BLOG
合格ブログ

【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

<PR>

英語の文法において、不定詞はしばしば混乱を招くトピックの一つですが、大学入試ではその理解が不可欠です。

 

この記事では、不定詞の基本的な構造から始め、様々な用法や見分け方を具体的な例文を交えて詳しく解説します。

 

大学入試での成功に向け、不定詞に自信を持って対応できるように、ぜひご一読ください。

 

さあ、文法の迷路から抜け出し、自在に不定詞を操りましょう。

 

読み終わるとわかること

不定詞を勉強するコツ

不定詞とは?

不定詞の見分け方

注意する不定詞

【東大生が毎日隣にいる】

「東大毎日塾」

講師は全員!現役東大生

東大生に質問し放題の塾

第一志望の合格率が高い

東大毎日塾を詳しく知りたい方

東大毎日塾の公式ホームページ

参考記事:東大毎日塾の口コミ・評判を徹底調査!塾長に取材してわかったこと?

参考記事:東大毎日塾の料金(入会金・授業料)はいくら?他塾と比較調査した結果

英文法「不定詞」を理解するための勉強のコツ

【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

不定詞を勉強する際の効果的な勉強のコツを紹介します。

【文脈を理解する】

不定詞は文脈によってその意味や役割が変わります。例文やテキストを通して不定詞がどのように使われているか理解しましょう。実際のコンテキストで学ぶことが理解を深める一因です。

【実践を重ねる】

不定詞を理解するためには、多くの例文を読み、実際に使ってみることが大切です。自分で文章を作成したり、既存の文章から不定詞を見つけてみたりしましょう。

【タブレット学習や学習塾を利用する】

手軽にできるタブレット学習を利用したり、学習塾に通って不定詞を理解するのが、手っ取り早い方法。

【ノートを取る】

不定詞を学ぶ際には、重要なルールや特徴をノートにまとめると良いです。これにより、復習や振り返りがしやすくなります。

【慣用句や熟語を覚える】

不定詞は慣用句や熟語としても使われることがあります。これらを覚えることで、より自然な表現ができるようになります。

【反復学習を行う】

不定詞を理解するためには、一度だけでなく何度も繰り返し学習することが効果的です。繰り返し学習することで知識が定着しやすくなります。

不定詞は文法の中でも広範な用法があるため、焦らずに段階的に学習することが重要です。

 

様々な文脈で使われる不定詞を理解し、実際に使ってみることで、より確かなスキルが身につくでしょう。

【東大生が毎日隣にいる】

「東大毎日塾」

講師は全員!現役東大生

東大生に質問し放題の塾

第一志望の合格率が高い

東大毎日塾を詳しく知りたい方

東大毎日塾の公式ホームページ

大学入試での英文法の重要性

【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

大学入試での英文法の重要性

大学入試では、適切な英文法の使用が高得点の鍵となります。

 

正確な文法の理解は、読解力、ライティングスキル、リーディングなどのセクションで差をつける重要な要素です。

 

不定詞の理解はその中でも特に重要で、文の意味を正確に伝える力を向上させる助けとなります。

【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

参考記事:英文法「受動態」の基礎を例文でわかりやすく解説|能動態と受動態の違いとは?

不定詞の基本的な役割とは

不定詞は動詞の基本形に「to」を加えた形をとりますが、その役割は非常に多岐にわたります。

 

まず、不定詞は名詞として使われ、主語や目的語として文に組み込まれます。

例えば、「To study is important for success.」という文では、「to study」が主語として機能しています。

さらに、不定詞は形容詞や副詞としても使用されます。

例えば、「I have a book to read.」という文では、「to read」が目的語として機能しています。

 

不定詞は文全体の構造を豊かにし、文脈によって様々な役割を果たします。

 

これらの理解は大学入試において、文を正確に解釈し、効果的に表現するための基盤となります。

 

しっかりと不定詞の役割を理解し、実際の例文を通して学ぶことで、英文法のスキルを向上させ、大学入試での成功に近づくでしょう。

【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

参考記事:【時制とは?】英語の基本例文を使って時制の一致をわかりやすく解説

不定詞の基本的な役割とは

不定詞は英文法の中で重要な概念であり、様々な役割を果たします。

 

以下に不定詞の基本的な役割をいくつか挙げてみましょう。

【名詞としての役割2つ】

・主語としての役割

“To travel is my dream.”(旅行することは私の夢だ。)ここでは、「To travel」が主語として機能しています。

・目的語としての役割

“He needs to finish the project by Friday.”(彼は金曜日までにプロジェクトを終わらせる必要がある。)この文では、「to finish」が動詞「needs」の後の不定詞として目的語の役割を果たしています。

【形容詞としての役割】

“I have a book to read.”(私は読む本がある。)ここでの「to read」は、名詞「book」を修飾しており、形容詞的な役割を果たしています。

【副詞としての役割】

“She woke up early to catch the bus.”(彼女は早く起きてバスに乗るために)ここでの「to catch」は動詞「woke up」を修飾しており、副詞的な役割を果たしています。

これらの例文を通じて、不定詞が文の中でどのように役割を果たしているかを理解することが重要です。

【東大生が毎日隣にいる】

「東大毎日塾」

講師は全員!現役東大生

東大生に質問し放題の塾

第一志望の合格率が高い

東大毎日塾を詳しく知りたい方

東大毎日塾の公式ホームページ

不定詞の基本的な構造

【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

不定詞の基本

不定詞は、基本的に動詞の基本形に「to」を加えることで形成されます。

 

不定詞の基本となる文法は以下の通りです

基本形: 動詞の基本形(原形)に「to」を加える。

例1:to study(勉強する)

例2:to eat(食べる)

例3:to write(書く)

この形式が一般的な不定詞の基本です。

 

ただし、一部の動詞では「to」を加えずに基本形がそのまま不定詞となる場合もあります。

 

これらは通常、助動詞や感覚動詞とともに使われることが多い。

例:can/could + 動詞の基本形

I can swim.(泳げる)

She could dance.(彼女は踊れた)

例:would like + 動詞の基本形

I would like to visit Japan.(日本を訪れたい)

注意点として、不定詞の文法において「to」がついている場合、それを含めて一つの単語として捉えるべきです。

 

不定詞は名詞、形容詞、副詞として様々な役割を果たしますが、英文法としては基本的に動詞の基本形に「to」を加えるという規則に基づいています。

【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

主語と動詞の関係

不定詞が文中で主語と動詞との関係をどのように構築するか、以下の例文を通じて説明します。

【主語 + to不定詞 + 動詞】

To study is important for success.(勉強することは成功に重要だ。)

この文では、「To study」が主語として機能しており、「is」が動詞です。不定詞が主語の役割を果たしていることに注意してください。

【主語 + 動詞 + to不定詞】

She wants to learn English.(彼女は英語を学びたい。)

この文では、「She」が主語、「wants」が動詞で、「to learn」が不定詞です。主語が動詞を通じて不定詞につながっています。

【主語 + 動詞 + 目的語 + to不定詞】

I want you to help me.(私はあなたに手伝って欲しい。)

主語は「I」、動詞は「want」、目的語は「you」で、不定詞は「to help」です。不定詞が目的語の中で動詞としての働きを果たしています。

【主語 + to不定詞 + 形容詞】

The book is too difficult to read.(その本は読むには難しい。)

主語は「The book」、動詞は「is」、不定詞は「to read」で、不定詞が形容詞的な役割を果たしています。

これらの例からわかるように、不定詞は文中で主語と動詞を連携させ、文全体の構造や意味を形成するのに役立っています。

 

【勉強の仕方や参考書を教えてくれる塾】

ビリギャルでお馴染み坪田塾のオンライン個別指導
※坪田塾のノウハウがオンラインで体験できるおすすめの塾!

東大生・早慶生からのコーチング|スタディコーチ
※偏差値が短期間で急上昇する理由は?東大式学習メソッド!

東大生に毎日勉強を教えてもらえる!東大毎日塾!←おすすめ塾
※24時間質問し放題!オンライン自習室使い放題でこの価格!

不定詞の基本的な用法

【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

名詞的用法の不定詞

不定詞は文中で名詞の役割を果たし、さまざまな文脈で使用されます。

 

以下はその基本的な用法と例文です。

【主語としての不定詞】

To travel is my dream.(旅行することは私の夢だ。)

ここでの不定詞「To travel」は主語として機能しています。文全体の主題が「旅行すること」であることを示しています。

名詞的用法の不定詞が主語になる場合、形式上の主語「It」を文頭において、主語である「to不定詞」を後ろに回すことが多い。

→形式主語構文「It is〜(for A)to do」

【目的語としての不定詞】

I want to learn English.(私は英語を学びたい。)

不定詞「to learn English」は動詞「want」の後の目的語として機能しています。何を望んでいるかが「英語を学ぶこと」であることを示しています。

これらの例文からわかるように、不定詞が名詞として使用される場合、文の構造や内容をより具体的にし、異なる文脈で様々な役割を果たします。

【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

形容詞的用法の不定詞

不定詞は形容詞としての用法を持つことがあります。

 

これは、不定詞が名詞を修飾して具体的な特性や状態を説明する役割を果たすときに起こります。

 

以下は形容詞としての不定詞の例です。

【例文1】

The movie is too boring to watch.(その映画は見るにはつまらない。)

ここでの不定詞「to watch」は「boring」(つまらない)という形容詞で修飾されています。映画は見る価値がないことを示しています。

【例文2】

This is the best place to relax.(ここはくつろぐのに最適な場所だ。)

不定詞「to relax」が形容詞的な役割を果たし、「best」(最適)という形容詞で修飾されています。場所がくつろぐのに最も適していることを強調しています。

【例文】

The test is too difficult to pass.(そのテストは合格するには難しすぎる。)

不定詞「to pass」が形容詞的な意味を持ち、「difficult」(難しい)という形容詞で修飾されています。テストに合格するのが難しいことを指しています。

これらの例からわかるように、不定詞が形容詞的な用法を持つ際、それが修飾する名詞に対して特定の性質や状態を付与する役割を果たします。

【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

副詞的用法の不定詞

不定詞は、副詞としての用法があり、不定詞が動詞や形容詞、副詞を修飾して、それらの動作や性質を詳しく説明する役割を果たすときに起こります。

 

以下は副詞としての不定詞の例です。

【例文】

She worked hard to complete the project on time.(彼女はプロジェクトを時間通りに完成させるために一生懸命働いた。)

不定詞「to complete」が副詞的な役割を果たしています。それを修飾するのは動詞「worked」で、作業が時間通りに完了するために一生懸命働いたことを示しています。

【例文】

He ran fast to catch the bus.(彼はバスに乗るために速く走った。)

不定詞「to catch」が副詞的な意味を持ち、それが修飾するのは動詞「ran」で、彼がバスに間に合うために速く走ったことを示しています。

【例文】

The sun is too bright to look at without sunglasses.(太陽はサングラスなしでは見ることができないほど明るい。)

不定詞「to look at」が副詞的な役割を果たし、それが修飾するのは形容詞「bright」で、太陽が非常に明るいために直視できないことを示しています。

これらの例から分かるように、不定詞が副詞として使われる場合、それが修飾する動詞や形容詞、副詞に対して補足的な情報を示します。

【おすすめオンライン塾】

パーソナルトレーナーがサポート!

コーチング・学習管理塾【STRUX】

毎日の計画があるから、

「あとは、勉強するだけ」

勉強法に迷わない!

STRUXについて詳しく知りたい方

【STRUX】の公式ホームページ

不定詞の見分け方

【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

不定詞の見分け方:名詞用法

不定詞の名詞用法を見分けるためには、文脈や役割を理解することが重要です。

 

以下に、名詞用法の不定詞を見分けるためのポイントをいくつか挙げてみます。

【不定詞が主語として使われているかどうか】

主語としての不定詞は文の主題や動作の起点となります。文が「To + 動詞」の形で始まり、それが主語の位置にある場合、それが主語となっています。

例: To travel is my dream.(旅行することは私の夢だ。)

【不定詞が目的語として使われているかどうか】

目的語としての不定詞は、動詞の後に来て、その動作の対象を示します。

例: I want to learn English.(私は英語を学びたい。)

【文脈で名詞的な機能を果たしているかどうか】

不定詞が文中で名詞的な役割を果たしている場合、その周りの文脈や言葉の関連性を考えます。名詞的な不定詞は、主語や目的語の位置に現れることが多いです。

例: He has the ability to solve problems.(彼は問題を解決する能力を持っている。)

【不定詞が抽象的なアイディアや概念を指しているかどうか】

不定詞が抽象的なアイディアや概念を指している場合、それが名詞としての役割を果たしています。具体的な行為や物ではなく、抽象的な概念が主語や目的語として表現されることがあります。

例: To love is to understand.(愛することは理解することだ。)

これらのポイントを考慮することで、文中で不定詞が名詞のように機能しているかどうかを見分けられます。

【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

不定詞の見分け方:形容詞用法


不定詞の形容詞用法を見分けるためには、文脈や不定詞が修飾している名詞との関係を考慮することが重要です。

 

以下に、形容詞用法の不定詞を見分けるためのポイントをいくつか挙げてみます。

【不定詞が名詞を修飾しているかどうか】

形容詞的な不定詞は通常、名詞を修飾しています。文中で「To + 動詞」が特定の名詞の前に置かれ、その名詞に対する性質や特性を述べている場合、それが形容詞的な不定詞となります。

例: The book is too difficult to read.(その本は読むには難しい。)

【不定詞が形容詞的な性質を持っているかどうか】

形容詞的な不定詞は、名詞に対して特定の性質や状態を説明します。文中で「to + 動詞」が名詞に対して具体的な情報を提供している場合、それが形容詞的な不定詞です。

例: This is the best place to relax.(ここはくつろぐのに最適な場所だ。)

【文脈で名詞にかかる形容詞としての機能を果たしているかどうか】

文中で「to + 動詞」が特定の名詞にかかり、それが形容詞的な役割を果たしているかどうかを文脈から判断します。名詞をより具体的に説明するために不定詞が使われている場合、それが形容詞的な不定詞です。

例: The movie is too boring to watch.(その映画は見るにはつまらない。)

これらのポイントを考慮することで、文中で不定詞が形容詞のように機能しているかどうかを見分けられます。

【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

不定詞の見分け方:副詞用法

不定詞の副詞用法を見分ける際には、不定詞が修飾している動詞、形容詞、または他の副詞を考慮します。

 

以下に、副詞用法の不定詞を見分けるためのポイントを挙げてみます。

【動詞を修飾しているかどうか】

不定詞が文中の動詞を修飾している場合、それが副詞的な不定詞となります。不定詞が動詞にかかり、その動作や目的を説明している場合、副詞的な用法があります。

例: She works hard to achieve her goals.(彼女は目標を達成するために一生懸命働く。)

【形容詞を修飾しているかどうか】

不定詞が形容詞を修飾している場合も副詞的な用法があります。形容詞が修飾されている部分を探し、それが不定詞によって詳細に説明されているか確認します。

例: The coffee is too hot to drink quickly.(そのコーヒーは速く飲むには熱すぎる。)

【副詞を修飾しているかどうか】

不定詞が他の副詞を修飾している場合、それが副詞的な用法です。文中で「to + 動詞」が副詞的な詳細を提供しているかどうかを確認します。

例: She woke up early to catch the first bus.(彼女は早く起きて最初のバスに乗るために。)

これらのポイントを考慮することで、文中で不定詞が副詞的な用法を果たしているかどうかを見分けられます。

 

副詞的な不定詞は、文の中で動作や状態を修飾して詳細を追加する役割を果たします。

【おすすめオンライン塾】

パーソナルトレーナーがサポート!

コーチング・学習管理塾【STRUX】

毎日の計画があるから、

「あとは、勉強するだけ」

勉強法に迷わない!

STRUXについて詳しく知りたい方

【STRUX】の公式ホームページ

注意すべき特殊な不定詞の用法

【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

独立不定詞とは?

独立不定詞は、文の中で主語や動詞と直接的な関係を持たず、独立している不定詞の形式を指します。

 

通常、文全体の文脈や雰囲気を補完する補足情報を提供するために使われます。

 

これは、不定詞が他の部分とは独立して存在し、文中で特別な意味を持つ場合に起こります。

 

以下はいくつかの独立不定詞の熟語です。

【To be honest】

To be honest, I didn’t like the movie.(正直に言うと、私はその映画が好きではありませんでした。)

【To make matters worse】

To make matters worse, it started raining.(さらに悪いことに、雨が降り出しました。)

【To tell you the truth】

To tell you the truth, I haven’t studied much for the exam.(実を言うと、私は試験のためにあまり勉強していません。)

【To cut a long story short】

To cut a long story short, we decided not to go.(長い話を短くすると、私たちは行かないことに決めました。)

【To be sure】

To be sure, he’ll come to the party.(確かに、彼はパーティに来るでしょう。)

【To make a long story short】

To make a long story short, they got married.(長い話を短くすると、彼らは結婚しました。)

【To be frank】

To be frank, I expected better results.(率直に言って、私はもっと良い結果を期待していました。)

【To put it bluntly】

To put it bluntly, the project was a failure.(はっきり言って、そのプロジェクトは失敗でした。)

【To be exact】

To be exact, it will take three hours.(正確に言うと、それには3時間かかります。)

【To be fair】

To be fair, everyone had a chance to speak.(公平を期すために、誰もが発言する機会がありました。)

【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

不定詞を用いた重要表現

“too ~ to” 構文

The suitcase is too heavy to lift.(そのスーツケースは持ち上げるには重すぎます。)

She is too tired to go out tonight.(彼女は今夜外出するには疲れすぎています。)

“enough to” 構文

The book is interesting enough to read in one sitting.(その本は一気に読むのに十分に面白いです。)

He is smart enough to solve this problem.(彼はこの問題を解決するのに十分に賢いです。)

“so ~ as to” 構文

The coffee is so hot as to burn your tongue.(そのコーヒーは舌をやけどするほど熱いです。)

She is so kind as to help anyone in need.(彼女は誰でも助けるほど親切です。)

“as ~ as to” 構文

The news was as surprising as to shock everyone.(そのニュースはみんなを驚かせるほど驚くべきものでした。)

He is as skilled as to finish the project quickly.(彼はプロジェクトを早く終えるほど熟練しています。)

“more ~ than to” 構文

She had more important things to do than to waste time.(彼女は時間を無駄にするよりも重要なことがたくさんありました。)

He had more places to visit than to stay at home.(彼は家にいるよりも訪れる場所がたくさんありました。)

“too ~ for” 構文

The music was too loud for us to concentrate.(その音楽は私たちが集中するにはうるさすぎました。)

The movie was too boring for him to stay till the end.(その映画は彼が最後までいるにはつまらなすぎました。)

【おすすめオンライン塾】

パーソナルトレーナーがサポート!

コーチング・学習管理塾【STRUX】

毎日の計画があるから、

「あとは、勉強するだけ」

勉強法に迷わない!

STRUXについて詳しく知りたい方

【STRUX】の公式ホームページ

参考記事:【学習管理塾】STRUXはおすすめ?評判・料金・特徴を塾経験者が取材してわかったこと

参考記事:STRUXの料金を他のコーチング塾と徹底比較!料金は高いのか?安いのか?

まとめ:【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

今回の記事、「【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説」は参考になりましたか?

まとめ:【不定詞とは?】大学入試の英文法|不定詞の用法の見分け方を例文を使って解説

まとめ

不定詞とは?大学入試の英文法

不定詞は英文法の重要な要素であり、動詞の形の一つです。不定詞は「to + 動詞の原形」で表され、さまざまな役割を果たします。以下は、不定詞の用法の見分け方を例文を交えて解説します。

【主語としての不定詞】

To succeed requires hard work and dedication.(成功するには一生懸命働くことと献身が必要です。)

不定詞 “to succeed” が文の主語として使われています。

【目的語としての不定詞】

She wants to learn French.(彼女はフランス語を学びたい。)

不定詞 “to learn” が動詞 “wants” の後に目的語として使われています。

【形容詞としての不定詞】

The movie is too boring to watch.(その映画は見るにはつまらない。)

不定詞 “to watch” が形容詞として形容詞 “boring” を修飾しています。

【副詞としての不定詞(目的語の修飾)】

She worked hard to finish the project on time.(彼女はプロジェクトを時間通りに終わらせるために一生懸命働いた。)

不定詞 “to finish” が動詞 “worked” の後に副詞的な修飾語として使われています。

これらの例文を通して、不定詞が文中でどのような役割を果たしているかを理解しましょう。不定詞は文法の要素としてだけでなく、表現の幅を広げる有力な手段としても利用されます。

英語関連のおすすめ記事

英語構文とは?英語構文の覚え方や勉強法をわかりやすく5分で解説

【単語帳の使い方】英単語の勉強がワクワクする単語帳の使い方


【鉄壁の使い方】鉄緑会東大英単語熟語の使い方と勉強法を東大生に聞いてみた!


【大学受験】単語帳の覚え方8選!英単語の達人になる秘訣を伝授


【必見】速読英単語(必修編)使い方と勉強法を大公開!


速読英単語(上級編)使い方と勉強法【早稲田大学に合格!】


時制”のちょっとしたヒント!大学受験英文法の時制を攻略する!


【英単語】覚えられない高校生はこれを読めば英単語の悩みを解決


【大学受験英語】英単語が覚えられない理由!【単語の学習法】


ユメタンで効果的に英単語を覚える!必見の勉強法と使い方


英文法おすすめ参考書10冊!レベル別に英文法の参考書を紹介!


「NextStage(ネクステージ)」英文法の使い方と勉強法【英文法力アップ】


英文法Vintage(ヴィンテージ)の勉強法と使い方【英文法の成績アップ】


英文法がわからない高校生に【厳選】おすすめ英語の参考書5冊【英文法の基礎】


高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介


【英文法の助動詞】大学受験で知っておくべき助動詞の基本【例文解説付き】


高校英語の英文法で困ったら!理解しておきたい英文法の単元と勉強法を紹介


【英文法の覚え方】英文法の勉強法はこれだ!大学受験生のための効果的な方法


【ターゲット1200】の勉強法完全ガイド|英単語を最速で暗記する使い方


【英単語】ターゲット1400!おすすめ単語の勉強法と使い方を大公開!


【超簡単】ターゲット1900の勉強法|最短で英単語を暗記する使い方


【システム英単語】シス単の勉強法と特徴!この勉強法で早稲田大学に合格!


高校1年生の英語を得意にするおすすめ英語の参考書9冊


【高校1年生の英語】英単語の勉強法とおすすめ英単語帳3冊紹介


高2から始める大学受験!受験までの完全ガイド|スケジュールや科目別の勉強法


高2年生が知るべき英語の勉強のポイント!高2から始める大学受験対策


英語の偏差値40台から英語の偏差値を10上げる勉強法と参考書を大公開


高校生の英語が全くわからない!どうしようと迷ったらこれを読む


【おすすめ英熟語帳8冊】大学受験に必要な英熟語を勉強するコツ!


【日東駒専対策】英語おすすめ参考書15冊!最短ルートで合格を目指す!


MARCH受験生必見!おすすめ英語の参考書&勉強計画!英語のレベルアップ!


【おすすめ英単語帳10選】大学受験合格への道!失敗しない英単語帳の選び方


【英語長文対策】早稲田大の学生が使った長文対策の参考書を紹介!


【英語】単語の覚え方のコツ!高校生におすすめ!英単語の暗記法


【必見】早稲田大学に合格した!英語の勉強法と勉強時間をマネすることは良いことだ!


【必見】スクランブル英文法・語法の正しい使い方と勉強法が5分でわかる


【大学受験英語おすすめ参考書24選】目的別・レベル別に英語の参考書・問題集を紹介!


【大学受験】英語の偏差値の上げ方!誰にでもできる具体例を紹介!


高校1年生の英語の勉強法をこっそり教えます!英語でライバルに差をつける!


大学受験に必要な英単語数はこれだ!英単語ターゲットは全部覚える!


大学受験で必要な英語のレベルについて解説!大学入試の英語を攻略


英熟語ターゲット1000の覚え方!たったこれだけ【英熟語が得意に】


英文法の学習法【大学受験編】基礎から身につける英文法の参考書も紹介!

英文法「受動態」の基礎を例文でわかりやすく解説|能動態と受動態の違いとは?

【時制とは?】英語の基本例文を使って時制の一致をわかりやすく解説

予備校オンラインドットコム