BLOG
合格ブログ

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

※この記事には一部PRが含まれます。

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

今回のお悩みはこちら。

大学受験は何校受けられるの?

大学受験は何校受けるのがベスト?

志望校はいつ決めるの?

 

大学受験生の皆さん!「併願校を何校受けるか?」迷っていませんか?

 

実は、今回紹介する「【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド」を読めば、志望校を何校受けるのか?ヒントになるはずです。

 

この記事では、大学受験における、理想的な受験校数について紹介しています。

 

記事を読み終わると、併願校の目安について理解できるでしょう。

 

読み終わるとわかること
【大学受験】受験校数の重要性

国公立大学と私立大学の受験校数の違い

理想的な受験校数とは?

 

おすすめ大手予備校

現役合格実績No.1!東進ハイスクール・東進衛星予備校
※全国から選りすぐりの予備校界最強【実力講師陣】

駿台では100年以上積み上げてきたノウハウ!駿台予備校
※個別指導でどんな志望校でも合格を目指せます!

 

参考記事:【東進ハイスクール・東進衛星予備校】は高校生におすすめ?評判・口コミ10選【塾経験者が徹底調査】

Contents

大学受験における受験校数の重要性

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

受験校数の選び方の基準

大学受験において、受験校数の選択は非常に重要です。

 

以下は、受験校数を選ぶ際の基準とその重要性についての要約です。

自分の実力と目標に合わせる

受験校数は、受験生の実力や目標大学に応じて選ぶべきです。高い志望校に合格するためには、その大学だけを重点的に受験することも考えられます。しかし、実力が確実に高いと自信がある場合でも、予期せぬ結果に備えて少なくとも一つ以上の「滑り止め」となる大学を選ぶことが推奨されます。

受験料や時間の管理

受験校数が多いほど、受験料や移動時間、試験日程の管理が複雑になります。無駄な受験校を避け、効率的に受験活動を進めることが求められます。

情報収集と模試の結果を基にする

模試の結果や過去の受験生の情報、進学校の指導などを参考に、自分の実力と目標大学とのギャップを明確にします。これにより、適切な受験校数を設定する基準とすることができます。

リスクヘッジの観点から

予期せぬ状況や結果に備えるため、一定数の「安全策」としての受験校を設定することは、リスクヘッジとしての側面も持っています。

総じて、受験校数の選択は受験生自身の目標や実力、偏差値に応じて慎重に行う必要があります。

 

適切な受験校数の設定は、志望校合格の確率を高めるための鍵となります。

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

参考記事:【必見】オンライン家庭教師|大学受験におすすめ40選!入会金・月謝を徹底比較

受験校数と受験生活の負担について

受験校数が増えると、受験生活には多くの面での負担が考えられます。

 

まず、多くの試験日程や場所に合わせる必要が生じ、時間的な制約や疲労が増大します。

 

さらに、それぞれの大学のカリキュラムや過去問を準備する必要があるため、学習の効率が低下しやすくなります。

 

精神的にも、多くの受験校を持つことで合格のプレッシャーや不安感が増すことが予想されます。

 

経済的にも、受験料や移動費、教材費などの負担が増加するでしょう。

 

適切な受験校数を選択することで、これらの負担を最小限に抑え、質の高い受験生活を送ることが重要です。

【人気の学習管理塾】

受験のプロによる365日の学習管理!オンライン個別指導「かもスク」
※「映像授業 × 個別指導 × 志望校特化カリキュラム」でこの価格を実現!

ビリギャルでお馴染み坪田塾のオンライン個別指導
※坪田塾のノウハウがオンラインで体験できるおすすめの塾!

東大生・早慶生からのコーチング|スタディコーチ
※テレビ番組で有名な講師による、東大式学習メソッド!

合格実績が豊富な学習管理型の塾!STRUX←おすすめの塾
※オンライン対応!志望校合格まで受験パーソナルトレーナーが徹底指導!

 

国公立大学と私立大学での受験校数の違い

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

国公立大学の受験校数の特徴

国公立大学に関しては、最大で3校まで出願可能。

 

国公立大学の入試は、前期日程と後期日程の2つに分けられ、受験生はこれらの日程で各大学・学部に対して1校ずつ出願できます。

 

具体的には、前期日程と後期日程のそれぞれで1校ずつ、さらに中期日程(一部の大学で実施される場合がある)でも1校を出願することができます。

 

つまり、最大で3校まで異なる大学や学部に出願可能です。

 

このように、3つの日程を活用することで、異なる大学や学部への出願の組み合わせが実現されます。

大学入学共通テスト+前期日程=1校

大学入学共通テスト+後期日程=1校

大学入学共通テスト+中期日程=1校(公立大学がメイン)

合計、3校への出願が可能

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

 

参考記事:日東駒専合格者が選んだ塾・予備校とは?おすすめ20選!実績豊富な塾・予備校

 私立大学の受験校数の特徴

私立大学は、日程が合えば何校でも受験可能。

 

ただし、現実的には、以下の点を考慮しながら、受験校を選択するのがおすすめです。

・受験料の問題:各大学には受験料が設定されており、多数の大学に出願する場合、それに伴う経済的な負担が考えられます。

・試験日程の重複:一部の大学では、試験日程が重複することがあるため、同時期に複数の大学の試験を受けることが難しい場合があります。

・面接や筆記試験の重複:複数の大学の選考方法が似ている場合、面接や筆記試験の日程が重複する可能性があります。

・受験生の疲労:連続して多数の大学の試験を受けることは、受験生自身の体力や精神的な負担を増加させる可能性があります。

したがって、日程が合えば何校でも受験できるというわけではなく、各受験生の状況や選択に応じて適切な受験校数を決めることが求められます。

【おすすめオンライン塾】

パーソナルトレーナーがサポート!

コーチング・学習管理塾【STRUX】

毎日の計画があるから、

「あとは、勉強するだけ」

勉強法に迷わない!

STRUXについて詳しく知りたい方

【STRUX】の公式ホームページ

参考記事:【学習管理塾】STRUXはおすすめ?評判・料金・特徴を塾経験者が取材してわかったこと

大学受験は何校受けるのがベスト?

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

大学受験における最適な受験校数は、受験生の目的、能力、及び状況によって異なります。

 

しかし、一般的に以下のポイントを考慮して、受験校数を決定することができます。

目的と戦略

志望校に確実に合格するための「志望校」、それよりもやや難易度が低い「併願校」、さらに下のレベルの「滑り止め校」など、受験戦略に応じて受験校数を設定します。

自身の能力と実力

自分の現在の学力や模試の成績、そして自分がどれだけの受験校数で適切に対応できるかを評価することが重要です。

精神的・物理的負担

多くの受験校数を設定すると、受験前の準備や試験日の体調管理、精神的なストレスなどが増加します。自身の体力やストレス耐性を考慮して、適切な受験校数を設定することが必要です。

練習の機会

複数の大学を受験することで、実際の試験の雰囲気や流れに慣れることができます。この点を考慮して、受験校数を設定することも有益です。

一般的な受験戦略としては、志望校を1校とし、その他に志望校よりもややレベルが低い「併願校」を2~3校、さらにその下のレベルの「滑り止め校」を1~2校加える合計4~6校が推奨されています。

 

しかし、これはあくまで一般的な指標であり、受験生の状況や目的に応じて最適な受験校数を柔軟に考慮することが重要です。

 

もちろん、10校以上受験する事もできますが、受験校数を増やすと、さまざまな負担が大きくなる可能性も考慮しなければなりません。

【おすすめオンライン塾】

リーズナブルなコーチング塾

「かもスク」

受験のプロによる365日

徹底管理で合格に導く!

映像授業×個別指導×志望校特化カリキュラム

かもスクの公式ホームページ

参考記事:日本初!早朝から特訓!学習管理塾かもスクはおすすめ?料金・特徴を塾経験者が徹底取材!

大学受験は志望校を早めに決める!合格への近道

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

大学受験は志望校を早めに決めることがポイントについてまとめてみました。

 

以下、大切なポイント。

大学受験:志望校を早めに決める理由

大学受験:志望校を決めるポイント

大学受験:志望校選び【オープンキャンパス】

大学受験:志望校を早めに決める理由

大学受験に向けて、効率的に受験勉強するためには、早めに志望校を決めると良いでしょう。

 

大学受験生が早めに志望校を決める理由はいくつかあります。

 

志望校を早めに決めると、学習計画が立てやすくなります。

 

なぜなら、受験生は、自分が受験する大学の入試内容や傾向を把握しておくことで、効率的な学習計画を立てられるからです。

 

早めに志望校を決めておくことで、入試の傾向や内容を把握し、その情報に基づいて計画的に学習できます。

 

次に志望校に向けた受験勉強に集中することです。

 

なぜなら、受験生が志望校を決めていない場合、どの大学にも受かるように勉強してしまうことがあるからです。

 

志望校を早めに決めておくことで、その大学の合格に向けて勉強に集中できます。

 

集中的な努力が志望校合格へとつながるでしょう。

 

そして、志望校に対するモチベーションの維持が大きなメリットになるでしょう。

 

理由は、志望校を決めていることで、その大学に合格することを目標にして学習に取り組めるからです。

 

志望校に向けて取り組んでいるという意識があることで、モチベーションを維持できます。

 

最後に受験生活のストレス軽減にもなります。

 

なぜなら、志望校を決めていないと、何校受験するか迷ったり、入試日程の調整が難しかったりと、受験生活がストレスフルになることがあるからです。

 

しかし、早めに志望校を決めておくことで、そうした迷いや不安を軽減できるのです。

 

これらの理由から、大学受験生はできるだけ早めに志望校を決め、その大学に合格するために効率的に学習に取り組むことが重要です。

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

大学受験:志望校を決めるチェックポイント

大学受験生が志望校を決める際のポイントを表にまとめてみました。

チェック項目チェック内容
目標とする進路・将来のキャリア受験生は、自分が将来進みたい進路や将来のキャリアを明確にし、そのために必要な大学を選ぶことが重要です。自分が興味を持つ分野について、どの大学がその分野に強いのかを調べることが大切です。
学部・学科のカリキュラム志望する大学の学部・学科のカリキュラムを調べ、自分が学びたいことや興味を持っている分野について、どのような授業や研究が行われているかを確認することが重要です。
入試内容・傾向志望する大学の入試内容や傾向を把握することで、自分がどのような試験に向けて勉強すれば良いかを判断できます。例えば、どのような問題が出題されるか、どのような出題形式があるかなどを確認することが重要です。
大学の雰囲気・学生生活大学の雰囲気や学生生活について、実際に大学のキャンパスを訪れたり、学生の声を聞いたりすることが大切です。自分に合った大学を選ぶことで、充実した学生生活を送れるでしょう。
受験可能な条件志望する大学の入試条件や受験可能な日程を確認することも重要です。例えば、受験料や入学試験の日程、受験科目などを確認しておくことで、受験準備がスムーズに進みます。

 

以上のポイントを踏まえて、大学受験生は自分に合った大学を選び、志望校合格に向けて努力することが重要です。

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

参考記事:【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

大学受験:志望校選び【オープンキャンパス】

大学受験生が志望校選びをする際には、オープンキャンパスに参加することがおすすめです。

 

オープンキャンパスは、大学のキャンパスを訪れて、その大学の雰囲気やカリキュラム、教員や学生との交流などを体験できるイベントです。

 

以下は、オープンキャンパスに参加する際のポイントです。

【1.予約してから参加する】

多くの大学は、オープンキャンパスに参加するために予約が必要です。予約してから参加することで、スムーズに参加できるだけでなく、参加する日程や時間を事前に決めてください。


【2.多くの大学に参加する】

複数の大学のオープンキャンパスに参加することで、異なる大学の雰囲気やカリキュラム、教員や学生との交流などを比較できます。異なる大学を見学することで、自分自身が進みたい道や、自分に合った大学を見つけられるでしょう。

【3.キャンパスツアーや学科説明会に参加する】

オープンキャンパスでは、キャンパスツアーや学科説明会などが開催されています。自分自身が興味のある学科や、将来進みたい道に関連する学科の説明会に参加することで、より詳しい情報を得られます。

【4.教員や学生から情報収集】

オープンキャンパスでは、教員や学生と交流できます。自分自身が進みたい学科の教員や、現在その大学に在籍している学生と話をすることで、その大学の雰囲気やカリキュラム、就職活動などについてより深く理解できます。

【5.メモを取る】

オープンキャンパスに参加する際には、メモを取ることがおすすめです。キャンパスツアーや学科説明会、教員や学生との交流などで得た情報をまとめておくことで、後で参考にするためです。

以上のポイントを踏まえて、大学受験生はオープンキャンパスに参加し、志望校を決めると良いでしょう。

高校生におすすめ大手予備校

現役合格実績No.1!東進ハイスクール・東進衛星予備校
※全国から選りすぐりの予備校界最強【実力講師陣】

駿台では100年以上積み上げてきたノウハウ!駿台予備校
※個別指導でどんな志望校でも合格を目指せます!

 

参考記事:【東進ハイスクール・東進衛星予備校】は高校生におすすめ?評判・口コミ10選【塾経験者が徹底調査】

失敗しない志望校選びで大切なポイント

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

志望校はいつ決めるの?

高1・2年生のうちに、自分の学力や希望を整理して、将来どのような学びをしていきたいかを考えましょう。

 

その上で、入学者選抜要項などを参考にしながら、いくつかの大学・学部を候補として挙げておくとよいでしょう。

 

高3になったら、具体的な志望校を決めていくことになります。

 

その際は、入試の難易度だけでなく、学費や立地など、さまざまな条件を考慮して、最終的に1〜2校に絞り込んでください。

 

第一志望を決めたら、安易に変更しないことが大切です。

 

志望校を変えても、他の受験生も同じように動くため、結果的に同じ難易度レベルの大学・学部を目指すことになります。

 

また、第一志望を目指した学習をすることで、モチベーションを維持しやすくなります。

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

文系・理系、選択科目を決めるポイント

文系・理系、選択科目は、苦手科目を基準に選ぶのではなく、将来の進路を明確にして決めることが大切です。

 

高3生は、現実的な選択も必要になりますが、高1・2年生は、まだ将来の進路が決まっていない人も多くいます。

 

そのような場合は、できるだけ多くの選択肢を残しておくことが大切です。

 

例えば、文系・理系を決めるときは、苦手科目だからといって、どちらかに偏って選択しないようにしましょう。

 

苦手科目でも、基礎的な知識を身につけておけば、大学で学ぶ際にも役立ちます。

 

また、選択科目も、自分の興味や将来の進路に合わせて選ぶようにしましょう。

 

選択科目を決める際には、以下のような点に注意しましょう。

・将来の進路を明確にする

・苦手科目でも基礎的な知識を身につける

・自分の興味や将来の進路に合わせて選ぶ

また、大学の学習では、教科・科目を横断したテーマにも取り組むことになります。

 

そのため、文系・理系にかかわらず、基礎的な学力をつけておくことが大切です。

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

【進学を考えている高校生が、ピッタリな学校探しができるサイト】

今なら、図書カード!もれなくプレゼント!
↓↓↓
【スタディサプリ進路】高校生注目!学校パンフ・願書請求でプレゼント

国公立大学?私立大学?

国立大学と私立大学、それぞれのメリット・デメリットを比較して、自分に合った大学を選ぶことが大切です。

 

国立大学は、研究環境が充実しており、学生の基礎学力も高いというメリットがあります。

 

また、学費が私立大学に比べて安いことも魅力です。

 

一方、私立大学は、国立大学にはない独自の伝統やカラーを持つというメリットがあります。

 

また、近年では、国立大学に負けない教育・研究環境を整えている私立大学も増えています。

 

どちらの大学を選ぶにしても、オープンキャンパスや学校説明会に参加して、実際に大学を訪れ、雰囲気や授業を体験することが大切です。

 

また、大学のホームページやパンフレットなども参考にしながら、比較検討しましょう。

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

参考記事:受験でメンタルが崩壊しそう!受験メンタルトレナーがアドバイス!

私立大学の選抜方式の選択

私立大学では、多様な選抜方法が用意されています。

 

共通テスト利用方式型は、共通テストの成績を活用して選抜する方式です。

 

一般選抜よりも難易度が低く設定されていることが多いため、共通テストで高得点を取得できた受験生は、この方式を利用することで、合格の可能性を高められるでしょう。

 

全学部統一入試は、すべての学部・学科を対象とした入試です。

 

この方式は、複数の学部・学科に併願しやすいというメリットがありますが、その分、難易度が高く設定されていることも少なくありません。

 

自分に合った選抜方法を選ぶためには、以下の点に注意しましょう。

・自分の学力や志望校の難易度

・出願できる大学・学部・学科の範囲

・試験の形式や内容

また、どの選抜方法であっても、確かな実力を身につけることが大切です。

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

参考記事:【学習計画表を作成】高校生が計画通りに勉強できるコツ!

やりたいことを見つける

やりたいことを見つけるためには、以下の3つのポイントを押さえましょう。

【自分の興味・関心を掘り下げる】

自分の好きなこと、得意なこと、興味があることを書き出してみて、そこから共通点やつながりを探してみましょう。また、自分の好きなことや得意なことを仕事や社会にどのように活かせるのかを考えてみると、より具体的なイメージが湧いてくるかもしれません。

【社会との関わりを考える】

「世の中のために自分が役に立てること」など、社会とのつながりの中で考えることも大切です。社会にはさまざまな問題や課題があり、それらを解決するためには、さまざまな知識やスキルが求められます。自分のスキルや興味を活かして、社会にどのように貢献できるのかを考えてみましょう。

【柔軟に考え、視野を広げる】

目標は今後変わってもよいものです。自分の興味や関心だけで考えず、さまざまな情報に触れて、視野を広げてみましょう。本を読んだり、人の意見を聞いたり、体験活動に参加したりするのもよいでしょう。

具体的な方法としては、以下のようなものが挙げられます。

・興味・関心を整理するために、リストアップやマインドマップなどを活用する

・社会や地域の課題について調べる

・大学のオープンキャンパスや説明会に参加する

・職業体験やボランティアに参加する

・ロールモデルを見つける

やりたいことが見つからないと感じている人は、まずは自分の興味・関心を掘り下げてみましょう。

 

自分の興味や関心を活かして、社会にどのように貢献できるのかを考えてみると、より具体的な目標が見えてくるかもしれません。

 

参考記事:理系学部におすすめ!塾・予備校ランキング厳選23社!理系大学を目指すならこの塾!

【大学受験】志望校合格のために今すぐ始めるべきこと!

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイドについてまとめてみました。

 

以下は大切なポイントです。

【大学受験】受験勉強に対する意識を高める

【大学受験】受験勉強で落ち込まない強いメンタル

大学受験の勉強の心得

【大学受験】受験勉強に対する意識を高める

大学受験は、高校生活で学んだことをしっかりと定着させ、新しい知識や技術を習得するために、多くの時間と努力が必要な試験です。

 

勉強に対する意識を変えることで、効率的な学習が可能になり、受験生活をより充実したものにするためです。

 

以下に、勉強に対する意識を変える方法をいくつか紹介します。

目標を明確にする目標を明確にすることは、勉強に対する意識を変える上で非常に重要です。自分が受験する大学や学部、専攻を決め、そのために必要な点数やスキルを把握することで、効果的な勉強方法を見つけられるでしょう。
時間管理を徹底する大学受験は、計画的な勉強が必要な試験です。毎日のスケジュールを作成し、勉強時間を確保することが大切。また、計画通りに進まない場合は、修正を加えて調整することも必要です。
自己管理大学受験においては、自己管理が重要。睡眠や食事、運動など、生活リズムを整えることで、集中力や学習効率が向上できるはず。
謙虚な姿勢で取り組む大学受験は、一人で解決できない難しい問題に取り組むことが多いため、謙虚な姿勢で学ぶことが大切です。間違いを恐れず、自分の弱点を見つけ、改善することが必要です。
勉強の楽しさを見つける大学受験は、長期間の試験であり、継続的な努力が必要です。そのため、勉強の楽しみ方を見つけることが大切です。例えば、自分が興味のある分野を深く掘り下げることで、勉強の意義や楽しさを感じられるでしょう。

 

以上のように、大学受験に取り組む際は、目標を明確にし、時間管理をしっかりとする意識を持つことが大切なポイントです。

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

参考記事:【総合型選抜】落ちる確率が高い理由と突破の秘策!大学受験を推薦で合格

【大学受験】受験勉強で落ち込まない強いメンタル

大学受験は、高校生活の中でも特に大変な試練の一つであり、思うような結果が出なかった場合には、受験生は落胆や失望感を感じることがあります。

 

しかし、落ち込むばかりではなく、前向きに取り組むことが大切です。

 

以下に、大学受験で失敗した時に落ち込まない方法をいくつか紹介します。

 

失敗は成功への道受験に失敗した場合には、その経験を活かして次に向けて前進できます。失敗した原因を分析し、次回に活かせるようにすることで、今後の受験勉強に役立ててください。
周りと比べない大学受験は競争の激しい試験です。しかし、自分自身と向き合い、自分が目指す大学や学部、専攻に向けて最善を尽くすことが大切です。周りと比べることは、自分を貶める原因となります。
悔いのないように取り組む大学受験に挑戦するにあたり、最善を尽くすことが重要です。受験勉強に時間や労力を注ぎ、悔いのないように挑戦しましょう。その結果、合格できなかったとしても、自分自身に対して後悔することはありません。
心のケア受験生はストレスが多い環境にあるため、心のケアをすることも重要です。自分自身に合ったリラックス方法を見つけ、ストレスを軽減することが大切です。例えば、音楽を聴く、散歩する、趣味に時間を費やすなど、気分転換につながることを取り入れましょう。

 

以上のように、大学受験生は困難や試練が山積みですが、前向きに取り組むことが大切です。

 

自分自身と向き合い、目標に向けて挑戦する姿勢を持つことで、必ずや成功を手に入れられるでしょう。

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

参考記事:評定平均とは?計算方法とは?大学推薦入試で差をつける評定対策をアドバイス

大学受験生の勉強の心得

大学受験生にとって、志望校合格のためには様々な努力や準備が必要です。

 

ここでは、大学受験生が心得ておくべきポイントをいくつか紹介します。

目標を明確にする

自分がどの大学・学部・専攻に進学したいのかを明確にし、その目標に向かって取り組みましょう。

目標が明確であれば、勉強計画を立てたり、勉強方法を工夫したりすることがしやすくなります。

過去問に取り組む

大学受験は、過去の問題を解くことが非常に重要です。

過去問に取り組むことで、出題傾向や難易度を把握でき、合格に必要な知識や技能を身につけられるでしょう。

積極的に情報収集

大学のWebサイトや受験情報誌、進路相談などから情報を収集し、自分が進学したい大学や学部の情報を正確に把握しましょう。

また、その情報をもとに、志望校合格のために必要な取り組みや準備を進められます

周りと比較しない

周りの受験生や友人と比較することは、自分自身を不安定にする原因となります。

自分自身と向き合い、自分が目指す大学・学部・専攻に向けて最善を尽くすことが重要。

定期的に自己評価

自分自身の学習状況を定期的に振り返り、自己評価することが大切。

自分がどの程度理解しているか、どの程度問題を解けるかを把握し、自分の弱点を把握できます。

心のケア

大学受験はストレスが多い環境にあるため、心のケアをすることも重要です。

友人や家族と話したり、趣味に時間を費やしたりすることで、気分転換につながるでしょう。

 

以上、大学受験生が志望校に合格するための心得です。

 

【難関大学に合格できるオンライン塾】

偏差値30からでも早稲田・慶應義塾大学に合格できる!HIRO ACADEMIA
※夢をあきらめないで!難関大学へ挑戦しましょう!

毎日の学習管理で合格に導く!鬼管理専門塾
※志望校に合格するための学習計画の作成と徹底管理で合格する!

勉強のモチベーションを管理!モチベーションアカデミア
※合格までを徹底管理!勉強のやる気がグングン上がる!

 

参考記事:MARCH対策【塾・予備校】おすすめ塾の紹介!合格を勝ち取る最短ルート!

受験勉強を早めに始める受験生!受験勉強のポイント

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

受験勉強を早めに始める受験生!受験勉強のポイントについてまとめてみました。

 

以下、大切なポイントです。

勉強計画が大学受験に必要な理由

大学受験勉強:ひとりで勉強するのは大変

【大学受験】受験生が塾に行くメリット

勉強計画が大学受験に必要な理由

大学受験生にとって勉強計画を立てることは非常に重要です。

 

以下にその理由をいくつか挙げてみます。

目標設定と方向性の確認

勉強計画を立てることで、自分がどの程度の学力を持ち、どの大学を目指すのかという目標を設定し、方向性を確認できます。

これによって、何を勉強すればよいのかが明確になり、効率的な勉強が可能になります。

短期的な目標達成のため

勉強計画は、長期的な目標である大学入学に向けて、短期的な目標を設定するためのものでもあります。

計画に沿って勉強を進めることで、その都度の目標を達成し、モチベーションを保ちながら着実に学力を身につけられるのです。

無駄な時間の削減

勉強計画を立てることで、自分にとって不要な時間や労力を削減できます。

計画に沿って勉強を進めることで、時間の使い方や勉強の優先順位を明確にし、無駄な時間を減らせるでしょう。

勉強への取り組みの習慣化

勉強計画を立て、それに従って勉強を進めることで、勉強への取り組みが習慣化されます。

定期的に計画を見直し、調整することで、継続的な学習習慣を身につけられます。

以上のように、勉強計画を立てることは、大学受験生にとって非常に重要であり、効率的な勉強や学習習慣の習得につながります。

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

大学受験勉強:ひとりで勉強するのは大変

大学受験は、高度な学問や技能を必要とする難関の試験です。

 

そのため、ひとりで勉強することは非常に大変です。

 

大学受験勉強が大変な理由として、目標を見失いやすいこと。

 

なぜなら、ひとりで勉強する場合、勉強する内容や進め方を自分で決めなければならないからです。そのため、自分に合った勉強方法を見つけられない場合や、自分の目標を見失ってしまう場合があるからです。

 

次に学習意欲が維持しにくい場合もあります。

 

ひとりで勉強する場合、自分自身でモチベーションを維持しなければなりません。

 

しかし、長時間の勉強や単調な勉強によって、学習意欲が低下してしまう場合があります。

 

そして、勉強の質が低下しやすいという理由もあります。

 

ひとりで勉強する場合、間違いに気付かずに勉強を進めてしまう場合も。

 

また、勉強方法や学習内容が適切でない場合、勉強の質が低下するのです。

 

最後に情報収集が難しいこともあります。

 

受験勉強に必要な情報は、膨大な量になることがあります。

 

しかし、ひとりで情報収集を行う場合、情報の信頼性や正確性を判断することが難しくなるのです。

 

以上のように、大学受験の勉強はひとりで行うことは非常に大変であると言えます。

 

そのため、塾や予備校、家庭教師などのサポートを受けることが、効率的で効果的な学習につながる場合があります。

 

また、同じ志望校を目指す仲間と一緒に勉強することで、情報交換や切磋琢磨ができ、モチベーションを維持できます。

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

参考記事:総合型選抜専門塾ホワイトアカデミー高等部のメリット・デメリット・合格実績を徹底調査

【大学受験】受験生が塾に行くメリット

大学受験生が塾に通うメリットを表にまとめてみました。

 

塾に行くメリット内容
専門の講師からの指導が受けられる塾に通うことで、専門の講師から科目ごとに的確な指導を受けられます。また、受験に必要な基礎知識や応用力が身につくため、より高い得点を目指せます。
確実に計画的に勉強できる塾に通うことで、計画的に勉強できます。塾によっては、カリキュラムやテストなどが用意されているため、自分自身で計画を立てる必要がなく、確実に勉強できるのです。
同じ志望校を目指す仲間ができる塾に通うことで、同じ志望校を目指す仲間ができます。仲間と一緒に勉強することで、情報交換や切磋琢磨ができ、モチベーションを維持できるでしょう。
必要な資料が揃っている塾には、受験に必要な参考書や過去問題集などが揃っている場合が多く、自分で揃える手間や費用を省けます。
試験対策や模擬試験が充実している塾によっては、受験に向けた試験対策や模擬試験が充実している場合があります。これによって、本番に近い状況での受験対策ができ、自分の不足点や弱点を確認できます。

 

以上のように、塾に通うことで、専門的な指導を受けられるため、計画的に勉強できます。

 

また、同じ志望校を目指す仲間ができるため、モチベーションが維持できます。

 

しかし、塾に通う費用や時間に余裕がない場合は、自己勉強による受験対策も一つの選択肢となります。

【難関大学に合格できるオンライン塾】

偏差値30からでも早稲田・慶應義塾大学に合格できる!HIRO ACADEMIA
※夢をあきらめないで!難関大学へ挑戦しましょう!

毎日の学習管理で合格に導く!鬼管理専門塾
※志望校に合格するための学習計画の作成と徹底管理で合格する!

勉強のモチベーションを管理!モチベーションアカデミア
※合格までを徹底管理!勉強のやる気がグングン上がる!

まとめ:【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回紹介した、「【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド」は参考になりましたか?

まとめ:【大学受験】何校受けるのがベスト?後悔しない大学を選ぶ受験戦略ガイド

まとめ

大学受験において、最適な受験校数の決定は受験生の目的、能力、そして現在の状況に深く関わります。

選択する大学やその数によって、将来のキャリアや生活に大きな影響が及ぶため、慎重な判断が求められます。

一般的な受験戦略としては、志望校を1校とし、その他に志望校よりもややレベルが低い「併願校」を2~3校、さらにその下のレベルの「滑り止め校」を1~2校加える合計4~6校が推奨されています。

しかし、これはあくまで一例。自分の能力や目的に合わせて、最適な受験校数を選択し、後悔のない受験生活を送ることが最も重要です。

予備校オンラインドットコムおすすめ塾一覧

【必見】オンライン家庭教師|大学受験におすすめ40選!入会金・月謝を徹底比較

坪田塾オンライン個別指導を塾経験者が徹底解説!口コミ・評判を調査!

【必見】スタディコーチの口コミ・評判が気になる方!塾経験者が調査しました!

【大学受験】高校生におすすめのオンライン家庭教師をランキング形式で徹底比較!

キミノスクールに興味のある方必見!【口コミ・評判・料金】を徹底調査!おすすめできるオンライン塾?

モチベーションアカデミア【モチアカ】を塾経験者が評判・口コミ・料金・合格実績を徹底的に調査!

【アガルートコーチング】塾経験者が評判・口コミ・料金・特徴を徹底調査した結果

トウコベの料金(月謝)を調査・比較した結果は?東大生によるオンライン個別指導を解説

早慶専門塾HIROA CADEMIA【ヒロアカ】の評価は?塾業界経験者が口コミ・料金・特徴を徹底調査

メガスタの料金(入会金・授業料)はいくら?他のオンライン家庭教師と比較

オンライン家庭教師WAMの料金は高いって本当?料金比較した結果は

【ルークス志塾】の評判・口コミ10選!塾経験者が徹底調査

ホワイトアカデミー高等部の【料金・評判・特徴】を塾経験者が徹底取材!

【必見】オンライン家庭教師e-Liveの口コミ・評判・料金を徹底調査してみた!

総合型選抜専門塾AOIの評判・口コミ10選!気になる点を塾経験者が徹底調査

浪人生におすすめオンライン家庭教師25選!ランキング形式で徹底比較

予備校オンラインドットコム