BLOG
合格ブログ

大学受験における模擬試験のおすすめの勉強法を具体的に5分で紹介!

大学受験における模擬試験のおすすめの勉強法を具体的に5分で紹介!

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

「大学受験における模試の活用法」について知りたくありませんか?

 

実は、この記事で紹介する「大学受験における模擬試験のおすすめの勉強法を具体的に5分で紹介!」を読めば、模擬試験の活用法がわかる内容となっています。

 

なぜなら、予備校オンラインドットコムで実践している内容だからです。

 

この記事では、直前の勉強法などを具体的に紹介しています。

 

この記事を読み終えると、模擬試験をうまく活用することができる、とても役に立つ記事になっています。

 

以下の悩みを解消します。

模擬試験を受ける意味が知りたい

模擬試験の対策を知りたい

模擬試験の活用法を知りたい

文系の大学を希望している生徒

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容

模擬試験は受験するだけでは意味がない!

おすすめ模試直前学習

おすすめ模試復習法

英語に不安を抱えている生徒

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

大学受験における模擬試験のおすすめの勉強法を具体的に5分で紹介!

大学受験における模擬試験のおすすめの勉強法を具体的に5分で紹介!

最初は模擬試験を受ける意味についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

模擬試験を積極的に受験すべき理由 

模擬試験は終わった後が肝心!

模擬試験の点数に一喜一憂しない

大学受験生は模擬試験を積極的に受験すべき理由

小学生〜高校生までの間に、私たちに何度も「模擬試験」を受験する機会が訪れます。

 

模擬試験(以下模試)はある特定のテスト問題を模した、本番そっくりの試験です。

 

これを受験することにより、最終的に受験する試験に対して自らが現時点でどの程度の実力を備えているのか測定することができます。

 

模試は受験生にのみ必要なものではなく、非受験学年においてもその学年で修めるべき学習内容が身についているか否かを測るために受験を推奨されています。

 

目標の有無にかかわらず、学習はただやみくもに頑張ったからといって良い結果がついてくるとは限りません。

 

日頃から自らの強み・弱みを把握し、それを伸ばすあるいは強みに変える努力をすることが求められ、そのために模試受験という機会を利用しない手はないのです。

模擬試験は終わった後が肝心!

模試は問題のみならず受験環境まで本番とほとんど同等にそろえて行われます。

 

そのため自分以外の見知らぬ受験生と一緒に教室に集められ、1~5教科ほどのテストを同日中に連続して受験することになります。

 

全ての教科を受験し終えると緊張がほぐれ、帰路につく頃にはテストの出来なんてどうでもよくなってしまうかもしれません。

 

しかし覚えておいていただきたいのは、模試は受験し終えた後こそが肝心であるということです!

 

むしろ問題を解いているときよりも、その後成績表が返却されるまでの期間にどう過ごしたかによってその模試の受験効果に大きく差がつくことでしょう。

 

理由は前節にて述べたように、模試という試験は「受験する試験に対して自らが現時点でどの程度の実力を備えているのか測定する」ための機会であり、測定した結果は分析しなければただのデータとして闇に葬られてしまうからです。

 

模試を受験したことで気づいた得意・不得意分野はその後の学習の質を大きく向上させるためのヒントであり、これを自ら理解してこそ模試を受験した甲斐があったと言えます。

 

具体的な模試受験後の過ごし方は後ほどお伝えします。

模擬試験の点数に一喜一憂しない

模試を受験して約2週間〜1ヶ月半ほどで成績表が返却されます。

 

この成績表には各教科の点数や偏差値、全国順位など客観的データが記載されており、将来受験本番において戦うことになる全国の同級生たちと比較して自らがどのような立ち位置にいるのかを知ることができます。

 

定期考査においても皆さん経験があると思いますが、点数や偏差値に一喜一憂してはいけません。

 

もちろん「前回よりも○○点伸びた!」「出来たと思ったのに目標点に達しなかった」という嬉しさ・悔しさは学習モチベーションに良い影響を与えてくれる場合もあります。

 

しかし繰り返すように模試は自分が目標を達成するために克服・強化すべきことが何かを知る場であるため、点数に踊らされて終わりではこれもまた、模試を受験した価値が大きく減ってしまいます。

 

このようなことが無いように、次の章から模試受験前後にどのようなことをすべきか、おすすめの方法を紹介します。

 

おすすめ模擬試験の直前勉強法

大学受験における模擬試験のおすすめの勉強法を具体的に5分で紹介!

模擬試験の対策についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

日頃から苦手発見ノートを作ろう 

苦手科目だけに時間を割かない!

模擬試験を本番だと考えてコンディションを調整しよう

日頃から苦手発見ノートを作ろう

模試直前に行うべきことといえども、毎回の模試を付け焼き刃で受験しては良い結果は得られません。

 

日頃から特別なことをせず、また負担なく始められることとして「苦手発見ノート」を作ることはいかがでしょうか。

 

ノートに書く苦手とは例えば英語は文法でも長文読解にまつわることでも、自らが苦手と感じたのであればどのようなことでも構いませんが、

 

・単元名(長文読解であれば何を聞かれている問題か)

 

・使用教材、ページ数

 

・苦手の原因(解き方がわからないのか、いつも不注意で間違えてしまうのか 等)

 

・試してみる解決方法と試した結果

 

は必ず記録するようにしましょう。

 

英語を学習する上では数学などとは異なり「途中まで解けていたけれど….」ということは少なく、解釈違いや暗記不足が原因となる場合が多いです。

 

その場合には、苦手発見ノートを何度見ても覚えられない単語だけを集めたオリジナル単語帳にしてみるということでも問題ありません。

 

とにかく日頃のちょっとした時間や模試の前などに、なにか一冊「これを見れば自分がわからないと思ったことだけに絞って復習できる」という何かを手元に置いておくことが効率よく且つリラックスして試験に臨める姿勢づくりにつながるでしょう。

苦手科目だけに時間を割かない!

模試直前に、苦手科目のベースアップに注力してしまう方がいます。

 

もちろん得意なことはすでにある程度の実力がついているために得意であると認識ができているのであり、試験前には苦手の克服に時間を割くべきだと思う考え方も正しいです。

 

しかし模試1週間前を苦手教科の学習に費やしたせいで得意教科の学習にも1週間のブランクが出来てしまい、結果的に模試本番において日頃の実力が発揮できなかったらどうなるでしょうか。

 

苦手教科の点数もふるわず、得意教科も最高のパフォーマンスが出来なかったら、あなたはきっと得意教科に対しても自信をなくしてしまうでしょう。

 

このような事態を防ぐために、模試直前にはある教科の確認にだけ時間を費やしすぎることがないようにしましょう。

模擬試験を本番だと考えてコンディションを調整しよう

模試は適度な緊張感をもって臨むべきですが、あまりにも緊張しすぎても良い結果を残すことができません。

 

緊張しすぎを防ぐためには、日頃から十分に学習をしているということを自覚することが大切であり、そのためにはやはり日々の学習に真摯に取り組む他方法はありません。

 

経験がある方もいらっしゃるかもしれませんが、まったく対策をせずに本番に臨むと自暴自棄になってしまいます。

 

繰り返し述べているように、模試は自分の現時点の状況を確認するために試験を受験する機会です。

 

受験本番に全く対策をしないで臨むことが論外であるように、模試もその日のためにしっかりと準備をした人にのみ真の実力を鏡のように写してくれます。

 

模試を入試本番であると想定し、自身が持つ実力を存分に発揮するために何が必要かを考えてみましょう。

おすすめ模擬試験の復習法

大学受験における模擬試験のおすすめの勉強法を具体的に5分で紹介!

最後に模擬試験の復習の仕方についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

模試の復習はなるべく早く!

復習は順序をつけて行おう

成績返却されたら得意と苦手を分析しよう」

模擬試験の復習はなるべく早く!

模試を受験すると、帰宅前に解答解説冊子を受け取ることができます。

 

この解答解説冊子は模試を運営する各予備校により作成されており、単なる問題の解法を丁寧に解説してくれるのみならず、その後の学習に役立つ知識まで授けてくれます。

 

この冊子を利用し、模試の記憶が薄れないうちに問題の解き直しを行いましょう。

 

重要度としては、模試の解き直しが全教科完了するまでは全ての自習時間を模試の解き直しに費やしてもよいほどです。

 

このように時間を費やす理由は、模試の問題は難しく、学ぶところばかりであるためです。

 

何度も模試を受験された経験のある方ならば理解されると思いますが、よほど秀才でないかぎり模試にて満点を取ることは難しいです。

 

またみなさんは、日頃自身のレベルに合った問題にふれる機会のほうが、そうでない問題に出会う回数よりも圧倒的に多いことでしょう。

 

受験本番と同水準の問題を解くにおいて、自らの持つ知識を最大限に活かすことができていたらあと何点取れていたのか、必須であるにもかかわらず身についていなかった知識がどの程度あるのかということを確かめ、学ぶことの積み重ねにより飛躍的に実力が伸びていくはずです。

復習は順序をつけて行おう

先に述べたように、模試の復習は受験した教科全てで行います。

 

そのため1番に手を付けた教科と最後に復習する教科では記憶の薄れ具合に必ず差が生まれます。

 

順序としては苦手教科から復習を行いましょう。

 

解き直しにおいて言うまでもないことですが、すぐに解説冊子を読むのではなく、自力でもう一度解き直しましょう。

 

完答できている自信があるものは苦手・得意教科にかかわらず一度飛ばして構いません。

 

わからなかった部分に注目し、自身がどこまでは解けていてどこから詰まってしまったのかを把握しましょう。

 

その後全体の丸付け、自己採点結果を出します。

 

そこまで終えたら解説を読み、その問題を解く上で必要な知識において抜けていたものはしっかりと覚えましょう。

 

模試の解き直しにおいて発見した苦手項目も「苦手発見ノート」に記入しておけば、次回の模試に向けた準備を行う際に役立つことでしょう。

成績返却されたら得意と苦手を分析しよう

大手予備校が主催する模試においては、成績表に誤答箇所の分析や得意・不得意単元の割り出しデータが記載されています。

 

このデータを使用し、模試直後の解き直しにおいて自らが把握した得意・苦手単元と合致しているか確かめましょう。

 

一人で解き直しを行ったときには気づいていなかった自分の強みや弱みに気づくことができる場合があります。

 

成績表の確認を終えたら、模試において得た気づきをもとに苦手の克服や得意教科のさらなる教科にむけてスケジュールを組み、学習を始めましょう。

 

まとめ:大学受験における模擬試験のおすすめの勉強法を具体的に5分で紹介!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、大学受験における模擬試験のおすすめの勉強法を具体的に5分で紹介!は参考になりましたでしょうか?

まとめ

模擬試験は受験するだけでは意味がない!・・・自分の実力を知る

おすすめ模試直前学習・・・苦手克服ノート

おすすめ模試復習法・・・復習は早めに行う

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

少数精鋭で授業を行っています。

 

お気軽お問い合わせください。

 

スタッフ一同、心からお待ちしています。

予備校オンラインドットコムでは、これから受験勉強をはじめる高校生にしっかりと向き合い、志望校への合格の仕方を教えます。

志望校合格までの勉強時間・参考書・勉強法をアドバイスして、受験までの学習管理を徹底して行って、合格を目指します。

予備校オンラインドットコムで最短で効率の良い受験勉強を始めてみませんか?
予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!