BLOG
合格ブログ

偏差値45から日東駒専を目指す生徒へのアドバイス

偏差値45から日東駒専を目指す生徒へのアドバイス

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、塾長です。

 

偏差値45から日東駒専って合格できるの?って気になりますよね?

 

今回紹介する「偏差値45から日東駒専を目指す生徒へのアドバイス」を読めば、日東駒専合格への可能性が高まる記事となっています。

 

なぜなら、実際に実践している内容だからです。

 

この記事では、日東駒専に合格するための対策を具体的に紹介しています。

 

この記事を読めば、日東駒専対策の参考になる記事となっています。

 

以下の悩みを解決します。

偏差値45から日東駒専に合格できる?

日東駒専の勉強法を知りたい!

日東駒専に合格したい?

記事の内容

偏差値45から日東駒専に合格できる

日東駒専を目指すために

日東駒専に合格するために

あわせて読みたい
参考記事:【日東駒専対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について
参考記事:【大東亜帝国対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について徹底解説!

偏差値45から日東駒専に合格できるのか?

偏差値45から日東駒専を目指す生徒へのアドバイス

偏差値45から日東駒専に合格できるのか?についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

偏差値45から日東駒専に合格できるのか?

日東駒専を目指す事前準備

日東駒専のレベル

偏差値45から日東駒専に合格できるのか?

この記事を読んでいるあなたへ!

 

大学受験を甘くみてはいけません。大学受験はとても厳しいのです。

 

しかし、偏差値45でもあなたの努力次第で可能性はあります。

 

当然、いろいろな条件をクリアにしていかなければなりませんが、ご安心ください。

 

その条件とは、時間的余裕と勉強時間の確保があれば、現在の偏差値45から10程度伸ばし、日東駒専に合格可能なレベルまで学力を上げることは可能です。

 

なぜなら、偏差値45から日東駒専に合格した生徒を何人も知っているからです。

 

さらに、あなたが日東駒専に合格しという強い思いがあれば、さらに合格の可能性が高まるはずです。

日東駒専とは

日東駒専について説明する必要はないと思いますが、日本の大学群の一つを示す通称であり、東京都に本部がある私立の総合大学のうち準難関私立大学[とされる日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学の4大学が括られている。

 

名称は、各大学の漢字表記の頭文字の組み合わせによるものです。

日東駒専のレベル

日東駒専は、私立中堅上位の偏差値・難易度・レベルに位置する大学グループとなります。

 

日東駒専をレベル・難易度順にランキング化すると、東洋大がトップ、次に日本大、次いで専修大と駒澤大学となります。

 

偏差値を参考にしてみても、偏差値が50~60であることから日東駒専の難易度・レベルは全大学の中間に位置するといえます。

 

日東駒専は、中堅レベルとはいえ最近は難化傾向が続いています。

 

というのも文科省が入学定員の厳格化を進めており、合格者を減らさなければいけなくなっているためです。

 

最近では、日東駒専は「中堅大」として人気が高く、他大学との併願受験も多い大学なので、これまでは合格者を多めに出す傾向がありました。

 

しかしこれからはその数を減らすことは間違いなく、難易度が高くなる可能性があります。

あわせて読みたい
参考記事:【日東駒専対策】英文法おすすめ参考書3冊紹介
参考記事:偏差値45、55、65ってどのくらい?

日東駒専を目指す事前準備

偏差値45から日東駒専を目指す生徒へのアドバイス

日東駒専を目指すためにやるべきとについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

受験に対する意識を変える

勉強時間を確保する

正しい受験勉強を行う

受験に対する意識を変える

偏差値45から日東駒専の合格を目指すためには、受験に対する意識と行動を変えなければなりません。

 

これまでの大学受験に対する甘い考えを捨てなければなりません。

 

具体的には、これから受験までの期間、毎日、受験勉強を中心とした生活のリズムに変えることを意識してください。

 

難関大学に合格する受験生は、受験勉強に対する意識がとても高いのが共通しています。

 

私が知っている生徒は、受験勉強中はスマホやゲームを一切しないという受験生がほとんどです。

 

合格するまでは1分1秒とも無駄にできないという意識です。

 

これから日東駒専の合格を目指すのであれば、意識改革が必要となります。

勉強時間を確保する

日東駒専に合格するためには勉強時間の確保が重要となってきます。

 

具体的な勉強時間は、1500時間から1800時間が必要となります。

 

勉強時間を確保すればいいというわけでわありませんが、合格するためにはこのくらいの勉強時間を確保する必要があるのです。

 

1年前から勉強をはじめた場合は、1日の勉強時間が4時間強が必要となり、半年前からはじめた場合はその倍の8時間以上が1日に必要な勉強時間となります。

 

これを聞いて落ち込みました?それともやる気になりました?

 

可能性が「0」では無い限り、あなたが決めた第一志望の大学を目指して勉強をするのが受験勉強です。

 

日東駒専を目指すのであれば、是非、挑戦してみてください。

正しい受験勉強を行う

正しい受験勉強とは、受験対策の勉強を行うことです。

 

なぜなら、学校の勉強をしていても受験勉強にはならないからです。

 

学校の勉強を一生懸命にやったとしても、日東駒専以上の大学に合格する学力を高校の授業で身につけるのはかなり難しいということなんです。

 

学校の勉強は赤点を取らない程度に頑張り、日東駒専対策の受験勉強をすべての勉強時間に費やしてください。

 

そうすることで合格の可能性が高まります。

あわせて読みたい
参考記事:偏差値40台の受験生を応援して大学受験を成功させる
参考記事:大学受験の夏休みの勉強時間を早稲田大学の講師に聞いてみた

日東駒専に合格するために

偏差値45から日東駒専を目指す生徒へのアドバイス

日東駒専に合格するためのポイントについてまとめてみました。

 

以下の内容を説明しています。

総合型選抜・学校推薦型選抜

塾に通う

予備校オンラインドットコムに入る

総合型選抜・学校推薦型選抜

偏差値45から日東駒専に合格するために、総合型選抜か学校推薦型選抜で受験することは、有効的と言えますので紹介します。

 

『総合型選抜』とは、かつてはAO入試(アドミッション・オフィス入試)と呼ばれていましたが、2021年度の選抜からAO入試の名称を総合型選抜と名称が変わりました。

 

総合型選抜は、出願書類の志望理由書や、実技試験の面接などを実施して、受験生を総合的に評価することで、受験生の人物像と大学の求める学生像(アドミッション・ポリシー)がマッチングしているかどうかで合否が判定されるのが特徴です。

 

また、総合型選抜は高校時代の学習内容よりも、どんな活動をしてきたのか?大学では何を学習したいのか?で合否が判定されることがあります。

 

わかりやすく言うと、総合型選抜は、各大学が定める「求める学生像」に合った受験生は合格できる可能性が高くなるのです。

 

もうひとつは、国公立大学・私立大学とともに、原則として学校長等の推薦に基づき、書類審査、面接、小論文などを実施して合否判定を行うのが学校推薦型選抜です。

 

学校推薦型選抜では、基礎学力が重視される傾向が強く、「指定校推薦」と「公募制推薦」に分けられるが、最近では、「自己推薦」などの多様な学校推薦型選抜が各大学で実施されるようになっている。

 

また公募推薦については、真剣に検討してみてください。

 

なぜなら、日東駒専は公募推薦の倍率が実はすごく低いので、評定平均4.5はなくても4.2ぐらいあれば、公募で日東駒専を狙うことで合格の可能性が高まります。

塾に通う

もし、塾に通っていないのであれば塾に通うことをおすすめします。

 

理由は、日東駒専に合格したいのであれば、受験の専門家に任せるのが一番効率的だからです。

 

日東駒専を専門にしている塾もあります。

 

費用はかかりますが合格するノウハウを持っているので、学習塾の指導方針に従って学習をすることで日東駒専に合格する可能性は高まるはずです。

 

しかし、塾に入ったからと安心してはいけません。

 

冒頭でも説明しましたが大学受験は甘くはありません。

 

全国の受験生の倍以上の努力が必要になってくるのです。

 

塾に通っていないのであれば、塾に入って勉強することを検討してみてください。

予備校オンラインドットコムに入る

予備校オンラインドットコムでは、日東駒専に合格するためのカリキュラムを用意して、受験生をお待ちしております。

 

日東駒専に合格するための最短ルートのカリキュラムです。

 

これには、合格までの勉強時間、学習する参考書等すべてが揃っているカリキュラムとなります。

 

これに従って、受験勉強をすることで合格へと導きます。

 

授業が無い日も学習管理の徹底をしていますので、合格を勝ち取るまではサボルことはできません。

 

勉強の自己管理ができない生徒を全面的にバックアップする仕組みが整っています。

 

しかも、オンライン授業なので時間を効率的に使えるので、学習時間を確保しないといけない生徒にとっては、最適な学習スタイといえます。

 

ぜひこの機会に予備校オンラインドットコムの無料体験授業を受けてみてください。

あわせて読みたい
参考記事:【大学受験】学校推薦型選抜を狙っている受験生は必見!これで推薦突破!
参考記事:【大学受験】総合型選抜とは?これを読めば総合型選抜について理解できる

まとめ:偏差値45から日東駒専を目指す生徒へのアドバイス

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、偏差値45から日東駒専を目指す生徒へのアドバイスは参考になりましたでしょうか?

予備校オンラインドットコムで一緒に日東駒専をめざしませんか?

最短ルートで合格します!

予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!