BLOG
合格ブログ

英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

<PR>

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

記事の終わりに、成績がアップする英語の勉強法を紹介しています。参考にしてください。

 

今回のお悩みはこちら。

 

英文法の受動態について知りたい

受動態の基本形を詳しく知りたい

例文付きで解説してほしい

 

受験生の皆さん!英文法の「受動態」について知りたくないですか?

 

英文法の受動態は、大学受験における重要な要素の一つ。

 

受動態を理解し、使いこなすことは、文章の表現力を向上させ、試験でのスコア向上につながります。

 

今回紹介する、「英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説」を読めば、実際の例文を通じて受動態の使用法が理解できます。

 

英文法の受動態をマスターし、試験で成功に近づくためのステップを共に進んでいきましょう。

 

読み終わるとわかること
受動態の基本形

能動態と受動態の違い

受動態で注意しておきたいポイント

受動態に由来する慣用表現

受動態の基本問題で理解度を確認

【3ヶ月で英検に合格できる塾】

総合型選抜対策:クラウドEnglish

英検の合格率!日本最大級!

英検専門のオンライン塾

公式ホームページはこちらから

クラウドEnglishについて詳しく

参考記事:クラウドEnglishの評判・口コミ6選!怪しい?英検対策に効果はあるの?

英文法「受動態」を理解するための勉強のコツ

英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

受動態を理解するための勉強方法を以下に紹介します。

・基本の理解

受動態が何かを理解する前に、基本的な概念を把握しましょう。主語が行為の受け手となり、動詞が受動態に変わることで、文の焦点が変わります。例文を用いて基本構造を確認しましょう。

・例文の分析

受動態の構造や使い方を理解するために、実際の例文を分析しましょう。構文や文脈を考慮して、どの部分が主語でどの部分が動詞の受動態形になっているか確認します。

・積極的な使用

受動態を理解するだけでなく、実際に使ってみることが大切です。日常的な文や簡単な文章から始め、段階的に難易度を上げながら受動態を使ってみましょう。

・練習問題

受動態に関する練習問題を解くことで、理論を実践に結び付けることができます。教科書やオンラインの学習プラットフォームで受動態に関する問題を解いてみましょう。

・覚えやすい動詞の利用

受動態の理解が初めての場合は、覚えやすい動詞を使用して練習すると良いです。例えば、「make」「eat」「write」などを使って、様々な形で受動態を作ってみましょう。

・タブレット学習や学習塾の利用

タブレット学習教材や学習塾を利用するのが近道と言えます。これらを利用して受動態の理解を深めましょう。

・文脈を考慮

受動態は文脈によって使い分けられます。文脈を考慮しながら受動態を理解し、使いこなせるようになりましょう。

以上の方法を組み合わせて、受動態に対する理解を深め、実際のコミュニケーションや文章作成で活用できるようにしましょう。

【3ヶ月で英検に合格できる塾】

総合型選抜対策:クラウドEnglish

英検の合格率!日本最大級!

英検専門のオンライン塾

公式ホームページはこちらから

クラウドEnglishについて詳しく

参考記事:英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

参考記事:【時制とは?】英語の基本例文を使って時制の一致をわかりやすく解説

大学受験英文法「受動態」とは?英語の受け身を例文付きで解説

英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

受動態の基本から解説します。

受動態の基本形

英語の受動態は、動詞の受動態を作成するための基本的な構造。

 

受動態は、行為者(主語)と受け手(被動態主語)の関係を示す文法的な構造で、以下のように形成されます。

主語が単数形の場合

[被動態主語] + is/am + 過去分詞形の動詞(主語が行う動作の過去分詞形)

例: “The book is read by the student.”(その本は学生によって読まれています。)

主語が複数形の場合

[被動態主語] + are + 過去分詞形の動詞(主語が行う動作の過去分詞形)

例: “The books are read by the students.”(その本は学生たちによって読まれています。)

受動態の基本形は、動詞の主語が行為者ではなく受け手(被動態主語)に焦点を当てるためのものです。

 

また、be動詞(is, am, are)の形は、文の時制(現在、過去、未来)に合わせて選択されます。

 

過去分詞形の動詞は、通常、動詞の過去分詞形をそのまま使用します。

 

以上が受動態の基本形の説明です。

 

受動態を理解し、使いこなすことで、文章の多様性と表現力が向上し、大学受験においても重要なスキルとなります。

英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

 

参考記事:高2から始める大学受験!受験までの完全ガイド|スケジュールや科目別の勉強法

受動態 be動詞の選択(am, is, are, was, wereなど)

受動態 be動詞の選択(am、is、are、was、wereなど)」について詳しく説明します。

 

受動態を作る際、適切なbe動詞(am、is、are、was、wereなど)を選択することが重要。

 

選択するbe動詞は、文の時制、主語の数(単数形か複数形か)、そして文の形に応じて決まります。

 

以下に、be動詞の選択に関するガイドラインを示します。

現在時制

単数形の主語の場合: “is” を使用します。

例: “The book is read by the student.”(その本は学生によって読まれています。)

複数形の主語の場合: “are” を使用します。

例: “The books are read by the students.”(その本は学生たちによって読まれています。)

過去時制

単数形の主語の場合: “was” を使用します。

例: “The letter was written by John.”(その手紙はジョンによって書かれました。)

複数形の主語の場合: “were” を使用します。

例: “The letters were written by the team.”(その手紙はチームによって書かれました。)

未来時制

“will be” を使用します。

例: “The report will be submitted by Mary.”(その報告書はメアリーによって提出されるでしょう。)

進行形

進行形の受動態を作る場合、be動詞は適切な形で使用されます。例えば、現在進行形の受動態では “is being” や “are being” が使用されます。

be動詞の選択は文の意味や時制に影響を与えるため、正確な選択が必要です。

 

選択肢を間違えると、文の意味が変わることがあります。

 

したがって、受動態を構築する際には、主語と時制に合った適切なbe動詞を選ぶことが大切です。

英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

 

受動態:過去分詞形の動詞の使い方

受動態の過去分詞形の動詞の使い方」について詳しく説明します。

 

受動態を作成する際、過去分詞形の動詞が必要。

 

過去分詞形は、不規則な動詞を含む多くの動詞の形。

 

過去分詞形は、受動態の主要な要素の一つであり、正確に選択することが文法的に正しい文を作成する鍵です。

 

以下は、過去分詞形の動詞の使い方の例です。

1. 正則動詞の過去分詞形

正則動詞は通常、動詞の過去形に “ed” を追加して過去分詞形を作ります。

例: “talk”(話す) → “talked”(話される)

“The news was talked about by everyone.”(そのニュースは誰にでも話題にされました。)

2. 不規則動詞の過去分詞形

不規則動詞は規則的なパターンに従わない動詞です。そのため、過去分詞形が予測困難なことがあります。

例: “go”(行く) → “gone”(行かれる)
“The keys were gone.”(鍵はなくなっていました。)

3. 他動詞と自動詞の過去分詞形

他動詞(他人に対して何かを行う動詞)と自動詞(自分自身に何かが起こる動詞)の過去分詞形は異なることがあります。

例:

他動詞 “write”(書く) → “written”(書かれる)

自動詞 “run”(走る) → “run”(走られる)

“The letter was written by her.”(その手紙は彼女によって書かれました。)

“The race was run by the athletes.”(その競走は選手たちによって走られました。)

過去分詞形の選択は、文法的な正確性を保つために重要です。

 

受動態の文を構築する際に、適切な過去分詞形を選択することで、文章が明確で自然なものになります。

 

英単語帳について知りたい方、英単語帳の選び方で悩んでいる人!おすすめ10冊を紹介

 

【受験生におすすめ大手予備校】

現役合格実績No.1!東進ハイスクール・東進衛星予備校

※圧倒的No.1、日本一の【現役合格実績】全国に展開している安心の予備校!

※「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の資料請求は無料!無理な営業も一切なし!

まずは、最短!1分で完了する!公式ホームページはこちらから

 

参考記事:高校生は塾に行くべきか?悩んだ時はこれを読んで解決

能動態と受動態の違いは受け身で大切

英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

能動態と受動態は、文や文章で行動や出来事を表現する際の異なる文法的構造を指します。

 

以下に、能動態と受動態の主な違いを説明します。

主語の役割

【能動態】

能動態の文では、主語が行動の主体であり、何かを行う側を示します。主語は通常、動詞の主格を取る名詞や代名詞です。例えば、”The cat (主語) chases (動詞) the mouse.”(猫はネズミを追う)という文では、”The cat” が主語で、猫が行動の主体です。

【受動態】

受動態の文では、主語は行動の受け手または影響を受ける側を示し、通常は文中で何かに対する行動を受ける側を示します。主語は通常、”by” で始まる句で導入されます。例えば、”The mouse (主語) is chased (動詞) by the cat.”(ネズミは猫に追われる)という文では、”The mouse” が主語で、ネズミが行動の受け手です。

動詞の形

【能動態】

能動態の文では、動詞は通常、主語に合わせて一般形(基本形)を取ります。例えば、”She sings a song.”(彼女は歌を歌います)という文で、動詞 “sings” は主語 “She” に合わせています。

【受動態】

受動態の文では、動詞は通常、過去分詞形になります。また、助動詞 “be” と共に使用され、動詞の過去分詞形は主語に合わせる必要はありません。例えば、”The song is sung by her.”(その歌は彼女によって歌われる)という文で、動詞 “is sung” は過去分詞形です。

意味の強調

【能動態】

能動態の文では、行動の主体が強調されます。何かを行う主体や行動者が注目されるため、特定の情報を伝える際に使われます。

【受動態】

受動態の文では、行動の受け手や影響を受ける側が強調されます。何かがされること、または何かに対する影響が重要な情報として伝えられるため、特定の文脈で使用されます。

文の構造

【能動態】

能動態の文は通常、主語 + 動詞 + 目的語(オブジェクト)の順序を取ります。例えば、”She reads a book.”(彼女は本を読みます)という文は、主語 “She”、動詞 “reads”、目的語 “a book” の順序です。

【受動態】

受動態の文は通常、主語 + 助動詞 “be” + 過去分詞形 + その他の要素(行動の実行者など)の順序を取ります。例えば、”The book is read by her.”(その本は彼女によって読まれる)という文は、主語 “The book”、助動詞 “is”、過去分詞形 “read”、そしてその他の要素 “by her” の順序です。

これらが能動態と受動態の主な違いです。

 

文の文法的構造や意味を考慮して、適切な形を選ぶことが重要です。

 

参考記事:高校1年生の英語の勉強法をこっそり教えます!英語でライバルに差をつける!

 

高校生におすすめ大手予備校

現役合格実績No.1!東進ハイスクール・東進衛星予備校
※圧倒的No.1、日本一の【現役合格実績】

駿台では100年以上積み上げてきたノウハウ!駿台予備校
※個別指導でどんな志望校でも合格を目指せます!

 

参考記事:【東進ハイスクール・東進衛星予備校】は高校生におすすめ?評判・口コミ10選【塾経験者が徹底調査】

受動態で注意しておきたいポイント

英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

群動詞の受動態

群動詞は、動詞と前置詞または副詞の組み合わせで構成される特殊な動詞。

 

これらの動詞は受動態にも適用されますが、受動態の場合、いくつかの注意点があります。

 

群動詞を受動態にする際の基本的な構造は以下の通り。

 

[被動態主語] + be動詞(am、is、are、was、wereなど)+ 群動詞の過去分詞形

 

以下に、群動詞の受動態の例を示します。

通常の群動詞の受動態

“The report was handed in by the team.”(その報告書はチームによって提出されました。)

“The message will be passed on by the secretary.”(そのメッセージは秘書によって伝えられるでしょう。)

受身の群動詞の受動態:

“She was looked after by her grandmother.”(彼女は祖母に世話をされました。)

“The injured hiker had to be taken care of by the rescue team.”(けがをしたハイカーは救助チームに世話をされる必要がありました。)

群動詞の受動態では、群動詞全体が過去分詞形になります。

 

ただし、群動詞が他の要素(代名詞など)と結びつく場合、前置詞や副詞が受動態に影響を与えます。

 

したがって、文脈に合わせて適切な前置詞や副詞を使うことが重要です。

 

群動詞の受動態は、日常会話や文章で頻繁に使用され、文章をより自然にするための便利なツールです。

英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

 

使役動詞と知覚動詞の受動態

使役動詞と知覚動詞の受動態について説明します。

 

これらの動詞は、他の人に何かをさせる(使役動詞)または何かを感じる(知覚動詞)場合に使用され、受動態にすることも可能です。

使役動詞の受動態

使役動詞は、他の人に何かをさせるために使用される動詞です。使役動詞の受動態を作成する際、通常、”be” + 過去分詞形 + 使役動詞が使われます。

例:

“She was made to clean her room.”(彼女は部屋を掃除させられました。)

“The students were asked to complete the assignment.”(生徒たちは課題を提出するように頼まれました。)

知覚動詞の受動態

知覚動詞は、五感を通じて何かを感じるための動詞です。知覚動詞の受動態を作成する際、通常、”be” + 過去分詞形 + 知覚動詞が使われます。

例:

“The music was heard by everyone in the room.”(その音楽は部屋の中の誰にでも聞こえました。)

“The smell of fresh bread was sensed by the chef.”(新鮮なパンの匂いはシェフに感じられました。)

使役動詞と知覚動詞の受動態は、他の人が何かをさせられる状況や何かを感じる状況を表現するのに役立ちます。

 

受動態を使用することで、行為者(主語)がはっきりしない場合や、行為が他から受けられる側面を強調できます。

英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

 

参考記事:【大学受験英語おすすめ参考書24選】目的別・レベル別に英語の参考書・問題集を紹介!

動作と状態を明確にする受動態

動作と状態を明確にする受動態について説明します。

 

受動態は、動詞を通じて行為者(主語)に焦点を当てず、動作や状態の対象に焦点を当てるための文法的な構造です。

 

これにより、動作と状態が明確に表現されます。

 

以下に、動作と状態を明確にするための受動態の例を示します。

1. 動作の受動態

動詞が行為を表す場合、受動態はその行為が誰によって行われたのかを強調し、行為者を含めないことがあります。これにより、行為そのものが重要になります。

主動態:”The chef prepares the meal.”(シェフが料理を準備する。)

受動態:”The meal is prepared.”(料理が準備される。)

2. 状態の受動態

動詞が状態を表す場合、受動態はその状態がどのように保たれているのかを強調します。これにより、状態の持続性が明確になります。

主動態:”She writes beautiful songs.”(彼女は美しい歌を書く。)

受動態:”Beautiful songs are written by her.”(美しい歌は彼女によって書かれる。)

受動態は、文章の焦点を変えるために使用され、動作と状態の明確な表現に役立ちます。

 

この文法的な構造を理解し、適切に使用することで、文章がより明確で効果的になります。

英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

 

参考記事:【英単語】ターゲット1400!おすすめ単語の勉強法と使い方を大公開!

目的語が「that節」の受動態

目的語が「that節」の場合の受動態は、特に間接的な報告や感情、考え、信念などを表現する際によく使用されます。

 

通常、この文型は”it is/was+過去分詞形+that+主語+動詞”という形を取ります。

 

以下に具体的な例を示します。

過去の受動態

It is known to her that he completed the project.(彼女は彼がそのプロジェクトを完了したことを知っている。)

It was said by her that he came home late last night.(彼女は彼が昨夜遅く帰宅したことを言った。)

現在の受動態

He understands that it is supported by her.(彼は彼女がその計画を支持していることを理解している。)

He knows that he is supported by us.(彼は私たちが彼を応援していることを知っています。)

このように、目的語が「that節」の受動態は、情報を伝える際によく使用されます。

英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

 

能動態と間違えやすい受動態

感情や心理を表す際に、能動態と間違えやすい受動態の例を以下に示します。

 

これらの文は、感情や心理的な状態が何かによって引き起こされる場合に使われます。

感情を表す能動態

能動態は感情を感じる主体(主語)を強調します。

例: “She loves him deeply.”(彼女は彼を深く愛しています。)

感情を表す受動態

受動態は感情が外部要因によって引き起こされることを強調します。

例: “He was deeply loved by her.”(彼は彼女によって深く愛されていました。)

心理的な状態を表す能動態

能動態は個人の心理的な状態を強調します。

例: “She believes in herself.”(彼女は自分を信じています。)

心理的な状態を表す受動態

受動態は心理的な状態が外部要因によって影響を受けることを示します。

例: “He was deeply affected by the news.”(彼はそのニュースに深く影響を受けました。)

これらの例から分かるように、感情や心理的な状態を表現する際、能動態と受動態は異なる焦点を持ちます。

 

能動態は主体を強調し、受動態は外部要因に焦点を当てます。

 

適切な文脈に応じて、どちらの文法的構造を使うか選択することが大切です。

 

【合格実績が豊富な塾で志望校を目指す!】

合格実績が豊富な学習管理型の塾!STRUX←おすすめの塾
※オンライン対応!志望校合格まで受験パーソナルトレーナーが徹底指導!

東大生に毎日勉強を教えてもらえる!東大毎日塾!
※24時間質問し放題!オンライン自習室使い放題でこの価格!

※偏差値50から早稲田大学に現役合格した菊﨑塾長のノウハウで志望校に合格!

 

受動態の慣用句を覚える

英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

「be known」と結びつく4つの前置詞

“be known”(知られている)は、さまざまな前置詞と結びつくことがあり、その結びつきによって文の意味が微妙に異なります。

 

以下に、”be known”と結びつく代表的な前置詞のいくつかを紹介します。

by(Aによってわかる)

“be known by” は、何かが他の人やグループによって知られていることを示します。

例: “The Mona Lisa is known by art lovers around the world.”(モナリザは世界中の美術愛好家によって知られています。)

for(Aで知られている/有名である)

“be known for” は、何かが特定の理由や特性によって知られていることを示します。

例: “She is known for her incredible singing talent.”(彼女は驚異的な歌唱力で知られています。)

as(Aとして知られている/有名である)

“be known as” は、何かが特定の名前や称号で知られていることを示します。

例: “He is known as the father of modern physics.”(彼は現代物理学の父として知られています。)

to(A「人」に知られている)

“be known to” は、特定の人やグループに対して何かが知られていることを示します。

例: “His generosity is known to all his friends.”(彼の寛大さは彼の友人たちに知られています。)

これらの前置詞は、”be known”と組み合わせて使用することで、異なる文脈で知名度や評判を表現するのに役立ちます。

 

文の意味を正確に伝えるために、前置詞の選択が重要です。

英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

 

受動態に由来する慣用表現

受動態に由来する慣用表現の一部を以下に示します。

 

これらの表現は、受動態の文法構造を元にして、さまざまな言語表現や文化で一般的に使用されています。

・知られている(Be well-known)

例: “He is well-known in the field of science.”(彼は科学の分野で知られています。)

・愛されている(Be well-loved)

例: “The teacher is well-loved by her students.”(その教師は生徒たちに愛されています。)

・評価されている(Be highly regarded)

例: “Her work is highly regarded in the art community.”(彼女の仕事は芸術コミュニティで高く評価されています。)

・認識されている(Be recognized)

例: “His achievements are recognized worldwide.”(彼の業績は世界中で認識されています。)

・尊敬されている(Be respected)

例: “He is respected for his dedication to humanitarian causes.”(彼は人道的な活動への献身で尊敬されています。)

・注目されている(Be in the spotlight)

例: “The young actress is currently in the spotlight.”(その若い女優は現在注目されています。)

・取り上げられている(Be brought up)

例: “The issue was brought up during the meeting.”(その問題は会議で取り上げられました。)

・言及されている(Be mentioned)

例: “Your name was mentioned in the news article.”(あなたの名前がニュース記事で言及されました。)

・取り決められている(Be set in stone)

例: “The plans are not yet set in stone; they can be adjusted.”(計画はまだ確定していません。調整可能です。)

・議論されている(Be under discussion)

例: “The proposal is currently under discussion by the committee.”(その提案は委員会で現在議論されています。)

これらの慣用表現は、受動態を使用して、特定の状況や状態を表現するために使われます。それぞれの表現は異なる文脈で使用され、意味やニュアンスが異なります。

【総合型選抜専門塾が合格への近道】

合格保証がある!総合型選抜専門塾!ホワイトアカデミー高等部
※安心できる社会人のプロ講師がマンツーマンで指導!

フルオーダーメイドの授業で合格に導く!総合型選抜専門塾AOI
※小論文、志望理由書など総合型選抜のことならお任せください!

3ヶ月で英検に合格できるノウハウがある!クラウドEnglish
※総合型選抜で必要な英語の資格を短期間で取得できる!

 

受動態:受け身の基本を確認

英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

以下は、大学受験で出題される可能性のある「受動態」に関する基本的な問題とその解答・解説です。

問題1

次の文を受動態に変えなさい。

“He writes a letter.”

解答1

“A letter is written by him.”

解説1

元の文の主語 “He” が受動態の文では補語に変わり、動詞 “writes” は “is written” に変わります。

問題2

以下の文を受動態に変換しなさい。

“People speak English all over the world.”

解答2

“English is spoken all over the world by people.”

解説2

元の文の主語 “People” が受動態の文では補語に変わり、動詞 “speak” は “is spoken” に変わります。

問題3

次の文を受動態に変更せよ。

“They have built a new bridge.”

解答3

“A new bridge has been built by them.”

解説3

元の文の主語 “They” が受動態の文では補語に変わり、動詞 “have built” は “has been built” に変わります。

問題4
以下の文を受動態に変換しなさい。

“The teacher will explain the lesson tomorrow.”

解答4

“The lesson will be explained by the teacher tomorrow.”

解説4

元の文の主語 “The teacher” が受動態の文では補語に変わり、動詞 “will explain” は “will be explained” に変わります。

【3ヶ月で英検に合格できる塾】

総合型選抜対策:クラウドEnglish

英検の合格率!日本最大級!

英検専門のオンライン塾

公式ホームページはこちらから

クラウドEnglishについて詳しく

参考記事:クラウドEnglishの評判・口コミ6選!怪しい?英検対策に効果はあるの?

 

まとめ:英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説」は参考になりましたでしょうか?

まとめ:英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

 

まとめ

受動態のまとめ

受動態は、英文法の重要な概念の一つであり、文の表現において能動態と対をなす形式です。受動態は、行動の受け手や影響を受ける側を強調し、特定の文脈やコミュニケーションにおいて非常に有用です。以下に、受動態についてのまとめを提供します。

受動態の構造

受動態の文は通常、助動詞 “be” と動詞の過去分詞形から構成されます。例えば、”The book is read by many students.”(その本は多くの学生によって読まれる)という文では、”is” が助動詞であり、”read” が過去分詞形です。

主語の役割

受動態の文では、主語が行動の受け手または影響を受ける側を示します。主語は通常、”by” で始まる句で導入されます。例えば、”The report was written by the team.”(その報告書はチームによって書かれた)という文では、”The report” が主語であり、報告書が行動の受け手です。

受動態の利点

受動態は、特定の情報を強調するのに役立ちます。行動の受け手や影響を受ける側を重要視したい場合に使用されます。
受動態は、複数の行為者がいる場合や行動者が不明確な場合にも適しています。
文を多様化させ、スタイルやトーンを変えるのに役立ちます。

受動態の注意点

受動態の文は能動態の文と比較して、少し冷たい・客観的な印象を与えることがあるため、文脈に応じて使い分けることが重要です。
受動態の主語が不明確な場合、その主語を特定するために補足情報が必要なことがあります。

英文法における受動態は、文章をより効果的に表現する手段の一つであり、正確な文脈で使うことでコミュニケーションを豊かにします。受動態の理解と使い方は、大学受験における英語力向上に不可欠な要素の一つです。

英語の偏差値を上げるために塾に通う

もし、現在の偏差値が志望している大学の偏差値に届いていない場合、もしくは、英語が偏差値の足を引っ張っている場合は、塾に通うことを検討すると良いでしょう。

 

理由は、塾が持っている指導ノウハウを活用することで、効率的に英語の偏差値を上げるためです。

 

具体的には、英語の苦手な部分を重点的に指導してもらえる個別指導塾、オンライン塾、オンライン家庭教師に通うことで、より効率的な受験対策ができるはず。

 

塾に通うメリットは、なんといっても、英語を勉強する習慣。

 

英語の勉強の基本は、継続的に勉強しなければ、学力は定着しません。

 

勉強時間を確保できる塾、家庭での自学自習を指導してくれる学習管理型塾は、英語学習のサポートに効果を発揮するでしょう。

 

自学自習の学習内容を管理してもらえると、英語の学習が習慣になり、英語の苦手が解消できるはず。

 

大学を目指す受験生が塾を検討する場合、塾に通う目的とそれに合ったレベルの塾を選ぶことがとても大切。

 

いずれにしても、塾を利用することは、効率よく英語の偏差値を上げられるでしょう。

塾に通って大学入試を突破する

受験生の皆さん、以下の悩みが一つでも当てはまる場合、塾に通うことを強くおすすめします。

 

・偏差値の伸び悩み

・受験までの勉強の仕方がわからない

・自分に合った参考書がわからない

・勉強計画表が上手く作れない

・志望大学になんとしても合格したい

 

もちろん、塾に通わずに合格するのが一番。

 

しかし、大学受験は、難易度も高く、出題範囲も広いため、自分一人で攻略するのは、とても難しいのが現実。

 

実は、志望大学に合格した受験生は、塾に通って、塾の指導のもと、効率的に勉強しているケースが多い。

 

受験生の皆さん、塾に行くメリットは、志望大学に最短ルートで効率よく合格するため。

 

なぜなら、塾が持っているノウハウを利用することで、受験勉強に集中できるからです。

 

自分にあった塾を探して、大学合格を勝ち取るのが、大学受験を成功させる近道と言えるでしょう。

学習管理型の塾に通って勉強のやる気アップ

学習塾の指導形式で大きく分けると、「集団指導」、「個別指導」、「家庭教師」、「オンライン指導」そして、「学習管理型の塾」に分けられます。

 

最近注目されている学習管理型の塾とは、一般的に科目の指導はしていません。

 

具体的には、生徒の志望大学に合格するための学習計画を作成して、学習の進捗管理がメインとなります。

 

学習計画には、年間、月間、週間、毎日のやるべきことが細かく指示され、計画通りに学習を進めていくと志望大学に合格できる仕組み。

 

毎日の学習は、指示された市販の参考書を使い、自学自習というスタイルで受験勉強に取り組みます。

 

受験勉強では、自分の志望校に合わせた対策が必要であり、そのためには自らが率先して学ぶ、自学自習のスタイルがとても大切。

 

実は、受験生の勉強時間を見てみると、自分で理解したり、自分で問題を解いたりする自学自習の時間が最も長いのです。

 

学習管理型の塾では、自学自習の仕方、勉強時間の効率的な使い方、取り組むべき参考書を決めてくれるため、学習計画に沿って勉強が進められるようになるでしょう。

 

学習管理型の塾通常の塾
勉強計画策
学習の進捗管理
質問対応
実力測定テスト
科目ごとの授業

 

以上、大学合格を目指して、学習管理型の塾を検討してみるのも、おすすめです。

予備校オンラインドットコムおすすめ学習管理塾

【学習管理塾とは?】オンラインで学習管理する塾14社紹介【大学受験編】

オンラインコーチング塾おすすめ15選|入会金・料金を調査【大学受験対応】

スタディコーチの料金(入会金・授業料)はいくら?他塾と料金を徹底比較

東大毎日塾の口コミ・評判を徹底調査!塾長に取材してわかったこと?

次世代型個別コーチング塾IGNISを塾経験者が評判・口コミ・料金を徹底解説

【学習管理塾】STRUXはおすすめ?評判・料金・特徴を塾経験者が取材してわかったこと

【アガルートコーチング】塾経験者が評判・口コミ・料金・特徴を徹底調査した結果

モチベーションアカデミア【モチアカ】を塾経験者が評判・口コミ・料金・合格実績を徹底的に調査!

【学習管理塾】菊塾はおすすめできる?料金・評判・特徴を塾経験者が徹底調査!

日本初!早朝から特訓!学習管理塾かもスクはおすすめ?料金・特徴を塾経験者が徹底取材!

【鬼管理専門塾とは】口コミ・評判を塾経験者が徹底解説!怪しい塾なの?

勉強計画を立ててくれる塾おすすめ13選!コーチング塾は効果あるの?大学受験生必見

オンラインコーチング塾おすすめ15選|入会金・料金を調査【大学受験対応】

坪田塾オンライン個別指導を塾経験者が徹底解説!口コミ・評判を調査!

【坪田塾は最悪って本当?】坪田塾の評判を塾経験者が調査してわかったこと

【坪田塾オンライン個別指導】メリットとデメリット!大学受験で選ばれる理由

「坪田塾はうるさい」という評判は本当?気になる口コミを徹底調査してみた

【坪田塾みたいな塾】塾経験者がおすすめする厳選14社|コーチング塾で成績は上がるの?

【ビリギャル塾】坪田塾はおすすめ?徹底調査してわかった!ビリギャル勉強法

坪田塾オンラインの料金(入会金・授業料)はいくら?実際の料金を他塾と比較

英語関連のおすすめ記事

英語構文とは?英語構文の覚え方や勉強法をわかりやすく5分で解説

【単語帳の使い方】英単語の勉強がワクワクする単語帳の使い方

【鉄壁の使い方】鉄緑会東大英単語熟語の使い方と勉強法を東大生に聞いてみた!

【大学受験】単語帳の覚え方8選!英単語の達人になる秘訣を伝授

【必見】速読英単語(必修編)使い方と勉強法を大公開!

速読英単語(上級編)使い方と勉強法【早稲田大学に合格!】

時制”のちょっとしたヒント!大学受験英文法の時制を攻略する!

【英単語】覚えられない高校生はこれを読めば英単語の悩みを解決

【大学受験英語】英単語が覚えられない理由!【単語の学習法】

ユメタンで効果的に英単語を覚える!必見の勉強法と使い方

英文法おすすめ参考書10冊!レベル別に英文法の参考書を紹介!

「NextStage(ネクステージ)」英文法の使い方と勉強法【英文法力アップ】

英文法Vintage(ヴィンテージ)の勉強法と使い方【英文法の成績アップ】

英文法がわからない高校生に【厳選】おすすめ英語の参考書5冊【英文法の基礎】

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

【英文法の助動詞】大学受験で知っておくべき助動詞の基本【例文解説付き】

高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介

【英文法の覚え方】英文法の勉強法はこれだ!大学受験生のための効果的な方法

【ターゲット1200】の勉強法完全ガイド|英単語を最速で暗記する使い方

【英単語】ターゲット1400!おすすめ単語の勉強法と使い方を大公開!

【超簡単】ターゲット1900の勉強法|最短で英単語を暗記する使い方

【システム英単語】シス単の勉強法と特徴!この勉強法で早稲田大学に合格!

高校1年生の英語を得意にするおすすめ英語の参考書9冊

【高校1年生の英語】英単語の勉強法とおすすめ英単語帳3冊紹介

高2から始める大学受験!受験までの完全ガイド|スケジュールや科目別の勉強法

高2年生が知るべき英語の勉強のポイント!高2から始める大学受験対策

英語の偏差値40台から英語の偏差値を10上げる勉強法と参考書を大公開

高校生の英語が全くわからない!どうしようと迷ったらこれを読む

【おすすめ英熟語帳8冊】大学受験に必要な英熟語を勉強するコツ!

【日東駒専対策】英語おすすめ参考書15冊!最短ルートで合格を目指す!

MARCH受験生必見!おすすめ英語の参考書&勉強計画!英語のレベルアップ!

【おすすめ英単語帳10選】大学受験合格への道!失敗しない英単語帳の選び方

【英語長文対策】早稲田大の学生が使った長文対策の参考書を紹介!

【英語】単語の覚え方のコツ!高校生におすすめ!英単語の暗記法

【必見】早稲田大学に合格した!英語の勉強法と勉強時間をマネすることは良いことだ!

【必見】スクランブル英文法・語法の正しい使い方と勉強法が5分でわかる

【大学受験英語おすすめ参考書24選】目的別・レベル別に英語の参考書・問題集を紹介!

【大学受験】英語の偏差値の上げ方!誰にでもできる具体例を紹介!

高校1年生の英語の勉強法をこっそり教えます!英語でライバルに差をつける!

大学受験に必要な英単語数はこれだ!英単語ターゲットは全部覚える!

大学受験で必要な英語のレベルについて解説!大学入試の英語を攻略

英熟語ターゲット1000の覚え方!たったこれだけ【英熟語が得意に】

英文法の学習法【大学受験編】基礎から身につける英文法の参考書も紹介!

英文法「受動態」が苦手な人向け|英語の受け身の基本を例文付きでわかりやすく解説

【時制とは?】英語の基本例文を使って時制の一致をわかりやすく解説

予備校オンラインドットコム