BLOG
合格ブログ

MARCH対策やっておきたい日本史の参考書3冊

MARCH対策やっておきたい日本史の参考書3冊

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

MARCH対策の日本史の参考書って知りたくないですか?

 

今回紹介する「MARCH対策やっておきたい日本史の参考書3冊」を読めば、MARCH対策としてやっておきたい日本史の参考書がわかります。

 

なぜなら、予備校オンラインドットコムでMARCH対策として使っている日本史の参考書の紹介だからです。

 

記事では、具体的に日本史の参考書を3冊紹介しています。

 

記事を読み終わると、MARCH対策の日本史の参考書がわかる内容となっています。

 

以下の悩みを解決します。

参考書の選び方は?

MARCH対策の参考書

参考書の勉強法は?

オンライン予備校

記事の内容

最初に参考書選びのポイント

MARCH対策やっておきたい日本史の参考書3冊紹介

あわせて読みたい
参考記事:大学受験の最低限の単語数!英単語ターゲットは全部覚えてね!
参考記事:【MARCH対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について

【MARCH対策】参考書の選び方

MARCH対策やっておきたい日本史の参考書3冊

最初に参考書選びのポイントについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

目的を持った参考書選び

自分にあった参考書選び

解説がわかりやすいのか?

【MARCH対策】目的を持った参考書選び

参考書を選ぶ時に最初になぜ購入するのか?

 

目的をはっきりと決めてください。

 

なぜなら、取り組む目的がなければ、目的意識が薄れて、なんとなく取り組んで、結局は中途半端で終わってしまうことがあるからです。

 

目的意識を持たないで参考書を購入して学習しても、参考書を最大限に生かすことができません。

 

その結果、学力が伸びず、勉強のやる気がなくなり、受験勉強も中途半端になってしまうことがあります。

 

例えば、苦手科目を克服するため、単語力を上げるため、問題に慣れるためなど、目的を持って参考書を選ぶことが大事です。

自分にあった参考書選び

次に、自分の学力レベルや志望大学の受験対策に合っているかどうかを判断します。

 

理由は、あまりにも簡単な参考書やとんでもなく難しい参考書を使って学習すると学力が身につかないからです。

 

基礎からしっかり確認したいという人が、基本事項を理解していることを前提に書かれている難しい参考書にいきなり手を出しても学力はなかなか伸びません。

 

一方で、常に高得点が取れる得意科目をさらにレベルアップさせたいという人が、初心者向けの易しい参考書で一から学習し直すのは決して効率的とはいえません。

 

または、私大レベルの参考書を選んでしまうと、求められる内容がマニアックなところにまで及ぶことが多いため、共通テストに必要のない内容まで載っていて非効率的な場合があります。

自分にあったレベルの参考書選びを行いましょう!

解説がわかりやすいのか?

参考書を選ぶ際には、「わかりやす解説なのか?」を判断するのも重要です。

 

なぜなら、参考書によっては解説を読んでも分からない難しい参考書ががあるからです。

 

詳細に基本から説明しているのもあれば、解答と簡単な解説だけのもの、そして難しい言葉を用いて説明しているさまざまな参考書があります。

 

参考書を手にとってみて、自分で判断するのが良い方法です。

 

例えば、解説を見て自分で理解できるかどうか?難しい言葉や専門的な用語はないか?解説の文字が小さすぎて見えないなど、または、実際に使っている人に聞いてみるなどして、分かりやすい解説の参考書を選ぶのがポイントです。

 

効率のいい勉強をするためにも、自分で解説を読んで理解できるほど、内容がしっかりとした、解説のわかりやすい問題集を選びましょう。

 

参考書買う時のポイントは:大学受験のための参考書を買いすぎないためのポイントをアドバイス

あわせて読みたい
参考記事:【MARCH対策】英文法のおすすめ参考書3冊紹介
参考記事:【大学受験】日本史の勉強法を早稲田大学の講師に聞いてみました!

【MARCH対策】これならわかるナビゲーター日本史B

MARCH対策やっておきたい日本史の参考書3冊

これならわかるナビゲーター日本史Bの紹介です。

 

以下のポイントについて説明しています。

これならわかるナビゲーター日本史Bの特徴

こんな人におすすめ

勉強法

これならわかるナビゲーター日本史Bの特徴

MARCH対策 日本史

「これならわかるナビゲーター日本史B」インプット系の日本史の参考書です。

 

「これならわかる!ナビゲーター日本史B」は、日本史の全体像を理解するためにはとても役立つ参考書となります。

 

古代から現代の時代別に 4 冊のシリーズで構成されており、文章は黒字、重要単語は赤字とシンプルにまとめられています。

 

別冊として重要単語の書き込みが可能なポイントチェックがついている。

 

どちらも赤シートを使った学習が可能となっているのが特徴です。

こんな人におすすめ

全体的にわかりやすい言葉で説明されているため、理解しやすく教科書を読むのが苦手な人にもおすすめな参考書です。

 

大学共通テスト、国公立2次試験、難関私大にも十分対応できるのが特徴の参考書です。

 

日本史を細かい知識まで含めて丁寧に学んでいきたいという人にはとても使いやすい教材ですが、日本史のポイントだけを抑えたいという人や、日本史は大学共通テスト程度の問題が解ければ良いという理系の人だと難しすぎる可能性があります。

 

MARCH対策としては必要な参考書になります。

勉強法

ほかの理解本と同様に、まずは大まかな時代の流れを捉えそれから細かな用語を覚えていくようにする。

 

何度も読んで頭に流れを定着させることが重要となります。

 

一通り読み終えたら今度は、時代ごとの内容とその時代に起こった事件を理解しながら読み進めることが大切です。

 

この際に重要な箇所にマーカーを引きながら読むと理解が深まり自分で意識して線を引くことにより記憶の定着率も上がります。

 

とにかく何度も繰り返し読んで頭に定着させるのがポイントです。

 

文字が大きく読みやすい反面、ほかの理解本に比べて図や資料が少ないため資料集を必ず横において勉強すると効果的である。

あわせて読みたい
参考記事:【大学受験】社会の選択は日本史で決まり!これを読めば理由が5分でわかる!
参考記事:2025年から変わる大学共通テスト!2022年高校入学者から!

【MARCH対策】実力をつける日本史100題

MARCH対策やっておきたい日本史の参考書3冊

実力をつける日本史100題の紹介です。

 

以下のポイントについて説明しています。

実力をつける日本史100題の特徴

こんな人におすすめ

勉強法

実力をつける日本史100題の特徴

「実力をつける日本史 100 題」はアウトプット系の参考書になります。

実力をつける日本史100題はとても評判が良く、特徴は何よりも「解説が丁寧で親切」という点が最大の特徴です。

 

解説は歴史の流れをわかり易く説明がされており、図や表を使って見やすい構成になっているので、日本史の知識を体系的に効率良く身につけることができます。

 

実力をつける日本史100題では問題ごとに、学習のポイントが書かれているので、その単元に関してどのように理解を深めれば良いのかを示してくれる良い指針となります。

 

重要な項目や間違いやすい項目については入試への指針という項目としてまとめられており、しっかりとフォローされています。

こんな人におすすめ

問題演習を通して実力をつけたい生徒向け、難易度が高い問題集となります。

 

MARCH対策から早慶の難関私立大学を目指している受験生向けの問題集です。

勉強法

勉強時間の目安は、1題45分です。

 

100題収容されているので1冊を終えるのに75時間の勉強時間を目安に学習してください。

 

勉強法はこの問題集を繰り返し行うことです。

 

問題が解き終わったら、○か×かだけに注目するのではなく、問題を解いて自分の知らない知識を確認して、知識の量を増やすことが大切です。

 

問題の正誤を確認したら、間違えた問題を復習し、知識不足がゆえに間違えたとしたら知識を補填し、また問題の誤読などで間違えてしまっていならば、なぜそうなってしまったのかを考えて復習しましょう。

 

期間をおいて繰り返し解くことで、再度、知識が定着しているか確認してください。

あわせて読みたい
参考記事古文の勉強法を聞いてみました!早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!
参考記事:大学受験【英語】おすすめ参考書!厳選した英語の参考書12冊を紹介!

【MARCH対策】日本史B予想問題集

MARCH対策やっておきたい日本史の参考書3冊

日本史B予想問題集の紹介です。

 

以下のポイントについて説明しています。

大学共通テスト日本史B予想問題集の特徴

こんな人におすすめ

勉強法

大学共通テスト日本史B予想問題集の特徴

MARCH対策日本史
大学共通テスト日本史B予想問題集は、2回分収録されている完全オリジナルの「予想問題」は、「どのような力が必要か」、「その力を養うためにはどうすればよいか」を考えて作成されています。

 

大学入学共通テストでは、問題を解くために読み取らなければならない資料や図・グラフなどが、新しい大学入学共通テストで、より求められる、「読解力」を養える問題を掲載しています。

 

そのため、高得点をとるための「読解演習」をしっかり積めます。

 

「大学入学共通テストで出される知識の問われ方」を盛り込んでいます。

 

「頭の中に年表ができているか」「時間配分の考え方」「初見資料を扱う問題への対策」など、筆者の山田先生が考えた、大学入学共通テストをふまえた学習法を紹介しているのが特徴です。

こんな人におすすめ

大学共通テストでの受験を考えている受験生向けの問題集になります。

勉強法

大学共通テストにおいて出題が予想される新傾向の問題を4回することができるので、しっかりと基本知識を定着させてから取り組むことで大学共通テストの対策を行うことができます。

あわせて読みたい
参考記事:【英語長文対策】早稲田大の学生が使った長文対策の参考書を紹介!
参考記事:英単語帳の選び方で悩んでいる人!おすすめ3冊を紹介

まとめ:MARCH対策やっておきたい日本史の参考書3冊

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、MARCH対策やっておきたい日本史の参考書3冊は参考になりましたでしょうか?

MARCH対策をしっかりとやる予備校オンラインドットコム

一緒に勉強してみませんか?

MARCH合格への近道を教えます!

予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!