BLOG
合格ブログ

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

記事の最後に、高校2年生に読んでもらいたい記事を紹介しています。参考にしてください。

 

今回のお悩みはこちら。

高校2年生は受験勉強するの?

高校2年生の勉強のスケジュールが知りたい

大学受験を成功させたい

 

高校2年生の勉強スケジュールって気になりますよね?

 

実は、今回紹介する「高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説」を読めば、高校2年生の勉強のスケジュールがわかる内容になっています。

 

なぜなら、高校2年生に勉強のスケジュールとして、指導していた内容だからです。

 

この記事では、受験までの勉強のスケジュールについて具体的に紹介。

 

記事を読み終わると、きっと高校2年生の勉強のスケジュールがわかり、受験勉強に弾みがつくでしょう。

 

PR記事

 

読み終わるとわかること
高校2年生の勉強は大切

高校2年生の勉強のスケジュール

受験をスタートするための準備

受験を成功させるためにやること

 

高校2年生におすすめ大手予備校

現役合格実績No.1!東進ハイスクール・東進衛星予備校
※全国から選りすぐりの予備校界最強【実力講師陣】

駿台では100年以上積み上げてきたノウハウ!駿台予備校
※個別指導でどんな志望校でも合格を目指せます!

 

参考記事:【必見】”高校2年生におすすめする”予備校・オンライン塾!厳選24社を目的別に紹介

 

高校2年生の勉強は大切

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

高校2年生の勉強が大切ということについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

高校2年生とは

受験までに残された日数

高校2年生の勉強時間

高校2年生とは

高校2年生は、高校生活においてメインの学年とも言えます。

 

理由は、部活や生徒会、そして文化祭などで中心的な役割を担うことが多いからです。

 

また、後輩たちも入学してきて、お手本になる行動ができるように自分を磨く年でもあります。

 

一方、勉強面においては、本格的に進路について考えなければなりません。

 

すでに文理の選択は終わって、「自分は将来何がやりたいから何学部の何学科で学びたい」としっかりと言える必要があります。

 

高校2年生の秋になると、実力テストから本格的な模試が開始。

 

どの科目が自分の受験科目で、合格するのに不足している力は何などと模試ごとに分析していくのです。

 

勉強そのものも、「全員に同じ課題が課せられる勉強から、将来に向けて自分としてやらなければならないことをやる勉強(=受験勉強)」へと移行します。

 

進路は皆違いますし、かつ自ら動かないと見えてきません。

 

今自覚しないと3年になってからでは手遅れになります。

 

高校2年生は、今、置かれている立場をしっかりと自覚して、将来について考えてください。

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

 

参考記事:英語の偏差値50を目指す受験生おすすめの参考書3冊紹介

高校2年生が受験までに残された日数

大学受験は、限られた時間の中で、時間を有効に使うことが成功の鍵と言えます。

 

例えているならば、あなたは「うさぎと亀」どっちを選びますか?

 

子どもなら誰もが知っている、あまりにも有名な童話ですが、ウサギは油断して昼寝をしてしまい、カメはコツコツと歩みを進めて、ウサギを追い抜いてしまった。

 

受験においても、コツコツとやるのか?急いでやるのか?意見が分かれるところですが、一般的にはコツコツと余裕を持って受験勉強に取り組むのがおすすめです。

 

高校2年生の4月から受験勉強を始めた場合は、大学入学共通テストまで約22ヶ月もあります。

 

高校2年生の冬休みから受験勉強を始めた場合は、受験まで約13ヶ月。

 

受験までの限られた時間を自覚して勉強に取り組んでください。

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

参考記事:高2年生が知るべき英語の勉強のポイント!高2から始める大学受験対策

高校2年生の勉強時間

高校2年生の平均勉強時間は3〜4時間ほどが目安と言われています。

 

ただし、国公立大学・難関私立大学を目指す場合には、もう少し勉強時間が必要。

 

しかし、高校2年生の受験勉強は勉強時間だけで考えるのではなく、学習の中身をしっかりと考えて取り組むのがポイント。

 

高校2年生は、授業の復習や宿題に加え、基礎をしっかり固めることを意識して勉強することが大切。

 

そのうえで、高校2年生の夏には受験科目を確定し、受験勉強をスタートさせるのが理想的。

 

高校2年生の段階で平日・休日とともにしっかり勉強する習慣を身につければ、高校3年生になった時の受験勉強をスムーズに進められるでしょう。

 

高校2年生までに長時間勉強することに慣れておくとよいでしょう。

 

高校2年生の冬からは、遅くとも受験勉強を始められるように、学習の土台を築きましょう。

あわせて読みたい
参考記事:偏差値50から早稲田大学に合格した講師に勉強時間と勉強法を聞いてみました!
参考記事:【MARCH対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について

勉強スケジュール【高校2年生編】

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

高校2年生の年間の勉強スケジュールについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

高校2年生の1学期

高校2年生の夏休み

高校2年生の2学期

高校2年生の3学期

高校2年生の1学期

高校2年生の1学期は、文理選択のコースに分かれて勉強が始まりますが、大学受験に向けて勉強している生徒は多くありません。

 

とはいえ、勉強をおろそかにして良いわけではなく、学校の授業に集中して勉強することが大切になります。

 

また、勉強を習慣化することも重要。

 

最悪のケースは、勉強しない習慣が身についてしまうことです。

 

そうならないためにも、授業の予習や復習を毎日行うようにしてください。

 

勉強はもちろんですが、高校生活を満喫することも大切です。

 

学校行事を楽しんで受験のことも忘れずに時間を大事にしてください。

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

 

受験勉強を始める時期について知りたい方、大学受験勉強いつから始める?その答えはこれだ!具体的な勉強法も紹介!

高校2年生の夏休み

高校2年生の夏休みになると、意識の高い高校生は受験勉強を始めます。

 

理由は、夏休みは学校の授業が進まないため、受験勉強を開始するために、とても良い時期だからです。

 

夏休みが終わっても、受験勉強を始めない高校生は多くいますが、そろそろ大学受験を意識したほうが良い時期になります。

 

また、高校3年生の夏休みは受験勉強一色になるため、高校2年生の夏休みに友人との思い出づくりや、部活動を熱心に取り組むなどして、夏休みを有意義に過ごすことも大切です。

 

しかし、勉強のことは忘れずに毎日の学習は継続して行ってください。

 

夏休みをキッカケに受験勉強を始めるのはおすすめです。

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

 

高校2年生の夏から受験勉強する理由を知りたい方、大学に合格したいなら!高校2年生の夏休みに受験勉強をスタートさせる理由

高校2年生の2学期

高校2年生の2学期にもなると、さすがに大学受験を意識した勉強に取り組んでいるはず。

 

受験勉強を始めていない場合、夏休みに受験勉強を開始した同級生に大きく差をつけられることになります。

 

のんびりしている場合ではないので、そろそろ受験勉強を開始して、しっかりと勉強時間を確保することを心がけましょう。

 

また、最悪でも高校2年生の冬休みまでには受験勉強を始めないと、取り返しがつかなくなる場合があるので、注意してください。

 

志望校についても、そろそろ情報収集してある程度、行きたい大学の候補をピックアップすることも大切。

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

 

まだ志望校が決められない人:将来の夢がない高校生の大学選び!夢がなくても悩まずに志望校を決めるポイント

高校2年生の3学期

高校2年生の3学期は、受験まで残りちょうど1年になります。

 

受験1年前から、受験勉強をスタートするのが最も多いと言われています。

 

受験のちょうど1年前となると良いきっかけにもなるのでしょうか?

 

ここからは、高校2年生の多くは大学受験の受験モードに切り替わり、ある程度の志望校も決まって、受験勉強を開始している時期になります。

 

受験勉強を開始していない場合は、すぐに始めてください。

 

また、受験勉強を効率的にするために、塾に行くのも高校2年生の冬休みから3学期にかけて多くなります。

 

塾に行くことも検討してみてはいかがでしょうか?

 

【高校生に人気!勉強の仕方や参考書を教えてくれる塾】

ビリギャルでお馴染み坪田塾のオンライン個別指導
※坪田塾のノウハウがオンラインで体験できるおすすめの塾!

東大生・早慶生からのコーチング|スタディコーチ
※テレビ番組で有名な講師による、東大式学習メソッド!

東大生に毎日勉強を教えてもらえる!東大毎日塾!←おすすめ塾
※24時間質問し放題!オンライン自習室使い放題でこの価格!

 

参考記事:【必見】スタディコーチの口コミ・評判が気になる方!塾経験者が調査しました!

受験をスタートするための準備【高校2年生編】

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

受験勉強をスタートするための準備についてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明します。

文系か理系かを決める

志望校を決める

模擬試験を受験する

年間の学習計画を作成する

1日の学習計画を作成する

文系か理系かを決める

大学受験勉強をスタートさせるためにも、文系か理系かを早めに決める必要があります

 

なぜなら、文系・理系で必要となる受験教科・科目が異なるため、勉強すべき教科・科目が絞られるので、学習計画が立てやすくなるからです。

 

文系・理系に進むかを決める際には、自分の興味や将来の目標を参考にしてください。

 

自分の興味がある分野を勉強することで、モチベーションを維持できます。

 

また、将来の目標に必要な分野を勉強することで、大学受験や就職に有利になります。

 

文系・理系に進むかを決めるための具体的な方法は、以下の通りです。

・自分の興味や得意分野を明確に

・将来の目標を明確に

・文系・理系の授業内容を調べる

・文系・理系の受験科目を調べる

・文系・理系の卒業生に話を聞いてみる

文系・理系に進むかを決めることは、人生の大きな選択です。

 

慎重に検討し、後悔のない選択をしてください。

 

参考記事:【大東亜帝国対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について徹底解説!

志望校を決める

受験勉強を始めるためには、志望校を決める必要があります。

 

理由は、大学受験に向けて受験勉強を始めるときには、志望校という目標を設定してから始めることが大切だからです。

 

その際に設定する志望校は、具体的であればあるほど効率アップにつながるでしょう。

 

目標を立てる意味について考えたことはありますか?

 

目標設定が大事だといわれても、なぜ設定しなければならないのか?わからないという人がいるかもしれません。

 

しかし、目標を目的地と考えれば、必要な理由も明らかになってくるでしょう。

 

目標を設定せずに受験勉強することは、ゴールのないマラソンを走っているようなものです。

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

 

志望校の決め方について知りたい方、大学の志望校の決め方ポイント10か条!今の偏差値は関係ない!

入試制度について知りたい方

一般入試:【私立大学】一般選抜の仕組みについてわかりやすく表にまとめて解説!

学校推薦型選抜:【学校推薦型選抜対策】受かる人・落ちる人の特徴とは?合格の鍵を探る

総合型選抜:【必見】大学受験:総合型選抜とは?総合型選抜に向いている人!向いてない人

国公立大:国公立大学の入試の仕組みと入試日程をわかりやすく解説

大学入学共通テスト:総合型選抜とは?簡単にわかりやすく解説【AO入試との違い・メリット・デメリット】

模擬試験を受験する

高校2年生の中には、すでに模擬試験を受けた生徒もいると思いますが、受けていない生徒は模擬試験を受けてください。

 

理由は、模擬試験を受けるメリットはいくつかありますが、高校2年生の段階では現在の学力を客観的に知ることが一番。

 

自分の長所や弱点を知ることで、受験勉強の具体的な学習方針が見えてきます。

 

また、全国規模で実施される模試では、受験した教科の「偏差値」や「全国順位」がわかります。

 

現在の自分の学力がどの程度の位置にあるのかを確認。

 

受験勉強は志望校に入るために、必要な学力と今の学力のギャップを埋めるのが最大のミッション。

 

模擬試験をうまく活用して、成績を上げるのも大事なポイントになります。

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

 

模擬試験の活用法について知りたい方、【必見】模試の復習法はこれで完璧!教科別の具体的な勉強法!次回の模試は成績アップ!

年間の学習計画を作成する

受験は試験日までコツコツと毎日継続していく長い道のりです。

 

受験勉強を成功させるためには、計画性がないような行き当たりばったりでは、効率よく勉強できません。

 

受験勉強を成功させるためにも、年間の学習計画が必要となります。

 

なぜなら、第一志望の大学に入学した生徒ほど目標をもち、計画を立てて勉強しているからです。

 

年間の学習計画を作成することで、勉強のペースを把握でき、受験勉強が網羅的にできるでしょう。

 

年間の学習計画がない場合は、課題を認識できないで状況を過ごしてしまうのです。

 

課題に気づかないまま受験当日に臨んでも、きっといい結果は待っていません。

 

学習管理型の塾では、生徒一人ひとりの年間の学習計画を作成して、受験勉強に取り組んでいます。

 

勉強の計画について知りたい方、学習計画の作成で大学受験を効率的に合格する方法を5分で解説!

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

(東大毎日塾の年間学習計画の見本)

 

参考記事:東大毎日塾の口コミ・評判を徹底調査!塾長に取材してわかったこと?

月間および週間の学習計画を作成する

年間の学習計画を作成したならば、次は、月間の計画と週間の勉強計画の作成。

 

月間の学習計画は、月の目標を達成するための計画となり、週間の学習計画は集の目標を達成するための計画。

 

月間の学習計画作成のポイントは、各教科の目標を設定して、その目標を達成するためにやるべきことをすべて書き出すことです。

 

やるべきことをすべて書き出し、それを週間の学習計画に落とし込み、週間の学習計画を作成します。

 

週間の学習計画ができたならば、ざっくりと1日の学習計画までを作成するのがおすすめ。

 

なぜなら、1日の学習計画まで作成していると、行き当りばったりが無くなるからです。

 

そうすると、「今日は何の勉強しようかな?」と悩むことなく、効率的に受験勉強ができます。

 

月間および週間の学習計画の作成支援してくれる塾は、受験生の強い味方になるでしょう。

【小論文対策なら!総合型選抜専門塾が合格への近道】

合格保証がある!総合型選抜専門塾!ホワイトアカデミー高等部
※安心できる社会人のプロ講師がマンツーマンで指導!

3ヶ月で英検に合格できるノウハウがある!クラウドEnglish
※総合型選抜で必要な英語の資格を短期間で取得できる!

フルオーダーメイドの授業で合格に導く!総合型選抜専門塾AOI
※小論文、志望理由書など総合型選抜のことならお任せください!

高校2年生:科目別の勉強法

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

英語の勉強法

英語の勉強法は、高校1年生と同じように、単語と文法の知識を固めることが最優先。

 

大学入学共通テストレベルで必要となる単語数は、約4,000語~6,000語ほど、難関大学受験レベルで必要となる単語数は、約6,000語~7,000語ほどです。

 

志望校のレベルに合わせて単語帳を選び、毎日コツコツと暗記しましょう。

 

単語学習にはサイクル法がおすすめ。

 

サイクル法とは、1日20個を完璧に覚えるのではなく、1日に100個や200個の単語を、どんどん眺めていく学習法。

 

1語1語を軽く流すように見ていき、一通り終わったら、また最初に戻ります。

 

2回目以降は記憶に残っている単語が徐々に増えるので、無理なく覚えられるはずです。

 

文法は参考書で基礎知識をインプットしたら、問題集で問題演習しましょう。

 

文法の問題集も難易度で分かれているので、現在の学力や志望校のレベルに合わせて選んでください。

 

単語と文法の基礎が固まったら、英文解釈に移ります。

 

英文解釈とは、英文の1文1文を正確に訳すための方法です。

 

英文解釈の力を付けておくと、長文読解の勉強へスムーズに進めます。

 

英文解釈用の参考書を1冊~2冊、高校2年生のうちに終わらせておくとよいでしょう。

 

以下に、英語の勉強法の具体的な例をいくつかご紹介します。

・単語帳を毎日100~200個暗記

・文法の問題集を毎日10~20問解く

・英文解釈用の参考書を毎日10~20ページ読む

・英語のニュース記事やブログを読む

・英語の映画やドラマを見る

・英語の歌を聴く

・英語で会話する

英語の勉強は、継続することが大切です。

 

毎日少しずつでも勉強を続ければ、必ず英語力は向上します。頑張ってください。

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

 

参考記事:【日東駒専対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について

数学の勉強法

数学の勉強法について、以下に詳しく説明します。

 

【授業内容の復習】

高校2年生に進学する前に、高校1年生で学んだ数学Ⅰや数学Aの内容を復習しましょう。基礎的な概念や公式を再確認し、忘れてしまった部分を補完します。

 

【教科書の復習】

高校1年生で使用した教科書を再度読み直し、章末の問題や例題を解いて復習します。重要な概念や解法を再確認し、理解を深めましょう。

 

【問題集の活用】

教科書に加えて、問題集を利用して演習を行います。市販の問題集や学校で配布された問題集を使い、基本的な問題から徐々に難易度を上げながら取り組んでいきます。解答解説を確認し、間違えた問題や理解できなかった問題を重点的に学習します。

 

【基本的な公式と定理の確認】

数学では基本的な公式や定理が重要です。公式や定理を暗記し、応用問題でどのように使用するかを理解しましょう。定期的に公式の復習を行い、頭に定着させることが大切です。

 

【理解度チェック】

毎回の学習の終わりや週末などに、自己テストや小テストを行って理解度をチェックしましょう。自分で問題を作って解いたり、過去の試験問題に挑戦してみることも有効です。

 

【質問や解説の確認】

分からない箇所や疑問点があれば、教師やクラスメートに質問しましょう。また、解説動画やオンラインの学習サイトを活用して、わかりやすい解説を確認することもおすすめです。

 

【定期的な復習と継続的な学習】

数学は積み重ねの科目なので、定期的な復習を行いましょう。また、毎日少しずつでも数学に取り組む習慣を身につけることが大切です。

 

数学の勉強では、基本的な理解と問題演習の両方が重要。

 

復習をしっかり行いながら、継続的な学習を心掛けてください。自分のペースに合わせて取り組み、理解度を高めていきましょう。

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

 

参考記事:【大学受験】英語に強いオンライン塾おすすめ16選|英語力を鍛えて大学合格

国語の勉強法

国語の勉強法について、以下に詳しく説明します。

 

【現代文の読解力を鍛える】

現代文の読解力は大学入試や難関大学の受験において非常に重要です。まずは基本的な文章の読み方や問題の解き方を学びましょう。参考書や解説本を使い、テキストの指導書を読みながら理解力を高めることが重要です。理解したら、関連する演習問題に取り組んで実践力を養いましょう。

 

【古文と漢文の学習】

古文と漢文は一見難しく感じられますが、基本的な知識を身につければ短期間でマスターできます。古文では基本的な単語や文法を学び、漢文では句型や漢字の知識を重点的に勉強しましょう。これらの基礎を身につけておくと、より高度な古文や漢文の学習がスムーズに進められます。時間があれば、読解問題にも取り組んで読解力を鍛えることをおすすめします。

 

【語彙力の向上】

国語の勉強において語彙力は非常に重要です。積極的に新しい単語や表現を学び、豊かな語彙を身につけましょう。辞書や語彙の参考書を活用して単語帳を作ることも有効です。また、読書を通じて幅広いジャンルの文章に触れることで、自然と語彙力が向上します。

 

【長文読解の練習】

高校2年生になると、長文読解力が求められることが増えます。新聞記事や論説、小説などの様々なジャンルの長文に取り組んで、文章の主旨やポイントを把握する力を養いましょう。読解力を高めるために、問題集や模試の長文読解問題にも積極的に取り組んでください。

 

【作文の練習】

国語の学習において、自分の意見を的確に表現する力が求められます。作文の練習を通じて、論理的な文章の組み立てや表現力を高めましょう。定期的にテーマを与えられた作文を書いて、フィードバックを受けることも有効です。

 

国語の勉強では、文章の読解力や表現力を養うことが重要です。

 

基礎的な知識をしっかりと身につけつつ、実際の問題や文章に取り組むことで実践力を高めましょう。

 

継続的な学習と積極的な演習を行い、自信を持って国語の受験に臨みましょう。

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

 

参考記事:オンライン家庭教師マナリンクの評判とは?【口コミ・料金】を徹底調査した結果は?

理科の勉強法

高校2年生で理科を選択している場合、化学と物理は難しい科目。

 

そのため、早めに対策を始めておくことをおすすめします。

 

化学の勉強法は、理論化学の基礎をマスターすること。

 

理論化学は、有機化学と無機化学の基礎となるもので、高2年生のうちに基礎を固めておくことが大切。

 

物理の勉強法は、公式のパターン暗記だけでなく、「なぜこの公式が導き出されるのか」まで理解するところまで深めます。化学と物理のどちらも、教科書レベルの問題を解けるようにするのが目標です。

 

理科の勉強法で大切なことは、基礎を固めること。

 

基礎を固めておけば、応用問題も解けるようになります。

 

また、理科は問題を解く練習が大切。

 

問題を解くことで、問題を解く力を身につけられるでしょう。

 

理科は難しい科目ですが、コツコツと勉強を続ければ必ず得意になれます。

 

頑張ってください。

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

参考記事:【必見】早稲田大学に合格した学生が使っていた英語の参考書を紹介!

社会の勉強法

社会科の勉強法は、受験科目によって異なります。

 

地理歴史が受験科目の場合は、基礎的な用語や意味をインプットしましょう。

 

特に日本史と世界史は覚える知識量が膨大なため、高校2年生のうちから少しずつ暗記しておくと後が楽です。

 

一方で、倫理や政治・経済といった公民は暗記量が少ないため、高校3年生に進級してからの勉強でも問題はありません。

 

以下に、社会科の勉強法を具体的にご紹介します。

・教科書を読み、基礎的な知識を身につける。

・問題集を解き、問題を解く力を鍛える。

・過去問を解き、実戦力を養う。

・社会科のニュースや時事問題に触れ、社会の流れを学ぶ。

・社会科の勉強仲間と交流し、モチベーションを高める。

社会科は、幅広い知識を必要とする科目。

 

そのため、効率的に勉強することが大切です。

 

自分に合った勉強法を見つけて、コツコツと勉強を続けましょう。

【効率に勉強できると大人気のオンライン塾】

講師は全員東大生と東大院生!オンライン個別指導トウコベ
※この価格で東大生と東大院生が親切・丁寧に指導してくれる!

対面式の塾より成績が上がる!オンライン家庭教師WAM
※全国どこからでも個別指導を受けられる学習サービス

圧倒的なオンライン指導実績!オンラインプロ教師メガスタ
※大手塾・予備校の有名講師や難関大の学生講師が多数!

 

参考記事:【コーチング塾】スタディコーチのメリットとデメリット!選ぶ前に知っておきたいこと

受験を成功させるためのポイント

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

受験を成功させるためのポイントについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

学習計画作成のポイント

受験勉強をスタートさせる

塾に行くのもおすすめ

学習計画作成のポイント

学習計画は必要不可欠という説明をしましたが、無理のない計画を作成するのがポイント。

 

なぜなら、受験勉強は長い道のりです、勉強を継続するのが大事だからです。

 

いきなり、ハードルを上げて取り組んでも、挫折することが目に見えています。

 

最初は、できることからコツコツと継続して勉強することを目標に学習計画を作成してください。

 

勉強の習慣がない生徒の場合には、勉強の習慣を身につけることからチャレンジするのがおすすめです。

 

無理のない学習計画を作成して、実行するのがポイントです。

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

 

学習管理してくれる塾はこちらから:【学習管理塾とは?】オンラインで学習管理する塾の紹介【大学受験編】

高校2年生から受験勉強をスタートさせる

大学受験を目指すのであれば、できるだけ早い段階から受験勉強をスタートさせるのが理想的。

 

なぜなら、大学受験は限られた時間の中で、効率的に勉強する必要があるからです。

 

受験勉強を早い段階で始めれば、余裕を持って勉強に取り組めます。

 

「受験勉強をスタートさせるのが遅かった」と答えた人は多く。

 

高校3年生になってから、受験勉強を始める生徒もいますが、勉強の負担は比べもになりません。

 

今すぐに受験勉強をスタートさせることをおすすめします。

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

参考記事:【必見】早稲田大学に合格した!英語の勉強法と勉強時間をマネすることは良いことだ!

高校2年生から塾に行くのもおすすめ

大学受験の対策を効率よく行うためには、塾に通うこともおすすめです。

 

理由は、受験対策してもらえること、塾に通うための最大のメリットといえるからです。

 

受験は、だれもが第一志望に合格したいと、心の底から思っているはずです。

 

志望校を決め、それに向けて学習計画を立て、着実に合格へ近づいていく、この流れの土台を確実に支えてくれるのが塾です。

 

受験はいろいろな情報が必要で、入試や学校の情報を把握できるかが重要なポイントとなります。

 

それを上手に利用することで、生徒はより効率的に学習を進められるでしょう。

 

さらに、それらの情報をもとに的確なアドバイスを得られるのも大きな強みといえるでしょう。

 

また、多くの塾では、それぞれの志望校に特化したさまざまなカリキュラムや、コースが充実しています。

 

塾に通うことで、苦手克服や問題演習など自分に合った指導が受けられ、志望校合格により近づきます。

 

あわせて読みたい
参考記事:【MARCH対策】英文法のおすすめ参考書3冊紹介
参考記事:【日東駒専対策】英文法おすすめ参考書3冊紹介

まとめ:高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説」は参考になりましたでしょうか?

 

まとめ:高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

まとめ

高校2年生の時点で大学受験に向けて勉強を進める際のポイントを以下にまとめます。

【スケジュールの作成】

短期目標と長期目標を設定し、それに合わせたスケジュールを作成しましょう。週ごとや月ごとに、各科目の学習時間や復習時間、模試の受験日などを計画的に組み込むことが重要です。

【カリキュラムの把握】

自分が受験する大学や学部の入試要項を確認し、必要な教科や内容を把握しましょう。それに合わせて教科書や参考書を選び、学習を進めることが重要です。

【基礎固めと確認テスト】

まずは各科目の基礎知識をしっかりと固めることが重要です。過去問題集や問題演習を通じて、自分の理解度や課題を確認しましょう。苦手分野や不明な点があれば、教師や先輩に質問し、補完するようにしましょう。

【定期的な模試の受験】

定期的に模擬試験や過去問の受験を行い、実践的な問題に慣れましょう。模試の結果を分析し、弱点を洗い出し、それに対する対策を立てましょう。

【適切な参考書の選択】

参考書は自分の学習スタイルや目標に合わせて選びましょう。複数の参考書を使い分けることも有効です。また、定期的に更新される入試対策の参考書や過去問題集を利用することもおすすめです。

【継続的な学習と効率的な復習】

継続的な学習を心掛け、毎日少しずつでも学習時間を確保しましょう。また、学習した内容の定期的な復習を行い、知識の定着を図りましょう。

【バランスの取れた生活】

勉強に専念することも大切ですが、バランスの取れた生活を送ることも忘れないでください。適度な睡眠や食事、運動などを心掛け、体調を整えましょう。

大学受験は長期戦ですので、焦らず着実に進めることが重要です。自分の進度や理解度に合わせて学習を進め、定期的な振り返りを行いながら着実に進んでください。また、周囲のサポートや先生のアドバイスを受けながら、自分自身のペースで学習を進めることも大切です。頑張ってください!

高校2年生に読んでもらいたい記事

高校2年生に読んでもらいたい記事

参考記事:大学に合格したいなら!高校2年生の夏休みに受験勉強をスタートさせる理由

参考記事:高校2年生の夏休みから受験勉強を始めるためのおすすめ参考書

参考記事:高校2年生から受験勉強を始める理由と高2の具体的な勉強法と勉強時間

参考記事:高校2年生の勉強スケジュールの作り方と【科目別の勉強法】を徹底解説

参考記事:高2年生が知るべき英語の勉強のポイント!高2から始める大学受験対策

参考記事:高2から始める大学受験!受験までの完全ガイド|スケジュールや科目別の勉強法

参考記事:【高2の受験勉強】文系志望者にアドバイス!スケジュール・参考書・勉強法

参考記事:【大学受験】勉強計画の作り方【文系編】マネしてOK!年間スケジュールの作り方

 

予備校オンラインドットコム