BLOG
合格ブログ

受験の本番で緊張しても実力を発揮するためのメンタルサポート

メンタル

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、受験メンタルトレーナーです。

 

「受験本番が不安」と心配していませんか?

 

この記事で紹介する、「受験の本番で緊張しても実力を発揮するためのメンタルサポート」を読めば、試験当日の不安を解消する記事となっています。

 

なぜなら、受験メンタルトレーナーが生徒にアドバイスしている内容だからです。

 

この記事では、試験当日の緊張を和らげる具体的な方法を紹介しています。

 

この記事を読み終えると、受験本番で実力を発揮できる魅力的な記事になっています。

 

今回は、以下の悩みを解消します。

 

今回の記事では、受験の前日と受験の当日にちょっと知っていれば役に立つ情報をわかりやすく解説いたします。

本番前に体調を崩したらどうしよう?

眠れなくなったらどうしよう?

受験会場で不安になったらどうしよう?

 

受験のメンタルを鍛えたい方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

 

今回の記事の内容

受験前日のメンタルサポート

受験当日のメンタルサポート

気持ちを落ち着かせる方法

 

あわせて読みたい
参考記事:大学受験の高校生をメンタルの面からサポートする塾です!
参考記事:受験前のメンタルサポートを直伝します。これで本番も安心!

受験本番で緊張しないメンタルサポート

受験の本番で緊張しても実力を発揮するためのメンタルサポート

それでは受験前日のメンタルの整え方について、よくあるケースを見ながら解説いたします。

 

簡単に説明をしていきますので理解することで本番前のメンタルが整います。

・イメージトレーニング

・体調に異変を感じたら

・受験前日の夜に眠れなくなったら

受験前日のイメージトレーニング

受験当日の行動を頭の中でイメージトレーニングを行いましょう。

 

脳は一度経験すると落ち着いて対処できると言われています。

 

イメージトレーニングをすることで疑似体験をすることになります。

 

一度経験したことについては、落ち着いて対処できるようになります。

 

受験当日の心の負担を少しでも減らすためには、前もって一度、体験し、そのことを思い出すイメージトレーニングを繰り返すことが大切です。

体調に異変を感じたら

受験前日の受験生は、緊張や不安がマックスになっています。

 

人によっては、おなかが痛いくなる。

 

下痢をする。熱が出るなど身体症状が出ることがあります。

 

受験によるストレスや緊張を感じると交感神経がだけが働き続け、自律神経のバランスが乱れてしまいます。

 

自律神経が乱れたときは、整え方を知っていれば落ち着いて対処することができます。

 

自律神経を整え方は、最後の章に記事にしていますので参考にして下さい。

受験前日の夜に眠れなくなったら

「眠れないことを焦る必要はありません」

 

目を閉じているだけで疲労回復には一定の効果があると言われています。

 

緊張のあまり眠れないという受験生もいると思います。

 

目を閉じて眠ろうと努力したりすると脳が活性化して、眠りを妨げる事になってします。

 

眠れないと焦りを感じるかもしれませんが目を閉じて深呼吸をして横になっていれば、眠れなかっとしても受験当日の体調には大きな影響はありません。

あわせて読みたい
参考記事:【ケアレスミス】原因と対策!これで試験のミスを防止する!
参考記事:受験勉強にやる気が出ないときにやると驚くほどに効果的

受験本番に実力を発揮するメンタルサポート

受験の本番で緊張しても実力を発揮するためのメンタルサポート

ここでは、受験当日のメンタルのサポートについて解説いたします。

 

受験当日によくあるケースを見ながら解説いたします。

・受験本番に実力を発揮するために

・集中力が途切れたら

・休憩時間の活用法

受験本番に実力を発揮するために

模試を何度も受けてきたとはいえ、受験本番はいつもと違う雰囲気を感じるはずです。

 

受験会場では、周りの受験生がみんな優秀に見えたり、「勉強していない問題が出たらどうしよう?」

 

などの余計なことを考えすぎてしまうと、不安や緊張がどんどん大きくなります。

 

大切なのは、受験生が不安や緊張を感じている自分を受け入れながらも、本来の力を最大限に発揮できるよう自分自身の心を切り替えることです。

 

緊張や不安がマックスになっている状況を脱し、平常心を取り戻すには、呼吸に意識を集中することが効果的です。

 

呼吸に意識することで雑念を忘れることができ、不安から解消されます。

 

不安を和らげる呼吸法は、最後の章で解説しています。

 

参考にして下さい。

受験当日に集中力が途切れたら

試験中は、周囲の受験生たちの様子が気になったり、他の受験生のシャーペンの音が気になったりして、集中力が途切れることがあるかもしれません。

 

そんなときは、自問自答を繰り返してみて下さい。

 

例えば、「簡単な問題から解いてみよう」、「この問題のポイントは何だろう?」

 

そうすることで集中力を取り戻すことができます。

休憩時間の活用方法

終わった試験の事が気になって、次の試験に集中できなくなるケースもよく見受けられます。

 

次の試験に集中するためにも、気持ちの切り替えをして下さい。

 

この場合も、自問自答を繰り返すことで気持ちを整えることができます。

 

集中力は、自分自身でコントロールして取り戻せます。

あわせて読みたい
参考記事:【自宅学習者は必見!】家で受験勉強に集中するための方法 を徹底解説!
参考記事:高校卒業後の進路について!困ったらこれを読んで5分で解決!

気持ちを落ち着かせる方法

受験の本番で緊張しても実力を発揮するためのメンタルサポート

ここでは、気持ちを落ち着かせる方法を3つ解説していきます。

 

とても簡単なので試してみて下さい。

自律神経を整える

逆腹式呼吸

ストレスを和らげる呼吸法

自律神経を整える

1つ目に紹介するのは、ツボ押しマッサージです。

ツボ押しマッサージをすると身体の血流が良くなって、副交感神経の働きが高まります。

 

マッサージによるリラックスが、自律神経を整えることにつながります。

 

後頭部、首の付け根、生え際あたりから頭蓋骨のあたりを親指で押してあげるのが効果的です。

逆腹式呼吸

「逆腹式呼吸」とは、腹式呼吸とは逆で、お腹の中の空気を吐くときに膨らませ、息を吸い込むときにお腹を凹ますという方法です。

 

逆腹式呼吸の効果は、腹部や横隔膜がしっかりと動き、血流がよくなり代謝が上がる効果があります。

 

リラックス効果も高いので、就寝前におこなうのがおすすめです。

ストレスを和らげる呼吸方法

受験で不安なとき、緊張しているとき、呼吸が浅くなります。

 

呼吸が浅いと酸素が脳にいきわたらないため、体も不調を起こしやすくなります。  

 

最初に、口から息を吐ききってください(お腹がへこみます。)

1.腹式呼吸で4秒で鼻からゆっくり息を吸う(へこんだお腹がでる)

2.4秒息を止める(自分のペースに合わせてやりましょう)

3.8秒かけて鼻からゆっくり息を吐く(息を吸うよりも倍時間をかける→お腹がへこむ)

 

きっと、心が安定してきます。

あわせて読みたい
参考記事:大学受験勉強をやめたいと思った時にちょっとだけ読んでほしい記事
参考記事:【予備校オンラインドットコム】オンライン授業のメリット・デメリットを解説します!

 

受験メンタルトレーナーがいる塾

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

まとめ:受験の本番で緊張しても実力を発揮するためのメンタルサポート

最後まで読んでいだたきありがとうございます。

 

参考になればとても嬉しく思います。

 

受験当日は、実力を発揮することを心からお祈りしています。

予備校オンラインドットコムでは、受験対策はもちろんのこと、受験生のメンタルのサポートもしております。

ご興味がありましたら、お気軽にお問い合わせ願います。

スタッフ一同、お待ちしております!

予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

資料請求はこちらから

お気軽お問い合わせください。

スタッフ一同、心からお待ちしています。

友だち追加

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!