BLOG
合格ブログ

【大学受験】高校生のストレスの原因を知ってメンタルを鍛える

【大学受験】高校生のストレスの原因を知ってメンタルを鍛える

 

大学受験勉強でメンタルは大丈夫ですか?

受験前でイライラしている

目標を見失った

どんなサポートが受けられるの?

 

大学受験においていろいろな悩みがありませんか?

 

この記事で紹介する「【大学受験】高校生のストレスの原因を知ってメンタルを鍛える」を読むと、受験のストレスから開放されるはずです。

 

なぜなら、受験メンタルトレーナーが受験生にアドバイスしていた内容だからです。

 

記事を読み終わると、勉強面のストレスの原因がわかり、解消できるはずです。

 

記事の内容

【大学受験】高校生のストレスの原因を知ってメンタルを鍛える

メンタルを鍛えて大学受験を成功させる

受験メンタルトレーナーからのアドバイス

【大学受験】高校生のストレスの原因を知ってメンタルを鍛える

【大学受験】高校生のストレスの原因を知ってメンタルを鍛える

【大学受験】高校生のストレスの原因を知ってメンタルを鍛えるについて説明いたします。

 

最初はストレスの原因を紹介します。

 

以下の内容について解説いたします。

ストレスの原因第1位:成績が上がらない

ストレスの原因第2位:考えすぎる

ストレスの原因第3位:生活習慣の乱れ

ストレスの原因第1位:成績が上がらない

受験勉強しているのに成績が上がらないとストレスの原因になります。

 

理由は、自分の努力と比例して、成績が上がらない、焦りからストレスになるのです。

 

また、受験が近づくにつれて、成績が上がらないことでのストレスが大きくなります。

 

ストレスを感じてしまうと、「まったく勉強する気が起きない」「問題集や塾の授業に集中できない」「大事なポイントが思い出せない」という悪循環に陥ってしまいます。

 

私の経験上、独学で勉強している人は、効果的な勉強方法を知らなかったりするため、成績が伸び悩むということで多くの相談を受けました。

 

成績が上がらない場合は、勉強の仕方を見直してみたり、学校や塾の先生に相談してみると良いでしょう。

ストレスの原因第2位:考えすぎる

受験期において、勉強のことを考えることは決して悪いことではありません。

 

しかし、46時中勉強のことを一番に考えて、考えすぎてしまうとストレスの原因になります。

 

なぜなら、自分の失敗や欠点、困難など、受験に対してネガティブなことを、繰り返し考えてしまうからです。

 

考えすぎていると感じたら、気分転換するのが大切です。

 

具体的には、「外を散歩したり」「音楽を聴いてみたり」「動画を観るなど」気を紛らわせてみてください。

ストレスの原因第3位:生活習慣の乱れ

規則正しい生活習慣を保てなくなると、ストレスの原因になります。

 

なぜなら、生活習慣が乱れてしまうと、睡眠不足なり、眠りが浅くなると言われ、ストレスを生む原因になるからです。

 

睡眠が不足している人と睡眠が十分に取れている人と比べると、睡眠が不足している人のほうがストレスを感じやすくなっています。

 

計画通りに勉強が進まないと、夜遅くまで勉強したい気持ちもわかりますが、しっかりと睡眠時間を確保することも大切です。

 

早稲田大学に合格した生徒の平日のスケジュールを見ても、毎日、規則正しく生活しています。

メンタルを鍛えて大学受験を成功させる!

【大学受験】高校生のストレスの原因を知ってメンタルを鍛える

この章では、受験にはメンタルを鍛えるということについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて書いています。

勉強の壁にぶつかる

受験にはメンタル面での不安や心配がたくさんある

人生の困難も乗り越える

勉強勉強の壁にぶつかる

大学合格を目指して勉強していると、必ず、誰しもが壁にぶつかります。

 

いわゆる、「スランプ」です。

 

具体的には、模試の成績が悪かったり、志望校の判定が良くなかったり、思うような結果が残せなかった時がスランプです。

 

受験勉強を終えるまでに3回の壁があると言われています。

 

どんなに学力がある人でもスランプは経験し、スランプのない人などいないのです。

 

ここでメンタルの力が試され、スランプを乗り切れば、新たな成長曲線があなたを待っています。

受験にはメンタル面での不安や心配がたくさんある

スランプの次は、不安や焦りです。

 

受験勉強しているとメンタル面での大きな不安や焦り、困難がたくさんあります。

 

例えば、「受からなかったらどうしよう」「自分には無理」、試験の本番が近づくと、「もう、ダメかもしれない」「わからない問題が出たらどうしよう」と不安がさらに大きくなります。

 

私の経験上、受験生の多くは、大学受験に対して不安を感じています。

 

不安を感じて焦ってしまったり、ネガティブなことを考えてしまうと、受験に対するモチベーションが下がり、勉強に集中できなくなります。

 

そうならないためにも、不安を解消して自信をつけることが大切です。

今後の人生の困難も乗り切る

受験だけでなく、長い人生の中にはこれからもストレスや不安、悩みを抱えながら挑戦していかなければなりません。

 

しかし、安心してください。

 

なぜなら、「あなたには困難や苦難を乗り越える力がある」ということです。

 

心配や不安、ストレスなどから、受験勉強が不安に感じてしまうかもしれません。

 

でも大丈夫です。

 

あなたには、その状況を乗り越えられるだけの力があるんです。

 

過去を振り返ってみてください。

 

きっとこれまでも、困難を乗り越えて人生を歩んできているはずです。

受験メンタルトレーナーからのアドバイス

【大学受験】高校生のストレスの原因を知ってメンタルを鍛える

最後の章では、受験メンタルトレーナーからのアドバイスについてポイントを3つまとめてみました。

 

以下の項目についてまとめてみました。

モチベーションを維持する

受験に立ち向かう覚悟を決める

受験7ヶ月前からサポート

モチベーションを維持する

長い受験勉強を戦う上で、モチベーションを維持することが大変なことです。

 

モチベーションが下がった時の指導としては、何のために勉強するのかを真剣に考えてもらいます。

 

根本的なことを考えてもらうことで、大切なものに気づいてもらいます。

 

大切なものがわかると取り組み方や行動が変わります。

 

受験に負けない心を作り、モチベーションを維持します。

受験に立ち向かう覚悟を決める

自分自身の意思で、時間の使い方をマネジメントできるようにします。

 

受験では、受験生が自分自身で時間をマネジメントできるかどうかが大きく合否に関わってきます。

 

時間は無限ではありません。

 

時間を逆算しながら、志望校に合格するために何が必要かを考えます。

 

日々、やるべきことを書き出し、勉強に取り組む習慣を繰り返すことで目標達成能力が高まります。

受験7ヶ月前から受験モードに

受験を制するために、最低でも受験の7ヶ月前の夏から、受験モードに突入してください。

 

理由は、高校3年生にとって、夏休みは大学受験の合否を決める勝負の時期だからです。

 

夏休みの過ごし方が命運を分けるといっても過言ではありません。

 

夏から受験日までの行動計画を作成して、大学受験に挑んでください。

まとめ:【大学受験】高校生のストレスの原因を知ってメンタルを鍛える

【大学受験】高校生のストレスの原因を知ってメンタルを鍛える

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

「【大学受験】高校生のストレスの原因を知ってメンタルを鍛える」が参考になるとうれしく思います。

記事のまとめ
・ストレスの原因と知って解決する。

・受験生はメンタルを鍛える。

・モチベーションを維持して、勉強に励む

以上、「【大学受験】高校生のストレスの原因を知ってメンタルを鍛える」でした。
【大学受験】高校生のストレスの原因を知ってメンタルを鍛える