を及ぼす可能性があります。

 

大学や就職先の選択肢が狭まることに加えて、なりたい職業に就けないという未来も予想できます。

 

「あのときもっと勉強しておけば…」と後悔しても、時間を巻き戻すことはできません。

 

いろいろな手を尽くしてもお子さまが勉強に取り組めないようであれば、学習塾に行かせることをご検討ください。

 

学校の授業についていけず勉強のやる気が低下してしまう悪循環は、できる限り早い段階で断つことが重要です。

 

学習塾に入塾することで、勉強のキッカケになるケースもあります。

 

また、自習室を解放している塾が多いため、学習習慣も身につきやすいでしょう。

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス参考記事:大学受験の不安・心配は必ずある!3つの解決法で不安を乗り越える

勉強するために塾を活用する

もし、現在の偏差値が志望している大学の偏差値に届いていない場合、もしくは、偏差値の足を引っ張っている科目がある場合は、塾に通うことを検討すると良いでしょう。

 

理由は、塾が持っている指導ノウハウを活用することで、効率的に偏差値を上げるためです。

 

具体的には、苦手な部分を重点的に指導してもらえる個別指導塾、オンライン塾、オンライン家庭教師に通うことで、より効率的な受験対策ができるはず。

 

塾に通うメリットは、なんといっても、勉強する習慣が身につくこと。

 

受験勉強の基本は、継続的に勉強しなければ、学力は定着しません。

 

勉強時間を確保できる塾、家庭での自学自習を指導してくれる学習管理型塾は、受験勉強のサポートに効果を発揮するでしょう。

 

自学自習の学習内容を管理してもらえると、受験勉強が習慣になり、勉強しない状況の解消ができるはず。

 

大学を目指す受験生が塾を検討する場合、塾に通う目的とそれに合ったレベルの塾を選ぶこともとても大切。

 

いずれにしても、塾を利用することは、あとで困らないためにも検討してください。

【おすすめオンライン塾】

東大式学習メソッド「スタディコーチ」

現役東大生のノウハウが凝縮

受験の勝ち方を熟知した!

東大生・早慶生が徹底サポート

スタディコーチについて詳しく

スタディコーチの公式ホームページ

参考記事:【必見】スタディコーチの口コミ・評判が気になる方!塾経験者が調査しました!

【塾・予備校選びで迷ったら、おすすめ塾の紹介】

完全1対1のオンライン個別指導:キミノスクール
※週5日の個別指導で偏差値が平均で14.8もアップする!

ビリギャルでお馴染み坪田塾のオンライン個別指導
※坪田塾のノウハウがオンラインで体験できるおすすめの塾!


東大生・早慶生からのコーチング|スタディコーチ
※偏差値が短期間で急上昇する理由は?東大式学習メソッド!


合格実績が豊富な学習管理型の塾!STRUX←おすすめの塾
※オンライン対応!志望校合格まで受験パーソナルトレーナーが徹底指導!

まとめ:勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイスは参考になりましたでしょうか?

まとめ:勉強しない高校生を解決する方法!【必見】親ができることを具体的にアドバイス

まとめ

勉強しない高校生への解決法をまとめてみました。

・勉強する理由を見つける

・勉強しやすい環境を作る

・勉強方法を工夫する

・勉強を継続する

勉強する理由を見つけることは、勉強を継続するために重要。勉強する理由は、将来の夢や目標、親や先生からの期待など、人それぞれです。勉強する理由を見つけると、勉強へのモチベーションが上がり、勉強を継続しやすくなります。

勉強しやすい環境を作ることも、勉強を継続するために重要。勉強しやすい環境とは、静かで集中できる場所、必要なものが揃っている場所、リラックスできる場所です。勉強しやすい環境を整えることで、勉強に集中しやすくなり、効率的に勉強できます。

勉強方法を工夫することも、勉強を継続するために重要。勉強方法は、人それぞれです。自分に合った勉強方法を見つけると、勉強が楽しくなり、勉強を継続しやすくなります。

勉強を継続することも、勉強を成功させるために重要。勉強は、継続することが大切です。毎日少しずつでも勉強を継続することで、学力が向上し、将来の目標を達成できます。

勉強しない高校生は、勉強する理由を見つけ、勉強しやすい環境を作り、勉強方法を工夫し、勉強を継続することで、勉強が成功できるでしょう。

勉強しない子どものやる気を出す記事一覧

勉強のやる気が出ない受験生へ|勉強のやる気を上げる12の対策で大学受験を突破!

受験でメンタルが崩壊しそう!受験メンタルトレナーがアドバイス!

大学受験勉強をやめたいと思った時にちょっとだけ読んでほしい記事

【大学受験失敗】でも、人生は終わらない!原因分析と6つの選択肢を紹介!

大学受験の不安・心配は必ずある!3つの解決法で不安を乗り越える

勉強嫌いな子にかける言葉!中学生にかけると効果的な7つの言葉

【子供のやる気アップ】やる気が出る言葉とやる気が出ない言葉を紹介

勉強にやる気が出ない理由を知って中学生の勉強のやる気を出す!

やる気を出す方法を知って中学生の勉強のヒントに【必見の記事】

やる気がない中学生に勉強のやる気を出す方法【親ができる10選】

予備校オンラインドットコム