BLOG
合格ブログ

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

「※この記事には一部PRが含まれます」

予備校オンラインドットコムでは、800社以上の学習塾を徹底調査!あなたの合格を導く、信頼できる情報をお届けします。

予備校オンラインドットコムは、これまでに800社以上の学習塾を徹底調査した経験を持つ、学習塾選びの専門家です。

膨大なデータに基づき、各塾のカリキュラム、講師陣、合格実績、口コミ評判などを詳細に分析。

その結果、あなたの目標や学習スタイルに合った、最適な学習塾をご紹介、信頼性が高い記事となっています。

 

こんにちは、受験生を応援する教育メディア、予備校オンラインドットコムです。

 

受験生の悩みを解決して、勉強に役立つ情報を発信しています。

 

今回のお悩みはこちら。

東進ハイスクール・東進衛星予備校について知りたい

東進ハイスクール・東進衛星予備校のメリット・デメリットが知りたい

 

受験生の皆さん!「東進ハイスクール・東進衛星予備校」のメリット・デメリットって知りたくないですか?

 

今回紹介する、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリットを塾経験者が徹底調査を読めば、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」のメリットとデメリットがわかる内容になっています。

 

この記事では、東進ハイスクール・東進衛星予備校のメリットとデメリットを具体的に紹介!

 

この記事を読み終えると、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」に資料請求すると良いでしょう。

読み終わるとわかること

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の基本情報

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の違い

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」のメリット・デメリット

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の料金について

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」

東進は現役合格実績No.1の大学受験予備校

圧倒的No.1、日本一の【現役合格実績】

 

資料請求はスマホで1分!

無理な営業も一切なし!

近くの東進を検索してみよう!

東進の公式ホームページをチェック!

参考記事:【東進ハイスクール・東進衛星予備校】評判・口コミ10選!高校生におすすめ?【塾経験者が徹底調査】

Contents

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の基本情報

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の基本情報

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の基本情報
運営会社株式会社ナガセ
「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の公式ホームページhttps://www.toshin.com
指導形式集団指導
指導内容主要5教科
授業料1講座:77,000円〜
講師大学受験界で著名な講師陣
合格実績日本一の合格実績
サポート体制担任指導生、東進模試
オンライン対応

※掲載されている情報は、記事作成日もしくは更新日時点の内容で、最新の情報はホームページから確認願います。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」とは

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」は、ナガセグループが運営する大学受験予備校です。

 

1987年に開校し、現在は全国に約1,000校舎以上展開しています。

 

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の特徴は、映像授業による効率的な学習です。

 

全国の校舎で、同じ時間に同じ授業が受けられます。

 

また、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の講師陣は、テレビや書籍で活躍する有名講師が多く、わかりやすい授業が受けられます。

 

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」は、難関大学の現役合格実績も豊富です。

 

2023年度の東大合格者数は、2,000人以上で、全国トップクラスの実績を誇ります。

 

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」は、大学受験を考えている高校生や高卒生におすすめの予備校です。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」

東進は現役合格実績No.1の大学受験予備校

圧倒的No.1、日本一の【現役合格実績】

資料請求はスマホで1分!

無理な営業も一切なし!

近くの東進を検索してみよう!

東進の公式ホームページをチェック!

参考記事:東進衛星予備校の料金(入会金・月謝料金・年間料金)を徹底調査【他の予備校と比較】

東進ハイスクールと東進衛星予備校の違い

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

結論から申し上げると、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の違いはありません。

 

東進ハイスクールと東進衛星予備校の大きな違いと言えば、塾の所在地です。

 

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」は、北海道から沖縄まで約1,000校展開しているため、塾の所在地に応じて名称を変えています。

 

以上のように、授業の内容、受講可能講座、サポート体制などに大きな差はありません。

 

また、「東進サテライト予備校」という塾名を目にするかもしれませんが、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」と同じです。(サテライトとは衛星のこと)

 

そのため、「東進ハイスクールか、東進衛星予備校か」で予備校選びを迷っている場合は、自宅から一番近い校舎を候補にすると良いでしょう。

 

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」では「一日体験」を随時受け付けているほか、「特別招待講習」といわれる、夏期講習や冬期講習にあたる講習を定期的に実施しています。

 

検討中の方は、これらの機会をうまく利用し、雰囲気を確かめてみることをおすすめします。

 

「東進」の公式ホームページはこちらから!

おすすめ!「東進ハイスクール・東進衛星予備校」総合評価

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

【ポイント10個を比較して、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」を総合評価】

東進のホームページのわかりやすさ「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査4.0
東進の講師のクオリティー「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査4.5
東進のカリキュラムの充実度「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査4.0
東進の費用の安さ「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査3.0
東進の無料体験授業の有無「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査4.0
東進の合格実績「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査4.5
東進の学力アップ「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査4.0
東進のサポート「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査4.0
東進の口コミ・評価「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査4.0
東進へのアクセス「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査4.0
東進の総合評価「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査4.0

 

予備校オンラインドットコムでは、10個の評価項目を設定して、評価基準をクリアした、おすすめできる塾を紹介。

 

中立的な立場から判断して、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」は評価基準をクリアしているため、おすすめできる塾として紹介します。

 

今回の記事では、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」がおすすめできる理由について、詳しく解説します。

 

志望校合格を目指して、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」で一緒に頑張りましょう!

 

「東進」の公式ホームページはこちらから!

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

東進は講師の質が高いのがメリット

東進の講師の質が非常に高いのは、大きなメリットと言えるでしょう。

 

東進の講師は、現役の大学教授や元予備校講師など、各分野の第一線で活躍しているプロフェッショナル。

 

東進の講師は、以下の点が評価されています。

・わかりやすい授業

・熱意のある指導

・豊富な経験

東進の講師は、わかりやすい授業で、受験生が理解しやすいように丁寧に解説。

 

また、受験生一人ひとりの理解度に合わせて、適切な指導ができます。

 

さらに、豊富な経験を活かして、受験生が合格するために必要な知識やスキルの指導もできます。

 

東進の講師は、質が高いため、効率的に学習を進められ、志望校合格を勝ち取るために欠かせない要素と言えるでしょう。

 

具体的には、以下のメリットがあります。

・わかりやすい授業で、理解が深まる

・熱意のある指導で、モチベーションを維持できる

・豊富な経験に基づいた指導で、合格に必要な知識やスキルが身につく

東進に入会して、講師の質の高さを活かして、志望校合格を目指しましょう。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

東進はいつでも利用できる自習室がメリット

校舎の利用時間が年中無休であることが、東進の大きな魅力の一つ。

 

通常、東進は映像授業のイメージが強いかもしれませんが、実際のメリットはその自習室にあります。

 

例えば、お盆や正月などの休暇期間に関係なく、東進の自習室は一年中利用できます。

 

これは非常に大きなメリット。

 

つまり、授業で学んだ知識を復習し、自分のものにする時間を確保できることを意味します。

 

新しい知識を学ぶだけでなく、その知識を実際にどのように活用するかを理解し、使えるスキルに磨きをかけることが大切。

 

例えば、英語の文法を知っていても、それがどのような問題に適用されるかを理解しなければ意味がありません。

 

受験では、知識だけでなくその知識の実践的な使用法を習得することが求められます。

 

そのためには、参考書の問題を解いたり、知識を深めたりする自習が不可欠。

 

東進の自習室は、合格への鍵を握る要素の一つであり、東進に入塾すれば一年中自習できる場所が利用できるため、大きなメリットとなります。

 

特にお盆や正月など、他の塾が休みの時にも学習環境を利用できるのは、受験生にとって大きなアドバンテージと言えるでしょう。

 

自習室の広さは校舎によって異なりますが、基本的には多くの席が用意されています。

 

ただし、11~1月の受験シーズンには席が埋まることもあるため、早めの利用をお勧めします。

 

要するに、東進は一年中自習できる環境を提供し、合格に向けて自己学習をサポートする点で非常に大きなメリットです。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

記述型答案講座で受験対策できるメリット

東進の記述型答案講座は、国公立大学や難関私立大学の入試で出題される記述問題の対策を目的とした講座。

 

記述問題は、知識を問うだけでなく、自分の考えや意見を論理的に表現する力を問う問題です。

 

そのため、記述問題で高得点を取るためには、しっかりとした答案作成のスキルを身につける必要があります。

 

東進の記述型答案講座では、以下の内容を学べます。

・記述問題の基本的な解き方

・論理的な文章の書き方

・具体的な答案の例文

講座は、映像授業と添削・採点サービスで構成されています。

 

映像授業では、講師が記述問題の解き方を解説し、添削・採点サービスでは、自分の答案を講師に添削してもらうことで、自分の答案の弱点や改善点を把握できます。

 

東進の記述型答案講座は、記述問題で高得点を目指す受験生におすすめの講座です。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

 

具体的なメリットとしては、以下のようなものが挙げられます。

・記述問題の基本的な解き方を体系的に学べる

・論理的な文章の書き方が身につく

・具体的な答案の例文を参考にできる

・自分の答案を講師に添削してもらうことで、弱点や改善点を把握できる

東進の記述型答案講座は、以下の受験生におすすめです。

・記述問題で高得点を目指す受験生

・記述問題の基本的な解き方を学びたい受験生

・論理的な文章の書き方を身につけたい受験生

東進の記述型答案講座は大きなメリットになるはず、上手に活用して、記述問題で高得点を目指しましょう。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

部活動と両立しやすいのがメリット

東進は部活動と両立しやすいメリットがあります。

 

東進は、映像授業と自習室を組み合わせた学習スタイルを採用しており、生徒は自分のペースで学習できます。

 

具体的には、以下のメリットがあります。

・映像授業は、いつでもどこでも受講できるので、部活動の時間帯に合わせて学習を進められる

・自習室は、年中無休で利用できるので、部活動の空き時間や休日に勉強できる

・東進は、部活動を頑張っている生徒をサポートする制度(高3部活生特別招待講習)を用意している

東進は、部活動と両立しながらも、志望校合格を目指したい生徒におすすめの塾と言えるでしょう。

 

以下に、東進の部活動と両立しやすいメリットを具体的に説明します。

映像授業

東進の映像授業は、いつでもどこでも受講できます。そのため、部活動の時間帯に合わせて、授業を振り替えたり、スキマ時間に視聴できます。

また、東進の映像授業は、20分~30分の短いコマで構成されています。そのため、短時間で集中して学習できます。

自習室

東進の自習室は、年中無休で利用できます。そのため、部活動の空き時間や休日に、集中して勉強できます。

また、東進の自習室は、広々としたスペースで、静かに勉強に集中できる環境が整っています。

部活動サポート制度(高3部活生特別招待講習)

東進は、部活動を頑張っている生徒をサポートする制度やサービスを用意しています。

たとえば、部活動の練習時間を考慮したカリキュラムや、部活動の大会や合宿に合わせて授業を振り替える制度などがあります。

また、東進では、部活動生向けの勉強会や講座も開催されています。

東進の部活動サポート制度を活用することで、部活動と両立しながらも、効率的に学習できるのは大きなメリットです。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

東進は一気に授業を視聴できるメリットがある

東進は映像授業なので、一気に授業を視聴できるメリットがあります。

 

東進の映像授業は、20分~30分の短いコマで構成されています。

 

そのため、自分のペースに合わせて、好きな時間に好きなだけ視聴できるのがメリット。

 

また、東進はオンデマンド配信なので、過去の授業をいつでも視聴可能。

 

そのため、苦手な単元や、復習したい単元を繰り返し視聴できます。

 

一気に授業が視聴できるメリットは、以下のとおりです。

・自分のペースで学習を進められる

・苦手な単元や、復習したい単元を繰り返し視聴できる

・短期間で効率的に学習を進められる

東進は、一気に授業が視聴できるメリットを活かして、効率的に学習を進めたい受験生におすすめの塾と言えるでしょう。

 

ただし、東進の映像授業は、講師の解説を聞いて、理解を深めることが重要。

 

そのため、一気に授業を見てしまうと、理解が不十分なまま先に進んでしまう可能性があります。

 

一気に授業を見る場合は、必ず復習して、理解を深めるようにしましょう。

 

以下に、東進の一気に授業が視聴できるメリットを具体的に説明します。

・自分のペースで学習を進められる

東進の映像授業は、20分~30分の短いコマで構成されているため、自分のペースに合わせて、好きな時間に好きなだけ視聴できます。そのため、部活動や学校の授業で忙しい場合でも、自分のペースで学習を進められる。

・苦手な単元や、復習したい単元を繰り返し視聴できる

東進の映像授業は、過去の授業をいつでも視聴できます。そのため、苦手な単元や、復習したい単元を繰り返し視聴可能です。これにより、理解が深まります。

・短期間で効率的に学習を進められる

東進の映像授業は、20分~30分の短いコマで構成されているため、短期間で効率的に学習を進められます。

そのため、志望校合格までに十分な学習時間を確保できます。

 

「東進」の公式ホームページはこちらから!

東進ハイスクール・東進衛星予備校のデメリット

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

費用が増加するのがデメリット

東進の授業料は、1講座20回(1回90分)で77,000円。

 

1回あたりの授業料は3,850円で、東進の講師陣の実力を考慮すれば、妥当な価格だと言えます。

 

しかし、東進では夏期講習や冬期講習、合宿などの多くのオプションが用意されており、結局必要以上に費用がかかることがよくあります。

 

具体的な金額として、夏期講習や冬期講習は、受験生の場合、平均して30万円から50万円ほどかかります。

 

さらに、東進の合宿に参加する場合、約10万円の費用が必要です。

 

一部の方は、「オプションは必要ないのでは?」と考えるかもしれません。

 

しかし、塾に通い、成績を向上させるためには、通常は授業を受ける必要があります。

 

その結果、東進のような塾では多くのオプションが用意され、様々なニーズに応えられます。

 

しかしながら、多くの講座を受け過ぎることで、費用が予想以上にかかる可能性があるのです。

 

東進に入塾すると、講習講座や合宿などのオプションを過度に選んでしまい、結局は必要以上に費用がかかる可能性があることを認識しておくべきです。

 

どのオプションが必要かを判断するのは難しいため、入塾する際には多少の無駄な出費も覚悟しておくことが重要です。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

面談で勧めてくる講座が断りにくいのがデメリット

東進のデメリットとして、勧めてくる講座が断りにくい点が挙げられます。

 

東進の面談では、講師やカウンセラーが、受験生に合わせて、必要な講座を勧めてくれます。

 

しかし、勧められる講座の中には、必要のない講座や、費用がかさむ講座も含まれている場合もあるのです。

 

また、面談では、講師やカウンセラーの熱意もあって、ついつい必要以上に講座を取ってしまうことも。

 

そのため、東進に入塾する場合は、勧められる講座を慎重に検討する必要があります。

 

具体的なデメリットは、以下のとおりです。

・必要のない講座を勧められる可能性がある

・費用がかさむ講座を勧められる可能性がある

・面談の熱意に流されて、必要以上に講座を取ってしまう可能性がある

これらのデメリットを避けるために、以下の点に注意しましょう。

・自分の学習状況や志望校に合わせて、必要な講座だけを選択する

・勧められる講座を必ずしも受ける必要はないことを知っておく

・面談の熱意に流されないように、冷静に判断する

東進は、講師の質やカリキュラムの充実度など、多くのメリットがある塾です。

 

しかし、勧められる講座には注意して、自分に合った講座だけを選択しましょう。

 

以下に、東進の勧めてくる講座が断りにくい理由を具体的に説明します。

・講師やカウンセラーの熱意

東進の講師やカウンセラーは、受験生の合格を心から願っています。そのため、受験生にとって最適な講座を勧めるために、熱意を持って説明します。その熱意に流されて、必要以上に講座を取ってしまう受験生も少なくありません。

・入塾のタイミング

東進の入塾は、受験直前期や夏期講習などの時期に集中します。この時期は、受験生が焦っていて、冷静な判断ができていない可能性があります。そのため、必要以上に講座を取ってしまう受験生も少なくありません。

・勧められる講座の多さ

東進には、さまざまな講座が用意されています。そのため、自分の学習状況や志望校に合わせて、必要な講座だけを選択するのが難しい場合があります。その結果、必要のない講座を取ってしまう受験生も少なくありません。

これらの理由から、東進の勧めてくる講座は断りにくいと言えるでしょう。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

校舎によってサービスの質に差があるのがデメリット

東進には全国に多くの校舎があり、校舎によってサービスの質に差があることも。

 

具体的には、以下の点が気になります。

・講師の質

・自習室の環境

・イベントの充実度

講師の質は、校舎によって大きく差がある可能性も。

 

人気講師が在籍している校舎もあれば、そうでない校舎もあります。

 

自習室の環境は、校舎によってさまざま。

 

広々とした自習室の校舎もあれば、狭い自習室しかない校舎もあります。

 

イベントの充実度は、校舎によって異なります。

 

定期的にイベントを開催している校舎もあれば、あまりイベントを開催していない校舎もあります。

 

東進は、全国に多くの校舎があり、自分に合った校舎を選べます。

 

しかし、校舎によってサービスの質に差があるため、複数の校舎を見学して、自分に合った校舎を選ぶこともポイントです。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」

東進は現役合格実績No.1の大学受験予備校

圧倒的No.1、日本一の【現役合格実績】

資料請求はスマホで1分!

無理な営業も一切なし!

近くの東進を検索してみよう!

東進の公式ホームページをチェック!

参考記事:【東進ハイスクール・東進衛星予備校】評判・口コミ10選!高校生におすすめ?【塾経験者が徹底調査】

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の特徴

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」のどちらにも共通する特徴について解説します。

大学受験で有名な講師による授業

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」は「IT授業」と言われる、質の高い映像授業が受けられるのが特徴。

 

全国どこに住んでいても、テレビに出演している林修先生による授業や大学受験界で有名な講師陣の授業が受けられるのが大きな特徴と言えます。

 

また、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」は、IT授業だけではなく、有名講師陣の授業が直接受けられる「特別公開授業」も用意されています!

 

「特別公開授業」は、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」、どちらの校舎でも受講が可能なので、ホームページをチェックすると良いでしょう。

 

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」は、優秀な講師陣による授業が受けられるのがメリットです。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

時間を有効的に使える

部活などで忙しい高校生にも「東進ハイスクール・東進衛星予備校」はおすすめと言えるでしょう。

 

なぜなら、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」は時間割が自由自在だからです。

 

一般的な予備校は、授業の時間割が決まっていますが、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」は時間割がないため、部活が終わった後でも、しっかりと勉強できる仕組みになっています。

 

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」に通うことで、部活と勉強の両立ができるのもメリットと言えます。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

自分のペースで授業が受けられる

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」は自分のペースで授業が受けられるのが特徴。

 

なぜなら、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」はIT授業が中心のため、自分のペースで好きな時間帯に授業の視聴ができるからです。

 

しかも、繰り返して視聴もできるため、学力として定着しやすいと言えます。

 

どんどん学習を進めたい生徒の場合、1年分の授業を約1ヶ月程度で終わらせることも可能なのです。

 

例えば、高校2年生の夏までに受験範囲を終わらせて、受験までの残りの時間を受験勉強に集中することも可能。

 

また、公立高校などで学習進度が遅い場合にも、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」のIT授業で、どんどん先にすすんで受験対策もできるのです。

 

さらには、約1万種類ある授業がすべて自宅で受けられる「t-POD」を使用すれば、個人のレベルや目標に適した受験対策も可能。

 

確認テストなど、合格のために必要なコンテンツを使用できたり、1.5倍のスピード再生もできたりするので、自分のペースで学習できます。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

成績が上がるノウハウがある

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の学力アップシステムは、どのレベルからスタートしても志望校合格レベルへとたどり着けるよう設計されています。

 

「スモールステップ」では、高校入門から超東大生レベルまで、12段階のレベルから自分に適した講座の選択が可能。

 

1講座は20回の授業で構成され、講座の内容をしっかりと理解しながらステップアップできるのです。

 

小さな成功体験をコツコツ積み重ねることにより、自信につながるでしょう。

 

また、「パーフェクトマスター」では、授業ごとに確認テストを実施し合格するまで次の授業に進めないシステム。

 

これにより、理解不足を残すことなく、知識を積み重ねていけるのです。

 

いきなり高い目標に挑むのではなく、小さな目標からコツコツと成功体験を積み重ね、知識を確実に自分のものにしていきましょう。

 

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」では、生徒一人ひとりの学力や目標に合わせて、最適な学習プログラムを提供してているのが特徴です。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

自分だけのカリキュラムで勉強できる

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」では、志望校合格のためにオリジナルのカリキュラムを作成。

 

具体的には、AIとビッグデータを活用して、志望校合格から逆算して作成された合格への設計図です。

 

合格設計図では「月ごと、週ごと、日ごと」の中間目標をしっかりと確認しながら学習できます。

 

一人ひとりの性格・学力・目標に合わせた指導を受けることにより、着実に志望校合格へ近づくでしょう。

 

以下に、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」のカリキュラムの特徴をいくつかご紹介します。

・志望校合格から逆算して作成された合格設計図

・AIとビッグデータを活用したオリジナルカリキュラム

・一人ひとりの性格・学力・目標に合わせた指導

・充実したサポート体制

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

やる気を引き出すコーチング

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」には、担任・担任助手制度があります。

 

これにより、合格へ向けて手厚いサポートやコーチングの指導が受けられます。

 

具体的には、経験豊かで大学受験の知識を持った担任との「ミーティング」「コーチングタイム」などで、勉強のやる気を引き出してもらえます。

 

また、担任助手と復習の生徒で実施する各種のミーティング、ホームルームなどで、仲間と切磋琢磨しながら、やる気をアップさせます。

 

合格できる仕組みが整っている「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の公式ホームページをチェックしてみましょう!

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」

東進は現役合格実績No.1の大学受験予備校

圧倒的No.1、日本一の【現役合格実績】

資料請求はスマホで1分!

無理な営業も一切なし!

近くの東進を検索してみよう!

東進の公式ホームページをチェック!

 

参考記事:東進衛星予備校の料金(入会金・月謝料金・年間料金)を徹底調査【他の予備校と比較】

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の料金について

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

講座名年間費用の目安
通期講座約600,000円〜1,300,000円

(通期講座とは「東進ハイスクール・東進衛星予備校」で受けられる通常の映像授業のことで、90分の講義を20回受けられます)

 

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の年間平均授業料金は、約600,000円〜1,300,000円(通期講座)。

 

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の通期講座は、映像授業で受講するのが特徴の一つ。

 

なぜなら、理解している単元は1.5倍速で視聴したり、難しい単元はゆっくり再生して、何度も繰り返して視聴できるからです。

 

つまり、自分の理解度に合わせて、自分のペースで学習できるのです。

 

そのため、前倒しで受験勉強が進められるのも特徴と言えるでしょう。

 

理由として、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」なら、1年分の授業を2週間〜3ヶ月程度で終わらせることも可能だからです。

 

以上のように、自分のペースで、自分の学習したい内容を勉強できる「東進ハイスクール・東進衛星予備校」では、殆どの生徒が複数の授業を受講しています。

 

先程、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の年間授業料の目安を紹介しましたが、授業の受け方次第では、年間料金を100万以内で抑えることも可能。

 

「東進」が気になっている方は資料請求すると良いでしょう!

入学金・授業料・担任指導費用|東進ハイスクール・東進衛星予備校の料金の仕組み

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

東進衛星予備校の料金の仕組みについて解説。

 

東進衛星予備校の通期講座に含まれている内訳など、詳しく解説します。

項目料金(税込)
入会金33,000円
通期講座:受講料(ユニット料金)※1講座あたり 77,000円
高等学校対応:理科基礎57,750円
担任指導費・高校1・2年生:33,000円
・高校3年生:44,000円

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の入学金

入学金とは、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」に入学する際に納入する料金。

 

入学金としては、33,000円が必要となります。

 

他の予備校と比較しても、入学金の相場と言えるでしょう。

通期講座:受講料(ユニット料金)

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の料金の特徴として、月謝制度がありません。

 

なぜなら、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」では、ユニット料金システムと言って、1ユニット20回の授業を何回分受講するかによって、料金が決まる仕組みだからです。

 

具体的に1ユニットは、90分の講義を20回受けられて、料金は77,000円となっています。

 

つまり、希望するユニット数が決まると、料金が決まる仕組みになっているのです。

 

また、5ユニット以上の受講を希望した場合は、ユニット数に応じて割引料金も設定されています。

担任指導料

担任指導とは生徒1人に担任が付き、週に1度の学習進度状況の確認や模試の見直し、学習計画、目標の設定などの学習管理をサポートしたり、進路相談できる制度。

担任指導料は、33,000~44,000円(年1回の支払い)

模試費

模試費は、東進で行われる年間模試全ての受験費用です。

 

【高3生の例】

 

模試費29,700円で共通テスト対応本番レベル模試6回分×5,500円、早慶上智・難関国公立大もしくは全国有名国公私立大模試4回分×6,000円の57,000円相当が受験できます。

 

さらに冠模試(東大・京大・北大・東北大・名大・阪大・九大・一橋大・東工大・千葉大・神大・広大など)も受験可能です。

模試費

受験生:29,700円

高2生:14,850円

高1・高0生:12,650円

以上、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の料金について解説しました。

 

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の料金については公式ホームページで確認願います!

 

「東進」の公式ホームページはこちらから!

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」のその他の料金について

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」では、基本料金以外に特別講習(夏期・冬期講習)や模擬試験を受けたり、講座を受講すると追加で料金が発生します。

 

追加料金は、特別講習、模試、講座ごとに異なるほか、学年によっても違うため、確認が必要。

 

自分の学習進捗度や予算に応じて、必要な模試や講座を選択するのが良いでしょう。

特別講習(夏期講習・冬期講習)

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の夏期講習と冬期講習は、高校生を対象とした集中的な学習プログラム。

 

夏期講習の講義は、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の講師陣が担当し、わかりやすく、かつ効率的な授業を行います。

 

また、講義後には、復習テストや添削指導を受けることで、学習内容が定着できるでしょう。

 

冬期講習では、夏期講習で学んだ基礎学力をさらに深め、受験対策を万全にします。

 

講義は、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の講師陣が担当し、受験に必要な知識やテクニックを伝授します。

 

また、講義後には、模擬試験や直前対策講座を受けることで、本番の試験に万全の準備ができます。

 

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の夏期講習と冬期講習は、高校生にとって非常に効果的な学習プログラム。

 

夏休みや冬休みを利用して、効率的に学習し、志望校合格を目指しましょう。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

通年講習講座(単科受講科)

講座名料金(税込)
講習講座(90分×5回+講座修了判定テスト1回)19,250円
講習講座(90分×10回+講座修了判定テスト1回)38,500円

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の通年講習講座とは、苦手科目克服や特定単元の教科を目的とした、短期集中で学習できる講座のこと。

 

通年講習講座の特徴として、科目、学年、講習レベルから、自分のレベルや目的に合わせた講習が選べる点。

 

講習講座は、1コマ90分授業で、5回コース、10回コースから選択可能。

 

また、授業だけではなく、講座終了後には判断テストが実施され、学習の定着度が確認できる仕組みになっています。

 

苦手科目克服におすすめの通年講習講座です。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

志望校別単元ジャンル演習講座(受験学年対象)

講座名料金(税込)
志望校別単元ジャンル演習講座102,300円

 

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の志望校別単元ジャンル演習講座は、東進が開発した、AIの力で生徒を効率よく合格へ導くための学習システム。

 

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」に通っていた受験生の学習履歴を参考にして、AIが生徒それぞれの課題を特定し、志望校の合格に向けて取り組むべき問題や分野を提案。

 

効率よく、最短ルートで志望校に合格したい人におすすめの講座。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

過去問演習講座(受験学年対象)

講座名料金(税込)
国公立二次対策(採点・添削・解説授業有)102,300円
国公立二次対策(採点・添削有)56,100円
私大対策(採点・添削・解説授業有)90,200円
私大対策(採点・解説授業有)84,700円
私大対策(採点有)38,500円
併願校対策38,500円
私大併願対策84,700円

 

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の過去問対策講座とは、過去の入試問題を解くことで、受験に必要な知識やテクニックを身につけることを目的とした講座。

 

具体的に「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の過去問演習講座は、東進によってセンター試験、難関大の過去10年分の入試問題を徹底研究されています。

 

国公立大、私大、併願校の全ての対策に対応、志望する大学に応じて細かく講座が分かれているため、志望校に合わせて効率よく講座が受講できます。

 

東進の過去問対策講座では、過去の入試問題を解くだけでなく、問題の傾向や解答方法を分析することで、受験に必要な知識やテクニックを効率的に身につけます。

 

また、過去問対策講座では、講師からアドバイスを受けることで、自分の学力を客観的に把握し、志望校合格に向けて効率的な学習計画が立てられるでしょう。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

記述型答案練習講座、入試直前まとめ講座、直前必勝講座(受験学年対象)

講座名料金(税込)
記述型答案練習講座(授業90分✕5回、添削指導5回)38,500円
入試直前まとめ講座(授業90分✕5回、講座修了判定テスト1回)19,250円
直前必勝講座(授業90分✕2回、直前必勝教材つき)7,700円

 

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の記述型答案練習講座とは、記述試験で得点を取るための対策講座。

 

東進は、1コマ90分の授業を5回受講でき、最大5回の答案の添削指導が受けられます。

 

入試直前まとめ講座は、入試直前に頻出される重要事項を確認するための講座。

 

1コマ90分の授業を2〜5回受講して、講座終了時に判定テストが実施されます。

 

東進の直前必勝講座は、入試直前期にこれまでの学習内容を確認するための講座。

 

具体的には、過去問の分析結果から、よく出る問題や難易度の高い問題まで総復習して、最後の追い込みをするのが目的です。

 

直前必勝講座は、1コマ90分の授業が2コマです。

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

東進模試

学年料金(税込)
高校1年生、0年生(中学生)12,650円
高校2年生14,850円
高校3年生・浪人生29,700円

 

東進模試とは、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」が実施している模擬試験。

 

東進模試は、全国各地の予備校や学習塾で実施されており、毎年多くの受験生が受験しています。

 

東進の入塾時には模試費用を必ず払わなければなりません。

 

東進模試は、大学入試本試験の形式に準拠した問題が出題されるため、受験生は東進模試を受験することで、本試験に備えた実力が身につきます。

 

また、東進模試では、志望校の合格可能性判定や学力分析レポートが提供されるため、受験生は自分の学力を客観的に把握し、志望校合格に向けて効率的な学習計画が立てられます。

 

東進模試は、受験生にとって非常に効果的な模擬試験、料金を支払う以上、積極的に参加してください。

 

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」の公式ホームページで資料請求してみましょう!

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」

東進は現役合格実績No.1の大学受験予備校

圧倒的No.1、日本一の【現役合格実績】

資料請求はスマホで1分!

無理な営業も一切なし!

近くの東進を検索してみよう!

東進の公式ホームページをチェック!

参考記事:【東進ハイスクール・東進衛星予備校】評判・口コミ10選!高校生におすすめ?【塾経験者が徹底調査】

参考記事:東進衛星予備校の料金(入会金・月謝料金・年間料金)を徹底調査【他の予備校と比較】

まとめ:「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査は参考になりましたでしょうか?

まとめ:「東進ハイスクール・東進衛星予備校」メリット・デメリット|塾経験者が徹底調査

まとめ

東進は、映像授業が中心の予備校です。全国に多くの校舎があり、講師の質やカリキュラムの充実度が高いことが特徴です。


メリット

・有名講師による質の高い授業を受けられる
・自分のペースで学習を進められる
・オプションの講座が豊富で、志望校に合わせた学習ができる
・自宅で勉強できるため、通学時間や交通費がかからない

デメリット

・費用が高額になる可能性がある
・勧めてくる講座が断りにくい
・映像授業が苦手な受験生には向かない
・校舎によってサービスの質に差がある
・通塾の必要がないため、自宅で勉強する習慣が身についていない受験生や、モチベーション維持が難しい受験生には向かない

東進は、講師の質やカリキュラムの充実度など、多くのメリットがある塾です。しかし、費用面や、映像授業が苦手な受験生には向かないなどのデメリットもあります。

東進に入塾を検討している場合は、メリットとデメリットをよく理解した上で、自分に合っているかどうか判断しましょう。

東進は、映像授業が中心の予備校。講師の質やカリキュラムの充実度が高いことが特徴ですが、費用が高額になる可能性があるなどのデメリットもあります。自分に合った塾かどうか、よく検討しましょう。

塾に通って大学入試を突破する

受験生の皆さん、以下の悩みが一つでも当てはまる場合、塾に通うことを強くおすすめします。

 

・偏差値の伸び悩み

・受験までの勉強の仕方がわからない

・自分に合った参考書がわからない

・勉強計画表が上手く作れない

・志望大学になんとしても合格したい

 

もちろん、塾に通わずに合格するのが一番。

 

しかし、大学受験は、難易度も高く、出題範囲も広いため、自分一人で攻略するのは、とても難しいのが現実。

 

実は、志望大学に合格した受験生は、塾に通って、塾の指導のもと、効率的に勉強しているケースが多い。

 

受験生の皆さん、塾に行くメリットは、志望大学に最短ルートで効率よく合格するため。

 

なぜなら、塾が持っているノウハウを利用することで、受験勉強に集中できるからです。

 

自分にあった塾を探して、大学合格を勝ち取るのが、大学受験を成功させる近道と言えるでしょう。

学習管理型の塾に通って勉強のやる気アップ

学習塾の指導形式で大きく分けると、「集団指導」、「個別指導」、「家庭教師」、「オンライン指導」そして、「学習管理型の塾」に分けられます。

 

最近注目されている学習管理型の塾とは、一般的に科目の指導はしていません。

 

具体的には、生徒の志望大学に合格するための学習計画を作成して、学習の進捗管理がメインとなります。

 

学習計画には、年間、月間、週間、毎日のやるべきことが細かく指示され、計画通りに学習を進めていくと志望大学に合格できる仕組み。

 

毎日の学習は、指示された市販の参考書を使い、自学自習というスタイルで受験勉強に取り組みます。

 

受験勉強では、自分の志望校に合わせた対策が必要であり、そのためには自らが率先して学ぶ、自学自習のスタイルがとても大切。

 

実は、受験生の勉強時間を見てみると、自分で理解したり、自分で問題を解いたりする自学自習の時間が最も長いのです。

 

学習管理型の塾では、自学自習の仕方、勉強時間の効率的な使い方、取り組むべき参考書を決めてくれるため、学習計画に沿って勉強が進められるようになるでしょう。

項目学習管理型の塾通常の塾
勉強計画策
学習の進捗管理
質問対応
実力測定テスト
科目ごとの授業

 

以上、大学合格を目指して、学習管理型の塾を検討してみるのも、おすすめです。

予備校オンラインドットコムおすすめ学習管理塾

STRUXの料金を他のコーチング塾と徹底比較!料金は高いのか?安いのか?

クラウドEnglishの評判・口コミ6選!怪しい?英検対策に効果はあるの?

【学習管理塾とは?】オンラインで学習管理する塾14社紹介【大学受験編】

オンラインコーチング塾おすすめ15選|入会金・料金を調査【大学受験対応】

スタディコーチの料金(入会金・授業料)はいくら?他塾と料金を徹底比較

東大毎日塾の口コミ・評判を徹底調査!塾長に取材してわかったこと?

次世代型個別コーチング塾IGNISを塾経験者が評判・口コミ・料金を徹底解説

【学習管理塾】STRUXはおすすめ?評判・料金・特徴を塾経験者が取材してわかったこと

【アガルートコーチング】塾経験者が評判・口コミ・料金・特徴を徹底調査した結果

モチベーションアカデミア【モチアカ】を塾経験者が評判・口コミ・料金・合格実績を徹底的に調査!

【学習管理塾】菊塾はおすすめできる?料金・評判・特徴を塾経験者が徹底調査!

日本初!早朝から特訓!学習管理塾かもスクはおすすめ?料金・特徴を塾経験者が徹底取材!

【鬼管理専門塾とは】口コミ・評判を塾経験者が徹底解説!怪しい塾なの?

勉強計画を立ててくれる塾おすすめ13選!コーチング塾は効果あるの?大学受験生必見

オンラインコーチング塾おすすめ15選|入会金・料金を調査【大学受験対応】

坪田塾オンライン個別指導を塾経験者が徹底解説!口コミ・評判を調査!

【坪田塾は最悪って本当?】坪田塾の評判を塾経験者が調査してわかったこと

【坪田塾オンライン個別指導】メリットとデメリット!大学受験で選ばれる理由

「坪田塾はうるさい」という評判は本当?気になる口コミを徹底調査してみた

【坪田塾みたいな塾】塾経験者がおすすめする厳選14社|コーチング塾で成績は上がるの?

【ビリギャル塾】坪田塾はおすすめ?徹底調査してわかった!ビリギャル勉強法

坪田塾オンラインの料金(入会金・授業料)はいくら?実際の料金を他塾と比較

オンライン学習塾

【大学受験】英語に強いオンライン塾おすすめ16選|英語力を鍛えて大学合格

【オンライン学習塾】高校生が効率よく勉強できるオンライン塾を紹介!

オンラインで学習管理できる塾が高校生におすすめな理由

【高校受験】塾に行く時間がない中学生を応援するオンライン塾の紹介!

【厳選した塾の紹介】オンライン塾は忙しい小学生におすすめ!

【中学生に塾の紹介】オンラインで勉強できる塾7選

【オンライン塾の紹介】中学生がオンライン塾で勉強すると成績が上がる理由

【オンライン授業】小学生の成績アップ!おすすめオンライン塾4選

注目のオンライン塾!中学生の成績が上がる理由とオンライン塾の紹介!

人気のオンライン塾の紹介!中学生向けに無料体験授業を実施中

中学生に人気のオンライン塾を徹底解説!オンライン塾も紹介!

予備校オンラインドットコム