BLOG
合格ブログ

【世界史の定期テスト対策】世界史の定期テストの勉強法!たったこれだけで成績アップ!

【世界史の定期テスト対策】世界史の定期テストの勉強法!たったこれだけで成績アップ!

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

今回のお悩みはこちら。

世界史の定期テスト対策が知りたい!

世界史の暗記が得意になる方法を知りたい!

カタカナが苦手

世界史の定期テスト対策!高得点をゲットしたくないですか?

 

今回紹介する、「【世界史の定期テスト対策】世界史の定期テストの勉強法!たったこれだけで成績アップ!」を読めば、世界史の勉強のヒントに!

 

この記事では、世界史の定期テスト対策を具体的に紹介。

 

記事を読み終わると、世界史の定期テスト対策がわかり、テストで良い得点が取れるはずです。

 

読み終わるとわかること

世界史の定期テスト対策の準備

世界史の定期テストで高得点を取る勉強スケジュール

高得点が取れる世界史の勉強法:定期テスト対策編

定期テスト対策:世界史の勉強(実践編)

 

【世界史の定期テスト対策】世界史の定期テストの勉強法!たったこれだけで成績アップ!

【世界史の定期テスト対策】世界史の定期テストの勉強法!たったこれだけで成績アップ!

<PR>\この月謝で東大生講師に世界史が教えてもらえる/
↓↓↓
東大生のオンライン個別指導『トウコベ』

 

最初は、世界史の定期テスト対策の準備についてまとめてみました。

 

以下のポイントを参考にしてください。

世界史の定期テストは侮れない!

世界史の定期テスト対策:試験範囲の把握

世界史の定期テスト対策:目標を立てる意味

世界史の定期テストは侮れない!

世界史の定期テストはおろそかにできません。

 

なぜなら、世界史の定期テスト対策することで、世界史の受験勉強にもつながるからです。

 

大学の入試問題は、高校で学んだ範囲の内容が出題されるため、定期テストの勉強は大切なのです。

 

また、受験勉強をイチから始めるのも良いですが、定期テスト対策の勉強で、少しずつ勉強の範囲を広げることで、勉強の負担が減らせるのです。

 

つまり、世界史の定期テストの勉強は、定期テストだけの勉強と考えるのではなく、大学合格のための勉強と考えるとやる気が出るはずです。

世界史の定期テスト対策:試験範囲の把握

世界史は、覚える量が膨大で時間がかかります。

 

しかし、定期テストは、出題範囲が決まっているため、覚える量もさほど多くはありません。

 

さらに、定期テストは狭い範囲の時代や地域の問題が出題されるため、世界史の定期テストでは、高得点が狙える条件が揃っているのです。

 

そのため、まずは、定期テストの試験範囲の時代や地域を把握してから、勉強のスケジュールを立てると良いでしょう。

 

世界史の定期テストで、高得点を取るためには、試験範囲を確認することがとても大切です。

世界史の定期テスト対策:目標を立てる意味

定期テスト対策において、目標を立てることは非常に重要。

 

なぜなら、目標を設定することで、具体的な方向性が決まるため、効率的に学習できるからです。

 

目標を明確にすることで、自分がどの程度の学力を持っているかを客観的に把握。

 

把握することで、目標を達成するために必要なアクションを洗い出すことで、計画的な学習が可能になります。

 

具体的には、「次回の世界史の定期テスト1の目標100点」、「世界史のテスト90点以上でスィーツを食べに行く」など。

 

また、目標を達成することで、達成感や自信が得られ、モチベーションが向上します。

 

目標を達成することで、将来の目標に向けて、より大きな自信が持てるでしょう。

 

以上のように、目標を立てることは、学習において非常に重要な役割を果たします。

 

あわせて読みたい
参考記事:【大学受験の世界史とは】社会の選択は世界史で決まり!失敗しない社会の選択
参考記事:【大学受験】世界史の勉強法:世界史の年表を作ることから始めよう!

定期テスト対策:高得点をゲットする世界史の勉強スケジュール

【世界史の定期テスト対策】世界史の定期テストの勉強法!たったこれだけで成績アップ!

<PR>\東大・早稲田・慶応など難関大学出身の講師が選べる!/
↓↓↓
インターネット家庭教師Netty

 

定期テスト対策:世界史の勉強スケジュールについてまとめてみました。

 

以下のポイントを参考にしてください。

定期テスト対策は3週間前から勉強するのが鉄則

世界史の定期テスト対策:勉強スケジュールの作り方

世界史の定期テストの勉強の目安

定期テスト対策は3週間前から勉強するのが鉄則

世界史に限らず、定期テスト対策は、3週間前から始めるのが理想的。

 

なぜなら、勉強を始めるのが遅いと、定期テストの範囲が終わらない可能性があるからです。

 

定期テストでやるべきことをすべて洗い出してみてください。

 

きっと、3週間、少なくとも2週間は必要となるでしょう。

 

特に、世界史に限って言うならば、暗記の量が膨大なため、3週間前から取り組むようにしてください。

 

実は、世界史の定期テストや模試などで、高得点を取る、または、成績の良い人は、3週間前からコツコツと勉強しています。

 

成績の良い人は、世界史は暗記の量に比例して、成績が上がることを知っているのです。

 

忙しい高校生の中には、部活等で勉強時間が確保できない人もいます。

 

部活と勉強を両立させるためにも、今回紹介する、効率的な世界史の勉強法を試してみると、次回の定期テストでは良い点数が取れるでしょう。

【世界史の定期テスト対策】世界史の定期テストの勉強法!たったこれだけで成績アップ!

世界史の定期テスト対策:勉強スケジュールの作り方

世界史の定期テスト対策の勉強スケジュールを作るためには、以下の手順を参考にしてください。

1.目標の設定

何点以上取りたいか、どの範囲の知識を身につけたいかなど、具体的な目標を設定します。

2.スケジュールの設定

テストまでの期間を考慮し、スケジュールを作成します。例えば、2週間前には復習を終えておきたい、1週間前には模擬試験を受けておきたいなど、目標に合わせた日程を設定します。

3.学習範囲の分析

テスト範囲を確認し、学習すべき内容を分析します。分析した内容をもとに、学習計画を作成します。

4.学習計画の作成

学習範囲を分割し、各日に取り組む内容を決定します。例えば、1日に2つの時代をまとめて学習する、1日に1つのテーマに絞って学習するなど、自分に合った学習計画を作成します。

5.学習の実行

スケジュール通りに学習を進めます。日々の学習においては、予定よりも早く進められた場合は、余裕を持って復習し、理解を深めます。

6.定期的な復習

学習内容を忘れないように、定期的に復習。テストまでの日数に余裕がある場合は、最後に全体を復習することで、理解を深めます。

以上の手順に従って勉強スケジュールを作成し、テストに向けてしっかりと学習を進めることが重要。

 

また、計画通りに進まなかった場合は、余裕を持って調整することも大切です。

世界史の定期テストの勉強の目安

世界史の定期テストで、100点を目指すのであれば、1週間前までには、試験範囲の勉強を終わらせて、6割から7割程度を理解しておくと良いでしょう。

 

なぜなら、世界史の勉強で、6割理解するということは、教科書の重要語句は、ほぼ覚えているイメージ。

 

つまり、定期テストまでには、学校の教科書をよく読み込み、プリントやワークを使って、教科書の重要語句をすべて覚えるためです。

 

世界史以外にも言えることですが、定期テスト1週間から2週間前は、友人も勉強を始め、世界史の先生も忙しくなるため、わからない問題の解決に時間を要することもあります。

 

そうならないためにも、1週間前までには、わからない問題については、リストアップして、時間がある時にすぐに解決できるように準備しておくと良いでしょう。

 

あわせて読みたい
参考記事:【世界史の受験勉強】今回紹介する世界史の勉強法は短期間で成績が上がるかも?
参考記事:【山川一問一答世界史】使い方と勉強法!簡単に世界史の単語が暗記できる

高得点が取れる世界史!定期テストの勉強法!

【世界史の定期テスト対策】世界史の定期テストの勉強法!たったこれだけで成績アップ!

<PR>\多数の合格実績!信頼される証拠/
↓↓↓
オンライン指導で日本最大級の実績【メガスタ】

 

高得点が取れる世界史!定期テストの勉強法についてまとめてみました。

 

以下を参考にして、試してみると良いでしょう。

世界史の定期テスト対策:重要語句の暗記法

ヨコとタテの流れを理解:世界史の勉強のコツ

ノートを活用した世界史の勉強法も効果的

世界史の定期テスト対策:重要語句の暗記法

世界史の重要語句を暗記する方法を紹介します。

 

自分にあった勉強で取り組むと効率的に暗記できるでしょう。

1.マインドマップを作成する

主題や時代ごとにマインドマップを作成し、用語を中心に配置。

 

その用語に関連する事実や背景情報を追加していくことで、関連性を強めて覚えやすくなります。

2.フラッシュカードを作成

重要語句とその説明や意味をフラッシュカードに書き込みます。

 

カードを見て、意味を覚えることを繰り返すことで、徐々に覚えられるでしょう。

3.記憶の鍵を作る

覚えたい用語に対して、イメージやアクロニムを作成し、それを使って覚えます。

 

例えば、「フランス革命」を「F (フランス)」、「L (リベルテ)」、「E (エガリテ)」、「R (フラタニテ)」というアクロニムにすることで、覚えやすくなる場合があります。

4.反復学習

覚えたい用語を定期的に復習し、徐々に覚えていきます。

 

復習のタイミングを定期的に設定し、覚えるまで繰り返します。

5.友達と情報交換

仲間と一緒に用語を話し合い、情報を交換することで、覚えやすくなります。

 

他の人が持っている情報を聞くことで、新しい視点から学べるでしょう。

 

これらの方法を組み合わせ、繰り返し学習することで、重要語句が覚えられるはずです。

【世界史の定期テスト対策】世界史の定期テストの勉強法!たったこれだけで成績アップ!

ヨコとタテの流れを理解:世界史の勉強のコツ

世界史の定期テスト対策として、試験範囲の「歴史のタテとヨコ流れ」を理解してください。

 

世界史でいう「タテ」は、時間的な前後関係、「ヨコ」は同時代の出来事。

・「タテ」=国ごとの昔から今に至るまでの歴史。
・「ヨコ」=ある時期の国ごとの出来事。

 

なぜなら、世界史は、流れを理解しないで、点と点で覚えていくと効率が悪くなるからです。

 

世界史の成績が良い人は、流れをしっかりと把握しています。

 

また、流れを理解すると、世界史の理解がとても楽になるのです。

 

世界史を勉強する上で、流れを理解することは、大事なポイントと覚えておいてください。

 

ヨコとタテの流れを掴むということは、簡単に言うと、「歴史上の出来事がなぜ起こったのか?その結果どうなったのか」を理解すること。

 

これを理解するだけで、劇的に世界史の内容がわかりやすくなり、暗記も効率的にできるようになります。

 

世界史の定期テスト対策として、ヨコとタテの流れを理解しましょう。

ノートを活用した世界史の勉強法も効果的

世界史の勉強は、覚えることがたくさんあるため、暗記が基本、

 

暗記の効率を高めたいと思うのが、世界史を勉強している人の共通の悩み。

 

暗記の効率を高めるために、定期テスト対策としてノートを活用した勉強法もおすすめです。

 

具体的には、苦手な分野、覚えられない出来事などをノートに書き出します。

 

自分が苦手、覚えられない世界史の用語などを、書き出すことは暗記において、非常に効果的と言えるのです。

 

なぜなら、ノートを、通学時間やスキマ時間に繰り返し見直すことで、理解できない部分が理解できるようになるからです。

 

覚えた用語などを、消していくことで、苦手部分が徐々に減って、世界史の知識量が増えていきます。

 

そうなると、世界史のテストで高得点が取れるはず。

 

苦手な分野をたくさん書き出して、自分だけのオリジナルノートを作成すると、効率的に勉強ができるのです。

 

あわせて読みたい
参考記事:世界史の超おすすめ参考書20選!失敗しない世界史参考書の選び方
参考記事:【大学受験:世界史】おすすめ世界史の漫画の参考書!厳選した6冊紹介!

世界史の定期テストで高得点をゲット:実践編

【世界史の定期テスト対策】世界史の定期テストの勉強法!たったこれだけで成績アップ!

驚異の合格率83%!メディアに取り上げられる塾
↓↓↓↓
\世界史の勉強を鬼管理!鬼管理で世界史の成績を鬼上げ!/

 

世界史の定期テストで高得点をゲット:実践編について紹介

 

以下、世界史の勉強法を参考にしてください。

世界史のタテとヨコの流れをインプットする勉強法

世界史の教科書の太字は暗記

世界史の勉強法:語呂合わせ

世界史のタテとヨコの流れをインプットする勉強法

世界史は勉強量が多く、広大な地域の歴史を学びます。

 

そのため、同じ時代に他の地域での出来事も理解しておく必要があるのです。

 

つまり、先ほど説明した、ヨコの流れ。

 

次に、大航海時代以降を例に取ると、世界の関わりが濃密になってきます。

 

例えば、ヨーロッパでの事件の影響を受けて、植民地であるアジアに影響を及ぼす。

 

つまり、ある地域だけを学習する、タテの流れだけではなく、同時代の世界各国に目を向けた、ヨコの流れを学ぶことが重要。

 

世界史の勉強は、タテとヨコの流れを意識して、関連付けて覚えてください。

 

そのためには、教科書を繰り返し読むことがとても大切です。

世界史の教科書の太字は暗記

世界史の教科書で、太字の用語は、重要語句と言って、世界史を学ぶ上で覚えなければならない用語。

 

歴史上の有名な事件や人名、地名などは、定期テストで頻出事項と言えるため、必ず、重要語句は覚えてください。

 

また、世界史の定期テスト問題は、国の領域を初めとした、都市名、地理的な位置関係もしっかりと把握しておくことが重要。

 

そのためには、地図や史料集などを活用すると良いでしょう。

【世界史の定期テスト対策】世界史の定期テストの勉強法!たったこれだけで成績アップ!

世界史の勉強法:語呂合わせ

勉強法世界史の語呂合わせを覚えるための勉強法を以下に示します。

【キーワードを見つける】

世界史の語呂合わせを覚えるには、まずキーワードを見つけることが大切です。例えば、中国の歴代王朝やイギリスの君主など、重要な人物や出来事を見つけましょう。

【語呂合わせを作る】

キーワードを見つけたら、それを元に語呂合わせを作ります。語呂合わせは、キーワードを音として組み合わせて、覚えやすくするためのものです。例えば、「封建社会」を覚えるために、「ほうけんしゃかい、おっさんくさい」という語呂合わせを作ることもできます。

【語呂合わせを練習する】

語呂合わせを作ったら、それを繰り返し練習しましょう。口頭で繰り返すだけでなく、書き出したり、音読したりすることも大切です。また、複数の語呂合わせを一度に練習すると、より覚えやすくなります。

【アクティブラーニングを取り入れる】

アクティブラーニングとは、自分で問題を解いたり、説明したりすることで学ぶ方法です。語呂合わせを覚えたら、それを使って自分で問題を作ったり、他の人に説明したりすることで、より深く理解できます。

以上のような語呂合わせの勉強法で、重要語句を覚えると効率的に暗記できるでしょう。

 

あわせて読みたい
参考記事:【日東駒専対策】おすすめ世界史の参考書!やっておきたい世界史の参考書5冊
参考記事:オンラインのコーチングで大学受験を突破する!厳選したコーチング塾の紹介

総合選抜で大学合格!AOI塾!合格のノウハウがたっぷり!
↓↓↓
\知らないと損!総合選抜対策!全国どこでもオンラン対応!/

まとめ:【世界史の定期テスト対策】世界史の定期テストの勉強法!たったこれだけで成績アップ!

【世界史の定期テスト対策】世界史の定期テストの勉強法!たったこれだけで成績アップ!

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

今回の記事、「【世界史の定期テスト対策】世界史の定期テストの勉強法!たったこれだけで成績アップ!」は参考になりましたか?

 

まとめ

世界史の定期テスト対策の準備

世界史の定期テストで高得点を取る勉強スケジュール

高得点が取れる世界史の勉強法:定期テスト対策編

定期テスト対策:世界史の勉強(実践編)

予備校オンラインドットコム