BLOG
合格ブログ

国公立大学の入試について最低限知っておきたいこと!

国公立大学の

オンライン授業で全国の受験生を応援しています。

 

予備校オンラインドットコムです。

 

今回の記事の担当は、進路アドバイザースタッフです。

 

「国公立大学の入試の日程」って気になりますよね?

 

この記事紹介する、「国公立大学の出願から合格発表までのスケージュールを徹底解説!」を読むと、国公立大学の出願から合格発表までのスケジュールが選抜方式別にわかる内容となっています。

 

なぜなら、進路アドバイザースタッフが書いた記事だからです。

 

この記事では、選抜方式別に出願から合格発表までのスケジュールを紹介していますので、この記事を読み終えると国公立大学のスケジュールがざっくりとわかる内容となっています。

 

以下の悩みを解消します。

国公立大学の入試について知りたい

大学入学共通テストについてい知りたい

国公立大学の受験スケジュール

オンライン予備校

文系の大学を希望している生徒

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容

国公立大学の一般選抜

大学入学共通テストの科目

国公立大学の受験スケジュール

 

あわせて読みたい
参考記事:【大学受験】受験校と併願校の決め方!知らないと損をする?
参考記事:大学受験における模擬試験のおすすめの勉強法を具体的に5分で紹介!

英語の苦手を克服

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

国公立大学の入試:一般選抜

 

国公立大学の入試について最低限知っておきたいこと!

国公立大学の一般選抜は、「大学入学共通テスト」+「大学独自の試験」となります。

 

以下のポイントについて説明しています。

1次試験について

自己採点

出願

2次試験

国公立大学の1次試験について

受験案内の配布は、例年9月初旬に予定されています。

 

出願期間は、9月下旬から10月初旬です。

 

試験日は、1月13日以降の最初の土曜日及び日曜日となっています。

 

全国一斉に同一問題で実施されます。

 

1次試験は、原則、すべての国公立大学で必須の試験となります。

 

大学入学志願者の高校における基礎的な学習の達成度を判定するための試験となっています。

1次試験の自己採点

大学入学共通テストの一次試験は自己採点が必要になってきます。

 

自分の解答を控えておき、新聞などの解答表で自己採点を必ず行ってください。

 

なぜなら、共通テストの個人成績の結果は、希望した受験生には通知されますが、通知される時期が4月以降となっているため、2次試験出願時(1月下旬〜2月上旬)には間に合わないのため自己採点をしっかりと行う必要があるからです。

出願

自己採点の結果をもとに、受験生は2次試験の出願大学を決めます。

 

2次試験の受験科目は、1〜3教科を課す大学が多く、難関大学では、4教科を課す大学があります。

2次試験(大学独自の試験)

<分離分割方式>

 

国公立大学の選抜は、前期日程と後期日程の分離分割方式で行われています。

 

公立大学は、前期・後期に加えて、中期で行う大学もあります。

 

しかし、推薦入試やAO入試の拡大実施のため、前期日程試験のみの入試が認められるようになり、前期日程の入試を実施する大学が増加傾向です。

 

令和5年度の大学入学共通テストの概要は、大学入試センターでご確認願います。

 

大学入学共通テストについて詳しく知りたい方、大学入学共通テストの概要から出願までをわかりやすく解説

あわせて読みたい
参考記事:予備校オンラインドットコムのオンライン授業の特徴と指導方針について徹底解説!
参考記事:大学受験の最低限の単語数!英単語ターゲットは全部覚えてね!

大学入学共通テスト

国公立大学の

大学入学共通テストについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

大学入学共通テストの科目

配点・圧縮・傾斜配点

国公立大学の主流

大学入学共通テスト出題科目

教科 科目 科目選択
国語 「国語総合」「近代以降の文章・古文・漢文」
地理歴史 「世界史A」「世界史B」「日本史A」「日本史B」「地理A」「地理B」 10科目から最大2科目を選択
公民 「現代社会」「倫理」「政治・経済」「倫理・政治・経済」
数学1 「数学I」「数学I・数学A」 2科目から1科目を選択
数学2 「数学II」「数学II・数学B」「簿記・会計」「情報関係基礎」 4科目から1科目選択
理科1 「物理基礎」「化学基礎」「生物基礎」「地学基礎」

8科目から下記のいずれかから選択

A:理科1から2科目

B:理科2から1科目、

C:理科1から2科目及び理科2から1科目(計3科目)D:理科2から2科目

理科2 「物理」「化学」「生物」「地学」
外国語 「英語」「ドイツ語」「フランス語」「中国語」「韓国語」 5科目から1科目選択

配点・圧縮・傾斜配点

配点ウェートとは、国公立大学の入試においては、共通テストと2次試験で配点のウェートが置かれている言葉を表す意味。

 

圧縮配点とは、各大学で全教科に大学入試センターが決めている配点より一律に低く設定するのが圧縮配点。

 

傾斜配点とは、特定科目の配点を高くしたり、低くしたりするのが傾斜配点。

国公立大学は5(6)教科7科目が主流

国公立大学の前期日程では、多くの大学・学部で5(6)教科7科目を受験科目としている。

 

共通テストの配点は、国語・外国語が各200点、地理歴史・公民100点(文系2科目)、数学Ⅰ・A100点、数学Ⅱ・B100点、理科100点( 理系2科目)で、満点は900点となります。

あわせて読みたい
参考記事:東大生が高校時代に使っていたノート公開 数学1B 2B編
参考記事:理系受験生の理科の選択を表にまとめて分かりやすく解説してます!

国公立大学の受験スケジュール

国公立大学の

国公立大学の受験スケジュールについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

学校推薦型選抜・総合型選抜

一般選抜

学校推薦型選抜・総合型選抜・一般選抜のスケージュール

学校推薦型選抜・総合型選抜

・学校推薦型選抜とは、「学校推薦型選抜(旧:推薦入試)」は一般選抜と並ぶ大学入試のひとつです。

 

一般選抜との一番大きな違いは、「出身高校長の推薦を受けないと出願できない」という点です。

 

出願にあたっては、「調査書の学習成績の状況◯以上」「◯浪まで」といった出願条件が設定されている場合もあり、誰もが出願できる入試というわけではありません。

 

学校推薦型選抜は、11月1日以降に総合型選抜の出願受付が開始されて、合格発表は12月以降となります。

 

・総合型選抜(旧:AO入試)とは、エントリーシートなどの受験生からの提出書類のほか、面接や論文、プレゼンテーションなどを課し、受験生の能力・適性や学習に対する意欲など、時間をかけて総合的に評価する入試方式です。

 

総合型選抜は、9月1日以降に総合型選抜の出願受付が開始されて、合格発表は11月以降となります。

一般選抜

・「一般選抜」とは、原則として1月に行われる大学入学共通テスト(以下、共通テスト)と、2~3月に大学ごとに行われる学力検査(2次試験)を中心に、調査書や小論文、本人記載の資料などから多面的・総合的に評価・判定されます。

 

一般選抜は、9月下旬から10月初旬にかけて大学入学共通テストの出願を行い、1月中旬の大学入学共通テストと2次試験を受けて合否が判定されます。

スケージュール確認

総合型選抜 学校推薦型選抜 一般選抜
9月 9月1日以降に出願受付開始

9月下旬から10月初旬

大学入学共通テスト出願

10月
11月 11月1日以降に合格発表 11月1日以降に出願受付開始
12月 12月1日以降に合格発表
1月

大学入学共通テスト

2次試験出願

2月 入学手続き 入学手続き 前期試験
3月

後期試験

入学手続き

あわせて読みたい
参考記事:理系受験生の社会の選択を表にまとめて分かりやすく解説します!
参考記事:受験生の春休みの過ごし方10のポイントこれでスタートダッシュを決める!

まとめ:国公立大学の出願から合格発表までのスケージュールを徹底解説!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、国公立大学の出願から合格発表までのスケージュールを徹底解説!は参考になりましたでしょうか?

まとめ

国公立大学の一般選抜

大学入学共通テストの科目

国公立大学の受験スケジュール

予備校オンラインドットコムでは、無料体験実施中です。

 

少数精鋭で授業を行っています。

 

お気軽お問い合わせください。

 

スタッフ一同、心からお待ちしています。


予備校オンラインドッドコムについて知りたい方
オンライン予備校

友だち追加

 

予備校オンラインドットコムに興味のある方

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!