BLOG
合格ブログ

偏差値45、55、65ってどのくらい?

偏差値45、55、65ってどのくらい?

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、進路アドバイザーです。

 

大学受験における偏差値って気になりますよね?

 

この記事で紹介する「偏差値45、55、65ってどのくらい?」を読めば、偏差値について理解が深まります。

 

なぜなら、進路アドバイザーが受験生に説明している内容だからです。

 

この記事では、偏差値の上げ方についても具体的に紹介しています。

 

この記事を読み終えると、きっと偏差値についての理解が深まる内容となっています。

 

以下のポイントについて説明しています。

偏差値って何?

大学受験の偏差値とは?

偏差値を上げるには?

文系の大学を希望している生徒

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容

偏差値45、55、65

大学受験の偏差値

偏差値の上げ方

あわせて読みたい
参考記事:【英語長文対策】早稲田大の学生が使った長文対策の参考書を紹介!
参考記事:大学受験の最低限の単語数!英単語ターゲットは全部覚えてね!

英語の苦手を克服

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

偏差値45、55、65とは

偏差値45、55、65ってどのくらい?

偏差値についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

偏差値とは

偏差値の計算方法

偏差値の注意点

偏差値とは

簡単にいうと偏差値とは、その試験を受けた人の全体の中で自分がどのくらいの位置にいるかを表しているのが偏差値です。

 

もう少しわかりやすく言うと平均点を取ると偏差値は50となり、試験の点数が平均点より高くなるほど偏差値は55、60、65…と高くなり、一方で試験の点数が平均点より低くなると、偏差値は45、40、35…と低くなります。

 

しかし、偏差値は同じ100点満点のテストで、平均点が低ければ60点で偏差値60になることもありますし、平均点が高ければ80点で偏差値45になることもあります。

 

このように見かけの点数に左右されることなく、あくまで平均点との差異で表示されるのが偏差値となります。

 

偏差値は、一般的なテストでは通常25-75の範囲で表示されますので、100点を取ったとしても偏差値は75ということになります。

 

偏差値を知ると何ができるかというと、

1.客観的な学力のレベルを知ることができる。

 

2.得意科目・苦手科目を把握することができる。

 

3.偏差値の推移を知ることでモチベーションが上がる。

 

4.偏差値で精度の高い進路指導が行える。

 

というようなことが挙げられます。

 

偏差値は大学受験生にとっては必要となりますので、しっかりと理解してください。

偏差値の計算方法

偏差値の計算方法を覚える必要はありませんが、偏差値を知る上でどういう計算式なのかを簡単に説明しておきます。

 

偏差値は、下記の計算方法で算出されます。

 

偏差値=(点数−平均点)÷標準偏差×10+50

 

※標準偏差とは、数値のバラツキを表すもので、(((得点−平均点)の2乗の総和)÷人数)の平方根で計算されます。

 

計算式を知って偏差値算出の条件を確認してください。

偏差値の注意点

偏差値には注意点があります。

 

偏差値は「そのテストを受けた母集団」によって変わるのです。

 

学校の実力テストの偏差値はその学校内での生徒の点数のみから算出されることが多いので、全国偏差値などと比べると偏差値が変わってくる可能性があります。

 

偏差値は、「平均点との差」と「得点のばらつき」の両方を踏まえたうえで、自分がどの程度の位置にいるのかを表した数値ですが、テストを受けた人数が少ない場合は、利用する価値が低くなりますので、できる限り母集団の多い模擬試験の偏差値を参考にすると良いでしょう。

 

大学受験は全国の受験生がライバルですから、多くの受験生が参加する模擬テストの偏差値を参考にすると良いです。

 

受験生は定期的に模擬テストを受けて、自分がどのくらいの位置にいるのか知っておきましょう。

あわせて読みたい
参考記事:古文の勉強法を聞いてみました!早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!
参考記事:【大学受験】日本史の勉強法を早稲田大学の講師に聞いてみました!

大学受験の偏差値

偏差値45、55、65ってどのくらい?

大学受験の偏差値についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

模擬試験の偏差値

偏差値と合格率

偏差値の分布図

模擬試験の偏差値

全国模試は、その名のとおり全国規模で行われる模試試験のことです。

 

大手の予備校が主催する模試が思い浮かびます。

 

受験人数が多いと、大学受験を控える受験生全体の中での正確な現在の偏差値を知ることができます。

 

しかし、全国の学生が大手予備校の模試を必ず受けるわけではありません。

 

特に春に行われる模試は、浪人生は積極的に受けますが、新高3年生は受けない人も多いからです。

 

また、予備校の一般的な模擬試験は各大学入試制度に沿った内容ではなく、一般的な問題が作られています。

 

大学・学部別模試とは、大学や学部ごとの特色や入試内容に合わせて作成された模試のことで、一般的に志望者のみが受けることができます。

 

そのため、全国模試が現在の大学受験生全員の中での偏差値を把握できるのに対し、大学・学部別模試では志望者の中における偏差値を知ることができます。

 

大学・学部別模試は、実際にその志望大学を受けようとしている受験生が受けるものなので、大学入試とほとんど同じ状況であり、算出される偏差値は志望大学への合格率に直結するのが特徴です

 

すべての大学に対して模試があるわけではなく、主に難関大学に対して用意されています。

偏差値と合格率

大手予備校が入試難易度を偏差値ランキングで発表しています。

 

この偏差値は、合否の可能性が50%に分かれるラインを意味します。

 

大手予備校が全国規模で行う模試の結果と前年度の入試結果を照らし合わせて算出されています。

 

ボーダーラインが予備校によって異なるのはこれが理由です。

 

例えば、偏差値60と公表されている場合は、「偏差値60以上の受験生の50%が合格する」ことを表しており、その偏差値に達していれば必ず合格するという意味ではありません。

 

あくまで合格の目安として捉えてください。

 

また、各予備校で大学の偏差値が異なっている場合がありますが、これは各予備校でのデータを元に算出しているためです。

 

したがって、大学の偏差値を参考にするには、自分の受けた模擬試験の予備校が公表している大学の偏差値を参考にするのが良いでしょう。

偏差値の分布図

偏差値の分布図を表にしてみました。

 

偏差値75であれば上位0.62%に位置していて、偏差値50であれば上位50%に位置していることになります。

 

偏差値45、55、65の位置も確認することができます。

偏差値 上成績者からの割合
80 0.13%
75 0.62%
70 2.28%
65 6.68%
60 15.8%
55 30.85%
50 50%
45 69.15%
40 84.13%
あわせて読みたい
参考記事:受験勉強にやる気が出ないときにやると驚くほどに効果的
参考記事:高校卒業後の進路の悩み!困ったらこれを読んで5分で解決!

偏差値の上げ方

偏差値45、55、65ってどのくらい?

偏差値の上げ方の具体的な方法についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

得意科目・苦手科目を把握する

偏差値の上げ方

勉強の量と勉強の質の確保

得意科目・苦手科目を把握する

模擬試験の成績表の偏差値を確認すると、自分の得意な科目や苦手な科目を把握することができます。

 

得意科目・苦手科目を確認することで今後の学習方針を決めていくことができます。

 

得意な教科に関しては、「長所伸展法」という学習法があります。

 

簡単に言うと,その人の得意な科目やよく理解できている教科をとことん伸ばしていく方法です。

 

長所を伸ばしていけば,短所が補えるということです。

 

一方で苦手教科の克服は、受験生にとっては最需要課題となります。

 

多くの受験生が苦手科目があるというのが現実で、戦略的に苦手科目を対策することが志望大学合格への近道となります。

 

苦手科目の何が苦手なのかをしっかり分析して、苦手科目と正面から向き合い、苦手科目の克服に頑張りましょう。

 

苦手科目を克服することで偏差値は上がります。

偏差値の上げ方

偏差値の揚げ方のポイントです。

 

わかりやすく表にまとめてみました。

 

基礎学力を固める 偏差値が50以下の場合は、基礎学力ができていない可能性が高いからです。
単語や熟語、キーワードを暗記する 単語や熟語、キーワードを暗記することは偏差値を上げるためには必須です。
苦手な科目・分野が何かを分析し、苦手科目から優先的に学習する 偏差値を総合的に上げるためには、苦手科目を伸ばすことが一番の近道です。
自宅学習や個別指導で短期集中型の勉強をする 専門家に任せるのも近道と言えます

 

上記の表を頭に入れて、コツコツやると偏差値は上がるはずです。

勉強の量と勉強の質の確保

偏差値を上げるためには地道な勉強が必要ですが、受験までの時間は限られていますので、勉強に集中できる時間と環境を確保することが大切です。

 

理由は、集中して勉強する習慣がついていなかったり、勉強環境が整っていなかったりすると、効率的な勉強ができず、偏差値が思うように上がりません。

 

しかも成果が出ないと、モチベーションも下がってしまいうからです。

 

勉強の量と質が確保できない受験生には、管理型の学習塾に通うことで学習の管理を徹底的にサポートしてもらうといいでしょう。

 

偏差値を上げるためには、勉強の量と勉強の質の確保して誰よりも勉強することが大事なのです。

 

偏差値を上げたい受験生は、予備校オンラインドットコムにご相談ください。

 

あわせて読みたい
参考記事:今、高校生に人気のオンライン授業のある予備校についてわかりやすく説明
参考記事:【大学受験】英語の偏差値の上げ方!誰にでもできる具体例を紹介!

まとめ:偏差値45、55、65ってどのくらい?

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、偏差値45、55、65ってどのくらい?は参考になりましたでしょうか?

まとめ

偏差値とは・・・自分の位置を知る

大学受験の偏差値・・・志望校判定で大切

偏差値の上げ方・・・基本をコツコツと

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!