BLOG
合格ブログ

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

※この記事には一部PRが含まれます。

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

今回のお悩みはこちら。

文系の大学の選び方について知りたい

文系学部のメリットとデメリット

文系学部の特長を理解して大学を選ぶ

文系の大学を選ぶって難しいですよね?

 

今回紹介する、「【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説」を読めば、文系の大学を選ぶヒントになるはず。

 

この記事では、文系の大学を選ぶポイントについて具体的に紹介。

 

記事を読み終わると、文系の大学選びの参考になる内容となっています。

 

読み終わるとわかること
【大学の選び方】文理選択をよく考えて

【大学の選び方】文系学部のメリットとデメリット

文系学部の特長を理解して大学選び

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」

東進は現役合格実績No.1の大学受験予備校

圧倒的No.1、日本一の【現役合格実績】

資料請求はスマホで1分!

無理な営業も一切なし!

近くの東進を検索してみよう!

東進の公式ホームページをチェック!

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

最初は、【大学の選び方】文理選択をよく考えることについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明します。

文理選択を慎重にして大学を選ぶ

文系学部の特徴を理解して大学を選ぶ

文系学部の人気就職先から大学を選ぶ

文理選択を慎重にして大学を選ぶ

大学を選ぶ際に「文系」か「理系」か?迷う人が多くいます。

 

しかし、大学選びは、「文系」か「理系」の二者択一から始まるのです。

 

しかも、文理選択は、大学入試だけでなく、将来の職業にもかかわる大事な選択。

 

実際には、高校の段階で、得意な科目で文理選択する高校生が多いのも事実。

 

「私、英語好きだから文系にしよう」とか「数学好きだから理系にしよう」と決めても悪くはありません。

 

しかし、文理選択は、将来にも関わる大事な選択。

 

文理選択を慎重にして大学を選ぶと、きっと後悔しない選択になるはずです。

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

文系学部の特徴を理解して大学を選ぶ

大学で学ぶ学問の系統には、文系・理系の他に、医学系・運動系・芸術系など。

 

大学の数ある学問系統の中で、文系とは人間の活動を研究の対象とする学問の系統を指します。

 

わかりやすくいうと、文系学部は、文学、歴史学、心理学などは、基本的に“人”を対象とした学問。

 

人間関係や社会構造、経済、文化、芸術など、人間の活動が研究の中心になる学問が文系に含まれることが多い。

 

特に文系学部は、国語、英語、社会に力を入れていきたい人が選択するのが特徴。

 

文学、経済、法律、社会学部が代表的といえます。

 

文系か理系かというのは、大学に入ってから全く学問の領域が異なるのです。

 

文系学部の特徴を理解して文系学部を選択するのが良いでしょう。

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

参考記事:【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

文系学部の人気就職先から大学を選ぶ

将来を見据え、就職先から大学を選ぶのも良い選択。

日本語・日本文学科出版社、マスコミ、教育関連、広告代理店、観光関連企業、図書館など。
英語・英米文学科英会話スクール、外資系企業、広告代理店、出版社、マスコミ、教育関連、観光関連企業、航空会社など。
法学部法律事務所、企業法務部門、裁判所、行政機関、警察庁、国際機関、銀行・証券会社など。
経済学部金融機関、証券会社、商社、製造業、政府機関、コンサルティングファーム、官公庁、マスコミ、広告代理店など。
政治学部官公庁、政党、国際機関、NPO、マスコミ、広告代理店、コンサルティングファーム、企業、国際NGO、教育関連企業など。
社会学部官公庁、NPO、教育関連企業、市民団体、広告代理店、マスコミ、人材派遣会社、企業、研究機関など。
文化人類学科研究機関、国際機関、国際協力機関、NPO、マスコミ、教育関連企業、民間企業など。

 

これらはあくまで一般的な傾向であり、専攻や学部によっては、多様な職業の選択肢があります。

また、現在は異なる分野の融合が進んでいるため、他の学部・専攻の知識やスキルを併せ持った人材が求められるケースもあります。

 

【高校生に大人気!学習管理型の塾で偏差値アップ!】

合格実績が豊富な学習管理型の塾!STRUX←おすすめの塾
※オンライン対応!志望校合格まで受験パーソナルトレーナーが徹底指導!

勉強のモチベーションを管理!モチベーションアカデミア
※合格までを徹底管理!勉強のやる気がグングン上がる!

学習コーチングで勉強が変わる!アガルートコーチング!
※個別指導や家庭教師とは違う!新しい学習サービス!

 

参考記事:高校生におすすめオンライン予備校20社を徹底比較!失敗しない予備校選び

【大学の選び方】文系のメリット・デメリット

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

【大学の選び方】文系のメリット・デメリットについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明します。

文系学部の受験科目を把握して大学選び

文系学部のメリット・デメリット

【大学選び】文系学部に決めるポイント

文系学部の受験科目を把握して大学選び

文系学部に興味を持っているのであれば、受験科目について把握してください。

 

理由は、自分の得意分野を活かして、受験するためです。

 

文系学部の個別試験における受験科目としては、英語・国語・地歴公民または数学の3科目型が基本。

 

地歴公民が選択できる大学であれば、文系科目のみで受験できるため、文系科目を得意とする受験生に有利となります。

文系科目:現代文、古文、漢文、日本史、世界史、地理、現代社会、倫理、政治経済

理系科目:数学、物理、化学、生物、地学

 

英語は文系でも理系でも必修科目として定めている学校がほとんどです。

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

文系学部のメリット・デメリット

○文系のメリット

・実験や研究がないため、自由な時間が取りやすい
・就職先の選択肢が広い
・理系と比べると学費が安め

○文系のデメリット
・専門性が身につきにくい可能性がある
・理系の就職先を選びにくい
・勉強内容が仕事に直結するとは限らない

文系のメリットは私立の文系は私立の理系よりも学費が安い傾向がある、数学や理科(物理など)が苦手でも大丈夫、比較的時間があるといったことがあります。

 

文系のデメリットは、理系の就職先を選びづらい、大学院に進学すると就職活動が難しくなることがある、などがあります。

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

参考記事:【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

【大学選び】文系学部に決めるポイント

日本全国の大学には、多様化した学部・学科があり、自分の行きたい大学や学部・学科を決められないケースがあります。

 

将来やりたいことがみつからなくて、何となく偏差値で志望校を選んでしまっている、というのが現実かもしれません。

 

事実、早稲田大学の学生に「文系を選んだ理由」を聞いてみたところ。

 

「数学が嫌いだから」という答えでした。

 

東京大学の学生にも同じ質問をしたところ、「数学が好きだから理系にした」というふうに、簡単に決めたそうです。

 

確かに、高校生の時点では、「将来、自分のやりたいことがわからない」という人もいるでしょう。

 

意外に簡単な理由で文系を選択しているケースが多いのかもしれません。

【難関大学に合格できるオンライン塾】

偏差値30からでも早稲田・慶應義塾大学に合格できる!HIRO ACADEMIA
※夢をあきらめないで!難関大学へ挑戦しましょう!

毎日の学習管理で合格に導く!鬼管理専門塾
※志望校に合格するための学習計画の作成と徹底管理で合格する!

勉強のモチベーションを管理!モチベーションアカデミア
※合格までを徹底管理!勉強のやる気がグングン上がる!

 

参考記事:【必見】オンライン家庭教師|大学受験におすすめ40選!入会金・月謝を徹底比較

文系学部の特徴を理解して大学選び

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

文系学部の特徴を理解して大学選びについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明。

【文系学部】法学部

【文系学部】経営学部

【文系学部】経済学部

【文系学部】文学部・人文学部

【文系学部】教育学部

【文系学部】外国語学部

【文系学部】社会学部

文系の学部に決めるポイント【大学選び】

【文系学部】法学部

法学部とは、法律を学ぶ学部。

 

法学部では、憲法、民法、刑法、商法、民事訴訟法、刑事訴訟法、行政法、国際法、労働法、知的財産法、環境法、家族法、医療法、金融法、税法など、法律の基礎知識を学びます。

 

また、法学部では、法律の論理的思考や問題解決能力を身につけるために、論文やレポートの作成、模擬裁判、模擬交渉などの実習も実施。

 

法学部を卒業した後は、弁護士、裁判官、検察官、弁理士、税理士、公認会計士、行政書士、司法書士、社会保険労務士、弁護士秘書、法務部員、法務コンサルタント、法務ライターなど、幅広い職種に就けるでしょう。

 

法学部は、法律に興味がある人や、将来は法律の仕事に就きたい人におすすめの学部です。

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説参考記事:【大学受験】英語に強いオンライン塾おすすめ16選|英語力を鍛えて大学合格

【文系学部】経営学部

経営学部とは、企業経営の理論と実践を学ぶ学部。

 

経営学部では、企業の経営戦略、マーケティング、財務会計、管理会計、人事管理、生産管理、マーケティングなど、企業経営に必要な知識を幅広く学びます。

 

また、経営学部では、企業経営のケーススタディやプロジェクト研究などを通して、実践的な知識と経験が身につきます。

 

経営学部を卒業した後は、企業の経営者や管理職、コンサルタント、金融機関のアナリスト、公務員など、幅広い職種が選択可能。

 

経営学部は、企業経営に興味がある人や、将来は企業で活躍したい人におすすめの学部です。

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

参考記事:高校2年生から始める総合型選抜対策!おすすめ塾厳選12社!合格への道

【文系学部】経済学部

経済学部とは、経済学を学ぶ学部。

 

経済学は、人々の経済活動を研究する学問で、ミクロ経済学とマクロ経済学に分類されます。

 

ミクロ経済学は、個人や企業の経済活動を研究する学問で、マクロ経済学は、国や地域の経済活動を研究する学問。

 

経済学部では、ミクロ経済学とマクロ経済学だけでなく、統計学、会計学、金融学、労働経済学、国際経済学、環境経済学など、幅広い経済学分野を学べます。

 

また、経済学部では、経済学の実践的な知識やスキルを身につけるために、インターンシップやゼミ活動などの機会も提供されています。

 

経済学部を卒業した後は、企業や官公庁、金融機関、シンクタンク、コンサルティングファーム、マスコミなど、幅広い分野で活躍できます。

 

経済学部は、経済学に興味がある人や、将来は経済の仕事に就きたい人におすすめの学部です。

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

参考記事:MARCH対策【塾・予備校】おすすめ塾の紹介!合格を勝ち取る最短ルート!

【文系学部】文学部・人文学部

文学部と人文学部は、どちらも人間の文化や社会を研究する学部ですが、文学部はより文学に重点を置いた学部で、人文学部はより広い分野を研究する学部。

 

文学部では、日本文学、中国文学、英語文学、フランス文学、ドイツ文学、スペイン文学、イタリア文学、ロシア文学、ギリシャ文学、ラテン文学、比較文学など、様々な文学が学べます。

 

また、文学部では、文芸批評、言語学、文学史、文学理論など、文学に関する様々な分野が学べます。

 

人文学部では、文学部で学ぶような文学だけでなく、歴史学、哲学、宗教学、社会学、心理学、考古学、地理学、美術史、演劇学、音楽学、映画学、メディア学など、様々な分野が学べます。

 

また、人文学部では、これらの分野を相互に関連付けて研究することが多いため、より広い視野で人間の文化や社会を理解できます。

 

文学部と人文学部は、どちらも非常に幅広い学部であり、卒業後の進路も様々。

 

文学部を卒業した人は、教師、翻訳家、編集者、ライター、広報・宣伝職、文化・芸術関係の仕事などに就くことが多いですが、ビジネスや法律などの分野に進む人もいます。

 

人文学部を卒業した人は、教師、研究者、コンサルタント、ジャーナリスト、広報・宣伝職、文化・芸術関係の仕事などに就くことが多いですが、ビジネスや法律などの分野に進む人もいます。

 

文学部と人文学部は、どちらも人間の文化や社会を理解するための基礎を学べる学部。

 

どちらの学部を選ぶかは、自分の興味や将来の目標によって決まります。

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

参考記事:日東駒専合格者が選んだ塾・予備校とは?おすすめ20選!実績豊富な塾・予備校

【文系学部】教育学部

教育学部とは、教育に関する知識と技術を学ぶ学部。

 

教育学部では、教育の理論と歴史、教育方法、教育心理学、教育社会学、教育行政学、教育経営学など、教育に関する幅広い分野が学べる。

 

また、教育学部では、教育実習を通して、教師としての経験が積めます。

 

教育学部を卒業した後は、小学校教諭、中学校教諭、高等学校教諭、特別支援学校教諭、幼稚園教諭、保育士、学校図書館司書、教育行政職員、教育研究者、教育コンサルタントなど、教育に関連する様々な職業が選択肢になります。

 

教育学部は、教育に興味がある人や、将来は教育の仕事に就きたい人におすすめの学部です。

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

参考記事:【学習管理塾とは?】オンラインで学習管理する塾14社紹介【大学受験編】

【文系学部】外国語学部

外国語学部とは、外国語を学ぶ学部。

 

外国語学部では、英語、フランス語、ドイツ語、中国語、韓国語、スペイン語、ロシア語、ポルトガル語、イタリア語などの外国語が学べます。

 

また、外国語学部では、外国語の文法、語彙、発音、読解、作文、翻訳などの知識と技術が身につくでしょう。

 

外国語学部を卒業した後は、通訳、翻訳家、国際ビジネスマン、国際公務員、外交官、ジャーナリスト、観光業、教育業、研究者、企業の海外進出担当者など、様々な職業が選択肢になります。

 

外国語学部は、外国語に興味がある人や、将来は外国語を活かした仕事に就きたい人におすすめの学部です。

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

参考記事:オンラインコーチング塾おすすめ15選|入会金・料金を調査【大学受験対応】

【文系学部】社会学部

社会学部とは、人間の社会を研究する学部。

 

社会学部では、社会の構造、機能、変化、そして人間の行動と関係を研究します。

 

社会学部で学べる主な分野は、社会学、社会心理学、社会統計学、社会調査方法論、社会政策、社会福祉、ジェンダー研究、メディア研究、環境社会学、国際社会学などです。

 

社会学部を卒業した後は、様々な分野で活躍できます。

 

たとえば、社会学者、研究者、コンサルタント、ジャーナリスト、公務員、教育者、企業の社会貢献担当者、NPOなどの社会活動家などです。

 

社会学部は、社会に興味がある人や、将来は社会に貢献したい人におすすめの学部です。

高校生におすすめ大手予備校

現役合格実績No.1!東進ハイスクール・東進衛星予備校
※全国から選りすぐりの予備校界最強【実力講師陣】

駿台では100年以上積み上げてきたノウハウ!駿台予備校
※個別指導でどんな志望校でも合格を目指せます!

 

参考記事:【東進ハイスクール・東進衛星予備校】は高校生におすすめ?評判・口コミ10選【塾経験者が徹底調査】

文系の学部に決めるポイント【大学選び】

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

文系の学部を選ぶ際には、以下のようなポイントが考慮されることが多い。

大学の偏差値を確認する

文系学部を選ぶ際には、大学の偏差値を確認することが重要。

 

偏差値は、大学の入学者の学力レベルを示す指標。

 

偏差値は、大学の教育レベルや学生のレベルを判断するうえで重要な指標です。

 

しかし、偏差値だけで大学を選ぶのは危険です。

 

偏差値が高い大学だからといって、必ずしも良い大学とは限りません。

 

また、偏差値が低い大学だからといって、必ずしも悪い大学とは限りません。

大学を選ぶ際には、偏差値を考慮に入れるべきですが、それ以外の要素も考慮に入れることが大切です。

 

例えば、大学の学風や雰囲気、大学の入学金や授業料、大学の立地条件、大学のサポート体制なども考慮に入れましょう。

 

文系学部を選ぶ際には、偏差値も考慮に入れるべきですが、それ以外の要素も考慮に入れましょう。

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

好きなことや興味のあること

文系学部に決めるポイントの1つ目として、好きなことや興味のあることを考えてみましょう。

 

文系学部で自分の興味がある分野を学べる理由は、文系学部には様々な分野の学問が学べるからです。

 

文系学部には、文学、歴史、哲学、社会学、経済学、法学、政治学、教育学、心理学、言語学、文化人類学、メディア研究、国際関係学など、様々な分野があります。これらの分野は、すべて人間や社会に関する学問です。

 

自分の興味がある分野を学ぶことで、より深い知識や理解が得られます。

 

また、自分の興味がある分野を学ぶことで、より充実した大学生活が送れます!

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

就職先を考えてみる

文系学部に決める際には、就職先も考慮に入れることが重要。

 

文系学部には、様々な就職先がありますが、その中でも特に人気のある就職先は、以下の通りです。

・広告代理店

・コンサルティングファーム

・金融機関

・マスコミ

・教育機関

・官公庁

・民間企業

文系学部に決める際には、自分の興味や将来の目標を明確にすることが大切です。

 

自分の興味や目標に合った学部を選ぶことで、より充実した大学生活が送れるでしょう。

 

また、就職先も考慮に入れることで、より具体的な目標が立てられます。

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

参考記事:【必見】進路が決まらない高校生の悩みをすぐ解決!進路アドバイザーが徹底解説

大学の学風や雰囲気を確認する

文系学部を選ぶ際には、大学の学風や雰囲気を確認することも重要。

 

学風とは、大学の教育方針や学生の考え方や行動様式を総称したものです。

 

雰囲気とは、大学の建物や設備、学生の様子、周辺環境などを含めた総合的な印象。

 

学風や雰囲気は、大学生活に大きな影響を与えます。

 

例えば、自由な学風の大学では、学生は自分の興味や関心に合わせて学べます。

 

一方、伝統的な学風の大学では、学生は規律正しく学ぶ必要があります。

 

雰囲気も、大学生活に大きな影響を与えます。

 

例えば、活気ある雰囲気の大学では、学生は積極的に活動できます。

 

一方、静かな雰囲気の大学では、学生はゆっくりと学べるでしょう。

 

文系学部を選ぶ際には、自分の性格や学習スタイルに合った学風や雰囲気の大学を選ぶことが大切。

 

そのためには、オープンキャンパスや大学説明会に参加して、実際に大学を訪れてみることをおすすめします。

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

大学の入学金や授業料を確認する

文系学部を選ぶ際には、大学の入学金や授業料を確認することも重要です。

 

入学金や授業料は、大学によって大きく異なります。

 

国立大学は、私立大学に比べて入学金や授業料が安い傾向にあります。

 

また、公立大学は、国立大学と私立大学の中間に位置します。

 

入学金や授業料は、大学生活の経済的な負担になる可能性があります。

 

そのため、文系学部を選ぶ際には、入学金や授業料も考慮に入れることが大切です。

 

入学金や授業料を確認する際には、大学の公式ホームページで確認するか、学校説明会で直接確認するとよいでしょう。

 

また、大学によっては、経済的な理由で入学金や授業料を免除する制度を設けている場合があります。

 

文系学部を選ぶ際には、自分の学力や将来の目標、入学金や授業料などを考慮に入れることが大切です。

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

参考記事:高校生は塾に行くべきか?悩んだ時はこれを読んで解決

将来的なキャリアプラン

自分が将来どのようなキャリアプランを描いているかによっても、選ぶ学部が異なってくることも。

 

自分が目指す職種や業界で、必要なスキルや知識を身につけられる学部を選ぶことが大切。

学部のカリキュラム

選んだ学部のカリキュラムや授業内容が、自分の希望に合っているかどうかも重要なポイント。

 

具体的には、自分が興味を持っている分野の科目があるかどうか、英語力やコミュニケーション能力を伸ばすための科目があるかどうか、留学プログラムがあるかどうかなどを確認することが大切です。

学部の評判

学部の評判や就職実績もポイントの一つです。

 

就職率や就職先の業界・企業、大学院進学率などを調べることで、自分が選ぶ学部の実力を把握できます。

 

以上のように、文系の学部を選ぶ際には、自分自身の興味や将来的なキャリアプラン、学部のカリキュラムや評判などを総合的に考慮することが大切です。

【気になる大学のパンフレットは積極的に取り寄せましょう!】

【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

まとめ:【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

【大学選び方】文系学部に決めるポイントを3分で解説

最後までご覧いただき、ありがとうございました。

 

今回の記事、「【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説」は参考になりましたか?

まとめ:【大学選び方】文系学部に決めるポイントを高校生に3分で解説

 

まとめ

文系学部の選び方のポイントは、自分の興味や将来の目標を明確にすること、そして、その目標を達成するために必要な知識やスキルを身につけられる学部を選ぶことです。

文系学部には、文学部、経済学部、法学部、社会学部、歴史学部、哲学部、心理学部、教育学部、言語学部、国際関係学部、政治学部など、様々な学部があります。それぞれの学部では、異なる分野の知識やスキルが学べます。

以下に、文系学部を選ぶ際に役立つポイントをまとめました。

・自分の興味や将来の目標を明確にする

・大学の偏差値や入試難易度を確認する

・大学の学風や雰囲気を確認する

・大学の入学金や授業料を確認する

・大学の立地条件を確認する

・大学のサポート体制を確認する

文系学部を選ぶ際には、これらのポイントを参考にして、自分に合った大学を選んでください。

予備校オンラインドットコム:おすすめ塾の紹介

【必見】オンライン家庭教師|大学受験におすすめ40選!入会金・月謝を徹底比較

難関大学に実績のあるオンライン家庭教師20選!合格への近道

東大生の勉強法がわかる!おすすめのオンライン塾9選|東大生講師が受験勉強の方法を指導

【学習管理塾】STRUXはおすすめ?評判・料金・特徴を塾経験者が取材してわかったこと

坪田塾オンライン個別指導を塾経験者が徹底解説!口コミ・評判を調査!

【必見】スタディコーチの口コミ・評判が気になる方!塾経験者が調査しました!

【大学受験】高校生におすすめのオンライン家庭教師をランキング形式で徹底比較!

キミノスクールに興味のある方必見!【口コミ・評判・料金】を徹底調査!おすすめできるオンライン塾?

モチベーションアカデミア【モチアカ】を塾経験者が評判・口コミ・料金・合格実績を徹底的に調査!

【アガルートコーチング】塾経験者が評判・口コミ・料金・特徴を徹底調査した結果

トウコベの料金(月謝)を調査・比較した結果は?東大生によるオンライン個別指導を解説

早慶専門塾HIROA CADEMIA【ヒロアカ】の評価は?塾業界経験者が口コミ・料金・特徴を徹底調査

メガスタの料金(入会金・授業料)はいくら?他のオンライン家庭教師と比較

オンライン家庭教師WAMの料金を徹底比較・検証!入会に必要な料金を詳しく解説

【ルークス志塾】の評判・口コミ10選!塾経験者が徹底調査

ホワイトアカデミー高等部の【料金・評判・特徴】を塾経験者が徹底取材!

【必見】オンライン家庭教師e-Liveの口コミ・評判・料金を徹底調査してみた!

総合型選抜専門塾AOIの評判・口コミ10選!気になる点を塾経験者が徹底調査

日本初!早朝から特訓!学習管理塾かもスクはおすすめ?料金・特徴を塾経験者が徹底取材!

【学習管理塾】菊塾はおすすめできる?料金・評判・特徴を塾経験者が徹底調査!

浪人生におすすめオンライン家庭教師25選!ランキング形式で徹底比較

浪人生に人気のあるオンラインコーチング塾13選!【浪人生がコーチング塾で成功する理由3つ】

予備校オンラインドットコム