BLOG
合格ブログ

【大学受験の世界史とは】社会の選択は世界史で決まり!失敗しない社会の選択

【大学受験の世界史とは】社会の選択は世界史で決まり!失敗しない社会の選択

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

今回のお悩みはこちら。

大学受験の社会科目の選択とは

大学受験における社会科目の選択方法を知りたい

世界史の勉強法が知りたい

大学受験を控えて、社会の受験科目選びに迷っていませんか?

 

今回紹介する、「【大学受験の世界史とは】社会の選択は世界史で決まり!失敗しない社会の選択」を読めば、社会の選択のヒントになるはず。

 

この記事では、社会の選択方法を具体的に紹介。

 

記事を読み終わると、大学受験にむけて、最良の社会の選択方法がわかる内容になっています。

<PR>

 

読み終わるとわかること

社会の受験科目の決め方

社会の受験科目:世界史とは?

世界史の勉強時間と勉強法について

他の社会科目の特徴について

 

【大学受験の世界史とは】社会の選択は世界史で決まり!失敗しない社会の選択

【大学受験の世界史とは】社会の選択は世界史で決まり!失敗しない社会の選択

<PR>驚異の合格率83%!高校生に大人気の学習管理塾!
↓↓↓↓
\世界史の勉強を鬼管理!鬼管理で世界史の成績を鬼上げ!/

 

最初は、社会の受験科目の決め方についてまとめてみました。

 

以下のポイントを参考にしてください。

大学受験の受験科目:社会科目の選択

大学受験:社会科目の決定方法

大学受験:社会の選択!受験状況

大学受験:社会科目を決める時期

大学受験の受験科目:社会科目の選択

大学入試においては、高校で学習する教科の中から受験科目を選択する必要があります。

 

社会科目については、以下のような選択肢があります。

社会科目内容
日本史日本の歴史や文化に関する知識を学びます。受験範囲は、古代から現代まで幅広く、多くの出来事や人物を覚える必要があります。
現代社会現代社会における社会問題や政策、国際情勢に関する知識を学びます。例えば、貧困や犯罪、福祉、地球環境問題などが含まれます。
世界史世界各国の歴史や文化、国際関係に関する知識を学びます。受験範囲は、古代から現代まで幅広く、多くの出来事や人物を覚える必要があります。
倫理哲学や倫理学に関する知識を学びます。例えば、人権や平和、道徳や倫理観念などが含まれます。
政治経済政治や経済に関する基礎知識を学びます。例えば、国家や政府の仕組み、マクロ経済やマイクロ経済などが含まれます。

 

以上のように、社会科目にはそれぞれ独自の内容があります。自分に合った科目を選択することが重要です。


これらのうち、受験する大学や学部・学科によって求められる科目が異なります。

 

具体的な選択については、自分で最終的な決断をしないといけませんが、塾や担任に相談するのも良いでしょう。

大学受験:社会科目の決定方法

大学受験において、社会科目の決定方法には以下のような方法があります。

1.目標大学の入試要件を確認する

まずは、受験する目標の大学の入試要件を確認しましょう。入試要件には、必須科目と選択科目があります。必須科目は、すべての受験生が受験する必要がある科目、選択科目は、複数の科目の中から選択する科目です。目標大学の入試要件に従って、受験科目を選択しましょう。

2.自分の興味・得意分野を考慮する

社会科目には、日本史、世界史、現代社会、倫理、政治経済などがあります。自分が興味を持っている分野や得意な分野を選択することで、学習に取り組むモチベーションが高められます。

3.社会科目の前提知識を確認する

社会科目は、前提となる知識が多くあります。選択科目を決定する前に、自分がその科目を履修するために必要な前提知識を確認し、自分の学力や理解度を把握することが重要です。

4.塾や家庭教師などのアドバイスを受ける

塾や家庭教師などからアドバイスを受けることも有効です。専門の講師から科目選択についてのアドバイスを受け、自分に合った科目選択が必要。

以上のような方法を参考に、自分に合った社会科目を選択することが大切です。

大学受験:社会の選択!受験状況

大学入学共通テストにおける、社会の受験状況です。

 

令和5年度大学入学共通テスト実施結果の概要から抜粋。

世界史A世界史B日本史A日本史B地理A地理B現代社会倫理政治経済倫理・政治経済
1,289人78,651人2,439人137,817人2,086人139,830人65,129人20,007人44,965人45,875人
【大学受験の世界史とは】社会の選択は世界史で決まり!失敗しない社会の選択

大学受験:社会科目を決める時期

大学受験において、社会科目を決める時期は、高校1年生の時から始まります。

 

高校1年生の時には、まだ大学受験までの時間があるため、広い範囲の社会科目を学べます。

 

その後、高校2年生になると、大学入試に必要な社会科目の範囲や出題傾向を把握し、自分の興味や得意分野、進路などを考慮して、受験科目を絞り込むことが重要。

 

一般的に、大学受験では、高校3年生の時に本格的な受験勉強が始まります。

 

この時期には、選択科目の範囲が狭まり、自分が受験する大学や学部の出題傾向や必要な科目を把握し、集中的に勉強することが求められます。

 

ただし、社会科目は日常的に、ニュースや世間の出来事などを注視することで、常に学習が必要。

 

自分の興味や関心に合わせて、社会について積極的に学ぶことが大切。

あわせて読みたい
参考記事:日本史のおすすめ参考書と問題集!厳選した日本史の参考書15冊紹介
参考記事:MARCH対策やっておきたい日本史の参考書3冊

大学受験:社会の受験科目:世界史とは?

【大学受験の世界史とは】社会の選択は世界史で決まり!失敗しない社会の選択

<PR>驚異の合格率83%!メディアに取り上げられる塾!
↓↓↓↓
\世界史の勉強を鬼管理!鬼管理で世界史の成績を鬼上げ!/

 

大学受験:社会の受験科目:世界史とは?についてまとめてみました。

 

以下のポイントを参考にしてください。

社会の選択:受験に必要な世界史とは

社会の選択:世界史Aと世界史Bの違いとは?

社会の選択:世界史を選択した時のメリット

社会の選択:受験に必要な世界史とは

大学受験における「世界史」とは、人類の歴史を地球規模で捉えた学問分野であり、世界各地で起こった出来事や文化、人物、思想などについて学ぶ科目。

 

日本史と異なり、日本だけでなく世界各国の歴史を学びます。

 

受験範囲は、紀元前から現代までを対象。

 

例えば、古代エジプトやメソポタミア文明、ギリシャ・ローマ、中世ヨーロッパ、ルネサンス、大航海時代、フランス革命、産業革命、第一次・第二次世界大戦など、重要な出来事や人物、思想、文化を学ぶことになります。

 

また、世界史は、国際関係や地域の発展についても学ぶことになります。

 

例えば、国際連合の役割や国際協力、アジアやアフリカの現状、先進国と発展途上国の差異などについても学びます。

 

世界史は、単に出来事を暗記するだけでなく、それらの背景や原因、結果を理解することが求められます。

 

歴史的な事象を客観的に分析し、論理的な判断を行う力を養うことが目的となります。

社会の選択:世界史Aと世界史Bの違いとは?

世界史Aと世界史Bは、日本の高校教育における教科書の区分です。以下に、それぞれの違いを説明します。

世界史A世界史Aは、世界史の基礎的な内容を学べる教科書。古代から現代までの世界の歴史を網羅しており、主要な出来事や人物、文化的な特徴などを学べます。具体的には、エジプト、古代ギリシャ・ローマ、中世ヨーロッパ、近代ヨーロッパ、アジア、アメリカなどの地域を扱っています。
世界史B世界史Bは、世界史Aの内容を基礎としながら、より詳細かつ専門的な内容を学べる教科書。主に、現代以降の世界の歴史を扱っており、第一次世界大戦、第二次世界大戦、冷戦などの戦争や、イスラーム教、共産主義などの思想や文化的な特徴、経済や国際関係などの専門的な分野を学習します。

 

世界史Aと世界史Bは、それぞれの教科書の範囲が異なるため、学ぶ内容も異なります。

 

世界史Aは、基礎的な知識を身につけられますが、世界史Bは、より深い知識を学べるため、興味や進路に合わせて選択できます。

 

しかし、多くの大学では、世界史Aの出願は受け付けてない大学が多いこと。

 

世界史Aと世界史Bの大きな違いは、内容ではなく、かなりの数の大学が、世界史Aを試験教科に含んでいないということです。

 

受験前はもちろんですが、進路選択の際にも必ず、志望する大学の募集要項を見て確認するようにしましょう!

社会の選択:世界史を選択した時のメリット

大学受験において世界史Bを選択することが有利になる理由をいくつか挙げます。

1.大学入試における試験範囲

多くの大学入試において、社会科目の選択肢として世界史Bが設定されています。世界史Bを選択することによって、受験科目の選択肢が広がります。また、世界史Bの出題範囲は比較的明確で、出題傾向が固定化されているため、受験生は事前に傾向を把握しやすく、対策が立てやすいというメリットがあります。

2.難易度の高さ

世界史Bは、高難度の科目として知られています。そのため、難易度に見合った得点が取れる場合があり、高得点を狙う上で有利になる可能性があります。

3.試験内容

世界史Bでは、地理、政治、文化、経済、宗教、科学技術など、多様な分野の知識を問われます。そのため、社会科目全般の基礎固めにつながることがあります。また、近年は国際情勢が複雑化しており、国際的な視野を持ち、国際社会の動向を把握する力が求められています。世界史Bを選択することによって、これらの力が身につくことが期待できます。

以上のように、大学受験において世界史Bを選択することで、選択肢の広がり、難易度の高さ、多様な分野の知識習得、国際的な視野の養成など、様々なメリットがあると言えます。

あわせて読みたい
参考記事:社会の選択は日本史で決まり!いつから日本史を勉強するの?【大学受験】
参考記事:日東駒専対策やっておきたい日本史の参考書3冊

世界史の勉強法と受験までの勉強時間

【大学受験の世界史とは】社会の選択は世界史で決まり!失敗しない社会の選択

<PR>驚異の合格率83%!世界史の勉強の管理で成績が爆上げ!
↓↓↓↓
\世界史の勉強を鬼管理!鬼管理で世界史の成績を鬼上げ!/

 

世界史の勉強法と受験までの勉強時間についてまとめてみました。

 

以下のポイントを参考にして、勉強に励んでください。

世界史受験までの勉強時間

世界史の勉強法:大学合格に向けて

世界史の勉強の基本は暗記

世界史受験までの勉強時間

受験までの勉強時間は人それぞれ異なりますが、一般的には1年以上の準備期間をとることが推奨されています。

 

世界史は幅広い分野を扱っているため、詳細に学習するには時間が必要です。

 

また、試験範囲も広いため、十分な時間を確保してじっくりと学習することが大切。

 

具体的な勉強時間は個人の学力や目標によって異なりますが、少なくとも週に数時間は勉強することを継続し、受験までに十分な時間を確保するように心がけましょう。

世界史の勉強法:大学合格に向けて

世界史は幅広い範囲を扱うため、勉強する上でのポイントがあります。

 

以下に、世界史の勉強法をいくつか紹介します。

1.年表を作る

世界史は、歴史の流れを把握することが重要です。そのため、重要な出来事をまとめた年表を作成することで、歴史の流れを理解できます。

2.テキストを理解する

世界史は、多くの事実や情報が出てくるため、テキストを理解することが重要。まずは、テキストを読んで、どのような出来事が起こったのか、どのような背景があったのかを理解することが大切です。

3.図表や地図を活用する
世界史では、多くの図表や地図が出てくることがあります。これらを活用することで、視覚的に歴史の流れを理解できます。

4.解説本を読む

テキストだけでは理解が難しい場合は、解説本を読むことも有効です。解説本は、歴史の出来事や人物をより詳しく解説しているため、テキストの補完として活用できます。

5.関連する映像作品を見る

歴史の出来事や人物について、関連する映像作品を見ることも勉強の一つです。映像によって、歴史的な出来事や人物についてより理解を深められます。

6.過去問を解く

世界史の過去問を解くことで、出題傾向や問題の難易度を把握できます。また、過去問を解くことで、自分の理解度も確認できます。

以上のように、世界史の勉強法は様々ありますが、基本的には、歴史の流れを把握し、出来事や人物について理解を深めることが重要です。

世界史の勉強の基本は暗記

世界史は、日本史などと比べて年数が長く、地域や人物・事件などの出来事が多岐にわたります。

 

そのため、一定の暗記が必要ですが、全てを暗記することは必ずしも必要ではありません。

 

世界史は、出来事の背景や影響を理解することが重要。

 

そのため、暗記だけでなく、歴史的背景や文化、政治・経済・社会の状況などを理解することが大切。

 

また、歴史的事実を整理するための枠組みや概念を理解することも重要。

 

暗記だけでなく、理解を深めるための努力することが、世界史の勉強の基本となります。

 

あわせて読みたい
参考記事:偏差値45から日東駒専を目指す生徒へ勉強時間のアドバイス
参考記事:大学受験のための参考書を買いすぎないためのポイントをアドバイス

世界史以外の社会の特徴も知って社会の選択

【大学受験の世界史とは】社会の選択は世界史で決まり!失敗しない社会の選択

<PR>驚異の合格率83%!世界史が確実に得意になる!
↓↓↓↓
\世界史の勉強を鬼管理!鬼管理で世界史の成績を鬼上げ!/

 

世界史以外の社会の特徴も知って社会の選択についてまとめてみました。

 

以下、世界史以外の社会の特徴です。

社会の選択:日本史の特徴

大学受験における日本史の特徴は、以下の通りです。

 

年号や出来事の時系列を重視:日本史は年号や出来事の時系列を重視する傾向があります。

 

そのため、試験範囲に含まれる時代や、出来事の年代や順序を把握することが求められます。

 

人物や出来事の詳細な理解が必要:日本史は、人物や出来事の詳細な理解が求められます。

 

それぞれの出来事がどのような背景や影響を持っているかを理解することが重要。

 

他の科目との関連性:日本史は、国語や文学、政治・経済、地理などと密接に関連しています。

 

それぞれの科目との関連性を理解し、総合的な視点で物事を捉える力が求められます。

 

受験範囲が広い:日本史の受験範囲は、古代から現代まで広範囲にわたります。

 

そのため、試験範囲をしっかりと把握し、網羅的に勉強することが重要です。

 

以上が、大学受験における日本史の特徴です。

社会の選択:地理の特徴

大学受験における地理の特徴は、以下の通りです。

 

地理的位置や自然環境の理解が重要:地理は、地球上のさまざまな場所の地理的位置や自然環境を理解することが重要。

 

そのため、地球儀や地図の読み方や、気候や地形などの自然環境の理解が求められます。

 

地域的特性や文化の理解が必要:地理は、地球上のさまざまな地域の特性や文化を理解することが求められます。

 

それぞれの地域がどのような特色を持ち、どのような文化や社会的背景を持っているかを理解することが重要。

 

地球規模の問題にも対応可能:地理は、地球規模の問題にも対応できます。

 

例えば、環境問題や地球温暖化など、人類全体が抱える問題に対しても、地理の視点から解決策を考えられるでしょう。

 

図やグラフの解析力が必要:地理は、図やグラフを用いて情報を表現することが多い科目です。

 

そのため、図表から情報を読み取る力や、図やグラフを用いた分析力が求められます。

 

以上が、大学受験における地理の特徴です。

社会の選択:倫理の特徴

大学受験における倫理の特徴は、以下の通りです。

 

倫理的な問題解決能力が求められる:倫理は、倫理的な問題に対して答えを導き出すための能力を養う科目。

 

倫理的な問題解決能力が求められます。

 

倫理的な理論の習得が必要:倫理には、倫理的な問題を解決するための理論があります。

 

そのため、倫理的な理論を習得し、理解することが求められます。

 

現代社会の課題について考えられる:倫理は、現代社会における様々な課題について考えます。

 

例えば、人権問題や環境問題など、現代社会で起こっている問題に対して、倫理の視点から考えることが大切。

 

議論力や表現力が必要:倫理は、議論や表現が必要な科目。

 

倫理的な問題に対して、自分の意見を論理的に展開し、説明することが求められます。

 

以上が、大学受験における倫理の特徴です。

社会の選択:政治経済の特徴

大学受験における政治経済の特徴は、以下の通りです。

 

政治や経済の仕組みを理解することが求められる:政治経済は、政治や経済の仕組みを理解することが求められます。

 

政治や経済の仕組みを理解することで、世界や社会を理解し、問題解決能力を養えます。

 

社会的な問題解決能力が求められる:政治経済は、社会的な問題解決能力が求められる科目。

 

例えば、貧困や格差、国際紛争など、社会的な問題に対して、政治経済の知識をもとに解決策を考えることが求められます。

 

現代社会に必要な知識が習得できる:政治経済は、現代社会に必要な知識を習得できる科目。

 

政治や経済の情勢を理解することで、自分の生活に直結する問題にも対応できます。

 

論理的思考や分析力が必要:政治経済は、論理的思考や分析力が必要な科目。

 

政治や経済の情報を正確に把握し、論理的に分析することが求められます。

 

以上が、大学受験における政治経済の特徴です。

あわせて読みたい
参考記事:高校2年生から始める総合型選抜対策!おすすめ塾厳選12社!合格への道
参考記事:コーチング塾厳選12社徹底比較!料金が安い!自分に合ったコーチング塾が見つかる

まとめ:【大学受験の世界史とは】社会の選択は世界史で決まり!失敗しない社会の選択

【大学受験の世界史とは】社会の選択は世界史で決まり!失敗しない社会の選択

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

今回の記事、「【大学受験の世界史とは】社会の選択は世界史で決まり!失敗しない社会の選択」は参考になりましたか?

 

まとめ

社会の受験科目の決め方

社会の受験科目:世界史とは?

世界史の勉強時間と勉強法について

他の社会科目の特徴について

大学受験:日本史・世界史・地理・倫理・政治経済の失敗しない選択方法

大学受験で社会科目を選択する場合、まずは自分の興味関心や得意分野を考慮し、選択する科目を決めることが大切。

 

社会科目には、日本史、世界史、地理、倫理、政治経済などがあります。

 

それぞれの科目について、おさらいします。

日本史日本史は、日本の歴史について学ぶ科目であり、受験科目としても広く取り扱われています。日本史は、古代から現代までの日本の歴史を網羅しており、政治や文化、経済など様々な視点から日本の歴史を学べます。
世界史世界史は、世界各国の歴史について学ぶ科目であり、日本史と同様に受験科目として広く取り扱われています。世界史は、西洋史や東洋史などの区分けがされることが多く、様々な文明や文化、戦争や紛争などについて学習します。
地理地理は、地球の地形や気候、自然環境、人文環境などについて学ぶ科目であり、社会科目の中でも比較的理科的な要素が含まれています。地理は、地球の様々な現象について学べ、世界の様々な地域についても学べるでしょう。
倫理倫理は、道徳や倫理観念について学ぶ科目であり、人間の行動や社会的な問題などについても学べます。倫理は、哲学的な要素が含まれており、思考力や論理的思考力を養えるとされています。
政治経済政治経済は、政治や経済について学ぶ科目であり、社会科目の中でも重要な科目の一つです。政治経済は、政治の仕組みや経済の仕組み、国際関係などについて学ぶべます。

 

以上の各社会科目の特長を理解した上で、自分の興味関心や得意分野、将来の進路などに合わせて、受験科目を選択することが重要。

 

例えば、国際関係に興味がある場合には、世界史や政治経済などの科目を選択すると良いでしょう。

 

また、社会的な問題に興味がある場合には、倫理や地理などの科目を選択すると良いでしょう。

 

さらに、大学や学部によって必要な科目が異なる場合がありますので、受験する大学や学部の情報も確認することが必要。

 

受験科目の選択は、自分自身が興味を持ち、積極的に学べるものを選ぶことが大切。

世界史関連のおすすめ記事一覧

【大学受験の世界史とは】社会の選択は世界史で決まり!失敗しない社会の選択

【大学受験】世界史の勉強法:世界史の年表を作ることから始めよう!

【世界史の受験勉強】今回紹介する世界史の勉強法は短期間で成績が上がるかも?

【山川一問一答世界史】使い方と勉強法!簡単に世界史の単語が暗記できる

世界史の超おすすめ参考書20選!失敗しない世界史参考書の選び方

【大学受験:世界史】おすすめ世界史の漫画の参考書!厳選した6冊紹介!

【日東駒専対策】おすすめ世界史の参考書!やっておきたい世界史の参考書5冊

【必見】世界史の定期テストで90点以上を目指す勉強法!【誰にでもできる】

東進世界史B一問一答使い方・勉強法完全マスター!これで世界史の得点アップ

予備校オンラインドットコムおすすめ塾の紹介

【オンライン塾】

高校生の英語に強いオンライン塾【OUTCOME】の料金・口コミ・特徴を徹底調査

【高校生向け】オンライン自習室がある|おすすめ塾7選!集中力アップの秘訣と利用法

大学受験におすすめ!学習スペース充実のオンライン自習室完備の塾7選

オンラインコーチング塾おすすめ15選|入会金・料金を調査【大学受験対応】

【コーチング塾とは?】塾経験者がおすすめする!オンラインコーチング塾13選

大学受験におすすめ!学習スペース充実のオンライン自習室完備の塾7選

【武田塾みたいな塾】塾経験者がおすすめする塾10選!優れた指導で効果抜群

浪人生に人気のあるコーチング塾10選!【浪人生がコーチング塾で成功する理由3つ】

総合型選抜専門塾AOIの料金は高い?他塾と料金を比較調査した結果

【武田塾みたいな塾】塾経験者がおすすめする塾10選!優れた指導で効果抜群

浪人生に人気のあるコーチング塾10選!【浪人生がコーチング塾で成功する理由3つ】

青チャートの使い方完全ガイド|数学のレベル別!チャート式の効果的な勉強法

【必見】オンライン家庭教師e-Liveの口コミ・評判・料金を徹底調査してみた!

【総合型選抜対策塾】ルークス志塾の合格実績・メリット・デメリットを徹底調査

総合型選抜専門塾AOIの料金は高い?他塾と料金を比較調査した結果

浪人生におすすめオンライン家庭教師24選!ランキング形式で徹底比較

浪人生の皆さん予備校はオンライン塾がおすすめな理由知ってます?

浪人生の予備校はオンライン塾で決まり!【厳選】3つのオンライン塾を紹介

【大学受験】勉強のスケジュール管理とは?学習管理してくれる塾も紹介

予備校オンラインドットコム