BLOG
合格ブログ

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

「※この記事には一部PRが含まれます」

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

さて、今回のお悩みはこちら。

公募推薦とは?

大学入試の推薦制度について知りたい

 

大学に推薦で入学を希望している受験生の皆さん!

 

推薦制度って良くわからないですよね?

 

今回紹介する、「学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説」を読めば、推薦制度について理解できます。

 

この記事では、公募推薦・学校推薦・総合型選抜について詳しく紹介しています。

 

また。記事の後半には、推薦に強い塾も紹介しているので、とても参考になる記事です。

記事を読むとわかること

大学入試制度の推薦制度とは?

学校推薦型選抜の推薦制度とは?

学校推薦型選抜の指定校推薦とは?

総合型選抜とは?

大学受験で有利な制度を選ぶためには?

総合型選抜合格率94%

小論文専門:翔励学院

推薦入試!難関大学対策なら!

迷わず!翔励学院

合格実績豊富な指導が受けられる!

合格できる小論文の書き方を丁寧に指導

翔励学院の公式ホームページ

Contents

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

大学入試における推薦制度の役割

大学入試における推薦制度は、優れた学生を特定し、学業成績以外の個性や能力を評価する仕組み。

 

この制度を通じて、学生は学校や地域社会での活動、リーダーシップ、特別な才能、志望動機などをアピールできます。

 

推薦制度は学力だけでなく、人間性や多様な能力を評価するため、一般的な試験だけでは測りきれない学生の魅力を引き出す役割を果たしています。

 

これにより、学生と大学との相互理解が深まり、多様性豊かな学生が大学教育に貢献できる環境が形成されます。

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

参考記事:総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

推薦制度が選ばれる理由

推薦制度が選ばれる理由は、学生の個性や特異な能力を重視するため。

 

単なる学力試験だけではなく、学生の豊かな経験やリーダーシップ、社会貢献活動、芸術やスポーツなど多岐にわたる才能が評価されます。

 

この制度は学校や地域社会での実績を考慮することで、個々の生徒が持つ多様性を引き出し、大学が学生をより総合的かつ包括的に評価できるため、大学が多様性と質の高い教育環境を構築する一環となっています。

【オンライン総合型選抜専門塾】

小論文対策はホワイトアカデミー

なぜなら、

社会人のプロ講師が徹底指導で

現役合格に導きます!

しかも、

合格保証制度あり!

ホワイトアカデミーはこちらから

ホワイトアカデミーの公式HP

参考記事:総合型選抜専門塾ホワイトアカデミー高等部のメリット・デメリット・合格実績を徹底調査

大学入試制度の推薦制度とは?

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

大学入試制度の推薦入試とは?

学校推薦型選抜は、以前は「推薦入試」と呼ばれ、2021年度の入試より名称が変更されました。

 

公式には「学校推薦型選抜」と呼ばれますが、かつての呼称である「推薦入試」が依然として通称として使われることもあります。

学校推薦型選抜とは?

学校推薦型選抜(旧称:推薦入試)は、出願時に学校長からの推薦書類が必要な入試方式。

 

主に「公募制」と「指定校制」の二つに大別される。

 

学校推薦型選抜では、高校での学業成績や経験が重視され、一定の評定平均を満たしていない場合は出願が難しいことも。

 

具体的な選考方法は大学や学部によって異なりますが、書類審査、学科試験、面接などを通じて、応募者の多面的な評価が行われます。

【オンライン総合型選抜専門塾】

小論文対策はホワイトアカデミー

なぜなら、

社会人のプロ講師が徹底指導で

現役合格に導きます!

しかも、

合格保証制度あり!

ホワイトアカデミーはこちらから

ホワイトアカデミーの公式HP

参考記事:ホワイトアカデミー高等部の【料金・評判・特徴】を塾経験者が徹底取材!

学校推薦型選抜の公募推薦とは

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

公募推薦の基本概要

公募制は大学入試の一形態で、学生が自ら志願し出願する制度。

 

この制度では、学生は学業成績だけでなく、課外活動や特定の分野での実績、将来の展望など、個々の特徴を強調してアピールすることが求められます。

 

応募資格や条件は大学ごとに異なり、出願書類や面接による審査が行われます。

 

公募推薦は学生が自ら自己PRを行い、大学がその中から優秀な個人を選考するため、学生の個性や志向性が強調され、多様な人材を発掘する手段となっています。

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

参考記事:評定平均とは?計算方法とは?大学推薦入試で差をつける評定対策をアドバイス

公募推薦の出願条件と評価基準

公募推薦の出願条件と評価基準は大学ごとに異なりますが、一般的には以下のような要素が考慮されます。

 

出願条件は高校の学年や成績に関するものが一般的で、評価基準は学業成績や課外活動、志望理由書、推薦状、面接などが含まれます。

 

高い学業成績や優れた実績、将来の展望があることが重視されます。

 

また、大学ごとに特有の選考ポイントが存在し、学生が自らの強みを的確にアピールすることが求められます。

 

これにより、個々の学生の多様性を尊重しつつ、大学が適切な人材を発見することが可能となっています。

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

参考記事:【必見】大学受験:総合型選抜とは?総合型選抜に向いている人!向いてない人

公募推薦のメリットと注意点

・公募推薦のメリット

公募推薦の最大のメリットは、学生が自ら志願し、自身の強みや個性をアピールできることです。これにより、学業成績以外の多様な能力や経験が評価され、個別の学生に適した優秀な人材が大学に選ばれる可能性が高まります。また、学生は自ら進んで大学とのマッチングを試みることで、将来の進路に対する自己理解を深める機会となります。

・公募推薦の注意点

公募推薦には注意が必要な点も存在します。応募には緻密な自己分析と準備が必要であり、志望する大学に適したアピールポイントを見つけることが求められます。また、選考過程は他の受験生との競争が激しくなるため、優れたアピールが必要です。さらに、公募推薦で合格しても、その大学に入学するかどうかは学生自身の選択であるため、検討が必要です。

学校推薦型選抜の指定校推薦とは?

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

指定校推薦とは

指定校推薦は、大学が特定の高校を指定して実施する入試方式。

 

この方法では、特定の高校からのみ出願が認められ、出願できる学生数も限られています。

 

指定校推薦では、高校での学業成績や課外活動などが評価され、その高校内で行われる校内選考を経て、推薦者が決定されます。

 

一般的には私立大学で行われることが多く、大学が信頼を寄せる特定の高校から推薦されるため、合格率は比較的高い傾向。

 

指定校推薦は、学生が高校生の段階から一貫して学業や活動に励むことで、大学入試の優位性を享受できる仕組みです。

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

参考記事:「小論文の書き方」高校生が知っておきたい5つのポイント

指定校推薦の出願条件と評価基準

指定校推薦の出願条件は大学ごとに異なりますが、一般的には出願を認められる高校が事前に指定されています。

 

出願する学生はその指定校に在籍していることが基本条件。

 

出願書類には、学業成績や課外活動の実績、志望動機などが含まれ、これらの要素が出願者の評価に影響を与えます。

 

指定校推薦では、大学が指定した高校から推薦されるため、推薦者が出願者を選考し、校内での選考が行われることが一般的。

 

学生がその高校での学業や活動で優れた実績を上げ、推薦を得ることが重要です。

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

参考記事:【学校推薦型選抜対策】受かる人・落ちる人の特徴とは?合格の鍵を探る

指定校推薦のメリットと注意点

・指定校推薦のメリット

指定校推薦の最大のメリットは、特定の高校から大学が推薦を受ける形式であるため、その高校の学生にとっては合格率が比較的高いことです。また、学校と大学との信頼関係が築かれているため、出願者の学業成績や課外活動が重視され、個々の実績が評価されやすい。

・指定校推薦の注意点

指定校推薦の注意点としては、出願できる学生数が限られていることが挙げられます。競争が激しく、推薦を受けるためには高い学業成績や優れた実績が求められます。また、指定校推薦の場合、一度合格すると他の大学への出願が難しくなることがあります。出願前に慎重な選考と進路計画が必要です。

学校推薦型選抜の選考方法

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

学校推薦型選抜の選考方法は、書類選考、面接、小論文が一般的ですが、それだけではありません。

 

大学によっては、学力試験を課すところも存在します。

 

調査書や推薦書といった出願書類は重要視されますが、それ以外の方法も総合的に判断されます。

 

文部科学省の「大学入学者選抜実施要項」では、大学教育に必要な知識・技能、思考力・判断力・表現力などを判断するために、以下の選考方法が定められています。

・学力試験:基礎学力を確認

・書類選考:学習状況や課外活動、自己PRなどを評価

・面接:個性や人柄、コミュニケーション能力などを評価

・小論文:思考力や表現力、論理的思考能力などを評価

付け焼き刃での対策は難しいので、目標とする大学の募集要項を確認し、早めに対策を始めましょう。

学校推薦型選抜の対策のポイント

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

学校推薦型選抜は、一般入試とは異なる選考方法であるため、しっかりと準備しておくことが重要です。

 

ここでは、対策のポイントをいくつかご紹介します。

 

1. 早めに情報収集を行う

学校推薦型選抜は、大学によって選考方法が大きく異なります。まずは、志望大学の募集要項を熟読し、どのような選考方法が行われるのか、どのような人物像を求めているのかを把握しましょう。

 

2. 自己分析を徹底する

学校推薦型選抜では、自分の強みや個性、熱意をアピールすることが重要です。そのため、自己分析をしっかりと行い、自分自身の魅力を理解しておきましょう。

 

3. 書類選考対策

調査書や推薦書、自己PR書など、書類選考で提出する書類は、入念に準備しましょう。誤字脱字がないか、内容がわかりやすく伝わるかなどをしっかりと確認してください。

 

4. 面接対策

面接では、事前準備が重要です。想定される質問に対する回答を準備しておき、明瞭な話し方で話せるように練習しておきましょう。

 

5. 小論文対策

小論文は、自分の考えを論理的に文章で表現する能力が求められます。テーマに沿った論理展開を意識し、練習を重ねましょう。

 

6. 日頃から積極的に行動する

学校推薦型選抜では、日頃の学習状況や課外活動なども評価されます。積極的に行動し、充実した高校生活を送ることが大切です。

 

7. 周囲の協力を得る

学校推薦型選抜対策は、自分一人で行うのは難しい場合があります。先生や家族、友人などに積極的に相談し、協力を得ながら準備を進めましょう。

 

学校推薦型選抜は、しっかりと準備をすれば、合格の可能性を高めることができます。 上記のポイントを参考に、早めに準備を始めましょう。

私立大学 学校推薦型選抜(旧推薦入試)のスケジュール

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

私立大学の学校推薦型選抜(旧推薦入試)のスケジュールは、大学によって大きく異なります。

 

一般的なスケジュールと、スケジュール確認のポイントをご紹介します。

一般的なスケジュール

・6月~7月:募集要項発表

・8月~9月:出願書類作成

・9月~10月:校内選考

・10月~11月:大学による選考

・12月:合格発表

スケジュール確認のポイント

・大学によってスケジュールが異なるため、志望大学のホームページなどで最新情報を確認する。

・校内選考の時期は特に早いため、早めに準備を始める。

・出願書類は締め切りギリギリではなく、余裕を持って提出する。

学校推薦型選抜は、早めに準備を始めることが重要です。 スケジュールを確認し、計画的に準備を進めましょう。

総合型選抜とは?

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

総合型選抜とは?

総合型選抜は、大学入試の一形態で、一般的には高校卒業資格を持つ者なら誰でも出願が可能な公募制度。

 

学校推薦型選抜と異なり、高校の推薦が必要なく、出願者自身が大学へ志願する形態。

 

総合型選抜では、一般的に学業成績や学外活動の実績だけでなく、大学が求める人物像や志望理由が評価の対象となります。

 

選考方法は大学ごとに異なり、筆記試験、面接、エッセイの提出などが実施される。

 

総合型選抜は、個々の学生の多様な能力や特性を尊重し、大学が多彩な人材を発見するための手段として位置づけられています。

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

参考記事:【現役高校生】総合型選抜で大学に受かる人はみんなやっている総合型選抜対策!

総合型選抜のメリットと注意点

・総合型選抜のメリット

総合型選抜の最大のメリットは、出願者が高校の推薦を必要とせず、自ら志願できる点です。これにより、全国の高校生が広く応募でき、大学が個々の学生の多様な能力や個性を評価できます。学業成績だけでなく、志望理由や面接において個々の特長が十分に評価されることが特徴です。

・総合型選抜の注意点

総合型選抜は、競争が激しく志望者が多いことがあるため、出願者は慎重な準備が必要です。また、各大学が独自の評価基準を持つため、出願者はそれに合わせた戦略が求められます。志望する大学によって試験内容や選考方法が異なるため、事前に確認が重要です。

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

参考記事:【現役高校生】総合型選抜で大学に受かる人はみんなやっている総合型選抜対策!

学校推薦型選抜と総合型選抜の選考方法の比較

学校推薦型選抜と総合型選抜の選考方法を比較すると、選考のアプローチが異なります。

 

学校推薦型選抜では、高校が推薦者を選出し、学業成績や課外活動、推薦書などが主に評価される。

 

一方、総合型選抜は志願者自身が出願し、学業成績だけでなく面接やエッセイ、ポートフォリオの提出などが行われ、個々の特徴や志望理由が総合的に評価されます。

 

学校推薦型選抜は高校の推薦が必要であり、その高校における評価が重要ですが、総合型選抜は出願者が主体となるため、個々の個性や多様な能力がより重要視される傾向があります。

大学入試はどの制度を選ぶべき

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

大学入試でどの制度を選ぶかは、個々の学生の状況や目標によります。

 

以下はいくつかの制度の特徴と選び方のポイントです。

・学校推薦型選抜

選び方のポイント: 高校での成績や課外活動が良好で、特定の大学に進学したい場合に適しています。

メリット: 合格率が比較的高く、高校の信頼を受けた推薦があるため、安定した進学が期待できます。

・総合型選抜

選び方のポイント: 個々の特徴や個性を重視し、自分の強みをアピールしたい場合に向いています。

メリット: 多様な評価基準があり、学業成績だけでなく面接やエッセイで個性を発揮できます。

・共通テスト選抜

選び方のポイント: 筆記試験を通じて学力を測りたい場合に適しています。全国的に受験が可能です。

メリット: 共通テストの結果が大学入試に活かされ、複数の大学に同時に応募できます。

・公募推薦

選び方のポイント: 資格や実績がある場合、特定の大学に自ら志願したい場合に適しています。

メリット: 自ら選ぶ自由度が高く、自身の強みをアピールできます。

 

最適な選択は、自分の将来の進路や学習スタイル、希望する大学によります。

 

進学相談や学校の先生と相談しながら、自分の強みを最大限に発揮できる制度を選ぶと良いでしょう。

【オンライン総合型選抜専門塾】

小論文対策はホワイトアカデミー

なぜなら、

社会人のプロ講師が徹底指導で

現役合格に導きます!

しかも、

合格保証制度あり!

ホワイトアカデミーはこちらから

ホワイトアカデミーの公式HP

推薦制度のメリットとデメリット

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

推薦制度のメリット

推薦制度のメリットは多岐にわたります。

 

まず第一に、学生は学業成績だけでなく、課外活動やリーダーシップ経験などの個々の特徴を強調できます。

 

この制度は学生の総合的な能力を評価し、学業以外のスキルや経験が重要な役割を果たします。

 

また、推薦制度は学校や指導教員との信頼関係を重視するため、学生の真の可能性や成長を見抜けます。

 

さらに、一般の試験よりも合格率が高いことがあり、学生は自分の強みを前面に出して大学入試に挑めるでしょう。

 

推薦制度は、個々の学生にとって公平かつ多様性を尊重した入試が行われ、個別の才能や資質を最大限に活かせる環境をもたらすでしょう。

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

推薦制度のデメリット

推薦制度のデメリットも考慮する必要があります。

 

まず、推薦制度では学生が特定の学校や教員からの推薦を必要とするため、その選考基準や選出プロセスが透明でない場合もある。

 

これにより、公平性や公正性に欠けると感じる学生もいます。

 

また、推薦制度には学校や教員の主観的な判断が組み込まれるため、一部の学生が恩恵を受ける一方で、他の学生が公平に評価されない可能性も。

 

さらに、推薦制度が採用されている大学や学科によっては合格者数が限られていることがあり、競争が激しいことも考えられます。

 

一方で、学力や実績を主に評価する一般的な試験と比較して、推薦制度では学生の多様な能力や経験が評価されるため、デメリットがあると感じるかどうかは個人の価値観や状況に依存します。

【総合型選抜専門塾が合格への近道】

合格保証がある!総合型選抜専門塾!ホワイトアカデミー高等部
※安心できる社会人のプロ講師がマンツーマンで指導!

3ヶ月で英検に合格できるノウハウがある!クラウドEnglish
※総合型選抜で必要な英語の資格を短期間で取得できる!

フルオーダーメイドの授業で合格に導く!総合型選抜専門塾AOI
※小論文、志望理由書など総合型選抜のことならお任せください!

合格率97.5%!総合型選抜専門塾AOI

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

総合型選抜専門塾AOIの特徴を紹介。

一人ひとりの生徒に向き合ったフルオーダーメイド授業

総合型選抜専門塾AOIの一人ひとりの生徒に向き合ったフルオーダーメイド授業とは、生徒一人ひとりの学力や学習状況、興味・関心に合わせて、授業内容や指導方法をカスタマイズした授業です。フルオーダーメイド授業では、生徒一人ひとりの特性やニーズに合わせて、授業内容や指導方法をカスタマイズすることで、より効果的な学習が実現できます。

総合型選抜の合格者がメンターとしてサポート

総合型選抜専門塾AOIは、総合型選抜の合格者がメンターとしてサポート。総合型選抜を受験する受験生にとって、大きなメリット。なぜなら、総合型選抜の合格者の経験やノウハウを活かして、合格するために必要な力が身につき、受験に関するさまざまな悩みや不安を、メンターに相談できるからです。

最新の入試情報や受験ノウハウを提供

入試制度や出題傾向は、年々変化しています。そのため、最新の情報を把握しておくことで、より効果的な受験対策ができます。受験ノウハウは、勉強法やメンタルコントロールなど、受験に役立つさまざまな方法をまとめたものです。総合型選抜専門塾AOIの受験ノウハウを活用することで、効率的に学習を進めたり、不安を解消できます。

【総合型選抜専門塾AOIの基本情報】

総合型選抜専門塾AOIの基本情報
総合型選抜専門塾AOIの公式ホームページhttps://aoaoi.jp/
指導教科総合型選抜に特化
指導形式オンライン個別指導、全国に校舎あり
授業料44,000円〜
講師社会人のプロ講師、
使用端末・アプリスマホ、タブレット、PC
サポート体制オンライン授業対応
無料体験授業無料体験授業実施中!

【総合型選抜専門塾AOIの料金】

【高校2年生】

月額:44,000円〜

【高校3年生】

年間:39万円〜

【総合型選抜専門塾】

総合型選抜専門塾!合格率97%のAOI

※諦めていた憧れの大学に合格できる!

※AOIで一緒に夢と合格を勝ち取ろう!

総合型選抜専門塾AOIについて詳しく知りたい方

合格保証制度で総合型選抜対策!ホワイトアカデミー高等部

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

社会人のプロ講師が現役合格を導いてくれる、ホワイトアカデミー高等部の特徴について紹介。

【合格保証と返金制度】

ホワイトアカデミーは、他の塾とは一線を画す特典を提供しています。その特典とは、志望大学への合格を保証するというものです。ホワイトアカデミー高等部では、生徒一人ひとりの成績向上と合格を真剣に考えています。合格保証制度は、ホワイトアカデミー高等部の指導法とプログラムが本当に効果的であり、生徒が合格する自信があるからこそ提供できるものです。

【講師は全員社会人のプロ講師】

他の塾はアルバイトの大学生が指導することが多いのに対し、ホワイトアカデミー高等部の講師は全員社会人。この違いが何を意味するかというと、受験の世界や社会の厳しさを熟知し、専門知識と実務経験を持つプロが生徒たちを指導する安心感です。ホワイトアカデミー高等部の講師陣は、志望校の合格に確実に導くために、実践的なアドバイスを行い、その結果、高い合格率を実現しています。

【一般選抜入試にも対応】

ホワイトアカデミー高等部は、総合型選抜へのサポートがメインですが、もし万が一、総合型選抜で合格できなかった場合でも、一般入試に向けてサポートします。ホワイトアカデミー高等部では、生徒たちが志望する大学への現役合格を実現するために、総合型選抜と一般入試の両方の試験対策を重視しています。

ホワイトアカデミー高等部は、予備校オンラインドットコムがおすすめする総合型選抜専門塾です。

【ホワイトアカデミー高等部の基本情報】

ホワイトアカデミー高等部の基本情報
ホワイトアカデミー高等部公式ホームページhttps://whiteacademy-ao.com/
指導教科総合型選抜・学校推薦選抜対策専門
指導形式オンライン個別指導
授業料要問い合わせ
講師社会人のプロ講師
使用端末・アプリスマホ・タブレット・PC・Zoom
サポート体制合格保証・返金制度あり
無料体験授業無料相談会実施中
【高校2年生におすすめ!総合型選抜専門塾】

合格保証と返金制度で万全のサポート体制

※講師は全員社会人のプロ講師!高い合格率!

※総合型選抜・学校推薦型選抜に特化した授業

ホワイトアカデミー高等部の公式ホームページをチェックする!

3か月で英検に合格!総合型選抜対策:クラウドEnglish

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

【クラウドEnglishの基本情報】

クラウドEnglishの基本情報
クラウドEnglishの公式ホームページhttps://cloud-english.net/top/
対象学年中学生・高校生・浪人生
指導教科英検特化
指導形式オンライン個別指導、学習管理、コーチング
授業料生徒によって異なる
講師早稲田大学を中心とした難関大学に在籍している講師
使用端末Zoom、PC、スマホ、タブレット
サポート体制Lineで毎日の進捗管理
無料体験授業無料体験実施中!お申し込みはこちらから

 

【3ヶ月で英検に合格できる!クラウドEnglishの特徴】

3ヶ月で英検に合格できる

クラウドEnglishは、オンラインの英検指導で圧倒的な実績。毎年たくさんの生徒の英語力をたった3ヶ月で引き上げ、英検に合格させています。英検を知り尽くした講師陣があなたの合格まで、寄り添います。

英検対策に特化したカリキュラム

クラウドEnglishは、英検対策に特化したカリキュラムを用意。英検の最新の出題傾向や対策方法を熟知した講師が、生徒一人ひとりの学力や目標に合わせて、効率的な学習をサポート。英検に合格することで総合型選抜合格が近づきます。

専属コーチによる手厚いサポート

クラウドEnglishでは、生徒一人ひとりに専属コーチが付き、学習を全面的にサポート。専属コーチは、生徒の学習状況や目標に合わせて、学習プランを作成したり、日々の学習を管理したり、英検対策に関するアドバイスをしたりといった役割を担っています。

【英検・総合型選抜専門塾】

3ヶ月で英検に合格できる!クラウドEnglish

※徹底した学習管理で英検合格できる

※英検に合格すると総合型選抜で有利になる!

クラウドEnglishについて詳しく知りたい方はこちらから

総合型選抜専門塾:ニッコマ

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

【総合型選抜塾:ニッコマの基本情報】

総合型選抜専門塾ニッコマの基本情報
総合型選抜専門塾ニッコマの公式ホームページhttps://sakusuku.online/
指導教科総合型選抜に特化
指導形式オンライン個別指導
授業料問い合わせ
講師総合型選抜専門・講師チームとチューターチームの2チーム体制
使用端末・アプリスマホ、タブレット、PC
サポート体制オンライン授業対応
無料体験授業無料体験授業実施中!

 

【総合型選抜塾:ニッコマの特徴】

ニッコマ式合格メソッドとは?

過去、受験者の早慶GMARCH合格率90.9%の指導実績とともに、ニッコマでは東京大学教育学研究科卒の沢津橋氏の知見を用いて、独自にカリキュラムを開発。またチューターと講師で生徒を逆転合格まで導きます。

高い合格率!日東駒専100%!

GMARCH(学習院大学、明治大学、青山学院大学、立教大学、中央大学、法政大学)以上の大学の合格率が90.9%であること、それから日東駒専(日本大学、東洋大学、駒澤大学、専修大学)その他諸々の大学を含めた現役での合格率が100%という、高い合格実績。

24時間体制の安心サポート

授業日以外でも24時間チャットサポートとして、塾長とチューターの2人がグループLINE内で、質問に対して即座に対応する形で受験生をサポート。

【総合型選抜専門塾】

日東駒専への合格率100%の「ニッコマ」

※ニッコマ式合格メソッドで夢が叶う!

※ニッコマに入会すると逆転合格できる!

驚異の合格率!オンラインで全国対応!ニッコマの公式ホームページはこちらから

まとめ:学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説」参考になりましたでしょうか?

まとめ:学校推薦型選抜(公募推薦・指定校推薦)総合型選抜とは?違いやスケジュールを解説

まとめ

大学入試の推薦制度にはいくつかのバリエーションがあります。その中でも公募推薦は、受験生が自ら志願し、所定の条件を満たすことで大学に応募する方式です。指定校推薦との違いは、志願者が自分で出願し、高校の指定が不要である点です。これにより、広範な生徒が応募でき、多様なバックグラウンドや経験が重要視されます。

一方で指定校推薦は、大学が特定の高校からのみ出願を受け付ける方式で、出願者はその高校からの推薦を必要とします。これに対して、総合型選抜は受験者が学業成績やエッセイ、面接などで自分をアピールし、自己推薦する方式です。各制度にはそれぞれメリットとデメリットがあり、受験生は自身のスキルや志望校に合わせて最適な選択を検討する必要があります。

総合型選抜とは?おすすめの記事

「小論文の書き方」高校生が知っておきたい5つのポイント

【小論文の書き方】大学入試を突破する書き方のポイントと例文紹介

【必見】総合型選抜の面接14の質問!良い回答例と悪い回答例

【総合型選抜】受かる確率を上げる!受験生なら知っておきたい7つのポイント!

【学校推薦型選抜対策】受かる人・落ちる人の特徴とは?合格の鍵を探る

総合型選抜志望理由書の書き方に迷ったら読むべきガイド【例文付き】

【現役高校生】総合型選抜で大学に受かる人はみんなやっている総合型選抜対策!

総合型選抜(AO入試)面接のコツ【知らないと損】大学入試面接を攻略

【必見】大学受験:総合型選抜とは?総合型選抜に向いている人!向いてない人

【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

評定平均とは?計算方法とは?大学推薦入試で差をつける評定対策をアドバイス

総合型選抜(ao入試対策)いつから始めるべき?最適なスタート時期

【総合型選抜】自己PRの書き方マスターガイド!例文付きでポイントとコツを紹介

【総合型選抜】エントリーシートの書き方を例文で解説!大学に合格できる【成功の秘訣】

総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

総合型選抜に落ちたら!次は何の対策をすべきか?落ちる人の特徴も紹介

総合型選抜おすすめ塾

ホワイトアカデミー高等部の【料金・評判・特徴】を塾経験者が徹底取材!

総合型選抜専門塾ホワイトアカデミー高等部のメリット・デメリット・合格実績を徹底調査

ルークス志塾の料金はリーズナブル?塾経験者が他塾と料金比較した結果

【ルークス志塾】の評判・口コミ10選!塾経験者が徹底調査

【総合型選抜対策塾】ルークス志塾の合格実績・メリット・デメリットを徹底調査

総合型選抜専門塾AOIの評判・口コミ10選!気になる点を塾経験者が徹底調査

総合型選抜専門塾AOIの料金は高い?他塾と料金を比較調査した結果

【注目】総合型選抜おすすめ塾ランキング!専門家が選んだ11社紹介

小論文対策おすすめの塾9選【添削サービスも徹底比較】総合型選抜対応塾

総合型選抜塾|おすすめ人気厳選11社|料金・特徴・コースを解説

【総合型選抜に強い塾】塾に行くべき?塾経験者がおすすめする!【総合型選抜対策塾の紹介】

総合型選抜おすすめオンライン塾厳選11社!塾経験者が徹底調査

【浪人生】総合型選抜おすすめオンライン塾10選|推薦入試で志望校に合格

クラウドEnglishの評判・口コミは6選!怪しい?英検対策に効果はある?

総合型選抜専門塾【KOSKOS】ってどうなの?口コミ・評判・料金を調査した結果は?

高校2年生から始める総合型選抜対策!おすすめ塾厳選12社!合格への道

予備校オンラインドットコム