BLOG
合格ブログ

受験勉強をいつから始めるの?これを読めば大学受験に向けて好スタート!

受験勉強をいつから始めるの?これを読めば大学受験に向けて好スタート!

高校生の皆さん、大学の受験勉強をいつから始めるのか?悩んでいませんか?

 

実はこの記事で紹介する、「受験勉強をいつから始めるの?これを読めば大学受験に向けて好スタート!」を読めば、受験勉強を始める時期について解決できます。

 

なぜなら、私が長年塾の現場で実践している内容だからです。

 

この記事では、大学受験に必要な勉強時間を具体的に紹介しています。

 

記事を読み終えると、いつから大学の受験勉強を始めたら良いのか?がわかる記事になっています。

 

こんな悩みのある方向けの記事です。

受験勉強をいつ始めるのか

受験勉強、何から始めるのか

勉強時間はどのくらい

 

これから受験勉強を始める生徒

↓↓↓↓↓

無料体験授業実施中です!

記事の内容

大学受験に向けて受験勉強はいつから始めるのか?

志望校を決めるとすべてが決まる。

高校生の受験勉強は何から始めるのか?

 

あわせて読みたい
参考記事:東大生が高校時代に使っていたノート公開 数学1B 2B編
参考記事:【大学受験】社会の選択は日本史で決まり!これを読めば理由が5分でわかる!
参考記事:大学受験を成功させる勉強は何から始めるの?【知らないと損する】

 

文系の生徒

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

大学の受験勉強はいつから始めるのか?

受験勉強をいつから始めるの?これを読めば大学受験に向けて好スタート!

高校生の大学受験に向けて、「受験勉強はいつから始めるのか?」

 

結論は、今すぐ受験勉強を始めましょう。

 

その理由について、以下の内容について解説していきます。

迷うことなく「いま」です。

大学受験は始まりが大切

受験勉強を始める時期で多いのが

大学受験に向けて受験勉強を始める時期は「いま」です。

大学受験に向けて受験勉強をなぜ?今から始めるのかについて説明をします。

 

大学受験は時間との戦いでもあるのです。

 

なぜなら、大学受験は限られた時間の中で成績を上げないといけないからです。

 

皆さん大学受験の受験勉強に必要な時間を考えてことはありますか?

 

1,000時間?2,000時間?3,000時間?

 

勉強時間だけで大学の受験勉強を語ることはできませんが、超難関大学で3,600時間、難関大学クラスで2,600〜3,000時間と言われています。

 

例えば、3,600時間の勉強を目標とすると、1年前から受験勉強を始めても、「1日、10時間」の勉強が必要となります。

 

この勉強時間を聞くと、今から受験勉強を始めたくなりませんか?

 

大学の受験勉強は限られた時間との戦いなのです。

受験勉強はスタートが大切

3日坊主という言葉がありますが受験勉強にも当てはまります。

 

逆に3日続けば、勉強の習慣化が身につく第一歩を突破したことになります。

 

自転車を乗る時、最初はペダルがとても重たいですがスピードに乗ってきたら、ペダルは軽くなります。

 

誰もが最初の一歩を踏み出すには勇気がいります。

 

一緒に勇気を出して受験勉強を始めてみませんか?

 

万全のサポートで受験生の勉強の習慣化を応援します。

 

勉強を習慣化させるためには、高校生が勉強を習慣化させる方法【誰にでもできるポイント3つ】

受験勉強をはじめる時期

実際に受験勉強を始める時期で一番多いのが高校2年生の冬休みと言われています。

 

次が、高校3年生です。(ベネッセの調査より)

 

なぜなら、受験まで残り1年とキリが良いのも理由の一つだと思われます。

 

全国のライバルは、高校2年生の時には受験勉強を開始していることになります。

 

これを読んでいる高校2年生の皆さんは受験勉強を始めていますか?

 

受験生のライバルは、学校の中だけではありません。全国にいるのです。

 

学校の友達がまだ受験勉強を始めてないから、まだ、受験勉強を始めないというのは理由になりません。

 

意識の高い受験生は、大学受験に向けて受験勉強をみんな始めています。

 

難関大学を目指している高校生は、高校一年生から受験勉強を始めている生徒も数多くいます。

 

最初は学校の勉強についていけないため、入塾を希望する生徒がいますが、すぐに受験勉強に切り替えて勉強を始める生徒が全員です。

 

以上、勉強を始める時期についてまとめてみました。

 

なにから始めたら良いのかわからない高校生は、塾に通って少しずつ受験勉強を始めてみるのも一つの手です。

 

塾に通うと費用はかかりますがメリットもたくさんあります。

 

高校1年生から受験勉強を始める理由について知りたい方、高校1年生から受験勉強を始めるたった3つの理由

 

高校2年生から受験勉強を始める理由について知りたい方、高校2年生から受験勉強を始める理由をわかりやすく徹底解説

あわせて読みたい
参考記事:大学受験の最低限の単語数!英単語ターゲットは全部覚えてね!
参考記事:大学受験勉強をやめたいと思った時にちょっとだけ読んでほしい記事

大学の受験勉強はいつから?何を?

受験勉強をいつから始めるの?これを読めば大学受験に向けて好スタート!

大学受験勉強は何が大切で何からスタートするかについてまとめてみました。

 

以下のポイントについて説明しています。

受験勉強を始める前に

英語から受験勉強を始める

目標が決まるとプロセスが決まる

参考書が決まる

学習時間が決まる

受験勉強を始める前に

高校卒業後の進路についてよく考えてください。

 

高校卒業後の進路は、進学、就職、大学、短大と選択肢がいくつかあるはずです。

 

高校卒業後の進路は、将来の夢をかなえるための大切な選択になります。

 

進路について考えるヒントとして、

興味のある業界や仕事

 

学んでみたいこと、やってみたいこと

 

将来、どんな生活や暮らしぶりがしたいか

以上のようなテーマを考えると将来がイメージしやすいと言えます。

 

今回は、大学受験を目指す高校生に向けた記事になります。

英語から受験勉強を始める

英語から受験勉強を始めてください。

 

理由は、英語はどの大学受験においても、学部や学科を問わず出題されるため、受験生全員が避けては通れない科目だからです。

 

しかし、英語を学習するためには相当な時間が必要となり、基礎がきちんと構築されていないと、大学受験対策がおろそかになってしまいます。

 

英語を効率よく勉強していくためには、高校2年生までに基礎を構築しておくことが必須です。

 

教科書や基礎に特化した参考書や問題集を繰り返し行い、基礎を完璧に固めることを目指しましょう。

 

まずは英単語・英文法を中心に英語の土台を築きましょう。

 

英語から始める理由、大学受験の勉強は英語から始めるのが良いたった3つの理由

志望校が決まるとプロセスが決まる

受験勉強を開始する第一歩は志望校を決めることです。

 

受験勉強を始める段階では、今の偏差値を気にすることなく決めて下さい。

 

むしろ、はじめの段階では、高い偏差値の大学を選ぶのがポイントです。

 

なぜなら、計画通りに勉強を日々積み重ねていけば受験日までに偏差値は上がるからです。

 

目標が高いほど偏差値も大きく上がるのです。

 

高い山に登るほど、しっかりと計画を立てて登る必要があるのと同じで、本当に行きたい大学を選ぶことで、しっかり勉強計画を立てて受験勉強ができるのです。

 

知っている名前の大学を志望校にすることもOKです。

 

受験までは、しっかりと勉強することで偏差値はグングン伸びていくので、入れる大学よりも行きたい大学を選んで受験勉強を始めましょう!

 

志望校の決め方について知りたい方、大学の志望校の決め方ポイント10か条!今の偏差値は関係ない!

参考書が決まる

志望校が決まると合格までに勉強する内容が決まります。

 

わかりやすく言うと志望校別に最適な参考書が決まるのです。

 

逆に言うと志望校が決まらなければ参考書もカリキュラムも決まりません。

 

理由は、受験勉強は志望校に合格するための勉強をすることを意味します。

 

闇雲に勉強しても良い結果を得ることはできません。

 

効率よく勉強するのも受験勉強のテクニックのひとつです。

 

しかし、志望校が決まったからといって、なにから受験勉強を始めたら良いのか理解している受験生は、ほとんどいないのが現実です。

 

そのような場合には、塾などの専門家に相談するのが効率的といえます。

 

塾に相談することは、参考書などを常に研究しているプロが選んだ教材になりますので、安心して勉強できます。

 

あとは、信じて勉強するだけです。

 

参考書の選び方について知りたい方、大学受験のための参考書を買いすぎないためのポイントをアドバイス

学習時間が決まる

最後に参考書が決まれば学習時間が決まります。

 

当然ですが受験勉強を早く始めれば1日の勉強時間が短縮されます。

 

受験勉強を遅く始めれば1日の勉強時間が多くなります。

 

受験勉強では、勉強の計画を立てて、それを実行する力が必要となります。

 

塾によっては、勉強の計画の立案を生徒と一緒になってサポートしてくれる塾もあります。

 

合格までの道標を作成して受験勉強することで、とても効率の良い勉強方法となります。

あわせて読みたい
参考記事:【MARCH対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について
参考記事:【日東駒専対策】合格までの勉強時間と最初にやる参考書について

英語の苦手な生徒

↓↓↓↓↓

無料体験授業のお申し込みはこちら

高校生の受験勉強は何から始めるのか?

受験勉強をいつから始めるの?これを読めば大学受験に向けて好スタート!

最後の章では、具体的に何から始めればよいのかを見ていきます。

 

さて、何から始めましょうか?

 

以下のポイントについて書いています。

基礎から徹底的に

今の学力を知る

勉強の目標を立てる

勉強のルールを決める

基礎から徹底的に

受験勉強の第一歩と言える基礎固めについて説明します。

 

基礎固めとは、「基礎をしっかりと身に付ける」ということです。

 

これは、大学受験の勉強には必要不可欠な要素です。

 

基礎固めが必要な理由は、基礎が固まっていないと大学受験には対応できないからです。

 

基礎固めしっかりと行うことで、発展的な応用問題が解けるのです。

 

大学受験には応用問題もたくさん出題されるのですが、勉強の基礎ができていないのに難易度の高い応用問題を解けるはずはありません。

 

基礎を身に付けていると、難しい問題でも解けることが多いのです。

 

大学受験では応用問題での加点も必要ですが、しっかりと基礎固めをする必要があります。

 

最初に基礎固めから行いましょう。

今の学力を知る

自分自身の学力を知ることが大事です。

 

志望大学の偏差値と今の学力を比較してみてください。

 

今の段階では志望大学と偏差値が乖離離していても問題ありません。

 

逆に早めに現在の偏差値とのギャップを把握すると、課題が明確になり、すぐに対策ができるのです。

 

自分の学力を知るために志望校の過去問やセンター試験の過去問を解いてみて、過去の平均点と比べてみて下さい。

 

そうすることで今の学力を判断するのに役立ちます。

 

または、これまでに行った模試の結果を見てみましょう。

 

今の偏差値は関係ありません。

 

模擬試験について知りたい方、大学受験における模擬試験のおすすめの勉強法を具体的に5分で紹介!

勉強の目標を立てる

勉強計画を立てる際は、自分に合った勉強計画を立て、わかりやすくまとめることが大切といえます。

 

「見やすい・わかりやすい・取り組みやすい」の3つの要素でまとめられた勉強計画表を作るコツを解説します。

 

自分が見やすいサイズで作るのがポイントです。

 

勉強計画表に書く内容が固まったら、実際に表を作りましょう。

 

大切なのは、勉強計画表を作ることではなく、勉強計画表を見ながら毎日勉強を実行していくことです。

 

そのためには、自分が見やすいサイズで作成し、目に入りやすい場所や家族と共有できるところに示しておけることが望ましいです。

 

勉強計画表は勉強机の前に貼ったり、手帳に書いて持ち歩いたりするなど、常に確認しやすい状態にしておきましょう。

 

また、目標から1日ごとの勉強内容まで一目で把握できるよう、自分が見やすいと思うサイズで表を作りましょう。

 

勉強机の前に貼る場合は大きめのサイズがおすすめですが、持ち歩きできるよう小さくしたい場合は、単語帳のように日めくりできる形状にしたり、月ごとに書き換えられるよう表をアレンジしたりするのもおすすめです。

 

学習計画を作成する際には、目標が必ず必要になってきます。

 

なぜなら、その目標を達成するために、何をいつまでに学習するのかを決めるのが学習計画だからです。

 

逆に言うと、目標がなければ具体的な学習計画を作ることが難しくなってきます。

 

目標の決め方としておすすめするのが、「大目標」「中目標」「小目標」を3つを決めるのがおすすめです。

 

大目標は、最終目標になるので、第一志望校合格が大目標となります。

 

中目標は、中期的な目標になりますので、2ヶ月〜3ヶ月先位の目標を決めます。

 

具体的には、「○○模試で偏差値○○」「単語帳を完璧に覚える」「古文の単語を覚える」など、各教科で1つ中目標をきめると効果的です。

 

小目標は、毎日の目標と言っていいでしょう。

 

具体的には、「1日、○時間勉強する」「1日、単語を○個覚える」「参考書を○ページ学習する」など、小目標は日々の目標として設定してください。

目標 内容 具体例
大目標 第一志望合格 「〇〇大学合格」
中目標 2ヶ月〜3ヶ月後のなりたい自分を目標に 「模試で偏差値○○」
小目標 毎日の目標設定 「○時間勉強する」

 

最後に、目標は日付を入れて過去形で作成すると効果が上がります。

 

勉強の計画の作り方について知りたい方、学習計画の作成で大学受験を効率的に合格する方法を5分で解説!

勉強のルールを決める

勉強のルールとは、毎日の勉強のルールを決めることです。

 

より、具体的なほど効果があります。

 

例えば、毎日、夕食は何時に食べて、勉強は何時から何時まで何時間行う。

 

また、スマホの時間やゲームの時間、さらには友達と遊ぶ時間を決めるのも良いです。

 

自分が一度決めたことは、志望校合格までやり通す強い意志が必要になってきます。

 

受験勉強は、自分との戦いでもあるのです。

 

ライバルは自分自身です。

 

勉強のルールを決めたら、紙に書いて貼っておきましょう!

あわせて読みたい
参考記事:古文の勉強法を聞いてみました!早稲田大学の講師に聞いて徹底解説!
参考記事:【大学受験】勉強を始めるためにやるべき準備

大学受験を始める教科別勉強法

英語の勉強

英語は単語と文法そして長文と分けて勉強をするのがポイントです。

英単語や熟語は単語帳などを使って全部覚える。

 

まずは自分のレベルにあった英文法の参考書を使って学習する。

 

英語の勉強は毎日行う

数学の勉強

数学の勉強を始めるポイントは公式を覚えて繰り返し問題を解くことです。

公式はすべて覚える

 

基本問題を繰り返し解く

 

間違えた問題は解けるようになるまで練習

国語の勉強

国語の勉強を進めるポイントは読解力と古文と漢文です。

読解力を高めるために問題演習に取り組む。

 

古文・漢文の単語をたくさん覚える

 

漢字をコツコツ覚える

理科の勉強

理科の勉強で大事なポイント3つです。

教科書の重要語句を正しく理解し、知識を深める

 

実験、図・グラフと関連させて理解する

 

問題を繰り返し解いて理解していく

社会の勉強

社会の勉強は暗記が中心です。

教科書の重要語句を理解して覚える

 

地図・グラフ・資料問題に慣れる

 

問題集を繰り返して行い知識を定着させる

英語 単語・熟語・構文を覚える
数学 公式の暗記
国語 読解力・漢字の強化
理科 公式や法則を使えるようになる
社会 教科書の太字の暗記

 

 

まとめ:受験勉強をいつから始めるの?これを読めば大学受験に向けて好スタート!

 

最後までご覧いただき、ありがとうございます。

 

今回の記事、受験勉強をいつから始めるの?これを読めば大学受験に向けて好スタート!は参考になりましたでしょうか?