BLOG
合格ブログ

【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

「※この記事には一部PRが含まれます」

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

今回のお悩みはこちら。

日本史と世界史の選択で迷っています。

大学受験における社会科目の選択方法を知りたい

大学受験を控えて、社会の受験科目選びに迷っていませんか?

 

今回紹介する、「【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド」を読めば、日本史か世界史で迷った時の選択のヒントになるはず。

 

この記事では、社会の選択方法を具体的に紹介。

 

記事を読み終わると、大学受験にむけて、最良の社会の選択方法がわかる内容になっています。

 

読み終わるとわかること

社会の受験科目の決め方

日本史と世界史の特徴とメリット・デメリット

他の社会科目の特徴について

【おすすめオンライン塾】

東大式学習メソッド「スタディコーチ」

現役東大生のノウハウが凝縮

受験の勝ち方を熟知した!

東大生・早慶生が徹底サポート

スタディコーチについて詳しく

スタディコーチの公式ホームページ

参考記事:【必見】スタディコーチの口コミ・評判が気になる方!塾経験者が調査しました!

【大学受験】日本史VS世界史の選択!

【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

社会科目の選択は、受験生にとって非常に重要な意味を持ちます。

 

特に、日本史と世界史の選択は、受験の成績だけでなく、将来の学問の方向性やキャリアにも影響を与える可能性があります。

 

ここでは、その重要性と影響について詳しく見ていきましょう。

社会科目選択の重要性

大学受験において、社会科目選択の重要性について解説します。

 

・選択科目の意義

社会科目の選択は、受験生が自分の興味や得意分野を深め、進学や将来に大きな影響を与えます。また、大学入試においても、選択科目は重要な役割を果たし、受験生の学力や適性を測る指標となります。

 

・将来のキャリアに影響

社会科目の選択は、将来の学問の方向性やキャリアに影響を与えることがあります。例えば、日本史や世界史を深く学ぶことで、歴史学や国際関係学などの分野での専門性を高めることができます。

【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

参考記事:MARCH日本史おすすめ参考書23冊!基礎問題から応用まで、トータルカバー!

日本史と世界史の選択が受験に与える影響

日本史と世界史の選択が受験に与える影響を解説します。

 

・日本史の特徴

日本史は、日本の歴史を深く理解することができる科目です。日本史を選択することで、日本の文化や歴史に対する理解を深めることができます。また、日本史は暗記要素が強いとされていますが、物事の因果関係や背景を理解することも重要です。

 

・世界史の特徴

世界史は、世界各国の歴史を学ぶことができる科目です。世界史を選択することで、国際的な視野を持つことができ、多様な文化や歴史に触れることができます。世界史は、カタカナ語彙が多く、広範囲にわたる知識が求められますが、それによって国際関係や外交の理解が深まります。

 

社会科目の選択は、受験生が自分の興味や将来のキャリアに合わせて、慎重に行うべきです。

 

日本史と世界史は、それぞれ異なる魅力と学びがありますので、自分の興味や目指す進路に合わせて選択することが大切です。

【おすすめオンライン塾】

東大式学習メソッド「スタディコーチ」

現役東大生のノウハウが凝縮

受験の勝ち方を熟知した!

東大生・早慶生が徹底サポート

スタディコーチについて詳しく

スタディコーチの公式ホームページ

参考記事:スタディコーチの料金(入会金・授業料)はいくら?他塾と料金を徹底比較

日本史と世界史を選択するポイント

【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

最初は、社会の受験科目の決め方についてまとめてみました。

 

以下のポイントを参考にしてください。

大学受験の受験科目:社会科目の選択

大学受験:社会科目の決定方法

大学受験:社会の選択!受験状況

大学受験:社会科目を決める時期

大学受験の受験科目:社会科目の選択

大学入試においては、高校で学習する教科の中から受験科目を選択する必要があります。

 

社会科目については、以下のような選択肢があります。

社会科目内容
日本史日本の歴史や文化に関する知識を学びます。受験範囲は、古代から現代まで幅広く、多くの出来事や人物を覚える必要があります。
現代社会現代社会における社会問題や政策、国際情勢に関する知識を学びます。例えば、貧困や犯罪、福祉、地球環境問題などが含まれます。
世界史世界各国の歴史や文化、国際関係に関する知識を学びます。受験範囲は、古代から現代まで幅広く、多くの出来事や人物を覚える必要があります。
倫理哲学や倫理学に関する知識を学びます。例えば、人権や平和、道徳や倫理観念などが含まれます。
政治経済政治や経済に関する基礎知識を学びます。例えば、国家や政府の仕組み、マクロ経済やマイクロ経済などが含まれます。

 

以上のように、社会科目にはそれぞれ独自の内容があります。自分に合った科目を選択することが重要です。


これらのうち、受験する大学や学部・学科によって求められる科目が異なります。

 

具体的な選択については、自分で最終的な決断をしないといけませんが、塾や担任に相談するのも良いでしょう。

【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

参考記事:日本史のおすすめ参考書と問題集!厳選した日本史の参考書15冊紹介

大学受験:社会科目の決定方法

大学受験において、社会科目の決定方法には以下のような方法があります。

1.目標大学の入試要件を確認する

まずは、受験する目標の大学の入試要件を確認しましょう。入試要件には、必須科目と選択科目があります。必須科目は、すべての受験生が受験する必要がある科目、選択科目は、複数の科目の中から選択する科目です。目標大学の入試要件に従って、受験科目を選択しましょう。

2.自分の興味・得意分野を考慮する

社会科目には、日本史、世界史、現代社会、倫理、政治経済などがあります。自分が興味を持っている分野や得意な分野を選択することで、学習に取り組むモチベーションが高められます。

3.社会科目の前提知識を確認する

社会科目は、前提となる知識が多くあります。選択科目を決定する前に、自分がその科目を履修するために必要な前提知識を確認し、自分の学力や理解度を把握することが重要です。

4.塾や家庭教師などのアドバイスを受ける

塾や家庭教師などからアドバイスを受けることも有効です。専門の講師から科目選択についてのアドバイスを受け、自分に合った科目選択が必要。

以上のような方法を参考に、自分に合った社会科目を選択することが大切です。

【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

参考記事:日東駒専対策やっておきたい日本史の参考書3冊

大学受験:社会の選択!受験状況

大学入学共通テストにおける、社会の受験状況です。

 

令和5年度大学入学共通テスト実施結果の概要から抜粋。

世界史A世界史B日本史A日本史B地理A地理B現代社会倫理政治経済倫理・政治経済
1,289人78,651人2,439人137,817人2,086人139,830人65,129人20,007人44,965人45,875人
【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

大学受験:社会科目を決める時期

大学受験において、社会科目を決める時期は、高校1年生の時から始まります。

 

高校1年生の時には、まだ大学受験までの時間があるため、広い範囲の社会科目を学べます。

 

その後、高校2年生になると、大学入試に必要な社会科目の範囲や出題傾向を把握し、自分の興味や得意分野、進路などを考慮して、受験科目を絞り込むことが重要。

 

一般的に、大学受験では、高校3年生の時に本格的な受験勉強が始まります。

 

この時期には、選択科目の範囲が狭まり、自分が受験する大学や学部の出題傾向や必要な科目を把握し、集中的に勉強することが求められます。

 

ただし、社会科目は日常的に、ニュースや世間の出来事などを注視することで、常に学習が必要。

 

自分の興味や関心に合わせて、社会について積極的に学ぶことが大切。

【おすすめオンライン塾】

パーソナルトレーナーがサポート!

コーチング・学習管理塾【STRUX】

毎日の計画があるから、

「あとは、勉強するだけ」

勉強法に迷わない!

STRUXについて詳しく知りたい方

【STRUX】の公式ホームページ

参考記事:【学習管理塾】STRUXはおすすめ?評判・料金・特徴を塾経験者が取材してわかったこと

日本史の特徴とメリット・デメリット

【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

大学受験において社会科目を選択する際、日本史はその選択肢の一つとして非常に人気があります。

 

日本史を選択することのメリットとデメリット、そしてその特徴について詳しく見ていきましょう。

日本史の特徴

・暗記量が多い

日本史の学習には、多くの年号や人物、出来事を覚える必要があります。これは、日本史の特徴の一つであり、暗記好きな人には向いているかもしれませんが、苦手な人には大きな負担となる可能性があります。

 

・縦の流れを理解する

日本史は、時代ごとの変遷を追う「縦の流れ」が重要です。政治、経済、文化など様々な側面からその時代の特徴を捉えることが求められます6。

日本史を選択するメリット

・出題範囲が比較的狭い

日本史は、世界史に比べて出題範囲が狭く、集中して学習することが可能です。これにより、効率的に得点源を確保することができる可能性があります。

 

・記述力の向上

日本史の学習を通じて、時代背景や人物の動きを論理的に説明する力が養われます。これは、大学受験だけでなく、将来的にも役立つスキルです。

日本史を選択するデメリット

・暗記量の多さ

前述の通り、日本史は暗記することが非常に多い科目です。これが苦手な人にとっては、学習のハードルが高くなる可能性があります。

 

・時代背景の理解が必要

単に事実を暗記するだけでなく、その背景や意味を理解する必要があります。これには、広い視野と深い理解が求められます。

 

日本史を選択するかどうかは、個人の学習スタイルや得意不得意に大きく依存します。

 

暗記が得意で、日本の歴史に興味がある人には非常に適していますが、暗記が苦手な人や広い範囲をカバーすることを好む人には、他の社会科目が適しているかもしれません。

【おすすめオンライン塾】

パーソナルトレーナーがサポート!

コーチング・学習管理塾【STRUX】

毎日の計画があるから、

「あとは、勉強するだけ」

勉強法に迷わない!

STRUXについて詳しく知りたい方

【STRUX】の公式ホームページ

参考記事:STRUXの料金を他のコーチング塾と徹底比較!料金は高いのか?安いのか?

世界史の特徴とメリット・デメリット

【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

大学受験で社会科目を選択する際、世界史はその選択肢の一つです。

 

世界史を選択することのメリットとデメリット、そしてその特徴について見ていきましょう。

世界史の特徴

・固有名詞の暗記

人名や条約名、戦争などの固有名詞の暗記が必要です。これらは、世界史の学習において避けては通れない部分です。

 

・流れの理解

ただ事実を暗記するだけでなく、それらがどのように繋がり、影響し合っているかの「流れ」を理解することが重要です。これにより、より深い理解が可能になります。

世界史を選択するメリット

・広い視野

世界史を学ぶことで、世界各国の歴史や文化について学ぶことができ、広い視野を持つことができます。これは、グローバル化が進む現代社会において非常に重要なスキルです。

 

・論理的思考力の向上

世界史の学習は、複雑な歴史的背景や因果関係を理解することを要求されます。これにより、論理的思考力が養われます。

世界史を選択するデメリット

・暗記量の多さ

世界史は、覚えるべき事項が非常に多い科目です。これが苦手な人にとっては、学習のハードルが高くなる可能性があります。

 

・理解の難しさ

世界各地の歴史を網羅するため、特定の地域や時代の背景知識がないと理解が難しい場合があります。これにより、学習に時間がかかることがあります。

 

世界史を選択するかどうかは、個人の興味や学習スタイルによります。広い視野を持ち、論理的思考力を養いたい人には適していますが、暗記が苦手な人や特定の地域に特化した学習をしたい人には、他の社会科目が適しているかもしれません。

【個別指導が定額で受け放題】

\偏差値40から難関大学合格/

受験勉強のストレスから解放される

合格までの最短ルートがわかる

資料請求は成功への第一歩

↓↓↓全受験方式に対応【キミノスクール】

参考記事:キミノスクールに興味のある方必見!【口コミ・評判・料金】を徹底調査!おすすめできるオンライン塾?

日本史と世界史を選択するための比較

【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

この表は、日本史と世界史の学習量、暗記のしやすさ、および学習の難易度に関する一般的な傾向をまとめてみました。

 

それぞれの科目の特性を踏まえ、受験生が自分の興味や学習スタイルに合わせて適切な選択をする際の参考にしてください。

項目日本史世界史
学習量

– 特定の国や地域の歴史に焦点を当てた学習

– 日本の歴史のみを学ぶ

– 多くの国や地域の歴史を対象とした学習

– 様々な文化や宗教、政治体制の歴史を学ぶ

暗記のしやすさ– 日本語で学習するため、日本人学生にとってしやすい– 外国の言語や文化に触れるため、暗記が難しい
学習の難易度

– 日本の歴史や文化に関する背景知識があるため、理解がしやすい

– 日本の学校教育で長年教えられており、関連する資料が豊富

– 多様な文化や地域の歴史を学ぶため、理解が難しい場合がある

– 多岐にわたる地域や時代の歴史を把握する必要がある

大学入学共通テスト:日本史の出題傾向

大学入学共通テストにおける日本史の出題傾向と、それに対する効果的な学習方法について解説します。

 

日本史は、歴史的事実や流れを理解し、それをもとに問題を解く能力が求められる科目です。

 

【日本史の出題傾向】

・年代整序の問題:共通テストでは、年代を正しく並べ替える「年代整序」の問題が複数出題される傾向にあります。これは、センター試験から共通テストに移行してからも継続している傾向です。

 

・多様な時代からの出題:古代から近現代に至るまで、幅広い時代から出題されます。そのため、日本史全体の流れを把握しておくことが重要です。

 

【日本史の攻略ポイント】

・出題内容の分析:過去の出題傾向を分析し、特に重要視されている時代やテーマに焦点を当てた学習を行うことが効果的です。

 

・設問と選択肢の理解:設問や選択肢の趣旨を正確に読み取ることができるかが鍵となります。問題文を丁寧に読み、何が問われているのかをしっかりと理解することが大切です。

 

大学入学共通テストで日本史を攻略するためには、過去の出題傾向を踏まえた上で、全体の流れを理解し、重要ポイントを絞った効率的な学習が必要です。

 

また、問題文の読解力も同時に養うことが重要です。

 

これらのポイントを押さえ、日本史の学習に取り組んでみてください。

【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

参考記事:社会の選択は日本史で決まり!大学受験│日本史の勉強はいつから始めるべき?

大学入学共通テスト:世界史の出題傾向

大学入学共通テストにおける世界史の出題傾向と、それに対応する学習戦略についてご紹介します。

 

世界史は、広範な時代と地域にわたる出題が特徴で、資料や会話文を読み解く問題も多く見られます。

 

【世界史の出題傾向】

・資料読解の問題:共通テスト「世界史B」では、資料や会話文を読み取って解答する問題が多く出題されます。これは、国公立大学の二次試験や私立大学の問題とは異なる特徴です。

 

・幅広い時代と地域からの出題:古代から現代まで、世界各地の歴史に関する問題が出題されます。そのため、世界史全体の流れを把握し、各地域の特徴を理解しておくことが重要です。

 

【世界史の攻略ポイント】

・出題内容の分析:過去の出題傾向を分析し、特に重要視されている時代や地域、テーマに焦点を当てた学習を行うことが効果的です。

 

・資料読解力の向上:資料や会話文から必要な情報を読み取り、問題に適用する能力を養うことが重要です。実際の資料を用いた練習を積むことで、読解力を高めましょう。

 

大学入学共通テストで世界史を攻略するためには、広範な知識の習得と資料読解力の向上が鍵となります。

 

過去問題の分析を通じて出題傾向を把握し、効率的な学習計画を立てて取り組んでみてください。

【個別指導が定額で受け放題】

\偏差値40から難関大学合格/

受験勉強のストレスから解放される

合格までの最短ルートがわかる

資料請求は成功への第一歩

↓↓↓全受験方式に対応【キミノスクール】

参考記事:キミノスクールに興味のある方必見!【口コミ・評判・料金】を徹底調査!おすすめできるオンライン塾?

他の社会の特徴も知って日本史と世界史の選択

【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

日本史と世界史以外の社会の特徴も知って社会の選択についてまとめてみました。

 

以下、日本史と世界史以外の社会の特徴です。

社会の選択:地理の特徴

大学受験における地理の特徴は、以下の通りです。

 

地理的位置や自然環境の理解が重要:地理は、地球上のさまざまな場所の地理的位置や自然環境を理解することが重要。

 

そのため、地球儀や地図の読み方や、気候や地形などの自然環境の理解が求められます。

 

地域的特性や文化の理解が必要:地理は、地球上のさまざまな地域の特性や文化を理解することが求められます。

 

それぞれの地域がどのような特色を持ち、どのような文化や社会的背景を持っているかを理解することが重要。

 

地球規模の問題にも対応可能:地理は、地球規模の問題にも対応できます。

 

例えば、環境問題や地球温暖化など、人類全体が抱える問題に対しても、地理の視点から解決策を考えられるでしょう。

 

図やグラフの解析力が必要:地理は、図やグラフを用いて情報を表現することが多い科目です。

 

そのため、図表から情報を読み取る力や、図やグラフを用いた分析力が求められます。

 

以上が、大学受験における地理の特徴です。

【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

参考記事:コーチング塾厳選12社徹底比較!料金が安い!コーチング塾はこれだ

社会の選択:倫理の特徴

大学受験における倫理の特徴は、以下の通りです。

 

倫理的な問題解決能力が求められる:倫理は、倫理的な問題に対して答えを導き出すための能力を養う科目。

 

倫理的な問題解決能力が求められます。

 

倫理的な理論の習得が必要:倫理には、倫理的な問題を解決するための理論があります。

 

そのため、倫理的な理論を習得し、理解することが求められます。

 

現代社会の課題について考えられる:倫理は、現代社会における様々な課題について考えます。

 

例えば、人権問題や環境問題など、現代社会で起こっている問題に対して、倫理の視点から考えることが大切。

 

議論力や表現力が必要:倫理は、議論や表現が必要な科目。

 

倫理的な問題に対して、自分の意見を論理的に展開し、説明することが求められます。

 

以上が、大学受験における倫理の特徴です。

【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

参考記事:高校2年生から始める総合型選抜対策!おすすめ塾厳選12社!合格への道

社会の選択:政治経済の特徴

大学受験における政治経済の特徴は、以下の通りです。

 

政治や経済の仕組みを理解することが求められる:政治経済は、政治や経済の仕組みを理解することが求められます。

 

政治や経済の仕組みを理解することで、世界や社会を理解し、問題解決能力を養えます。

 

社会的な問題解決能力が求められる:政治経済は、社会的な問題解決能力が求められる科目。

 

例えば、貧困や格差、国際紛争など、社会的な問題に対して、政治経済の知識をもとに解決策を考えることが求められます。

 

現代社会に必要な知識が習得できる:政治経済は、現代社会に必要な知識を習得できる科目。

 

政治や経済の情勢を理解することで、自分の生活に直結する問題にも対応できます。

 

論理的思考や分析力が必要:政治経済は、論理的思考や分析力が必要な科目。

 

政治や経済の情報を正確に把握し、論理的に分析することが求められます。

 

以上が、大学受験における政治経済の特徴です。

【塾・予備校選びで迷ったら、おすすめ塾の紹介】

完全1対1のオンライン個別指導:キミノスクール
※週5日の個別指導で偏差値が平均で14.8もアップする!


ビリギャルでお馴染み坪田塾のオンライン個別指導
※坪田塾のノウハウがオンラインで体験できるおすすめの塾!


東大生・早慶生からのコーチング|スタディコーチ
※偏差値が短期間で急上昇する理由は?東大式学習メソッド!


合格実績が豊富な学習管理型の塾!STRUX←おすすめの塾
※オンライン対応!志望校合格まで受験パーソナルトレーナーが徹底指導!

結論:日本史と世界史どちらを選択する?

【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

大学受験において、日本史と世界史のどちらを選択するかは、受験生にとって重要な決断の一つです。

 

日本史は、日本の歴史に焦点を当て、文化や社会の変遷を学びます。

 

一方、世界史は、世界各国の歴史を通じて国際的な視野を養うことができます。

 

選択の際には、自分の興味や得意分野、将来の進路などを考慮することが重要です。

 

例えば、国際関係や外国語学部を目指す場合は、世界史が適しているかもしれません。

 

一方で、日本の文化や歴史に深い関心がある場合は、日本史が良い選択肢となります。

 

また、学習内容の違いも考慮する必要があります。

 

日本史は、時代ごとの日本の出来事や人物に焦点を当てていますが、世界史は、より広範な地域と時代にわたる出来事を扱います。

 

そのため、世界史は覚えるべき内容が多く、学習量が増える可能性があります。

 

最終的には、自分自身の興味や目標に合わせて選択することが最も重要です。

 

どちらの科目も、深く学ぶことで多くの知識と洞察を得ることができます。

 

自分にとって何が最も魅力的で、将来に役立つかを考えて選択しましょう。

【塾・予備校選びで迷ったら、おすすめ塾の紹介】

完全1対1のオンライン個別指導:キミノスクール
※週5日の個別指導で偏差値が平均で14.8もアップする!


ビリギャルでお馴染み坪田塾のオンライン個別指導
※坪田塾のノウハウがオンラインで体験できるおすすめの塾!


東大生・早慶生からのコーチング|スタディコーチ
※偏差値が短期間で急上昇する理由は?東大式学習メソッド!


合格実績が豊富な学習管理型の塾!STRUX←おすすめの塾
※オンライン対応!志望校合格まで受験パーソナルトレーナーが徹底指導!

まとめ:【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

今回の記事、「【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド」は参考になりましたか?

まとめ:【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

まとめ

日本史と世界史のどちらを選択するかは、個々の学生の興味や目標、学習スタイルによって異なります。

以下に、それぞれの科目の特徴と利点を挙げて、どちらを選択するかの考慮材料とします。

日本史を選択する利点

・日本人学生にとって、身近な歴史や文化に関する知識を深めることができる。

・日本史は日本語で学習されるため、理解しやすく暗記もしやすい。

・日本の社会や文化、政治に関する知識が身につき、現代社会を理解する上で役立つ。

・学習範囲が限定されており、深く掘り下げた理解が可能。

世界史を選択する利点

・多様な文化や歴史的背景に触れることができ、グローバルな視野を広げることができる。

・外国の言語や文化に触れる機会が増え、異文化理解や国際交流に役立つ。

・広範な学習範囲があり、世界各地の歴史や文化に関する知識を獲得できる。

・多様な歴史的出来事や人物を学ぶことで、歴史的なパターンや関係性を理解する力が養われる。

結論として、日本史を選択するか世界史を選択するかは、個々の学生の興味や将来の進路に応じて異なります。

日本史は日本に関する知識を重視し、身近な歴史や文化に焦点を当てたい人に向いています。

一方、世界史はグローバルな視野を広げたい人や国際的な視点を重視する人に適しています。最終的な選択は自身の興味や目標に合わせて行うことが重要です。

世界史関連のおすすめ記事一覧


【大学受験】日本史VS世界史の選択!社会の受験科目の選び方完全ガイド

【大学受験】世界史の勉強法:世界史の年表を作ることから始めよう!

【世界史の受験勉強】今回紹介する世界史の勉強法は短期間で成績が上がるかも?

【山川一問一答世界史】使い方と勉強法!簡単に世界史の単語が暗記できる

世界史の超おすすめ参考書20選!失敗しない世界史参考書の選び方

【大学受験:世界史】おすすめ世界史の漫画の参考書!厳選した6冊紹介!

【日東駒専対策】おすすめ世界史の参考書!やっておきたい世界史の参考書5冊

【必見】世界史の定期テストで90点以上を目指す勉強法!【誰にでもできる】

東進世界史B一問一答使い方・勉強法完全マスター!これで世界史の得点アップ

予備校オンラインドットコムおすすめ塾の紹介

【オンライン塾】

高校生の英語に強いオンライン塾【OUTCOME】の料金・口コミ・特徴を徹底調査

オンライン自習室が無料で使える!高校生におすすめできる塾8選

オンラインコーチング塾おすすめ16選|入会金・料金を調査【大学受験対応】

コーチング塾とは?高校生におすすめ!オンラインコーチング塾14選

キミノスクールに興味のある方必見!【口コミ・評判・料金】を徹底調査!おすすめできるオンライン塾?

浪人生に人気のあるオンラインコーチング塾14選!【浪人生がコーチング塾で成功する理由3つ】

AOI塾の料金を調査!メリット・デメリット|オンライン校の料金は?

【武田塾みたいな塾】塾経験者がおすすめする塾10選!優れた指導で効果抜群

浪人生に人気のあるオンラインコーチング塾14選!【浪人生がコーチング塾で成功する理由3つ】

【必見】オンライン家庭教師e-Liveの口コミ・評判・料金を徹底調査してみた!

【総合型選抜対策塾】ルークス志塾の合格実績・メリット・デメリットを徹底調査

AOI塾の料金を調査!メリット・デメリット|オンライン校の料金は?

浪人生におすすめオンライン家庭教師26選!ランキング形式で徹底比較

浪人生の皆さん予備校はオンライン塾がおすすめな理由知ってます?

浪人生の予備校はオンライン塾で決まり!超厳選オンライン塾18社!

【大学受験】勉強のスケジュール管理とは?学習管理してくれる塾も紹介

予備校オンラインドットコム