BLOG
合格ブログ

大学受験の勉強は英語から始めるのが良いたった3つの理由

勉強 英語

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

受験勉強は英語から始めると良いって知ってました?

 

今回紹介する「大学受験の勉強は英語から始めるのが良いたった3つの理由」を読めば、受験勉強を英語から始める理由がわかります。

 

なぜなら、予備校オンラインドットコムで実践している内容だからです。

 

この記事では、受験勉強を英語から始める3つの理由を紹介しています。

 

この記事を読み終えると、受験勉強を英語から始める理由がわかるはずです。

 

以下の悩みを解決します。

英語から勉強する理由

英語の勉強法が知りたい

英語学習のポイントは?

オンライン予備校

記事の内容

英語を始めにする理由

英語の学習をする前に

英語のおすすめ勉強法

あわせて読みたい
参考記事:【厳選】早稲田大学生が使っていた英語の参考書を紹介!
参考記事:受験勉強をいつから始めるの?これを読めば大学受験に向けて好スタート!

大学受験の勉強を英語から始める理由

大学受験の勉強は英語から始めるのが良いたった3つの理由

受験勉強を英語から始める理由についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

英語が大切だから

大学受験に必須の英語

英語を得点源になる

英語が大切だから

結論から言うと、英語の必要性がなくなることは100%無いと言えるでしょう!

 

むしろ今後も英語の需要はどんどん増していくので、早めに勉強しておくのが良いのです。

 

今の日本の社会は英語を必要としている社会に変わりつつあります。

 

「グローバル化が年々進んで、英語力が重要になってくる」とよく耳にします。

 

「本当に英語なんか必要なの?」と疑問に思っている受験生も多いのではないでしょうか。

 

しかし、英語の必要性は下がるどころか大幅に高まっています。

 

後で説明をしますが受験勉強においても英語はますます大切になってきているのです。

 

将来の就職を見据えた上でも、公用語が英語の日本の企業も増加傾向にあります。

 

社会に出るにしてもある程度の英語のレベルが必要とされるのです。

 

そのためにも受験勉強は早めに英語から始めるのがおすすめなのです。

 

大学受験英語のレベルについて知りたい方、大学受験で求められる英語のレベルについて解説します!

大学受験に必須の英語

受験勉強において、「英語は重要」って聞いたことありませんか?

 

英語は大学受験において、本当に重要なのです。

 

最も重要な科目であることは間違いありません。

 

英語は大学受験において、文系も理系も関係なく避けては通れない必須の科目となっているからです。

 

つまり大学受験において英語は必ず勉強をしないといけない科目なのです。

 

繰り返しますが大学受験において英語は避けては通れないのです。

 

言い換えると英語を避けての受験戦略は立てることができないと言っても過言ではありません。

 

また、英語はどの大学でも配点が高い傾向にあります。

 

大学の入試制度を見てみると理系の学部のなかには、英語の配点が低い大学や学部が存在することもあるが、理系の大学であったとしても他科目と同等の配点であったり、また文系であれば大半の大学で英語の配点が最も高いのが特徴です。

 

入試制度について詳しく知るには、大学入試制度をわかりやすく簡単に5分で理解できる!

受験で英語を得点源にする

英語の正しい勉強をすることで英語を得点源にすることができます。

 

なぜなら、英語は知識の量に比例して得点を稼ぐことができるのです。

 

つまり正しい勉強の量に比例して高得点を取ることができる科目が英語ということである。

 

正しい英語の勉強とは、例えば「英語の長文を読めるようにする」ためには、各英文の構文解釈の知識が必要となります。

 

構文解釈を理解するには、文法知識が必要となります。

 

さらには、英文法を理解するために英単語の知識が必要となります。

 

わかりやすく言うと、英語の勉強は、単語→文法→構文解釈→長文というような順番で学習していくことが、英語の正しい勉強の順番だと言えます。

 

以上の理由からも大学受験の勉強は英語からはじめるのが良いということをご理解いただけたと思います。

 

英語の偏差値の上げ方については、【大学受験】英語の偏差値の上げ方!誰にでもできる具体例を紹介!

 

あわせて読みたい
参考記事:【MARCH対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について
参考記事:【日東駒専対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について

英語の勉強を始める準備

勉强 英語

英語の受験勉強をはじめる準備についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

英語の目標を持つ

今の英語の学力を知る

英語の勉強計画を作成

英語の参考書の購入

英語は基礎から固める

英語の目標を持つ

英語の受験勉強を始めるにあたって、目標を持つことが大切になります。

 

なぜなら、目標がないと勉強をする意味を失ってしまうことがあるからです。

 

目標は何でも良いのです。

 

英語の勉強をする目標には、スケールが大きいものから小さいものまで様々なものが考えられます。

 

例えば、「英語の偏差値を10上げる」、「志望の大学を目指す」、「英語の苦手を克服する」など、明確な目標を立てることで、達成意欲が湧いてきます。

 

逆に目標がなければ、「モチベーションが下がったり」、「無気力になったり」と勉強に集中することができなくなります。

 

ゴールを設定しないままで闇雲に勉強を進めていても、達成感が味わえず、モチベーションが下がる一方です。

 

受験勉強で英語を勉強するのであれば、志望大学を決めて勉強をするのがおすすめです。

 

受験勉強は志望大学に合格するためのものだからです。

 

目標を決めて英語の受験勉強に取り組みましょう

 

志望大学の決め方は、大学の志望校の決め方ポイント10か条!今の偏差値は関係ない!

併願校の決め方は、【大学受験】受験校と併願校の決め方!知らないと損をする?

今の英語の学力を知る

現時点での自分自身の英語の学力を把握していれば、英語の学習が効率的に進められます。

 

自分が苦手な英語の分野を理解していれば、その科目に割く時間を学習計画で増やせます。

 

受験勉強を進める際は定期的な模試を活用しながら、これから英語の何を重視すべきかを考えてください。

 

学習計画は柔軟な変更が求められますので、英語の苦手分野が得意になれば後半ではその勉強量を減らすことができます。

 

定期的に自身の英語の学力を把握しながら、それを学習計画に反映させて英語の受験勉強をすすめていきましょう!

 

今の英語後の学力を知るためには模擬試験を受けるのが効果的です。

 

模擬試験については、大学受験における模擬試験のおすすめの勉強法を具体的に5分で紹介!

英語の勉強計画を作成

受験勉強は、すべての教科において効率よく勉強を進めるためには、勉強計画表が重要な存在となります。

 

勉強計画表を作ることで得られるさまざまなメリットをご紹介します。

「学習内容が明確になる!」

勉強を始めようと思っても目標がないままでは、何から手をつければよいか確かな判断ができません。

 

しかし、勉強計画表があれば、毎日の学習内容が明確になります。

 

また、学習内容が事前にわかることでモチベーションの向上にもつながります。

「達成感が味わえる」

受験勉強の英語の学習は、モチベーションの維持が課題となります。

 

勉強計画表があれば、事前に立てた1つ1つの小さな目標をクリアしていくことで達成感が味わえるようになります。

 

勉強計画表を見えるところに貼るなどすると「これだけ勉強をした」という達成感が目に見えて把握できるので、自信にもつながります。

「勉強する習慣がつきやすくなる」

毎日勉強する習慣がついていない人ほど、勉強計画表が効果的です。

 

勉強する習慣がない人の多くが、何をどう勉強したらよいかわからないという悩みを抱えています。

 

勉強計画表があれば、計画に沿って勉強すればよいため、自然と勉強を習慣づけることができます。

 

また、毎日ノルマを課すことで、勉強しなければいけない状況となるため、やがて自ら進んで勉強できるようになるでしょう。

 

勉強の計画表の差癖については、学習計画の作成で大学受験を効率的に合格する方法を5分で解説!

英語の参考書の購入

英語の参考書を購入する時のポイントについてまとめてみました。

目的を持った参考書選び

参考書を選ぶ時に最初になぜ購入するのか?

 

目的をはっきりと決めてください。

 

なぜなら、取り組む目的がなければ、目的意識が薄れて、なんとなく取り組んで、結局は中途半端で終わってしまうことがあるからです。

 

目的意識を持たないで参考書を購入して学習しても、参考書を最大限に生かすことができません。

 

その結果、学力が伸びず、勉強のやる気がなくなり、受験勉強も中途半端になってしまうことがあります。

 

例えば、苦手科目を克服するため、単語力を上げるため、問題に慣れるためなど、目的を持って参考書を選ぶことが大事です。

自分にあった参考書選び

次に、自分の学力レベルや志望大学の受験対策に合っているかどうかを判断します。

 

理由は、あまりにも簡単な参考書やとんでもなく難しい参考書を使って学習すると学力が身につかないからです。

 

基礎からしっかり確認したいという人が、基本事項を理解していることを前提に書かれている難しい参考書にいきなり手を出しても学力はなかなか伸びません。

 

一方で、常に高得点が取れる得意科目をさらにレベルアップさせたいという人が、初心者向けの易しい参考書で一から学習し直すのは決して効率的とはいえません。

 

または、難関私大レベルの参考書を選んでしまうと、求められる内容がマニアックなところにまで及ぶことが多いため、共通テストに必要のない内容まで載っていて非効率的な場合があります。

 

自分にあったレベルの参考書選びを行いましょう!

解説がわかりやすいのか?

参考書を選ぶ際には、「わかりやす解説なのか?」を判断するのも重要です。

 

なぜなら、参考書によっては解説を読んでも分からない難しい参考書ががあるからです。

 

詳細に基本から説明しているのもあれば、解答と簡単な解説だけのもの、そして難しい言葉を用いて説明しているさまざまな参考書があります。

 

参考書を手にとってみて、自分で判断するのが良い方法です。

 

例えば、解説を見て自分で理解できるかどうか?難しい言葉や専門的な用語はないか?解説の文字が小さすぎて見えないなど、または、実際に使っている人に聞いてみるなどして、分かりやすい解説の参考書を選ぶのがポイントです。

 

効率のいい勉強をするためにも、自分で解説を読んで理解できるほど、内容がしっかりとした、解説のわかりやすい問題集を選びましょう。

 

参考書買う時のポイントは:大学受験のための参考書を買いすぎないためのポイントをアドバイス

英語は基礎から固める

基礎が固まっていなければ応用問題は解けません。

 

受験勉強は基礎を固めることが大切なのです。

 

入試問題の多くは高校3年生の時に習うことなので、まずは基礎を固めることを意識しながら勉強を進めます。

 

受験勉強は始める場合には、はじめに単語や文法などの基礎を身に付けることが大切です。

 

基本的な単語や文法が身に付いていないと、英文や構文も理解できません。

 

基礎が固まっていないのに応用を解いても意味がありません。

 

日々の授業を大切にしながら、基礎を中心にコツコツと勉強するのがポイントです。

 

勉強を参考にするには、【必見】早稲田大学に合格した!英語の勉強法と勉強時間をマネすることは良いことだ!

 

あわせて読みたい
参考記事:【MARCH対策】英文法のおすすめ参考書3冊紹介
参考記事:【日東駒専対策】英文法おすすめ参考書3冊紹介

英語の勉強法

勉强 英語

英語の単語・英文法・長文の勉強法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

英単語・英熟語

英文法

長文

英単語・英熟語

英単語と英熟語の勉強は、ズバリ!「暗記」することです!

 

暗記は、毎日の積み重ねがとても大切になってきます。

 

暗記の方法は何種類もありますので、自分にあった暗記法を使ってたくさんの単語を覚えてください。

 

勉強の仕方について、高校生に勉強の仕方を教える塾が勉強法を4つ紹介

 

英単語を覚えるコツは、大学受験で必要な英単語の勉強法【専門家がアドバイス】

 

英単語を覚えるためには単語帳を使うと効率的に覚えることができます。

 

英単語帳もたくさんの種類がありますので自分のレベルに合った英単語帳を購入するのが良いと言えます。

 

英単語帳の選び方は、英単語帳の選び方で悩んでいる人!おすすめ3冊を紹介

 

ちなみに、英熟語は、大学受験に必要な英熟語を勉強するコツ!おすすめ3冊

 

大学受験でどのくらい英単語を覚えるのか知りたい人は、大学受験の最低限の単語数!英単語ターゲットは全部覚えてね!

 

とにかく、英単語と英熟語は受験勉強の英語において、基本になりますのでしっかりと暗記していきましょう!

英文法

英文法の勉強は、毎日短時間でも良いので継続することが必要です!

 

文法に限らず、知識を暗記するなら『毎日短時間で良いので勉強し続ける』ということが、一番効果的な方法です。

 

英文法は覚えるべきことがたくさんあるため、継続しないと知識同士が結びつかず上手に覚えられません。

 

「継続は力なり」、毎日やりましょう!

 

英文法の勉強法としては、英文法の重要事項をインプットすることから始めてください。

 

インプットとは覚えることです。

 

インプットの方法は人によっていろいろな方法があります

 

自分にあった方法でインプットしてください。

 

次はインプットした知識を定着させることです。

 

インプットが終わったら、知識を定着させるため、英文法の問題集を解くのがポイントです。

 

インプットした英語の知識を定着させるには、同じ参考書を何度も繰り返し解くことが重要です。

 

このインプットとアウトプットを繰り返し行い、英文法の学力を定着させるのが基本的なパターンです。

 

この勉強法は地道な作業ですがこれしかありません。

 

英語のおすすめ参考書、大学受験【英語】おすすめ参考書!厳選した英語の参考書12冊を紹介!

英文法で代表的な参考書の勉強法、【英語】スクランブル英文法の正しい使い方で大学受験の英文法を攻略!

英語の長文勉強法

英語の長文と聞いただけで苦手意識を持つ高校生が多いのではないでしょうか?

 

長文読解が苦手となると、試験での得点が伸び悩でしまいます。

 

しかし、これから受験勉強を始める場合には、まだ、長文対策をする必要がありません。

 

なぜなら、長文読解の悩みで多いのが、問題文のなかに使われている単語で意味のわからないものが多く、途中で止まってしまったり論旨が正しく理解できなかったりするケースが多く見受けられます。

 

また、英文法の知識が不足しているために、文の意味を正しく把握できない高校生も多くいます。

 

英文法の基礎が理解できていないと、文の意味がわからず考え込んでしまったり授業についていけなくなったりしてしまいます。

 

文法も難関レベルのものに手を出す必要はないので、基礎をしっかりと学習することが大切なのです。

 

長文対策は、単語力と文法力という英語の基礎を身につけてから取り組むのがおすすめだからです。

 

長文対策におすすめの参考書:【英語長文対策】早稲田大の学生が使った長文対策の参考書を紹介!

 

あわせて読みたい
参考記事:高校1年生の英語の勉強法をこっそり教えます!英語でライバルに差をつける!
参考記事:こんな症状の高校生は要注意!いますぐ塾に行って解決!

まとめ:大学受験の勉強は英語から始めるのが良いたった3つの理由

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、大学受験の勉強は英語から始めるのが良いたった3つの理由は参考になりましたでしょうか?

予備校オンラインドットコムでは英語の偏差値をグングン伸ばします!

予備校オンラインドットコムで一緒に勉強してみませんか?

大学合格への近道です!

予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!