BLOG
合格ブログ

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

記事の終わりには、日本史Bの成績がアップする勉強情報を掲載しています。参考にしてください。

 

今回のお悩みはこちら。

日本史の勉強法が知りたい

日本史の定期テスト対策が知りたい

効率よく日本史の勉強がしたい

 

日本史の定期テストで良い点数を取りたくないですか?

 

今回紹介する「日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】」を読めば、日本史の定期テスト対策がわかります。

 

なぜなら、実際に日本史の定期テスト対策として、取り組んでいる内容だからです。

 

この記事では、日本史の定期テスト対策を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終わると、日本史の定期テスト対策がわかる内容になっています。

 

PR記事

 

読み終わるとわかること
日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

日本史の定期テスト対策:勉強法の紹介

おすすめできない日本史の勉強法

日本史の定期テスト対策:日本史の勉強を効率的

 

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

日本史:定期テストの事前準備

日本史の勉強は暗記

日本史の勉強の仕方

日本史の定期テスト対策:授業

日本史:定期テストの事前準備

日本史の定期テストの準備と言っても、実は特別なことは何もありません。

日本史のテスト範囲の確認

 

日本史のテスト日程の確認

 

日本史のテストのルールの確認

 

日本史の出題傾向の確認

定期テスト対策にはとても必要な情報なので、しっかりと確認して、日本史の定期テスト対策に挑みましょう。

 

以下、説明します。

日本史のテスト範囲の確認

まず、テスト範囲の確認ですが、たまにテスト範囲を間違って勉強する人がいるため、しっかりと確認してください。

 

日本史の定期テストで高得点を取るためには、テスト範囲を効率的に勉強するのがポイントです。

日本史のテスト日程の確認

定期テストと言えども、勉強の計画を作成するのがおすすめ。

 

理由は、定期テストの範囲を効率よく学習するため。

 

そのためには、定期テストの日程をしっかりと確認して、漏れなく勉強する計画を作ってください。

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

参考記事:社会の選択は日本史で決まり!いつから日本史を勉強するの?【大学受験】

日本史のテストのルールの確認

答えは漢字で書く必要があるのか?漢字の間違いは減点?これらのことを確認しておくと良いでしょう。

 

もちろん、大学受験では、正確な漢字が求められるため、漢字で覚えるのがマストです。

日本史の出題傾向の確認

日本史の定期テストを作成する先生の出題傾向を知っておくと、日本史の勉強に取り組みやすくなります。

 

具体的には、穴埋め問題が多いのか?記述式が多いのか?正誤問題が多いのか?

 

先生に聞いて答えてくれると良いのですが、先輩などに聞いて日本史の出題傾向を分析してみてください。

 

以上のような細かい確認が、日本史の定期テスト対策になるはずです。

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

参考記事:【大学受験】日本史の勉強法を早稲田大学の講師に聞いてみました!

日本史の勉強は暗記

日本史は暗記。

 

なぜなら、頭の中に入っている日本史の知識の量と得点は、比例するからです。

 

しかし、重要語句だけを無機質に暗記しても、入試問題レベルの問題には対応できません。

 

日本史の暗記のポイントは、

・用語(人名や時代名、出来事の名前や地域名)

 

・用語の内容や意味(単語の意味や漢字表記も含めて)

 

・年号

具体的には、ある出来事が起こった時の中心人物・時代背景・出来事の内容を含めて、関連する事を網羅的に理解する必要があるのです。

 

重要な語句を関連して覚えることで、答えがわからなくても、関連することを思い出すことで、答えを導けるようになるでしょう。

 

教科書の重要語句の名前や年号を記憶するだけではなく、「誰によって何が起こった事件か」「何をした人物か」など経緯を結びつけて覚えることが必要。

日本史の勉強の仕方

日本史の知識を定着させるためには、インプットとアウトプットの繰り返しが必要になります。

 

これは、日本史に限らず、暗記系の勉強においては、とても大切な勉強の仕方。

 

日本史のインプットとは、教科書や参考書を読んで、知識を頭に入れること。

 

一方、アウトプットは、入れた知識を思い出させること。

 

インプットばかりの勉強では効果が上がりません。

 

もちろん、アウトプットばかりの勉強でも効果は上がりません。

 

日本史の勉強は、インプットとアウトプットの勉強の繰り返しが必要なのです。

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

参考記事:MARCH対策やっておきたい日本史の参考書3冊

日本史の定期テスト対策:授業

日本史の定期テストの対策としておすすめなのが、日本史の授業を集中して聴くこと。

 

なぜなら、学校の先生の解説と重要な出来事を関連づけて覚えると、記憶に残りやすいからです。

 

新しいことを学び、理解するのは毎日の学校の授業での役割。

 

また、先生によっては、「ここはテストで出るよ」と、ヒントをくれる場合もあるからです。

 

日本史の授業があった日は、家に帰って教科書を読んで復習すると、さらに効果が上がります。

 

テスト期間中に「時間がない」と焦らないためにも、普段の日本史の授業を集中して聴いてください。

 

参考記事:【日東駒専対策】おすすめ塾・予備校を塾経験者が紹介!合格できる勉強法がわかる!

日本史定期テスト対策:勉強法の紹介

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

日本史定期テスト対策:勉強法の紹介についてまとめてみました。

 

以下の項目について説明しています。

日本史の勉強の基本は教科書

問題集に取り組んで日本史対策

一問一答で定期テスト対策

日本史の資料集の勉強で定期テスト対策

日本史の勉強の基本は教科書

日本史の定期テスト対策の勉強は、教科書が基本。

 

なぜなら、定期テストは教科書の範囲から出題されるからです。

 

つまり、日本史の定期テストの範囲をすべて覚えられたならば、100点が取れるはず。

 

もちろん、定期テストの範囲に資料集が含まれる場合は、資料集もしっかりと勉強する必要があります。

 

日本史の教科書を読む時のポイントは、時代の流れや時代背景、出来事などの因果関係を理解しながら読みすすめること。

 

日本史の教科書をよく読んで、流れを理解して、暗記作業するのが基本です。

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

問題集に取り組んで日本史対策

日本史の教科書をよく読んでインプットできたならば、次は問題集などで理解度を確認するためのアウトプットの作業。

 

なぜなら、日本史の勉強の基本はインプットとアウトプットの繰り返しだからです。

 

具体的には、ページごとや単元ごとに問題集に取り組んでください。

 

教科書を1度や2度読んだだけでは、覚えられないのが普通。

 

覚えるためには、繰り返して何度も学習するのがポイント。

 

教科書をよく読んで、問題集に取り組んで、日本史の知識の確認、これを繰り返して行いましょう。

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

参考記事:日東駒専対策やっておきたい日本史の参考書3冊

一問一答で定期テスト対策

日本史の教科書の暗記がある程度終わったならば、一問一答に取り組むのがおすすめ。

 

理由は、一問一答は重要語句を、暗記しているかどうかの確認ができるからです。

 

一問一答に取り組む時には、重要語句の正誤だけでなく、意味や説明までも確認すると良いでしょう。

 

関連付けて覚えることで、知識の定着になりますし、テストに対応したレベルにアップするのです。

 

一問一答は電車の中やスキマ時間に行うと、時間を有効的に使えます。

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

 

参考記事:山川【日本史一問一答】の使い方を知って日本史の偏差値アップ

日本史の資料集の勉強で定期テスト対策

日本史の定期テスト対策として、資料集を活用するのがおすすめ。

 

なぜなら、資料集は以下の活用のポイントがあります。

視覚的に覚える

 

地図を使いながら覚える

 

図、表は暗記しやすい

資料集を活用すると、写真と作品名を関連づけることで、作品の情報が印象に残りやすくなり、暗記するのにより効果的。

 

次に、地図に関しては、地名を聞いただけで「日本のどこなのか?」わかる人はほとんどいないと思います。

 

資料集には戦が起こった場所や各時代の農業、特産品など、日本地図がよく使われているため、関連付けて暗記ができるでしょう。

 

最後は、資料集は表や図がわかりやすくまとめられているため、資料集を見ているだけでも、暗記しやすくなっているのです。

【勉強の仕方や参考書を教えてくれる塾】

ビリギャルでお馴染み坪田塾のオンライン個別指導
※坪田塾のノウハウがオンラインで体験できるおすすめの塾!

東大生・早慶生からのコーチング|スタディコーチ
※テレビ番組で有名な講師による、東大式学習メソッド!

東大生に毎日勉強を教えてもらえる!東大毎日塾!←おすすめ塾
※24時間質問し放題!オンライン自習室使い放題でこの価格!

参考記事:【坪田塾】オンライン個別指導を塾経験者が徹底解説!口コミ・評判を調査!

おすすめできない日本史の勉強法

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

おすすめできない日本史の勉強法についてまとめてみました。

 

以下の項目について説明しています。

徹夜で勉強しても定期テスト対策にならない

日本史の教科書を読まない勉強

日本史のまとめをノートに取る勉強

徹夜で勉強しても定期テスト対策にならない

日本史は暗記だからといって、テスト前日に徹夜で知識を詰め込む人もいますが、おすすめできません。

 

テスト当日に早起きして、詰め込むのも同じようにおすすめしません。

 

なぜなら、短時間で日本史の知識を詰め込んでも、テストに対応するための知識としては定着しないからです。

 

そもそも、歴史の流れを理解するためには、1日や2日では全く時間が足りません

 

特にテスト前日などでは、時間が気になって日本史の勉強に集中できないこともあります。

 

日本史の勉強を甘く見てはいけません。

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

参考記事:詳細日本史Bの勉強法のポイントを徹底解説【要チェック】

日本史の教科書を読まない勉強

日本史の教科書を読まないで、いきなり問題集に取り組む勉強もおすすめしません。

 

なぜなら、日本史の勉強はインプットとアウトプットが基本だからです。

 

問題集にいきなり取り組むことは、アウトプット中心の勉強になるため、効率が悪くなるのです。

 

教科書をよく読んで、日本史の知識をインプットして、インプットした知識を思い出させるために、問題集を解いてアウトプットするのが、日本史の勉強の基本。

 

日本史の勉強の基本を守って、定期テスト対策するのがおすすめ。

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

参考記事:詳細日本史ノートの勉強法!効果的な使い方で日本史の成績アップ

日本史のまとめノートを作る勉強

日本史の教科書をノートにまとめて、勉強した気になっている人は、要注意。

 

なぜなら、日本史の教科書をノートにまとめただけでは、暗記ができないからです。

 

ノートにまとめて、時系列や中心人物、時代背景などを理解するのは大切なことですが、それらを暗記する作業も忘れないでください。

 

日本史の教科書は、理解しやすいようにできているため、繰り返して読むことで、出来事の因果関係などもわかりやすく解説されています。

 

日本史の教科書をまとめる作業が無駄とはいいませんが、「まとめても意味がなかった」とならないようにしてください。

 

参考記事:スタディサプリ料金(入会金・月額料金)大学受験講座はいくら?他のオンライン教材と料金比較!

日本史の定期テスト対策:日本史の勉強を効率的に!

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

日本史の定期テスト対策:日本史の勉強を効率的に!まとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

定期テスト期間中:日本史の勉強時間

年号・出来事を覚える勉強法

日本史の勉強は夜寝る前が効果的

定期テスト期間中:日本史の勉強時間

定期テスト期間中の日本史の勉強時間は、1時間〜2時間がおすすめ。

 

なぜなら、日本史の勉強を毎日することで、日本史の知識が学力として定着するからです。

 

もちろん、定期テスト期間中は、他の教科の勉強もしなければなりませんが、もし、大学入試で日本史を選択しているのであれば、もっと勉強時間を増やしても良いかもしれません。

 

理由は、定期テスト対策が、そのまま、大学受験対策にもなるからです。

 

また、定期テストの範囲にもよりますが、定期テストの2週間前からは、確実に日本史の勉強に取り組んでください。

 

日本史のテスト範囲は、広範囲なため、1週間では全範囲を勉強できない可能性があるからです。

 

そうなると、もったいないですよね?

 

日本史の定期テスト対策は、余裕を持って、勉強時間を確保して取り組んでください。

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

参考記事:山川の日本史用語集の使い方!【ポイント3つ】日本史の暗記が効率的に!

年号・出来事を覚える勉強法

日本史の勉強では、時系列を問う問題も多く出題されるため、人名や出来事などの重要用語だけを覚えていても、問題対応できません。

 

時系列問題に対応するためには、「通史」の理解で対応できるようになります。

 

通史とは、日本史の全範囲において起こった出来事を一連の流れで捉えたものです。

 

日本史で通史を学習すると、人や事件の名前・年号だけでなくそれらが歴史の出来事が、どのような順で起こり、変化してきたかという流れや、因果関係まで読み取れるようになります。

 

事件名や人物名の時系列にそった並べ替え問題は、入試でも頻出パターンです。

 

日本史の定期テストで良い点数を取るためには、テスト範囲の通史を理解してから、勉強に取り組むと年号や出来事が理解しやすくなります。

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

参考記事:【大学受験】山川シリーズ日本史の超鉄板おすすめの参考書4冊

日本史の勉強は夜寝る前が効果的

暗記系の勉強は夜の寝る前が、ゴールデンタイムと呼ばれています。

 

なぜなら、暗記と睡眠は密接な関係があるからです。

 

日本史の重要語句などを暗記してすぐ寝ると、記憶として定着しやすいと言われているからです。

 

次の日に起きてすぐに、確認テストして覚えていればパーフェクトです。

 

寝る前に覚えた記憶は、長期的に記憶できると実証されているため、暗記系の勉強は寝る前にする。

 

暗記を寝る前にするという工夫一つで、日本史の暗記効率が上がるはずです。

 

試してみてください。

 

参考記事:MARCHは甘くない!文系におすすめ予備校・塾を厳選17!確実にレベルアップできる塾

日本史の勉強はスタディサプリがおすすめな理由

 

スタディサプリは、日本史の勉強においておすすめの理由を紹介。

【プランニングされたカリキュラム】

スタディサプリでは、日本史の内容がプランニングされたカリキュラムに基づいて提供されています。トピックごとに分かりやすく整理されており、段階的に学習が進められるため、初学者から上級者まで効率的に学べます。

【視覚的な教材】

スタディサプリでは、視聴覚に訴える動画コンテンツが豊富に用意されています。映像を使った解説は、従来の教科書よりも記憶に残りやすく、理解が深まりやすいとされています。

【理解度チェック】

授業や学習の進行に合わせて、理解度チェックが行われます。クイズやテスト形式の問題が用意されており、自分の理解度を確認しながら学習が進められるため、不明点や苦手な部分を克服しやすくなります。

【自分のペースで学習】

スタディサプリはオンデマンドの形式で提供されているため、自分のペースで学習できます。時間や場所に縛られることなく、自分の都合に合わせて効率的に学べます。

【質問対応やサポート】

スタディサプリでは、学習中にわからない点や疑問に対して質問できます。専門の講師が質問に丁寧に対応してくれるため、理解が深まるでしょう。

ただし、学習方法には個人差があるため、必ずしもスタディサプリが全ての人に適しているわけではありません。

 

他の教材や参考書と併用するなど、自分に合った学習スタイルを見つけることも重要です。

 

スタディサプリ大学受験鋼材の資料請求はこちらから!

参考記事:スタディサプリ評判大研究!ネットの口コミは本当なのか徹底検証

 

\低料金で受験勉強できる!/
↓↓↓
受験生の2人に1人が利用する圧倒的なわかりやすさ!まずは無料でお試し。

まとめ:日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

今回の記事、「日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】」は参考になりましたか?

まとめ

日本史の勉強法についてまとめました。以下は、高得点を取るための基本的な勉強方法です。

 

1.教科書をしっかり読む

最初に教科書を読むことは重要です。教科書は基本的な知識や出来事の流れを把握するのに役立ちます。章ごとに要点をまとめるなど、自分なりの方法で内容を整理しましょう。

 

2.参考書を利用する

教科書だけでは物足りない場合は、参考書を使って補完しましょう。参考書は解説や例題が豊富に載っており、理解を深めるのに役立ちます。ただし、教科書と異なる記述もあるため、矛盾がないか確認することも大切です。

 

3.重要な用語や年号を暗記する

日本史では多くの用語や年号が出てきます。これらを暗記することで、問題に対して的確な解答ができるようになります。用語や年号をカードにまとめて暗記したり、反復学習を行ったりすると効果的です。

 

4.年表を作成

日本史の出来事の流れを把握するために、自分で年表を作成することをおすすめします。重要な出来事や時代の特徴を年表にまとめることで、全体像をつかみやすくなります。

 

5.過去問を解く

定期テストに向けては、過去の問題を解くことが有効です。過去問を解くことで、出題傾向や重要なポイントを把握できます。解答後に解説を読むことで、間違えた箇所や理解が浅い部分を確認しましょう。

 

6.グループで勉強

同じく日本史を勉強している仲間とグループで勉強すると、意見交換や情報共有ができます。お互いに質問し合ったり、解説を行ったりすることで、理解が深まります。

 

7.時間を確保

長期的に効果的に勉強するために、日々の学習時間を確保しましょう。短時間でも継続的に勉強することが大切です。計画的なスケジュールを立て、予習や復習にも時間を割くようにしましょう。

 

以上が日本史の勉強法の基本的なポイントです。地道な学習と努力が必要ですが、継続して取り組むことで高得点を目指せるでしょう。

日本史に関する記事

日本史のおすすめ参考書と問題集!厳選した日本史の参考書15冊紹介

【日本史】年号の語呂合わせが必要な理由!【超重要】語呂合わせ一覧も紹介!

日本史の勉強法は教科書をよく読む!【これならできる日本史の勉強】

【日本史の勉強】重要語句の覚え方!これで日本史が得意科目になる!

日本史の勉強法!定期テストで高得点取る方法【日本史の勉強の基本】

【大学受験】山川シリーズ日本史の超鉄板おすすめの参考書4冊

山川の日本史用語集の使い方!【ポイント3つ】日本史の暗記が効率的に!

詳細日本史ノートの勉強法!効果的な使い方で日本史の成績アップ

詳細日本史Bの勉強法のポイントを徹底解説【要チェック】

山川【日本史一問一答】の使い方を知って日本史の偏差値アップ

日東駒専対策やっておきたい日本史の参考書3冊

MARCH対策やっておきたい日本史の参考書3冊

【大学受験】日本史の勉強法を早稲田大学の講師に聞いてみました!

社会の選択は日本史で決まり!いつから日本史を勉強するの?【大学受験】

予備校オンラインドットコムおすすめ塾の紹介

【コーチング塾】スタディコーチのメリットとデメリット!選ぶ前に知っておきたいこと

【坪田塾】オンライン個別指導を塾経験者が徹底解説!口コミ・評判を調査!

【坪田塾オンライン個別指導】メリットとデメリット!大学受験で選ばれる理由

「坪田塾はうるさい」という評判は本当?気になる口コミを徹底調査してみた

次世代型個別コーチング塾IGNISを塾経験者が評判・口コミ・料金を徹底解説

早慶専門塾HIROA CADEMIA【ヒロアカ】の評価は?塾業界経験者が口コミ・料金・特徴を徹底調査

【鬼管理専門塾とは】口コミ・評判を塾経験者が徹底解説!怪しい塾なの?

【必見】スタディコーチの口コミ・評判が気になる方!塾経験者が調査しました!

トウコベの評判・口コミからわかった!本当のメリットとデメリットを解説

塾経験者が語る【トウコベ】評判・口コミ・料金を徹底調査!おすすめできる塾なの?

【坪田塾は最悪って本当?】坪田塾の評判を塾経験者が調査してわかったこと

坪田塾の料金は高い?他の塾と比較して料金を徹底的に調査した結果

最新版【アガルートコーチング】評判・口コミ・料金を調査!おすすめできる理由とは?

【アガルートコーチング】塾経験者が評判・口コミ・料金・特徴を徹底調査した結果

【坪田塾みたいな塾】塾経験者がおすすめする厳選14社|コーチング塾で成績は上がるの?

スタディコーチの料金(入会金・授業料)はいくら?他塾と料金を徹底比較

【ビリギャル塾】坪田塾はおすすめ?徹底調査してわかった!ビリギャル勉強法

坪田塾オンラインの料金(入会金・授業料)はいくら?実際の料金を他塾と比較

予備校オンラインドットコム