BLOG
合格ブログ

受験生の春休みの過ごし方10のポイントこれでスタートダッシュを決める!

春休みの過ごし方

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回のテーマは、受験生の春休みの過ごし方がテーマです。

 

「春休みはまだ遊びたい!けど、勉強もしたい」

 

「勉強したいけど、勉強できない…」と悩んでいませんか?

 

そんな方に向けて、春休の過ごし方について記事を書きました!

 

春はスタートダッシュです。一緒に頑張りましょう!

 

これを読んで春休みの過ごし方の参考にしてください。

 

受験生だけど春休みをどうやって過ごすの?

スタートダッシュが必要なわけ

迷った時の参考書

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容

春休みに受験勉強をスタートさせる

春休みは勉強の基礎固め

春休みに1年後の自分をイメージする

あわせて読みたい

参考記事:受験勉強をいつから始めるの?これを読めば大学受験に向けて好スタート!

参考記事:大学の志望校の決め方ポイント10か条!今の偏差値は関係ない!

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

春休みに受験勉強をスタートさせる!

春休みの勉強

最初に3っつのポイントについて説明をいたします。

 

どれも重要な内容になります。

 

以下、順番に解説いたします。

 

1.春休みは意識を変える

2.春休みは自分が何をしたいのか考える

3.春休みは必ず受験勉強をスタートさせる!

 

Point.1 春休みは意識を変える

受験生にとっては、春も夏も冬も全て大事な時間です。

 

なぜなら、受験までの時間は限られています。

 

限られた時間をいかに勉強時間として確保できるかが勝負となってきます。

 

受験勉強を始めていない受験生は、学年が変わる春休みに受験モードになるキッカケを作ってください。

 

受験まで残り1年を切っています。

 

夏からでは手遅れになる可能性があります。

 

自分の中の意識を受験生という自覚を持ち、受験勉強に対する意識を変えることができれば行動が変わります。

 

行動が変われば結果が変わります。

 

この春休みに受験モードに意識を変えましょう!

Point.2 春休みは自分がどうしたいのかを考える

春休みの時間を利用して、自分がどうしたいのかを考えてみてください。

 

自分の本当の気持ちを考えてみてください。

 

親の言うとおりの大学を受験するのか?

 

自分自身で行きたい大学を受験するのか?

 

受験生が主体的に考えて自分の進路を決めることがとても大切なことだからです。

 

何を実現するために何をするのかを考えることで受験に立ち向かう覚悟が決まります。

 

自分で決めて行動できるか否かによって結果は大きく変わってきます。

 

春休みはじっくり考えられる最後のチャンスかもしれません。

Point.3 春休みは受験勉強をスタートさせる

春休みは大学受験に向けた勉強を始めるための最後のタイミングと言っても過言ではありません。

 

「春休みが終わったら勉強を始めよう」と考える人はたくさんいます。

 

しかし、まだまだ受験に対しての意識も低く、勉強を始められない受験生が多いのも事実です。

 

そうならないためにも、春休みのまとまった時間を有効に使い、自分で受験について考えてみてください。

 

自分で受験についてよく考えることは受験勉強を始めるにあたり、とても良いスタートを切ることができます。

 

まとまった時間が取れる春休みからだからこそできる時間の使い方です。

 

そして、考えた結果、大学受験を目指す決意をしたのであれば春休みから受験勉強をスタートしてください。

春休みは勉強の基礎固め

春休み基礎固め

つぎは、春休みの勉強法のポイントです。

 

ポイントは3つです。

 

参考にしてみてください。

4.勉強に慣れる

5.中学生の英語の復習

6.英語は英単語から

 

Point.4 勉強に慣れる

春休みには、これまで受験勉強をしていない受験生の場合、勉強に慣れる必要があります。

 

なぜなら、勉強の習慣がない場合は、いきなり何時間も勉強をすることはできません。

 

毎日、勉強をすることは大変なんです。

 

徐々に勉強に慣れることで勉強時間を増やしていくことで勉強に慣れる体質を作ってください。

 

多くの受験生も最初から長時間の勉強をしていたわけではありません。

 

春休みは勉強に慣れるために、毎日、3時間から4時間の勉強を目標に頑張ってみてください。

 

いきなり、3時間が無理な場合は、1.5時間の勉強を2回、もしくは、2時間の勉強を2回するのも勉強に慣れるやり方です。

Point.5 中学生英語の復習

 

受験勉強をまだ始めていない受験生は、中学生の英語の復習からやるのがおすすめです。

 

理由は、中学生の英語は受験英語の基礎的な位置づけとなります。

 

いきなり、難しい英語を勉強するよりも基礎を理解してから受験英語に取り組むほうが効果的です。

 

決して無駄にはなりません。

 

ちなみに、予備校オンラインドットコムでは中学生の英語の復習は26時間で終わるカリキュラムです。

 

1日3時間の勉強で9日間で終わります。

 

1日4時間の勉強で1週間で終わります。

 

受験勉強をこれから始める場合には、ちょど良いボリュウームとも言えます。

 

春休みには中学生の復習をやるのもポイントです。

Point.6 英語は英単語から

春休みに何から勉強して良いのかわからない受験生は、英単語から始めてください。

 

理由は、英単語は英語の勉強において基本中の基本だからです。

 

予備校オンラインドットコムでは、「英単語1900」などの市販されている参考書を学習します。

 

ちなみに、1週間で100の単語を覚えるのが目標です。

 

繰り返し、確認テストを行いながら単語力を上げていきます。

 

また、学校の英語の教科書の単語の復習も効果的です。

 

英語の単語は覚えるだけです。

 

暗記です。

 

単語の暗記量が多いと長文問題などにも対応することが出来るようになります。

 

コツコツと単語の勉強をやっていれば必ず報われます。

 

春休みから単語の勉強を始めましょう。

 

参考記事:大学受験の最低限の単語数!英単語ターゲットは全部覚えてね!

春休みに一年後の自分をイメージする

1年後のイメージ

最後の章では、1年後の自分をイメージしながら計画を立案します。

 

目標を立てることはとても良いことです。

 

最後のポイント4つを解説いたします。

7.志望校を決める

8.年間の計画を作成する

9.月間・週間の計画を作成する

10.勉強の決まりごと決める

 

Point.7 志望校を決める

勉強を始めるに当たっては、目標の設定が必要です。

 

なぜなら、明確な目標を立てずに受験勉強を始めるのは、目的地もなくさまよい歩くようなものです。

 

また、目標を持つことができない状態が続けば、周りに流され、受け身の姿勢となってしまいます。

 

そんな状況で、目標もなく何かに強い意欲を持つこともない場合、自分自身の実力を発揮することが出来ない可能性が高くなります。

 

目標がない状態だと、どんなにポテンシャルが高い人であっても受験勉強で成果を上げることが難しくなります。

 

受験勉強の目標設定は、志望校を決めることです。

 

春休みにインターネットなどで大学を検索して、志望校を決めてください。

 

志望校が決まれば、合格までの道のりが決まります。

 

志望校を決めることでモチベーションが上がり、自分で考えて行動することもできるようになります。

 

参考記事:大学入試制度をわかりやすく簡単に5分で理解できる!

 

Point.8 年間のスケジュールを作成する

志望校が決まったら、次は年間のスケジュールを作成します。

 

ざっくりとしたスケジュールで構いません。

 

予定が変更した場合は途中で軌道修正をしてください。

 

受験日や模試の日程、学校などの行事などを記入したスケジュール的なものといちばん重要な勉強の計画を作成してください。

 

予備校オンラインドットコムでは、入塾した際に無料で年間学習計画の作成のサポートを行っています。

 

どの参考書をいつまでに何ページまでやるといったとても細かい目標を設定した計画となります。

 

目標が達成できた際には達成感を得たり、自信を深めたりすることができる計画表となっています。

 

年間の学習計画を作成する理由は、志望校をより具体的にするためです。

 

Point.9 月間・週間の勉強の計画を作成する

年間の学習計画がきまったら、計画の実現を確実にするために月間と週間の計画を作成します。

 

年間計画を月単位で落とし込み、さらには週単位で計画を作ります。

 

具体的なほど効果が得られます。

 

例えば、月間の勉強時間を具体的に120時間と設定した場合、週の勉強時間に落とし込むと30時間になります。

 

これを1日の勉強時間に落とし込めば1日5時間の勉強時間が必要です。

 

さらに具体的に参考書の勉強時間の計画を作成するとよいでしょう。

 

ここで一番問題なのは作成して満足することです。

 

必ず実行に移しましょう。

 

予備校オンラインドットコムでは、月間と週間の勉強計画の作成し、参考書の勉強時間まで生徒と一緒に作成いたします。

Point.10 勉強の決まり事を決める

最後は、自分自身で勉強のルールを決めてください。

 

自分で決めたルールは必ず守るよう自分に言い聞かせてください。

 

例えば、

 

「スマホは1日○時間」

 

「ゲームは1日○時間」

 

「勉強は1日○時間」

 

「休みの日の勉強は○時間」

 

「英単語は1日○時間」など

 

受験までのルールを決めてください。

 

紙に書き出して貼っておくのも効果的です。

 

勉強のルールを家族と共有することはさらに効果的です。

 

春休みは受験まで1年を切っています。

 

残りの時間を大切に過ごすために自分自身で勉強のルールを決めてください。

 

春のスタートダッシュを予備校オンラインドットコムで一緒に勉強を始めてみませんか?

 

難関大学の講師が勉強をサポートいたします。

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

まとめ:大学受験生の春休みの過ごし方10のポイント

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、受験生の春休みの過ごし方10のポイントこれでスタートダッシュを決める!は参考になりましたでしょうか?

 

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

少数精鋭で授業を行っています。

 

お気軽にお問い合わせ願います。

 

スタッフ一同、心からお待ちしています。

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!